子連れでおでかけ

子どもと一緒に楽しめる浜松市&周辺地域の施設・公園・イベントなどを、取材ママ・パパ特派員がレポートします。

  • 登呂遺跡

    2018年4月25日

    先日、日本平に行く途中に「登呂遺跡」の看板を見かけたので立ち寄りました。

    登呂遺跡

    登呂遺跡とは、弥生時代後期の農耕文化を伝える遺跡で国の特別史跡に指定されています。しかし、その場所が住宅街の真ん中にポンとあり、驚きました。

    遺跡へ進む

    3歳と7歳の娘たちは「『蜆塚遺跡』みたいだね。」とあまり関心なさそうでしたが、私たち親は、教科書に載っていた「登呂遺跡」に興奮していました。

    高床倉庫や祭殿があり、竪穴住居だけは中に入ることができます。せっかくなので、入ってみることにしました。

    竪穴住居

    最初は怖がって入るのをためらっていた子どもも、ほかの子ども たちが入る姿を見て、チャレンジ! 中には当時の生活様式を再現した道具などが展示されていていました。

    中に入る

    駐車場に戻る道に、今にも動き出しそうな「登呂の火おこし」の銅像がありました。

    火おこしの像

    7歳の長女はなぜかすごくこわがっていたのに対し、3歳の娘は平気でタッチしていました。2人が触っているとほかの子どもたちも集まってきて、みんな不思議そうに見ていました。ちなみに、この像は近隣にある企業が寄贈したものだそうです。

    マップ

    遺跡と隣接して「登呂博物館」があります。1階フロアは入場無料! 「参加体験型」の博物館で、遺物の展示だけでなく弥生人になった気分で衣装の試着や脱穀体験などができます。

    体験

    今回は参加できませんでしたが、遺跡に囲まれて実際に火をおこす体験もできるそうです。近隣には「芹沢銈介美術館」もありました。次回訪れる機会があれば、また立ち寄ってみたいと思います。

    文/奈良人

    登呂遺跡

    住所 静岡市駿河区登呂5-10-5
    子連れに便利な設備 オムツ交換台があるトイレ有
    駐車場 有(1回400円)
    URL http://www.shizuoka-toromuseum.jp/ (静岡市立登呂博物館)

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    観光・ちょっと遠出
  • 遊びもまつりも♪GW特集(2)浜松まつりをまるごと満喫!

    2018年4月23日

    浜松のゴールデンウィークといえば5月3日~5日に開催される「浜松まつり」。3日間に渡り、凧揚げ合戦や御殿屋台の引き回しが盛大に行われます。浜松にいるなら、1日どっぷりとその熱気を体感するのもいいかもしれません。迫力あるまつりを間近で観ることで、子どもたちの浜松愛も深まるかも!子連れで上手に巡るために、見どころやおでかけのポイントをギュっとまとめてご紹介します。観光客からも人気が高い浜松まつりは、県外から遊びに来ている友だち家族や親せきを案内するとよろこばれますよ。

    凧揚げ合戦見物【中田島:凧揚げ会場】

    凧揚げ会場

    写真提供:浜松・浜名湖ツーリズムビューロー

    3日は各町が初子の誕生を祝う「初凧」揚げ、4日・5日は、各町が互いの凧糸を絡ませ相手の糸を断ち切る「糸切り合戦」があります。ラッパの音が響く中、町衆が懸命に糸を切り合う姿は迫力満点!今年は173か町が参加し、各町の大凧が空を彩ります。

    • 開催時間は?

      5月3日の10:00、開会宣言とともにスタート。5日まで10:00~15:00に凧が揚げられます。5日の10:00~12:00は、参加町の子どもたちによる凧揚げも開催。力やコツがいり揚げることが難しい凧ですが、大人が揚げた凧糸を持ち懸命に引く姿が見られます。
    • 会場に向かうには?

      「凧場」と呼ばれる中田島の会場には、一般の駐車場はありません。臨時シャトルバスを利用するのがベスト!浜松駅北口アクトシティ横からと飯田公園臨時駐車場(無料、16:00閉鎖)から随時発着しています(料金:大人片道280円、小学生140円 始発9:00、終発14:00)。人出が多いため、多少の待ち時間は覚悟しなければなりませんが、バスは次々に発車するのでいつまでも乗れないという心配はありません。バスの乗降車場所から凧揚げ会場までは10分ほど歩くため、歩きやすい靴や服装で行くのがおすすめです。
      ◎臨時バスの運行について
      遠鉄バスホームページ http://bus.entetsu.co.jp/index.html
    • 観覧場所は?

      観光用の観覧席ほか、空いた場所を探しレジャーシートや折り畳み式のイスを置いて見物します。沿道には屋台がずらりと並んで会場は人であふれていますが、広いので座れないという心配はありません。凧を揚げている芝生のエリアは、法被を着た人しか入ることができません。

    ■凧揚げ体験コーナー 10:00~15:00
    広場では凧揚げ合戦に使われる2帖の凧やミニ凧を揚げる体験ができます。参加希望の方は、当日直接会場へ。

    ★会場での注意点★

    • 十分な数の簡易トイレが設置されていますが、余裕を持って行くようにしましょう。
    • 会場内は強風と砂ぼこり、晴れていれば強烈な日差しが予想されます。帽子や日傘・日焼け止め・サングラス・水分補給用の飲み物などを持参しましょう。
    • 事故や迷子を避けるためにも、子どもは抱っこするか、しっかり手をつないで移動しましょう。
    • 凧が急に落下してくることがあります。頭上に気をつけましょう。
    • 凧の糸は危険なので、さわったり踏んだりしないよう十分注意しましょう。

      ◎凧揚げ会場の様子はこちら⇒取材ママレポート
    ◎ あわせて読みたい!ぴっぴのイチオシ
    子どものお祝い行事in浜松  浜松まつり 初子祝い

    凧揚げ会場周辺を散策【中田島:浜松まつり会館・風紋広場】

    浜松まつり会館

    中田島会場では、凧揚げ合戦以外にも「浜松まつり会館」を中心にさまざまな催しがあります。子どもと手作りのミニ凧あげをしたり、フォトスポットで記念撮影したり、のんびりとまつりの雰囲気を楽しむことができます。

    浜松まつり会館

    5月3日~5日は、イベント盛りだくさん!入館料大人400円(中学生以下無料)が、シャトルバスの往路チケット提示で半額になります♪

    ■ミニ凧作り体験 9:00~14:00
    自分で絵を描いたオリジナルの凧作りをします。※1日150枚限定(500円)

    ■出世太鼓体験 9:00~16:30
    浜松の伝統の太鼓に触れ、その響きを楽しむことができます。

    ■大凧フォトスポット&フォトコンテスト 10:00~15:00
    大凧を設置した撮影スポットが用意されています。浜松まつりに関連したフォトコンテストも実施します(応募期間5/3~5/31)。

    ◎浜松まつり会館 おすすめのお土産はこちら⇒取材ママレポート

    ◎浜松まつり会館をしっかり楽しむならこちら⇒浜松ワクワク歴史マップ 浜松まつり会館

    風紋広場

    ■郷土芸能 やら舞歌 12:00~15:00
    3日間を通して繰り広げられる多彩なステージ。出世太鼓やおどりがまつりを盛りあげます。

    ■土産品協会物産展 10:00~16:00
    浜松ならではのお土産品が豊富に揃う物産展。凧揚げ会場の行き帰りに立ち寄れます。

    御殿屋台引き回し見物【市中心部会場】

    御殿屋台

    写真提供:浜松・浜名湖ツーリズムビューロー

    街中心部でのいちばんの見どころは、やはり豪華絢爛な御殿屋台の引き回しです。今年は80か町が参加。子どもたちが奏でるお囃子の音色に威勢のいいラッパや練りの掛け声が相まって、街中が熱気に包まれます。
    • 開催時間は?

      5月3日~5日の毎日、18:30~21:00に鍛冶町・広小路通りで見物ができます。時間が近づくと提灯の明かりを灯した屋台が次々に姿を現し、各町ごとに引き回しのスタートを待ちます。街中に早めに着いたら、アクトシティなどで開催されているにぎわいイベントや、通り沿いに展示されている御殿屋台を見て回るのもおすすめ。屋台の展示では、各町こだわりの凝った装飾や彫刻をゆっくり見ることができます。
    • 会場に向かうには?

      バスなどの公共機関や駅周辺の有料駐車場を利用します。17:00~21:00は交通規制があるため、早めに市街地へ移動しておくのが安心。路線バスも規制の時間帯は、迂回運行となります。
    • 観覧場所は?

      鍛冶町・広小路通り周辺の歩道からの見物となり、混雑するため立ち見となることもあります。スペースがあればレジャーシートなどを敷いて、食事をしながら観覧することも可能です。たくさんの出店や飲食店が軽食を販売しているため、そちらも楽しみのひとつです。

    ★会場での注意点★

    • 凧揚げ会場のように専用の観覧席はありません。ゆっくり観覧する場合は、早めに場所を確保しましょう。
    • 抱っこひもやベビーカーを上手に利用し、人ごみの中での移動は十分注意しましょう。
    • 小さな子どもとの見物は、早目の時間にスタートして帰りの混雑前に切り上げるのがおすすめです。
    • 夜はまだ肌寒いことも多い時期です。重ね着するなど、服装も工夫しましょう。

    ◎合わせて読みたい!ぴっぴのイチオシ
    伝統のバトンを次の世代へ 子どもたちの浜松まつり

    ◎観光からまつりデビューなど、モデルプランをまとめた昨年の記事はこちら
    子連れで浜松まつり!<1>~<3>

    ◎浜松まつり公式ウェブサイト
    http://hamamatsu-daisuki.net/matsuri/

    浜松まつり情報
  • 豊田市美術館

    2018年4月21日

    春本番、桜の咲き始めた頃に2歳と4か月の娘たちを連れて豊田市美術館へ出かけてきました。浜松から車で約1時間半、郊外の小高い丘の上に建てられた美術館は木々に囲まれ、水平を基調とした建物で、外観からして独特の空間です。

    外観

    館内の展示室も作品が陳列されているだけでなく、天井の高さや明るさなどそれぞれが違う空間になるように設計されているので、美術作品をさまざまな演出で楽しむことができます。今回私たちは企画展観覧のために訪れましたが、同時に行われていた所蔵作品展も充実した内容で十分に楽しめました。

    見学
     
    野外の庭園にも数多くの作品が展示されています。美術館ということで、館内では遊びまわることができなかった娘も外では走り回りながら作品に興味津々の様子。

    屋外展示

    子どもたちにとっていつも行くような公園も楽しいですが、美術作品を体感しながら遊ぶこともまた違った刺激になったのではないでしょうか。

    文/よこた

    豊田市美術館

    住所 愛知県豊田市小坂本町8丁目5番地1
    電話 0565-34-6610
    開館時間 10:00~17:30(入場は17:00まで)
    休館日 毎週月曜日(祝日は除く)、設備点検・展示替え等の期間、年末年始
    料金 常設展 一般:300円  高校・大学生:200円  中学生以下:無料
    子連れに便利な設備 授乳室、オムツ交換台、ベビーカー貸し出し有
    駐車場 有(無料 225台)
    アクセス方法 【車】東名高速道路 豊田ICより約15分
    【電車】名鉄豊田市駅下車、徒歩約800メートル
    URL https://www.museum.toyota.aichi.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    美術館・博物館・科学館
  • 遊びもまつりも♪GW特集(1)「こどもの日」を楽しもう!

    2018年4月20日

    ゴールデンウィークも間近!昭和の日から始まり、5月5日は「こどもの日」です。この時期の風物詩「こいのぼり」を飾っている公園や、ゴールデンウィーク限定のイベントにおでかけしてみませんか?たくさんのこいのぼりが大空をのびのびと泳ぐ姿はまさに圧巻!5日は子ども料金が無料になる施設もあります。家族でこどもの日を思いっきり楽しみましょう♪

    青空を泳ぐこいのぼりを見に行こう!

    こいのぼり

    おちばの里親水公園

    緑がうつくしい広々とした山あいの公園に泳ぐこいのぼり。5月の第1日曜日には、春まつりが開催されます。
    ◎春の親水公園まつり
    【日程】5月3日(木・祝) *こいのぼり設置は4月22日(日)~を予定
    【場所】湖西市大知波2-4-2(おちばの里親水公園)
    【問い合わせ】湖西フロンティア倶楽部 TEL:090-1291-3210
    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    大千瀬川の鯉のぼり

    浜松市天竜区佐久間町川合の有志の集まりで飾る、大千瀬川に架かる約100匹のこいのぼり。
    【期間】4月21日(土)~5月12日(土)
    【場所】浜松市天竜区佐久間町川合地内 国道473号線沿い 川合橋
    【主催】川合可祝連(かわいかしゅくれん)
    【問い合わせ】天竜区観光協会佐久間支部 TEL:053-965-1651
    【URL】http://sakuma-kanko.net/

    磐田市はまぼう橋西側のこいのぼり

    福田の南部を流れる仿僧川に約100匹のこいのぼりが泳ぎます。イベントでは軽食が楽しめるほか、清掃作業をした人を対象に簡単なゲームあり!
    【期間】4月22日(日)~5月5日(土・祝)
    【イベント】5月5日(土・祝)11:00~14:00頃
    【場所】磐田市福田5114(はまぼう橋西側 河原)
    【主催】三〇会(さんまるかい) 共催/福田海岸通り発展会
    【問い合わせ】福田海岸通り発展会事務局 TEL:0538-58-0710

    磐田市見付地区のこいのぼり

    見付本通りから国1までの今之浦川に約140匹のこいのぼりが泳ぎ、水辺のうつくしさを伝えます。
    【期間】4月15日(日)~5月5日(土・祝)
    【場所】磐田市見付 今之浦川(中川)
    【主催】今之浦川流域を美しくする会(今流美会)、見付宿を考える会
    【問い合わせ】今之浦川流域を美しくする会(藤田)TEL:090-2188-4091

    諸井里山こいのぼり

    自治会や地元の小学生に呼びかけて集められた100匹ほどのこいのぼりが空を泳ぎます。
    【期間】4月10日(火)~5月8日(火)
    【場所】袋井市諸井1810(諸井里山公園)
    【主催】諸井里山会
    【問い合わせ】袋井市観光協会 TEL:0538-43-1006

    あらさわふる里公園

    市民から寄贈された約70匹のこいのぼりが、山間の地形をそのまま利用した広大な公園の入口で泳いでいます。
    【日程】4月1日(日)~5月9日(水)
    【場所】御前崎市下朝比奈158-7
    【問い合わせ】TEL:0537-85-8230
    【URL】http://www.maotv.ne.jp/arasawa/

    大井川横断鯉のぼり

    川根の小学生がつくったオリジナルこいのぼりも仲間入りし、100匹が大井川の空を泳ぎます。大井川鐵道の車窓からも見ることができます。
    【期間】3月17日(土)~5月20日(日) *天候によって変更する可能性があり
    【場所】島田市川根町家山付近
    【主催】カワネラブズファクトリー
    【問い合わせ】NPOまちづくり川根の会 TEL:0547-53-2441

    ゴールデンウィークイベントに出かけよう♪

    浜名湖ガーデンパーク

    ■こいのぼりにペイントして飾ろう
    家族みんなでこいのぼりに楽しくペイントし、5月6日(日)までイベント広場で展示します。
    【日程】4月29日(日) 受付10:00~
    【場所】体験学習館

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ■気軽にグラウンドゴルフ
    年齢を問わずに楽しめるグラウンドゴルフを体験できます。5月5日(土)は子ども料金無料!
    【日程】5月5日(土)、5月13日(日)、5月19日(土)、5月27日(日) 10:00~
    【受付】南案内所(受付終了14:30) *雨天中止
    【費用】大人300円、小人200円

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    【問い合わせ】TEL:053-488-1500
    【URL】浜名湖ガーデンパーク

    はままつフラワーパーク 入園無料

    5月5日(土)は小中学生入園無料。花フェスタ開催中の園内は見どころいっぱいです!
    【問い合わせ】TEL:053-487-0511
    【URL】はままつフラワーパーク

    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    浜松市博物館 昭和レトロな博物館

    「昭和のおもちゃで遊ぼう」など、昔なつかしい遊びや展示がいっぱいです。
    【開催期間】4月26日(木)~4月30日(月)、5月2日(水)~5月6日(日)
    【問い合わせ】TEL:053-456-2208
    【URL】浜松市博物館

    以前の様子はこちら⇒パパ特派員レポート

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ウォットGWイベント

    水中TVトーキングこどもの日版(13:45~約20分間)など、イベント盛りだくさんです。
    【開催期間】4月29日(日) ~ 5月6日(日)
    【問い合わせ】TEL:053-592-2880
    【URL】浜名湖体験学習施設「ウォット」

    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    こどもの日スポーツフェスタinはまきた

    無料で気軽に軽スポーツの体験ができます。
    【開催場所】浜北総合体育館(浜松市浜北区平口5042-133)
    【日時】5月3日(木) 10:00~15:00
    【問い合わせ】TEL:053-585-1222
    【URL】公益財団法人浜松市体育協会ブログ

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    近場でレジャー(市内・近郊)
  • 馬込川公園 南浅田地区

