支給認定区分について

2016年8月17日

子ども・子育て支援新制度では、保護者が認定こども園、幼稚園、保育園および地域型保育事業を利用するために、教育・保育の必要性に応じた支給認定を受ける必要があります。
支給認定は3つの認定区分(1・2・3号)に分かれ、認定区分によって利用できる施設や入園手続きが異なります。
※従来型の私立幼稚園に通う場合は支給認定は不要です。

認定区分

認定区分対象者利用できる施設
1号認定 子どもの年齢が満3歳以上で、教育を希望する場合 認定こども園(幼稚園機能)、浜松市立幼稚園、新制度の私立幼稚園
2号認定 子どもの年齢が満3歳以上で、保育を必要とする事由に該当する場合 認定こども園(保育園機能)、保育園
3号認定 子どもの年齢が満3歳未満で、保育を必要とする事由に該当する場合 認定こども園(保育園機能)、保育園、地域型保育事業

※認定区分は満年齢、利用可能施設及び保育料は3月31日時点の年齢で決まります。

保育の必要量(2号認定・3号認定)

支給認定で2号認定または3号認定を受ける子どもは、保護者の就労状況など保育の必要性の認定事由に応じて、「保育標準時間」と「保育短時間」とに区分され、利用できる時間が異なります。

区分保育を利用できる時間就労時間
※保育を必要とする事由が就労の場合
保育標準時間 1日あたり最長11時間 保護者のいずれもが
月120時間以上
保育短時間 1日あたり最長8時間 保護者のどちらかが
月64時間以上120時間未満

※就労時間は目安で、就労以外の事由の場合も保護者の状況に応じて区分されます。
※標準時間・短時間の時間帯は施設ごとに異なります。時間外に利用する場合は延長保育となります。

保育を必要とする事由とは

2号認定、3号認定を受けるには、次の「保育を必要とする事由」に該当することが必要です。

  • 就労
  • 妊娠・出産
  • 保護者の疾病・障がい
  • 同居又は長期間入院等している親族の介護・看護
  • 災害復旧
  • 求職活動
  • 就学・職業訓練
  • 虐待やDVのおそれがあること
  • 育児休業取得中に、既に保育を利用している子どもがいて継続利用が必要であること
  • その他上記に類すると市が認める場合

支給認定の手続き

1号認定

入園の内定を受けた施設を通して、区役所社会福祉課に認定の申請をします。

2号認定・3号認定

入園を希望する施設のある区の社会福祉課に、入園の申し込みと同時に認定の申請をします。

各区の担当窓口

担当課住所電話番号
中区 社会福祉課 浜松市中区元城町103-2 053-457-2038
東区 社会福祉課 浜松市東区流通元町20-3 053-424-0175
西区 社会福祉課 浜松市西区雄踏一丁目31-1 053-597-1157
南区 社会福祉課 浜松市南区江之島町600-1 053-425-1463
北区 社会福祉課 浜松市北区細江町気賀305 053-523-2893
浜北区 社会福祉課 浜松市浜北区貴布祢3000 053-585-1121
天竜区 社会福祉課 浜松市天竜区二俣町二俣481 053-922-0023

お問い合わせ

幼児教育・保育課
電話:053-457-2118