浜松市防災学習センター

2019年2月6日

浜松市防災学習センター

浜松市防災学習センターは、地震をはじめとする自然災害のこと、そして災害から身を守る方法について学ぶ施設です。タブレットや大型スクリーンを使って、疑似体験しながら知識を深めていくことができます。主に小中学生を対象にした内容ですが、小さな子どもから一般市民まで幅広く楽しめます。

浜松市防災学習センター 施設概要

所在地 浜松市中区山下町192
電話 053-474-8555
料金 無料
開園時間 午前9時30分~午後5時
休園日 毎週月曜日、祝日(土・日を除く)、年末年始
駐車場 あり 22台
交通 <公共交通機関>
浜松駅から遠鉄バス「山下町」または「学芸高校前」下車徒歩2分
<自家用車>
浜松駅から約10分、国道152号線沿い(東側)
HP https://hamamatsu-bousai.entetsuassist-dms.com

おすすめポイント

※対象年齢のマークについて

おすすめ その1プロジェクションマッピング

デジタルはまマップ

この地域に起こる災害について、その歴史や特徴などを解説。映像が映し出される地形模型を見ながら、浜松市の地理について学んでいきます。

幼児 小学生

おすすめ その2タブレット&スクリーンで疑似体験

そなえミッション

1階の「そなえミッション」と2階の「もしもシミュレーター」がこの施設の目玉。家具固定の方法、外出時に地震が起きたらどうするか、などクイズを通して知識を深めます。

幼児 小学生

おすすめ その3キッズスペース

 キッズスペース

日当たりのよい、カーペット敷きのスペースがあります。本棚には、防災に関する絵本が揃っているので親子一緒に読んでみるのもおすすめ。

赤ちゃん 幼児 小学生

子連れ便利度データ

ベビーカー

玄関スロープ、エレベーターを設置

授乳室・トイレ

授乳室あり
1階に多目的トイレあり、2階女子トイレにベビーシートあり

食事

館内2階の休憩スペースにて飲食可、自販機あり。

 

取材ママのアドバイス

タブレットなどの最新機器を使って臨場感あふれる体験ができます。大型スクリーンの映像は、揺れる映像など臨場感と迫力があります。小さな子どもは少し怖いと感じるかもしれません。そんな時は、目を閉じるよう促したり退室したりして対応しましょう。また、自然光の入る明るいキッズスペースや休憩コーナーがあって館内を見学した後もゆっくり過ごせます(休憩コーナーでは飲食も可能です)。それほど大きな施設ではありませんので気軽に見学ができます。

調査日:平成31年1月 取材:げん

 

※対象年齢のマークについて

おすすめポイントの対象年齢は、赤ちゃん0歳~2歳、幼児3~5歳、小学生6歳以上を目安として、楽しんで遊べる、参加できることを目安につけてあります。マークがついていなくても、遊べない、参加できないというものではありません。年齢の幅や成長段階も様々ですので、保護者の判断で利用してくださいね。

地図