子連れでおでかけ

東京スカイツリー

2017年9月11日

今年で開業5周年を迎える東京スカイツリー。わが家もいつかは行ってみたいと憧れていましたが、ついに今年の夏休みに家族4人で行ってきました!

外観

私は混んでいることを予想して、事前にインターネットで日時指定の入場券を購入。入口フロアは4階で予約券と当日券では入口が異なります。私たちは待ち時間なしでスムーズに入場できましたが、当日券には15分~30分待ちの行列ができていました。

入口

さあいよいよ大型の天望シャトル(エレベーター)で「天望デッキ」へ。地上350mですが、乗っている時間はたった50秒。あっという間にフロア350に到着しました。扉が開くと目の前に東京の街が一望! 子どもたちも「わぁ~、スゴイ!」と窓にかけよりました。すぐ近くの浅草寺や遠くはレインボーブリッジも見えました。

街並み

東西南北、フロアをぐるっと一周してから、さらに100m上の「天望回廊」を目指します。この区間のシャトルは正面と天井がシースルーになっているのが見どころです。「天望回廊」はフロア445から450までスロープ状の回廊になっているので、まるで“空中散歩”をしているようでした。

シャトル天井

展望回廊

「天望回廊」で景色を堪能したら再び「天望デッキ」のフロア345に戻り、小学5年生の息子はショップで記念メダルのキーホルダーを購入しました。さらに1つ下のフロア340に降りて、最後はドキドキの「ガラス床」。私、高い所が苦手なんですが(笑)、小学1年生の娘が「手をつないであげるから大丈夫だよ」と言ってくれました。

ガラス床

ショップ

この日は土曜日ともあって人が多く、5階の出口フロアへ降りるシャトルは混みあっていました。さすが東京の人気観光スポットです。また訪れる機会があれば今度は夜景を見てみたいです。

文/こにゃんこ

東京スカイツリー®

住所 東京都墨田区押上1-1-2
電話 0570-55-0634(東京スカイツリーコールセンター9:00~20:00)
営業時間 8:00~22:00(最終入場21:00)※年末年始などの特別営業を除く
定休日 無休
入場料(当日券・税込) 【天望デッキ(フロア350・345・340)】大人2,060円、中人(高校生・中学生)1540円、小人(小学生)930円、幼児(4~5歳)620円
【天望回廊(フロア445・450)】大人1,030円、中人(高校生・中学生)820円、小人(小学生)510円、幼児(4~5歳)310円
※天望デッキ・天望回廊ともに3歳以下は無料。日時指定のセット券販売あり(Web・セブンイレブンのみ)
子連れに便利な設備 おむつ替えや授乳ができるベビールームあり(1階・4階)
駐車場 【立体駐車場・地下駐車場】30分ごとに350円(税込)、7:30~23:00(入庫は22:00まで) 
アクセス方法 【電車】東武スカイツリーライン「とうきょうスカイツリー駅」または東京メトロ半蔵門線「押上駅」下車
【バス】東武バス スカイツリーシャトル®(東京駅線、上野・浅草線など)
URL http://www.tokyo-skytree.jp/

※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

 

観光・ちょっと遠出