子育てのヒント

小児科医・保健師・助産師など、専門的立場の方々からの応援メッセージです。子どもにおすすめの本や食事のレシピもあります。

  • どうすればいいのかな?

    2007年10月30日

    どうすればいいのかな「どうすればいいのかな?」
    文:わたなべしげお
    絵:おおともやすお
    出版社:福音館書店

    くまくんがお出かけのしたくをしますが、シャツをはいたり、パンツをかぶったり、ぼうしをはいたりしてしまいます。そのたびに「どうすればいいのかな?」と考えて、ひとつひとつ正しく身につけていきます。
    大人が「これはシャツです」「シャツは着るものです」と教えてしまうのではないのです。子どもが自ら試して、失敗して、考えて、学んで、うまくできるようになる。このプロセスの繰り返しが子どものも成長にはとても大事です。その様子を大人はあたたかかく見守りたいものです。自分で洋服を着ることに興味をもちだした頃からおすすめしたい1冊です。
    すっかり自分で洋服が着られるようになった子どもたちも「ちがうよぉ、パンツははくものだよぉ」と喜んで得意げに教えてくれます。注意しなくてはいけないのは、洋服がまだ自分で着られない子、またはやっと着られるようになった子に「ほら、くまくんも自分で靴をはいてるでしょう?○○ちゃんも自分ではこうね」「パンツははくんだっけ?着るんだっけ?」というように、しつけのために絵本を使わないことが大事です。

    細江図書館 山田いづみ



    細江図書館の紹介

    細江図書館は平屋建、駐車場から館内全てのコーナーまで階段はありません。一般成人へのサービスはもちろん児童サービス、視聴覚サービス等を行うとともに、郷土資料・参考図書資料をレファレンス室に配置しています。開架書架にはBGMが流れ、明るく、親しみやすい雰囲気の中、地域のみなさんには気軽に利用していただいています。また細江図書館にはイメージマークがあり、お姫様が本を読んでいるかわいらしいデザインです。

    細江図書館施設案内(アクセス)

    読書の秋!図書館に行こう
  • ラチとらいおん

    2007年10月29日
    ラチとライオン「ラチとらいおん」
    文・絵:マレーク・ベロニカ
    訳:とくながやすとも
    出版社:福音館書店

    このお話は、犬も怖い友達も怖いそんな弱虫な男の子ラチのところに、ポケットにはいるほどの小さな赤いらいおんがやってきます。らいおんはラチに強くなる体操を教えてくれます。ラチはどんどん強くなっていきます。らいおんの助けで怖さを乗り越え、ついにはらいおんの助けなしでもやっていけるようになるお話です。
    この絵本は、縦16センチ横23センチの小型です。絵も単純で書架にあると見落とされてしまいがちですが、単純明快なストーリーは幼い子どもの心にまっすぐに入り込んでいく力強さをもっています。自分が弱虫だと思い込んでいる子に励ましと勇気を与えてくれるでしょう。
    らいおんからの手紙を、自分の宝物にしたいと思う子どももいることでしょう。

    積志図書館 大城美帆子


    積志図書館の紹介

    積志図書館は東区に2館あるうちの北に位置し、市民サービスセンター、公民館が併設しています。人口・世帯数が中区の次に多く幅広い市民の皆さんに利用されています。
    子どものためのおはなし会、幼児向けのブックスタートをはじめとした児童サービスと、市内図書館所蔵の200万冊の資料の提供を行っています。
    地域の生活に密着した図書館として多くの皆さんに利用されています。

    積志図書館施設案内(アクセス) 
    読書の秋!図書館に行こう
  • かぼちゃのプリン

    2007年10月27日

    かぼちゃ…10月にはハロウィンパーティーがあるように、秋ならではの食べ物ですねっ♪
    でも、1つ買うと、しばらく冷蔵庫に入っていること…ありませんかっ!?
    我が家では、軽く全体に電子レンジで温め、皮と種を取り除き、食べやすいサイズに切ってから保存袋に入れ、冷凍にします。
    そして、生クリームを買った時に必ず作ります。

    かぼちゃのプリン

    かぼちゃプリン1 かぼちゃプリン2

    <材料>
    ・かぼちゃ       300g
    (皮や種を取り除いた状態)
    ・たまご         3個
    ・牛乳          50cc
    ・生クリーム      150cc
    ・砂糖          60g

    <作り方>
    1. かぼちゃをボールに入れ、少し水を加えてから、電子レンジでかぼちゃが柔らかくなるまで温めます。
    2. 鍋に、牛乳・生クリーム・砂糖を入れ、人肌程度に温めます。(砂糖が溶ければいいです。)
    3. ミキサーorブレンダー(無ければザルで裏ごしで大丈夫です。)で、かぼちゃをペースト状にし、たまごを1つずつ加えながら、しっかり混ぜていきます。
    4. 3の中に、2を入れ、混ぜ合わせます。
    5. ザルでこします。
    6. 生地を、耐熱性の容器に流し込み、アルミハクや耐熱性の蓋でふたをします。
    7. オーブン皿に、約1cmほど沸騰させたお湯をはり、
     電気オーブン   170℃ → 30分
     ガスオーブン   160℃ → 30分
     した後、庫内で、10分ほど蒸らします。
    8. 中まで火が通っているのが確認できたら、冷蔵庫で冷やします。

    カラメルソースを作り、かけても美味しいですっ。
    おやつタイムにはもちろんのこと!!夕食に、ちょっとした付け合わせでっ♪朝食にっ♪たまごや牛乳が大丈夫になった小さなお子様の食事やおやつにもなります。
    私は、普段、耐熱性の容器で作りますが、おもてなしのデザートにするときは、18cm丸型のもので作ります。↑のレシピの分量は、18cm丸型1台分の分量なので、かなり食べ量がありますっ♪
    耐熱性容器では、2つ分出来ます。
    量を少なくした場合、オーブンの時間を早めてくださいねっ。

    幼児のおやつレシピ
  • しろくまちゃんのほっとけーき

    2007年10月26日
    しろくまちゃんのほっとけーき「しろくまちゃんのほっとけーき」
    作者:わかやまけん
    出版社:こぐま

    図書館でも貸し出しが多く、子どもたちに大人気の絵本のひとつです。ほっとけーきを作るための材料や準備を小さい子どもにもわかるように、子どもの目線にあった失敗や経験をふまえて描かれていています。そして見開きいっぱいに1枚のほっとけーきがふらいぱんの上で順番に焼かれて出来あがるまでの様子が12場面に連続で描かれています。
    単純な線と色の絵なのにほっとけーきが焼けるいいにおいがぷーんとただよってくるような気がするから不思議ですね。また焼けていく状態がその絵とぴったりのことばで書かれているのも子どもたちを引き付けるのでしょう。
    ぽたあん、どろどろ、ぴちぴちぴちという楽しいことばを子どもたちはすぐ覚えてしまいます。読み終わると「ほっとけーき食べたくなっちゃった!」という子どもたちの声も聞こえます。
    読み終わったら、さっそく親子でほっとけーきを作って食べてみませんか。

    水窪図書館 春元健則


    水窪図書館の紹介

    水窪図書館は浜松市で最も北に位置する水窪町の中心地にあります。美しい自然に囲まれて平成8年7月に水窪町文化会館図書室として開始し、合併により水窪図書館となりました。
    規模としては、小規模で「こぢんまり」としていますが、「静かな環境の中で利用でき、親しみのある施設」となっています。
    利用者の割合は小・中学生が最も多く、閲覧コーナーなどを利用して調べ学習を行っています。
    水窪文化会館と併設しておりますので気軽にお立ち寄りください。

    水窪図書館施設案内(アクセス) 
    読書の秋!図書館に行こう
  • かいじゅうたちのいるところ

    2007年10月25日
    かいじゅうたちのいるところ「かいじゅうたちのいるところ」
    作者:センダック
    訳:神宮輝
    出版社:冨山房

    ある晩マックスは大暴れをしてお母さんに怒られ、夕食抜きで寝室に閉じ込められてしまいます。すると寝室に木が生え始め、波が打ち寄せて、船が運ばれてきました。マックスはその船に乗り込んで怪獣たちのいる世界に出かけます。そこで思いっきりいばって遊んだマックスは、やがて「優しい誰かさん」のもとに帰りたくなります。
    子どもにだって不安もあればストレスもある。大好きなお母さんに反抗したい時だってある。そんな子どもの内面を見事に描いたファンタジー絵本の傑作です。センダックのスケールの大きな表情豊かな絵は、はじめてファンタジーを味わう小さな子どもたちも楽しませてくれます。
    そして子どもたちの成長の基本であり、子どもの物語の基本的な構造パターンといわれる「行って帰る」という形は子どもたちにとって安心して聞いて楽しめるものです。帰ってきたら「ちゃんと ゆうごはんがおいてあって、まだ ほかほかと あたたかかった」という最後の文は、聞いている子どもたちも自分のお母さんの優しさをちゃんと感じてくれることでしょう。

    龍山図書館 鈴木まゆみ


    龍山図書館の紹介

    龍山図書館は浜松市でも北に位置する龍山町にあります。パイプオルガンが付設されていることでも有名な龍山森林文化会館の中に併設されています。
    蔵書数は5,000冊と規模は小さいですが、魅力ある本をたくさん揃えてあります。  
    秋葉湖の静かな湖面をながめながら、木の香ただようやすらぎの空間の中でゆったりと本を読んだり、読んであげたりして心地よいひとときを過ごしてみませんか。
    みなさんお気軽にお立ち寄りください。

    龍山図書館施設案内(アクセス) 
    読書の秋!図書館に行こう
  • おにぎり

    2007年10月24日
    おにぎり「おにぎり」
    作:平山英三
    絵:平山和子
    出版社:福音館書店

    行楽の秋、スポーツの秋、食欲の秋・・・秋です。
    おにぎりをもってお出かけ♪そんなご家庭も多いのでは?
    私事でなんですが、ごはんが苦手だった幼稚園のころ、給食のごはんが食べたくなくて「行きたくない」とよくぐずっていました。
    そんなときよく祖母が、味のりで俵型にごはんを巻いた「小さなおにぎり」を作ってくれました。
    塩味のついたのりで、ほんのちょっと巻いたごはん。
    のりの味でひとつ、またひとつ・・・気がついたらお茶碗はからっぽ。
    給食のごはんも食べられるような気分になれました。
    私は、この絵本を見るたびに、やわらかくおおきな手がおにぎりをむすんでいく絵と、「小さなおにぎり」を次々に巻いていく祖母の手つきを重ねてしまいなつかしいやら、おなかがすくやらで、頭の中がいろんな気持ちでいっぱいになります。
    ほこほこ湯気の出るごはんからおにぎりが出来上がるまでを丁寧に描いていて、淡い色でしっかりと質感をとらえた絵は、とてもおいしそう。思わず手を伸ばしたくなります。
    少し前、この絵本と同じ気持ちになったのが、映画「かもめ食堂」。ヘルシンキでカフェを営んでいる主人公たちが、おむすびをむすぶエピソードがあります。
    そのときも、ごはんが苦手だったあのころと祖母の手つきと絵本『おにぎり』を思い出しました。
    気持ちはいっぱい、おなかは「ぐう~」・・・です。

