入学までに身につけたいこと

2016年8月3日

1 入学までに家庭で身につけた方がいいこと

小学校では、子どもがひとりでできないと困る事があります。
入学までに、次のことがひとりでできるように家庭で少しずつ練習しておきましょう。「できないと学校に行けないよ」などと言うことは、逆効果です。入学を親子で楽しみに待ちながら、楽しく準備をしておきましょう。

  • 洋服や下着を、ひとりで脱いだり、着たり、たたんだりできる
  • 自分の用意を自分でできる(持ち物、ハンカチ、ちり紙など)
  • あいさつや返事ができる(「はい」「ありがとう」「ごめんなさい」「おはようございます」「さようなら」など)
  • 基本的な生活習慣を身につける(早寝、早起き、歯みがき、洗面、食事、排泄など)
  • 伝えたいことを、自分でいえる

2 生活習慣について

4月からの小学校生活は、子どもにとって初めてのことが多く、緊張の連続となります。規則正しい生活リズムを身につけ、新しい生活に早く慣れるようにしたいものです。

1)睡眠

成長期の子どもにとって、睡眠は重要です。翌日に疲れを残さないためにも十分に睡眠をとるようにしましょう。また、早起きの習慣を身につけましょう。

2)食事

規則正しい食事のリズムは生活のリズムを整えてくれます。特に朝食 は一日の生活のエネルギー源です。大切な朝食をしっかりとらせてか ら登校するようにしましょう。小学校では、給食があります。偏食を なくし、時間があまりかからないようにしましょう。

3)排便

食物が体に入ると、胃や腸が刺激されて排便が促されます。朝はゆと りをもってトイレにいくようにし、朝食後に排便する習慣をつけまし ょう。 使用後に、ペダルやボタンを手で押して水を流す事や、おしりをふくことなどのトイレの正しい使い方についても教えておきましょう。

4)衣類・清潔

下着は、清潔で吸水性の良いものを身につけましょう。 入学してすぐに体育や健康診断など、自分で着替えをする機会が多くな ります。着脱が自分で素早くできるように練習してみましょう。手洗 い・歯みがき・爪や頭髪の清潔も、心掛けましょう。

3 朝の健康観察

毎朝、子どもと一緒に健康観察をしてみましょう。いつもと様子が違う、 おかしいと思われるとき、体温を測ってみてください。熱がある時は、 無理をさせず早めに治すことが大切です。

  • 顔色はいいか?
  • 排便は済ませたか?
  • 元気はあるか?
  • 食欲はあるか?
  • すっきりと目がさめたか?
  • 痛いところはないか?

先輩ママのアドバイス

「通学路」は、学校ごとに決まっています。入学前に必ず親子で歩いてみて、気をつけないと行けない場所や、交通ルールについて確認をしておきましょう。通学方 法については、集団登校する学校、入学後しばらくの間通学班で登校するなど、学校によって違います。近所に同学年や高学年の小学生がいない場合には、何度 か練習しておきましょう。

お問い合わせ

教育委員会 教育総務課 
電話:053-457-2406