FAQよくある質問

児童が海外に居住しています。児童手当を受給することができますか?

2018年4月1日

児童が海外に居住しています。児童手当を受給することができますか?

海外に居住している児童は支給の対象外となります(住民票を日本に残したままでも支給の対象外となることがあります)。
ただし、外国の学校に留学していると認められる場合に限り、海外に居住してから3年を経過するまでは受給することができます。
次の1~7の要件をすべて満たしていることが必要です。お住まいの区の社会福祉課までご相談ください。

  1. 児童が外国に住む前日までに、継続して3年以上日本国内に居住していたこと。
  2. 外国の学校で教育をうけることを第一の目的として、児童が外国に住んでいること。
  3. 児童が外国で父母などと同居していないこと。
  4. 児童が外国に住んでから3年以内であること。(児童が外国に住んでから3年を経過した時点で、手当を受給することができなくなります。)
  5. 在学証明書など、児童の留学期間や留学をしている事実がわかる書類を提出できること。(外国語で書かれている場合は、日本国内に居住する第三者による日本語訳も必要です。)
  6. 家族の生活が一体の生活であること。(児童と離れて生活していても、常に生活費や学費などの送金をしている・電話などで連絡をとっている・機会があれば会っているなど。)
  7. 児童が留学を終えたら、日本に帰国すること。

FAQ検索

大分類

中分類

キーワード