    佐久間図書館 長谷川陽子


    佐久間図書館の紹介

    佐久間図書館は、飯田線佐久間駅舎に併設する「駅の図書館」です。
    図書館の真横に駅のホームがあり、電車の発着を窓から眺めることができます。
    休日などには、電車の時間に合わせて来館される通なお客様もいらっしゃいます。
    ぶらり途中下車される旅行者や通勤通学の電車やバスの待ち時間に利用される方など地域のみなさんに支えられてもうすぐ開館20年。
    毎月1回、読み聞かせサークルや地域のみなさんと「図書館おはなし会」を行っています。
    北欧ロッジ風の建物に、佐久間の自然や民話をモチーフにしたステンドグラスが目印です。

    佐久間図書館施設案内(アクセス) 
    読書の秋!図書館に行こう
  • 三びきのこぶた

    2007年10月23日
    三びきのこぶた「三びきのこぶた」
    イギリス昔話
    訳:瀬田貞二
    絵:山田三郎
    出版社:福音館書店

    三びきのこぶたが、それぞれ、わら・木の枝・レンガで家を建てました。ところがおおかみがやってきてわらの家と木の枝の家を吹き飛ばすと、こぶたを食べてしまいす。けれどもレンガの家だけはいくらおおかみが吹いてもびくともしません。諦めきれないおおかみは、どうにかこぶたを食べようとかぶ畑やりんご畑に誘い出します・・・。
    これは日本でも馴染みの深い、イギリスの昔話です。昔話は語りによって伝承されてきました。そこに絵はありませんので、ことばは簡潔に、物事の起こりも耳で聞いた時に分かりやすく構成されています。子どもたちは信頼できる大人から伝えられる昔話をおはなしとして楽しみながら、知らず知らずのうちに人生や社会を学び、これから生きていく中で出会うさまざまな困難に立ち向かう準備をしてきました。
     このおはなしのこぶたも、次々に襲いかかる危機を自らの知恵で解決します。見事おおかみを退治し幸せをつかむ結末は、きっと子どもたちの心を満足させてくれることでしょう。

    はまゆう図書館 島野陽子


    はまゆう図書館の紹介

    平成16年7月に開館した浜松市立はまゆう図書館は、閑静な新興住宅地「ゆう・おおひとみ」の街並みに調和した郊外型・滞在型図書館として、皆さまに親しんでいただいています。
    1フロア-にまとめたバリアフリーな施設とし、子育て世代の利用が多く見込まれる図書館として、授乳室を設け、児童書を充実させたほか、育児雑誌・女性向け雑誌も多数用意しています。
    また、おはなしのへやのほかテーブル・ソファーなども多数用意し、親子で気兼ねなく充実した時間を過ごせるくつろぎ感のある図書館となっています。

    はまゆう図書館施設案内(アクセス) 
    読書の秋!図書館に行こう
  • くんちゃんはおおいそがし

    2007年10月22日
    くんちゃんはおおいそがし「くんちゃんはおおいそがし」
    作:ドロシー・マリノ
    出版社:ペンギン社

    ある朝、元気に起きたこぐまのくんちゃんは、「きょうはなにをしようかなぁ」と張り切りますが何もすることが見つかりません。なにをしたらいい?と尋ねてばかりのくんちゃんに、おかあさんぐまは外へ行って自分で探してみなさいと提案します。外へ出たくんちゃんは、家の周りをぐるっとまわって、小石をけって、きぎれをひろって…。
    初めはとまどっていたくんちゃんが、次第にひとりで色々なものを発見し、想像し、遊びの世界を広げていく姿が生き生きと描かれています。
    この他にくんちゃんシリーズは、岩波書店から「くんちゃんのだいりょこう」、ペンギン社から「くんちゃんとふゆのパーティー」「くんちゃんとにじ」「くんちゃんのはたけしごと」「くんちゃんのもりのキャンプ」「くんちゃんのはじめてのがっこう」の6冊が出ています。
    いずれも、大自然の中でのびやかに暮らすくんちゃんと、それをあたたかく見守る両親が描かれています。親の立場で読むと、いつも「~しなさい」「やめなさい」などと言ってしまいがちな自分の姿を反省させられます。我が子の様々な成長過程でおりにふれ読んであげたいシリーズです。

    北図書館 太田万裕香


    北図書館の紹介

    昭和58年に開館した北図書館は、1階が一般書、2階が児童コーナーになっています。児童コーナーには浜松市立図書館で発行している冊子「おうちで読んであげたい150冊の絵本」や、ブックスタートのコーナーを設け、図書館がおすすめする本をすぐ手に取っていただけるように並べています。また、毎週水曜日に開催しているえほんとわらべうたの会には、毎回多くの親子に参加していただき、皆で一緒に絵本やわらべうたを楽しんでいます。

    北図書館施設案内(アクセス) 
    読書の秋!図書館に行こう
  • あくたれラルフ

    2007年10月19日
    あくたれラルフ「あくたれラルフ」
    作:ジャック・ガントス
    絵:ニコール・ルベール
    出版社:福音館書店・童話館刊

     作者のジャック・ガントスは、最初子どもの本執筆するのにあたり、「子どもの本はかわいらしくて、やさしいものでなくてはならない」と、考えていたそうです。しかし、それは必ずしも正しくはなく、いくつかの失敗を重ねひどく気落ちしてしまいました。その時ガントスは、子どもの頃学校の先生が教えてくれたことを思い出しました。
    「自分が知っていることについて書けばいいんだよ。」
    ガントスは机に向かい、床にいるネコを見ました。ガントスの足首をひっかこうとはいよってきたり、家中に毛をまきちらしたり、タンスの中の洋服に爪を立ててズタズタにしたり。
     こうして、「あくたれラルフ」の最初の下書きが出来上がりました。その後、何度も話をねり直し、絵を担当したニコール・ルベールも、何度も絵をかき直し「あくたれラルフ」は完成したのです。
     セイラの家に、ラルフというネコが飼われていました。ラルフはひどいあくたれネコでしたが、セイラはラルフが好きでした。
    しかし、ラルフのあくたれは、家の中だけではとどまらず、家族で見に行ったサーカスに置き去りにされます。
    ひどい目にあったラルフはサーカスを逃げ出し、ゴミ箱の上に座っていたところを、迎えに来たセイラに見つけられます。セイラは「いまでもあんたがだいすきよ」とラルフを抱きしめました。
     どんなにあくたれでも、ちゃんと愛してくれる人がいる幸せが子どもたちに伝わります。
    (どんなあくたれの限りをつくしたかは、本を読んでお確かめください・・・。)

    南図書館 西田昌代


    南図書館の紹介

    浜松駅南口から南へ歩いて約12分・循環まちバス「くるる」南ループ「南部公民館南」のバス停から徒歩3分の所にあり、南部公民館に併設されている図書館です。
    子どもが本好きになってもらうため、毎週水曜日に0歳から3歳未満の子と親を対象に「えほんとわらべうたのかい」3歳から10歳位までの子と親には「おはなし会」を行っています。8ヶ月から満1歳の赤ちゃんに絵本を手渡すブックスタートもあります。(開催日時等の詳しいことは図書館まで )良好な親子関係を築くためにも、絵本の読み聞かせが大切です。どうぞご利用ください。
    職員一同お待ちしております。

    南図書館施設案内(アクセス) 
    読書の秋!図書館に行こう
  • チムとゆうかんなせんちょうさん

    2007年10月18日
    チムとゆうかんなせんちょうさん「チムとゆうかんなせんちょうさん」
    作:エドワード・アーデイゾーニ  
    訳:瀬田貞二
    出版社:福音館書店

    ふなのりになりたくて仕方がなかったチムはある日チャンスを得て内緒で大きな船にのりこみます。船員や船長に見つかりますが船の仕事を一生懸命手伝ってみんなに認められます。ところが何日かして嵐にあい、船は今にも沈みそうという大変なことになります。船長とチムは船の最後を見届けようと決心しますが、いよいよ最後という時に救命ボートに助けられます。チムは船長に家まで送ってもらいお父さんお母さんのもとに無事帰ることができました。主人公のチムになりきってお話を聞いている子どもたちにとって毎日の生活の中でこんなに命をかけるほどの経験はほとんどないでしょう。子どもたちはハラハラドキドして手に汗にぎり、最後の結末でほっと安心した顔にもどります。このお話の中でチムはたくさんの大人に出会い、話を聞き、勇気づけられて成長していきます。とりわけ責任感の強い船長の言葉や態度に感動したチムの気持ちは聞き手の子どもたちの心にもきっと強く届くはずです。これから大人になっていく子どもたちに尊敬に値する大人たちをたくさん見せてあげたいと思います。

    中央図書館 島田洋子

     

    中央図書館の紹介

    4月から市内全域で始まったブックスタート事業は基本的に月に1回、各図書館で実施していますが中央図書館では毎月第1金曜日と第3日曜日におこなっています。日曜日には平日に参加できないお父さんも赤ちゃんとお母さんと一緒に参加される家庭が多く大変うれしく思います。時にはおばあちゃんやおじいちゃん、赤ちゃんのお兄ちゃん、お姉ちゃんも一緒にきてくれますが家族そろって図書館を引き続き利用するきっかけ作りにしていただけるといいですね。

    中央図書館施設案内(アクセス) 
    読書の秋!図書館に行こう
  • ペレのあたらしいふく

    2007年10月17日
    ペレのあたらしいふく「ペレのあたらしいふく」
    作者・絵:エルサ・ベスコフ
    訳:おのでらゆりこ
    出版社:福音館書店

     小さな男の子ペレは、小羊を一匹飼っています。ペレも小羊も大きくなりますが、ペレの服は小さくなるばかり。ペレは小さくなった服の代わりに、自分が大切に育てている小羊の毛を刈取り新しい服を作ることにします。    
    刈取った小羊の毛は、ペレが自分でできることと引き換えに、できないことは大人の手を借り、すかれ、糸に紡がれます。そして、自分で濃い青い色に染めた糸は布にされ、ペレの新しい服に仕立てられます。
    他人には帽子を脱いで接するけなげでいじらしいペレの姿に、読み手も緊張し、見守り、そして声援を送らずにはいられません。
     最後にペレは新しく出来上がった服を着て、小羊に「ありがとう!」とお礼を言います。ペレと小羊をあたたかく見守る人たちの愛情が手にとるように伝わり、「よかったね!」と笑っている小羊の声が聞こえるようです。
     素足で生活をするペレが、健康で素直で真面目な男の子であることは各場面で描き出されていますが、ペレの真剣で一途な気持ちも、姿や表情から真っ直ぐ伝わってきて、ペレのたくましさも感じます。
    押さえた色調で一見して古典的な感じを受ける百年近く前の絵本ですが、古さを感じることはありません。簡潔で無駄のない文章と語りかけている絵は、大人も子どもも引きつけられます。
    やさしくあたたかい気持ちにしてくれる、手元に置きたい一冊です。

    城北図書館 鶴見啓子


    城北図書館の紹介

    和地山公園に隣接した当館は、1・2階一部吹き抜け、フローリングの明るく広々とした施設です。エレベーターや授乳室、親子トイレもあり小さなお子様連れでも安心して利用していただけます。
    絨毯を敷き詰めた丸いおはなしのへやでは毎週水曜日と土曜日におはなし会を開き、絵本の読み聞かせとわらべうたを行っています。また、一般雑誌に加えビジネスや音楽関連の雑誌など種類も豊富です。家族揃ってのご利用をお待ちしています。

