母子家庭等自立支援給付金

2016年7月3日

母子家庭のお母さんや父子家庭のお父さんが就職に役立つ技能や資格の取得のための各種講座を受講したり、各種学校の養成機関で修業する場合などに、次の給付金が支給される制度です。

自立支援教育訓練給付金

経済的自立のために指定の対象講座を受講後、自立支援教育訓練給付金を支給します。

対象者

市内在住で、次のすべてを満たす母子家庭のお母さんや父子家庭のお父さん

  • 児童扶養手当の支給を受けているか、または同様の所得水準の人
  • 受講開始日に、雇用保険法による教育訓練給付の受給資格を有していない人
  • 教育訓練を受けることが適職に就くために必要であると認められる人

対象講座

厚生労働大臣が指定する教育訓練講座等
※講座内容については教育訓練給付制度の検索システムから確認してください。

支給額

  1. 雇用保険法及び雇用保険法施行規則の規定による「一般教育訓練給付金」または「特定一般教育訓練給付金」もしくは「専門実践教育訓練給付金」の支給を受けることができない方
    対象講座の受講料の6割相当額(上限20万円。下限1万2千円)
    ※専門資格等取得のため、履修に必要な年数が複数年の講座の場合、上限額は20万円×履修必要年数(4年が上限)
  2. 1に定めるいずれかの給付金の支給を受けることができる方
    1に定める額から雇用保険法及び雇用保険法施行規則の規定による一般または特定一般もしくは専門実践の教育訓練給付金の額を差し引いた額

申請の方法

受講を開始する前に各区社会福祉課へ事前相談をしてください。
受講を予定している講座が対象となることを確認するものを添えて、対象講座指定申請をしてください。

高等職業訓練促進給付金

就業などで有利となる資格を取得するため、1年以上養成機関(原則として、通学によるもの)で修業する場合に、訓練促進給付金などを支給します。

対象者

市内在住で、次のすべてを満たす母子家庭のお母さんや父子家庭のお父さん

  • 児童扶養手当の支給を受けているか、または同様の所得水準の人
  • 市が指定する資格を取得するため、養成機関で1年以上のカリキュラムを修業し、対象資格の取得が見込まれる人
  • 就業または育児と修業の両立が困難であると認められる人
  • 過去に高等職業訓練促進給付金を受給していない人

対象資格

看護師、介護福祉士、保育士、理学療法士、作業療法士など、取得することで就業に有利であると認められる資格
※原則として、資格を取るために1年以上養成機関に通うことが法令上必要とされているものに限ります。

支給額

訓練促進給付金

修業中の生活の安定を図るため、毎月支給するものです。

  • 市民税非課税世帯の場合 月額100,000円
  • 市民税課税世帯の場合 月額70,500円

いずれも修業の最後の1年間は月額40,000円が上乗せ支給されます。
※支給額は毎年度、所得状況に基づき見直しをします。

修了支援給付金

修業修了後に支給するものです(1回限り)。

  • 市民税非課税世帯の場合 50,000円
  • 市民税課税世帯の場合 25,000円

支給期間

4年を上限として、修学期間の全期間(申請のあった月以降からの支給となります。)

申請の方法

支給申請の前に、必ず事前相談をしてください。
事前相談や支給申請の方法等、詳しくは各区社会福祉課へお問い合わせください。

各区の担当窓口

担当課住所電話番号
中区 社会福祉課 浜松市中区元城町103-2 053-457-2035
東区 社会福祉課 浜松市東区流通元町20-3 053-424-0175
西区 社会福祉課 浜松市西区雄踏一丁目31-1 053-597-1157
南区 社会福祉課 浜松市南区江之島町600-1 053-425-1463
北区 社会福祉課 浜松市北区細江町気賀305 053-523-2893
浜北区 社会福祉課 浜松市浜北区貴布祢3000 053-585-1121
天竜区 社会福祉課 浜松市天竜区二俣町二俣481 053-922-0023

お問い合わせ

子育て支援課
電話:053‐457‐2792