インフルエンザの感染に気をつけよう

2018年1月9日

2018年1月9日

新学期が始まり感染の機会も増えますのでインフルエンザが流行しやすくなります。
インフルエンザの感染を予防するために、手洗いうがい、マスクの着用をするとともに、体調がおかしいなと思った時には、休養をとり医者の診察を受けましょう。

登園登校可能の目安

インフルエンザ発症後、登園登校可能になるには発症からの日数と、熱が下がってからの日数の条件を両方満たす必要があります。日数の数え方は発熱が始まった日は含まず、翌日を発症第1日目と考えます。

保育園児・幼稚園児の場合

発症後5日を経過し、かつ、解熱後3日を経過していること

小学生以上の場合

発症後5日を経過し、かつ、解熱後2日を経過していること

(学校保健安全法施行規則 2012年4月改正)