子連れでおでかけ

Mooovi浜名湖に行こう!【4】~乳幼児とたっぷり遊べる「ベビーゾーン」~

2020年10月8日

入口

ハイハイやヨチヨチ歩きの時期は、外出しても遊ぶ場所が限られてしまいがちです。そんな時は、少し足をのばして「ボートキッズパークMooovi(モーヴィ)浜名湖」へ出かけてみませんか? 館内には乳幼児向けの「ベビーゾーン」があり、ボーネルンドのカラフルで良質な遊具や遊び道具がいっぱい! 今回は、取材ママじゅんじゅんさんと1歳7か月のみおちゃん親子の様子をレポートします。

じゅじゅんさん親子

注意事項

 
  • 2020年7月4日以降、北門は閉鎖中。中央門または南門から入場可能
  • ボートレース場入場前の検温を実施中
  • ボールプール、イベントの再開は未定
  • 入場制限有り(1クールあたり定員120名まで)
  • ボートレース浜名湖開門は10:00~
  • Mooovi浜名湖営業開始時間は10:20~ ※入場状況によりオープンを早める場合あり

乳幼児向けの遊び道具が充実の「ベビーゾーン」

じゅんじゅんさん親子は、今回がモーヴィ浜名湖デビュー。訪れた日はボートレースがお休みだったため、1歳の子どもでも無理なく歩ける場所に車を置くことができました。建物から離れた場所に駐車した場合は、ベビーカーや抱っこひもがあると便利です。ベビーカーは、建物内のモーヴィ浜名湖入口に置くことができます。
 
モーヴィ浜名湖の入口に入って、すぐ左側にあるのが「ベビーゾーン」。ハイハイやヨチヨチ期の赤ちゃんが安心して遊べる玩具や遊具が充実しています。モーヴィでは、「視覚や触覚など、さまざまな感覚が刺激され、体、頭、心をバランスよく育むような遊び」を提案しているそうです。プレイリーダー(遊びのサポートをするスタッフ)の久保田優希さんにベビーゾーンでの遊び方をアドバイスしてもらいながら、初モーヴィを楽しみます!

(1)心地よい音色の楽器で感性を刺激♪

楽器のおもちゃ

みおちゃんが真っ先に向かったのが、カラフルな楽器が並ぶテーブルです。色とりどりのビーズが入ったマラカス、カランカランと心地良い音色が響くカウベル、振るだけで華やかな音が楽しいタンバリンなど、さまざまな種類の楽器が揃っています。自分でマラカスを振ったり、魚の形のシロフォン(木琴)をたたいたりと夢中になって音と手の感触を楽しんでいる様子です。

聴いたり、見たり、触ったりと、小さなお子さんの感性を刺激するような楽器がそろっています。シロフォンはお子さんがたたいても不協和音にならないような配列になっているので、大人が聴いても心地よい音色が楽しめますよ。

(2)カラフルな積み木やブロックに夢中

ブロック積み

次にみおちゃんが夢中になったのが、カラフルなブロックの積み重ねです。知的好奇心をくすぐる知育系の玩具が集まるコーナーがあり、小さなブロックや積み木、パズルなどが並んでいます。中でも集中して遊んでいたのが「ベビーブロック・デイジーボックス」。丸、三角、四角の小さなブロックがセットになっていて、高く積み重ねたり倒したりして遊べます。みおちゃんも1個ずつ慎重に積み重ね、上手に積めると「オー!」と歓声をあげて大興奮していました。

どれも対象年齢は設けていないので、子どもの興味や成長に合ったものを自由に選んで遊んでください。木製の積み木は安定して積めるようサイズがぴったり合うように作られ、角を丁寧に面取りしてあるので安心して遊ぶことができます。

乳幼児も動きが楽しめる遊具がいっぱい!

ベビーゾーンの遊具

ベビーゾーンには小さな子が動いて遊べる遊具も充実。パパママと一緒に乗れる小型のブランコ「デイジースイング」、ゾウが乗っても大丈夫という組み立て式の小さなジャングルジム「クアドロトドラー」など、安心して遊べる遊具が揃っています。特に子どもたちに人気なのが、さまざまな遊び方が楽しめるデンマーク発祥の「ボブルス」。密度の高いスポンジのような素材でできた遊具で、ゾウやアリクイ、ワニなど動物型の見た目もユーモラス。みおちゃんはピンク色のゾウのボブルスにまたがってユラユラと木馬のように揺れを楽しんでいました。

ボブルスは、背中を支えながら赤ちゃんをお座りさせたり、サポートをしながらつかまり立ちさせたり、ハイハイで登って遊ばせてみたりと自由に楽しんでください。

 

赤ちゃんがハイハイでくぐれる遊具やつかまり立ちの高さに設けられた壁面のバー、手で触れたり回したりできる遊具など、動き方や遊び方もバラエティ豊かです。

立ったり歩いたり

歩ける子どもたちに人気なのが犬型のプルトーイ「マックス」!

マックス

ひもを引くと、耳としっぽを振りながらトコトコ歩きます。モーヴィ館内を一緒にお散歩する子も多いですよ。子どもが動いて触ってみたいと思う遊具が多いので、ハイハイや歩行の練習に活用してください。

遊び疲れたら絵本でひとやすみ

絵本コーナー

ベビーゾーンとアクティブゾーンの間には絵本が並ぶ「ライブラリーゾーン」も。子どもたちが大好きな動物や乗り物、食べ物などをテーマにした絵本が置かれ、自由に手に取ることができます。小さな子が自分でページをめくれる手の平サイズの絵本から、物語の迫力が伝わるような大型絵本などサイズもさまざま。

絵本タイム

遊びに夢中で汗だくになっている子に「ちょっと休憩して絵本読もうか」と呼びかけ、親子で仲良く絵本を楽しんでいる姿も見られました。

赤ちゃんとゆったり遊ぶコツ

(1)授乳室・おむつ替えスペースも併設

離乳食スペース

ベビーゾーンには授乳室とおむつ替えスペースが併設されています。授乳室はカーテンで仕切られた授乳スペースが2つあり、60℃のお湯が出る設備も。さらにベビーチェアに座って離乳食が食べられるスペースもあります。

※電子レンジなどはないため、離乳食の温めはできません。

(2)2時間遊べる平日利用もお勧め!

たっぷり遊ぶ

みおちゃんは初めての場所にも物怖じせず、ベビーゾーンで遊び終えると、自分でアクティブゾーンに移動。年上の子どもたちが遊ぶ様子を眺めたり、大きなボールや幼児向けの遊具で遊んでみたりと積極的に楽しんでいました。じゅんじゅんさんも「広くて、動き回れる場所があって良かった。1時間じゃ足りないぐらい!」と満足そう。土日祝日は1日5クールの60分完全入替制ですが、平日は1日3クールの120分完全入替制。同じ利用料金で遊べる時間が2倍になるので、未就園児の場合は平日の利用もお勧めです!

文/のーす

ボートキッズパーク Mooovi(モーヴィ)浜名湖

住所 湖西市新居町中之郷3727-7
電話 053-594-7131
利用時間 10:20~16:40 ※営業日はホームページのカレンダー参照
料金 1人300円 ※大人はレース開催日のみ200円
対象年齢 6か月~12歳 ※保護者1人につき子ども3人まで
駐車場
URL https://boat-kids-park-hamanako.com/

この記事はMooovi浜名湖からの依頼によって、ぴっぴの取材ママがレポートしたものです。

近場でレジャー(市内・近郊)