子育てのヒント

おうちにいながら楽しむ春のお花見

2017年3月15日

寒い冬が終わり、暖かな春の訪れ。誰もが待ちわびていたお花見の季節です。桜色に染まる街並みは、みんなの心になんとも言えない温かさをもたらしてくれます。幼い子たちが、桜の花を見上げながら、散った花びらを集め、手のひらいっぱいに乗せるしぐさはとても可愛いものですね。ぱっと花吹雪にすると、それはそれはとてもきれいで儚げです。

桜1
 
けれど、ときにはその花びらを持ち帰ってみませんか?水を張った和食器に浮かべれば、おうちの中にお花見の風景が広がります。特別な花器などなくても、おうちにあるもので十分です。

桜2
 
ゆっくりお花見に行くことができない、そんな時もありますね。そんな時は、玄関に桜の枝を大きく生けるのもおすすめです。散ったお花や、気軽に手に入る枝一本でも、おうちの中でそれらが目に入るだけで、ふと心が緩みます。なにかと慌ただしい3月。桜の花が家事や育児の忙しさをきっと癒してくれますよ。

文/webライター 時田祐子さん

ライフスタイル