子連れでおでかけ

子どもと一緒に楽しめる浜松市&周辺地域の施設・公園・イベントなどを、取材ママ・パパ特派員がレポートします。

  • 直虎ゆかりの地「高根城跡」

    2017年5月27日

    家族みんなで放送を楽しみにしている大河ドラマ「おんな城主 直虎」。ドラマのロケ地となった山城が浜松市最北の天竜区水窪町にあります。奥山氏が築き、その後武田信玄の城となった「高根城」です。水窪町へは車で約2時間かかりますが、途中の道の駅などで休憩しながら向かいました。

    案内図

    駐車場で案内図を確認してさっそく出発。舗装された道を歩くこと約10分、登り口に到着しました。その先には山に続く険しい階段が。ここからが本格的な山登りのスタートです!

    登山道

    山の傾斜がかなりキツイので、城めぐりに慣れたわが家でもひるむほど。しばらくすると小学1年生の娘は「もう登れない」と立ち止まってしまいました。「おとわちゃん(直虎)もここを登ったのよ」と励ましながら進むと、ついに山頂が見えてきました! ここからは水窪の町が一望。娘は疲れを忘れて「やっほー」と叫んでいました。

    山頂

    城跡には城門や本曲輪(ほんくるわ)、井楼櫓(せいろうやぐら)が復元されています。小学5年生の息子は「この建物、確かにドラマで見た風景だ!」と大喜び。山登りをがんばった後なので喜びもひとしおです。

    建物

    案内図にあった「砦の森」の木製遊具は残念ながら現在使用できないため、三の曲輪(くるわ)より先には進まず、もと来た道を戻るのが賢明です。私たちは「四季の小道」を歩いて帰ってきましたが、子どもには大変な山道でした。

    観光客の中には子連れの人も何組かいました。歩きやすい靴と服装は必須です。ここを極めることができればあなたもきっと“直虎通”。親子で戦国時代にタイムスリップ! 

    文/こにゃんこ

    高根城跡

    住所 浜松市天竜区水窪町地頭方
    子連れに便利な設備 駐車場にトイレ有
    駐車場 有(20台、無料)
    アクセス方法 【車】国道152号線を北上、水窪橋交差点を右折して約5分
    【電車】JR飯田線「向市場駅」下車、徒歩約20分
    URL https://www.misakubo.net/ (水窪観光協会)

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    近場でレジャー(市内・近郊)
  • ◎2017初夏◎ホタルを観にいこう!

    2017年5月26日

    日差しが次第に強くなり、いよいよ夏の到来です。水辺をホタルが飛び交うのもこの季節。子どもにとって夜のおでかけは特別なものです。ひんやりとした空気の中、目を凝らし小さな光を見つける楽しみは、きっと忘れられない思い出になりますよ。

    ホタルの森 

    ●(あじさい) はままつフラワーパーク 夜間開園「蛍の夕べ」 ~整備された園内は小さな子連れでも安心~

    【観賞期間】5月26日(金)~6月11日(日)
    【期間中の開園時間】8:30~21:00 *ホタルの見ごろは20:00頃から
    【夜間入園料】18:00以降の入園の方: 大人600円、小・中学生300円、幼児無料
    *昼間から継続して来園の方は、追加料金なし
    【問合せ】はままつフラワーパーク TEL:053-487-0511
    【URL】http://e-flowerpark.com/

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    昨年の様子はこちら⇒取材ママレポート

    ● (星) はままつフルーツパーク時之栖 ほたるの夕べ ~施設内の川べでのんびり観賞~

    【開催日】5月27日(土)~28日(日)、6月2日(金)~4日(日)、6月10日(土)~11日(日)
    【開催時間】19:30~20:30 (閉園時間は21:00) *都田川増水の場合は中止
    【料金】無料(18:00以降の入園は無料)
    【場所】西エリア デイキャンプ場西 都田川河原
    【問合せ】はままつフルーツパーク時之栖 TEL:053-428-5211
    【URL】http://www.tokinosumika.com/hamamatsufp/

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    昨年の様子はこちら⇒取材ママレポート

    ● (あじさい) みどり~な環境教室 ホタルかんさつ会 ~虫や自然が好きな子集まれ!~

    【日時】6月17日(土)18:45~20:30 受付は18:15分から *雨天決行 荒天中止
    【場所】みどり~な 浜松市緑化推進センター
    【内容】藤山先生(信州大学理学部特任教授)のホタルのひみつ講話とヘイケホタルの観察
    【料金】無料
    【問合せ】みどり~な 浜松市緑化推進センター TEL 053-426-2300
    【URL】http://www7.plala.or.jp/midori110/

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ● (星) 浜名湖ほたる観賞ガイドツアー ~浜名湖畔で幻想的なホタルの舞~

    【開催期間】5月20日(土)~7月2日(日) *事前申し込み必要
    【場所】はままつフラワーパーク 集合は浜名湖ゲート(動物園側)
    【内容】バリアフリーの園内で地元ガイドが解説しながらご案内するミニツアー
    【料金】大人800円、小中学生400円
    【問合せ】かんざんじ温泉観光協会 TEL 053-487-0152
    【URL】http://www.kanzanji.gr.jp/

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(あじさい) くんまほたるの里 ホタル観賞 ~自然に生息する貴重なゲンジボタル~

    【観賞期間】6月3日(土)~25日(日)
    【時間】19:30~22:00
    【環境保全協力金】中学生以上200円、小学生100円
    【駐車場】50台有(無料)
    【問合せ】夢未来くんま TEL:053-929-0636

    ● (星) 浜松市北区引佐町 的場四方浄公民館付近 ~県下有数のホタルの生息地~

    【観賞期間】5月下旬~6月中旬

    ■ほたる 愛に恋い 6月3日(土) 17:30~

    【会場】引佐運動広場(浜松市北区引佐町東黒田847-1)
    【駐車場】200台
    【問合せ】ほたるの会 TEL:053-528-3500(13:00~17:00)
    【URL】http://hotaruinasa.hamazo.tv/

    ● (あじさい) おちばの里親水公園 ~豊かな自然の中で飛び交うホタルの光~

    【観賞期間】5月下旬~6月中旬

    ■2017ホタル観察会

    【場所】湖西市大知波
    ○第1回 6月10日(土)19:30~ 雨天時11日(日)に延期
    ○第2回 6月17日(土)19:30~ 雨天時18日(日)に延期
    【駐車場】70台(無料)
    【問合せ】湖西フロンティア倶楽部 TEL:090-1291-3210
    【URL】http://www.kosai.org/?page_id=44

    ● (星) 法多山(袋井市) ~イベント盛りだくさんな初夏の風物詩~

    【観賞期間】5月下旬~6月上旬

    ■ホタル祭り

    【日時】5月27日(土)~28日(日)、6月3日(土)~4日(日)
    18:00~21:00(ホタルは19:00過ぎから)※雨天中止の場合あり
    【場所】ホタル観賞公園 だんごや広場前
    【だんご屋前広場イベント情報】各日18:00~21:00
    ・だんごの無料接待
    ・ホタルの学校
    ・屋台グルメ
    ・昔なつかし縁日ゲーム
    【問合せ】法多山尊永寺 TEL:0538-43-3601
    【URL】http://www.hattasan.or.jp/
    昨年の様子はこちら⇒取材ママレポート

    ●(あじさい) 大日ほたるの里(袋井市) ~緑豊かな森町との境で楽しむホタル~

    【観賞期間】5月下旬~6月上旬頃
    【見ごろ】19:30~21:00
    【入場料】無料
    【駐車場】なし
    【アクセス】袋井市の北部、森町と掛川市の境の宇狩・大日・袋井ICより15分
    【問合せ】袋井市観光協会 TEL:0538-43-1006

    ● (星) 西富田地区(菊川市) ~茶畑広がる山間の沢でホタル観賞~

    【観賞期間】5月下旬~6月上旬

    ■富田ほたるを見る会

    【開催日】6月10日(土) 18:30~  雨天の場合は翌日11日(日)
    【場所】西富田すみが谷
    【アクセス】西富田公民館(菊川市西富田1368-1)から約1km。当日は、案内看板あり
    【問合せ】菊川市商工観光課 TEL:0537-35-0936
    【URL】https://www.city.kikugawa.shizuoka.jp/shoukoukankou/tomitahotaru.html

    ● (あじさい) 大原公園(御前崎市) ~公園内のビオトープでゆっくり観賞~

    【観賞期間】5月下旬~6月中旬
    【場所】御前崎市白羽4050-28
    *地元のホタル飼育指導員が8か月かけて飼育し、子どもたちが放流。
    【問合せ】白羽公民館 TEL:0548-63-3690

    <ホタル観賞のマナー・注意>

    • 地元の方が水辺の環境を大切に保全し放している所もあります。生息エリアを汚さないよう注意しましょう。
    • 近隣の方々の迷惑にならないよう、大きな音や物音をたてないようにしましょう。
    • ホタルの寿命は短いので、むやみに捕まえることのないようにしましょう。
    • ホタルは強い光を嫌うので、車のヘッドライト・懐中電灯やカメラのフラッシュは控えましょう。

    *観察会は天気によって中止や順延もあるため、問合せをしてからのおでかけをおすすめします。

    イベント(夏)
  • 二俣川河川敷

    2017年5月24日

    ジリジリと日ざしが強くなり、いよいよ水遊びシーズンの到来ですね。そこで、気軽に川遊びを楽しめるスポットを紹介します。

    河川敷

    天竜区二俣町の中心部を流れる、二俣川の河川敷です。二俣川は水量も少なく、飛び石も整備されて親水公園のようになっています。

    飛び石

    裸足になって涼をとる人、網で魚を追いかける親子、オートキャンプさながらに車を乗り入れ、アウトドアチェアを並べてくつろぐグループなど、みんな思い思いに過ごしています。

    シロツメクサやタンポポ、オオバコなどが生い茂っており、その上を駆けまわったり、草花遊びをしたり、いろいろな遊び方ができそうです。2歳の娘がもう少し大きくなったら、一緒に飛び石を渡ってみたいな~と思いました。

    看板

    風景

    すぐ近くの栄林寺には、すべり台やブランコもあります。さらに、お参りすると鐘もつかせてもらえます。

    文/kikori

    二俣川河川敷

    住所 天竜区二俣町二俣 「二俣大橋」のたもと
    駐車場 河川敷

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    近場でレジャー(市内・近郊)
  • イオンモール浜松市野店で浜松まつり合同練り見物

    2017年5月22日

    GWはどんなお出かけを楽しみましたか? わが家は毎年、浜松まつりそのものには参加しないものの、観光客気分でまつり見物を満喫しています。今年は初めて、イオンモール浜松市野店で行われた「浜松まつり合同練り」の見物を楽しんできました。このイベントは同店舗で毎年行われています。ちなみに「練り」とは、まつりの参加者らが「やいちょ!」「やいちょ!」のかけ声とともに体をぶつけ合いつつ練り歩くことです。

    大人練り

    練りに参加するのは、お店近くの長上地区7町の約1400人。かわいい法被姿の女の子たちに声をかけると、上石田町の中学生だと話してくれました。駐車場の一角に集合し、そこから入店。イオンモールの中央にある「シンフォニーコート」まで店内を練り歩くとのこと。会場にはすでに大勢の見物客が! 

