赤ちゃん返り

2016年3月9日

2014021902142_il-pippi4.gif

下に妹や弟ができると、急に赤ちゃんに戻ったように、哺乳瓶を欲しがったり、おもらしをしたりすることがあります。
これを「赤ちゃん返り」といいます。
これは、一種のやきもちで、「赤ちゃんにお母さんを取られてしまうのでは」という戸惑いから起きているものです。
程度には、個人差があり、赤ちゃん返りだけでなく「指しゃぶり」がひどくなったり、急に聞き分けが悪くなったり、乱暴になったりすることもあります。
こんなときは、上の子が赤ちゃんと同じように大切にされ、愛されていると感じられるような場面を意識的に作ってあげることが大切です。赤ちゃんの世話のお手伝いをしてもらい、「ありがとう」と誉めてあげる事で、だんだん自覚を持ってくることもあります。あまり、「お姉ちゃん(お兄ちゃん)だから、しっかりして」と言い過ぎることは、逆効果です。
赤ちゃんとの生活に慣れてくると、だんだんおさまってくるので、なるべく赤ちゃんが寝ている時間には、上の子を抱きしめてあげたり、絵本をよんであげたりと スキンシップに努めましょう。
たまには、赤ちゃんをお父さんやおばあちゃんにお願いして、上の子と二人だけの時間を作り、十分に相手をしてあげましょう。

先輩ママのアドバイス

下の子が生まれたときや、新入園のときなど、ときどきおこる赤ちゃん返り。
一時的にどっとくる子もいますが、じわじわ長引く子もいます。ママもつらいですが、いつか終わります。甘えたがってきたら、思いっきり抱きしめてあげてくださいね。