ちょっと慣れた頃が危ない! 子どもを交通事故から守ろう!

2018年5月12日

2018年5月12日

新入学、進級から1か月が過ぎました。
小学生の歩行中の事故は、月別では5月、年齢別では7歳が一番多いそうです。慣れないうちはしっかりと左右を見て安全確認していた子どもたちも、緊張がほぐれて注意が散漫になりがちです。

新しい友達ができて遊びに出かけたりと行動範囲が広がってくるこの時期、交通ルールを守ること、安全確認をすることを家庭でも再度確認しましょう。

※参考資料