    私たちは吹き抜けになっている2階から見物。隣にいた中高年の男性は、磐田市から毎年見物に来ているそう。「凧揚げは暑かったり、御殿屋台は車で行けなかったりするけど、ここは車でさっと来られて便利だからね」と教えてくれました。4歳の息子もわくわくしながら待っていると、聞き覚えのあるラッパの音色がだんだん近づいてきました。まずは子どもたちの合同練りから。

    子ども練り

    先頭は、各組の旗を持った子どもたち。それに続いて太鼓とラッパ隊の子どもたち。最後はちょうちんを片手に各組の子どもたちが大勢入場してきました。お母さんやお父さんに抱っこされた赤ちゃんも参加しています。女の子は髪を結いあげたり、男の子はかっこよくハチマキをまいたり、どの子もきちんと法被を着こなす姿は本当に微笑ましいです。

    子どもたちのかわいい練りを楽しんだ後は、大人たちの盛大な練りが続きます。

    退場

    同じラッパでもテンポが速く、大きなかけ声は迫力満点。「見応えあるね~」とパパも大満足。天候も気にせず、おまつり気分を堪能できるイオンモール浜松市野店。また来年も見学に訪れたいと思います。
     
    ■長上地区 イオンモール浜松市野 合同練り
    【開催日】 2017年5月4日(木)
    【開催内容】 18:00子ども練りスタート、18:15大人練りスタート、19:00終了
    【開催場所】 イオンモール浜松市野店(東区天王町字諏訪1981-3)
    【電話】 053-468-1880
    【URL】 http://www.aeon.jp/sc/hamamatsuichino/index.html

    文/みきこ

    浜松まつり情報
  • 伊場遺跡公園

    2017年5月20日

    桜の季節も終わり、さまざまな花が咲き乱れる季節になりました。1歳半の娘と近所の伊場遺跡公園に行ってきました。ここは弥生~平安時代にかけての遺跡が確認されており、奈良時代には官庁が設置されていた場所だそうです。伊場遺跡では、当時の雰囲気を再現して建物や堀が復元されており、一部が公園となっています。

    建物

    僕は歴史が好きなので、これらに興味津々。はやる娘をよそに案内板や建物に夢中になってしまいました。

    この日はよく晴れた休日。持参したボールで遊べるスペースがあるか心配でしたが、訪れる人はまばらで、気がねなくふたりでボール遊びを楽しみました。

    ボール遊び

    その後、娘は公園に落ちている松ぼっくりが気になってしまい、途中でボール遊びは松ぼっくり拾いに変わってしまいましたが、娘と一緒にのんびりと休日を過ごすことができました。

    遺跡

    遺跡が楽しめる伊場遺跡公園はとても開放的で、また行きたくなる場所でした。

    文/よこた

    伊場遺跡公園

    住所 浜松市中区東伊場2丁目22-1
    子連れに便利な設備 トイレ有 あずまや有
    駐車場 東側入口に無料駐車場有

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    公園
  • はままつフラワーパーク 親子ミニガーデンコンテスト

    2017年5月18日

    ゴールデンウィーク中のよく晴れた気持ちのよい日。はままつフラワーパークの「親子ミニガーデンコンテスト」に参加しました。事前申込制のイベントで、参加者がデザインを考えて整地されたスペースに植栽します。小学5年生の息子は幼い頃から花が好きなので応募しました。植える草花はフラワーパークが用意してくれる14種類から選ぶことができ、自分で植えたい草花や飾りたい置物などを持ち込んでもOKです。

    花壇

    わが家は今回で3回目ですが、主人が不在で私と子どもたちだけで参加するのは初めて。心配なのは小学1年生の娘。初めて参加した2年前には息子が途中で飽きてしまい、娘はまったく手伝えずに最後は私一人で植えた記憶が(笑)。

    まずは指定されたスペースにデザイン図を見ながら草花を並べることから始めます。息子がテキパキと指示を出してくれたので、娘と私が手分けして置きました。104本の花を配置できたら一つずつポットから出して植えていきます。

    植栽

    息子は何も言わずとも手際よく植えていましたが、ここで驚いたのは娘。咲いている花に土がかからないよう気を配りながら上手に植えていました。「どこで植え方を覚えたの?」と聞くと、「お母さんがやっていることを真似しているの」と。とても成長を感じました。おかげで予想より早く作業を終えることができました。

    展示会場

    今回作ったミニガーデンは「浜名湖花フェスタ2017」の最終日まで展示されるので、一般のお客さんに見てもらうことができます。作業中に「親子で花植えなんてステキね」と声をかけられました。作品が入賞するかはさておき、親子で花壇作りは楽しいですよ。

    ■はままつフラワーパーク 親子ミニガーデンコンテスト
    【植え込み期間】 2017年5月1日~5月7日 ※参加申し込みは3月
    【作品展示期間】 2017年5月8日~6月11日
    【参加費】 無料(別途フラワーパーク入園料が必要)
    【定員】 50組の親子
    【持ち物】 軍手、汚れてもよい服装
    【URL】 http://www.e-flowerpark.com/

    文/こにゃんこ

    イベント(春)
  • こども館体験記「カップップ王国」

    2017年5月15日

    浜松こども館 取材ママ体験記

    長男が幼稚園でもらってきたこども館のチラシで、GWの5日間限定で特別プログラム「カップップ王国」が行われると知り、訪れてみました。

    この日はGW中の平日で小学生の多くが登校していたためか、館内のにぎやかさは控えめ。「カップップ王国」会場のホールにはスタッフと5~6組の親子がいました。みんな思い思いに紙コップを重ねています。
    乳幼児2人を連れていたので、ほかのお友だちのジャマをしないか心配でしたが、空間にゆとりがあったので、安心して場所取りができました。

    お城

    4歳の長男はほかの子の様子を見てコツをつかんだようで、私の手伝いも必要なく上手に紙コップを重ねています。「何作っているの?」と聞くと、「壁だよー」との返答。見ると3段ほどの高さでぐるりと四方を囲んだ壁のようなものを作っていました。

    壁をつくる

    1歳9か月の次男はまだ紙コップを逆さにしてうまく積むことはできませんでしたが、お片付けの要領で散らかった紙コップを順番に重ねていくのが楽しかったようです。

    コップを重ねる

    周りの親子を見渡すと、人によって作るものはさまざま。お城のような大作を作っている子もいれば、ピサの斜塔のようなタワーを作っているママもいて、人の作品を見ているだけでも楽しいです。

    タワー

    そして、作ったものを壊すときの「カラカラカラ…」という紙コップの軽い音が楽しいのか、作ったものを片っぱしから壊していく子もいました。会場には何人かスタッフがいるので、困ったときには手助けしてくれますよ。

    年に一度、不定期で開催しているという「カップップ王国」。今回は日替わりでテーマを設けていて、この日は「富士山を作ろう」というものでした。壁の方を見ると、スタッフが壁一面に紙コップを積み上げていきます。子どもたちも一緒に紙コップを重ねたり、届かない高さになるとスタッフに紙コップを手渡してお手伝いしたり。大人でも届かない高さになるとイスや脚立を使って天井ギリギリの高さまで紙コップを積み上げていきます。そしてでき上がったのは、紙コップ2100個ほど使った真っ白な富士山。壁一面を埋めつくした富士山は圧巻の大きさでした。

    富士山

    30分ほど「カップップ王国」を楽しんだところで、息子たちはプレイハウスやままごとコーナーなど、別の遊びをしに行きました。時間内であれば出入りは自由なので、いつでも戻ってこられるのもうれしいです。

    ままごと

    混雑が予想される日には1万個もの紙コップを用意するそうです。今回の富士山のようなダイナミックな作品が日替わりで現れるのかと思うと、また行きたくなりました。「カップップ王国」は不定期ですが、今後も開催するそうです。今回行けなかった人は、次回ぜひ参加してみてください。家ではなかなかできない遊びができますよ。

    文/hoseco

    この記事は浜松こども館からの依頼によって、ぴっぴの取材ママがレポートしたものです。

    こども館・児童館
  • 水神の松(すいじんのもり)公園

    2017年5月14日

    GWを利用して、家族で舘山寺温泉に出かけてきました。舘山寺温泉には、日帰り温泉を楽しめるホテルや旅館が多くありますが、無料で利用できる足湯があるのを知っていますか?

    水神の松公園

    ホテル九重の北隣にある「水神の松(もり)公園」には、舘山寺温泉の源泉からひいた足湯があり、無料で利用することができます。

    説明

    4歳の息子は足湯が大好き。園内に入るとさっそく靴下を脱ぎ始めました。濡れないようにズボンもまくって、いざ入湯♪ 源泉とはいうものの、熱からずぬるからずのいい湯加減。ゆっくり足湯につかりながら、浜名湖上を往来する遊覧船を眺めることもできました。

    足湯

    春の夕暮れ時、冷たい風が吹く中でしたが、足から身体があたたまり、いつまでもつかっていられそうです。

    駐車場

    小さな赤ちゃんを連れての日帰り温泉はちょっとハードルが高くても、こんな足湯だったら気軽に利用できそうですね。足ふきタオルは忘れずに持っていってくださいね。

    文/みきこ

    水神の松(すいじんのもり)公園

    住所 浜松市西区舘山寺町(ホテル九重の北側にある遊歩道沿い)
    利用時間 足湯 6:30~19:30(季節によって変動あり)
    設備 トイレ、水道 無
    駐車場 近くに「門前通り公共駐車場」有(観光客用として1時間以内で利用可・無料)
    URL http://hamamatsu-daisuki.net/search/area/are-west/post-43.html

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    公園
  • サンスターファミリーミュージカル

    2017年5月10日

    ドラッグストアで見つけた「いい歯キラメキキャンペーン」ファミリーミュージカルの応募券が当選したので、1歳6か月の息子と行ってきました。これは歯みがきの大切さを親子に知ってもらおうと、サンスターが毎年主催しているものです。

    ミッフィー

    会場ロビーにはミッフィーと撮影できるスポットや無料で歯科相談ができるコーナーがありました。受付で座席の場所をクジ引きし、劇中で使える小道具や子どもの年齢に合わせた歯ブラシをもらいます。公演は2部構成になっていて、第1部は「オーラルケアシアターハイパー3」という戦隊モノの劇でした。入口でもらった歯ブラシを使って歯のみがき方の練習をし、会場のみんなで虫歯大王「ムシバーラ」と戦いました。

    お土産

    15分の休憩をはさみ第2部は「ミッフィーsmileコンサート」です。ミッフィーが大好きな息子は、知っている曲が流れるとうれしそうにしていました。3歳以上向けのミュージカルだったようですが、1歳の息子でも十分楽しめました。

    息子は今まで仕上げみがきを嫌がり大変だったのですが、ミュージカル後は「ムシバーラと戦おう」と伝えると、口を大きくあけてくれるようになりました。歯みがきがしやすくなり、参加できて本当によかったです。

    ■サンスターファミリーミュージカル
    【日程】 平成29年3月30日
    【場所】 アクトシティ浜松
    【URL】 http://jp.sunstar.com/kids/

    文/なお

    イベント(通年・不定期)
  • スーパーマーケットバロー北寺島店 キッズゾーン

    2017年5月8日

    この春オープンしたばかりの「スーパーマーケットバロー北寺島店」へ出かけてきました。真新しい店内には、お客さんがたくさんいて、活気にあふれ、特売品についついお財布のヒモもゆるんでしまいそうです。

    外観
     
    2階建ての店内にはドラッグストア、リサイクルショップ、100円ショップなどのテナントもあり、とっても便利。なかでもおすすめは、1階のフードコート奥にあるキッズゾーンです。靴を脱いで遊べるマットスペースは、未就学児までが利用できます。

    KIDS ZONE

    近くには背の低いテーブルセットが置かれているので、子どもを遊ばせながら店内で購入したお弁当やお菓子を食べることも可能。手洗い場や多目的トイレもあり、幼児用イスの準備もあります。ママがお買い物中にパパが子どもと遊びながら待つにはもってこいのスペースですね。
     
    4歳の息子は、買ったものをすぐに食べられるイートインスペースが大好き。この日もお店で買った焼き立てパンをさっそくパクリ。パパはフードコートにあるラーメン屋さんでセットメニューを楽しみました。私も100円の淹れたてコーヒーを飲んで一休み。またひとつ、息子のお気に入りスポットが増えたようです。

    文/みきこ

    スーパーマーケットバロー北寺島店

    住所 浜松市中区北寺島町492番地2
    電話 053-450-5311
    営業時間 10:00~21:00(土日は9:30開店)
    定休日
    子連れに便利な設備 多目的トイレ(おむつ台)有
    駐車場 有(無料)
    URL http://valor.jp/stores/1569/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    お店
  • 熊野(ゆや)の長藤まつり

    2017年5月3日

    藤を見に行こうと磐田市の「熊野(ゆや)の長藤まつり」に1歳4か月の息子と行ってきました。

    入口

    河川敷の駐車場から会場までは息子を抱っこして徒歩10分ほどでした。ベビーカーだとちょっと歩きづらいところもあったため、抱っこで全体を見ることにしました。

    行興寺境内は紫色の藤がカーテンのように垂れ、甘い香りに包まれていました。

    藤1

    ここには樹齢約850年、国と県の天然記念物に指定された藤が6本あり、歴史情緒が感じられます。息子は藤を指差して「おーおー」とまるで「きれいだね」と言っているかのように楽しそうにおしゃべりしていました。抱っこで手の届くところまで藤が垂れているので、子どもが引っ張らないように気をつけながら見て回りました。たくさん歩いて、遊具でも遊んで大満足のようでした。

    遊具

    藤棚の下にはテーブルやベンチがあり、そこでお花見をしながらごはんを食べることもできます。

    ベンチ

    夜間ライトアップもやっているようなので、息子がもう少し大きくなったらまた見に行きたいなと思いました。

    ■磐田市池田・熊野の長藤まつり
    【会場】 磐田市池田行興寺周辺(磐田市池田330周辺)
    【期間】 平成29年4月22日〜30日
    【時間】 9:00〜17:00
         ※夜間ライトアップ17:00〜21:00(4月22日・23日・29日・30日の4日間開催)
    【電話】 0538-33-1222(磐田市観光協会)
    【駐車場】有 昼間は天竜川河川敷、夜間は池田交流センター(磐田市池田407-1)
          ※JR豊田町駅より無料シャトルバス運行
    【URL】 http://www.kanko-iwata.jp(磐田市観光協会)

