マタニティマーク

2016年9月13日

厚生労働省では、妊産婦にやさしい環境づくりの一環として、マタニティマークを制定しています。
妊産婦自身が交通機関等を利用する際に身につけ、周囲の方に妊産婦であることを知らせることができます。
また、交通機関、職場、飲食店、その他の公共機関等が、その取組や呼びかけ文を付してポスターなどとして掲示し、妊産婦にやさしい環境づくりを推進するためにも使われています。

マタニティマークについて

お問い合わせ

健康増進課
電話:053-453-6117