    2018年4月13日

    ポカポカ陽気の春休みに4歳と1歳10か月の娘を連れて、近所の馬込川沿いに広がる公園に出かけました。ここには遊具広場、芝生広場、運動場の3エリアがあります。

    遊具

    娘たちはまずは幼児向けのすべり台で遊びました。このすべり台はすべるレーンが2つ並んでいるため、お姉ちゃんと手をつなぐことができ、1歳の次女でも上手にすべることができました。

     すべり台

    次は小学生向けの中型すべり台にチャレンジです。階段とネットの2つから上ることができるのですが、お姉ちゃんの成功を見た次女もがんばってネットを上って行きました。

    中型すべり台

    ネットをのぼる

    その姿を見て、まだこうした遊具は無理かと思っていたのですが、だんだん成長しているなと感じました。そのほかにもブランコ、ジャングルジム、砂場と一通り遊んでから、あずま屋でお茶休憩にしました。芝生広場の木陰ではお弁当を食べている家族連れも見かけました。

    桜の木

    この公園沿いは桜がきれいに咲くので、次回はお花見に来たいなと思いました。

    文/むう

    馬込川公園 南浅田地区

    住所 浜松市中区南浅田2丁目
    子連れに便利な設備 多目的トイレ内にオムツ交換台有
    駐車場 5台有(障害者用スペース1台が遊具広場に有)
    アクセス方法 【車】浜松駅より南へ車で約10分、馬込川の西側

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

     
    公園
  • 取材ママ紹介 むう

    2018年4月13日

    取材ママ

    <むう>

    平成25、28年生まれの姉妹のママです。

    私自身小学校から浜松で暮らしているので、地元の良いとこスポットを紹介していけたらと思います。また、取材ママの活動を通して新しい遊び場も開拓していきたいです。

    取材ママ・パパ特派員紹介
  • スポーツオーソリティでボルダリング

    2018年4月7日

    雨の日の休日。子どもたちはいつも「たいくつだ~たいくつだ~」とゾンビのように私にたかってきます。そんな日によく利用するのがスポーツオーソリティ(イオンモール浜松志都呂内)にあるボルダリングです。

    難しさ表

    初めて体験するときに入会金を支払い、ルールを教えてもらいます。壁(ウォール)は、キッズウォールのほか通常ウォールが90度から110度まであり、石(ホールド)は難しい順にスタートのシールの色が分けられています。まるでゼリービーンズのようなカラフルなホールドが下から上までずらり並んでいるのを見ると、子どもたちは決まって「うわぁ!」と目を輝かせます。

    スタート位置

    小学2年生の息子は、通常ウォールのいちばんやさしい白のシールのホールドからスタートしました。スタートとゴールは、両手でホールドを持ちます。両足をつけてから次のホールドを持ち、上へ登っていきます。90度を超えるウォールは、より難しくなります。

    壁

    ゴールまで登った息子は「前にできなかったところが、できるようになったよ!」とうれしそう。

    ゴール

    ボルダリングは、2歳から大人まで楽しむことができます。シューズも借りられるので、手ぶらで参加できるのがうれしいですね。雨の日の休日には、お買い物ついでに体験してみてはいかがでしょうか。

    文/お茶子

    スポーツオーソリティ

    住所 浜松市西区志都呂2丁目37番1号 イオンモール浜松志都呂2F
    電話 053-415-2021
    利用時間 10:00~22:00(最終受付21:00)
    料金 【入会金】500円
    【体験料金】
    通常ウォール(4歳~)30分ごとに500円
    キッズウォール(2歳~小学3年生まで)30分300円(初回限定で入会金、30分利用含めて500円)
    【対象】2歳~シニアまで
    URL http://club.sportsauthority.jp/bouldering/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    近場でレジャー(市内・近郊)
  • 駄菓子屋あつみ

    2018年4月3日

    最近、見ることが少なくなった地域の駄菓子屋。4歳と6か月になる娘二人を連れて、浜松市立高校正門の向かいにある「駄菓子屋あつみ」に行ってきました。

    外観

    店に入ると、4歳の娘はすぐに駄菓子をあれこれ見て回り、しばらくして「これに決めた!」と言ってレジでお金を払い、とても満足そうでした。

    店内

    「あつみ」の特徴は駄菓子屋でありながら店内に鉄板が置いてあることです。お好み焼きの生地に、たくあんのみじん切りや紅ショウガなどを入れて焼く、浜松のソウルフード「遠州焼き」が150円で食べられるのはとても魅力的です。私たちは、お昼ごはんを兼ねて豚玉入りを注文しました。

    店内3

    目の前で店員さんが焼いてくれるので、娘は鉄板にくぎ付け。小学生くらいであれば、ひっくり返すところをやらせてもらえるそうです。まだ箸を上手に使うことができない娘にはフォークを貸してもらい、焼き立ての遠州焼きをフーフーしながら食べました。

    遠州焼き

    食後は、イチゴ・チョコ・抹茶など自分で好きなフレーバーを選んで巻くことができるソフトアイスを店員さんと一緒に巻かせてもらいました。

    ソフトクリーム

    子どもからお年寄りまで幅広い年齢の方が集まる地域の駄菓子屋。もう少し大きくなったら、娘たちだけで買い物に行かせたいと思っています。

    文/トミーズ

    駄菓子屋あつみ

    住所 浜松市中区広沢1丁目9‐19
    営業時間 11:00~18:00
    定休日 水曜日
    駐車場 有(1台)

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    お店
  • 浜松市楽器博物館で馬頭琴の演奏体験

    2018年3月31日

    小学2年生の息子は最近、国語で習っている「スーホの白い馬」の本読みを毎日しています。そのお話に出てくる馬頭琴という楽器ですが、私と息子は本物を見たことがありません。そこで息子に「馬頭琴を見に行こう」と声をかけると、「行きたい!」ということで浜松市楽器博物館に行ってきました。

    馬頭琴のコーナー
     
    館内展示の多くの楽器の中から探すのは大変そうだったので、受付で問い合わせて、第1展示室のアジアの楽器の中の馬頭琴の場所を教えてもらいました。馬頭琴は名前の通り、楽器の頭が馬の形をしています。そこには「スーホの白い馬」の絵本が置いてあり、モンゴルの方による馬頭琴の演奏画像も流れていました。息子とともに興味深く鑑賞していたところ、職員の方が「あちらで体験ができますよ」と体験ルームを案内してくれました。

    スーホの白い馬
     
    体験ルームではいろいろな楽器の演奏体験ができます。さっそく馬頭琴の演奏にトライ! 息子は音を出すことができてうれしそうでした。

    馬頭琴体験
     
    その後、ミニ展示の「モンゴルの暮らしや文化を知ろう!!」を鑑賞しました。モンゴルの移動式住宅「ゲル」の模型があり、息子は教科書の挿絵で見たことがあるようで、展示の中でも注目していました。これからも、子どもが世界各国の楽器に関心を持ったとき、浜松市楽器博物館に来ようと思います。
     
    ■モンゴルの暮らしや文化を知ろう!!
    【期間】 2018年2月10日(土)~5月6日(日)

    文/ジュン

    浜松市楽器博物館

    住所 浜松市中区中央3-9-1
    電話 053-451-1128
    開館時間 9:30~17:00
    休館日 毎月第2、4水曜日(祝日の場合は翌日、8月は無休)、12月29日~1月3日、施設点検などにより臨時休館日有
    入館料 大人(大学生以上)800円、高校生400円、中学生以下・70歳以上・障害者手帳所持者無料
    子連れに便利な設備 オムツ替え用ベッド有、ベビーカー貸し出し有(無料)
    駐車場
    URL http://www.gakkihaku.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    美術館・博物館・科学館
  • 北区Deまつり2018

    2018年3月30日

    「北区Deまつり2018」に消防車がやってくる、しかもはしご車の乗車体験ができると聞き、2歳の息子とワクワクしながら出かけました。10時過ぎに着くと、隣接の駐車場はほぼ満車。私たちは市民サービスセンターから会場までの‬シャトルバスに乗りました。時間はかかりましたが、乗り物好きな息子には楽しい時間だったようです。

    会場は大にぎわいで、人にぶつからないように歩くのも大変なほどでした。屋台がたくさんで、地域の物産やカフェ・お菓子屋さんなど、食べ歩くだけでも楽しめそう。ペイント体験や馬の来ているブースもありました。舗装された場所なのでベビーカーもOK! 芝生にレジャーシートを敷けばピクニック気分が味わえます。

    馬とのふれあい

    パトカーや消防車は入口すぐのコーナーで見られるのですが、お目当てのはしご車体験は別の場所でした。体験場所まではかなり長い階段を降りるので、子どもやベビーカーには移動がたいへんです。はしご車体験は人気が高く、私たちは午後の受付時間前から並びました。乗るときは大人も子どもも安全ベルトとヘルメットを着用。ゴンドラは15mほどまで上がり、目もくらむ高さでしたが、めったにできない体験ができて、息子は大興奮でした。

    消防車

    会場にはほかにもダンボール迷路、ボールプール、ふわふわ、ミニSLなど子どもが喜びそうなアトラクションがたくさんありました。どれも無料ですが、長蛇の列ができていたので、お目当てがあれば早めに並ぶのがおすすめです。

    イベント全景

    ステージでの演奏やゆるキャラなど、子どもからお年寄りまで誰でも楽しい時間を過ごせると思います。毎年開催されているイベントのようなので、来年も楽しみです!

    ■北区Deまつり2018
    【開催日時】 2018年3月4日(日)9:30~15:30‬
    【場所】 都田総合公園(‪浜松市北区新都田1丁目3−103−4‬)
    【電話】 ‪‪053-523-1168‬‬
    【子連れに便利な施設】 多目的トイレ有、オムツ替えシート有
    【駐車場】 有(無料)、臨時駐車場からのシャトルバス有

    文/マナ

    イベント(春)
  • 浜名湖花フェスタ2018に行こう!~フラワーパークの桜編~

    2018年3月29日

    暖かい日が続き「浜名湖花フェスタ2018」の大きな見どころでもある、はままつフワラーパークの「桜とチューリップの庭園」が見ごろを迎えています。「世界一美しい」と言われる桜とチューリップのコラボを見ようと、さっそく小学生の娘たちと行ってきました。

    お花満喫ポイント【1】 入口から桜が続くコースでテンションアップ!

    入口の桜

    今回は動物園側の浜名湖ゲートから入園しました。「桜とチューリップの庭園」は、こちらのゲートから入ってすぐのところから始まります。入口から桜に迎えられ、期待が高まります。少し歩くと、パンフレットでも見かける池の上に浮かんだチューリップが! 子どもたちも「虹の形になってる!」と大よろこび。その周りで過ごす水鳥たちの動きもおもしろく、池のほとりのベンチに座ればいつまでも眺めていられそうです。

    桜とチューリップ

    この庭園以外にも、桜は園内の各所に咲いています。正面ゲートから左手に坂を下っていく「サクラの谷」でも、チューリップガーデンの背景にあるたくさんの桜が楽しめました。

    チューリップ畑周り

    お花満喫ポイント【2】 フラワートレインに乗って桜のコースを楽々移動

    フラワートレイン

    園内では、大人100円、子ども(3歳以上中学生以下)50円で乗ることができるフラワートレインが運行しています。ゆっくりとした速度で桜並木の下も走り、15分ほどでぐるりと園内が一周できます。混み合う時間には行列ができていることもありますが、坂道や階段が多い場所もトレインなら楽々と移動することができます。

    園内マップ

    マップには乗降車場所や停留所が出ているので、歩く場所とトレインに乗る場所を決めておくと利用しやすいですね。レトロでかわいい列車型なので、乗り物好きの子どもならよろこぶこと間違いなしです!

    お花満喫ポイント【3】 写真映えするスポットで記念撮影

    サクラの谷

    桜の下での撮影はもちろん、今のフラワーパークは写真映えするスポットがたくさんありました。大温室クリスタルパレスの中は「おとぎの国へようこそ」というテーマの展示を開催しています(~5月21日まで)。イースターを意識したカラフルな花とディスプレイに、撮影に夢中になってしまいました。

    おとぎの国

    ソメイヨシノの見ごろに合わせて18:00~21:00の夜間開園(~4月1日まで)もしています。夜桜のライトアップがあり、そちらも見ごたえがありそうです。

    今回は、春休み前に小学校で配られたフラワーパークの招待券をしっかり利用しました。フラワーパークとセットで他の施設での遊びや食事を考えている場合は、観光案内所などに設置されている「浜名湖花フェスタ参加施設マップ」が役立ちます。割引クーポンや周遊ビンゴなどが付いているので、お得に楽しい計画が立てられますよ。

    参加施設マップ

    ■浜名湖花フェスタ2018
    【期間】2018年3月21日(水)~6月10日(日)
    【メイン会場】はままつフラワーパーク、浜名湖ガーデンパーク
    【URL】 http://hamamatsu-daisuki.net/flowerfesta2018/

    文/makiko

    はままつフラワーパーク

    住所 浜松市西区舘山寺町195番地
    電話 053-487-0511
    営業時間 3月~9月9:00~17:00、10月~11月9:00~16:30、12月~2月10:00~16:30
    (季節により夜間開園する場合あり)
    休園日 なし(ただし12月29日~31日は休園。その他、臨時休園する場合あり)
    入園料 3月~6月大人600円~1000円、小中学生300~500円
    7月~9月大人無料、小中学生無料
    10月~2月大人500円(園内で利用できる300円分のお買い物券付き)、小中学生無料
    子連れに便利な設備 授乳室あり、ベビーベッド及び多目的トイレを園内8か所に設置、ベビーカーレンタル1回100円
    駐車場 フラワーパーク側600台、動物園側590台(有料200円)
    URL http://www.e-flowerpark.com/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    お花見・紅葉情報
  • 「休暇村 伊良湖」の子ども向け楽しいプログラム

    2018年3月28日

    伊良湖岬近くの「休暇村 伊良湖」に5歳の息子を連れて宿泊してきました。「渥美半島菜の花まつり」に合せた、わが家の毎年恒例旅行で、4回目になります。

    外観

    おいしい食事と温泉がリーズナブルな料金で利用できる「休暇村 伊良湖」は、わが家のお気に入りのホテルです。全国に37か所ある国立公園・国定公園内にある休暇村は、どの施設も子ども向けサービスが充実しているので、子連れ旅行にはおすすめですよ。

    5歳になって少し就寝時間が遅くなった息子は、今回初めて館内の無料プログラムに参加。子ども限定の「いらごダンジョン」は、渡された地図を元に館内に隠された「文字」を探し、すべて見つけると、お宝がもらえるルールです。

    受付

    予約不要なので早めに夕食を済ませた息子はさっそく参加。文字は、館内の壁の上や下、階段や棚の裏にひっそりと隠されていて、息子はそれを見つけるたびにうれしそうに報告してくれました。

    MAP

    全部の文字を見つけたマップをフロントに提出すると、「おめでとうございます! それでは好きなお宝を2つ選んでください」と、子どもが好きそうな小さなおもちゃやお菓子が入った箱を開けてくれました。息子はスーパーボールと、キラキラ光る石をもらって大満足♪

    お宝

    その後、ちょうどロビーで始まった「動物ビンゴゲーム」にも家族で参加し、とても楽しい夜になりました。

    ビンゴ

    翌朝は、「田原弁ラジオ体操」と「朝のお散歩会」の無料イベントに参加しようと思っていたのですが、うっかり朝寝坊してしまいました。そのかわり、朝食後に広い敷地内を散策して展望台からの景色を楽しみました。単なる宿泊所だけでなく充実した遊び場でもある「休暇村 伊良湖」。またすぐに訪れたくなるおすすめのホテルです。

    文/みきこ

    休暇村 伊良湖

    住所 愛知県田原市中山町大松上1
    電話 0531-35-6411
    利用時間 チェックイン15:00~ チェックアウト~10:00
    子連れに便利な設備 キッズコーナー、マンガ絵本コーナー、子ども用アメニティなど有
    駐車場 有(150台・無料)
    URL http://www.qkamura.or.jp/irako/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    ホテル・宿泊施設
  • 浜松まつり会館

    2018年3月27日

    県外の方との結婚を機に浜松から遠ざかってしまう友人に浜松らしいものをプレゼントしたい、と夫が目をつけたのは浜松まつりグッズ。調べたところ浜松まつり会館で手に入ると分かりました。

    売店

    せっかくなので2歳と9か月の娘たちも一緒に行ってみることにしました。まずはグッズ購入のために売店へ。ここは入口付近にあり、入館しなくても立ち寄れます。

    売店では参加している町の凧がデザインされたキーホルダーやバッジ、Tシャツ、手のひらサイズのミニ凧、手ぬぐいでできたミニ法被などさまざまなものが売られていました。その中で夫も私も「これ、いいじゃん!」と気に入ったのはオルゴールがついたキーホルダーです。

    キーホルダー

    ネジを回すと激練りでお馴染みのラッパのメロディーが流れてきます。威勢のよいラッパの音もオルゴールで聞くと優しく上品に聞こえます。いつでもグッズが購入できるので、まつり好きな人にも浜松らしいプレゼントを探している人にもうれしいスポットです。

    その後は展示を観に行きました。浜松まつりで使う凧や糸、屋台の歴史が資料とともに展示してありました。一番の見所は60もの大凧が展示してある部屋です。

    大凧

    凧揚げ合戦の映像から威勢のよいラッパや掛け声が響き渡り本番さながらの迫力と熱気を感じました。2歳の長女も法被を着て記念撮影をしたり、太鼓を叩いたりとおまつり気分を味わいました。

    浜松まつり会館では子ども向けにさまざまなイベントが開かれているそうなので、HPをチェックして出かけるといいかもしれません。

    イベント

    ペットボトル提灯を発案した方の作品を見ましたが、小さな子どもでも持ちやすいサイズで安心です。まつり好きの子は喜びそうです。

    ペットボトル提灯

    浜松まつり会館を訪れたことで、今年の浜松まつりがますます楽しみになりました!