    文/リンゴ

    お花見・紅葉情報
  • ゆたか緑地 芝生広場

    2017年5月2日

    公園めぐりが楽しい季節になりましたね。お散歩がブームな1歳半の息子と、桜の見納めに、ゆたか緑地に行って来ました。

    芝生広場

    公園には芝生広場があり、ブランコやすべり台、鉄棒など、おなじみの遊具が並んでいます。そのほかにもテニスコート・ソフトボール場・ゲートボール場などがあり、自転車の練習もできるとあってさまざまな年代の人がいました。息子ははじめて見るバネ板におそるおそるチャレンジ…。私も懐かしい気持ちで息子といっしょに遊びました。

    お散歩

    遊歩道に沿って歩くと、芝生広場をひとまわりできます。広すぎず狭すぎず、子どもにもちょうどいいお散歩ができました。ゆるやかな丘のベンチの上にはお弁当を広げている人もいて、次回はわが家もまねしてみようと思いました。広場では小さい子のボール遊びもできるそうです。

    遊具1

    遊具2

    堤防に隣接しており、見上げると道路をたくさんの大型トラックなどが走っていくのが見えるので、乗り物が好きな子にもオススメです。ただ、肌寒い日はご注意を。川の近くで風が強いため、上着を一枚余分に持っていくと安心です。集会場では、親子で参加可能なイベントも開かれるようです。ホームページも確認して、お出かけしてみてくださいね。

    文/マナ

    ゆたか緑地

    住所 浜松市東区豊町6480-1
    電話 053-435-4158(集会所窓口9:00~21:00)
    子連れに便利な設備 水飲み手洗い場有、多目的トイレ有(おむつ台有)
    駐車場 有(45台)
    URL http://yutaka.birukan.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    公園
  • はじめてのコーディネート体験MY FIRST OUTFIT

    2017年4月30日

    インターネットを見ていて、たまたま新しい体験型サービス「はじめてのコーディネート体験MY FIRST OUTFIT(マイ・ファースト・アウトフィット)」をユニクロで行うと知りました。子どもがひとりで服選びにチャレンジする体験のようで、さっそく予約を取り、小1の息子、年中の娘と参加してきました。

    ユニクロ店舗
     
    ユニクロ イオンモール市野店の体験会場に着いた子どもたちは緊張していましたが、店員さんにやさしく話しかけてもらい、緊張もほぐれたようです。

    体験前

    注意事項などの確認後は、店員さんに付き添ってもらい、体験スタート! 保護者は子どもに姿が見えないよう気を付けながら店内で待機です。
     
    30分ほどすると、店内放送で呼ばれて体験会場に戻りました。試着室から出てきたわが子を見て、びっくり!

    体験後

    私ではちょっと選ばないようなコーディネートですが、バランスよくまとまっていました。今まで服を買うとき、子どもに選ばせようとしても、ついつい口を出してきたことを反省しました。自分で選んだ服はやっぱりうれしいのでしょうね。息子ははにかんだ笑顔でしたが、娘はスカートをひらひらさせて、スキップしていました。
     
    体験で試着した服は必ずしも購入の必要はないのですが、親子とも気に入り、購入することにしました。子ども用の財布をもたせ、子どもだけでレジに並び服を購入。

    会計

    購入時は店員さんが見守ってくれました。人気の体験のようで、今回の募集は枠がすぐに埋まってしまったそうです。また次回募集があったときも早めに申し込み、ぜひ参加したいと思いました。
     
    ■はじめてのコーディネート体験MY FIRST OUTFIT
    【実施日】 2017年3月25日~2017年4月23日の土、日のみ
    【時間】 実施時間や申し込みは各店舗に直接問い合わせ
    【対象】 服のサイズ110cm~150cmで、一人で着替え可能な子ども。1回の体験につき、最大参加人数は4名まで
    【料金】 体験は無料(服を購入する場合は、要実費)
    【実施店舗】 現在全国105店舗で実施。浜松市内はユニクロイオンモール志都呂店、ユニクロイオンモール市野店で実施
    【URL】 http://www.uniqlo.com/jp/

    文/ジュン

    イベント(通年・不定期)
  • 佐鳴湖公園の花見

    2017年4月27日

    暖かくなり、子どもを連れてお出かけしやすい季節になりましたので、近所の佐鳴湖公園にお花見に行ってきました。

    桜並木

    天気が良い事もあり、公園はたくさんの人たちで賑わっていました。ブルーシートを敷いて盛り上がる団体、小さなレジャーシートで楽しむ家族、公園内の売店で軽食を買いベンチに座ってのんびりしている人たちなど、来訪者によって楽しみ方はいろいろです。湖畔でのんびり自分なりの楽しみ方でお花見できるのが佐鳴湖公園の魅力ではないでしょうか。ちなみに1歳の娘は頭上の桜より足下のタンポポに夢中。桜を楽しめるのは来年以降になりそうです。

    公園にはお花見客だけでなく、ジョギングをする人や亀を散歩させている人も!  娘は亀を見るのは生まれて初めてなので、興味津々で甲羅をツンツン触っていました。

    散歩の亀

    佐鳴湖に行けば思いがけない出会いや発見が待っているかもしれません。

    文/よこた

    佐鳴湖公園

    住所 浜松市中区富塚町5147-4(北岸管理棟)
    子連れに便利な設備 多目的トイレ有
    駐車場 有(8か所・無料)
    URL https://www.entetsuassist-dms.com/sanaru-park/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    公園
  • パパ特派員紹介 よこた

    2017年4月27日

    パパ特派員よこた

    <よこた>

    山口県出身。就職をきっかけに浜松に来ました。夫婦共働きで、ふたりで日々子育て奮闘中です。

    浜松に来て8年経ちますが、住めば住むほどいろいろなものがあることに驚かされます。特派員をきっかけに、新しい浜松のスポットを発見していけたらと思います。

    取材ママ・パパ特派員紹介
  • たこりき屋本店

    2017年4月25日

    わが家がドライブでよく立ち寄る磐田市の「たこりき屋本店」を紹介します。

    外観

    本場大阪からお好み焼きの粉や焼きそば麺・ソースなど味の決め手となる材料を取り寄せた、こだわりのお好み焼き・たこ焼き・鉄板焼きのお店です。お店を入るとすぐに大きな鉄板があり、ここで1枚1枚焼いたものを客席の鉄板まで運んでくれます。広びろとした店内には、テーブル席と座敷席があります。子連れの場合は、鉄板に火を入れないようにしてもらえば安心ですよ。

    たこ焼き・お好み焼きのほか、焼きそばなど豊富なメニューがあるので、私はいつもどれにしようか迷ってしまいます。

    お好み焼き

    息子が大好きなのは「チーズたこ焼き」です。とろ~りクリーミーなたこ焼きに、チーズがたっぷりのっています。「こんなにチーズがのびたよ!」と言いながら、フウフウして食べます。

    アツアツを食べる

    国道150号線をドライブがてら「たこりき屋本店」に立ち寄るのもいいですし、昨年10月には浜松駅前店(中区鍛冶町1-40)がオープンしたので、浜松でもこの味を楽しむことができます。ぜひ一度足を運んでみてください。

    文/お茶子

    たこりき屋本店

    住所 磐田市岡41-3
    電話 0538-66-0028
    営業時間 火~木 11:30~22:30
    金・土 11:30~23:00
    日 11:00~22:30
    定休日 月曜日・毎月第3火曜日
    駐車場

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     


     

    飲食・レストラン
  • パパ特派員紹介 のび

    2017年4月23日

    パパ特派員のび

    <のび>

    2015年1月から浜松での生活を始めました。1歳の息子と妻との3人家族です。

    妻は出産後2か月の産休を取得し職場へ復帰。私は息子の誕生に合わせて育休を取得し、現在1年半の主夫生活をしています。浜松のこと、主夫目線からたくさん発信していきたいです。秘密結社 主夫の友構成員。

    取材ママ・パパ特派員紹介
  • パパ特派員紹介 トミーズ

    2017年4月23日

    パパ特派員トミーズ

    <トミーズ>

    はじめまして。3歳の娘のパパです。

    「ネットで検索してもなかなかヒットしない」自分自身が気になる情報を気軽に紹介できればと思います。よろしくお願い致します。

     

    取材ママ・パパ特派員紹介
  • 取材ママ紹介 ケッティ

    2017年4月23日

    取材ママケッティ

    <ケッティ>

    幼稚園に通う娘がいるママです。夫の転勤でしばらく離れていましたが、生まれも育ちも浜松です。大好きな浜松の魅力をみなさんにお届けできたらいいなと思っています。よろしくお願いいたします。

    取材ママ・パパ特派員紹介
  • 取材ママ紹介 リンゴ

    2017年4月23日

    取材ママ リンゴ

    <リンゴ>

    1歳4か月の男の子のママです。カフェやパン屋巡りが大好きです。

    よろしくお願い致します。

    取材ママ・パパ特派員紹介
  • 子連れで浜松まつり!<3>まつりデビューは一生の思い出!

    2017年4月21日

    子連れで浜松まつり!子どもと楽しむモデルプラン

    子どもと楽しむモデルプラン

    まつりデビューは一生の思い出!

     

    元々の浜松っ子はもちろん、まつり未体験の転入ファミリーでも、「凧揚げや練りに参加したい」「子どもを参加させてあげたい」という人は多いでしょう。まつりは見るだけと、輪に加わってやってみるのとでは全く違う体験になります。
    まつりへの参加は、自治会単位になります。一般的な参加のしかたは以下のようになりますが、詳しくは各町の自治会役員さんに聞いて確かめましょう。

    <凧揚げ> 真剣勝負の熱い戦い。応援する側も本気!

    凧揚げ

    浜松まつりは本来、初子(第一子)の成長を願ってお祝いをするまつり。かつては、端午の節句に合わせて長男のために名入りの大凧(初凧)を揚げるという風習でしたが、最近では女の子や次男以降の子もお祝いをしています。
    男衆によって行われる凧揚げは、激しく勢いづき、危険なこともあります。凧を揚げない人々も規律正しく応援します。また、子どもラッパ隊が応援に入る町もあります。子どもラッパ隊の募集はまつりの数ヶ月前から行い、協働センターなどで練習を重ねています。

    初凧を出す側の家は、数ヶ月かけて準備をします。準備にはそれなりの手間や費用がかかりますが、それ以上の喜びがあるようです。詳しい取材レポートはこちらをどうぞ。

    <練り>必要なアイテムを揃えて参加準備OK

    練り

    「練り」への参加は、自治会(町内会)によってはまだ間に合うかもしれません。練りへの参加申込書は前年に自治会を通して各戸に配られているので、転入してきたファミリーは見ていないでしょうが、けっして仲間外れということではないのでご安心を。
    参加の可否や参加方法などについては、各自治会の代表(わからなければ、近所の方に訊ねれてみましょう)にまずは問い合わせてみましょう。
    参加費用は各自治会によって異なりますが、共通して購入が必要な3つのアイテムがあります。それは、「法被(はっぴ)・ワッペン・提灯(ちょうちん)」です。逆に、これらのアイテムさえ揃っていれば、町会に住所を持たなくても参加できるとしている凧揚げ会も多いので、県外や海外の人が参加することもあるそうです。

    1.法被(はっぴ) 

    法被(はっぴ) 

    各町の凧揚げ会独自に、鮮やかな色・デザインの法被を着用します。法被の申し込みは事前に終わっていることが多いのですが、自治会によっては事情に応じてレンタルしてくれるところもあります。購入する場合の価格は、大人用1万円前後から、幼児サイズ7,000円前後まで、各自治会によって異なります。

    2.ワッペン

    自治会ごとに販売する布製のワッペンを購入し、はっぴに縫いつけます。このワッペンを購入することによって自治会は参加者を把握し、保険に加入するので、じつは重要なアイテムです。価格はまつりへの会費を兼ねていて、一般(男性会員)1万円前後~数千円程度。女性・学生・子どもに低い料金を設定している凧揚げ会もあり、まちまちです。

    3.提灯(ちょうちん)

    各凧揚げ会の名前が入った練り提灯。中学生以上で夜の練りに参加する人は、一人ひとつ持参しなければなりません。価格は大体5000円前後です。

    ●「子ども会」からの凧揚げ見学も

    お子さんが地域の「子ども会」に入っているなら、行事の一環としてバスで凧揚げ会場に行くところも多いようです。地域の子ども会役員さんに問い合わせてみましょう。地域の子ども会は原則として小学生以上が対象で、参加の募集などは自治会の回覧板で回ってきます。

    ●まつりのことを予習するなら

    浜松まつり会館

    浜松まつりについてもっと知りたい方は「浜松まつり会館」を見学するとイメージがつかめます。ラッパの音や激練りの音を伴った「大凧」や「御殿屋台」の実物展示・ハイビジョン映像があり、法被を借りて記念撮影することもできます。凧揚げ会場隣の中田島海浜公園にあり、通常の日(まつり期間以外)なら車で行けます(無料駐車場あり)。

    ◎浜松まつり会館(南区中田島町)
    http://www.hamamatsu-navi.jp/matsuri/

    ◎浜松まつり公式サイト http://hamamatsu-daisuki.net/matsuri/
    ◎イベントカレンダー http://www.hamamatsu-pippi.net/calendar/

    浜松まつり情報
  • 子連れで浜松まつり!<2>まつりと観光、どっちも楽しむ!

