ぴっぴの防災ブログ

奪われた村 避難5年目の飯舘村民 上映決定

2017年5月24日

「日本で最も美しい村」といわれていた福島県飯舘村。

2011年3月の東日本大震災後、その美しい村から何が奪われてしまったのか・・・ 2015年3月から2016年4月までの1年間を撮影したドキュメンタリー作品です。村の人々が「奪われたもの」を自覚するまでには5年という苦しく長い年月があった・・・いったい何が奪われてしまったのか。

奪われた村


監督/撮影の豊田直巳さんは静岡県出身。ヴィジュアルジャーナリストとしてイラクやパレスチナなどの紛争地を取材。劣化ウラン弾問題やチェルノブイリの取材経験もあり、その後、福島に入られたそうです。

浜松市での上映が決まりました。1日限りの上映です。

※上映終了後に豊田直巳監督の講演があります。

日 時: 6月4日(日)14:05~15:50
会 場: シネマイーラ 
      浜松市 中区田町315-34  TEL 053-489-5539
料 金: 大人1500円 大学生以下500円
      (各種割引、スタンプ、招待券、優待券の利用はできません)


詳しくはこちらをご覧ください。

<やまねくん>

忘れない3.11