    文/おおそれ

    浜松まつり会館

    住所 浜松市南区中田島町1313
    電話 053-441-6211
    開館時間 9:00~16:30
    定休日 年中無休(12/29~12/31をのぞく)
    入館料 大人400円、中学生以下無料
    子連れに便利な設備 売店、自動販売機有
    駐車場 有(無料 191台)
    URL https://matsuri.entetsuassist-dms.com/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     
    近場でレジャー(市内・近郊)
  • 取材ママ紹介 おおそれ

    2018年3月27日

    取材ママおおそれ

    <おおそれ>

    2歳と0歳の姉妹を育てています。生まれも育ちも浜松ですが、まだまだ浜松には知らないところがあるなぁと実感しています。
    私も娘たちも食べることが大好きなので、子どもと気軽に食事ができるところ、小さな子どもでも安心して食べられる物、お財布にやさしい遊び場などを開拓し、ご紹介できればと思っています。よろしくお願い致します。

    取材ママ・パパ特派員紹介
  • 浜名湖花フェスタ2018に行こう!~春休みガーデンパーク編~

    2018年3月26日

    今年で4回目となる「浜名湖花フェスタ2018」が、6月10日まで開催しています。はままつフラワーパークと浜名湖ガーデンパークを中心に、浜名湖周辺の花のリレーが楽しめるイベントです。時間がたっぷりある春休み、子どもたちと花フェスタ会場めぐりをしようと計画しました。まずはメイン会場のひとつでもある浜名湖ガーデンパークにレッツゴー!

    お花満喫ポイント【1】 開花状況を事前にチェック!

    開花情報

    公式サイトや園内の入り口付近の掲示板には、今楽しめる花の情報が出ています。気温や天候によっても大きく変わってくるため、お目当ての花があるなら事前チェックは重要! 管理棟にいる職員さんも見ごろの花を教えてくれます。チューリップやソメイヨシノにはまだ少し早いこの時期でも、菜の花やアカシアなど早春の花々が開花を迎えているようです。

    お花満喫ポイント【2】 マップを活用してルートや目的地を決める

    マップ

    広い園内、子ども連れだとすべて見て回るのは難しいですね。無料で気軽に立ち寄れるガーデンパークなら、春休み中何回か来てもOK!と思い、マップを頼りに今見ごろの菜の花を目的地にしてみました。

    菜の花
     
    結局たくさん寄り道もしつつでしたが、お目当ての菜の花畑に到着! 黄色のじゅうたんが眩しいくらいです。

    お花満喫ポイント【3】 プレートで木や花の名前を確認

    プレート

    途中の中央芝生広場で「開花し始めたソメイヨシノ?」と思ったら、似た花をつける「ベニバスモモ」という木でした。プレートには簡単な説明もあるのでうれしいですね。職員さんに聞いてみたら、一昨日まで満開だったのに前日の強風で半分以上の花が飛ばされてしまったそう。風が強い遠州地域のあるあるかな? それでも子どもは広場をかけめぐって楽しそうです(笑)

    広場

    菜の花畑に向かう道中も、カラフルな花々を楽しむことができました。きれいに咲いている花は、子どもと一緒にプレートをチェック。開花情報にあった植物を見つけるとちょっとうれしくなります。

    花1 花2 花3

    最後はお決まりのこども広場でひと遊び!

    こども広場
     
    4月はネモフィラ、5月はバラとまだまだこれからがシーズン本番のガーデンパーク。いつもは気ままに散策していましたが、少し下調べをして見ごろの花を目的地にするのが達成感もあっておすすめです!

    ■浜名湖花フェスタ2018
    【期間】2018年3月21日(水)~6月10日(日)
    【メイン会場】はままつフラワーパーク、浜名湖ガーデンパーク
    【URL】 http://hamamatsu-daisuki.net/flowerfesta2018/

    文/makiko

    浜名湖ガーデンパーク

    住所 浜松市西区村櫛町5475-1
    電話 053-488-1500
    開園時間 8:30~17:00、夏季(7・8月)は8:30~18:00
    休園日 年末年始(12/29~1/3)
    入園料 無料
    子連れに便利な設備 トイレにおむつ替えシート、授乳室(体験学習館内)、ベビーカー貸し出し(無料)、ファミリー自転車貸し出し(1時間900円)
    駐車場 有(無料 約1,800台)
    URL http://www.hamanako-gardenpark.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    お花見・紅葉情報
  • 美容院 ANGELIQUE(アンジェリーク)

    2018年3月25日

    家事に育児に忙しく、気がついたら何か月も美容院に行っていない…こんな経験ありませんか?自分の好きなときに、子どもの心配をせずにゆっくり一緒に行けるのが理想ですよね。でも、現実は小さい子を連れて行くのはなかなか大変…。

    入り口から

    私が通う「美容院 ANGELIQUE(アンジェリーク)」は基本的に予約制で1組ずつのプライベート空間。まわりの目を気にする必要がなく、ストレスフリーです。

    キッズスペースや託児はありませんが、赤ちゃんの場合はベビーカーの持ち込みもOK(店舗が2階なのでやや大変ですが)。

    外看板

    店内

    小さな子どもはソファーでおやつを食べても大丈夫です。わが家の8歳の娘は、私のカットしている横で宿題をして、5歳の息子はパソコンでDVDを見せてもらうなどして過ごしています。

    メニュー

    美容師さんはとっても元気な明るい女性で、わが家の子どもたちも大好きです。カットもカラーも、話をしながらパパっと仕上げてくれます。子連れでもママが安心して過ごせて、たくさんしゃべって、いろいろとリフレッシュできる美容室です。

    文/まちゃっち

    美容院 ANGELIQUE(アンジェリーク)

    住所 浜松市中区助信町8-47
    電話 053-472-0205
    営業時間 9:00~18:00
    定休日 月曜日・毎月第1、第3火曜日
    料金 ・カット 大人3,890円
    ・小学生まで1,950円
    ・前髪カット 540円~
    駐車場 有(無料)

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    お店
  • こども館体験記「春の特別プログラム~挑戦~」

    2018年3月24日

    浜松こども館 取材ママ体験記

    幼稚園年中さんの長男が春休みに突入し、毎日のように言われる「どっか連れてってー!」に頭を悩ませる中、天候に左右されず遊べるこども館に行ってきました。

    春の特別プログラムが開催中で、「挑戦」がテーマでした。曜日ごとにさまざまな遊びが用意されていて、相手との対戦や自分なりの記録に挑戦するというものです。

    挑戦1

    会場で受付して、カードを受け取ります。カードには日付と種目の表が書かれていて、挑戦するとシールを貼ってもらえます。この日は「スリッパとばし」、「棒倒しダーツ」、「フリふりカウント」という種目が行われていました。

    最初に挑戦したのは「スリッパとばし」。新聞紙で作ったスリッパを、靴飛ばしの要領で4人一組で飛ばして距離を競います。

    挑戦2

    2歳の次男は私が手伝い、2m41cm飛ばせました。同じレースでは11mの記録を出した小学生のお兄さんがいて、かなり白熱しました。

    挑戦3

    次に「フリふりカウント」に挑戦。この種目は「ストップウォッチ」と「万歩計・カウンター」の2つのバージョンがあります。

    挑戦4

    やり方はストップウォッチを見ずに心の中で10秒数えてストップボタンを押し、10秒ジャストに近い記録を出す、というものです。万歩計・カウンターの方は10秒以内に万歩計を振るか、カウンターのボタンを押して、できる限り多くの数を出すことを競います。

    挑戦5

    ストップウォッチの方は少し難しくていい記録は出ませんでしたが、万歩計は長男・次男ともにフリフリして数が増えるのが楽しかったようで、何回も挑戦したがりました。

    最後は「棒倒しダーツ」。床に置かれた段ボールでできた棒を、好きな道具を使ってあおいで扇状の得点表に倒し、より多くの得点を取ろうというものです。

    挑戦6

    4人一組で3回ずつチャレンジできます。ダーツの得点は中心に100点があり、中心から遠いほど得点が低くなります。長男は力が弱かったのかなかなか高得点が出ませんでしたが、楽しかったようで満足そう。向かいの小学生が見事100点を出したときは、歓声が上がっていました。

    挑戦7

    別の曜日には座布団を交互に並べて進む「ざぶとんレース」や「カップつみ」、土日限定で「ボールキャッチ」など全部で9つの種目があります。コンプリートすると、カードに記念のスタンプを押してくれるそうです。また別の日に訪れて、ほかの遊びもやってみたいと思いました。

    文/hoseco

    こども館スタッフからひとこと

    スタッフ

    今回の特別プログラムは、曜日ごとに種目が分かれていて、訪れるたびにいろいろな楽しみ方ができます。すべての種目をやってみるもよし、自分が好きなものを繰り返して極めるもよし、自分たちでオリジナルの楽しさを見つけてください。

    浜松こども館

    この記事は浜松こども館からの依頼によって、ぴっぴの取材ママがレポートしたものです。

    こども館・児童館
  • 浜松市動物園のふれあいイベント

    2018年3月23日

    浜松市動物園では土日祝日に「カンガルーのエサやり」「ポニーと写真を撮ろう」「ウサギとのふれあい」「ニホンザルのエサやり」などのイベントが行われています。ポカポカ陽気の3月の土曜日に、娘(6歳)、息子(4歳)といっしょに参加してきました。

    浜松市動物園
     
    13時頃に入園し、すこし広場で遊んでから体験開始10分前にカンガルー舎に行くと、すでにたくさんの人だかりができていました。

    カンガルーえさやり

    開始時間になり、細長く切ってあるニンジン、サツマイモ、リンゴの中から2本を受け取り、見学用の柵のひとつ内側の柵からカンガルーにエサやりをすることができました。

    えさいろいろ

    えさやり体験

    わが子たちはカンガルーに直接さわることはできませんでしたが、すぐ近くでのエサやり体験に大喜び!
     
    次にふれあい広場を目指しました。14時頃にふれあい広場に着き、真っ白なかわいいウサギを抱っこしました。なんと生後約1か月のウサギだそうです。

    ふれあい広場

    抱っこできる時間は1人1分程度とのことで短いですが、その分、列に長い時間並ぶことなく体験することができました。ふわふわのウサギを抱っこすると、みんな自然と笑顔になりました。
     
    その後、ほかの動物を見たり、おやつを食べたりしていたら、「ニホンザルのエサやり」の案内が放送で流れました。サル山に行き、サイコロ状に切ってあるサツマイモ、リンゴを各自ひとつかみ受け取り、サル山に投げ入れます。

    サルのえさやり

    わが子たちはなかなか遠くまで投げることができず、手前に落としてばかりでしたが、「サルがエサを取りに来てくれたよ」とうれしそうにサルたちをずっと見ていました。3つのふれあい体験をすることができ、大満足な一日になりました。
     
    ■土日祝日の通常イベント
    ◎カンガルーのエサやり
    時間 13:30~
    場所 カンガルー舎
    人数 エサがなくなり次第終了
     
    ◎ポニーと写真を撮ろう
    時間 13:30
    場所 ポニー運動場
    人数 先着30名
     
    ◎ウサギとのふれあい
    時間 13:30~14:15
    場所 ふれあい広場
     
    ◎ニホンザルのエサやり
    時間 15:00~
    場所 サル山
    人数 エサがなくなり次第終了

    文/ジュン

    浜松市動物園

    住所 浜松市西区舘山寺町199
    電話 053-487-1122
    開園時間 9:00~16:30(入園は16:00まで)
    休園日 12月29日~12月31日
    料金 大人(高校生以上)410円、中学生以下無料
    子連れに便利な設備 オムツ替えシート有、授乳室有
    駐車場 有(普通車200円)
    URL http://www.hamazoo.net/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    動物園・水族館
  • 子連れOK!アイシングクッキー教室La vie sucre (ラヴィシュクレ)

    2018年3月22日

    見た目がかわいくて、習ってみたいと思っていたアイシングクッキー。でも、子どもが一緒だとむずかしそう…と、あきらめていたところに子連れで行ける教室を発見しました。「La vie sucre(ラ・ヴィ・シュクレ)」では先生の自宅リビングでレッスンを行っています。土台となるクッキー、使うアイシングは準備されているので手軽に習うことができます。

    完成品
     
    レッスンは直線や曲線などを描く練習から始まります。実際にクッキーに描くときは先生の見本を見つつ行います。先生はイラストレーターもされているので、かわいく描くコツなどをいろいろ教えてくれます。とにかく「無」になって集中できます。

    レッスン風景

    こんなに集中して子どもは大丈夫? とわが子を振り返ると、子どもはすぐ横で先生の家のおもちゃなどで楽しく遊んでいてひと安心です。

    あそび風景

    予約時に子どもの体験希望を伝えてあれば、500円で子どもも参加できます。色塗りやお絵かきが楽しく、塗りながらアイシングをなめてもおいしい! 何より親子で一緒に楽しめるレッスンなので、子どももニコニコ間違いなしです。

    体験中の子ども
     
    アイシングをしたクッキーは乾かしてから容器に入れ、持ち帰りできます。容器も先生が用意してくれます。家に帰って眺めたり、一緒に食べたりして楽しさは続きます! 子どもも大人も一緒に楽しめるすてきな時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

    文/まちゃっち

    La vie sucre ラヴィ シュクレ

    住所 メールで問い合わせ
    問い合わせ先 lavie.sucre24@gmail.com
    料金 【レッスン料】
    ・初心者コース 3,000円
    ・経験者コース 3,500円
    ※レッスンは自宅開催のため開催日、時間などはHPを確認。問い合わせはメールにて受け付け
    駐車場
    URL http://la-vie-sucre.shopinfo.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    スクール&サークル
  • 浜松から日帰りOKの動物園“春の見どころ”【愛知編】

    2018年3月17日

    お隣の愛知県にも、趣向を凝らした動物園がたくさんあります。浜松からの距離は意外に近く、バイパスや高速道路を使えば日帰りでも十分楽しめます。こちらでも、この春のお楽しみポイントを各園のスタッフさんに聞きました! ぽかぽか陽気の中でくつろぐ動物たちの姿に、子どもがよろこぶのはもちろん大人もほっこり癒されますよ。

    豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)

    イースターウサギ

    豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)に聞いた♪春のおすすめポイント♪

    枝垂れ桜

    浜松からは国道1号線(浜名バイパス経由)を豊橋方面へ約1時間ほど。JR二川駅近くにある遊園地や博物館も兼ね備えた総合動植物公園です。

    3/17(土)~4/1(日)で、スプリングフェスティバルを開催します。今年は今までよりスゴイです! 期間中の土日祝に行う『エッグ・ハント』と3/21(祝)の『もぐもぐひろば1周年記念!!』は家族で楽しむのにぴったり。3月中旬~4月中旬頃にかけて、枝垂れ桜を中心に約30種150本の桜が咲き誇る『ちびっこ・さくら広場』は、知る人ぞ知る桜の名所です。(スタッフ木下さん)

    ■以前の取材ママレポートはこちら↓

    豊橋総合動植物園 のんほいパーク

    【住所】 愛知県豊橋市大岩町字大穴1-238
    【電話】 0532-41-2185
    【URL】 https://www.nonhoi.jp/

    岡崎東公園動物園

    ゾウえさやり

    岡崎東公園動物園に聞いた♪春のおすすめポイント♪

    エースちゃん

    浜松から東名高速利用で約1時間。岡崎ICからすぐ近くの東公園内にある無料の動物園です。

    ゾウ、サル、シカ、水鳥に一皿100円でエサをあげることができます。ふれあい広場では10:30~11:30と13:30~14:30、モルモットやヒツジ、フレミッシュジャイアント、リクガメとのふれあいができます(動物は日によって異なる)。かわいいカピバラ、新しい仲間ミニチュアホースの女の子「エース」にも会いに来てね! (スタッフ工藤さん)
    ※エサの販売は動物や状況により不定

    【住所】 愛知県岡崎市欠町字大山田1番地
    【電話】 0564-27-0456
    【URL】 http://www.city.okazaki.lg.jp/1100/1107/1149/p006023.html

    日本モンキーセンター

    リスザル

    日本モンキーセンターに聞いた♪春のおすすめポイント♪

    おやつ作り体験

    浜松から東名高速利用、国道41号線経由で約2時間の場所にあるモンキーセンターは、約60種類900頭を飼育展示する世界屈指のサル類専門の動物園です。

    大きなゴリラやチンパンジーから小さなマーモセットまで多様なサルの仲間が勢ぞろい! 放し飼いで間近に観察できる「リスザルの島」と「Waoランド」が人気です。土日祝は「飼育員と一緒におやつをつくろう」などの体験イベントもあります♪ 2月にはモンキースクランブルでジェフロイクモザルの赤ちゃんも誕生しました。(スタッフ江藤さん)

    【住所】 愛知県犬山市犬山官林26番地
    【電話】 0568-61-2327
    【URL】 http://www.j-monkey.jp/

    東山動植物園

    シマウマと桜

    東山動植物園に聞いた♪春のおすすめポイント♪

    チンパンジー親子

    東山動植物園は、浜松から東名高速利用で2時間弱。広い園内は、動物園・植物園・遊園地・東山スカイタワーと複数のエリアに分かれています。

    3月17日(土)からは、春まつりがスタートします。「ウォークラリー カラフルな春を歩こう!」など週末を中心にイベントが盛りだくさん。園内では、桜と動物のコラボも見られます。2017年10月生まれのチンパンジーの赤ちゃんは、国内でも珍しい双子ちゃんです。お母さんが大切に抱っこしている姿が見られるかも!(スタッフ太田さん) 

    ■以前の取材ママレポートはこちら↓

    名古屋市東山動植物園

    【住所】 愛知県名古屋市千種区東山元町3-70
    【電話】 052-782-2111
    【URL】 http://www.higashiyama.city.nagoya.jp/

    ◎静岡県内の動物園情報はこちらから!

