はままつ子どもふれあい週間

2016年3月1日

平成22年4月1日に施行した「浜松市子ども育成条例」では、市民一人一人が子どもや子育てについて関心と理解を深めることを目的に、毎月第3日曜日から始まる1週間を「はままつ子どもふれあい週間」と定めています。 家庭や地域において、それぞれの立場で、子どもとのふれあいやコミュニケーションを深めましょう。

 

それぞれの役割

「子どもが生き生きと輝き、子育てがしやすく楽しいと感じられるまち浜松」の実現を目指して、「浜松市子ども育成条例」を平成22 年4 月1日に施行しました。

浜松市子ども育成条例では、社会全体で子どもや子育てを支えていくための基本理念や、市、保護者、学校等、事業主、子ども育成団体、市民の役割を定めています。

浜松市

  • 子どもを社会全体で健全に育成し、支えていくための施策を行います。
  • 保護者、学校等、事業主、子ども育成団体、市民の理解と協力が得られるよう努めます。

学校等

  • 子どもが将来の夢や希望をはぐくむことができるよう努めましょう。
  • 保護者や地域と連携して、子どもの育ちを支えましょう。

事業主

  • 保護者の役割を理解し、仕事と生活の調和が図れるように配慮しましょう。

市民

  • 子どもが健やかに育つことができる地域をつくりましょう。
  • 子育てや子どもの育ちに関心を持ちましょう。

子ども育成団体

  • 専門的な知識や経験を生かし、子どもの健全育成に取り組みましょう。

保護者

  • 愛情と責任を持って子どもを育てましょう。
  • 子どもとふれあって、温かい家庭をつくりましょう。

お問い合わせ

次世代育成課
電話:053-457-2795