≪パパ世代の方へ≫ 風しん抗体検査と予防接種の費用助成について

2019年2月28日

2019年2月28日

現在はすべての子どもが対象期間内に、麻しん・風しん混合の予防接種を2回接種することになっていますが、以前は1回のみの接種だった時期や、男性には予防接種を行っていなかった時期がありました。
そのため、30代以上の人(特に男性)は風しんの抗体が十分にないケースがあります。

家族や妊娠中の女性への感染を予防するために、風しんにかかったことがない人や、予防接種をしていない人は抗体検査を受けましょう。
また、抗体検査の結果、風しんに対する抗体が十分に認められなかった人は、予防接種を検討しましょう。

浜松市では、風しんの抗体検査、および予防接種に対して助成を行っています。詳しくは浜松市Webサイトにてご確認ください。

風しんの抗体検査(無料)の助成対象

  1. 妊娠を希望する女性
  2. 妊娠している女性の同居家族(住民登録が同一の場合)
  3. 昭和37年(1962)年4月2日~昭和54年(1979)年4月1日生まれの男性

風しん予防接種(無料)の助成対象

予防接種法上、風しんの定期予防接種を受ける機会がなかった、昭和37年(1962)年4月2日~昭和54年(1979)年4月1日生まれの男性で、風しん抗体検査の結果、風しんに対する抗体が十分に認められなかった人は、定期予防接種として無料でうけることができます。