学区外・区域外の就学について

2016年7月1日

子どもが通う小・中学校は、住民登録地によって学区の就学指定校が決まっています。ただし浜松市の定める学区外就学の要件にあてはまり、保護者が申請することで、学区外の小・中学校に通学することができるようになっています。

小・中学校の学区外就学を希望するときは

浜松市内で転居したが、現在の小・中学校に引き続き通学したい場合、新築等により転居する事が確実であるが新学期に完成が間に合わない場合など、申請により学区外への通学が許可される場合もあります。
また、通学区以外からの入学を認めている「小中一貫校」や「小規模特認校」、子どもの通学の負担や安全への不安を減らすため指定校よりも自宅に近い小学校に通うことを可能にする「通学区域制度の弾力的運用」という制度があります。

小・中学校の区域外就学

浜松市に隣接する市町村に転出しても、引き続き学期末まで(最終学年は卒業まで)は、現在の浜松市立の小・中学校に通学することができます。

浜松市に隣接する市町村に住所を有し、浜松市内への転居が確実である場合、浜松市立小・中学校へ通学することができます。

お問い合わせ

教育委員会 教育総務課 
電話:053-457-2406