浜松市動物園

2014年3月15日

浜松市動物園

フラワーパークと隣接した、湖畔に広がる動物園。広い園内で世界中のさまざまな動物を見ることができます。 ゴールデンライオンタマリンは日本では浜松市動物園でしか見られません。23年3月にはホッキョクグマのキロルが仲間入り。毎日動物たちの食事タイムがあり、ナイトZOO(8月土曜日)など期間限定のイベントもあります。子どもたちに大人気で、何回でも訪れたい施設です。

浜松市動物園 施設概要

所在地 浜松市西区舘山寺町199
電話 053-487-1122
料金 大人(高校生以上)410円、中学生以下無料 70歳以上の高齢者無料
※フラワーパーク共通券、団体割引、回数券、年間フリーパスがあります。
開園時間 午前9時~午後4時30分(入園は午後4時まで)
休園日 12月29日~12月31日
駐車場 590台 1日200円
交通 <公共交通機関>
浜松駅から「舘山寺温泉」行きバス約40分「動物園」下車
<自家用車>
浜松西ICから約15分、浜松ICから約50分
HP http://www.hamazoo.net/

おすすめポイント

※対象年齢のマークについて

おすすめ その1小獣舎

小獣舎

レッサーパンダのチイタは、立つレッサーパンダで有名な風太の息子です。
ほかにミーアキャット、コツメカワウソがいてとてもかわいい姿を見ることができます。

赤ちゃん 幼児 小学生

おすすめ その2ふれあい体験

ふれあい体験

動物ふれあい広場は子どもたちに大人気!ヤギやうさぎなどの動物にふれあえます。
怖がって近づかない子もいれば、興味津々で離れるのを嫌がる子と反応はさまざま。
エサやり体験をしたり、動物の食事タイムを見たりすると、動物がより身近に感じられますね。

幼児 小学生

おすすめ その3顔出し看板

顔出し看板

園内には10か所、動物にちなんだ手作りの顔出し看板があります。
子どもを立たせてパシャリ!かわいいこと間違いなし!
ぜひ全部みつけてみては!?

赤ちゃん 幼児 小学生

子連れ便利度データ

ベビーカー

貸出しベビーカー1日100円。 スロープが設置されており、園内はほとんどベビーカーで移動できます。

授乳室・トイレ

授乳室:2か所(中獣舎、シロクマ売店の付近)中は広いです。
おむつ替えシート:5か所 子ども用トイレあり

食事

持ち込み可能で、休憩所や芝生の上で食べることができます。てんぼう広場が眺めも良くおすすめです。 飲料の自動販売機が園内各所にあり。
レストラン:1か所(カレーライス、お子様ランチなどがありセルフサービスです)
売店:3か所(中華まん、お菓子、アイスなど)

 

取材ママのアドバイス

園内は広いので一日楽しむことができます。傾斜があり、小さい子はずっと歩いていると疲れてしまうので、うまく休憩を取りながらのんびり回ると良いですねね。隣接するフラワーパークとの共通入場券を買うと、園内の連絡口から行き来ができ料金もお得になります。
動物園では、動物園の裏側を見たり、動物にえさをあげられたり、いろいろなイベントが実施されています。申し込みが必要なものもありますが、ぜひ一度は参加したいものばかり。各イベントの開催日や時間などをホームページや電話で事前に確認しておくとスムーズに回れますよ。よく動物園を訪れるのならば年間フリーパスを購入すると便利です。
動物以外にも桜や紅葉、どんぐりと、季節に応じた自然を楽しむこともできます。

調査日:平成23年3月 取材:瑠璃ママ

 

※対象年齢のマークについて

おすすめポイントの対象年齢は、赤ちゃん0歳~2歳、幼児3~5歳、小学生6歳以上を目安として、楽しんで遊べる、参加できることを目安につけてあります。マークがついていなくても、遊べない、参加できないというものではありません。年齢の幅や成長段階も様々ですので、保護者の判断で利用してくださいね。

地図