子育てのヒント

涼しげなユーカリのスワッグ

2016年7月17日

ドイツ語で壁飾りの意味を持つ、スワッグ。ヨーロッパでは、リースと並んで、魔除けとして玄関や壁に飾られます。主にクリスマスに飾るイメージのあるリースやスワッグですが、束ねるだけで手軽に作ることのできるスワッグを爽やかな印象のユーカリで作ってみるのはいかがでしょう?

壁飾り

手に入りやすく、ドライにもなってくれるユーカリをベースに、子どもたちと摘んだ小さな花を加えて束ね、ぎゅっとラフィアで結べば、涼しげなスワッグの完成。夏でも、さわやかな印象の壁飾りの出来上がりです。しばらく飾って、くたっとなってしまったお花をのぞくと、ドライになったユーカリのスワッグを楽しむことができます。

ユーカリの葉

スワッグを整えたときに切り取ったユーカリも、ぜひドライに。ほんの少しのお礼を入れた袋にぱちんとホッチキスでとめれば、さわやかなラッピングになります。こんな楽しいおまけもつく、ユーカリのスワッグ。ぜひ、お子さんと一緒に作ってみてはいかがでしょう?

文/時田 祐子さん

ライフスタイル