    浜松から日帰りOKの動物園“春の見どころ”【県内編】

    動物園・水族館
  • 浜松から日帰りOKの動物園“春の見どころ”【県内編】

    2018年3月16日

    いよいよ春休みです♪ これからのおでかけ先に、親子でのんびり過ごせる動物園はいかがでしょう。この時期ならではの見どころや楽しみ方を、各動物園のスタッフさんに教えてもらいました。自然が多い園では、春の花々がもうすぐ見ごろを迎えます。しっかり下調べして行けば、広~い動物園内でも効率よく楽しめますよ!

    浜松市動物園

    浜松市動物園

    浜松市動物園に聞いた♪春のおすすめポイント♪

    コハク

    観光地としても有名な舘山寺にある浜松市動物園は、浜松西ICから車で約15分。浜松駅からはバスで40分ほどです。

    今年に入り、アドベンチャーワールドからレッサーパンダの「キララ」、名古屋市東山動物園からユキヒョウの「コハク」(写真)、札幌市円山動物園からユキヒョウの「リーベ」が仲間入りしました。ぜひ新しい仲間に会いに来てください。これからの季節、展望広場からは桜越しに舘山寺の風景が楽しめます。(スタッフ堀内さん)

    ■以前の取材ママレポートはこちら↓

    浜松市動物園 帰ってきたホッキョクグマの親子

    浜松市動物園のふれあいイベント

    【住所】 浜松市西区舘山寺町199
    【電話】 053-487-1122
    【URL】 http://www.hamazoo.net/

    掛川花鳥園

    掛川花鳥園

    掛川花鳥園に聞いた♪春のおすすめポイント♪

    感謝祭

    浜松中心部から車で約45分。東名高速 掛川ICより約5分の掛川花鳥園は、広大な敷地の中に放し飼いの鳥たちが飼育され直接ふれあうことができます。

    3月24、25日は感謝祭です。人気のオリジナル鳥グッズが再び!?そのほか、映画ドラえもん公開記念ワードラリーも開催中です。もちろん1日3回開催されるバードショー、ペンギンと記念写真撮影なども楽しめます。(スタッフ高橋さん)

    ■以前の取材ママレポートはこちら↓

    掛川花鳥園

    【住所】 掛川市南西郷1517
    【電話】 0537-62-6363
    【URL】 http://k-hana-tori.com/

    静岡市立日本平動物園

    ホッキョクグマ

    静岡市立日本平動物園に聞いた♪春のおすすめポイント♪

    レッサーパンダ

    浜松から東名高速利用で約1時間半。静岡が誇る富士山の景勝地日本平のふもとにある日本平動物園では、約160種700点の動物を飼育しています。

    ホッキョクグマをはじめとした猛獣たちを様々な角度から観察できる「猛獣館299」や、小動物とのふれあいができる「ふれあい動物園」など施設も充実。4月1日(日)まで、春の動物園まつりを開催しています。動物たちの動きが活発になる春に合わせて、バックヤード見学やエサやり体験など動物を身近に感じられるイベントがたくさん!(スタッフ原田さん)

    ■以前の取材ママレポートはこちら↓

    日本平動物園

    【住所】 静岡市駿河区池田1767-6
    【電話】 054-262-3251
    【URL】 http://www.nhdzoo.jp/

    富士サファリパーク

    えさやり

    富士サファリパークに聞いた♪春のおすすめポイント♪

    ウォーキング

    富士サファリパークは、東名高速利用で浜松から約2時間。 自然いっぱいの園内からは、富士山の姿も眺望できます。

    春のサファリパークを楽しむなら、3月17日からスタートするウォーキングサファリ! 動物たちを放し飼いにしたサファリゾーンの外周フェンスに沿った約2.5kmのコースを歩きながら、観察ポイントで動物をじっくり見る事ができます。また、金網越しにエサをあげられるポイントもあり、迫力満点です!!(スタッフ今井さん)

    ■以前の取材ママレポートはこちら↓

    富士サファリパークでお誕生日会

    【住所】 裾野市須山字藤原2255-27
    【電話】 055-998-1311
    【URL】 http://www.fujisafari.co.jp

    ◎愛知県の動物園情報はこちらから!

    浜松から日帰りOKの動物園“春の見どころ”【愛知編】

    動物園・水族館
  • 農家のレストラン とんきい

    2018年3月15日

    取材スタッフの集まりがあり、3歳と7歳の娘を連れて「農家レストランとんきい」へ行ってきました。

    外観

    スリッパ

    店内は木を基調とした温かい雰囲気です。驚いたのはバイキングコーナーの種類の多さ! 約60種類もあるそうです。

    料理コーナー

    サラダ、前菜になるような数種類のハムや焼き豚、メインに揚げ物や焼きもの、ご飯は玄米と白米、十穀米もありました。カレーにみそ汁、とろろ、デザートにはフルーツ、ケーキ、アイスクリームもありました。どれから食べようか迷ってしまいました。

    料理

    大皿に盛られている料理がなくなると、先ほどとは違う温かい料理が並んだりして、まったく飽きることがありません。ソフトドリンクも飲み放題ですし、なんと赤ワインと白ワインもありました。

    3歳の娘はお肉大好きなので、大よろこび。いつも近所のスーパーで購入している「とんきいの焼き豚」を見て、さっそく自分の皿に盛り付け。

    食事

    カレーは小さな子どもでも食べられるやさしい味で、娘は一瞬で完食! お肉がやや苦手な7歳の娘は、とろろがあったのでご飯にかけて食べていました。デザートに、抹茶アイスを選びましたが、ちょっぴり大人の苦さに興奮していました。次はチーズケーキが食べたいと言っていましたが時間切れとなってしまい、次回のお楽しみとなりました。

    食事中
     
    「とんきい」の料理は味付けもやさしく、どの年代でも食べやすいと思いました。また、地産地消をコンセプトにしているので安心して子どもにも食べさせることができます。お肉が好きな子はもちろん、苦手な子も十分楽しめる「とんきい」。今度は家族でも利用したいと思います。

    文/奈良人

    農家レストラン とんきい

    住所 浜松市北区細江町中川1194-1
    電話 053-522-2969
    営業時間 【平日】 11:00~15:00(オーダーストップ14:00)*ディナータイムは団体予約のみ
    【土・日・祝日】 11:00~15:00(オーダーストップ14:00)、17:00~22:00(オーダーストップ20:00)
    *土・日・祝日の利用時間は90分間。平日の時間制限は無(ただし、混雑時は制限のある場合も)
    定休日 水曜日 
    子連れに便利な設備 オムツ替え台、幼児用カトラリー、子ども用イス
    駐車場
    URL https://www.tonkii.com/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    飲食・レストラン
  • ◎2018春◎子連れでお花見!桜特集<2>

    2018年3月13日

    日ごとに暖かさが増し、花のたよりもあちこちから聞こえてくるようになりました。子どもたちの春休みもすぐそこです。そこで、街中にはないダイナミックな桜を楽しめるお花見スポットをまとめました。桜の開花に合わせて、週末は家族でドライブに出かけてみてはいかがでしょうか。雄大な山々と桜のコラボレーションが堪能できますよ。

    ※例年、浜松の桜の開花時期は3月下旬~4月上旬ですが、気候条件により変動します。開花状況については、各問い合わせ先にお確かめください。

     山の桜

    由緒正しき歴史を感じる引佐の桜

    奥山公園と周辺(北区引佐町)

    公園内の池に架かる浮き桟橋から見る桜が美しい。水面にうつる桜の花びらが幻想的。3月下旬からは方広寺三重の塔のライトアップも有。
    「いなささくらまつり」 3月中旬~4月中旬 ※予定
    問合せ:奥浜名湖観光協会 TEL 053-522-4720

    奥山高原(北区引佐町)

    花の奥山高原として知られ、自然に囲まれた観光植物園内外に植えられたソメイヨシノ・ヤエザクラ約300本が見られる。桃の花との美しいピンクのグラデーションが見事。
    問合せ:奥山高原 TEL 053-543-0234

    城山公園(北区引佐町)

    2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」で知られる井伊谷城跡が頂上にある。頂上からは浜名湖が一望でき、100本のソメイヨシノが山を覆う。
    問合せ:奥浜名湖観光協会 TEL 053-522-4720
    「井伊谷城」の様子はこちら⇒取材ママレポート

    自然の中で雄大に咲く天竜の桜

    鳥羽山公園(天竜区二俣町)

    ソメイヨシノ、山桜など約1000本。鳥羽山中腹から山頂がピンク色に染まる。芝生の広場がありピクニックにも。
    天竜浜名湖鉄道「二俣本町駅」から徒歩約15分 駐車場180台あり
    問合せ:公園管理事務所 TEL 053-473-1829
    公園の様子はこちら⇒取材ママレポート

    秋葉ダム千本桜(天竜区龍山町)

    天竜奥三河国定公園秋葉ダムを中心に約1000本の桜が7.5kmの桜並木を作る。桜の開花時期に合わせ、ライトアップも。(天候状況による)
    問合せ:龍山協働センター TEL 053-966-2111

    佐久間ダム周辺(天竜区佐久間町)

    浜松百選の美しい佐久間ダムを取り囲むように満開の桜がきれいに咲き誇る。奥には湖岸広場があり、家族でお弁当を広げてお花見をするのお楽しい。
    問合せ:佐久間協働センター TEL 053-966-0001

    船明ダム(天竜区船明ダム湖畔)

    コンパクトなエリアに約250本のソメイヨシノがあり、見応えたっぷり。勢いよくあがるダムの水しぶきと桜吹雪、木々の新緑など色鮮やかに春を感じることができる。
    問合せ:天竜区役所まちづくり推進課 TEL 053-922-0027
    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    水辺の小径(天竜区水窪町)

    JR水窪駅下水窪川左岸約800mの散歩道沿いに、ソメイヨシノ約150本。小旅行に来たような趣のある風景の中、美しく咲く桜を眺めることができる。情緒あふれるJR飯田線を利用してみるのもいいかも。
    問合せ:水窪協働センター TEL 053-982-0001

    浜松市外へ足を伸ばして

    法多山尊永寺(袋井市)

    境内を約500本のソメイヨシノが桜色に染める。同じ時期に満開を迎えるミヤマツツジと薄い桜色のソメイヨシノの競演が素晴らしい。
    東名袋井ICから20分
    「春のさくらまつり」3/31(土)~4/1(日)、4/7(土)~8(日) 各日10:00~15:00
    問合せ:TEL 0538-43-3601

    小國神社(周智郡森町)

    境内の脇、宮川沿いに1000本余りの桜が咲き乱れる。シダレザクラ・タキザクラ・ギョウイコウ・キクザクラなど珍しい種類の桜を楽しむことができる。
    東名袋井ICから20分 駐車場あり
    問合せ:TEL 0538-89-7302

    太田川堤防(周智郡森町)

    遠州の小京都森町に流れる太田川沿いに連なる桜トンネルが有名。太田川そばの古い街並みと調和し、歴史を感じることができる。
    天竜浜名線戸綿駅下車、徒歩5分 駐車場あり
    問合せ:森町観光協会 TEL 0538-85-6319

    磐田市営つつじ公園(磐田市)

    見付天神の裏山一帯に広がる公園。大きなシダレザクラは必見。咲き始めのツツジも一緒に楽しむことができる。
    東名磐田ICから10分 駐車場あり
    問合せ:磐田市観光協会 TEL 0538-33-1222

    獅子ヶ鼻公園(磐田市)

    遊歩道やアスレチックが整備された自然豊かな公園。子どもたちと一緒に遊びながら、ヤマサクラのお花見を楽しんで。
    東名磐田ICから20分
    問合せ:磐田市観光協会 TEL 0538-33-1222
    公園の様子はこちら⇒取材ママレポート

    上野公園(磐田市)

    ほのぼのとした公園はピクニックにぴったり。小さな公園は子どもたちを安心して遊ばせることができ、大人はお花見をゆっくり楽しむことができる。
    JR磐田駅より県道56号線を北へ700m先の交差点を西へ400m
    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    本興寺(湖西市)

    本堂は国の重要文化財指定。ソメイヨシノやヤマザクラなど、約200本が浜名八景にも選ばれた風光明媚な地を彩る。
    東名高速三ケ日ICから国道301号経由25分
    問合せ:TEL 053-576-0054

    大浜公園(掛川市)

    県立自然公園に指定された桜の名所。大東地区の高台に位置し、眼下には遠州灘、北には南アルプス、富士山を一望。ソメイヨシノ約1000本が山全体を覆う。
    JR袋井駅よりバス「矢柄神社前」バス停徒歩5分
    問合せ:掛川観光協会 TEL 0537-24-8711

    浜岡砂丘(御前崎市)

    浜岡砂丘入口の太平洋自転車道路沿いに咲く河津桜のトンネルが有名。目の高さで楽しませてくれる桜は、桜の花に囲まれた中での写真撮影ができることで人気。
    国道150号浜岡I.Cより南へ約5分 駐車場あり
    問合せ:御前崎市観光協会 TEL 0548-63-2001
    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    家山の桜トンネル(島田市)

    大井川鉄道沿いに約280本のソメイヨシノが咲き誇る。桜トンネルのすぐ横を通るSLに子どもたちも大よろこび!
    新東名高速島田金谷ICから国道473号経由25km30分 駐車場あり
    大井川鐵道家山駅から徒歩10分
    「かわね桜まつり」 3月24日(土) ~4月8日(日)
    問合せ:島田市観光協会川根支所 TEL 0547-53-2220

    ■浜松近郊のお花見スポットはこちら

    ◎2018春◎子連れでお花見!桜特集<1>

    ※イベント日程などは2018年3月初旬時点で公表されているものです。諸事情で中止や順延をしている場合もありますので、お出かけ前にご確認ください。

    お花見・紅葉情報
  • 浜松テクノカレッジ 技能祭2018

    2018年3月12日

    5歳の息子と、5年生の姪、2年生の甥も誘って「浜松テクノカレッジ 技能祭2018」へ出かけてきました。チラシによると「浜松テクノカレッジ(浜松技術専門校)」とは県西部の職業訓練施設で、そこで日々行われているさまざまな職業訓練を、子どもから大人まで体験できるイベントが「技能祭」のようです。

    チラシ

    校舎

    校内に入ると、「トントン! カンカン!」トンカチをたたく音が大きく鳴り響いていました。音のほうへ行ってみると、中庭で木工組立のイベントをやっており、私たちもさっそく「飾り棚」製作に参加しました。

    飾り棚

    材料はすでに寸法を合わせて切ってあり、木材には釘が入りやすいようあらかじめ穴があいています。作り方を読みながら作業を進めれば、DIYが得意でなくても簡単にでき上がります。まわりには大工さんやスタッフがたくさんいるので、分からないことはすぐに教えてもらえました。

    でき上がった飾り棚を持って、次はスタンプラリーにみんなで参加しました。すべてのスタンプを押して受付に提出すると、イベントの最後に行われる抽選会の抽選券がもらえます。

    スタンプラリー

    甥はこの抽選会で手作りコマが当たり大喜び♪ いい思い出になりました。

    駒

    校内では、お昼ご飯になりそうな軽食も販売されていたので、私たちは1日中イベントを楽しむことができました。私は行ったことがないのですが、甥が「キッザニアみたいで楽しいね」と言っていました。イベントの途中で「大工さんってすごいね!」「こうやって作られているんだね」と、子どもながらに感じることも多かったようです。

    木工体験

    ものづくりを肌で感じることのできる「浜松テクノカレッジ 技能祭2018」。また来年もぜひ参加したいと思います。

    ■浜松テクノカレッジ(静岡県立浜松技術専門校)技能祭2018

    【開催日時】 2018年2月25日(日) 10:00~14:30

    文/みきこ

    浜松テクノカレッジ

    住所 浜松市東区小池町2444-1
    電話 053-462-5602
    子連れに便利な設備 多目的トイレ有 *常時、授乳とオムツ替えができる部屋有
    駐車場 有(無料)
    URL http://www.hamamatsu-tech.ac.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    イベント(通年・不定期)
  • ◎2018春◎子連れでお花見!桜特集<1>

    2018年3月9日

    ひなまつりも過ぎ、寒かった冬から暖かな春へと季節が移っています。街が桜色に染まるのも、もうすぐですね。そこで市内近郊のお花見スポットを紹介します。柔らかな日差しを感じながら、家族で散歩がてらお花見を楽しんでみてはいかがでしょうか?

