子育てのヒント

げんきなマドレーヌ

2015年11月7日

パリのつたのからんだふるいやしきに、12にんのおんなのこがくらしていました。いちばんおちびさんが主人公のマドレーヌ。
タイトルも“マドレーヌ”の文字がちょっと大きいでしょ。そうなんです。見上げる高さのエッフェル塔にも負けない元気のよさは、絵本のサイズとしては大きなこの絵本からもとび出してしまいそう。

げんきなマドレーヌ (世界傑作絵本シリーズ)
ルドウィッヒ・ベーメルマンス
福音館書店
売り上げランキング: 52,296

きちんと判で押したような毎日を過ごすマドレーヌたちでしたが、あるひのまよなかにマドレーヌがおきあがって、わーわーなきはらしていました。マドレーヌは盲腸炎になってしまい、救急車で病院へ運ばれました。
しばらくたったあるひ、みんながてんでにはなをもち、せんせいにつれられてマドレーヌのおみまいにいきました。へやには「わあ!すごい!」おもちゃにキャンデーに、にんぎょうのいえまでありました。なかでもみんなが驚いたのは、マドレーヌが自慢げに見せたおなかの手術のキズでした。
お見舞いから帰った子どもたちの浮かない顔と、その真夜中の大騒ぎは、11人みんなの気持ちがよくわかり納得です。先生のミス・クラベルがいちだいじかと走りに走ってかけつけるときでさえも、シスターらしくちゃんと身なりを整えるあたりはさすがです!
単色のページのところどころにある彩色のページが、料理でいえばスパイスになっていて、両方のページが生き生きとしています。やわらかい線で描かれたパリの有名な建物や広場などがあちらこちらのページに登場して、パリの雰囲気も十分に伝わります。
表紙のマドレーヌが、こちらに笑顔を向けている姿に思わずニッコリして嬉しくなる一冊です。

文/子どもと絵本ネットワークルピナス 会員 鶴見啓子さん

おすすめ図書