    城北図書館施設案内(アクセス) 
    読書の秋!図書館に行こう
  • 豚巻き

    2007年10月17日

    秋になると、なぜかお腹が空きますねっ♪
    わが娘も、夏はビックリするほど食べなくなりますが、秋には足りないっ!!と言われることが多くなるほど、食欲が増してきます。
    入れるお弁当の内容も、食べたぁ~と感じるものに変えていかなければなりません。
    冷凍庫に豚バラ肉!!冷蔵庫にウズラの卵!!があったので、この2つでお弁当のおかずを作ってみました。

    豚巻き

    豚巻き

    <材料>
    ・豚バラ肉のスライス
    ・ウズラの卵
    ・焼き肉のたれ
    ・塩、こしょう

    <作り方>
    1. 豚バラ肉に軽く塩・こしょうします。
    2. ウズラの卵の周りに、豚肉を巻いていきます。
    3. フライパンを温め、火を弱火にしてから、豚肉の巻き終わりの部分がフライパンにあたるように並べていきます。
    4. 蓋をし、弱火で豚肉に焼き色がつくまで焼きます。上になっていた部分をフライパンにあたるように置きなおし、蓋をし、焼き色がつくまで焼きます。
    5. 最後に、焼き肉のたれを入れ、全体に味がつくように転がします。

    あまり高い温度で焼いてしまうと、卵が割れて、黄身が中から出てきてしまうので、気を付けてください。
    油を敷かなくても、バラ肉から脂がじわじわと出てきますので大丈夫ですっ。
    食べ応えもあるし、味もしっかりついているので、冷めても美味しく頂けます。また、脂を充分に出して焼いているので、豚肉の脂っぽい…ヌルっとした感じがないです。
    試してみてくださいっ♪

    子育てママのお料理レシピ
  • やさい

    2007年10月16日
    やさい「やさい」
    作者:平山和子
    出版社:福音館書店

     やや小型の版型の見開きいっぱいに描かれた野菜の絵。そこに「はたけで そだった だいこん。」「やおやさんに ならびました。ふとった だいこんですよ。」「はたけで そだった きゃべつ。」「やおやさんに ならびました。やわらかい きゃべつですよ。」・・・と添えられたシンプルな文章の繰り返しが、いろいろな野菜の畑で収穫を待つ様子と八百屋に並んだ姿をいきいきと描き出しています。
     幼い子が、言葉やものの名前と、その実態を結びつける手助けをしてくれる“ものの絵本”の代表作といえるでしょう。この“ものの絵本”の挿し絵ですが、人生経験の少ない幼い子どもだからこそ、出来るだけ実物に近い質感で、そのもののより正確な姿を伝えてくれることが大切になります。後々、言葉や名前を耳にして頭の中に描くイメージに大きな影響を与えるからです。この「やさい」の写実的な挿し絵は、しっかりした観察に基づいて描かれており、作者の誠実に絵本や子ども達と向き合おうとする妥協のない姿勢を感じさせてくれます。
     最後に野菜サラダの絵がさりげなく描かれ、畑・お店・食卓と場面によって変化する野菜の姿も楽しめます。実りの秋、是非目からも野菜の美味しさを味わってください。
     小さい子向けの“ものの絵本”にとどまらず、次のステップである本格的な科学絵本へ橋渡しをしてくれる1冊です。

    浜北図書館 鈴木早苗


    浜北図書館の紹介

     浜北図書館は、浜北駅すぐ前の地下駐車場を備えた「なゆた・浜北」内にあり、1階が児童書、2階が一般書のフロアになっています。
     1階の児童書フロアは、ベビーカーでの移動に不便をきたさないよう、余裕のあるフロアとしてあり、子どもさんと一緒に絵本の読み聞かせができる「おはなしの部屋」、ベビールームのほか、トイレにはベビーシートを設けています。
    また、毎月定期的に開催している「おはなし会」の10月の予定は、就園前のお子様向けは、第2・第4水曜日の午前11時から、幼稚園から小学校低学年向けは、毎週水曜日の午後4時からとなっています。

    浜北図書館施設案内(アクセス) 
    読書の秋!図書館に行こう
  • おさじさん

    2007年10月15日
    おさじさん「おさじさん」
    作者:松谷みよ子
    出版社:童心社

    おさじさんはおいしいものをさがしに、お山を越えて野原を越えてやってきます。そこで出会ったのは、たまごのおかゆを食べようとしているうさぎのぼうや。おさじさんがお手伝いをしようとしますが、うさぎさんはおかゆに鼻をつっこんでやけどをして泣いてしまいます。おさじさんは優しくうさぎのぼうやを手伝って、おかゆをお口へ運びます。おさじさんに手伝ってもらっておかゆを食べられたうさぎのぼうやは、おさじさんのおかげでおいしくおかゆを食べることができておさじさんが大好きになりました、というおはなしです。
    表紙はもちろん中身も可愛らしく親しみやすい絵と、わかりやすく優しげな文章で、自分でごはんを食べる時のおさじの使い方や食べ方などを、おさじさんという擬人化されたスプーンが楽しく教えてくれます。文章も擬音が随所に出てくる楽しげで軽快な内容で、おかゆを冷ます「ふーふー」という音などや、歌うような文章が読む音の楽しさも教えてくれます。はじめて出会う絵本としても最適な本ですし、1人でごはんを食べ始める時期などには丁度いいかもしれません。幼いお子さんの生活の一コマが共感を呼ぶ本です、是非お子さんに読んで聞かせてあげてください。市内の図書館には多数所蔵していますので、どうぞご利用ください。

    三ヶ日図書館 津ヶ谷明日香


    三ヶ日図書館の紹介

    三ヶ日図書館は2000年に開館した新しい図書館で、館内は明るく開放感があり、ゆとりのあるワンフロアになっていて、お子様連れの方にも利用しやすい図書館です。
    児童関係の本は児童書、絵本、紙芝居、雑誌、AV資料(ビデオ・CD・DVD)などがあり、AV資料はすべて視聴ブースで視聴することができます。
    また、児童コーナーは図書館入口すぐの右手にあります。コーナー内には「おはなしの部屋」という部屋があり、その部屋では毎週木曜の午前10:30~(未就学対象)と午後4:00~(就学以上~小学校低学年以下)に分けて読み聞かせを開催しています。使用していない時はどなたでもご自由に部屋を使って読み聞かせなどができます。
    他にも寝転んで本が読める大きなマットや、お子さん用の小さな椅子と机も置いてあります。また、コーナー入口側に児童専用のお手洗いもあり、楽しく、利用しやすいようになっています。是非ご来館ください。

    三ヶ日図書館施設案内(アクセス) 
    読書の秋!図書館に行こう
  • だるまちゃんとてんぐちゃん

    2007年10月12日
    だるまちゃんとてんぐちゃん「だるまちゃんとてんぐちゃん」
    作者・絵:加古里子
    出版社:福音館書店

    ちいさいだるまちゃんは、ちいさいてんぐちゃんの持っているものが、どれもとってもいいものに見えます。てんぐちゃんのうちわ、ぼうし、はきもの・・・・。
    だるまちゃんは、家に帰っては、だるまどんに「同じものが欲しいよう」とおねだりをします。それに怒りも叱りもせず、いつも応えてくれる、だるまどん。けれども、だるまどんが出してきてくれたものは、だるまちゃんが求めていたものと何か違う。じゃあ自分で考えてみよう!だるまちゃんは、豊な想像力で、次から次へと欲しかったものを自分なりに作ってしまいます。
    てんぐちゃんは、自分の真似をするだるまちゃんを見ても、だるまちゃんの作ったものを、いいねと素直にほめます。さあ、だるまちゃんが最後にうらやましがった、てんぐちゃんの持ち物とは・・・・?幼い子どもの伸び伸びとした様子と、それを囲む大人のおおらかな優しい目線が感じられる1冊です。

    春野図書館 市川友香


    春野図書館の紹介

    春野図書館は国道362号線沿い、春野地域自治センターから清流気田川をはさんだ対岸にあります。春野の美しい山と気田川に囲まれて平成4年8月の開館以来、地域の憩いの場として利用されてきました。春野で育った杉やヒノキをふんだんに使用した木造の図書館は、木のぬくもりや柔らかさが感じられ、天窓から光を取り入れた明るく開放的なつくりになっています。図書館としては珍しく土足禁止のため館内が清潔に保たれ、小さなお子様も安心してご利用いただけます。館内1階は、一般書、児童書に加え春野町出身の白井鐡造氏にちなんだ宝塚歌劇団のコーナーがあります。2階は、AV資料、郷土資料、山と木に関する資料のコーナーがあります。ぜひ、春野の柔らかな空気に包まれてくつろいだ気分で読書をお楽しみください。

    春野図書館施設案内(アクセス) 
    読書の秋!図書館に行こう
  • もこ もこもこ

    2007年10月11日
    もこ もこもこ「もこ もこもこ」
    作者:谷川俊太郎
    絵:元永定正
    出版社:文研出版

    「もこ もこもこ」は、不思議なことばのリズムを楽しむ絵本です。
    「もこ もこもこ」「にょき にょきにょき」「ぱく」などたったこれだけなのに、なぜこんなに子どもたちを楽しませてくれるのでしょう。
    擬音語と鮮やかなイラストだけで構成されています。生命力あふれる絵と選び抜かれたことばがぴったり合って、聞き手にことばのリズムの不思議な力を感じさせてくれます。
    子どもは、この不思議な世界を何度も何度も楽しみ、楽しい気分へと誘われていきます。せがまれて何回も読むうちに、大人もいつの間にかこの絵本のとりこになっています。
    まだ、しゃべることのできない赤ちゃんから小学生はもちろん、大人にまで幅広い世代に人気のある1冊です。
    幼い時から擬音語・擬態語に親しみ、言葉で「音を楽しむ」ことをたくさん経験していると、言葉の美しさを感じ取ることのできる子どもへと成長していきます。
    親子で繰り返し読んで、楽しんでいただきたいと思います。     
    雄踏図書館 荒熊


    雄踏図書館の紹介

    雄踏図書館は、旧雄踏町のほぼ中央に位置し、中央公民館を取り壊した跡地に建設され、平成10年7月に開館しました。
    吹き抜け部分に自然光を取り入れ、明るく柔らかな雰囲気になっています。
    書架の高さを低く抑え、書架間の通路を広く取りゆったりとした中で本をとることができるように工夫し、特に児童コーナーは絵本の表紙見せが多いと利用者からも評価されています。また、児童コーナーの一角に「おはなしの部屋」があり、毎週水曜日午後3時30分から園児・小学校低学年を対象に「おはなし会」、第1・第3水曜日午前10時30分から3歳までの乳幼児と保護者を対象に「えほんとわらべうたの会」を開催しています。
    所蔵数は多くありませんが、たくさんの方に利用されています。

