ぴっぴの防災ブログ

本の紹介「河北新報のいちばん長い日」

2012年7月2日

仙台市に本社がある河北新報社の、東日本大震災直後からの様子が描かれています。
震災によって、仲間の記者とも数日間音信不通になり、新聞を印刷することもできない状況の中、「新聞を発行するんだ」という強い使命感を感じます。

河北新報のいちばん長い日 震災下の地元紙
河北新報社
文藝春秋
売り上げランキング: 135,223

新聞の見出しに「死者」という言葉ではなく「犠牲者」という言葉を使ったところなどは、この新聞を作っている人たちも被災者であるからこそ、地元の人たちに寄り添って作っている姿勢の表れなのではないかと感じました。

今はまだ、復興に向けて一歩ずつ歩み始めたばかりの被災地でしょうけど、全国紙とは違う、あるいは、全国紙が見落としている被災地の現状を発信し続けてほしいです。

(わかば)

私たちは忘れない3.11

忘れない3.11