妊婦健康診査(受診券について)

2016年9月15日

妊娠中は特に心配な事がなくても、赤ちゃんとお母さんの健康のために、定期的に妊婦健康診査を受けるようにしましょう。
妊婦健康診査では、血圧・体重測定・尿検査(尿蛋白・尿糖など)・腹囲・子宮底長の計測・貧血等の血液検査などを行い、浮腫(むくみ)がないかどうかについて確認します。赤ちゃんが順調に発育しているかどうか、心拍数の確認や超音波検査エコーが行われる時もあります。

妊婦健康診査受診票

母子健康手帳と同時に交付される受診票で、県内の委託機関での妊婦健康診査が妊娠週数に応じて14回を限度として、一部公費負担されます。なお、委託機関の中で、助産所における妊婦健康診査は最高9回までとなります。忘れずに活用しましょう。また、原則再交付できませんので大切に保管しましょう。
歯の健康診査につきましては妊婦歯科健康診査をご覧ください。

里帰り等にともない妊婦健康診査を県外の医療機関で受診した方や、助産所で妊婦健康診査を受診した方にも費用の一部助成が受けられます。

妊婦健康診査の公費負担制度

受診票を、委託機関に提出し、妊婦健康診査を受けてください。費用の一部が公費で負担されます。
(公費を超える部分については自己負担となります。)

  • 初回
  • 第2回 ※受診週数の目安 12週~15週
  • 第3回 ※受診週数の目安 16週~19週
  • 第4回 ※受診週数の目安 20週~23週
  • 第5回 ※受診週数の目安 24週~25週
  • 第6回 ※受診週数の目安 26週~27週
  • 第7回 ※受診週数の目安 28週~29週
  • 第8回 ※受診週数の目安 30週~31週
  • 第9回 ※受診週数の目安 32週~33週
  • 第10回 ※受診週数の目安 34週~35週
  • 第11回 ※受診週数の目安 36週
  • 第12回 ※受診週数の目安 37週
  • 第13回 ※受診週数の目安 38週
  • 第14回 ※受診週数の目安 39週

以下の検査受診票は、委託医療機関とご相談の上、妊婦健康診査受診票とあわせてご利用ください。

  • 超音波検査受診票
  • 血液検査受診票
  • 血算検査受診票

各区の担当窓口

担当課住所電話番号
中区 健康づくり課 浜松市中区元城町103-2 053-457-2890
東区 健康づくり課 浜松市東区流通元町20-3 053-424-0122
西区 健康づくり課 浜松市西区雄踏一丁目31-1 053-597-1174
南区 健康づくり課 浜松市南区江之島町600-1 053-425-1590
北区 健康づくり課 浜松市北区細江町気賀305 053-523-3121
浜北区 健康づくり課 浜松市浜北区貴布祢3000 053-585-1171
天竜区 健康づくり課 浜松市天竜区二俣町二俣481 053-922-0075

先輩ママのアドバイス

健診では、超音波検査で、おなかの赤ちゃんの様子を見ることができます。病院によって、2D、3D、4D、カラー超音波などがあり、写真やビデオに撮ってくれるところもあるので、成長していく様子が毎回楽しみなものです。
妊娠は病気ではないので、保険の対象となりません。現在、母子手帳と一緒にもらった「妊婦健診受診票」を利用すると、最高14回までの健診費用が一部公費負担されることになっています。また、多胎妊婦には、追加で5枚交付されます。
ただし、オプションで受ける検査等については実費となり、妊娠の経過により、すべての受診券を使わない場合もあります。検診の周期は、 医師の指示に従ってください。

お問い合わせ

健康増進課
電話:053-453-6117