    公園の桜

    ※例年、浜松の桜の開花時期は3月下旬~4月上旬ですが、気候条件により変動します。開花状況については、各問い合わせ先にお確かめください。

    定番!人気のお花見スポット

    浜松城公園(中区元城町)

    浜松市中心部にある市内随一のお花見スポット。天守閣を囲むように咲く満開の桜は、圧巻の美しさ。開花に合わせてボンボリが点灯、さくらまつりも開催され、夜桜見物も楽しめる。
    「浜松城さくらまつり」3月25日(日)~4月8日(日) ボンボリは17:30頃~21:00
    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート
    問合せ:TEL 053-453-3872

    佐鳴湖公園(西区入野町)

    佐鳴湖畔をソメイヨシノ他、約700本の桜が囲む。遊歩道から眺めるのも、ピクニックをしながらお花見を楽しむのもgood!
    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート
    おすすめ散策コースはこちら⇒取材ママレポート
    問合せ:浜松公園緑地協会 TEL 053-411-6687

    浜松市博物館 蜆塚公園(中区蜆塚)

    浜松市博物館や蜆塚遺跡のある公園で満開の桜を楽しもう!
    「蜆塚公園桜まつり」3月24日(土)~25日(日)、3月31日(土)~4月1日(日)
    期間中は花見だんごが焼けるイベントや春色まが玉づくり体験、クイズラリーなどお楽しみイベントを開催。
    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート
    問合せ:浜松市博物館 TEL 053-456-2208

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    はままつフラワーパーク(西区館山寺町)

    色とりどり50万球のチューリップとソメイヨシノ・八重桜など約1300本の桜を楽しめる。約1600mに及ぶ桜並木の散歩道や、水辺の広場周辺のチューリップと桜の競演が見事。
    「桜とチューリップの庭園」3月中旬~ 4月下旬
    花の見頃に合わせて桜並木をライトアップ予定。  
    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート
    問合せ:はままつフラワーパーク TEL 053-487-0511
    「浜名湖花フェスタ2018」3月21日(水) ~ 6月10日(日)
    問合せ:浜名湖花フェスタ2018実行委員会 浜名湖舘山寺温泉観光協会 TEL 053-487-0152

    はままつフルーツパーク時之栖(北区都田町)

    園内にソメイヨシノ100本をはじめ約270本のサクラを栽培。桜の他に、かわらしいアーモンドの花が見られる穴場スポット。美しい桜色のグラデーションのお花見が楽しめる。
    問合せ:はままつ フルーツパーク時之栖 TEL 053-428-5211

    浜名湖ガーデンパーク(西区村櫛町)

    里のエリア「百華園」では、アタミザクラやカワヅザクラなどとともに季節の花々を楽しむことができる。
    「浜名湖花フェスタ2018」3月21日(水) ~ 6月10日(日)
    問合せ:浜名湖花フェスタ2018実行委員会 浜名湖舘山寺温泉観光協会 TEL 053-487-0152

    子どもとゆっくり♪お花見散歩

    和地山公園(中区和地山)

    公園で子どもたちを思い切り遊ばせながら、お花見を楽しむことができる。遊んだ後には、北側ある城北図書館で読書をするのもおすすめ。
    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    船越公園(中区船越町)

    大きな遊具と広い砂場が人気の公園。馬込川沿いにも桜が咲き、小さな野花を楽しむこともできる。公園内にはお弁当を食べるのにぴったりの芝生広場も。
    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    芳川沿い桜並木(東区上新屋町~丸塚町)

    川沿いに続く約500mの桜並木。菜の花の黄色とのコントラスト、水面に浮かぶ桜の花びらなど、お散歩がてら春を楽しんで。駐車場がないので、近所の方におすすめ。
    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    段子川沿い 長坂桜堤(中区富塚町)

    住宅地の小さな川沿いにある見事な桜並木。車通りも少なく、ベビーカーや小さな子どもとのお散歩におすすめ。
    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    御陣屋川の桜並木(浜北区平口~浜北区内野)

    ゆったりした堤防沿いにひろがる桜並木。せり出すように咲く桜が水面にうつる姿が美しい。
    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    花川運動公園(中区西丘町)

    アスレチック型の遊具が充実した公園で、桜に囲まれてたっぷり遊ぶことができる。
    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    美薗中央公園(浜北区西美薗)

    遠鉄電車美薗中央公園駅に隣接。桜の中を走る電車を見ることができる。
    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    若宮八幡宮(浜北区中瀬)

    神社内の遊具から届きそうな、歴史を感じる大きな桜の木が見事。
    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    都田川桜堤(細江町気賀)

    満開時は堤防沿い約1.5kmの遊歩道が見事な桜のトンネルに。
    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート
    「ほそえ姫市」3月18日(日) 9:00~12:00 都田川河川敷
    問合せ:細江観光委員会 TEL 053-523-3336(火・金 9:00~12:00)

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    「第66回浜松市姫様道中」4月7日(土)~8日(日)
    道中行列13:00~15:30

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    穴場の郊外お花見スポット

    西ノ谷公園(西区雄踏町)

    公園内が桜の花に覆われ、お花見が楽しめる。展望台があり、西には浜名湖、東には雄踏の街並みが一望できる。ソメイヨシノ・オオシマザクラ・サトザクラなど150本。
    問合せ:公園管理事務所 TEL 053-473-1829

    浜名湖サービスエリア(北区細江町)

    東名高速道路上下線共通サービスエリア。一般道から繋がる駐車場も併設。浜名湖を見渡せる中でのお花見が素晴らしい。
    問合せ:サービスエリア・コンシェルジェ TEL 053-526-7220
    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    大平洋富士見平(浜北区)

    豊かな自然に囲まれた浜北森林公園西北の山地最上部。遠州灘と南アルプスが一望できる雄大なお花見スポット。ソメイヨシノ50本。
    東名浜松ICから30分 駐車場あり

    岩水寺(浜北区根堅)

    地元赤佐発展会で整備している「岩水寺さくらの里」の桜並木がみどころ。約500本のシダレザクラやソメイヨシノが沿道をピンクに染める。
    駐車場あり
    問合せ:岩水寺 TEL 053-583-2741

    ■浜松郊外・市外のお花見スポットはこちら

    ◎2018春◎子連れでお花見!桜特集<2>

    ※イベント日程などは2018年3月初旬時点で公表されているものです。諸事情で中止や順延をしている場合もありますので、お出かけ前にご確認ください。

    お花見・紅葉情報
  • 木のおもちゃ専門店 ままごとキッチンtonton

    2018年3月4日

    1歳1か月の木のおもちゃで遊び、工作もできる「ままごとキッチンtonton」に1歳10か月の息子と行ってきました。

    外観

    店にはたくさんのかわいい木のおもちゃがあり、子どもだけでなく親も興奮してしまいます。おもちゃ工房も隣接されているため、店内に入ると木の香りにつつまれます。普段は木のおもちゃ屋さんですが、月に数回イベントがあり、1回につき6組限定ですが店内のおもちゃで遊べる日、工作できる日があります。工作は毎月テーマが変わり、私が行った2月はカメラ作りでした。

    工作の時間に子どもたちは店内のおもちゃで自由に遊ぶこともできるため、息子は家にないおもちゃを見つけてはおおはしゃぎ。

    カメラ作り

    おかげで私はカメラ作りに集中できました。カメラのレンズは4色(赤・黄・緑・青)から選ぶことができるので、息子がカメラからのぞく世界はどの色にしようか? 真剣に悩んで、緑に決めました。

    材料

    スタッフの方が分かりやすく教えてくれたので、不器用な私でも分かりやすく作ることができました。また、作る工程を知りながら子どもが感じるシャッター音や遊び方も教えてもらえます。自分が手作りした安全なおもちゃで子どもが遊ぶ姿を見ると、達成感を感じると思いますよ。

    完成

    もうすこし暖かくなったら手作りカメラを持ち、息子と公園で撮影会をしたいと思います。世界にひとつだけのおもちゃを、親子で作ってみてはいかがでしょうか?

    文/ゆるこ

    木のおもちゃ専門店 ままごとキッチンtonton

    住所 浜松市南区安松町5-1
    電話 053-460-8850
    営業時間 11:00~18:00(イベントは午前は10:00~11:30 、午後は13:00~14:30)
    定休日 水・木・祝日(不定休の場合有、HPの営業日カレンダーを参照)
    料金 ワークショップ(工作)1,000円、おもちゃで遊ぼう100円(1人)
    子連れに便利な設備 オムツ替えのスペース有
    駐車場
    アクセス方法 遠鉄バス6番のりば 「北寺島 大塚」行。「安松南」バス停より徒歩30秒
    URL http://mamagoto.info/?mode=f2
    ワークショップやおもちゃで遊ぼうの空き状況はブログで確認してから申し込みを。
    ブログ http://blog.mamagoto.info/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

     
    お店
  • ミカンの木のオーナーになってみました

    2018年3月2日

    わが家は思い切って、この7月に「ミカンの木のオーナー」になりました。品種は「青島」です。そして、収穫の時期を迎えたので12月中旬にミカン狩りに行ってきました。

    広いミカン農園

    3歳と6歳の娘たちは初めてのミカン狩りに期待がふくらんでいました。2~3mの高さに手入れされているミカン畑の迷路を進むこと数分、私たちの木が現れました。ところが…「あれ、ミカンが少ない?」

    宝さがしみたい
     
    残念なことに昨年の長雨など天候の影響で果実が少なかったようです。しかし、よく見ると低いところにミカンの実が! 青島というのは大きな実がなるので、手ではなく、専用のハサミを使って収穫します。

    農家の方に収穫方法を教えてもらい、いざミカン狩り開始。3歳の娘は危ないのでパパと一緒です。一個取るたびに「ミカンー!とれたよー!」と大はしゃぎで、顔の大きさほどもある大きなミカンを見せに来てくれました。

    顔より大きい?

    6歳の娘は得意げに一つずつていねいに切り取っていました。葉や幹に隠れている実もあるので、「あったー!」「こっちにもあるよ~!」と宝探しをしているようで楽しそうでした。不作の中でも、私たちの木はたくさん採れたので大満足です。
     
    収穫後は2週間ほど貯蔵するそうです。ミカンの木のオーナーになると、自分たちで収穫したものと、農家の方が収穫したものを合わせて30キロ分を自宅に送ってもらえます。

    いっぱいとれたよ

    ならべます

    青島は貯蔵することで甘くなるそうですが、早く食べたかったので、5つほど頂いて帰りました。自分の手で収穫をしたミカンを食べる日が今から待ち遠しいです。今回は農場の方にミカンの木を選んでもらいましたが、来年は自分たちで木を選んでみたいです。

    わが家が「ミカンの木のオーナー」になった会社は事業を始めてまだ2年目ですが、なんと昨年は約100本の契約があったそうです。今年度もオーナーを募集しているそうなので、興味がある方は問い合わせてみては、いかがですか。

    【会社名】 株式会社GAiAS
    【住 所】 浜松市浜北区大平941
    【電 話】 080-4968-6739
    【備 考】 果樹1本当たりの契約料は年間1万5千円。オーナーは最低30キロ分の収穫した果物の発送が受けられる。さらに希望するオーナーには収穫体験も実施。

    文/奈良人

    近場でレジャー(市内・近郊)
  • 帰省先でよろこばれる♪おすすめの浜松土産

    2018年2月26日

    浜松の手土産

    海、山、川、湖など、豊かな自然に恵まれた浜松には、おいしいものがたくさん。そこで、取材スタッフが子育て中のいろんな視点からセレクトしたとっておきの浜松の手土産を紹介します。これで「帰省時の手土産、いつも迷うんだよね…」という悩みも解決! みんなでおいしいものを囲んで笑顔になっちゃいましょう♪

    ※季節や期間限定の商品もあります。在庫を確認のうえ、お出かけください。

    布橋の雪

    (〇) 布橋の雪(田町梅月)

    「犀が崖」にかけられた白布をイメージした真っ白な淡雪をはじめ、カステラ、小豆の羊羹の3層からなるうつくしい和菓子。浜松の歴史を語りながら、世代を超えて囲むのも楽しいひととき。日持ちがするため急な来客のためのストックにもおすすめです。

    取材ママのレポート

    うなぎいもプリン

    (〇) うなぎいもぷりん(うなぎいも王国&カフェ)

    浜松の新名物、糖度の高い「うなぎいも」を使った絶品プリン。こっくりと濃厚な味は、みんなに愛される人気者です。うなぎいも王国&カフェでは、生菓子のほか、サブレやラスクなどの焼き菓子も揃います。荷物を増やしたくない帰省時は、ネット配送も便利!

    取材ママのレポート

    新のり

    (〇) 浜名湖の新のり(丸吉堀江商店)

    牡蠣やうなぎが思い浮かぶ浜名湖ですが、密かに人気なのが新のり。「黒のり」と「青のり」を混ぜた「ぶちのり」が特徴の浜名湖ののりは、サッとあぶると磯の香りが豊かに広がります。上質なうえ、軽くて日持ちもすることから、お使いものにもぴったりです。

    取材ママのレポート

    もなか

    (〇) あんこやの最中(内藤製餡所)

    こしあん、つぶあんはもちろん、黒ごまあん、抹茶あん、季節の果物あんなど、あんこやさんならではの豊富な種類のあんこが揃います。最中の皮をセットにすれば、みんなでわいわい手作り最中の出来上がり! でき立てのおいしさに思わず笑顔がこぼれます。

    取材ママのレポート

    まるたんぽ

    (〇) まるたんぽ(春華堂POP UP STORE KANDA)

    浜松の老舗お菓子処春華堂が「POP UP STORE KANDA」として、期間限定ショップをオープン。お菓子の箱をイメージした店舗内で販売されているのは期間限定バウムクーヘン「まるたんぽ」。かわいくておいしい期間限定の味で盛り上がろう!

    パパ特派員のレポート

    ピーナッツバター

    (〇) 遠州小落花のピーナッツバター(杉山ナッツ)

    遠州の冬の風と太陽を浴び、農薬や化学肥料を一切使用せずに作った遠州小落花のピーナッツバターは、焼き立てのパンにさっと塗るだけでスペシャルなおいしさ! 朝ごはんを極上の時間にしてくれる、大人も子どももうれしい手土産です。

    パパ特派員のレポート

    くまのブッセ

    (〇) くまのブッセ(シュガーポット)

    子どもたちはかわいいものが大好き♪ 「白くまのブッセ」「黒くまのブッセ」は、クマの形がキュートなふんわり生地のスイーツです。お呼ばれのテーブルで開けば、みんな大よろこび! 店内の焼き菓子や種類豊富なラッピング類にもワクワクします。

    取材ママのレポート

    ペカンナッツ

    (〇) とろけるはちみつペカンナッツショコラ(長坂養蜂場)

    ミツバチ「ぶんぶん」のかわいい看板が目印のはちみつ専門店イチオシのお菓子。ペカンナッツはナッツ類の中でも抗酸化作用が高く、アンチエイジングに効果があるそう。忙しい子育てママにプレゼントしたら、よろこばれること間違いなし!

    取材ママのレポート

    お店
  • フォーラムEの自然楽校 エコ料理&畑で観察

    2018年2月23日

    ぴっぴのイベントカレンダーで知ったイベントに親子で参加してきました。「フォーラムE」とは、自然と環境に関わる講座を開催する団体。今回は「エコ料理&畑で観察」ということで、災害時にも役立つエコ料理と、冬の畑で出会える野菜や野花の観察などが行われました。

    畑で活動

    チラシ

    この日は雪がちらつく寒さでしたが、子どもたちは元気いっぱい! 受付をすませ、講座がスタートすると、近くの畑まで歩いて移動しました。畑の持ち主でもある先生のお話に、子どもたちは興味津々。

    説明

    「このツルは何の野菜かな?」「この実は何の種かな?」クイズ形式で畑の不思議を子どもたちに問いかけ、分かりやすく説明してくれます。田舎育ちの私でも初めて知ることが多く、楽しい観察会でした。

    会場へもどると次はエコ料理のスタート。ポリ袋を使ってお米を炊き、一緒の鍋で簡単なおかずも作りました。

    調理

    5歳の息子には少し難しい内容もありましたが、4年生の姪は率先して調理に参加していました。同じグループになったお父さんと5年生の女の子はリピーターで、今回で3回目の参加でした。お米の炊き方は、以前とは少し方法が変わったそうです。「災害時の対処法は、実際やってみて不都合があればよりよい方法に変えていきます」との先生の話に納得です。

    完成

    「フォーラムE」の親子講座は定期的に開催されているとのこと。姪からも「また参加したい」というリクエストがあったので、6月に行われる次回の講座も楽しみにしています。


    ■フォーラムEの自然楽校 エコ料理&畑で観察
    【開催日時】 2018年2月12日(月・祝) 10:00~13:30
    【会場】 下江町公会堂(浜松市南区下江町255)
    【募集】 親子10組
    【参加費】 親子1組(2名)1,500円、一家族追加一名につき500円プラス
    【主催】 フォーラムE 
    【問い合わせ】 090-2575-6170(担当:山口) mail:takuyama7and7@yahoo.co.jp
    【URL】 http://kenkokoza.hamazo.tv/

    ■次回の開催予定
    「フォーラムEの自然楽校 ~畑で観察&エコクッキング初夏編~」
    【開催日】 2018年6月3日(日)
    ※時間や場所、参加費、問い合わせ先は上記と同じ
    前回は茶色だった畑が緑いっぱいに変身! 畑から戻ったら、季節の野菜やハーブを使ったエコクッキングを楽しんでランチタイム。収穫物などお土産付き。

    文/みきこ

    イベント(通年・不定期)
  • とろけるはちみつペカンナッツショコラ(長坂養蜂場)

    2018年2月22日

    浜松の手土産

    子育てで忙しいママ友へのプレゼントに! やさしい甘さに癒されるお菓子

    猪鼻湖のほとりにあるはちみつ専門店「長坂養蜂場」は、ドライブの途中に立ち寄るのにもぴったりな三ヶ日の有名店。ミツバチの「ぶんぶん」のかわいい看板が目印です。
     
    子育て世代にオススメだとスタッフの方に教えてもらった「とろけるはちみつペカンナッツショコラ」は、お店でも一、二を争う人気商品とのこと。

    ペカンナッツショコラ

    栄養価が高いペカンナッツをベルギー産のホワイトチョコレートでコーティング。さらに上からたっぷりのはちみつパウダーで包んであり、上品でやさしい味わいです。贈り物にも、自分へのごほうびにも使えると思います。
     
    ほかにも、いろいろな種類のはちみつ加工食品から化粧品まで、オリジナルのはちみつ製品を幅広く取りそろえています。

    店内

    店内には「はちみつ&マーガリン」など、はちみつを使ったマーガリンやジャムをクラッカーにのせて試食できるコーナーがあり、子連れにも人気でした。

    外観.jpg

    3月にはお客さんからの要望が多かった「はちみつソフトクリーム」を販売するための小屋も完成するそうなので、ぜひまた訪れたいです。

    ☆ココがおすすめ☆
    ペカンナッツはナッツ類の中でも抗酸化作用が高く、アンチエイジングに効果があるそう。忙しい子育てママにプレゼントしたら、よろこばれること間違いなし!

