手足口病やヘルパンギーナなど、夏の感染症に注意しましょう。

2018年6月25日

2018年6月25日

夏に向けて、A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(溶連菌感染症)、手足口病、咽頭結膜炎(プール熱)、伝染性紅斑(りんご病) 、ヘルパンギーナなどの感染症が流行しやすくなります。
咳やくしゃみによりウイルスを含むしぶきを吸い込んだり触れたりすることで感染(飛まつ・接触感染)します。プールで感染したという話もよく聞きますね。

予防のために、手洗い・うがい・咳エチケットをこころがけ、体調管理を万全にしましょう。
いつもと違う様子があるときは早めの受診をしてください。