ぴっぴの防災ブログ

『わたしたちのフォトボイス  3.11、現在、そして・・・』

2018年3月5日

東日本大震災の被災者たちが、写真と言葉で語っています。

わたしたちのフォトボイス.jpg
2011年3月11日のあの日、それから現在までに変わったことや変わっていないことが被災者の視点で綴られています。
この冊子は、静岡県男女共同参画センター(あざれあ)の図書室で借りました。Amazonや楽天ブックスでは取り扱いがないようです(平成30年3月5日現在)。浜松市立図書館の蔵書にもないようです。でも、浜松市立図書館で、あざれあ図書室のこの冊子を予約すれば、取り寄せてくれて、浜松市立図書館で貸し出ししてもらうことができ、なおかつ、返却も浜松市立図書館でできますから、よろしければ、浜松市立図書館でお問合せください。購入してほしいというリクエストをして、通れば、購入されることもあります。せっかくだから、図書館を利用してみてください。
また、購入を希望される方は、NPO法人フォトボイス・プロジェクトのサイトから、申込みできるようです。

NPO法人フォトボイス・プロジェクトへのお問い合わせは、こちら

もうすぐ3月11日です。東日本大震災から丸7年。それぞれが、自分や家族のための備えを見直す良い機会です。そして、被災地のために何ができるか考えてみて、実行してみませんか?

(わかば)
本の紹介