    2017年4月21日

    子連れで浜松まつり!子どもと楽しむモデルプラン

    子どもと楽しむモデルプラン

    まつりと観光、どっちも楽しむ!

    駅周辺と観光スポット→にぎわいイベント巡り→御殿屋台見物

    この時期、遠方のおじいちゃん・おばあちゃんや友だちを招き、浜松を案内する予定のファミリーも多いのでは?
    せっかくなので、まつりも観光も満喫したいですね。5日のこどもの日は、子どもの入園を無料にする施設もあります。

    <AM10:00  街中でまつり気分&観光スポット巡り>

    街中でまつり気分

    浜松城

    まずは浜松駅前に出てみましょう。朝から法被を着た人々が行き交い、活気があふれています。浜松駅前広場「ソラモ」には御殿屋台や凧が展示されているので、明るい日中にみんなで記念撮影をするのにぴったり。
    また、広場には静岡新聞社の号外作成カーが常駐し、無料で家族写真を撮って号外新聞を作ってくれます。おじいちゃん・おばあちゃんと一緒に撮影すると良い記念になりますね。
    せっかくなので、浜松城や楽器博物館など、駅周辺の観光施設に足を伸ばしてみるのもいいでしょう。また、浜松市科学館でもゴールデンウイークイベントを催しています。

    ◎ソラモでの静岡新聞号外サービス(取材ママのレポート)
    http://www.hamamatsu-pippi.net/shiritai/blog/odekake/docs/2014052000039/
    ◎浜松城
    http://www.hamamatsu-navi.jp/shiro/
    ◎楽器博物館
    http://www.hamamatsu-pippi.net/docs/2014031500093/
    ◎浜松市科学館
    http://www.hamamatsu-pippi.net/docs/2014031500062/

     

    ☆ここがポイント☆

    まつり期間中は交通規制のため、車での移動が難しくなります。お客さんと一緒や、子どもを何人も連れたグループなら、駅前周辺を回遊する形でまつりと観光スポットを楽しむのが楽でしょう。

    <AM12:00 ランチタイム&まつりのにぎわいイベントを楽しむ>

     遠鉄百貨店「チャイルドランド」

    ランチタイムは街中の飲食店のほか、アクト通りに出店する飲食ブースなどで屋台フードを食べ歩くのも楽しいですね。また、浜松駅隣の遠鉄百貨店にもフードコートやレストランがあり、店内にはベビールームやキッズスペース「チャイルドランド」があるので休憩にぴったりです。

    ◎遠鉄百貨店「チャイルドランド」(取材ママのレポート)
    http://www.hamamatsu-pippi.net/shiritai/blog/odekake/docs/2014030308126/

    にぎわいイベント

    ランチの後、御殿屋台引き回しまでの午後の時間は、各地でくりひろげられる「にぎわいイベント」を見て回ると楽しいでしょう。「大道芸スペシャル3days」(ザザシティ中央広場)、「お囃子・子どもラッパ隊」(ソラモ)など、大人も子どもも気楽に見て歩いて楽しめる催しが、夕方までずっと繰り広げられています。

    ◎浜松まつり にぎわいイベント
    http://hamamatsu-daisuki.net/matsuri/schedule/index.html

    <PM6:30 御殿屋台見物>

    御殿屋台見物

    夕方になるにつれ、だんだん熱気が高まってきます。方々の町からラッパやお囃子の音とともにたくさんの御殿屋台が集まり、引き回しが始まる18:30には、通りは極彩色に包まれます。決まった観覧席は無く、歩道から自由に観覧します。祭りの熱気に包まれながら街をそぞろ歩くのは楽しいもの。食べ物屋台もたくさん出ます。
    屋台引き回しの時間が終わっても(むしろ終わってからのほうが!?)練りの勢いはますます盛ん。いつまで続くの?と思ってしまうほどですが、21時以降は交通規制も解除されるので、子どもが疲れきる前に帰路につきましょう。

    ◎御殿屋台引き回し
    http://hamamatsu-daisuki.net/matsuri/introduction/stall.html

    ☆ここがポイント☆

    屋台の引き回しは18時30分~21時まで。その間、引き回しコースにあたる市街地は交通規制される(バスは迂回運転になる)ので、マイカーで街中に来るなら車を停める場所に気をつけて。また、バスで帰る際は、21時まで通常の経路と違う道を通るので、車内アナウンスにご注意を。

    ◎浜松まつり公式サイト http://hamamatsu-daisuki.net/matsuri/
    ◎イベントカレンダー http://www.hamamatsu-pippi.net/calendar/

    浜松まつり情報
  • 子連れで浜松まつり!<1>いいとこ、ぜ~んぶ!まつり見物

    2017年4月21日

    子連れで浜松まつり!子どもと楽しむモデルプラン

    今年も「浜松まつり」(5/3~5)のシーズンがやってきました!
    大凧が青空に舞う「凧揚げ合戦」、夜の市街を豪華に彩る「御殿屋台引き回し」など、浜松中がまつり一色。浜松っ子にとっては子どもの頃から慣れ親しんだ、大切なおまつりです。
    でも、初めて参加する人や、転入ファミリー、観光で訪れるファミリーにとっては、「浜松まつりって、どんなふうに楽しめばいいの?」と、わからないことも多いのでは。そこで、浜松まつりを子どもと楽しむためのお役立ち情報&モデルプランを、3回シリーズでガイドします!

    子どもと楽しむモデルプラン

    いいとこ、ぜ~んぶ!まつり見物

    凧揚げ合戦観戦→にぎわいイベント&グルメ→御殿屋台見物

    浜松まつりの2大目玉「凧揚げ合戦」と「御殿屋台引き回し」を1日で見て歩き、その間で街中の「にぎわいイベント」も楽しむ、よくばりなプランです。

    <AM9:00 「たこ直」で凧場へ>

    凧揚げ合戦観戦

    凧揚げ会場は、浜松駅から5km離れた中田島風紋広場です。
    会場に一般用駐車場は無く、周辺は交通規制されるので、マイカーではなく臨時シャトルバス「たこ直」を利用するのが便利です。
    【浜松駅と飯田公園臨時駐車場から出発】
    料金:大人片道280円、小学生140円
    始発:9:00、終発:14:00

    ☆ここがポイント☆

    • 人出が多いため多少の待ち時間は必要ですが、バスは次々に発車するので、いつまでも乗れないという心配はありません。
    • 主要なバス路線では、朝、凧場行きの直通バスが運行されます(往路のみ)。近所のバス停から直通バスに乗れる場合、当日の運行時間を記した紙がバス停に貼り出されるので、前日までにチェックしておきましょう。

    ◎臨時バスの運行について(遠鉄バスのホームページ)
    http://bus.entetsu.co.jp/index.html

    <AM10:00 凧揚げ合戦を観る>

    凧揚げ合戦

    会場に近づくと、空に色とりどりの凧が上がっているようすが見えてきます。沿道には食べ物屋台が並んで、お祭りムード満点。無料の観覧席が設置されているほか、凧揚げ会場周辺の芝生に座って観戦している人もいっぱい。無数の凧が舞う空の下、子どもたちがはしゃぎまわる様子は、浜松まつりならではの光景です。
    凧揚げは3日間開催されますが、互いに凧糸を絡ませ断ち切る「糸きり」合戦が見られるのは4日と5日だけ。期間中は、2帖の凧やミニ凧の凧上げが体験できる「凧揚げ体験コーナー」(無料)もあるので、子どもといっしょにチャレンジしてみませんか。
    ◎凧揚げ合戦(浜松まつり公式サイト)
    http://hamamatsu-daisuki.net/matsuri/introduction/battle.html

    ☆ここがポイント☆

    • 会場は強風や砂ぼこり、強烈な日差しが予想されます。帽子や日傘・日焼け止め・水分補給用の飲み物などを持参するのがおすすめです。
    • 法被姿の男衆(おとこしゅう=男たち)が凧を揚げているようすは勇ましく、かけ声とラッパ・太鼓の響きは迫力満点で、つい近寄りたくなりますが、凧揚げを している人たちは真剣勝負。近寄るとじゃまになることや、糸と接触してけがをすることもあるので、気をつけましょう。また、事故を避けるためにも、子どもは抱っこするか、しっかり手をつないで安全確保しましょう。
    • トイレは、十分な数の簡易トイレが設置されています。

    <PM1:00 街中に戻り、ランチ&ステージイベント>

    まつり1-3

    長時間凧場にいると子どもも疲れてきますし、遅くなるほど帰りのバスが混雑します。子連れファミリーなら、凧場は早めに切り上げて市街に戻り、昼食タイムにするとよいでしょう。
    まつり期間中は、市街中心地各所のステージで、大道芸や踊りなどのにぎわいイベントが繰り広げられています。飲食や物販のショップが並ぶ「浜松まつり出世道inアクト通り」(会場:アクト通り)で屋台フードを食べ歩くのも楽しいですね。

    ☆ここがポイント☆

    午後のひととき、夕方からの御殿屋台引き回しに備えて休憩をとるのが、子連れファミリーにはおすすめです。できればいったん帰宅し、シャワーを浴びて凧場の砂ぼこりを落としておくと気分もすっきり。子どもはここでお昼寝をさせておくのもいいでしょう。

    <PM6:30 街中で御殿屋台引き回しを見物>

    街中で御殿屋台引き回しを見物

    日暮れてくると、街の中心部に向かって各町内会の御殿屋台が動きはじめます。豪華絢爛な屋台に乗った子どもたちがお囃子を奏で、行きかう人々は法被や祭り装束に身を包み、圧巻の眺め。
    街角を突如「おいしょ!」「やいしょ!」と、練りの男衆やラッパ隊が占拠するなど、街は祭り一色の非日常空間になります。
    練りは深夜まで続きますが、子どもと一緒なら適当な時間に切り上げるのがおすすめ。「明日も来たい!」と、おねだりされるかも?

    ☆ここがポイント☆

    屋台の引き回しは18時30分~21時までで、その間、引き回しコースにあたる市街地は交通規制される(バスは迂回運転になる)ので、市街地への移動は早め にすませておきましょう。また、観終わってバスで帰る際は、21時まで通常の経路と違う道を通るので、車内アナウンスをよく聞きましょう。
    ◎御殿屋台引き回し
    http://hamamatsu-daisuki.net/matsuri/introduction/stall.html

    ◎浜松まつり公式サイト http://hamamatsu-daisuki.net/matsuri/
    ◎イベントカレンダー http://www.hamamatsu-pippi.net/calendar/

    浜松まつり情報
  • 浜松市地域遺産センター開館記念特別展「戦国の井伊谷」

    2017年4月20日

    「おんな城主 直虎」のいいなずけだった井伊直親(亀之丞)。彼が長野県滞在中に愛用していたとされる横笛「青葉の笛」のレプリカが引佐町井伊谷の地域遺産センターにあると知り、子どもたちと一緒に見てきました。

    入口

    大河ドラマ放送期間中は、開館記念特別展「戦国の井伊谷」が開催されています。入口には横笛をモチーフにした顔出しパネルが! 期待が高まります。さっそくお目当ての笛を見つけました。小学5年生の息子と1年生の娘は毎週ドラマを見ているのでストーリーもバッチリ。「亀之丞が吹いていた笛だね」と興味津々です。笛のレプリカは実際に触ることができ、再現された笛の音を聞くこともできます。

    笛体験

    必見なのが丸テーブルのようなスペースに映し出されるプロジェクションマッピングです。息子が「全部見たい!」というので、「直虎ものがたり」と「井伊谷戦乱記」を見ました。それぞれ6~7分程度なので子どもにもわかりやすいと思います。

    プロジェクションマッピング

    展示は全体的にコンパクトにまとめられているので、子連れで見るにはちょうどいいかもしれません。館内のキッズスペースには、前方後円墳などのおもしろクッションがありました。

    クッション

    天気の良い日はすぐ近くの井伊谷城とセットで訪れるのがおススメです。

    文/こにゃんこ


    浜松市地域遺産センター

    住所 浜松市北区引佐町井伊谷616-5
    電話 053-542-3660
    開館時間 9:00~17:00
    休館日 12月29日~1月3日、施設点検などによる臨時休館有
    入館料 無料
    子連れに便利な設備 キッズスペース有
    駐車場 有(60台、無料)
    アクセス方法 【車】東名浜松西ICから浜松環状線経由、国道257号線を北上し井伊谷交差点を左折、約30分
    【バス】浜松駅バスターミナル15番のりば遠鉄バス「45奥山行」に乗車、神宮寺下車、徒歩5分
    URL http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/bunkazai/maibun/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    その他の施設
  • マリンバ教室で体験

