放課後児童会

2016年8月1日

両親が共働きなどで、放課後子どもだけになってしまう小学生の児童を預かってくれる事業です。浜松市では公設の学童保育のことを放課後児童会という名称で呼んでいます。

放課後児童会とは

小学校の授業終了後や夏・冬・春休みなどの長期休業期間中に、自主性、社会性の向上、基本的な生活習慣を確立し、子どもの健全な育成をはかることを目的として、地域の健全育成会、NPO団体、社会福祉法人などによって運営されています。

対象児童と入会資格

  • 小学校1年生から6年生の児童
  • 保護者が、労働・就学・介護・看護・障害、疾病、入院、災害などの理由により、昼間家にいないか、子どもへの対応ができない状況にあること
    (通常授業日に、小学校1・2年生は午後2時を過ぎる、小学校3~6年生は午後3時を過ぎる時間まで労働等が行われていること)

浜松市内の放課後児童会

基本的に小学校の校区単位で設置され、小学校の空き教室や協働センター等を会場に実施されています。開設時間、会費は児童会によって異なります。

入会の申込みと選考スケジュール

新1年生は就学時健診の時に、現在在籍している児童は放課後児童会を通して、来年度の申込書の配付が行われます。
定員を超える申込みがある場合、「浜松市放課後児童会選考基準」に基づき、運営主体が入会の選考を行います。選考は毎年行われます。

<新1年生>

10月~11月 小学校の就学時健康診断にて、放課後児童会の説明と申込書を配布
12月 各児童会へ申込書を提出
2月 選考結果の通知

<在籍児童>

10月~11月 在籍放課後児童会を通して申込書を配布
11月 各児童会へ申込書を提出
2月 選考結果の通知

提出書類

  • 放課後児童会入会申込書

<添付書類>
世帯の状況により、以下の書類を準備します。
※父母および、子どもと同居している65歳未満の祖父母の方について提出が必要です。

  • 就労証明書(就労の場合) ※指定様式有
  • 診断書(看護、疾病、入院の場合) ※指定様式有
  • 介護認定通知書(介護の場合)
  • 在学証明書及びカリキュラムの確認ができる書面(就学の場合)
  • 障害者手帳の写し(障害を有する場合)
  • 罹災証明書(災害の場合)
  • 教育委員会発行の学区外就学許可書(学区外就学をしている場合)

入会のお問い合わせ

  • 中区、東区、西区、南区、北区(旧細江町、引佐町、三ヶ日町を除く)の方・・・放課後児童会に直接お問い合わせください。
  • 浜北区・天竜区・北区のうち旧細江町、引佐町、三ヶ日町の方・・・各区役所社会福祉課へお問い合わせください。

先輩ママのアドバイス

小学校に入っても、低学年のうちは下校時刻が午後1~2時と早いもの。 仕事を持っているので、子どもの帰宅時間に家にいられないことが不安でした。保育園の先輩ママに聞いて放課後児童会の利用を申し込むことにしました。 放課後児童会は学校ではなく、別組織の健全育成会などが運営しています。知りたいこと・不安なことことがあれば直接聞いてみることもできます。その場合、児童会の電話が通じるのは活動時間中だけのところもありますので、下校後の活動時間を見計らって連絡をとるほうがいいですよ。
ぴっぴの取材ママが放課後児童会の様子をレポートしているので参考にしてくださいね。

お問い合わせ

教育委員会 教育総務課 
電話:053-457-2406