    雄踏図書館施設案内(アクセス) 
    読書の秋!図書館に行こう
  • もりのなか

    2007年10月10日
    もりのなか「もりのなか」
    作者・絵:マリー・ホール・エッツ
    訳:まさきるりこ
    出版社:福音館書店


     小さな男の子が紙の帽子をかぶり、“らっぱ”を持ってもりへ散歩に出かけました。らっぱの音を耳にしたいろいろな動物たちが次々に現れ、男の子のらっぱにあわせて、ほえるらいおん、鼻をならすぞう、うなるくま、たいこをたたくかんがるー、くちばしをならすこうのとり、手をたたきさけぶさるたちが一緒に散歩についてきます。みんなでもりのなかでお菓子を食べたり、ゲームをしたりして楽しいひとときを過ごします。かくれんぼをして男の子が「もう、いいかい!」と目をあけると動物たちは消えて、お父さんが迎えにきて一緒に家に帰るというストーリーです。
     抑えた文章と白黒の絵が、日常のはざまにある不思議な世界を効果的に描いています。もりのなかで動物たちと一緒に散歩しているようなステキな気分が味わえます。音、色、味などの強い刺激に絶えずさらされ続けている今の子どもたちにこそ読んであげたいほのぼのとする絵本です。きっと、お気に入りの1冊になると思います。
     この絵本の続きとして「また もりへ」があります。それもぜひ、読んであげて下さい。
      
    舞阪図書館 野田 政代


    舞阪図書館の紹介

    浜松市立舞阪図書館は浜松市舞阪郷土資料館と共に、平成2年に開館しました。南側の防風林の中には白い舞阪灯台がそびえ立ち、図書館周りは町民の森となっています。芝生の上で遊んだり、お弁当を食べたりなどして自然とも触れ合える図書館です。図書館内はジュウタン敷きの「おはなしコーナー」がありくつろいで絵本を楽しめます。児童書、絵本は種類も多く充実していますのでご来館下さい。また、舞阪町の祭り、漁業、街道を展示する郷土資料館もあわせてご覧下さい。

    舞阪図書館施設案内(アクセス)
    読書の秋!図書館に行こう
  • どろんここぶた

    2007年10月9日
    どろんここぶた「どろんここぶた」
    作者:アーノルド・ローベル
    訳:岸田衿子
    出版社:文化出版局


    お百姓さんのうちのこぶたは、やわらかーいどろんこの中にすわったまま沈んでいくのが何よりも何よりも好きでした。ところが、ある朝、お百姓のおばさんがおおそうじをして、うちじゅうぴかぴかになったけれど、こぶたの大切などろんこがなくなってしまいました。こぶたは怒って逃げ出して、どろんこをさがしに行きます。さて、こぶたはだいすきなどろんこを見つけられたでしょうか?
    「お百姓さん夫婦」はやさしいおとうさんとおかあさん、「こぶた」はわんぱくな子ども、「どろんこ」は子どもの居場所です。とてもユーモラスな話ですが、子どもの居場所をなくしてはいけないことを教えてくれます。
    ローベルが子どものままの気持ちを持った人だったから、このおはなしを書くことができたのでしょう。絵本を読んでいただければ、あなたもこぶた(子ども)と同じ気持ちになり、初版から36年も経つのに、今でも子どもたちに共感されて、人気がずっと続いている理由がよくわかります。
    可新図書館 伊藤 治

    可新図書館の紹介

    JR高塚駅から南に徒歩10分、南区小沢渡町に、平成9年4月開館。一般書約5万冊、児童書約2万冊の蔵書があり、書架横に設置された閲覧席で、ゆっくりと読書を楽しむことができます。行事は、毎週水曜日、午前10時~えほんとわらべうたの会(対象:0~3歳くらいまで)、午後4時~おはなし会(対象:3~8歳くらいまで)、また毎月第3水曜日午前10時~8ヵ月から満1歳までの子どもと保護者を対象にブックスタートをしています。

    可新図書館施設案内(アクセス)
    読書の秋!図書館に行こう
  • ピーターラビットのおはなし

    2007年10月5日
    ピーターラビットのおなはなし「ピーターラビットのおはなし」
    作者:ビアトリクス・ポター
    出版社:福音館書店

    世界中の子どもたちに愛され続けてきたこの絵本は、今から100年も前にイギリスで出版されたピーターラビットシリーズの最初の1冊です。普通の絵本と比べると、かなり小さいサイズで、エプロンのポケットにすっぽり入ってしまうような大きさですが、この中には誰もが一度はどこかで見たことがある世界的に有名なうさぎとその仲間たちの世界がひろがっています。そして、不思議なことに、洋服を着て私達人間と同じような生活をしているのに、おはなしの世界であることを忘れてしまうほど、自然な野生動物の動きや感情が伝わってきます。それほどに、ビアトリクス・ポターの描く絵と物語は丹念なスケッチを基にした繊細で美しい絵と、スリルとユーモアに満ちたストーリ展開で、小動物たちの活躍する空想の世界を見事に創り上げています。私たちの子ども時代より、さらに自然の環境が減っていくこれからの時代に、大切に伝えていきたい絵本です。
    東図書館 大石陽子

    東図書館の紹介

    東図書館は、子安町の蒲公民館に併設された2階建ての施設です。1階は一般書、2階が児童書と閲覧室になっています。毎週水曜日には、2階の『おはなしの部屋』で3歳くらいまでのお子さんと親を対象にした『えほんとわらべうたの会』を午前10時30分から、3歳~10歳くらいの子を対象とした『おはなし会』を午後3時30分から開催しています。事前の申し込みは必要ありませんので、自由に参加してください。また、今回ご紹介したピーターラビットシリーズの絵本も、2階にコーナーがありますので、どうぞご利用ください。

    東図書館施設案内(アクセス) 
    読書の秋!図書館に行こう
  • 鶏のから揚げ

    2007年10月5日

    なんとなく風も秋風に変わってきたように思います。
    運動会の季節!!ではありませんかっ!?
    子供のお弁当・・・自分たちのお弁当・・・おじいちゃんやおばあちゃんの分まで♪
    お母さんは朝から大忙しっ!!たいへんですよねぇ。
    お弁当の定番!?鶏のから揚げのレシピを書きたいと思います。
    お弁当にはもちろんっ♪お客様へのおもてなし料理としてもよく作ります。
    我が家の人気料理の1つですっ♪♪♪

    鶏のから揚げ

    ビニール袋で・・・ からあげ

    <材料>
    ・鶏のモモ肉or胸肉
    ・醤油
    ・酒
    ・にんにく
    ・小麦粉(薄力粉)
    ・揚げ油(サラダ油)
    ・ビニール袋
    ・塩・こしょう

    <作り方>
    1. にんにくは、皮をむいて、すりおろします。
    2. 鶏のモモ肉or胸肉を食べやすいサイズに切ります。塩・こしょうをします。
    3. ビニール袋に、切った鶏肉を入れます。入れたら、にんにく・醤油・酒(醤油:酒=1:1)もお肉の入ったビニール袋の中に入れます。
    4. 袋の口を結び、袋の上からお肉全体に汁がいきわたるように、軽くもみます。
    5. 冷蔵庫に入れ、1晩(夜、食べるときは午前中に!!)お肉に味をしみ込ませます。
    6. 冷蔵庫の中から取り出し、お肉のみボールに移します。(漬けた汁は捨ててください)
    7. 揚げ油を170℃~180℃にし、お肉に、小麦粉をまぶし、お肉全体になんとなく小麦粉がついたかなっ!?というくらいにします。
    8. 中まで火が通るようにしっかりあげます。

    大量に作る時も、お弁当用に作る時も、下ごしらえさえしておけば、あとは揚げるだけっ!!
    冷めても、お肉にしっかり味がついているので美味しく頂くことができます。
    にんにくの量は、お好みですが、お弁当には少量・おもてなしには大量にすりおろして漬けています。
    しょうがを入れるレシピもありますが、私は入れていません。
    もちろん!!入れても、とても美味しく出来上がりますので、お好みで入れてみてくださいっ♪

    子育てママのお料理レシピ
  • きんぎょが にげた

    2007年10月4日
    きんぎょがにげた「きんぎょが にげた」
    作者:五味太郎
    出版社:福音館書店

     この絵本は、出版されてから今年で30年が経ちましたが、今でも美しい絵と共に色あせることなく根強い人気があります。
     話の内容は、金魚鉢で飼っている一匹の金魚が逃げ出してしまいます。次から次へと逃げる場所を変えながら、ある時は「テレビの中」へ、そして「キャンデーの瓶の中」へと逃げ回ります。最後に「もう にげないよ。」と言って金魚がたどり着いた場所は?
     逃げ出した金魚は一匹だけでいるのがさみしくてたまらなかったのかな、それとも‥。
    きっと、お子さんは逃げ出した金魚を絵の中から見つけ出しては大喜びすることと思います。
     実際に当館で開催している「おはなし会」でもこの絵本を読むと「どこどこに金魚が逃げた。」こんどは「ここに逃げた。」と口走るお子さんが数多くいます。
     親子一緒になって逃げた金魚を見つけ出してみてください。そしてお子さんの笑顔と共に楽しんでください。
    西図書館 間渕 隆行

    西図書館の紹介
     
    浜松市立西図書館は中区西伊場町の浜松西郵便局の南東にあります。開館は昭和54年4月で市内の図書館の中でも古いほうになります。蔵書は全体で約59,000冊で児童書は約17,000冊、そのうち絵本が約7,000冊あります。2階にある「おはなしのへや」は112㎡あり、今年の2月に改装してきれいなカーペット敷きになりました。毎週水曜日に午前中は「えほんとわらべうた」、午後に「おはなし会」を開催していますので、また一度お子さんと一緒にお越しください。(電話053-456-3379)

    西図書館施設案内(アクセス) 
    読書の秋!図書館に行こう
  • おふろだいすき

    2007年10月3日
    おふろだいすき「おふろだいすき」
    作者:松岡享子
    絵:林明子
    出版社:福音館書店

     まこちゃんは、アヒルのプッカといつもいっしょにおふろにはいります。きょうもプッカをつれてだいすきなおふろに行きました。もわもわとしたゆげがいっぱいです。
    ゆげのむこうにはいったいなにがあるのかな。いまからプッカとおふろのだいぼうけんのはじまりです。
     プッカがさきにおふろにはいって、ゆかげんをみました。「あつくもなし、ぬるくもなし、ちょうどいいかげん。」まこちゃんは、からだをきれいにあらってからおふろにはいります。まこちゃんがせっけんできれいにからだをあらっているあいだに、プッカはおふろになかを大ぼうけんしてきました。
     ぼうけんずきなぷっかは、おふろにもぐってびっくり。おおきなカメがでてきました。かめさんは、おふろをうみとまちがえたのかな・・・・・・。でもそうでもなさそうです。だって、なんとペンギンもいたのです。それも2ひきも。この2ひきは、きょうそうがだいすき。きょうもせっけんをおいかけきょうそうです。きょうそうちゅうにいわのようなものにぶつかってしまいました。いわだとおもったらなんとおっとせいでした。
     こんなにたのしいおふろ、まこちゃんもプッカもだいすきです。まこちゃんちにまるでどうぶつえんがひっこしてきたみたいなんですもの。あしたもプッカとはいろっと・・・・・・。
    天竜図書館 黒川恭仁子
    天竜図書館の紹介

    天竜図書館は、二俣公民館と同じ建物にあります。1階が図書館、2階が公民館となっています。
    天竜図書館毎週土曜日午後2時から30分くらい、「おはなしポケット」というおはなし会をやっています。絵本や紙芝居の読み聞かせです。いつもちいさなお友達から小学校のお兄さんお姉さんまで一生懸命きいています。また、毎月第3水曜日午前10時30分から「えほんとわらべうたのかい」を行っています。0歳から3歳くらいまでの小さなおともだちがおはなしを聞いたり、わらべうたを楽しんだりしています。ぜひいっしょに聞いてみませんか。
    朝9時から夕方5時45分まで開いています。