    2017年4月18日

    息子には、いろいろなことに興味を持ってもらいたいと日ごろから思っている私。マリンバ教室で体験ができると知り、さっそく行ってきました。マリンバとは大きな木琴です。

    看板

    はじめは、カホンやジャンベという打楽器を使ってのリズム遊び。シールを使った手製の譜面で「タン、ウン、タンタンウン…」と言いながら、先生が楽しく教えてくれます。

    リズム遊び

    その後、実際にマレット(バチ)を持ってのマリンバ体験です。小学1年生になる息子は、自分の両手を広げたよりもっと大きなマリンバにびっくりしていました。マレットで鍵盤をたたくと、心地よい音が響き渡りました。高い音や低い音を鳴らしたり、数種類あるバチの中から柔らかいバチと硬いバチの音色の違いを楽しみました。

    マリンバ体験

    息子は、先生に教えてもらいながら、幼稚園で習った「とんぼのめがね」をひいて、大満足です。すっかりマリンバを気に入った息子は「また来たい!」と言っていました。

    ここのマリンバ教室では、幼児の場合はピアノとマリンバの両方を習うことができるそうです。隣接した和室にはキッズスペースがあるので、下の子を連れたママも安心して利用することができます。

    文/お茶子

    マリンバ教室~mase~

    住所 浜松市西区西山町
    問い合わせ 090-6072-8602 (講師氏名:間瀬早綾香)
    sayakamase@yahoo.co.jp
    料金 体験料金 2,000円(体験時間30分)
    子連れに便利な設備 キッズスペース
    駐車場
    アクセス方法 遠鉄バス 舘山寺方面「西山団地」下車徒歩2分
    URL http://ameblo.jp/sayakamarimba/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    スクール&サークル
  • 浜松城公園 冒険広場

    2017年4月16日

    春らしい陽気に誘われて、浜松城公園内にある冒険広場に初めて遊びに行ってきました。

    冒険広場

    春休み中ということもあり、多くの人でにぎわっていました。広場をぐるりと囲むように設置された丸太遊具は全部で9つあり、どの遊具から遊ぼうかと大人の私もわくわくしてしまいました。

    丸太の遊具1

    丸太の遊具3

    遊具は小学生以上を対象として設置されているため、もうすぐ2歳になる娘が1人で遊ぶのは難しいですが、私が手を貸しながらできる遊具で楽しみました。

    広場の中央には丸太遊具とは別に、すべり台が設置されています。こちらは娘1人で上ってすべり下りることができました。すべり台から続く砂場は未就学児に人気で、幼児から小学生まで幅広い年代が遊ぶことのできる広場だなと思いました。

    すべり台

    何組かの親子連れがレジャーシート持参で遊びに来ていたのを見て、次回はわが家もそうしよう! と思いました。

    文/ジュビママ

    浜松城公園 冒険広場

    住所 浜松市中区元城町100-2
    電話 053-457-0088
    子連れに便利な設備 休憩所有、水飲み手洗い場有(浜松城公園駐車場内には、多目的トイレ有)
    駐車場 有(無料)8:00~21:00
    URL https://www.entetsuassist-dms.com/hamamatsu-jyo/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    公園
  • 知久屋 三島店

    2017年4月14日

    週末のある日、4歳になる息子のリクエストで「知久屋 三島店」へ出かけました。ここは私たちがよく通る道沿いにあり、息子のお気に入りのお店です。

    外観

    理由は、自分の好きなメニューをその場ですぐに食べられるから。できたてのお惣菜がたくさん並べられた店内は、おいしそうな香りがただよい食欲をそそられます。

    店内

    イートイン用の取り皿も用意されていて、欲しい分だけ取り分けて購入できます。私は、普段は子どもが苦手なので作らないけど、自分は大好きという料理を何品もセレクト(笑)。ご飯とお味噌汁もよそって、マイ定食の完成です! 食いしん坊の息子は、かけうどんと本日のおすすめメニュー「遠州焼き(お好み焼き)」と大学芋を選びました。

    食事

    マイ定食

    かけうどんとかけそばは、注文してからゆでてくれるので、できたてアツアツが食べられます。この日は春休みということもあり、ランチタイムには子連れファミリーの姿もちらほら。イートインスペースには幼児用イスはないですが、ベビーカーのまま着席できるくらいゆとりのある空間です。

    お店のお惣菜を多めに選んで購入し、お弁当のおかずや夕飯の一品にするのもいいですね。

    文/みきこ 

    知久屋 三島店

    住所 浜松市南区三島町771
    電話 053-442-9744
    営業時間 10:00~20:00
    定休日
    料金 無料 or入場料など有料の場合金額
    子連れに便利な設備 幼児用カトラリー有、トイレ(洋式)有・おむつ台無、幼児用イス無
    駐車場 有(15台)
    URL http://www.chikuya.co.jp/store/refarence/mishima.html

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。


     


     

    飲食・レストラン
  • 豊田高見丘北公園

    2017年4月12日

    磐田市にある「豊田高見丘北公園」に遊びに行ってきました。ららぽーと磐田の北に位置する公園です。穴場なのか、わが家が行くときはいつも貸し切り状態で、ゆったり遊ぶことができます。

    公園全景

    公園には、すべり台が 1 つとベンチや屋根付きの休憩所、多目的トイレがあります。設備はシンプルですが、全体に目が行き届き、小さな子どもを遊ばせやすい空間だと思います。

    屋根付き休憩所

    多目的トイレ

    とくに、幼児向けのすべり台は傾斜がゆるやかなので、歩き始めの子でも自分で上ってすべることができ、楽しめます。もうすぐ 2 歳になる娘も、よちよち歩きの頃からこの公園で楽しんでいて、今では走り回って遊ぶようになりました。

    すべり台

    その子のペースでゆっくり遊ばせてあげたいなというときにぴったりの公園です。

    文/ジュビママ

    豊田高見丘北公園

    住所 磐田市高見丘 1346
    子連れに便利な設備 多目的トイレ有(おむつ台有)、休憩所有、水飲み手洗い場有
    駐車場
    アクセス方法 東名高速上り線 遠州豊田 PA ・スマート IC 北約1キロ

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    公園
  • 取材ママ紹介 ジュビママ

    2017年4月12日

    取材ママジュビママ

    <ジュビママ>

    新たに取材ママになりましたジュビママです。ジュビパパ、ジュビ子の3人家族です。新規開拓をするのが好きなので、まだあまり知られていないようなおすすめスポットを見つけて紹介できたらと思います。

    名前のとおり、磐田市にも注目しています!

    取材ママ・パパ特派員紹介
  • 城北図書館「なつかしの16ミリフィルムで見るこども映画会」

    2017年4月11日

    城北図書館で行われた「なつかしの16ミリフィルムで見るこども映画会」に4歳の長男と行ってきました。絵本も映画も大好きな長男がとても楽しみにしていました。

    受付

    内容

    会場に入ると、前方に大きなスクリーン、後ろには映写機がありました。

    映写機

    席はイスが並べられていますが、スクリーンの前には絨毯が敷いてあり、小さな子どもたちは靴を脱いで座って見ることができます。上映まではハーモニカの演奏もあり、待ち時間も楽しかったです。

    会場

    映画は「じごくのそうべえ」と「くまのおいしゃさん」という絵本がアニメになっていて、それぞれ20分ほどの上映時間でした。「じごくのそうべえ」で仲間と力を合わせて三途の川を渡るシーンは、ハラハラドキドキして私自身も楽しめましたし、長男は食い入るように見つめていました。

    絵本

    「くまのおいしゃさん」では、みんなが仲よく平和に暮らす様子に心が温まり、小さな子どもから大人まで楽しめる内容でした。上映終了後は、初めて見る映写機に人だかりが! みんな興味津々で見上げていました。 

    刺激の多いアニメや映画とは違い、やわらかな色彩で温もりを感じる16ミリフィルムの映画。カタカタカタとフィルムが回る音も懐かしい気持ちにさせてくれます。子ども向けの上映会は今回で2回目で、次回の開催も予定しているそう。人気の映画会のため、早めの申し込みがおすすめです。

    文/おしるこ

    浜松市立城北図書館

    住所 浜松市中区和地山二丁目37番2号
    電話 053-474-1725
    開館時間 月~金曜日(休日を除く) 9:00~19:00
    土・日・休日 9:00~18:00
    休館日 年末年始(12月29日~1月3日)、館内整理日(毎月第4木曜日)、蔵書点検期間
    子連れに便利な設備 多目的トイレ(オムツ替えシート有)、親子トイレ・子どもトイレ、授乳室有
    駐車場 有(100台 車イス用・思いやり用スペース各2台含む)
    URL http://www.lib-city-hamamatsu.jp/access/johoku.htm

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    イベント(通年・不定期)
  • 美薗中央公園

    2017年4月10日

    やっと春めいてきた3月の晴れの日、1歳半の息子を連れて、美薗中央公園に行ってきました。

    美薗中央1

    春休みの平日は、子どもたちがたくさん! 息子より小さな子から部活で来ている中学生までいて、公園内はにぎやかでした。外でも楽しく歩けるようになってきた息子は、落ち葉を風に飛ばしたり、石を拾ったり、ハトを追いかけたりと夢中になって遊んでいました。散歩中は一度も抱っこをせがみませんでした。

    美薗中央2

    この日咲いていたのは一本だけでしたが、花見広場にはたくさんの桜の木があり、親子で気軽にお花見を楽しむことができます。芝生広場の上では、お弁当を広げている親子連れもいました。芝生の上で初めての外歩きを楽しむもよし、ベビーカーで園内を散歩するもよし、子連れでお散歩デビューにぴったりの公園だと思います。管理棟のトイレにはオムツ替え台もあるので、安心ですよ。

    美薗中央3

    美薗中央公園の魅力のひとつに、電車がすぐそばを通ることがあります。電車が来る時間に、目をキラキラさせながら電車を待つ子どもたちの姿はとても微笑ましいですよ。人気の公園なので、休日は駐車場がいっぱいのことも。早めのおでかけがおすすめです。

    文/マナ

    美薗中央公園

    住所 浜松市浜北区西美薗733
    電話 053-586-7900
    開園時間 管理棟 8:30~17:00
    テニスコート 9:00~17:00(5~8月は19:00まで)
    休園日 管理棟:年末年始(12/29~1/3)
    駐車場 12台(駅近く)、16台(北側)、50台(東側)
    土日祝のみ 60台(線路沿い)
    URL 美薗中央公園

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    公園
  • 取材ママ紹介 マナ

    2017年4月10日

    取材ママ マナ

    <マナ>

    1歳半の男の子を育てているマナです。いたずらざかり、遊びざかり、の男の子と親子ともども楽しめるおでかけスポットをたくさん紹介していきたいと思います。どうぞよろしくお願いします!

    取材ママ・パパ特派員紹介
  • 伊豆テディベア・ミュージアム~となりのトトロのぬいぐるみ展~

    2017年4月7日

    伊豆テディベア・ミュージアムで「となりのトトロのぬいぐるみ展」が開催されていると知り、トトロが大好きな1歳6か月の息子と出かけてみました。ミュージアムはレンガ調のすてきな建物で、緑いっぱいの中庭には、いたるところにクマの置物がありました。館内には着物を着たテディベアなどいろいろなタイプのテディベアが展示されています。

    2階へつづく階段の上部には大きなトトロとまっくろくろすけがお出迎え。メイがトトロに最初に出会った場面で、トトロが吠えるシーンの仕掛けなど、劇中の場面をぬいぐるみで再現し、展示されています。

    トトロ展1

    息子はボタンを押すと流れる「さんぽ」の音楽に合わせ、メイが歩き出す展示に夢中になり、その場から離れませんでした。巨大ネコバスも展示されており、フカフカのネコバスに乗って撮影することができます。セルフタイマーで写真が撮れるよう、カメラの置き場所まで用意されており、ありがたく利用して撮影しました。

    トトロ展2

    息子はもちろん、親の私までトトロの世界に入り込んだ気持ちになり、大興奮でした。テディベア・ミュージアムのHPにはお得な割引クーポンもあるので、チェックしてみてくださいね。

    ■となりのトトロのぬいぐるみ展パート2
    【場所】伊豆テディベア・ミュージアム2階展示棟
    【期間】2017年夏頃まで開催予定(詳細はHPを確認)

    文/なお

    伊豆テディベア・ミュージアム

    住所 伊東市八幡野1064-2
    電話 0557-54-5001
    開館時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
    休館日 2、3、12月の第2火曜日
    6月は第2火・水曜日休館 休館日が祝日の場合は開館
    料金 大人1,080円 中学生860円 小学生640円 小学生未満70歳以上は無料
    子連れに便利な設備 トイレにおむつ台有
    駐車場 約150台(無料)
    URL http://teddynet.sakura.ne.jp/izu/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    観光・ちょっと遠出
  • 取材ママ紹介 なお

