ぴっぴの防災ブログ

『語りつぎお話絵本3月11日』シリーズ

2016年3月3日
語りつぎお話絵本3月11日(全8巻) (語りつぎお話絵本 3月11日)

学研教育出版
売り上げランキング: 1,022,936

このシリーズは、体験者の話をもとに書かれた絵本です。1冊に2つのお話と資料が載っています。全部で8冊のシリーズで、それぞれのテーマは下記のとおりです。

1巻「午後2時46分」
2巻「にげろ!津波だ!」
3巻「家族と会えた」
4巻「支え合ったひなん所」
5巻「子どもたちの『ちから』」
6巻「助け合う人たち」
7巻「広がる支援の輪」
8巻「ふるさとをとりもどす!」

いざという時のために備えておこうと思っても、災害が起こったら、いったいどうなるのだろうということが想像できないと、自分の場合に本当に必要な備えが何かを考えることは難しいです。そんな時、このような体験をもとに書かれた絵本を読むと、いざという時の状況などが想像しやすくなり、とても役立ちます。
このシリーズの1~3は、災害が起こった直後のところがよくわかりますので、子どもたちと一緒に読んで、家族で防災会議などを行い、自分たち家族はどのような備えが必要なのか、いざという時どうすれば良いかを話し合えると良いですね。

(わかば)

私たちは忘れない3・11

忘れない3.11