放課後児童会

2016年8月1日

両親が共働きなどで、放課後子どもだけになってしまう小学生の児童を預かってくれる事業です。浜松市では公設の学童保育のことを放課後児童会という名称で呼んでいます。

放課後児童会とは

小学校の授業終了後や夏・冬・春休みなどの長期休業期間中に、自主性、社会性の向上、基本的な生活習慣を確立し、児童の健全な育成をはかることを目的として、地域の放課後児童会育成会、NPO団体、社会福祉法人などによって運営されています。

対象児童と入会資格

  • 小学校1年生から6年生の児童
  • 保護者が、労働・就学・介護・看護・障害、疾病、入院、災害などの理由により、昼間家にいないか、児童への対応ができない状況にあること
    (通常授業日に、小学校1・2年生は午後2時を過ぎる、小学校3~6年生は午後3時を過ぎる時間まで労働等が行われていること)

開設日・時間

平日放課後、長期休業期間中、※土曜日

開設日、開設時間は児童会により異なります。
※土曜日の利用は、保護者の就労により土曜日も利用が必要な児童が対象です。合同会場で実施される場合もあります。

利用料

毎月一定額の会費・おやつ代がかかります。
金額は児童会によって異なります。放課後児童会一覧より各児童会ページの費用の欄をご確認ください。

浜松市内の放課後児童会

基本的に小学校の校区単位で設置され、小学校の空き教室や協働センター等を会場に実施されています。

入会の申込みと選考スケジュール

新年度からの利用は、毎年秋(10月~11月)に申込が行われます。年度途中からの入会を希望される場合はお問い合わせください。

放課後児童会の待機児童数について

定員を超える申込みがある場合は待機児童となる場合があります。待機児童の有無は校区ごとに異なります。

土曜日開設放課後児童会

中区、東区、西区、南区、北区(旧細江町、引佐町、三ヶ日町を除く)の放課後児童会に在籍していて、保護者の就労により土曜日も保育が必要な子どもは土曜日開設放課後児童会を利用することができます。
浜北区・天竜区・北区のうち旧細江町、引佐町、三ヶ日町の方は児童会にお問い合わせください。

お問い合わせ

  • 中区、東区、西区、南区、北区(旧細江町、引佐町、三ヶ日町を除く)の方・・・放課後児童会に直接お問い合わせください。
  • 浜北区・天竜区・北区のうち旧細江町、引佐町、三ヶ日町の方・・・各区役所社会福祉課へお問い合わせください。

先輩ママのアドバイス

小学校に入っても、低学年のうちは下校時刻が午後1~2時と早いもの。 仕事を持っているので、子どもの帰宅時間に家にいられないことが不安でした。保育園の先輩ママに聞いて放課後児童会の利用を申し込むことにしました。 放課後児童会は学校ではなく、別組織の健全育成会などが運営しています。知りたいこと・不安なことことがあれば直接聞いてみることもできます。その場合、児童会の電話が通じるのは活動時間中だけのところもありますので、下校後の活動時間を見計らって連絡をとるほうがいいですよ。
ぴっぴの取材ママが放課後児童会の様子をレポートしているので参考にしてくださいね。

お問い合わせ

教育委員会 教育総務課 放課後対策グループ
電話:053-457-2406