    2017年4月7日

    取材ママ ナオ

    <なお>

    1歳男の子の母です。取材ママの活動を通して子どもと一緒に楽しめる場所やイベントをたくさん見つけたいです。よろしくお願いします。

    取材ママ・パパ特派員紹介
  • 磐田ららシティ公園

    2017年4月3日

    春休みの週末、幼稚園のお友だちを誘い「ららぽーと磐田」へ出かけました。映画鑑賞の後、フードコートでお昼ご飯。「この後どうしようか?」と話していると「フードコートから外に出て、階段を下りると公園がありますよ」と、ららぽーとのスタッフの方が教えてくれました。

    行ってみると、本当にすぐそこにこじんまりした公園があり、子どもたちは「あっ、公園だ!」と、一目散に走り出しました。

    園内1

    園内2

    すべり台が2つついたカラフルな幼児用遊具や、小さな芝生の山などがあり、鬼ごっこなどをして遊びました。息子はカバのオブジェが気に入り、何度も出たり入ったりして楽しんでいました。

    園内3

    園内4

    たくさん遊んで喉が渇いたので「ららぽーと」へ戻っておやつタイムに。すぐに戻れるこの距離はとてもありがたいです。「ママの買い物中にパパと公園遊び」、そんな使い方もできそうですね。

    文/みきこ

    磐田ららシティ公園

    住所 磐田市高見丘1344
    子連れに便利な設備 多目的トイレ(おむつ台) 有
    駐車場
    URL http://www.city.iwata.shizuoka.jp/shisetsu/entry/shisetsu100091.php

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     


     


     

    公園
  • レゴランドジャパン名古屋

    2017年4月1日

    本格的な春の始まりとなる春分の日、レゴランドジャパン名古屋のプレビューデーに家族で遊びに行ってきました。この日は年間パスポート購入者限定で正式オープンより少し早く園内に入れる特別な日。夫婦2人とも独身時代からレゴが大好きということもあり、とても楽しみにしていました。わが家では帰省のルート上にあたり、かつ浜松西ICから1時間ちょっとで行けるということもあり、年間パスポート購入にいたりました。

    入口

    最寄りの伊勢湾岸自動車道名港中央ICで降りてすぐの金城ふ頭駐車場に車を停めました。同時期にオープンとなる商業施設「Maker's Pier(メイカーズピア)」を通り抜けつつ、はやる気持ちをおさえながら向かいます。

    園内は元気の出るビタミンカラーがあふれる空間。あちこちにレゴブロックで作られた人形なども飾られ、まるで自分がレゴの世界に飛び込んだようです。

    レゴの人形

    園内1

    レゴの世界観をそのままにした魅力的なアトラクションも数多くありますが、子どもが3歳と0歳のわが家は大きめサイズのレゴブロック「デュプロ」や、遊具のあるデュプロバレーでたっぷりと遊んできました。

    デュブロバレー

    転んでもけがをしにくいよう足元の素材もやわらかく、親子で気兼ねなく安心して過ごすことができます。

    園内2

    ほかにも園内には授乳室やファミリートイレがあるのはもちろん、アトラクション乗車を待つ列の中にレゴブロックで遊べるスペースがあったり、あちこちでショーが行われていたりと、家族みんなが飽きずに楽しめる工夫が多くみられました。

    園内3

    レゴで遊ぶ

    今回、わが家の子どもたちは身長・年齢制限に満たず、体験できないアトラクションが多くありましたが、それでも開園時間内にすべてを楽しむことはできなかったです。また次回来たときのお楽しみにとっておこうね! と話しながら、レゴランドを後にしました。

    アトラクション

    来年以降、レゴランド周辺にはホテルや水族館も続々オープンする予定とのこと。これから迎える行楽シーズン、ぜひ家族旅行の候補に入れてみてはいかがでしょうか?

    文/はむかつ

    レゴランドジャパン名古屋

    住所 名古屋市港区金城ふ頭2丁目2−1
    電話 050-5840-0505
    営業日/営業時間 公式HPの営業カレンダーによる
    料金 1日フリーパス(税込料金)
    大人(13歳以上)6,900円 子ども(3歳以上12歳以下)5,300円
    子連れに便利な設備 授乳室(1か所)、ファミリートイレ、ベビーカーレンタル
    おむつ販売有、デュプロベビーケア(ベビールーム)
    駐車場 有(有料※市営駐車場ほか周辺の有料駐車場を利用)
    アクセス方法 【公共交通機関】
     JR・地下鉄「名古屋駅」からあおなみ線「金城ふ頭」下車
    【車】
    浜松西ICから名港中央ICへ(約1時間強) 伊勢湾岸自動車道「名港中央IC」降りてすぐ
    URL https://www.legoland.jp/

     

    観光・ちょっと遠出
  • ステーキのあさくま 鹿谷ガーデン店

    2017年3月28日

    取材ママの集まりでステーキのあさくまに行ってきました。「ステーキ館」という看板があり、外観から歴史を感じます。

    外観

    お店に入るまでの階段は角度が少し急なので、1歳10か月の娘を連れて慎重に上りました。

    案内されたのは個室の座敷席。おかげで料理が運ばれてくるまでの間、子どもたちは思い思いに遊ぶことができました。すべてのランチメニューには、カレーやスープを含むサラダバーがついてきます。しかも、3歳以下はサラダバーとドリンクバーが無料ということで、うれしいおどろきもありました。娘はご飯や野菜をたくさん食べることができ、大満足でした。

    食事

    サラダバー

    4歳以上のお友だちはキッズメニューを頼んだところ、花火がついてきてうれしそう。みんなで写真を撮りあい、たのしいランチタイムでした。

    キッズメニュー花火

    店内は子連れのお客さんも多く、にぎわっていました。浜松城公園が近いので、次は公園で体を動かしてから行ってみようと思います。

    文/ゆりね

    ステーキのあさくま 鹿谷ガーデン店

    住所 浜松市中区鹿谷町11-1
    電話 053-474-0626
    営業時間 平日 ランチ11:00~17:00 ディナー17:00~22:00(LO 21:30)
    土日祝 ランチ11:00~16:00 ディナー16:00~22:00(LO 21:30)
    定休日 無休
    子連れに便利な設備 幼児用カトラリー、子ども用イス、キッズメニュー有
    駐車場 有(100台)
    URL http://www.asakuma.co.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    飲食・レストラン
  • アクアリウム 光と音のアクアワールド。

    2017年3月26日

    以前にアクアリウムを観たとき、当時0歳の娘がとても喜んでいたので、今回プレ葉ウォーク浜北で開催されているアクアリウムにも出かけてきました。

    アクアリウム1

    平日の11時の開場と同時に入場したおかげで、娘とゆっくり観ることができました。会場ではカートやベビーカーが人の妨げにならないよう、出入口付近に預けている人たちもいました。

    アクアリウム2

    場内は薄暗いですが、鮮やかな光の中を泳ぐ金魚の優雅な動きに、暗い所が苦手な2歳の娘も怖がることなく、楽しんでいました。

    アクアリウム3

    光に合わせて、音楽も流れており海の底を歩いてているような感覚になります。金魚がいろいろな形の器の中で泳ぎ、色とりどりの光やビー玉の中で動く様子は、とても幻想的でした。ピンク・ブルー・グリーン・ホワイトなどの光があり、それぞれの光の加減で、金魚の色も変化していくので、とてもきれいでした。

    アクアリウム4

    アクアリウム5

    金魚のほかに、ウーパールーパー(メキシコサラマンダー)もいました。子どもの頃、近所の金魚屋さんによく見に行っていた思い出があり、懐かしさを覚えました。水槽には5万匹に1匹くらいの確率で生まれる希少性の高いゴールデンウーパールーパーもいました。とても珍しいそうなので、ぜひ見つけてみてくださいね。

    アクアリウム6

    市内でアクアリウムを楽しむことができ、とても貴重な体験でした。期間限定の開催なので、お買い物の合間などちょっとした息抜きに、家族でアクアリウムを訪れてみませんか? 日常から離れ、幻想的な世界に浸ることができますよ! 
     
    ■アクアリウム 光と音のアクアワールド。
    期間 2017年3月11日(土)~4月9日(日)
    場所 2F プレ葉ホール
    時間 11:00~17:00(最終受付16:30)
    入場料 大人(中学生以上)500円 子ども(3歳以上小学生以下)400円(税込) ※3歳未満無料

    文/ショコラ

    プレ葉ウォーク浜北

    住所 浜松市浜北区貴布祢1200番地
    電話 053-584-6622
    営業時間 アピタ浜北店・アピタゾーン専門店 1F 9:00~21:30 2F 9:30~21:30
    モールゾーン専門店 10:00~21:30
    レストラン 11:00~21:30
    子連れに便利な設備 多目的トイレ(おむつ台)・キッズトイレ 有
    授乳室 有
    無料冷蔵ロッカー・コインロッカー 有
    駐車場 有(無料)
    URL http://plehawalk.com/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    イベント(通年・不定期)
  • こども館体験記「春の特別プログラム 裂く・結ぶ」

    2017年3月25日

    浜松こども館 取材ママ体験記

    春休みが始まり、おでかけ先に悩む日々です。気軽に参加できるイベントはないかな? と探して見つけたのが、3月18日から4月2日まで開催しているこども館春の特別プログラム「裂く・結ぶ」です。どうやら裂いた布を結んで、自由に形を作っていく催しのようです。きょうだいで楽しめそうだなと思い、さっそくふたりの娘と行ってきました。

    会場の6階情報広場には、細い布がつなぎ合わさり風変わりな基地のような空間ができあがっています。プログラム初日から布が結ばれ、毎日少しずつ大きくなったオブジェです。

    会場

    私たちも受付でスタッフから説明を受け、たくさんの布がある棚に案内してもらいました。13:00~15:30のイベント開催時間内は自由に参加でき、途中からでも説明を聞けば中に入れてもらえます。

    説明

    いろいろな布

    娘たちもそれぞれ布を手に取り、まずはビリビリ。簡単に裂けるものもあれば、厚くて力がいるもの、伸縮性があってうまく裂けないものもあるようです。長女は、大きな布を勢いよく裂くのが気持ちいいようで、どんどん布のひもを作っていきました。

    ひっぱる

    私も一緒にやってみると、手に伝わるビリビリの感触がくすぐったくてなんだか楽しい気持ちになってきます。次女は結ぶのがおもしろいようで、姉が裂いた布を持って、奥へ奥へと入って行き、布をつなげはじめました。

    結ぶ

    まわりを見ると、やはり一緒に来たお友だちやきょうだいで布をひっぱり合い、盛り上がっていました。両端からどんどん結んで長~いひもを作る子も多く、みんなでやるのも楽しそうです。ひとりで裂くことができない小さな子は、お姉ちゃんに何度もお手伝いをおねだりしている姿が微笑ましかったです。

    長く結んだ布

    こども館の催しは、最低限のルールの中で子どもたちが自由に材料や空間を使って遊ぶ企画が多く、それぞれが思いついたことを形にすることができます。今回の「裂く・結ぶ」も、大きくなった布の集まりは四方八方に広がり、子どもたちの自由な発想を表しているようでした。

    大きく広がるオブジェ

    家だと「散らかるし」とか「もったいないな」と親がついストップをかけてしまいますが、ここでは思いっきりできるので子どもたちはのびのび。同じ催しでも何度も参加したくなるようです。今度はお友だちと一緒に来て、どんなものができあがるのか見てみたいなと感じました。

    文/makiko

    こども館スタッフからひとこと

    スタッフ

    準備してある布は、模様、肌触り、厚さもいろいろです。裂く感覚や音の違いを楽しんでみて下さい。親子やお友だちで協力してどんどん裂いて、たくさん結んで、おもしろい作品にしていって下さいね。

    浜松こども館

    この記事は浜松こども館からの依頼によって、ぴっぴの取材ママがレポートしたものです。

    こども館・児童館
  • 名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パーク

    2017年3月24日

    春休みに入り、暖かくなったので「名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パーク」に遊びに行きました。伊勢湾に面しているため海風が強く、暖かい季節がおススメです。

    入口

    アンパンマン大好きな2歳の娘は3回目の来園です。1日ゆっくり楽しめるように、開場と同時に入場しました。エントランスを入ると、いろいろなキャラクターの置物や、ドキンUFOやSLマンなどの乗り物、バイキンマンのトンネル、遊具などがあります。

    ドキンUFO

    バイキンマントンネル

    足元に仕掛けがあったり、のぞき穴があったりして小さい子でも十分楽しむことができます。施設がコンパクトにまとまっているので、2歳の娘でもパーク内を歩いて回り、全体を見渡すことができます。娘はポップコーンが好きなので、「カーニバル王国」でポップコーンを購入しました。朝一番は空いていて、並ばずに購入することができました。「うみとおそらのボールパーク」では、空気の入った大きなボールで遊びました。屋内の施設で、たくさんのボールがあるので、親子でボール投げをするのも楽しいですね。

    ボールパーク

    「虹のすべりだい」は、虹色なので、何色を滑ろうと考えるのもひとつの楽しみですね。

    虹色すべり台

    「はっけんジオラマ」にはアンパンマンの世界が広がっていて、娘とパン工場やバイキンマン城探しなどをして楽しみました。ジオラマはいろいろな角度から見ることができるので、大人にも魅力的です。キャラクターの生活が身近に感じられて、とても興味深かったです。

    ジオラマ

    ここに来ると、必ず寄るのは「ジャムおじさんのパン工場」です。ジャムおじさんが作っているようなパンを本当に販売しています。初めて来たときから娘はとても喜び、毎回買って帰っています。家で食べながら、楽しかった1日を振り返るのが楽しみです。アンパンマン・バイキンマン・ドキンちゃんなどのほか、季節限定のパンも販売されています。子どもと一緒に好きなキャラクターを選ぶのも楽しいですね。

    パン

    大好きなアンパンマンに会いに、ジャムおじさんのおいしいパンを食べに「名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パーク」に遊びに行きませんか?