    天竜図書館施設案内(アクセス) 
    読書の秋!図書館に行こう
  • しょうぼうじどうしゃ じぷた

    2007年10月2日
    しょうぼうじどうしゃじぷた「しょうぼうじどうしゃ じぷた」
    作: 渡辺 茂男
    絵: 山本 忠敬
    出版社: 福音館書店

    「じぷた」は、古いジープを改良した消防車です。「じぷた」のいる消防署には他に、はしご車の「のっぽくん」、高圧車の「ぱんぷくん」、救急車の「いちもくさん」がいますが、その3台が毎回大きい火事で活躍するのに対し、「じぷた」はいつも小さい火事しか任せてもらえず、他の車も「じぷた」のことをばかにしています。でもある日「じぷた」にしかできない大きな火事が起こり、そこで大活躍した「じぷた」は自信を持ち、まわりも「じぷた」を認めるようになる、というお話です。1963年に発行されてから愛され続けているロングセラーの絵本なので、消防車に興味のない若いお母さんが見ると(古い消防自動車だな)と思われるかもしれませんが、子どもは気にしません。それよりちいさい「じぷた」にちいさい自分を重ね合わせ、一緒になって活躍するのです。消防車に興味を持っている子、絵本に集中できるようになった子に最適です。ぜひお子さんと「じぷた」の活躍を楽しんでください。
    引佐図書館 内山真由美

    引佐図書館の紹介

    引佐図書館は北区の中でも東にあり、引佐地区はもちろん細江地区や都田地区の一部の方々にとって最も近い図書館としてご利用いただいています。地域柄、合併前から移動図書館車を所有しており、引佐地区の幼稚園や小学校、福祉施設を巡回しています。移動図書館車は「夢ポッケ号」の愛称で親しまれており、隔週で巡回する夢ポッケ号を待っている子どもたちも少なくありません。行楽などでこちらにお越しの際にはぜひお立ち寄りください。

    引佐図書館施設案内(アクセス)
    読書の秋!図書館に行こう
  • かもさんおとおり

    2007年10月1日
    かもさんおとおり「かもさんおとおり」
    作・絵: ロバート・マックロスキー
    訳: 渡辺 茂男
    出版社: 福音館書店

    カモのマラードさん夫婦は、卵をうむために狐や亀にねらわれない安全な場所を捜して飛び続け、ボストンの町のチャールズ川にある中州を見つけて巣を作り、おまわりさんのマイケルと知り合う。卵は8ツ。ひながかえり母ガモは忙しい。母ガモは誇らしげに、ひなたちに泳ぐ、もぐる、一列に並んで歩くことを教える。父ガモは川の様子を調べるために、一足先に出かける。母ガモはひなたちを連れて、父ガモの待つ公園へ行こうとして、大通りを横断しようとするが、車が多くて渡れない。カモの親子が「ぐわっ!ぐわっ!」とないていると、おまわりさんのマイケルさんがとんできて車を止めて渡してくれる。町のひとたちはびっくりするが、見守るひとの表情は優しく、母ガモの得意そうな顔もほほえましい。作者は、声高に自然や生き物を大切にしようと叫んではいない。だがこの本に込められた作者のメッセージは、時代を超えて、読む人に静かに語りかけてきます。
    南陽図書館 鈴木義雄

    南陽図書館のご紹介

    南陽図書館は旧浜松市の東南部地域を対象に、南陽公民館に併設して、昭和59年4月に開館いたしました。
    ■所在地 南区下江町462番地 TEL426-1000
    ■遠鉄バス遠州浜蜆塚線下江町下車徒歩7分
    ■開館時間 火~木曜日、土・日・祝日は、午前9時~午後5時30分。
     金曜日(祝日を除く)は、午前9時~午後7時
    ■休館日は月曜日(祝日を除く)と、年末年始(12月29日~1月3日)

    南陽図書館施設案内(アクセス)
    読書の秋!図書館に行こう
  • 特集”読書の秋!図書館に行こう”

    2007年10月1日
    気候もだんだん秋らしくなってきました。ブログ「おすすめ図書」では”読書の秋!図書館へ行こう”と題しまして、おすすめ絵本の特集が始まりました。
    市内の図書館より、子ども向けの絵本が紹介されます。

    また絵本の紹介にくわえて、各図書館からのメッセージも掲載されます。
    図書館では誰でも気軽に参加できる『おはなし会』や『えほんとわらべうたの会』などが開催されています。
    読書の秋、親子で一緒に図書館に出かけてみませんか?

    ブログは、10月中、ほぼ毎日更新される予定です。どうぞお楽しみに!
    ぴっぴ事務局
    読書の秋!図書館に行こう
  • いちご

    2007年9月24日

    いちご  いちご
     平山和子作
     福音館


    「わたしは いちごです」「わたしも いちごです」
    「いちごは どこにあるの?」

    葉っぱだけで、赤いいちごはどこにもありません。
    そんな冬の場面から始まります。
    暖かくなり、花が咲き、そして、小さな実ができて
    いちごが、だんだん大きくなっていくのをワクワク ドキドキ
    次のページを早くめくりたくなる、そんな絵本です。

    赤くて美味しそうないちご。
    「さあ どうぞ」「さあ たべてください」
    娘によんであげると、この言葉と同時に絵本の中のいちごを
    1つ1つ食べていくマネをしていました。時々、私の口にいれてくれたり・・・
    そんな、のんびりした、そして、ゆったりと時間が流れた。
    あの頃が懐かしく思う今日この頃です。

     

    おすすめ図書
  • ねばねばうどん

    2007年9月15日

    残暑…まだまだ暑いですねぇ。
    旬のものを食べていると夏バテしない・・・と昔から言われていますっ。
    我が主人は、納豆が大の苦手っ!!基本的になんでも食べられる
    人なのに、納豆だけはダメなのです。が、あるお店で、夏の旬のものを使った料理のお陰で、納豆を食べることが出来ましたぁ♪
    ただし、その料理限定ですけどねっ!!
    今は、我が家でアレンジしたものを、テーブルに出しています。

    ねばねばうどん

    ねばねばうどん

    <材料>
    ・冷凍さぬきうどん
    ・おくら
    ・長いも
    ・納豆
    ・天かす
    ・ほうれん草
    ・玉子
    ・めんつゆ

    <作り方>
    ① 鍋に水を入れ、沸騰させてから、オクラを入れ、3分くらい
    茹で、食べやすいサイズに切ります。
    ② 長いもは皮をむき、すりおろします。
    ③ ほうれん草は、ゆがいてから、食べやすいサイズに切ります。
    ④ 冷凍のうどんをお湯でほぐし、ざるにあけてから、水洗いし、しっかり水きりしておきます。
    ⑤ どんぶりに、めんつゆを入れ(濃縮タイプの場合、水をたします)、④のうどんを入れてから、
    おくら・長いも・納豆・天かす・ほうれん草を飾り、上に玉子をのせます。

    食べる時に、全てを混ぜてから食べてみてください。
    それでも、納豆が気になる場合は、天かすを食べる直前に大量に入れると、気にならなくなるようです。
    美味しいですよっ♪

    子育てママのお料理レシピ
  • おつきさま こんばんは

    2007年9月9日

    おつきさまこんばんは  おつきさま こんばんは
      林 明子
      福音館書店


    もうすぐお月見ですね。
    今回は、小さい子向けの「おつきさま」の絵本です(^^)

    夏のはじめに、ママ友達が1歳の男の子(あー君)を連れて、我が家に遊びに来たことがありました。
    私と友達はおしゃべりがしたくて、でもあー君はママにかまって欲しくてぐずり出して。。。
    そしたらママが、バッグの中から『おつきさまこんばんは』の絵本を出しました。
    ”読んであげるのかな”って思ったら、
    ママが表紙で”いないいないばあ”をはじめたのです☆

    表の表紙に顔を隠して「○○君、いないいない~」って言った後、裏の表紙にパッと変えて「ばあ~っ♪(^o^)」とニコニコ笑顔で顔を出します。

    あー君の喜びようったら♪
    ママの満面の笑顔に本当に嬉しそうな顔。
    しぐさで「もう一回、もう一回」と、何度も何度もリクエストしていました。
    絵本でこんな遊びも出来るんだなって、すてきな驚きと感動をもらいました。

    それから、ママがあー君に読んでる絵本を私も一緒に楽しみました。

    空にのぼったお月様を雲さんが隠して
    「だめだめ、おつきさまの おかおがみえない」
    とネコの子たち。
    すると雲さんは、「ごめんごめん、ちょっとおつきさまとおはなししてたんだ、ではさようなら またこんど」とゆっくりと流れていきます。
    現れたにっこり笑顔のお月様。。。
    「あーよかった、おつきさまがわらってる まんまるおつきさま こんばんは こんばんは」

    子どもたちにとって、ママの存在って、まんまるなお月様みたいなものなんでしょうね。
    忙しそうに家事をしたり、仕事もしたり、他の人ともおしゃべりしたりで一人占めはむずかしい。
    けど、自分の方を向いてくれたときに、また自分が見上げたときに満面のまあるい笑顔を向けてくれれば最高に幸せな気持ちになれる。

    お月様の綺麗な季節。。。ママたちの笑顔がまるくキラキラと輝いていますように。

    おすすめ図書
  • ピタパン

    2007年9月2日

    お盆休みに、遠方から友達家族が遊びに来てくれました。
    子供も、大人も、楽しく美味しく食べることができるBBQっ!!
    でも、いつもと同じではなにか芸がないなぁ~と思い、考え、ピタサンドにしましたぁ♪
    ここで、ご紹介するのは、ピタの作り方ですっ。

    ピタパン

    ピタパン1 ピタパン2

    <材料>
    ・強力粉            250g
    ・インスタントドライイースト  3g
    ・塩              5g
    ・砂糖             8g
    ・オリーブオイル        大1/2
    ・水              約150cc

    <作り方>
    1.大きめのボールに、強力粉を入れ、その上に、ドライイースト、その隣に砂糖、ちょっと離して塩をのせ、オリーブオイルは塩の近くに入れてから、水を加え、手でも木べらでもいいのでしっかり混ぜます。
    2. ひとまとまりになったら、弾力がつくまでしっかり手で捏ねます。
    3. 弾力がついたら、丸めなおして、ボールに入れなおします。
    4. 布巾を水につけてから固く絞り、ボールの上にかけ、暖かいところに20分~30分置きます。
    (夏の間は、この時間内で大丈夫です)
    5. 生地が最初の2倍~2.5倍に膨れ上がったら、丸めなおし、7等分します。7等分したら、1つずつ丸めなおし、生地が乾燥しないように、布巾を生地の上にかぶせます。
    6. 打ち粉として、強力粉を周りにまぶし、1つずつ、めん棒で、直径15cmくらいの円にのばします。
    7. 鉄板に、クッキングシートを敷き、6.の生地を置いていきます。
    8. 電気オーブン  予熱あり 190℃ → 7分くらい
      ガスオーブン  予熱あり 180℃ → 5分くらい
    9. 冷めてから、半分に切ります。

