子ども・子育て支援新制度について

2016年8月17日

平成27年度からスタートした、「子ども・子育て支援新制度」は、子ども・子育て関連3法に基づいて、すべての子ども・子育て家庭を総合的に支援する新しい仕組みです。
新制度によって、幼稚園・保育園の仕組みが今までと変わった点があります。以下におもな変更点をまとめました。

支給認定の仕組みができました。

幼稚園・保育施設利用のためには、保護者の就労状況等をもとに、保育の必要性を判断する支給認定の手続きが必要です。
認定区分によって利用できる施設が定められています。

保育施設で変わったこと

地域型保育事業(小規模保育事業・事業所内保育事業)がはじまり、認可保育施設の選択肢が増えました。

保育施設の申込みには、2号または3号の認定区分が必要です。

認定申請の手続きは通常利用申込みと同時に行います。

保育料が保護者の市民税所得割額よる応能負担となります。

所得に応じて保育料が変わります。

幼稚園で変わったこと

幼稚園は、新制度に移行した幼稚園と、今まで通りの幼稚園があります。

浜松市立幼稚園の全園と私立幼稚園の一部の園が新制度に移行しました。
このサイトでは、新制度に移行していない幼稚園は私立幼稚園(従来型)として分類しています。

新制度に移行した幼稚園では、保育料が保護者の市民税所得割額による応能負担となります。

私立幼稚園(従来型)の保育料は、各幼稚園で決定します。

新制度に移行した幼稚園を利用するには、1号の認定区分が必要です。

申請の手続きは入園内定後に幼稚園を通して行います。
私立幼稚園(従来型)を利用する場合には認定手続きは不要です。

幼稚園でも預かり保育を実施しています。

市立幼稚園の一部の園と、私立幼稚園の全園で、保育終了後から夕方までの預かり保育を実施しています。

お問い合わせ

幼児教育・保育課
電話:053-457-2118