保育施設の種類

2016年8月17日

保育施設は大きく分けて国の基準を満たす「認可保育施設」と、これに満たないが認可保育所では行っていない夜間保育などのサービスを提供している「認可外保育施設」があります。

認可保育施設

国が定める設置基準を満たした保育施設です。保育の必要な事由に該当し、浜松市より保育認定(2・3号)を受けることによって利用申込みができます。就労等のため家庭で保育のできない保護者に代わって保育する施設を紹介します。

認定こども園(保育園機能)

幼稚園と保育所の機能や特徴をあわせ持ち、教育と保育を一体的に行う施設です。

保育園

就労等のため家庭で保育のできない保護者に代わって保育を行う施設です。

地域型保育事業 小規模保育事業

定員6~19人の少人数を対象とした施設で、0~2歳児の保育を行います。卒園後は連携施設に優先的に入園できます。

地域型保育事業 事業所内保育事業

事業所の従業員の子どもを対象とした施設において、地域の一般の子どもの受け入れ一緒に保育を行います。0~2歳児が対象で、卒園後は連携施設に優先的に入園出来ます。

認可外保育施設

認証保育所

認可外保育施設のうち、浜松市が一定の基準を設けて審査を行い、この基準をクリアしている保育施設です。浜松市認証保育所利用者助成事業による保育料の助成制度が利用できます。

認可外保育施設

浜松市に保育サービス実施の届出がされた認可外保育施設です。

お問い合わせ

幼児教育・保育課
電話:053-457-2118