    ピタパンは、パンを作る中でも、非常に簡単に作ることができ
    る・・・と言われています。
    たしかに、全工程で、1時間ほどでできます。
    出来上がりは、円盤形で、半分に切ると、中が空洞になってい
    るので、サンドにするにはとても楽で適したパンです。
    ↑オーブン時間だと、ソフトピタパンになります。ハードタイプがよければ、もう少し焼き時間を長くとった方がいいです。小さなお子さんがいるご家庭では、ソフトタイプの方が食べやすいようですっ。

    子育てママのお料理レシピ
  • 子どもの思いを想像する

    2007年8月31日

    笑顔夏休みも終わりに近づいたある日、小学生の娘が私に、自由研究の調べ物で川に行きたいと言い出した。何気なく父親には言ったのかと聞くと、まだ話してないと言う。

    先ほどの会話のことは知らず、朝食後、父親が娘に宿題は終わったのかと尋ねていた。娘は自由研究がまだ残っていると話し、少しのやり取りの後、父親から「明日、川に行こうか。」と切り出し、娘も頷いていた。

    自分の思いは、ことばで表現できる子になってほしいと願っている。自由研究をするため、娘は川に行きたかったのである。父親との会話のとき、なぜ娘は自分から「川に行きたい。」と言わないのだろう?そう感じた私は、後で娘に言った。「ああいうときは自分から言わないとダメだよ。」それに対し、娘は「お父ちゃんは足が痛いと言っていたから、お母ちゃんに頼んだ。」と言うのだ。

    我が家は8月に引越しをした。近所への引越しだったこともあり、大きな物は業者に頼んだが、小物は全て自分たちで(ほとんど夫が)運んだ。何度も荷物を運び、階段の昇り降りをし、夫は足が痛むと言っていたのだ。娘はそれを聞き、娘なりにちゃんと考えていたのである。小さな驚きですらあった。娘の中でそんな意味があったとは。そうとは知らず、私は単に表面上のことで、娘に注意してしまったことを反省した。お父ちゃんのことを思ってくれて、ありがとう。

    ことばが通じない頃の子育てでは、特に子どもの思いを組みながら、周りとの折り合いをつけていくことが重要である。でも、会話ができるようになっても、子どもの思いや考えを想像することって大切なんだと感じさせてくれた一件だった。翌日、娘は約束どおり父親に川に連れて行ってもらった。私は残って家の片付けである。いつになったら引越し荷物は片付くのか・・・。

    子育て情報センター 鈴木

     

    子どものこころと発達
  • 杉山きょうだいのしゃぼんだまとあそぼう

    2007年8月17日

    杉山きょうだいのしゃぼんだまとあそぼう(かがくのとも傑作集)

    シャボン玉表紙  杉山 弘之 杉山 輝行 =文と構成
      吉村 則人 =写真
      平野 恵理子 =絵

    しゃぼんだまと思いっきり遊んじゃおうという本です。
    一学期の終わりに、小1の教室で読み聞かせをしました。
    ページをめくるごとに子ども達の大歓声があがって、
    ワクワクした気持ちでいっぱいになる本です。

    しゃぼんだまだまと遊ぶ子どもたちの写真、躍動感のあることば、
    そして しゃぼんだまの上手な吹き方や、輪っかの作り方などをわかりやすく紹介してる文とイラスト。

    しゃぼんだまとたわむれている子ども達の写真がすごくいいです。
    無心にしゃぼんだまを吹く顔、キラキラ飛ぶしゃぼんだまを見あげる笑顔、
    嬉しくて、飛んできたしゃぼんだまに思わず頭でタッチして。。。
    「しゃぼんだまとおどってる」♪

    2014030320630_shabon2.jpg

    ”しゃぼんだまは丸い輪っかで作るもの”というイメージをくつがえす驚きのページが真ん中くらいにあります!
    『こんなのでもできる! れんこんでも ラッパでも あわたてきでも うちわのほねでも』 
    子どもたちは このページが大好き!
    「れんこんでも」「えーー!(^o^)」
    「ラッパでも」「えーーーーー!(^O^)」
    と驚きと笑顔の声がだんだん大きくなっていきます。

    そして次のページ。。。『サンダルでもできる!』
    もう子どもたち のけぞって大歓声です!

    そして、どうしてそういうものでもしゃぼんだまが出来るのかちゃんと説明してくれてるところが すごく良いですね。
    自分もいろんな道具を持ち出して、しゃぼんだまをやってみたくてウズウズしてきます。

    夏休みになり、小1の息子と友達が 庭のプールの横でしゃぼんだまを作って、歓声をあげています。

    皆さんも、お日様の下で、いっぱい遊んでくださいね(^^)

    *本には載ってないのですが、『針金を輪にして、周りに包帯をグルグル巻いた輪っか」を作ると、しゃぼん液をたくさん含んでくれてオススメです。
    やさしく振ると大きなしゃぼんだまができますよ♪
    液も、薬局でグリセリンを一本買っておくと、じゃんじゃん遊べます(^^)
    巻末に上級用の液作り方も載っていますが、もっと簡単なのを紹介します。
    『500mlのペットボトルに、グリセリンを100ml、中性洗剤を100ml、そして上まで水を入れて混ぜればOK』割れやすかったら、グリセリンを少し足してみてください。



    おすすめ図書
  • 青じそ漬け

    2007年8月15日

    暑くなりましたねぇ。幼稚園児&学生児がいるご家庭は、夏休みに入ると、子供の昼食も考えなくてはなりません。
    私の家の畑には、今年、青じそがとてもよく育ち、友人が取りに来ても、葉が全然なくなる気配がありません。
    そこで、親戚に教えてもらったしそ料理!?をお教えしますっ♪

    青じそ漬け

    <材料>
    ・青じそ    10枚程度
    ・にんにく   1/4片
    ・醤油     大さじ1杯程度
    ・ごま油    大さじ1杯程度

    <作り方>
    1.青じそは洗ったあと、キッチンペーパー等で水分をしっか
    り取ります。
    2.にんにくは、すりおろします。
    3.すりおろしたにんにくに、醤油・ごま油を混ぜます。
    4.蓋つきの容器に、あおじそを敷き、3.を少し加えます。また青じそを敷き、3.を加え・・・を繰り返し、蓋をして、冷蔵庫に入れ1晩おきます。
    5.青じそからの水分が出て、全体がしんなりしたら食べごろ
    となります。

    食欲がない時には、最適です。
    また、おにぎりののりがわりに使ってもいいですっ。その際には、ラップを敷き、青じそ→ご飯の順番で、ラップの上から握ると手が汚れずにすみます。とても美味しいですよっ♪

    子育てママのお料理レシピ
  • チーズとしその揚巻

    2007年8月9日

    冷蔵庫にクリームチーズと春巻きの皮がありました。このままクリームチーズをほおっておくと、カビがはえてしまうかも・・・と思い、試しに作ってみました。

    チーズとしその揚巻

    チーズとしその揚巻

    <材料>
    ・春巻きの皮
    ・クリームチーズ
    ・青じそ
    ・おから
    ・サラダ油

    <作り方>
    1.青じそは、水洗いした後、しっかり水分を取り、みじん切りにします。
    2.クリームチーズを柔らかくし、その中におからを入れ、青じそのみじん切りを加え、しっかり混ぜます。
    3.春巻きの皮を1/4にカットし、2.を春巻きの皮全体に薄く塗り、巻いていきます。
    4.油で揚げます。

    たまたま、おからもあったので入れてみましたが、なくてもかまいません。
    また、青じそではなく、パセリやバジルでも美味しく出来ると思います。
    予想以上に美味しくでき、子供が喜んで食べました。もちろん、ビールにも…♪
    これから、旦那様の夏休みっ!!お客様も多いかも・・・。
    そんなときに、いいですよっ♪
    大量に作って、冷凍しておくと、いざっ!!という時にたいへん重宝ですっ。

    子育てママのお料理レシピ
  • むぎばたけ

    2007年8月3日
    むぎばたけ「むぎばたけ」
    福音館書店
    アリスン・アトリー 作
     矢川 澄子 訳
     片山  健 絵

    ハリネズミが主人公の絵本は、好きなものが多いのですが、物語、日本語、絵と3拍子そろった、私のオススメは、この『むぎばたけ』です。
    3者が響き合い、なつかしく、心地よいリズムにのってお話が進みます。
    かぐわしい夏の夕べ、月夜の冒険にくり出すハリネズミにノウサギのジャックじいさんとカワネズミの一行。麦の伸びるところを見に出かけるのです。
    「夜のしずけさをついて、そのおびただしいムギの穂の、さやさやといううつくしい音楽がこちらにまでつたわってきました。」という文の次のページ、見開きいっぱいに水彩でのびやかに描かれた文字なしの画面。絵が物語を語り、麦の穂のかすかなそよぎの音までも聞こえてくるようです。
     
    また、ハリネズミの鼻歌がいいですよ。実は私も時々旅人をきどって歌わせてもらっています。
    「 お月さんのランプに
      お星さんのロウソク
      夜ごとはるばる
      さまよう おいら 」

    ハリネズミを先頭に、野道を楽しそうに2本足で歩いて行く3人組の後ろについて、この歌を口ずさみながらいっしょに出かけてみたくなるでしょう。きっと。

    そして、アリスン・アトリー、矢川澄子、片山健の他の本にも手を伸ばすきっかけになれたら、うれしいです。


    おすすめ図書
  • 吉田よしのさん

    2007年7月20日

    プロフィール

    絵本

    小1の男の子のママです。 「読み聞かせサークル青い鳥」「劇団みなみかぜ」に所属し、子ども達とおはなしが出会う瞬間の感動を肌で楽しんでいます。
    子どもたちのクスクスという笑い声や、「わぁ~♪」という歓声って、本当に幸せな気持ちになりますね(^^)
    幼稚園や学校で読んだ本や、家で息子と楽しんだ本の中から、子ども達の反応なども交えて『おすすめ絵本』を紹介していきたいと思います。
    また、心理学の勉強を5年前から続けています。選択理論心理学会に所属し、選択理論心理士補の資格を持つカウンセラーの卵です。
    日々の子どもとの会話や人との関わりで、心理学の考え方を意識する瞬間がたくさんあります。 絵本でも、心理学と似たエッセンスが感じられる本って結構あるんですよ(^^)
    親子で絵本に浸るあたたかい時間の中で、子ども自身が自然に感じとったことが、心に花びらのように降り積もって、本当の優しさや生きる力になっていくと思うのです。

    執筆者紹介
  • 14ひきのせんたく

    2007年7月20日

    14匹のせんたく表紙
    14ひきのせんたく
    いわむら かずお
    童心社



    小1の息子と図書館に行った時のこと。。。
    絵本コーナーを見て回っていた息子が「コレおもしろいんだぜ~♪」
    と嬉しそうに持ってきたのがこの絵本です。
    教室の本棚で読んだことがあるようで、早速、借りてきて一緒に読んでみました。うん、これは楽しい☆

    ひらがなとカタカナのやさしい言葉で
    ページ下に一行ずつの文章。
    絵の中には文字を入れないようにしてあるので
    絵がとても美しく、魅力的です。
    そしてページをよ~く見ると。。
    盛り上がった木の根っこにお布団を干している子
    そこへ布団を頭にのせて運んでいく子
    玄関の方では、家から嬉しそうに駆け出してきたきょうだい
    隅の方では、丸太を切ってる二人。。。
    ねずみのきょうだいたちが、ページのあちこちでいろんなことをしています。
    見つけるのが、とっても楽しい!
    表情やしぐさが豊かで、ページの中からねずみたちの生き生きとした声が
    聞こえてきそうです。
    「お布団、ここにほそう」
    「いま、これも持っていくよ~、わっせわっせ!」なんて。
    雨でたまった洗濯物をかついで、みんなで川へでかけます。
    すずしい風が吹く川でジャブジャブジャブジャブおせんたく。
    ついでに泳いで 自分の体もおせんたく。