     

    文/hoseco

    長坂養蜂場

    住所 浜松市北区三ヶ日町下尾奈97-1
    電話 0120-40- 1183
    営業時間 9:00~18:00
    定休日 水曜日
    駐車場
    URL https://www.1183.co.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    お店
  • お菓子工房kiraraのケーキスポンジ

    2018年2月16日

    新居町のお菓子工房kiraraへ、ケーキのスポンジを買いに行ってきました。店主の加藤さんが作るケーキや焼き菓子は“自分の子どもにも安心して食べさせられるもの”をモットーに、素材にこだわっています。

    ケーキのスポンジ

    ラッピングの講師もしているため、店内にはお菓子…ではなく、ラッピング素材がずらりと並んでいます。ラッピングリボンには、メッセージも印刷してくれます。

    店内

    手作り大好きなわが家ですが、お菓子やケーキを一から作るのは大変なので、誕生日ケーキは、決まってお菓子工房kiraraのスポンジを買っています。スポンジは冷凍でも販売しているので、早めに買っておくことができます。家では好きなフルーツをカットし、生クリームを泡立てるだけです。息子が、生クリームでベタベタになりながら、「イチゴはぜったい一番上だよ!」と言って、楽しくデコレーションしました。

    デコレーション

    ケーキ完成

    私たちと同じママ目線の加藤さんは「小さいときにママと一緒に作ったものは、一生の宝物になる。忙しいママのためにキットを提供して、楽しい思い出作りのお手伝いをしたい」ということで、ケーキスポンジやクッキー生地などを予約販売しています。

    店内

    おいしいし、しかも失敗しないキットを買って、親子で楽しいひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか?

    文/お茶子

    お菓子工房kirara

    住所 湖西市新居町中之郷916-3
    電話 090-5112-9452(予約販売のみ)
    駐車場
    URL http://okasikouboukirara.hamazo.tv/c562762.html

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     


     

    お店
  • バースデーケーキの買えるスイ―ツ店 シュガーポット

    2018年2月11日

    1年に1回の子どもの誕生日にバースデーケーキは必須! 今までは手作りしていましたが、4歳になる息子のバースデーケーキを初めて「シュガーポット」でお願いすることにしました。浜北区寺島にあり、さまざまなシーンで利用できるスイーツ店です。

    ショーケース

    店内には、いろいろなバースデーケーキが載ったアルバムがあります。

    見本1

    ケーキには自分の好きなキャラクターの手作りマジパンやチョコレートを載せることもできます。

    見本2

    マジパン

    悩んだ結果、息子の好きなアンパンマンの顔のケーキをお願いしました。ロウソクもいろいろな種類がありました。私はひとりで行きましたが、キッズスペースもあるので、子どもといっしょに来ても、ゆっくり相談できると思います。

    キッズスペース
     
    誕生日当日、アンパンマンのケーキを出した瞬間に子どもたちから「うわー!!」という歓声が上がりました。

    ケーキ

    おいしいケーキを食べ、家族で息子の誕生日を祝い、楽しい思い出ができました。ケーキの種類によって申し込み期限が違うので、早めの相談、予約がおすすめです。

    文/ジュン

    シュガーポット

    住所 浜松市浜北区寺島3270-10
    電話 053-584-3467
    営業時間 11:00~19:00
    定休日 不定休
    子連れに便利な設備 トイレ有 カフェスペース・キッズスペース有
    駐車場
    URL http://www.sugar-pot.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    お店
  • 西岸中央公園

    2018年2月7日

    1月中旬に娘たちといっしょに「西岸中央公園」へ行ってきました。公園は横に長く、大きな遊具が2つと小さな子も遊べる遊具が1つ、ブランコが2台あります。子どもたちは、初めて見る不思議な形のシーソーに乗って大はしゃぎしていました。

    シーソー

    大きな遊具はアスレチック要素もあり6歳の姉は簡単そうに遊んでいましたが、3歳の次女には少し難しそうでした。でも、「まってー」とうれしそうに姉の後ろにくっついて遊んでいました。

    大型遊具

    小さい遊具

    公園が広くいくつも遊具があるので、ほかの公園では順番待ちになることが多いターザンロープやブランコなどもスムーズに乗ることができ、二人とも大満足でした。

    ターザンロープ

    しかし、子どもたちがバラバラに遊びだすと、広い園内では目が行き届かない場合もあるため、大人一人で複数の子どもを連れていくときにはしっかり見守ってあげてください。

    整備されたトイレもあり、ベンチも多数あるので、季節がよければお弁当を持って1日中遊べそうです。

    文/奈良人

    西岸中央公園

    住所 浜松市西区大平台三丁目137-1
    電話 053-457-6111(代表)
    開園時間 レクリエーション広場は9:00~17:00(5~8月は19:00まで)
    休園日 レクリエーション広場は年末年始(12/29~1/3)
    子連れに便利な設備 多目的トイレ 有、オムツ替えシート 有
    駐車場 有(10台)
    URL http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/maps/n-seigan_p.html

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    公園
  • くまのブッセ(シュガーポット)

    2018年2月6日

    浜松の手土産

    お呼ばれのテーブルで開けば子どもたちも大よろこび! ふんわりカワイイくまのブッセ

    私が手土産購入でよく利用するのは浜北区寺島にある「シュガーポット」です。店内に入るとショーケースのスイーツがまず目に入り、テンションが上がります。クマの顔の形をしたかわいらしい「白くまのブッセ」「黒くまのブッセ」は子どものいるお宅を訪問する際におすすめです。

    くまのブッセ

    外観
     
    焼き菓子の種類が豊富なのもうれしいです。日持ちがするので、関東地方の友人に内祝いとして送ったこともあります。地元(浜松)購入スイーツなので、喜ばれた記憶があります。

    店内

    焼き菓子
     
    このお店の特徴は、季節ごとにいろいろな種類やデザインのお菓子があることです。クリスマスの時期にはツリーなどクリスマス仕様のクッキーがありました。かわいいお菓子の詰め合わせをセレクトすれば、贈る側も贈られる側もワクワクしますね。

    ☆ココがおすすめ☆
    かわいいくま顔のブッセは見ているだけで幸せな気持ちに。ラッピング用のケースやリボン、飾りの種類が豊富だから、詰め合わせも華やか!

     

    文/ジュン

    シュガーポット

    住所 浜松市浜北区寺島3270-10
    電話 053-584-3467
    営業時間 11:00~19:00
    定休日 不定休
    子連れに便利な設備 トイレ有 カフェスペース・キッズスペース有
    駐車場
    URL http://www.sugar-pot.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    お店
  • お狐さんが迎えてくれる豊川稲荷

    2018年2月4日

    初詣、みなさんはどこに参拝に行きましたか? わが家は先日、遅い初詣に豊川稲荷に行きました。「稲荷ずし」が大好きな3歳の娘と私は、以前から豊川稲荷に行ってみたかったので、前日からわくわくしていました。

    豊川稲荷1

    東名高速の三ヶ日経由で行き、30分ほどで着きました。東海屈指の霊場と呼ばれる豊川稲荷の境内はとても広く、その中に点在する堂塔伽藍は大小合わせて九十棟あまりあるそうです。

    広い境内

    総門を通り、御朱印をお願いしました。初詣にはかなり遅い時期だったためそれほど混んではいませんでしたが、1時間以上はかかるそうなので、御朱印帳をお持ちの方は、先に預けることをお勧めします。

    御朱印帳

    大本殿で参拝するときは娘もさい銭を入れ、二礼二拍手一礼をして、家族の健康を一緒に祈りました。境内には階段や坂道がありますが、スロープなど回り道もあるので、ベビーカーもよく見かけました。

    豊川稲荷といえば、有名な霊狐塚にも行きました。祈願成就で奉納されたお狐さんが大小800体ほどお祀りされています。お狐さんは大きさや表情、ポーズなど少しずつ違うため、見てまわっていた娘は「何かくわえているね!」「こっちを向いているね」など、気づいたことをつぶやいていました。ここは参拝を待つ列があり、並んでから参拝しました。たくさんのお狐さんに囲まれて、なんだか不思議な時間でした。

    お狐さん

    参拝を終え、いよいよ大好きな「稲荷ずし」探しです。表参道には、商店が並び、たくさんの「稲荷ずし」が売られていました。いくつかの「稲荷ずし」と、「おきつねバーガー」というバンズのかわりに油揚げを使ったバーガーを購入しました。帰りは国道1号線を通り、道の駅「潮見坂」に寄って帰りました。

    豊川稲荷では初詣のほかに、春季大祭(豊年祈願祭)や秋季大祭(鎮座祭)、月例祭(御縁日)などがたくさんの年間行事があります。日帰りできる距離なので、家族や友人と参拝や、おいしい「稲荷ずし」を食べに出かけてみるのはいかがですか?

    文/ショコラ

    円福山 妙厳寺 豊川稲荷

    住所 愛知県豊川市豊川町1番地
    電話 0533-85-2030
    子連れに便利な設備 多目的トイレ有
    駐車場 有(有料)
    URL http://www.toyokawainari.jp

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    観光・ちょっと遠出
  • 遠州小落花のピーナッツバター(杉山ナッツ)

    2018年2月2日

    浜松の手土産

    遠方のお友だちも特別感にワクワク! 遠州限定の落花生で作られるピーナッツバター

    ちょっと気のきいた、大人も子どももうれしい贈り物としておすすめしたいのが、杉山ナッツのピーナッツバターです。

    ピーナッツバター

    トーストにたっぷりのピーナッツバター。朝ごはんの時間が楽しくなる魔法のペーストですね。しかも、このピーナッツバターは、1904年にセントルイス万国博覧会にて世界で一番おいしいと評価された「こらっか」と呼ばれる遠州小落花(品種名:遠州半立ち)で作られています。杉山ナッツの遠州小落花は、浜名湖のカキ殻や海藻などを利用した畑の土で作られ、農薬や化学肥料は一切使用していません。冬の風と太陽がつくったピーナッツは、遠州限定の味覚です。

    製造は、販売店の注文を受けてから開始されます。からむきと焙煎、加工・ビン詰めを行い、翌日に店舗に届けています。生産者の杉山孝尚さんは「本当はペーストにしたその日のうちに食べてもらいたいです。コーヒー豆と同じで鮮度が命」と話してくれました。

    杉山さん

    販売店のひとつ「ビオ・あつみ エピスリー浜松」では、特設コーナーの人気商品だそうです。砂糖を使わず自然な甘みの「プレーン」と、浜北区の養蜂家とコラボした「ハニー」の2種類があります。常温保存ができ、賞味期限も半年と長いので、子育て家庭では重宝するのでは。ビオ・あつみは21時まで営業しているので「忙しくて手土産を買う時間がない」というときにも助かると思います。

    ビオあつみ店内

    ビオあつみ外観

    今季の製造は終了しているため、取扱店舗の在庫がなくなると、シーズンに入る今年の11月まで手に入りません。

    浜松市内ではビオ・あつみを含め7店舗で販売されています。興味のある方は、杉山ナッツのホームページをチェックしてみてはいかがですか。

    ビオ・あつみ エピスリー浜松
    【住所】 浜松市中区砂山町1168
    【電話】 053-456-5550
    【営業時間】 9:30~21:00
    【定休日】 無休 ※不定休
    【駐車場】 有(50台)
    【URL】 http://www.bioatsumi.com/

    ☆ココがおすすめ☆
    おいしさはもちろん、なかなか手に入らないプレミアム感がうれしい! 無農薬栽培のピーナッツだから、原材料が気になる子育て家庭にも安心。

     

    文/kikori

    杉山ナッツ

    住所 浜松市西区雄踏町宇布見4863-40 (こちらでの直売はしていません)
    URL http://www.sugiyamanuts.com

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    お店
  • 「子連れでおでかけ」取材スタッフ大募集!

    2018年1月31日

    子育てをしながら、新しいことにチャレンジしたい方集まれ!

    「浜松市子育て情報サイトぴっぴ」で、おでかけ情報を発信してくれる取材スタッフの募集です。

    取材スタッフ会

    活動内容

    ブログ「子連れでおでかけ」の取材スタッフとして、イベント情報、公園情報、レジャースポット情報、お店情報等、子連れで楽しめる様々な場所へ実際に行ったり、見たりしてきた際の感想を、月1回程度レポートしていただきます。

    「取材スタッフ」デビューすると…4つの“イイこと“でハッピーになれる!!

    ◎ 文章力や撮影スキルがグングン身につく

    プロによる講座で文章や写真について学び、スタッフのフォローを受けつつ活動できるから、未経験でも大丈夫! 活動経験を活かして、お仕事復帰やPTA役員業務などでもっと活躍できます。

    ◎ 子育て仲間のネットワークが広がる

    年に数回、情報交換会やランチ会など、リアルの場で楽しい交流も。取材スタッフ同士のつながりは、あなたの子育てライフをぐんと広げ、充実させてくれます!

    ◎ 浜松&近郊の新たな魅力を発見できる!

    慣れ親しんだ施設やお店も取材者目線で訪れると、新たなおもしろポイントや意外なサービスを発見することができます。子連れのおでかけがどんどん楽しくなることうけあい♪

    ◎ 読者・取材先・そして自分にも!みんなに役立つ

    自分の発信した情報が、読者や取材先に役立つのは嬉しく、充実感大です! ブログを読み返すことで一緒に出かけた子どもの成長を実感でき、素敵な記念になりますよ。

    平成29年度の活動

    おでかけ先のレポートを提出するほか、スキルアップのための講座や交流を深める情報交換会などを開催しています。

    文章作成講座
    4月 文章作成講座

    カメラ講座
    5月 デジカメ講座

    情報交換会
    12月 情報交換会

    月1回、FM Haro!の「SMILE ON RADIO」に出演して、おすすめのおでかけ先紹介もしています。
    詳しい活動の様子は、ぴっぴの「運営ブログ」をご覧ください。

     

    先輩取材スタッフの「やっててよかった!」

    下の子の出産を機に、家にいる時間が長くなりました。不安に思っていた頃、ぴっぴのホームページで取材ママの募集を見つけ「私もやってみたい!」と思い、応募しました。
    家にいながらも、何かを発信したい、社会とつながっていたいという気持ちが満たされ、ストレスが解消されているように感じます(笑)。取材ママとして同じ活動をする仲間もできました。様々な情報に触れられることも嬉しいですね。

    こにゃんこ


    毎週のように子どもたちが「今度の休みはどこに行くの?」と・・・ インターネットで調べていたら、ぴっぴの「子連れでお出かけ」のブログにたどりつきました。 自分もパパ目線でのお出かけスポットを、たくさんのパパに紹介出来たらと思いパパ特派員になりました。
    公園について調べるようになり、市内のいろいろな公園を知る事ができました。

    まさパパ

    応募資格

    • 浜松市内にお住まいで、子育てに関係する地域情報に興味のある方。
    • ネット環境が整っていて連絡が確実にとれる方。連絡方法は主にメールになります。
    • パソコンまたはスマートフォン・携帯電話によるメールの送受信(写真ファイルの添付を含む)ができる方。
    • 取材スタッフの活動についての説明会&打ち合わせに参加できる方。
      説明会ではHPによる情報発信のノウハウと取材の心得についての勉強会を行います(子連れ可)。
    • 取材スタッフの活動はボランティアとなっております(ボランティア保険の保険料は事務局で負担いたします)。

    応募方法

    お問い合わせフォームより、件名を「取材スタッフ応募」として、内容欄に「活動をしてみようと思った理由」、「あなたが一番興味のあること」を、200文字程度でご記入のうえ、送信してください。

    応募ページはこちらから  → 取材スタッフ募集

    選考について

    応募いただいた内容、居住地域や子どもの年齢を考慮して選考し、ご本人宛にメールでご連絡致します。
    この登録で知り得た個人情報は、個人情報取り扱いに関するガイドラインに基づき管理し、取材スタッフ募集の目的以外では使用しません。

    少しでも興味を持っていただけた方は、お気軽にお問合わせください。その他ご質問、ご不明な点等も受け付けております。みなさまのご応募お待ちしております!

