ぴっぴの防災ブログ

ISHINOMAKI 2.0

2012年6月4日

宮城県石巻市は、東日本大震災で最も被害が大きかった街の一つではありますが、そこでは復興に向けてのユニークなアクションが続いています。
「ISHINOMAKI2.0」という名の、さまざまな専門領域を持った人たちの集合体による、数々のプロジェクトです。

その内容は…
・震災前ちびっ子広場として使われていた広場の瓦礫撤去をし、子どもの遊び場として再建していくなどの活動「石巻コドモプロジェクト」
・被災地の水産加工場から直送される缶詰、醤油、味噌などを販売する「石巻マルシェ」
・まちなかの使われていないスペースを間借りしてボランティア等の滞在スペースとする「復興民泊」
・石巻の文化に携わる方たちへのインタビュー記事などが載るフリーマガジン「石巻VOICE」
・復興のため、自力での修繕や生活必需品制作の支援をする「石巻工房」
さらに、ボランティア活動や復興のために語り合う場となる「カフェroots」「復興バ―」など…

子どもから高齢者まで対象に、在住者も訪問者も関われるような、
多岐にわたるプロジェクトが行われています(一部の事業は終了しました)。
いずれも、“復興前の姿に戻す”のではなく、全く新しい石巻を作るという意思が背景にあります。

プロジェクトは現在も活発に継続されているので、ぜひサイトをチェックしてみてください。


◎ISHINOMAKI2.0のサイト


(ずきんちゃん)



私たちは忘れない3.11

忘れない3.11