子育てのヒント

つわり中の歯磨き

2011年4月4日

教えて歯医者さん子どもの歯Q&A

Q

つわりがひどくて歯ブラシを口にすることができません。
何か良い方法はありませんか?

A

いくつか有効と思われる方法を紹介します。

(1)歯磨き粉をつけない!
"歯磨き"よりも"歯磨き粉の味"がダメという方も多いようです。歯磨き粉をつけなくても、歯磨きするだけでも効果があります。また、歯磨き粉を好きな味に変える(香りの強い物を避けて無香料や子供用のいちご味みたいなのを使用する)という方法もあります。

(2)歯ブラシを変える!
歯ブラシが口の中の粘膜や舌に触れると吐き気を催してしまうので、ヘッドが小さいものに変えることがいいです。また、糸ようじも効果的です。

(3)うがいをする!
デンタルリンス(マウスウォッシュ)や水でうがいするだけでも効果的です。また、殺菌効果のある緑茶もいいですが、緑茶にはカフェインが含まれているため、あくまで「うがい」のみにしましょう。

「うがいすらできない」「水を吐き出すこと自体できない」といった、さらに症状の重い方には"歯磨き"ではありませんが、以下のような方法もあります。

(4)食事の最後に野菜を食べる!氷を舐める!
他のもので食べ終わるよりも口の中がスッキリします。

(5)ノンカロリー食品を食べる・しゃぶる!

(6)りんごを食べる!
りんごに含まれる「アップルフェロン」には虫歯予防の効果があります。皮ごと丸かじりすることで歯の間の汚れを取り除いてくれます。また、酸味があるだけでなくシャキシャキとした食感も楽しめます。

どうぞ上記のことを参考にしてみて下さい。

文/陽だまり佐野歯科院長 佐野陽彦先生

子どもの歯