日本脳炎

2016年9月5日

日本脳炎は、日本脳炎ウイルスの感染によって起こる中枢神経(脳や脊髄など)の疾患で、ウイルスをもった蚊を介して感染します。現在は日本国内での発生報告は年間10人前後となっています。感染しても症状が現れずに経過する場合(不顕性感染)がほとんどですが、発症した場合には高熱、頭痛、嘔吐などや、意識障害や麻痺などの神経系の障がいを引き起こし後遺症を残すことや死に至ることもあるため、ワクチン接種により感染を予防することが大切です。

対象者

  • 第1期 生後6か月から7歳6か月になる前日までの子ども
  • 第2期 9歳から13歳になる前日までの子ども

日本脳炎予防接種の特例対象者

日本脳炎の予防接種後に重い病気になった事例があったことをきっかけに、平成17年5月末から平成 21年度まで予防接種のご案内を行っていませんでした。その後新たなワクチンが開発され、現在は日本脳炎の予防接種を通常通り受けられるようになっています。この間に予防接種を受ける機会を逃している方には、特例措置によって不足回数分の接種をすることができます。

  • 平成9年4月2日から平成19年4月1日までの間に生まれた子ども
  • 平成19年4月2日から平成21年10月1日までの間に生まれた子ども

標準的な接種期間

第1期初回接種:3歳
第1期追加接種:4歳
第2期:9歳

接種回数と接種スケジュール

  標準的な
接種年齢
間隔・回数
第1期 初回接種 3歳 6日~28日の間隔をあけて2回接種
追加接種 4歳 初回接種終了後おおむね1年間隔をあけて1回
第2期 9歳 1回

ワクチンの種類

不活化ワクチン

接種費用

無料

持ち物

  1. 母子健康手帳
  2. 健康保険証など(住所などを確認できるもの)

接種場所

浜松市内の委託医療機関で接種してください。
(予約制の医療機関がありますので、接種の際には電話で確認してください。)

注意事項

  • 浜松市にお住まいでない方は、お住まいの市町村の予防接種担当課にお問い合わせください。
  • 他のワクチンとの同時接種は医師が必要性を判断し、保護者の同意を得て接種します。
  • 規定回数以上の接種をされますと全額自己負担になります。お子さんの接種回数を母子健康手帳などで事前に必ずご確認ください。(母子健康手帳を紛失した場合などお子さんの接種回数がわからない場合は事前にお住まいの区の健康づくり課へお問い合わせください。)
  • 第2期分の接種をお子さんが満9歳になる前に接種されますと、全額自己負担になりますので、ご注意ください。
  • 接種を希望される方は、予防接種委託医療機関に予約のうえ、母子健康手帳と健康保険証など(住所などを確認できるもの)を持参し、お出掛けください。予診票は医療機関にあります。
  • 日本脳炎の予防接種についてのご案内(厚生労働省)
  • 日本脳炎第3期(14歳以上16歳未満)は平成17年7月をもって廃止になりました。

各区の担当窓口

担当課住所電話番号
中区 健康づくり課 浜松市中区元城町103-2 053-457-2891
東区 健康づくり課 浜松市東区流通元町20-3 053-424-0125
西区 健康づくり課 浜松市西区雄踏一丁目31-1 053-597-1120
南区 健康づくり課 浜松市南区江之島町600-1 053-425-1590
北区 健康づくり課 浜松市北区細江町気賀305 053-523-3121
浜北区 健康づくり課 浜松市浜北区貴布祢3000 053-585-1171
天竜区 健康づくり課 浜松市天竜区二俣町二俣481 053-922-0075

お問い合わせ

健康増進課
電話:053-453-6117