    このブログについて
  • 掛川森林果樹公園アトリエでパン教室

    2018年1月30日

    幼稚園のお友だちを誘って、5歳の息子とパン教室に参加しました。

    アトリエ外観

    和洋菓子でおなじみの「たこまん」が手がけるパン工房「アトリエベーカリー」は、子ども向けに毎月パン教室を開催しています。あらかじめできた生地を成形してチョコペンで絵を描く作業は、幼児でも楽しく体験できます。小学生の参加ももちろんOKです。

    チラシ

    最初に先生からパン作りの説明を聞きます。材料が絵で描かれた紙芝居のような説明に子どもたちの興味も高まります。

    説明

    説明の後、子どもたちにパン生地が2つずつ分けられました。生地を丸くのばし、中にあんとクリームを入れる作業は、子どもの小さい手では少しコツがいります。息子に「ママ、一緒にやろう」と誘われ、仲よく作業しました。チョコペンで生地に好きな絵を描いたらできあがり! あとは焼きあがりを待つだけです。

    作業中

    「1時間後に取りに来てください」ということで、私たちは隣の果樹公園を散策した後、併設されているレストランでお昼ご飯にしました。

    その後、ケーキ箱に入れられたパンを受け取った息子は「早く見よう! 見よう!」と、うれしそう。家に帰ってパパと今日の話をしながら、さっそくあんぱんとクリームパンでおやつタイム。自分で作ったパンは格別のおいしさです。

    焼き上がり

    「アトリエベーカリー」では、パン教室の他にも「アイシングクッキー教室」や「ピザ教室」も行われているそうです。おいしく、楽しい料理教室体験はいかがですか?
     
    ■パンを作ろう!
    【開催日時】 毎月第2日曜日 10:00~(1時間程度)
    【定員】 8名(予約制)
    【参加費】 1,000円(税込)
    【対象】 5歳以上(5歳以下は要相談)
    【持ち物】 エプロンなど

    文/みきこ

    掛川森林果樹公園アトリエ

    住所 掛川市下俣1-90
    電話 0537-21-2020
    営業時間 9:00~17:00
    子連れに便利な設備 多目的トイレ(オムツ台)有、キッズスペース有
    駐車場 有(無料)
    URL http://kajyukouen.takoman.net/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    飲食・レストラン
  • まるたんぽ(春華堂POP UP STORE KANDA)

    2018年1月28日

    浜松の手土産

    友だちファミリーと一緒に食べたい!見た目もかわいい期間限定のバームクーヘン

    浜松の老舗お菓子屋春華堂の期間限定店「春華堂POP UP STORE KANDA」。店舗限定商品として販売されている「まるたんぽ」は丸い形のバームクーヘンで、上にチョコレートがかかっています。

    まるたんぽ
     
    中にはジャムが入っていて、口に入れると生地のしっとり感とジャムの酸味、上にかかったチョコのパリパリ感が楽しめます。味はストロベリーとアップルバターの2種類があります。

    私のおすすめは同じく店舗限定の 「手作り田舎だんご(みそだれ)」です。大きなだんごに甘からいみそだれがたっぷり塗られていて、くせになるおいしさです(写真左)。

    田舎だんご
     
    この店舗は、まず外観にびっくりします。5つのケーキ箱をつなげた形は鉄道用のコンテナをリノベーションしたもので、遊び心があふれています。まさにインスタ映え! 一見の価値ありです。

    外観
     
    桜の木を大胆に使った店内は、開放感とぬくもりのある空間となっています。

    店内

    店内には約130種類のお菓子が販売されていますが、洋菓子が充実している印象です。ガラスケースに入ったケーキはどれも魅力的でした。アレルギー食材についても販売員の方に聞けば、品目を教えてもらえるそうなので安心です。

    ☆ココがおすすめ☆
    店舗と同じ形のまるたんぽ限定ケーキ箱は、遊び心がありお友だちへのプレゼントにぴったり。期間限定・店舗限定だから、もらうほうもうれしさ2倍!

     

    文/よこた

    春華堂POP UP STORE KANDA

    住所 浜松市中区神田町553
    電話 053-441-3340
    営業時間 9:00~19:30
    定休日 無(メンテナンスのため休業の場合有)
    子連れに便利な設備 トイレ、イートインスペース有
    駐車場 有(22台)
    URL http://www.shunkado.co.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    お店
  • ◎2018春◎梅の花を見にいこう♪

    2018年1月26日

    例年にない寒波で厳しい寒さが続いていますが、暦の上では大寒が過ぎ日に日に春が近づいています。今回は春の訪れを告げる浜松市内・近郊の「梅園情報」をお届けします。子どもたちと梅の香りを感じながら、暖かな日にお散歩を楽しんでみるのもいいですね。

    ※見頃は気象条件などにより前後します。詳細は直接お問い合わせください。

    梅の花

    浜松市

    大草山昇竜しだれ梅園

    5000平方メートルの園内に10品種以上のしだれ梅がダイナミックに咲き誇る。同時に咲くクリスマスローズも可愛らしい。
    【住所】浜松市西区呉松町大草山中腹
    【期間】2018年2月中旬~3月中旬予定 ※花が終わり次第、閉園
    【時間】9:00~17:00
    【入園料】500円(小学生以上) ※梅開花最盛期は700円
    【駐車場】無料(25台)
    【問合せ】佐藤農園 090-5108-3605
    【URL】http://www4.tokai.or.jp/satonouenn/
    過去の様子はこちら⇒取材ママレポート

    はままつフラワーパーク

    梅と早咲きの桜、チューリップや水仙など春を感じる花の競演が見事!
    【住所】浜松市西区舘山寺町195
    【期間】2018年2月上旬~3月中旬
    【時間】9:00~16:30 *3月以降変更あり
     *2月11日~3月11日の日曜日は甘酒の無料接待あり(10:30~なくなり次第終了)
    【入園料】
    2月:大人500円(500円分のお買物券付)、中学生以下無料
    3月:大人600円~1,000円、中学生以下 300円~500円 *園内の開花状況により変動あり
    【駐車場】200円/1回(537台)
    【問合せ】053-487-0511

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    光岩山長楽寺 梅のトンネル

    階段を覆う梅のトンネルを登りきると広がるのは浜名湖の絶景!
    【住所】浜松市北区細江町気賀7953-1
    【期間】2018年2月中旬~3月中旬
    【時間】9:00~16:00
    【駐車場】無料(時期により有料)
    【問合せ】053-522-0478
    過去の様子はこちら⇒取材ママレポート

    奥山高原 とんまくの里昇竜しだれ梅

    1本1本のしだれ梅が竜が力強く天に昇る姿のように咲き誇る。
    【住所】浜松市北区引佐町奥山堂ノ上1736-1
    【期間】2018年2月25日(土)~3月31日(金)予定
    【時間】9:00~16:00
    【入園料】大人(16才以上)700円 、小人(小・中学生)500円、小学生未満無料
    【駐車場】無料(普通車200台)
    【問合せ】053-543-0234
    【URL】https://www.okuhamanako.com/

    磐田市

    豊岡梅園

    およそ4万坪の広い庭園内を約4000本の梅が美しく覆う。整備された散策道をゆったりと歩くことができる。
    住所磐田市上野部1989-1
    【期間】2018年2月中旬以降予定(開花具合で決定)
    【時間】9:00~16:00
    【入園料】大人 500円、小中学生 100円
    【駐車場】無料(120台)
    【問合せ】0539-62-2666
    過去の様子はこちら⇒取材ママレポート

    袋井市

    小笠山総合運動公園エコパ まんぷく梅まつり

    約300本の梅を楽しめるエコパ梅ロードでお花見をしながら、エコパ市、まんぷくグルメ、大道芸、インラインスケートなど多彩なプログラムが楽しめる。
    【住所】袋井市愛野2300-1
    【日時】2018年2月17日(土) ~ 18日(日) 10:00~15:00
    【場所】ふれあい広場、梅小道、ビオトープ
    【入場料】無料
    【駐車場】無料(8:30~21:00)
    【問合せ】0538-41-1800
    【URL】https://www.ecopa.jp/

    掛川市

    龍尾神社

    きれいに整った神社内の花庭園にたおやかに咲くしだれ梅が見事。
    【住所】掛川市下西郷84
    【期間】2018年2月上旬~3月中旬  ※花の状態により変更あり
    【時間】9:00~17:00
    【入園料】600円
    【駐車場】無料(60台)
    【問合せ】0537-23-0228
    【URL】http://www.tatsuo-jinja.com/
    過去の様子はこちら⇒取材ママレポート

    横須賀城跡公園 梅園

    徳川家康により築城された国指定の史跡。自由に出入りできる城址公園内に83本の紅白の梅が美しく競演する。
    【住所】掛川市西大渕5392-2他
    【期間】2018年2月下旬~3月上旬
    【駐車場】無料(約50台)
    【問合せ】掛川市大須賀支所 地域支援係 0537-48-1000

    菊川市

    第12回黒田家代官屋敷梅まつり

    国指定重要文化財に親しみながら、180本もの様々な種類の梅を鑑賞することができる。
    【住所】菊川市下平川862
    【期間】2018年2月4日(日)~3月4日(日) ※開花状況により変更あり
    【駐車場】無料(約30台)
    【問合せ】菊川市観光協会 0537-36-0201
    【URL】https://www.city.kikugawa.shizuoka.jp/shoukoukankou/umematsuri.html

    お花見・紅葉情報
  • 名古屋市東山動植物園

    2018年1月25日

    冬休みにしては暖かい日に、家族4人で名古屋市の東山動植物園に行きました。浜松から車で2時間ほどで行くことができます。

    北園門

    園内はとても広く、動物園・植物園・遊園地・東山スカイタワーと複数のエリアにわかれています。わが家がここを訪れるのは3年ぶり2回目。私のお目当ては“イケメンゴリラ”として有名なニシローランドゴリラのシャバーニです。

    さっそくゴリラ舎へ向かうと、食事中のシャバーニを発見!

    ゴリラ

    さすがゴリラ一家のお父さん、貫禄があります。そして、たしかにイケメン。子どもよりもカメラを構えた大人のほうが大勢いました(笑)。

    もちろん東山動植物園の見どころはゴリラだけではありません。ここには約500種の動物が展示されていて、全国的にも珍しい「コアラ」や「ツシマヤマネコ」などを見ることができます。

    園内

    コアラ展示

    アジアゾウ舎の「ゾージアム」ではゾウを見るだけでなく、生態を学習できる展示があります。小学1年生の娘は「ゾウの足って、こんなに大きいんだね」と関心していました。

    アジアゾウ

    昼食はフードコート「ZOOASIS(ゾアシス)」へ。動物園とは思えないオシャレなメニューが並び、家族連れで賑わっていました。子どもたちのリクエストで園内を走っている「スカイビュートレイン」に乗り、植物園駅で降りて温室を見学。「こども動物園」のふれあい広場では、ヤギにエサをあげました。

    スカイビュートレイン

    最後のお楽しみは「遊園地」。小学5年生の息子は一つの遊具に乗ったらすぐ次の遊具へと走り、閉園ギリギリまで楽しみました。前回訪れたときには池のボートに乗ったり、東山スカイタワーに昇ったりしました。私たちは朝から夕方まで約6時間滞在し、一日たっぷりと遊ぶことができました。

    遊園地

    現在、東山動植物園はさまざまな再生プランによって生まれ変わろうとしており、「ゾージアム」もその一環。2018年度にはゴリラとチンパンジーの生活を観察できる「アフリカの森エリア」が完成予定です。見どころ満載、浜松から日帰りで行くことができるオススメなスポットです。

    文/こにゃんこ

    名古屋市東山動植物園

    住所 名古屋市千種区東山元町3-70
    電話 052-782-2111(代表)
    開園時間 9:00~16:50(入園は16:30まで)
    休園日 月曜日(祝日・振替休日の場合はその直後の平日)、12月29日~1月1日
    入園料 大人(高校生以上)500円、中学生以下無料
    スカイタワー共通券:大人(高校生以上)640円
    子連れに便利な設備 ベビーカー貸出有(300円)、授乳スペース有(10か所)、オムツ換えスペース有(ベビーベッド付トイレ)
    駐車場 有(1600台、普通自動車1回800円、8:45~17:00)
    アクセス方法 【車】東名高速道路名古屋ICより県道60号線を西へ約15分
    【電車】地下鉄東山線「東山公園駅」下車、3番出口より徒歩3分
    URL http://www.higashiyama.city.nagoya.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    観光・ちょっと遠出
  • 体験できる雑貨屋さん Ruber(ルーベラ)

    2018年1月24日

    わが家は親子で手作りが大好きです。今回は西区舘山寺町にあり、ブレスレットやネックレス、ガラスのミニチュアでドーム作りなどさまざまな体験をすることができる雑貨屋さん「Ruber(ルーベラ)」の体験工房に行ってきました。

    アクセサリー作り

    外観

    店内は想像していたより広かったです。かわいいアクセサリーやインテリア雑貨を見ているだけでも十分楽しめる感じです。「こちらで体験ができますよ」と店員さんに声をかけていただき、奥の工房へ行きました。

    店内

    わが子たちは何を作ろうか悩んだ結果、長女(5歳)と次男(3歳)がスイーツデコ、長男(7歳)はサンドブラストを体験することにしました。

    体験

    途中で大人の助けが必要なところもありましたが、がんばって1時間ほどでタルトのキーホルダーと手書きの絵を写し取ったグラスが完成しました!

    完成

    スイーツデコを乾燥させている間(約40分間)キッズスペースで遊びました。おもちゃなども充実しているので、ママがショッピングや体験をしている間、パパと子どもがキッズルームで遊んでいることもできそうです。

    キッズスペース

    わが家はお店の前の駐車場を利用しましたが、遊園地(浜名湖パルパル)に接しているため、遊園地からお店に入ることもできます。わが子たちは、今回できなかった体験がたくさんあるので、今度は別の体験をしたいと言っています。

    ■サンドブラスト体験
    対象年齢 6歳以上
    料金 体験料1,300円+彫刻素材代450円~

    ■スイーツデコ体験
    対象年齢 3歳以上
    料金 1,800円~

    文/ジュン

    Ruber(ルーベラ)

    住所 浜松市西区館山寺町1891(浜名湖パルパル隣接)
    電話 053-487-0030
    営業時間 9:30~18:00(体験最終受付は、営業終了1~2時間前まで。詳しくはHPの手作り体験工房参照)
    休業日 毎月第3木曜日(詳しくはHP参照)
    子連れに便利な設備 トイレ、キッズスペース有
    駐車場
    URL http://www.ruber-hamanako.com/index.html

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    お店
  • こども館体験記「ドラムで輪になろう!」

    2018年1月23日

    浜松こども館 取材ママ体験記

    冬休みも終盤のある日、子どもたちの気分転換のためにこども館を訪れました。この日は14時から「ドラムで輪になろう!」のイベントが予定されていたので、初めて参加してみました。

    ドラム3

    イベントが行われるホールに行くと、30台ほどのドラムとイスが円形にセットされています。「ジャンベ」や「アシーコ」など、世界中のいろいろなドラムが置いてあり、そのカラフルさは見ているだけでも楽しいです。楽しそうにドラムを叩いている子を見た5歳の長男は興味を持ったようで、すぐに自分も好みのドラムを見つけて叩き始めました。

    イベント開始の時間になると、いったんみんなドラムを叩くのをやめて、講師の金田さんのあいさつを聞きました。

    ドラム2

    このイベントは「ドラムサークル」という演奏の手法で、思い思いにドラムを叩いて音楽を作り、楽しもうという主旨だそうです。初めに基本のドラムの叩き方を教わりました。ドラムのまん中を大きく「ドン」と叩く方法と、縁を指先でやさしく「トントン」と叩く2つの方法があり、その使い分けでだいぶドラムで作りだす音楽に広がりが出ました。

    ドラム1

    基本を覚えると、次は前の人が叩いたリズムをみんなで真似して演奏です。「タタ、タンタン」や「タタタタ、タッタッ」など、その場で思い付くさまざまなリズムにほかの子どもたちはすぐに対応していきます。2歳の次男には難しかったようですが、5歳の長男はがんばって真似していました。さらに12月と1月のお誕生日の子に向けて、ハッピーバースデーの曲をみんなで演奏しました。最初は子どもたちがバラバラにドラムを叩いており、みんなでそろっての演奏は無理ではないかと思ったのですが、金田さんのリードもあり、ちゃんと曲になりました。1曲終わるごとに一体感と達成感が増していきます。

    ドラム4

    子どもたちが座ったイスの下にはレモンやトウモロコシ、ドーナツなどいろいろな形のマラカスが置かれていて、それを使っての演奏も行われました。金田さんがメロディオンで「おもちゃのチャチャチャ」を演奏し、「チャチャチャ」の部分では子どもたちがマラカスを振ります。幼稚園でも定番の曲なので、長男はノリノリで、次男は私と一緒にがんばって演奏しました。

    ドラム5

    30分ほどで第1部は終了。5分ほど休憩して第2部へとうつります。わが子たちは別の遊びに興味がうつり、第1部だけでやめてしまいましたが、続けて参加してもOKだそうです。みんなでドラムを叩く一体感がとても楽しく、また思いっきりドラムを叩くことでリフレッシュできました。

    このイベントは、ほぼ月に1回、第1日曜に定期的に行われているそうで、次回は3月に開催予定とのことです。また機会を見つけて参加したいと思いました。

    文/hoseco

    こども館スタッフからひとこと

    スタッフ

    このイベントは、ドラムを叩くというとても単純な遊びなので、小さい子から大人まで誰もが楽しめると思います。ぜひ思いっきりドラムを叩きに来てください!