    2014030320616_14hiki.gif

    ページをめくるごとに耳元をすずやかな緑の風が流れ、まるで自分も、川のせせらぎに足をひたしているような気持ちよさです。
    心の中がマイナスイオンで満たさますよ♪

    14ひきシリーズは他に11冊出ています。
    シリーズをいくつか読むと「あ、またろっくんがずっこけてる」なんて、それぞれの子の性格がわかってきて楽しいです。
    私と息子は、せっせと図書館に通い、全冊借りてすっかり14ひきにはまっています。

    文/吉田よしの

    おすすめ図書
  • ももたろう

    2007年7月13日
    ももたろう表紙
    ももたろう
    瀬川康男・絵
    松谷みよ子・文
    フレーベル館

    小さい子どもの世界で漫画やアニメが主流の今でも、松谷みよ子さんの本には、たくさんの子どもたちが出会っていると思う。
    お母さんが、はじめての子どもにどんな本を読んであげたらいいかな、と思ったとき、本屋さんで自然に手に取る、「いないいないばあ」
    ちょっと大きくなって、幼稚園に行く前に読んであげるやさしい昔話。
    松谷みよ子、という名前は覚えられなくても、松谷みよこさんの本は、子どもたちが大きくなったとき、なつかしい、と思える本になる。

    松谷みよ子さんのお話には、その文章によく似合う、見事な絵が描かれているのも定番だ。
    だから余計、平積みにされたとき、手に取らずにはいられないのだろう。

    ももたろう「ももたろう」もそんな一冊。
    瀬川康男さんの迫力がある絵が、子どもの目を誘う。
    私は、お話会のとき、できるだけ読む本を数冊持っていくのだが、「ももたろう」は、表紙の迫力で選ばれることが多い。
    興味を引く、というのも、本好きになる入り口だ。読み始める。
    ああ、昔話だなあ、というその文体は、自然と読み手もそれらしく(市原悦子風?)読んでしまうのが不思議だ。
    ときどきくすっと笑えるところもあって、見開き、文章なしの鬼退治の場面は圧巻。

    「これでおしまい しゃーん しゃん」
    終わりはとてもあっさりしていて、もう一回読んで、と言いたくなる本。
    ぜひ、どうぞ。


    おすすめ図書
  • 雨、あめ

    2007年7月5日
    あめ
    雨、あめ

    ピーター・スピアー
    (評論社)


    雨の多いこの季節になると、真っ先に頭に浮かんでくる絵本です。

    ある日、姉弟が家の庭で遊んでいると雨が降ってきました。一度家の中に入って、レインコートを着て、長靴をはいて、傘をさして、さあ出発!
    雨の日の散歩は、雨の日ならではの遊びや発見に満ちています。

    この絵本は、まさに“絵本”で、文字がありません。でも、絵の中には物語がいっぱいです。いつの間にやら、想像力が刺激されて、五感も研ぎ澄まされて、雨の中の冒険を楽しんでいると思いますよ。この絵本を見た後は、雨の日のモノの見え方や感じ方が変わってくるでしょう。

    それから、この姉弟のお母さんがステキ!雨の中で存分に遊ばせてくれて、全身すぶぬれのふたりを温かく迎えてくれます。この家族の家の中も好きです。ほどよく雑然としているところがとても居心地よく感じるからで、そこにもお母さんの存在や生活感が感じられます。

    おすすめ図書
  • 蒸し餃子

    2007年7月5日

    今日は主人も娘もお休みの日っ!!
    私が実家にいる頃、おばあちゃんがよく蒸し餃子を作ってくれました。
    焼き餃子ではなんとなく胃が重すぎる。この暑さで食が進まなくなっている・・・。
    そう思った時に、おばあちゃんの蒸し餃子が無性に食べたくなりました。
    さっぱりとした味で美味しいです。

    蒸し餃子

    蒸し餃子

    <材料>
    ・餃子の皮
    ・豚のひき肉
    ・キャベツ
    ・にら
    ・玉ねぎ
    ・醤油
    ・ごま油
    ・酢

    <作り方>
    1.キャベツ・にら・たまねぎをみじん切りにします。
    2.その中にひき肉を入れ、粘り気がでるまでしっかり混ぜます。
    3.醤油とごま油を少々入れ、しっかり混ぜます。
    4.焼き餃子と同じように、皮に種を適量入れ、閉じます。
    5.せいろ(なければ、普通のお皿)にレタスを敷き、その上に餃子を入れます。
    5.蒸し器に水を入れ、沸騰するまで待ちます。
    6.(5.)を蒸し器に入れ、5分~10分ほど蒸します。

    熱いうちに食べると本当においしいです。
    酢醤油で召し上がってみてください。あっさり&さっぱりと食べることができます。
    キャベツのみでも、キャベツ&白菜でもOKですっ。
    今回、皮にもチャレンジしてみましたが、市販のものでも十分だったのでは…と思っています。
    冷まして、離乳食中期~後期のおこちゃまにも食べさせることが出来ますよっ♪

    子育てママのお料理レシピ
  • あるものお好み焼き

    2007年6月29日

    今日は、買い物にも行かず、たいしたものも冷蔵庫に入っていず、なんとなく頑張って作ろう!!という気にならなかったので、お好み焼きにしてみました。
    かなり創作ですっ♪

    あるものお好み焼き

    あるものお好み焼き

    <材料>
    ・ご飯
    ・長いも
    ・ほうれん草
    ・ねぎ
    ・桜エビ
    ・卵
    ・薄力粉
    ・和だし
    ・とろけるチーズ
    ・サラダ油(もしくはごま油)

    <作り方>
    1.ほうれん草は塩ゆでし、ねぎとともにみじん切りにします。
    2.長いもをすりおろします。
    3.ボールに①と桜エビ・ご飯・すりおろした長いも・卵・薄力粉・和だしを入れ、少々水をたし、しっかり混ぜます。
    4.鉄板(フライパン)に、油を敷き、(3)の種を適量入れ、その上にとろけるチーズをのせます。
    5.焼き色がついたらひっくり返して、チーズがカリッとなるまで焼きます。

    味がしっかりついていて、たれがなくても美味しく食べることができました。
    お好み焼きは、薄力粉+卵+水があれば、あと好きなものを入れて混ぜ、焼けば大丈夫ですっ♪
    ご家庭で、楽しみながらやってみてはいかがでしょうかっ!?

    子育てママのお料理レシピ
  • おおきなかぶ

    2007年6月27日

    大きなかぶ
     おおきなかぶ
     ロシア民話 トルストイ再話


    おじいさんがかぶをうえました。
    「あまい あまいかぶになれ。おおきな おおきな かぶに なれ。」
    あまい げんきのよい とてつもなく おおきい かぶができました。
    うんとこしょ どっこいしょ ところが かぶは ぬけません。

    誰もが知っているおおきなかぶのお話です。
    私も毎晩、ねだられ暗記するくらいに読んだ覚えがあります。
    小学校の教科書にも登場しています。

    前回紹介した『そらいろのたね』も今回の『おおきなかぶ』も種やかぶをお世話するところから始まります。
    「おおきくなあれ」とゆうじもおじいさんも声をかけます。
    すると、それに答えるようにそらいろのいえもかぶも大きくなっていきます。
    草花に水をあげる時、無意識に「お水だよ。」「大きくなってね。」と声をかけていますよね。すると草花が返事をしているような・・・。
    えっ、それって私だけ?じゃないですよね。
    子育て中のママたちも、子どもたちにいっぱい声をかけていますよね。
    赤ちゃんに「かわいいね。」と声をかけると、それに答えるようにニッコリとそれは素敵な笑顔をくれます。ママもニッコリです。
    そんな笑顔に出会えると1日、とても幸せな気分です。
    娘にも時々、「かわいいね。」と声をかけると、「なに?」と返ってきます。
    そして横を向きます。おこったような素振りはするが、口元は笑っています。

     

    おすすめ図書
  • そらいろのたね

    2007年6月20日

    そらいろのたね
     そらいろのたね
     なかがわ りえこ文
     福音館


    ゆうじは自分の模型飛行機をきつねの“そらいろのたね”ととりかえました。
    家の庭の真ん中に種をうめて水をたくさんかけました。
    次の朝、豆くらいの“そらいろのいえ”が出ていました。
    小さな家に水をかけて「おおきくなあれ おおきくなあれ」
    すると、少しずつ大きくなっていきました。
    ひよこがドアをあけて入りました。
    “そらいろのいえ”はもっと大きくなりました。
    ねこがきて入りました。
    どんどん、どんどん“そらいろのいえ”は大きくなっていきます。

    うちの娘も3歳くらいの頃、“そらいろのたね”ではなく“さくらんぼの種”を庭にうめて水をかけてお世話をしていました。残念ながら、さくらんぼの芽ももちろん“そらいろのいえ”も出てきませんでした。
    「なんでかなぁ?」と首をかしげ不思議がっていました。
    今はハーブの種をうめて、毎日、成長していくのをながめている中3女子。
    あの頃は本当に“そらいろのいえ”が、いや、さくらんぼの種だから“赤い家”がはえてくると思っていたのでは・・・と。
    あの頃と同じ後姿を見てしみじみと思う母です。



    おすすめ図書
  • しゅくだい

    2007年6月13日

    しゅくだい

    しゅくだい
    宗正美子 原案
    いもとようこ 文・絵
    岩崎書店

    もぐらのもぐの担任の先生が言いました。
    『今日の宿題はだっこです。おうちの人にだっこしてもらってください』
    それを聞いたクラスのみんなは、恥ずかしがったり、嫌がったり。
    みんなの前では恥ずかしがっていたもぐくんでしたが、
    どうやら急いでお家に帰ります。
    ところで、もぐくんの家には最近赤ちゃんが生まれました。
    もぐくんの家は今、赤ちゃん中心の生活が続いているみたい。
    お兄ちゃんのもぐくん、なかなか我慢の毎日のようです。
    ちゃんと宿題のこと言えるかな?
    ―今朝、子どものクラスでこの本を読み聞かせしたら、今日、早速担任の先生が『だっこ』の宿題を出してくれました!うちの子のうれしそうな顔といったら…!帰ってくるなり、飛びついてきましたよ。
    学校の読み聞かせだけでなく、最近、お兄ちゃんお姉ちゃんになった子がいるお家にもおすすめです
    スキンシップ大切にしてくださいね。

    おすすめ図書
  • ふしぎなナイフ

    2007年5月28日

    ふしぎなナイフ
    ふしぎなナイフ
    中村牧江/林 健造 作福田隆義 絵
    福音館書店

    どこのお家にもきっとあるテーブルナイフ。
    固くて銀色に光っていて、食事のときに時々使いますよね。
    でも、その一見普通のナイフが、
    この絵本のなかでは、不思議なことになってしまうんです。
    あっと言う間の短いお話ですが、ワクワクどきどきいっぱい。
    クスッと笑ったり、びっくりして大笑いしたり。
    この絵本は、読み聞かせでも大人気です!
    子どもだけでなくおとなも一緒に楽しめますよ。
    どうぞ、アタマとココロを柔らか~くして
    不思議な世界に入っていってくださいね。
    柔らか~くですよ。(←ここがポイント!)

