ぴっぴの防災ブログ

「減災を伝えるリーダー養成講座」第一回を開催

2017年10月24日

10月7日、常葉大学浜松キャンパスにて『減災を伝えるリーダー養成講座』を開催しました。

参加者は日頃、地域のさまざまなフィールドで子どもと接する活動をしている市民の方々(自主防災隊、PTA、子育てサークル、ガールスカウト、災害ボランティアなど)が集いました。

また、常葉大学健康プロデュース学部の協力を得て、参加者の約半数が学生の皆さんとなりました。

講座のようす

今回の第一回目講座では「子どもに防災を伝えるときに知っておきたいこと」として、災害時、特に配慮が求められる子ども・子育て家庭に、自らの身を守る方法をいかに伝えるかという視点で講話を行いました。また後半は、災害時に困ることなどを、いかに「子どもにも伝わる言葉で」伝えるか、というグループワークを行いました。日頃防災に関わる活動をしている方々が多かったためか、早速いろいろな困りごとについての話題が出て、盛り上がりました。

第二回目(10月15日)の講座では「減災が学べるトランプ」を使用して互いにゲームの進行役となり、「ゲームを通した学びの手法」を体験します。また、11月4日には、常葉大学大学祭(キトルス祭)に来場する子どもたちとふれあい、減災の考え方を伝えていきます。

(ずきんちゃん)

 

防災教育プログラム&教材の開発