子育てのヒント

とべ かぶとむし

2018年7月16日

かぶとむしはゆっくりとくぬぎの木の枝を登って行きます。途中で枝の折れた跡を踏ん張って乗り越えたり木の蜜をなめたりしながら枝の先まで行きます。かぶとむしはそこまで行くとはねを広げて・・・そう、飛び立つのです。躍動感に歓声が上がります。かぶとむしの何気ない普段の生活の一編が描かれているのですが、まるで目の前に実際にいるように、実際に見ているかのように感じられて楽しめます。読終わると満足感でいっぱいになります。

昆虫の本というと図鑑というイメージがありますが、この本はそんな考えを払拭してくれる一冊です。なんと言ってもその絵の正確さと迫力、ページをめくる度にわくわくします。昆虫にとても詳しい作者ならではのシンプルですがとても解りやすい絵と文が圧巻の本です。

図書館

◎本の詳細はこちら(福音館ホームページ)

 

おすすめ図書