    浜松こども館

    この記事は浜松こども館からの依頼によって、ぴっぴの取材ママがレポートしたものです。

    こども館・児童館
  • あんこやの最中(内藤製餡所)

    2018年1月22日

    浜松の手土産

    子どもたちと一緒に挟もう♪ 帰省先で盛り上がるオリジナルあんの最中

    浜松駅近くの「あんこや」の看板が気になるお店「内藤製餡所」。ここで買える自家製あんこともなか皮のセットは、家族や友だちとの集まりでわいわい食べるのにおすすめです。

    あんこと皮
     
    あんこの製造、小売り、卸しをメインにしているそうで、店内には見たこともないあんこの種類がたくさん! 

    外観

    味付けする前の生あんこをはじめ、マロンやミカン、レモンなどめずらしい味のあんこもあります。好みのあんこを手焼きもなかの皮ではさめば、市販のものでは味わえない皮のサクサク感と自分たちで作る楽しさを同時に味わえます。

    店内1
     
    今回は帰省時に家族で食べるおやつとして、子どもが好きなつぶあん、両親が好きな黒ごまあんの2種類を購入。つぶあんの種類にはもなか専用あんこもあり、そちらがおすすめとのことでした。わが家はあまったあんこをお正月のお餅と食べたかったので、お店のかたに相談して、普通のつぶあんにしました。

    店内2

    ほかにも静岡産のお茶を使ったあんこやきんつばなど、静岡らしい品もあり、静岡土産としてもいいですね。贈呈用のラッピングもあるので、いろいろなシーンで利用できそうです。

    ☆ココがおすすめ☆
    静岡県産茶葉を使った抹茶あんや子どもがよろこぶ果物あんなど、ほかにはない種類の多さに選ぶ方もワクワク!

     

    文/hiromiko

    内藤製餡所

    住所 浜松市中区平田町48-2
    電話 053-452-3407
    営業時間 8:00~18:30
    定休日 日、月(彼岸、年末は営業)
    駐車場
    URL http://www.naitouseianjyo.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    お店
  • ヘブンスそのはら Snow World

    2018年1月20日

    子どもたちにスキーや雪遊びをさせたいと思い、なるべく近場でと考えて、「ヘブンスそのはらSnow World」に行ってきました。

    ゲレンデ前
     
    日曜日の午前中に出発し、高速道路を使い約2時間半で到着しました。中央道園原ICから5分ほど、アクセスのよい場所にあります。レンタル、身支度をすませ、ロープウェイに15分ほど乗りいざスキー場へ。

    ロープウェイ

    この日は駐車場に雪はほとんど積もっていなかったのですが、山頂は白銀の世界でした。私と長男(7歳)は、さらにリフトに乗り、スキーを楽しみました。スキーヤー専用ゲレンデのため、スノーボーダーに気兼ねせずにすべることができます。昨年はターンがうまくできなかった息子ですが、今年は上手にターンしていて、成長を感じました。「ぼく、上手になったよ」と息子もうれしそうでした。

    スキー上達
     
    パパと長女(5歳)、次男(3歳)はソリ専用エリアが充実しているキッズワールドでソリ遊び。

    キッズワールド

    傾斜が緩やかでちょうどよい速度だったようです。みんなで合流してからは、家族で雪だるまを作りました。浜松出身のわたしは作り方がよくわからなかったのですが、埼玉県出身のパパがリードしてくれました。家族で力を合わせて作った雪だるまが見事に完成して、みんな笑顔になりました。

    ゆきだるま

    キッズスペース
     
    わが家は会えませんでしたが、「ヘブンスそのはら」にはキティちゃんやその友だちが遊びに来て、会うこともできるようです。今度はぜひキティちゃんに会って一緒にすべったり、遊んだりしたいと思っています。

    文/ジュン

    ヘブンスそのはらSnow World

    住所 長野県下伊那郡阿智村智里3731-4
    電話 0265-44-2311
    営業期間 2017年12月23日(土)~2018年3月25日(日)※予定
    営業時間 8:30~16:30(1月1日は6:00~)
    *チケット販売時間 8:15~15:30
    *ロープウェイ運行時間8:30~16:30
    *リフト運行時間8:30~(16:00から16:30までリフトにより異なる)
    料金 【ゴンドラ・リフト券】 1日券 大人4,150円、シニア(60歳以上)、小中学生2,400円、未就学児無料
    【リフト乗車券】 1回券200円、回数券(11枚綴り)2,000円
    【キッズワールド入場券】 500円(歩ける子どもから必要)
    子連れに便利な設備 授乳室、オムツ交換台、室内キッズルーム有
    駐車場 有(1,500台)無料
    URL http://www.mt-heavens.com/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    スキー・スケート
  • ☆2018冬☆鬼は外!福は内!子どもと一緒に節分イベント

    2018年1月20日

    鬼は外

    浜松市内や近郊の寺社で行われる節分祭は、豆袋や紅白もちがまかれ、たくさんの人で賑わいます。お菓子がまかれるところも多いので、子どもたちも楽しく参加できます。小さな子どもと一緒にゆっくり過ごすなら、施設で行われる室内イベントもおすすめ♪

    おうちでも「鬼は外~!福は内~!」と元気いっぱいに豆まきをし、鬼を追い払いたいですね。節分が終われば「立春」です。春はすぐそこですよ!

    節分祭(浜松市内)

    五社神社 諏訪神社 節分祭

    【日時】 2月3日(土) 豆まき 16:00~
    【場所】 五社神社 諏訪神社 (浜松市中区利町302-5)
    【問合せ】 tel:053-452-3001
    【URL】 http://www.gosyajinjya-suwajinjya.or.jp/

    浜松八幡宮 節分祭

    【日時】 2月3日(土) 節分祭 15:30~、豆まき 16:00~
    【場所】 浜松八幡宮 (浜松市中区八幡町2番地)
    【問合せ】 tel:053-461-3429
    【URL】 http://www.hamamatsuhachimangu.org/

    鴨江寺 節分祭

    【日時】 2月3日(土)
    【場所】 鴨江寺(浜松市中区鴨江4-17-1)
    【問合せ】 tel:053-454-5121
    【URL】 http://kamoeji.jp/

    遠州信貴山 節分祭

    【日時】 2月3日(土)
    【場所】 遠州信貴山 (浜松市中区中沢町81-26)
    【問合せ】 tel:053-472-6671
    【URL】 http://www.e-sigisan.jp/

    曹洞宗舘山寺 節分会

    【日時】 2月3日(土) 豆まき 15:00~
    【場所】 曹洞宗舘山寺(浜松市西区舘山寺2231)
    【問合せ】 tel:053-487-0107
    ◎過去の様子はこちら⇒取材ママレポート

    井伊谷宮 節分祭

    【日時】 2月3日(土) 豆まき 16:00~
    【場所】 井伊谷宮(浜松市北区引佐町井伊谷)
    【問合せ】 tel:053-542-0355
    【URL】 http://www.iinoyaguu.or.jp/

    細江神社 節分祭

    【日時】 2月3日(土) 豆まき 15:00~(予定)
    【場所】 細江神社(浜松市北区細江町気賀996)
    【問合せ】 tel:053-522-1857

    岩水寺 星まつり

    【日時】 2月18日(日)
    【場所】 岩水寺(浜松市浜北区根堅2238)
    【問合せ】 tel:053-583-2741
    【URL】 http://www.gansuiji.jp/

    節分祭(浜松市外)

    矢奈比売神社(見付天神)

    【日時】 2月3日(土)
    【場所】 矢奈比売神社(見付天神)(磐田市見付1114-1)
    【問合せ】 tel: 0538-32-5298
    【URL】 http://mitsuke-tenjin.com/

    小国神社 節分祭

    【日時】 2月3日(土)
    【場所】 小国神社(周智郡森町一宮3956-1)
    【問合せ】 tel:0538-89-7302
    【URL】 http://www.okunijinja.or.jp/

    法多山尊永寺 節分祭

    【日時】 2月3日(土) 豆まき 12:00~、14:00~
    【場所】 法多山尊永寺(袋井市豊沢2777)
    【問合せ】 tel:0538-43-3601
    【URL】 http://www.hattasan.or.jp/

    龍尾神社

    【日時】 2月3日(土)
    【場所】 龍尾神社(袋井市下西郷84)
    【問合せ】 tel:0538-89-7302
    【URL】 http://www.tatsuo-jinja.com/

    可睡斎

    【日時】 2月3日(土)
    【場所】 可睡斎(袋井市久能2915-1)
    【問合せ】 tel:0538-25-2121
    【URL】 http://www.kasuisai.or.jp/

    事任八幡宮

    【日時】 2月3日(土)
    【場所】 事任八幡宮(掛川市八坂642)
    【問合せ】 tel:0537-27-1690
    【URL】 http://www.geocities.jp/kotonomachihime/

    小さな子と一緒でも安心♪ 室内のイベント

    昔のくらし体験館 節分のお面作り

    【日時】 1月20日(土)~21(日)  9:30~12:00、13:00~15:30
    【場所】 浜松市博物館
    【問合せ】 tel:053-456-2208

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    節分にちなんだ人形劇を観よう

    【日時】 1月27日(土) 14:00~15:00
    【場所】 舞阪図書館 2階 講座室2
    【問合せ】 tel:053-592-7000

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    エコでごちそう教室 恵方巻づくり!

    【日時】 2月3日(土)
    【場所】 浜松市エコモデル住宅 (浜松市西区大平台3-21-1)
    【問合せ】 tel:053-485-2021
    【URL】 http://www.hamaeco.org/

    イベント(冬)
  • 浜名湖の新のり(丸吉堀江商店)

    2018年1月18日

    浜松の手土産

    家族が集まる冬の食卓で大活躍! 香り豊かな浜名湖の新のり

    浜名湖の冬の味覚といえば「牡蠣」や「とらふぐ」がありますが、私は一番に「のり」が思い浮かびます。浜名湖の「のり」は、「黒のり」と「青のり」を混ぜた「混ぜのり(ぶちのり)」が特徴。特に12月下旬から販売される「新のり」は、店頭に並ぶやいなやお客さんが殺到する人気商品です。

    のり

    この「新のり」を買うためにわが家がいつも訪れるのは大正13年創業、西区舞阪町の「丸吉堀江商店」。

    外観

    店内に入ると、まっ先にお目当ての「新のり」を手にとります。この「新のり」は軽くあぶると磯の香りがふわっと香ります。うちの子どもたちは、焼いたおもちにしょうゆをつけてこの「のり」を巻いた「いそべ焼き」が大好き! 冬の楽しみのひとつです。

    店内

    私がいつも「のり」と一緒に購入するものが産地直送で製品販売している舞阪産の「しらす」。子どももパクパク食べます。贈答品として小さな箱やパックで送ることもできるそうです。

    しらす

    子どもには「味のり」も人気で、削りたてのかつおぶしなど乾物も揃っています。浜名湖の味覚を求めて舞阪町へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

    ☆ココがおすすめ☆
    小さな子どもから大人まで、一緒に浜名湖の恵みを味わえる。どんな家庭でも重宝するのりは、贈る相手を選ばない!

     

    文/こにゃんこ

    丸吉堀江商店

    住所 浜松市西区舞阪町舞阪1794-2
    電話 053-592-0148
    営業時間 8:30~18:00
    定休日 1月1日、臨時休業の場合有
    URL http://marukichi-jp.net/
    ※しらすの価格は時期により異なる

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    お店
  • うなぎいもぷりん(うなぎいも王国&カフェ)

    2018年1月16日

    浜松の手土産

    帰省で集まった子どもたちとワイワイ食べたいお菓子

    浜松の新名物、「うなぎいも」を知っていますか? ウナギの骨や頭を肥料にして育てられた遠州産のサツマイモです。

    プリン

    糖度がたいへん高く、ねっとりあま~い「うなぎいも」は、焼き芋はもちろん、お菓子の材料などに加工してもおいしく食べられます。そんな「うなぎいも」を使ったお菓子やグッズを取り扱っている「うなぎいも王国&カフェ」は、気軽に手土産を購入できる場所としておすすめです。

    外観

    カフェも兼ね備えた店内には「うなぎいも」を使ったお菓子が所狭しと並べられています。「うなぎいも」の宣伝大使、ゆるキャラ「うなも」がプリントされたパッケージはなんともキュート♪

    店内

    お店のイチオシ商品は、売上ナンバー1の「うなぎいもぷりん」。サツマイモのやさしい甘さが感じられる少し固めの食感が特徴のプリンは、5歳の息子もお気に入りです。スイートポテトなどの生菓子も人気ですが、チップスやラスク、サブレなどの箱菓子は常温保存可能で日持ちするので助かります。地元の和洋菓子店とコラボしたお菓子も多く、浜松色の高い商品は手土産にはもってこいですね。

    詰め合わせ

    これらの商品は通信販売もされています。私は遠方へのお土産は、あらかじめネットで注文して配送してもらっています。子連れでの移動はたいへんですし、帰省時などに荷物を増やしたくない方にも助かるサービスだと思います。

    ☆ココがおすすめ☆
    かわいい「うなも」のパッケージに子どもたちもテンションアップ! ネット配送対応は、帰省ファミリーも大助かり♪

     

    文/みきこ

    うなぎいも王国&カフェ

    住所 浜松市南区卸本町50
    電話 053-443-8352
    営業時間 10:00~18:00
    定休日 年末年始
    子連れに便利な設備 トイレ有(洋式)
    駐車場
    URL http://www.unagiimo.com/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    お店
  • 布橋の雪(田町梅月)

    2018年1月14日

    浜松の手土産

    三世代での団らんにぴったりな浜松ゆかりの和菓子

    わが家がちょっとしたお礼やお返しでよく利用するのは、年齢を問わずよろこばれる田町梅月の「布橋の雪」です。

    布橋の雪

    「布橋の雪」は、フワフワのカステラ・真っ白な淡雪・小豆の羊羹の3層になっていて、ひと口で3つの味を楽しむことができます。うちの子たちが大好きな和菓子のひとつで、わが家では3種類の異なる味を1種類ずつこそげとって味わうという、ウラワザを楽しんでいます。

    店内

    外観

    徳川家康と武田信玄の三方が原の戦いの逸話をもとに創作されたお菓子で、淡雪は「犀が崖」の白布をイメージしているそうです。浜松の歴史を語るにはもってこいですね。

    人数によって切り分けられるので、普段のお茶菓子にもいいですし、日持ちするので、ストックしておいて急なお礼などでお客さまに差し上げるにも重宝します。

    ☆ココがおすすめ☆
    三層の味や見た目が楽しく「三方が原の戦い」の逸話も合わせて家族の会話が弾む♪ 日持ちするので急な来客用の買い置きにも。

     

    文/お茶子

    田町梅月

    住所 浜松市西区坪井町4095-1
    電話 053-447-8866
    営業時間 9:00~18:30
    定休日
    駐車場 有(13台)
    URL https:www.tamachi-baigetsu.co.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    お店
  • うなぎいも王国&カフェ

    2018年1月11日

    ウナギの骨や頭を肥料に使い育てたサツマイモ「うなぎいも」を知っていますか? 糖度35度以上のねっとりあま~いサツマイモで作られたスイーツが味わえる「うなぎいも王国&カフェ」へ5歳の息子と出かけてきました。

    カウンター

    息子はこちらのお店のゆるキャラ「うなも」が大好き! 今日も「うなものお店に行く~♪」とテンション高めです。店内には「うなぎいも(サツマイモ)」はもちろん、それを使った箱菓子や生菓子なども売られています。文房具などの「うなもグッズ」も人気です。

    店内にはカフェもあり、利用するは先にレジで注文と支払いをします。私たちは店長おすすめの「デザート3種盛り」セットと1番人気の「いもシェイク」をオーダー。注文後、息子はパズルをしたり「うなも」の変身セットで遊んだりしながら待っていました。

    パズル

    なりきりうなも

    待ちに待ったスイーツがくると「わぁ~♪」と、息子のうれしそうな声。この日はクリスマス間近ということで、イチゴのトッピングサービスがありました。

    3種盛りセット

    カフェメニューには、スイーツのほかにもカレーやバーガーなどの軽食もあります。これらはまた次回のお楽しみにしました。

    メニュー

    ゆるキャラ「うなも」は、不定期でお店のお手伝いをすることもあるそう。お店にいるときは一緒に記念撮影もできるので、もし見つけたら楽しい思い出ができそうですね。

    文/みきこ

    うなぎいも王国&カフェ

    住所 浜松市南区卸本町50
    電話 053-443-8352
    営業時間 10:00~18:00
    定休日 年末年始
    子連れに便利な設備 トイレ有(洋式)
    駐車場
    URL http://www.unagiimo.com/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    飲食・レストラン