    文/ショコラ

    名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パーク

    住所 三重県桑名市長島町浦安108-4
    電話 0594-45-8877
    営業時間 10:00~17:00(最終入場16:00)
    入場料 1歳以上は1,500円(税込)
    ※1歳未満は無料
    ※1歳以上、小学生以下の子どもには記念品つき
    ※障がい者手帳提示で本人と付き添いの大人1名まで50%割引
    子連れに便利な設備 子ども用トイレ・多目的トイレ有
    授乳・おむつ替え室・ロッカー有
    救護室2か所有(エントランス入場後、北側・「ミュージアム」内北側奥)
    駐車場 ナガシマスパーランド駐車場1,000円(税込)/1日(13,000台収容)
    ※ジャズドリーム長島で3,000円以上購入で、1,000円の返金あり
    アクセス方法 【公共交通機関】
    JR・近鉄「桑名駅」から直通バスで「長島温泉」下車(約20分)
    名古屋駅前 名鉄バスセンターから直通高速バスで「長島温泉」下車(約40分)
    【車】東名阪自動車道 長島ICより(約20分) 伊勢湾岸自動車道 湾岸長島IC降りてすぐ
    浜松ICから長島ICへ途中休憩をいれて約2時間
    URL http://www.nagoya-anpanman.jp

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    観光・ちょっと遠出
  • 西ヶ崎町上遊園地

    2017年3月21日

    冬場の遠州のからっ風はホントに冷たいです。寒い日でも自転車でいける公園はないものか。西部運転免許センターの近所に住んでいますが、大通り沿いにはなかなか見当たりません。しかし、一本道を外れて寄り道したりすると……意外なところに公園があったりします。

    遊具1

    それが「西ヶ崎町上遊園地」です。すべり台、ブランコ、ジャングルジムに鉄棒と遊具がコンパクトに配置され、ベンチから一目で全体を見渡せるので安心して子どもを遊ばせることができます。

    遊具2

    鉄棒

    それでも3歳の娘から見たら十分な大きさで、全部制覇するのにもちょうどいいです。

    すべり台

    大人にはきゅうくつで中を通って反対までいくのは大変な遊具もありますが、一緒になって遊べばよろこばれます。

    ジャングルジム

    お近くの方は寄ってみてはいかがでしょうか?

    西ヶ崎町上遊園地

    住所 浜松市東区西ケ崎町215-1
    アクセス方法 西部運転免許センターから歩いて10分ほど
    西部運転免許センターから東へ向かい、ふたつめ交差点を南へ、三差路を右すぐ

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    公園
  • 浜名湖ガーデンパーク「雪まつり」と園内散策

    2017年3月20日

    2月に開催された浜名湖ガーデンパーク「Winter Festa 2017雪まつり」に中学生と10か月の子どもを連れて家族で行ってきました。長野県より運ばれてきた雪を使った「ソリゲレンデ」と「雪あそび広場」があり、無料ということでどちらも大変にぎわっていました。

    雪まつり1

    まずはソリ遊びをしようと、覚悟して長蛇の列に並んだのですが、4コースもあり回転がよかったので、あっという間に順番がきました。

    雪まつり2

    雪まつり3

    10か月の子はキョトンとしたまま微動だにせず、親のほうが童心に返りはしゃいでしまいました。

    私たちはその後、ファミリー自転車を借りて園内を散策しました。道は上り坂や下り坂があり「パパ早くこいで~」と、パパに頑張ってもらいながら、ゆったりと景色を楽しむことができました。道中、梅園からいい香りがして、春の訪れを感じることができました。

    園内

    園内にはほかにもたくさんの見ごろの花や開花の準備をしている植物があります。遊びに行く前にHPの開花情報をチェックして、園内のどこに見ごろの花が咲いているか家族みんなで探すのも楽しいかもしれませんね。

    ■Winter Festa 2017 雪まつり
    開催日:2017年2月11日(土・祝)、12日(日)
    開催時間:10:00~15:00

    文/ゆるこ

    浜名湖ガーデンパーク

    住所 浜松市西区村櫛町5475-1
    電話 053-488-1500
    開園時間 8:30~17:00、夏季(7・8月)は8:30~18:00
    休園日 年末年始(12/29~1/3)
    入園料 無料
    子連れに便利な設備 トイレにおむつ替えシート、授乳室(体験学習館内)、ベビーカー貸し出し(無料)、ファミリー自転車貸し出し(有料・1時間900円)
    駐車場 有(無料・約1,800台)
    アクセス方法 【車】浜松西ICから車で約25分、浜名BP坪井ICより約15分
    【バス】浜松駅より遠鉄バスで約60分、舘山寺温泉 村櫛行き「浜名湖ガーデンパーク」下車
    URL http://www.hamanako-gardenpark.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    公園
  • 取材ママ紹介 ゆるこ

    2017年3月20日

    ゆるこ

    <ゆるこ>

    はじめまして。平成15年と平成28年の子を持つ2児の母です。主人の転勤で約3年前に浜松に来ました。まだまだ浜松、知らないことがたくさんあります。年の離れたきょうだいを持つ親という視点からも楽しめるスポットを見つけていけたらいいなと思っています。よろしくお願いします。

    取材ママ・パパ特派員紹介
  • 渥美郷土資料館 第31回ひな祭り展

    2017年3月17日

    春の渥美半島は楽しいイベントがいっぱい。4歳の息子は、渥美半島へのプチ旅行を毎年楽しみにしています。わが家のお決まりコースは、イチゴ狩りと菜の花まつり。今年はそれに「田原市渥美郷土資料館」の「ひな祭り展」も盛り込みました。

    つるし雛

    資料館のあるこの地区では、ここ数年雛飾りでおもてなし事業に力を入れているそう。町のあちらこちらで、つるし雛の展示やお土産の販売、期間限定のイベントなどが行われています。

    外観

    31回目になる「ひな祭り展」も回を重ねるごとに盛大になっています。会場に入ると、たくさんのつるし雛がお出迎え。息子が「わぁ~、すごーい!」と声を上げました。私もすてきな光景に思わずため息。奥に進むと、七段飾りの見事なお雛さまがいくつも展示されています。

    七段飾り

    どれも寄贈されたものだそうで、明治時代や大正時代のものまであり歴史を感じることができます。紙雛のペーパークラフトやぬり絵が無料でもらえて、いいお土産になりました。

    クラフト

    けん玉やお手玉で遊べるスペースもあり、パパも童心にかえり息子と一緒に輪投げを楽しんでいました。

    輪投げ

    女の子のいないわが家には雛飾りはありませんが、私も元女の子(笑)。来年はもらった紙雛を飾ってお祝いしたいと思います。
     
     ■第31回ひな祭り展
    【開催日程】2017年2月1日(水)~2017年3月20日(祝・月)
    【URL】http://www.taharamuseum.gr.jp/exhibition/ex170201/index.html

    文/みきこ

    田原市渥美郷土資料館

    住所 愛知県田原市古田町岡ノ越6番地4
    電話 0531-33-1127
    利用時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
    休館日 月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)・年末年始(12月28日~1月4日)
    観覧料 無料
    子連れに便利な設備 多目的トイレ(おむつ台) 有
    駐車場 有(無料)
    URL http://www.taharamuseum.gr.jp/siryoukan/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     


     

    観光・ちょっと遠出
  • 目指せ!美文字!!三方原ペン・習字・かきかた教室

    2017年3月16日

    字ってどうしたらきれいに書けるようになるのだろう?最近、娘の宿題の字が気になる…。そんなとき、学校からもらってきたのが浜松まちゼミの広告。目に入ったのが「目指せ! 美文字!!」の講座です。

    浜松まちゼミは市内のお店が講座を企画し、自分たちが講師となって専門知識やプロのコツを参加者に教えるイベントです。今回で13回目の開催で、食や美容、健康、文化、生活など全部で52の講座が開催されています。

    「目指せ! 美文字!!」は三方原にある「三方原ペン・習字・かきかた教室」が企画した講座で、小学生には書き取りの書き方をアドバイスしてくれます。開催期間中は教室の窓に「まちゼミ」の旗があるので、土地勘がない私でもすぐに見つけることができました。

    教室1

    親子で教室に入ると、すぐに先生から自己紹介をしてくれて安心しました。娘の緊張もほぐれたところで、家から持ってきた書き取り帳とお手本を出し、書き取りを始めました。字の基本は、「とめ」「はね」「はらい」。娘には書き取りをきれいに見せるためには書き順が大切だということ、ひらがなと漢字の大きさの違いなどを教えてくれました。娘の書き取りを見ながら、「親はこんなところを注意するといいですよ」とアドバイスももらいました。

    教室2

    帰りながら娘に「家に帰ったら、もう一回復習してみようか?」と聞くと、いい返事がかえってきました。今まで、どこが悪いのか適切なアドバイスもせずに、勝手に私が怒っていた宿題の時間ですが、これからは明るく楽しい時間になりそうです。

    「目指せ! 美文字!!」講座の中村先生は次回もまちゼミの参加を考えていて、次回は夏を予定しているそうです。私も夏はもっといろいろな講座に参加して、趣味や知識、視野を広げられたらと思いました。

    ■第13回 浜松まちゼミ
    【開催期間】2017年2月11日(土・祝)~4月9日(日)
    【講座数】52講座
    【受講料】無料(教材費がかかる場合有)
    【託児サービス】有(有料)
    【問い合せ先】事務局:浜松まちなかにぎわい協議会 053-459-4320 (受付時間:月~金9:00~18:00)
    【URL】http://machizemi.hamazo.tv/

    ◎目指せ!美文字!!三方原ペン・習字・かきかた教室
    【開催日】2017年2月11日(土・祝)~4月9日(日)の毎週金曜
    【時間】1回目15:00~15:45/2回目16:00~16:45/3回目18:00~18:45/4回目19:00~19:45
    【定員】各2~3名または1組
    【材料費】なし
    【対象】大人・親子・小学1年生以上
    【幼児同伴】可
    【住所】浜松市北区三方原町903-2 フレッシュタウンスギモト208
    【電話】080-5163-7804(受付時間:10:00~15:00)
    【定休日】日曜日

    文/ぺんぎん。

    イベント(通年・不定期)
  • サンジュリアン

    2017年3月13日

    西部協働センターの南西にある「サンジュリアン」は1954年から続く老舗のパン屋さんです。お店からはパンのおいしい香りが外まで広がっています。

    学生の頃はほぼ毎日「サンジュリアン」のパンを食べて過ごしました。ずっと変わらない味で、今でも近くに行くときは必ず立ち寄る、お気に入りのパン屋さんです。

    看板

    店内はディスプレイが低く、いろいろなパンを子どもたちの目線で見ることができます。2歳の娘でも自分で選ぶことができました。

    店内1

    小さい子どもから年配の方まで、幅広い年代の人が食べやすいよう、いろいろな種類のやわらかいパンが並んでいます。人気商品は、食パンとオレンジクリームパンだそうです。

    店内2

    私のお気に入りは、ショーケースに並んでいるカジノというパンです。ふわふわのパンに生クリームがたっぷりサンドされていて、甘いもの好きな方におすすめです。このパンも人気が高く、すぐに売り切れてしまいます。もし見つけたら、ぜひ食べてみてくださいね。娘はトウモロコシが大好きなので、マヨコーンというパンを選び、ペロリと食べていました。ほかにもウインナーやツナなど子どもが好きそうなパンもたくさんあるので、子連れで一緒に選ぶと楽しいですね。

    店内3

    どのパンもとてもおいしく、お昼過ぎに行くとほとんどパンがないことも…。午前中の来店がおすすめです。パンのほかにも、サンドウィッチや飲み物などもあります。

    外観

    これからの季節、サンジュリアンに寄って、近くの浜松城公園や蜆塚遺跡にお花見に出かけてみませんか? 桜の木の下で食べると、また格別な味がするかも!?

