平成30年4月から妊娠出産子育て関連で変わること

2018年3月31日

2018年3月31日

妊娠、出産、子育てに関係する新年度からの変更点をピックアップしています。
詳細は決定次第、ぴっぴホームページで紹介していきます。

2歳児歯科健診の受診時期と回数が変わります。

平成30年度より、受診対象の月齢区分が変わり、2歳の間に計2回の歯科健診を受けることができるようになりました。

(1) 2歳の誕生日~2歳6か月になる前日まで
(2) 2歳6か月~3歳になる誕生日の前日まで

産後ケア事業の公費負担額の増額、実施施設も増えます。

産後ケア(宿泊型)の補助額が、1日あたり10,000円から15,000円に増額されます。4月1日以降の利用分から適用となります。
新規実施施設に聖隷浜松病院(宿泊/デイサービス)が加わり、服部医院が宿泊型を開始します。

産婦健康診査の費用助成が始まります。

産後2週間と、産後1か月を目安に2回分の産婦健康診査の費用が助成されます。
4月1日以降に出産された方が対象です。

新生児聴覚スクリーニング検査の費用助成が始まります。

生後1か月以内に子どもの耳の聞こえを検査する新生児聴覚スクリーニング検査の費用が助成されます。
4月1日以降に生まれた子どもが対象です。

平成30年度より実施の子育て支援ひろば

新しく3か所で子育て支援ひろば実施されます。

既存の子育て支援ひろばもご利用ください。

 平成30年度より新規に実施の親子ひろば

既存の親子ひろばもご利用ください。

平成30年4月の新設(移行)の保育施設

平成30年4月から新たに認定こども園3施設、認可保育園3施設、小規模保育事業所3施設が開設されます。
また、現行の保育園のうち9施設が、来年度から認定こども園に移行します。

放課後児童会が増設されます

こだま第2(中区 双葉小学校)、こうま第3(中区 曳馬小学校)の2か所が増設となります。

企業主導型保育事業所が増える予定です

平成30年度中に企業主導型保育事業が何園か開園する予定です。
一覧への掲載は、浜松市に届出がされてから(開園後)となります。