B型肝炎

2016年9月5日
お知らせ
平成28年10月1日から、B型肝炎ワクチン予防接種が定期予防接種になりました。
定期予防接種の対象は平成28年4月1日以降に生まれた子どもです。
浜松市では定期予防接種の対象ではない3歳未満の子どもが今年度中に任意予防接種として接種する場合には費用の一部を公費助成しています。また、静岡県では同居家族にB型肝炎ウイルスの陽性者がいる3歳未満の子どもを対象にB型肝炎ワクチン接種緊急対策事業として、費用の一部を公費助成しています。


B型肝炎は、ウイルスが体の中に入って肝臓で増殖し、肝臓に炎症を起こす病気です。ウイルスを含んだ血液が他の人の体内に入ることで感染します。主に性行為や母子感染によって感染しますが、血液のほか、微量の血液が混ざっている可能性のある体液(唾液・汗・涙など)からも感染する場合があります。
症状は、初めにだるさ・食欲が減ること・お腹の張りなどが現れ、引き続き黄疸が起こることがあり(急性肝炎)、中には症状がまったく現れない人や、症状が軽く済む人もいます(不顕性感染)。また、肝炎ウイルスによって肝臓が慢性的に侵され続けていることを慢性肝炎と言い、肝硬変や肝臓がんに発展していく人もいます。

定期予防接種対象者

平成28年4月1日以降に生まれた、1歳になる前日までの子ども
※母子感染予防による健康保険適用を受けた子を除きます。

接種回数と接種スケジュール

3回

1回目・2回目:27日以上の間隔をあけて2回接種
3回目:初回接種から20週目以降に接種

※平成28年9月30日までに、任意予防接種として1回あるいは2回接種済みの子は、1歳未満であれば残り回数の接種費用の公費助成が受けられます。

ワクチンの種類

不活化ワクチン

接種費用

無料

持ち物

  1. 母子健康手帳
  2. 健康保険証

接種場所

浜松市内の委託医療機関で接種してください。
(予約制の医療機関がありますので、接種の際には電話で確認してください。)

区ごとの委託医療機関一覧 

注意事項

  • 浜松市にお住まいでない方は、お住まいの市町村の予防接種担当課にお問い合わせください。
  • 他のワクチンとの同時接種は医師が必要性を判断し、保護者の同意を得て接種します。

B型肝炎の任意予防接種に対する助成について(浜松市独自の公費助成)

  • 対象者:平成28年3月31日までに生まれた3歳になる前日までの子ども
  • 助成期間:平成29年3月31日まで
  • 接種回数:3回
  • 接種費用:1回につき、3,500円を自己負担
    ※すでに1回あるいは2回接種済みの子は、3歳未満であれば残り回数の接種費用の公費助成が受けられます。
  • 接種場所:B型肝炎委託医療機関一覧(77KB)

注意事項:任意予防接種は、定期予防接種(予防接種法に基づいて実施されるもの)に該当しないため、予防接種法の補償が受けられません。健康被害が発⽣した場合は、独⽴⾏政法⼈医薬品医療機器総合機構法に基づく救済給付の申請をすることになります。

静岡県の公費助成(B型肝炎ワクチン接種緊急対策事業)

  • 対象者:同居家族にB型肝炎ウイルスの陽性者がいる、平成26年4月1日から平成28年3月31日までに生まれた3歳になる前日までの子ども
  • 接種回数:3回
  • 接種費用:1回につき、1,600円を自己負担 (「接種助成券」を持参)
  • 接種場所:静岡県の協力医療機関

助成を利用するには事前に申請が必要です。手続きの方法は静岡県のホームページでご確認ください。

問い合わせ:静岡県 疾病対策課 054-221-2986

 

各区の担当窓口

担当課住所電話番号
中区 健康づくり課 浜松市中区元城町103-2 053-457-2891
東区 健康づくり課 浜松市東区流通元町20-3 053-424-0125
西区 健康づくり課 浜松市西区雄踏一丁目31-1 053-597-1120
南区 健康づくり課 浜松市南区江之島町600-1 053-425-1590
北区 健康づくり課 浜松市北区細江町気賀305 053-523-3121
浜北区 健康づくり課 浜松市浜北区貴布祢3000 053-585-1120
天竜区 健康づくり課 浜松市天竜区二俣町二俣481 053-922-0075