    文/ショコラ

    サンジュリアン

    住所 浜松市中区広沢2-6-28
    電話 053-452-4439
    営業時間 8:00~17:00
    定休日 月・火曜日 ※2017年4月から日・月曜日に変更
    子連れに便利な設備 店外に長イスが1脚あるので、パンを食べて一息つくことができます
    駐車場 5台ほど有

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    お店
  • ◎2017春◎子連れでお花見!桜特集<2>

    2017年3月11日

    3月も半ばに入り、日に日に春めいてきました。春は郊外へのドライブが気持ちいい季節。少し足を伸ばして、自然の中でダイナミックに咲く桜を見に行ってみませんか? 今回はドライブがてら楽しめるお花見スポットをご案内します!
    ※例年、浜松の桜の開花時期は3月下旬~4月上旬ですが、気候条件により変動します。開花状況については、各問い合わせ先にお確かめください。

     郊外の桜

    大河ドラマで大注目!歴史を感じる引佐の桜

    奥山公園と周辺(北区引佐町)

    約1000本のソメイヨシノが咲き誇る。公園内の池に架かる橋から見る桜が美しい。3月下旬からは方広寺三重の塔のライトアップも有。
    「いなささくらまつり」 3月26日(日)~ ※予定
    問合せ:奥浜名湖観光協会 TEL 053-522-4720

    奥山高原(北区引佐町)

    花の奥山高原として知られ、自然に囲まれた観光植物園内外に植えられたソメイヨシノ・ヤエザクラ約300本が見られる。
    問合せ:奥山高原 TEL 053-543-0234

    城山公園(北区引佐町)

    2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」で知られる井伊谷城跡が頂上にある。浜名湖が一望できる高台の公園。100本のソメイヨシノが山を覆う。
    問合せ:引佐町観光協会 TEL 053-542-1113
    「井伊谷城」の様子はこちら⇒取材ママレポート

    自然の中で雄大に咲く天竜の桜

    鳥羽山公園(天竜区二俣町)

    ソメイヨシノ、山桜など約1000本。鳥羽山中腹から山頂がピンク色に染まる。
    天竜浜名湖鉄道「二俣本町駅」から徒歩約15分 駐車場180台あり
    問合せ:天竜区役所まちづくり推進課 TEL 053-922-0022

    秋葉ダム千本桜(天竜区龍山町)

    天竜奥三河国定公園秋葉ダムを中心に約1000本の桜が7.5kmの桜並木を作る。桜の開花時期に合わせ、ライトアップも。
    「秋葉ダムさくらまつり」 3月18日(土)~4月2日(日)
    夜桜ライトアップ(18:30~22:00)は、3月24日(金)~4月2日(日)
    「さくらマラソン」4月2日(日)10:00~
    問合せ:龍山協働センター TEL 053-966-2111

    佐久間ダム周辺(天竜区佐久間町)

    浜松百選の美しい佐久間ダムを取り囲むように満開の桜がきれいに咲き誇る。リニューアルされた佐久間ダム電力館と合わせて訪れるのも楽しい。
    問合せ:佐久間協働センター TEL 053-966-0001

    船明ダム(天竜区船明ダム湖畔)

    コンパクトなエリアに約250本のソメイヨシノがあり、見応えたっぷり。二俣川沿いに並ぶ桜のトンネルの下は芝生になっており、気軽にお花見を楽しむことができる。
    問合せ:天竜区役所まちづくり推進課 TEL 053-922-0033
    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    水辺の小径(天竜区水窪町)

    JR水窪駅下水窪川左岸約800mの散歩道沿いに、ソメイヨシノ約150本。小旅行に来たような趣のある風景の中、美しく咲く桜を眺めることができる。
    問合せ:水窪協働センター TEL 053-982-0001

    浜松市外へ足を伸ばして

    法多山尊永寺(袋井市)

    境内を約500本のソメイヨシノが桜色に染める。同じ時期に満開を迎えるミヤマツツジと薄い桜色のソメイヨシノの競演が素晴らしい。
    東名袋井ICから20分
    問合せ:TEL 0538-43-3601

    小國神社(周智郡森町)

    境内の脇、宮川沿いに1000本余りの桜が咲き乱れる。シダレザクラ・タキザクラ・ギョウイコウ・キクザクラなど珍しい種類の桜を楽しむことができる。
    東名袋井ICから20分 駐車場あり
    問合せ:TEL 0538-89-7302

    太田川堤防(周智郡森町)

    遠州の小京都森町に流れる太田川沿いに連なる桜トンネルが有名。太田川そばの古い街並みと調和し、歴史を感じることができる。
    天竜浜名線戸綿駅下車、徒歩5分 駐車場あり
    問合せ: TEL 0538-85-6319

    磐田市営つつじ公園(磐田市)

    見付天神の裏山一帯に広がる公園。大きなシダレザクラは必見。咲き始めのツツジも一緒に楽しむことができる。
    東名磐田ICから10分 駐車場あり
    問合せ:TEL 0538-33-1222

    獅子ヶ鼻公園(磐田市)

    遊歩道やアスレチックが整備された自然豊かな公園。子どもたちと一緒に遊びながら、ヤマサクラのお花見を楽しんで。
    東名磐田ICから20分
    問合せ:TEL 0538-33-1222
    公園の様子はこちら⇒取材ママレポート

    上野公園(磐田市)

    ほのぼのとした公園はピクニックにぴったり。小さな公園は子どもたちを安心して遊ばせることができ、大人はお花見をゆっくり楽しむことができる。
    JR磐田駅より県道56号線を北へ700m先の交差点を西へ400m
    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    本興寺(湖西市)

    本堂は国の重要文化財指定。ソメイヨシノやヤマザクラなど、約200本が浜名八景にも選ばれた風光明媚な地を彩る。
    東名高速三ケ日ICから国道301号経由25分
    問合せ:TEL 053-576-0054

    大浜公園(掛川市)

    県立自然公園に指定された桜の名所。大東地区の高台に位置し、眼下には遠州灘、北には南アルプス、富士山を一望。ソメイヨシノ約1000本が山全体を覆う。
    JR袋井駅よりバス「矢柄神社前」バス停徒歩5分
    問合せ:掛川市観光協会 TEL 0537-24-8711

    浜岡砂丘(御前崎市)

    浜岡砂丘入口の太平洋自転車道路沿いに咲く河津桜のトンネルが有名。目の高さで楽しませてくれる桜は、桜の花に囲まれた中での写真撮影ができることで人気。
    国道150号浜岡I.Cより南へ約5分 駐車場あり
    「浜岡砂丘さくら祭り」 2月18日(土)~3月12日(日)
    ご当地グルメの出店ほか、3月の土・日曜日には甘酒の無料配布が行われる。
    問合せ:御前崎市観光協会 TEL 0548-63-2001
    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    家山の桜トンネル(島田市)

    大井川鉄道沿いに約280本のソメイヨシノが咲き誇る。桜トンネルのすぐ横を通るSLに子どもたちも大よろこび!
    新東名高速島田金谷ICから国道473号経由25km30分 駐車場あり
    大井川鐵道家山駅から徒歩10分
    「かわね桜まつり」 3月25日(土) ~4月2日(日)
    問合せ:島田市観光協会川根支所 TEL 0547-53-2220

    ■浜松近郊のお花見スポットはこちら
    ※イベント日程などは2017年3月初旬時点で公表されているものです。諸事情で中止や順延をしている場合もありますので、お出かけ前にご確認ください。

    ◎2017春◎子連れでお花見!桜特集

    お花見・紅葉情報
  • えいごのえほんひろば「Pear Tree」

    2017年3月10日

    学校で英語は習ったけれど、英会話となると自信のない私。親子で英語を楽しむサークル「Little Stars」に通ったことをきっかけに、子どもとママのためのえいごのえほんのひろば「Pear Tree」の「外国人とおしゃべり」クラスに参加してみました。中区和合町にある英語講師の自宅で行われていて、定員は3~4人です。

    PearTree1

    外国人と日本人の英語講師と一緒に英会話を楽しみます。初めて参加するママがいると自己紹介から始まります。自己紹介といっても、子どもと一緒にお出かけした話やママが興味のあることなど、ママ友トークを英語で、といった感じです。私は英語のボキャブラリーは豊富ではありませんが、がんばって知っている単語で会話をしています。

    PearTree2

    会話の中で先生たちが、気が付いた点をアドバイスしてくれます。参加するママの英語レベルは、海外在住経験があるママもいれば、私のように英会話に自信がないけど興味はあるママまでさまざまです。

    PearTree3
     
    子ども連れで参加可能です。ママたちが英会話している1時間ほどの間、子どもたちは部屋にあるおもちゃで遊んだり、ママに抱っこされたりしています。一緒に参加している3歳の息子は教えたわけではないのですが、帰りがけに「See you」と言うようになりました。

    PearTree4
     
    えいごのえほんひろば「Pear Tree」には「外国人とおしゃべり」以外にも子どもとママのためのクラスが多数あります。ブログをチェックして、興味をもったら問い合わせしてみてください。英語でおしゃべりも楽しいですよ。

    文/ジュン

    えいごのえほんひろば「Pear Tree」

    住所 浜松市中区和合町(詳細な住所はブログ経由で問い合わせを)
    開催日 不定期(登録者に開催候補日を通知し、人数が集まれば開催)
    開催時間 開催日の午前中1時間ほど
    料金 初回のみ1回2,000円。2回目以降初めに新規登録料2,000円、「Pear Tree」の他のクラスでも使用可能なチケットを購入
    (えほんのひろば参加にはチケットが2枚必要/1枚1,500円~5枚5,000円で枚数に応じて割引有、翌々月末日まで有効)
    子連れに便利な設備 おもちゃ有 子ども用補助便座有
    駐車場
    URL http://littlestars.hamazo.tv/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    スクール&サークル
  • スノータウン イエティ

    2017年3月8日

    2月の日曜日、スノータウン イエティに日帰りで行ってきました。浜北区の自宅から2時間ほどかかり、11時頃到着。スキー場へ行くとなると道路の凍結が心配ですが、快晴の日で周辺道路や駐車場はきれいに除雪されていて、パパは運転がしやすかったようです。

    入口
     
    昼食を場内のレストランで済ませ、みんなで「しんちゃんキッズパーク(雪遊び広場)」に行きました。ここには小さなお家やすべり台があります。雪玉を作る道具やスキーアタッチメント装備の足けりバイクを交代で使うこともできます。屋内のキッズルームもあり、おもちゃで遊んでいる子どもや休憩をしているママがたくさんいました。わが家は家族で雪合戦を少し楽しみました。

    しんちゃんパーク
     
    私と長男(小1)は、スキーセットをレンタルし、ゲレンデへ。まずは初心者向けのコースをすべりました。富士山をバックに快晴の中、気持ちよくすべることができました。

    ゲレンデ

    ムービングベルト(動く歩道)のあるゲレンデには、家族連れが多かったです。子どもにスノーボードを装備させて、自分はスノーブーツで歩いて子どもに教えているパパ、ママもいました。

    歩く歩道
     
    パパと娘(4歳)、次男(3歳)はそり専用ゲレンデに移動し、この日のために購入した特大そりに乗って、15回以上そり遊びを楽しんだそうです。特に次男は、ほぼ初めての雪遊びで、夢中になっていたようです。

    ソリ遊び
     
    お互い少し遊び足りなかったのですが、15時頃に合流し、マシュマロ焼き(無料)を楽しみました。イエティでは週末を中心に、子ども向けのイベントがたくさんあるのもうれしいところです。

    マシュマロ

    静岡県内のスキー場ですが、前日は雪が降ったそうで、予想以上にゲレンデコンディションはよかったです。スノータウンイエティは、わが家の定番のスキー場となりそうです。

    文/ジュン

    スノータウン イエティ

    住所 裾野市須山字藤原2428
    電話 055-998-0636
    営業期間 2016年10月21日(金)~2017年4月9日(日) 期間中無休
    営業時間 平日 9:00~22:00
    土日祝 8:00~22:00  オールナイト営業日有
    料金 【レギュラー期間(10月21日~3月20日)】
    ・1日券 土日祝 大人4,000円 子ども、シニア3,000円
          平日 大人3,500円 子ども、シニア2,500円
    ・ナイター、オールナイト券 大人2,500円 子ども、シニア2,000円
    ・観覧料 大人1,000円 子ども、シニア500円
    【スプリングキャンペーン期間(3月21日~4月9日)】
    ・1日券 全日 大人2,500円 子ども、シニア2,000円
    ・ナイター 大人2,000円 子ども、シニア1,500円
    ・観覧料 大人1,000円 子ども、シニア500円
    ※子ども(3歳~小学生以下)シニア(60歳以上※要証明)
    子連れに便利な設備 女子トイレにおむつ交換台有、雪遊び広場に屋内キッズルーム、休憩所有
    駐車場 有(平日無料、土日祝日年末年始1,000円)
    URL http://www.yeti-resort.com/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

     

    スキー・スケート