乳幼児突然死症候群(SIDS)を防ぐために

2016年9月11日

あなたの大切な赤ちゃんを乳幼児突然死症候群でなくさないために3つのお願いがあります。

乳幼児突然死症候群(SIDS)とは

元気ですくすく育っていた赤ちゃんが、眠っている間に突然亡くなる病気のことです。今のところ原因はわかっていません。日本では6,000~7,000人に1人の割合で起こるといわれ、生後2か月から6か月に多く、まれに1歳以上でも発症することがあります。

乳幼児突然死症候群(SIDS)を防ぐための3つのお願い 

原因や対策がまだ明らかになっていないSIDSですが、つぎの3つを守ることで、発症率を低くできることが数々の研究で明らかになっています。

「うつぶせ寝」にしないで

「うつぶせ寝の方が、SIDSの危険性が高まる」という研究結果がでています。医学上の理由で必要なとき以外はあおむけに寝かせ、赤ちゃんが眠ったあともよく気をつけてあげてください。

「たばこ」は吸わないで

「両親ともに喫煙者の場合SIDSの発症率が高い」というデータがあります。妊婦さん自身の喫煙はもちろん、赤ちゃんのそばでの喫煙は避けましょう。身近な人にも禁煙をお願いしてください。

授乳はできるだけ母乳で

「母乳で育てられた乳児はSIDSの危険性が低い」といわれています。人工乳が直接SIDSを引き起こすことはありませんが、できる限りお母さんの母乳で育てることをおすすめします。

お問い合わせ

健康増進課
電話:053-453-6117