子育てのヒント

めざめれば魔女

2016年12月30日

先月に続き、児童文学お勧めの一冊。

14才のローラが弟を連れてお店に入るとカーモディ・ブラックに弟がスタンプを押されてしまいます。その日から弟ジャッコは衰弱し始め「死」への道を辿り始めます。

弟を救うためにローラは様々な試練を超えなければなりません。

めざめれば魔女 (岩波少年文庫)
マーガレット・マーヒー
岩波書店
売り上げランキング: 22,319

母の「恋」もその中のひとつ。シングルの母の新たな恋にローラは寂しさをぶつけるのですが、親子では埋めつくせない愛の形を知ります。

自分自身も異性を愛することを体験し、弟の命を助けるために「変身」を遂げなければなりません。

「変身」10代には誰にでもやってくる「試練」です。

親子の分離、異性への目覚め、自立、、、

子どもだけが体験することではなく、当然親にも「思春期の試練」がやってくるのです。

親子でこのお話を知っていれば、「親子の分離」はスムーズになるかも。

文/Uluru代表 中村 文江さん

おすすめ図書