静岡県の名宝展

文化芸術
日時
  • 2019年10月26日(土)
  • 2019年12月15日(日)
  • 時間:午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
開催場所
  • その他市内
  • 平野美術館(中区元浜町166)
内容
ー古社、名刹、旧家の蔵からお宝大集合ー
県指定文化財、寺外初公開、浜松初公開の作品も出品します。

明治9年(1876)に行われた明治政府による県の合併によって伊豆国・駿河国・遠江国は静岡県となりました。三国は江戸時代に整備された東海道によって密接に関わりながらも独自の文化を形成してきました。富士山がそびえ、太平洋に面した三国は日本の歴史の中でも重要な役割を果たし、神社仏閣・時の名家によって様々な文化財が保存されてきました。
本展では、静岡県内の古社、名刹、旧家が秘蔵する選りすぐりの名品を展示いたします。普段は蔵の奥で大切にされ眠っているお宝が揃います。また、田畑朝惠様、伊豆屋伝八文化振興財団様のご厚意により田畑みなお氏撮影の静岡県の文化財の写真も併せてご覧いただけます。ぜひこの機会に地元・静岡県の魅力をご堪能いただければ幸いです。

【開催期間:10月26日(土)~12月15日(日)】
※休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合には開館、翌日休館)
イベントURL
http://www.hirano-museum.jp/shizuokakennomeihou.html
費用
一般800円/中高生300円/小学生200円
※土日に限り小中学生は無料
主催者
  • 公益財団法人平野美術館
問い合わせ先
戻る