    おすすめ図書
  • 釜揚げしらすのサンドイッチ

    2007年5月15日

    私は、作る時、全ての材料がなければ作らない...というタイプでは全くありません。その時の思いつきでこなしてしまいます。
    それが、とても良いこと...と言われると困ります。なぜなら、失敗も微妙な物も出来上がるからです。
    この間も、サンドイッチ用のパンがあったので、サンドイッチを作ろうと思い、作り始めたところ、ハムもベーコンもソーセージもツナも無かったんです。
    困ったなぁ~!!と思いながら、冷蔵庫や冷凍庫とにらみ合い!!(これは良くある光景ですっ♪)
    釜揚げしらすがあったので、これは使えるっ♪と思い、サンドイッチの具にしちゃいましたぁ~。

    釜揚げしらすのサンドイッチ

    しらすサンドイッチ

    〈材料〉
    ・サンドイッチ用パン
    ・釜揚げしらす
    ・きゅうり
    ・マヨネーズ
    ・醤油
    ・サラダ油

    〈作り方〉
    1.フライパンに少量のサラダ油(テフロン加工されているのが多いので、入れなくてもいいです)を入れ、釜揚げしらすを炒めます。しらすがこんがりしたら、ボールなどに入れ、少し冷まします。
    2.ボールに適量のマヨネーズとかなり少量の醤油を加え、しらすとしっかり混ぜます。
    3.きゅうりをスライスします。
    4.しらすときゅうりをパンではさみ、食べやすいサイズにカットします。

    しらす本来の塩分にマヨネーズの柔らかさが加わり、きゅうりの歯ごたえもあり、醤油で和の風味が出て、とにかく美味しいです。
    我が家でブームになり、頻繁に作っています。お弁当にも入れています。身体を動かした後や、日差しの強さで取られた塩分が、補給出来ている!!って感じがしますっ♪カルシウムも取れますので、お勧めですっ。

    子育てママのお料理レシピ
  • となりのせきのますだくん

    2007年5月7日

    となりの増田くん

    となりのせきのますだくん

     武田美穂 作・絵
     ポプラ社

    5月。子どもたちの中には新しいクラスや友だちにようやく慣れたという子もきっとたくさんいるでしょうね。

    みほちゃんは1年生。
    実は、ちょっと学校に行くのが嫌みたい。
    朝、ベッドから起きる時、着替えて仕度をする時、家から出かける時、
    おなかかが痛くなればいいのに。熱があればいいのに。
    とずっと心の中で考えています。小さいなりに何かお悩みの様子です。

    ところで、新しいクラスになって最初に隣の席になる相手ってどんな子かドキドキしませんか?

    みほちゃんの相手はガキ大将タイプのますだくんでした。
    運動神経バツグンでお勉強も得意なますだくん。おとなしくって苦手なことがちょっぴり多いみほちゃんになんだか乱暴なことをしてくるみたい。
    みほちゃんにとってはますだくんがまるで怪獣みたいに見えます。

    みほちゃんはそれが辛いのです。

    でも、ますだくんは本当に乱暴なだけの子なのかな?
    心配になってしまうけれどみほちゃんとの関わりの中でますだくんも少しずつ成長していくようです。

    最後のページのますだくんはとっても素敵ですよ。
    みほちゃんの気持ちも和らいだのかもしれませんね。

    ところで、ますだくんのランドセルは赤、みほちゃんは水色です。
    この『となりのせきのますだくん』はシリーズになっていて『ますだくんのランドセル』という絵本もあります。ランドセルの色の秘密がわかりますよ。
    ぜひ併せて読んでみてくださいね。
           

    おすすめ図書
  • 鈴木麻由子さん

    2007年5月7日

    プロフィール

    絵本

    小学生の姉妹をもつ母です。 子どもの通う小学校で読み聞かせをしています。 活動の中で出会ったり、読んだりした本をこの場を借りて少しずつご紹介していきたいと思います。

    • 2006年度県民カレッジ 図書館ボランティア養成講座修了生
    執筆者紹介
  • 鯛めし

    2007年5月6日

    お祝い事に、鯛の入った折りを頂くことがありますねっ。我が家も、先日、上棟式が知り合いの家であり、頂きました。
    美味しいのに、硬くなっている...ということはありませんかっ!?
    我が家では、必ず、他のものは頂いた日の夕食時に胃の中におさめ、鯛だけラップして、冷蔵庫に入れておきます。次の日の夕食の支度をする際、白ご飯を鯛めしに変えてしまうと、美味しく頂けますよっ♪

    鯛めし
    鯛めし1 鯛めし2
    〈材料〉
    ・鯛 1尾
    ・米 2~3合
    ・酒  大さじ2~3 
    ・塩  ひとつまみ
    ・醤油 小さじ1程度
    ・お好みで、あさつき

    〈作り方〉
    1.米をしっかり水で洗います。
    2.炊飯器の中に、水を分量より少し減らし、酒・塩・醤油を入れて、混ぜます。
    3.20~30分ほど、そのまま置き、吸水させます。
    4.米の上に鯛をのせ、炊飯器のスイッチを入れ、炊き上げます。
    5.炊き上がったら、10分蒸らし、鯛の頭と骨をしっかり取ってから、米と鯛の身を混ぜます。

    ↑の分量だと、かなり薄味だと思いますが、小さなお子さんにも、ご年配の方でも、塩分を気にせず食べることが出来ると思います。
    濃い味が好きなご家庭では、もう少し、塩や醤油を増やしてみてください。
    あさつきをみじん切りにし、ご飯と混ぜ合わせても、上に少しかけてもいいと思います。
    お味噌汁と一緒に召し上がるのもいいですが、お味噌汁の野菜を細かく切り、ご飯と合わせると、離乳食中後期のお子さんには適する食事になります。また、ご飯のみを取り出し、お湯と合わせ、ご飯を柔らかくすれば、離乳食初期の食事となりますよっ。

    子育てママのお料理レシピ
  • お母さん、お子さんと遊んでいますか

    2007年4月17日

    父と子どもお子さんを連れて診察に来られるお母さんのお顔を拝見し、穏やかな、笑顔のあるお母さんの時は赤ちゃんや小さなお子さんも又穏やかな表情であることがわかります。

    いわゆる”母子の響きあい”が感じられます。診察室の暖かな空気が流れます。こうしたお母さんが採点する家庭におけるお父さんの子育て応援団としての点数は合格点の60点以上で、100点以上とおっしゃるお母さんの表情は一層優しく、柔和です。夫のサポート、家族のサポートの重要性を感じます。又診察時に我が子が泣いたり、ぐずったりした時の対応は、声を掛けながら、洋服を着せ、抱っこして何とか子どもの気持を落ち着かせよう一所懸命で、ほほえまし光景です。きっと、お母さんが子供の時に親からしてもらったように、現在、我が子にしているのでしょう。これは”子育ての世代間伝達”です。 可愛がっていただいた親に感謝ですね。

    一方硬い表情のお母さんのお子さんの表情はなんとなく緊張しているのが感じられます。これも親子の響きあいでしょう。子育てが難しい、子どもがうっとしい、自分の時間がない等と訴えられ、子育てがお母さんにとってストレスになっていることが分かります。ひとつには子どもと遊べていないことと家族、特にお父さんのサポートがないこと(父親評価点は全員60点未満の不合格点で中には10-15点もあり、1-2年後には別居、離婚の例もありました)が主な原因です。子どもにとっては起きている時間全てが遊びであり、一番身近なお母さんとの関わり方、即ち母との遊びは子どもの心と体の成長には欠かせないものです。その遊びにも親子の響きあいが大切です。

    ぴっぴのホームページを見ているお母さん方の中にも子育ては大変で、もう一人子どもを授かるなんて考えられない、と思っておられる方も居られませんか。子どもと遊んでおられる時、遊びのあとにする家事の手はずを考えておられませんか。お母さんが我が子と一緒になって没頭して遊んでいなければ、子どもはお母さんと遊んだ満足感、充実感を得ることは出来ません。お母さんの心が我が子へ響くわけです-お母さんは忙しい、お母さんはあなたに遊んでやっているのよ-と。最初の頃は大変でしょうが少なくとも一日2回15分から30分程度我が子と楽しく遊んでください。家の中であればおもちゃ、絵本、歌(子守唄、わらべ歌、童謡)、お絵かき、新聞紙、広告、等々、屋外では砂場、ブランコ、滑り台がつかえる、落ち葉、木の枝、等等使っての遊びや思いっきり体を動かして汗を流してみましょう。身の周りの者全ておもちゃになります。テレビ、ビデオ、DVDに子守りを、遊びを任せないようにしたいものです。バーチャルは大変上手く作られており、子ども達にとっては興味尽きないものですが、心の響きあいは決して出来ません。

    お母さんが我が子との遊びが楽しいと感じられるようになるまでには少々時間がかかりますが、ぴっぴのホームページにも教室や講座の情報が載っていると思いますので、それらを利用して、勉強してみてください。楽しいと感じられてはじめて-親子の心の響きあいが出来てこそ-、子どもは満足感、充実感に満たされるのです。お母さんも楽しかったと感じられた日は子どももその日一日大満足、親子ともども心が満たされる小さな幸福、お金に換算できないしあわせです。こうした毎日毎日の親子の心の響きあいが子どものセルフコントロール(自律性、積極性)の土台作りとなり、成長して周囲の人々と円満に交わり、健全な社会生活をおくることが出来ることに繋がります。
    今一度我が子との日々の遊びを振り返ってみてくだされば幸いです。

    子育て楽しんでください。応援します!

    小児科の診察室から
  • 簡単!!プリンアラモード

    2007年4月15日

    ある日、夕方まで用事がなく、子供が...家にいたいけど、何かしたい!!って言い出したんです。
    さぁ~何をしよう。なんとなく甘いものが食べたい気分だなぁ~。と思い、冷蔵庫を開けてみると、プリンがありました。(3個で1パックになっているもの)
    生クリームも残っているし、くだものも、チョコレートソースも残っている!!
    これはっ!!と、デザートを作ることにしましたぁ♪

    簡単!!プリンアラモード

    2014030318880_purin2.jpg

    <材料>
    ・プリン
    ・生クリーム
    ・くだもの(いちご・キウイ・バナナなど)
    ・チョコレートソース

    <作り方>
    1.くだものは、スライスします。
    2.お皿に、プリンをのせ、くだもの・生クリーム・チョコレートソースをかけます。

    あれば、アイスクリームやクッキーなどをトッピングするといいと思います。
    果物さえ、スライスして置いておいてあげれば、子供だけで十分出来る簡単で、手早く出来、豪華!!
    この日、私は、なんとなく体がだるく、ルームウエアで、スッピン!髪の毛ボザボサ!!という状態だったので、とにかく、自分に負担がかからないもの・・・ということを1番に考え、材料が残っていたことに感謝☆でした。
    生クリームの絞るだけ!!という商品が、こんな便利なものか・・・と、初めて知りました。
    けっこう日も持つので、スーパーに行った際は、一度見てみてください。
    甘ったるくなくて、美味しいですよっ♪

    幼児のおやつレシピ