子連れでおでかけ

子どもと一緒に楽しめる浜松市&周辺地域の施設・公園・イベントなどを、取材ママ・パパ特派員がレポートします。

  • 東海大学海洋科学博物館・自然史博物館

    2018年11月17日

    以前から気になっていた東海大学海洋科学博物館・自然史博物館に遊びに行きました。両施設を見たかったので、お得な共通券を購入しました。海洋科学博物館に入ると、3歳の娘にも見やすい高さの水槽が迎えてくれました。

    海の生き物

    いろいろな生き物が間近で見られるので、娘も興味津々で見ていました。

    ヒトデ

    巨大な水槽は、とても迫力があり、人魚になって海の中に潜ったような気分になれます。

    巨大な水槽

    「チビッ子たんけんたい」というコーナーには仕掛けがあり、楽しみながら知識を得ることができます。「くまのみ水族館」では、円柱の水槽の中に自分が入れるので、不思議な感覚を味わうことができました。

    自然史博物館には巨大な恐竜の全身骨格やいろいろな化石がありました。恐竜の骨にさわったり、クイズにボタンで答えたりするコーナーがあり、娘も私も楽しみながら生命の歴史に触れることができました。

    展示

    きれいなチョウの標本には娘にも興味をもったようで親子で特徴を話しながら、じっくり見ました。

    蝶の標本.jpg

    浜松から少し遠出をして、博物館に行ってみませんか?

    文/ショコラ

    東海大学海洋科学博物館・自然史博物館

    住所 静岡市清水区三保2389
    電話 054-334-2385
    開館時間 9:00〜17:00(最終入館は16:30まで)
    休館日 火曜日(祝日・7〜8月・春休み・GWは開館)、年末 ※詳細はHPで
    料金 共通券:大人(高校生以上)1800円・小人(4歳以上)900円 
    ※しずおか子育て優待カード・JAF提示で割引有
    子連れに便利な設備 授乳室・オムツ交換台・多目的トイレ有(海洋科学博物館のみ)
    貸出用ベビーカー有(両施設)
    駐車場 有(1日500円)
    アクセス方法 【電車】JR東海道清水駅下車。駅前のバス停から「東海大学三保水族館」行きバス乗車。終点下車し徒歩1分。
    【車】東名高速清水IC下車、国道149号(湾岸道路)経由、国道150号の駒越東町を左折、県道199号(三保街道)。または、東名高速静岡IC下車、国道150号(いちご街道)を通り、駒越東町を右折、県道199号(三保街道)。ICからどちらも約30分ほど。
    URL 東海大学海洋科学博物館 http://www.umi.muse-tokai.jp
    東海大学自然史博物館 http://www.sizen.muse-tokai.jp

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    美術館・博物館・科学館
  • ストリートジャズフェスティバル

    2018年11月13日

    音楽の秋特集2018

    毎年恒例、音楽の秋に開催されている「ハママツ・ジャズ・ウィーク」。今年は10月20日~28日の期間中コンサートを中心にさまざまなイベントが開催されました。

    そんな中、最終日の「ストリートジャズフェスティバル」に知人のバンドが参加するということで家族(娘5歳、2歳)で見に出かけました。会場のザザシティ中央広場は、年配の方から親子連れまでたくさんの人で賑わっていました。

    ザザシティ中央広場

    ここでは約30分毎にバンドが入れ替わり、歌やダンスなど各バンドの特徴ある演奏を聴くことができます。初めは間近で聴く楽器の音に驚いていた長女でしたが、ノリのいい曲になると周囲の人々と一緒に手拍子をしながら楽しく聴いていました。

    バンド

    演奏終了後、長女に感想を聞いてみると「歌が英語でよく分からなかったけど、音楽は楽しかった」とのこと。

    ハママツ・ジャズ・ウィーク

    言葉が通じなくともみんなが笑顔になれる。音楽はすてきなものだとあらためて感じさせられました。

    ■ストリートジャズフェスティバル
    【開催日時】 2018年10月28日(日)11:00~18:00(会場により演奏時間帯が異なる)
    【開催場所】 浜松中心街6会場:キタラ(浜松駅北口広場)/ソラモ(浜松市ギャラリーモール)/ザザシティ中央広場ほか
    【問い合わせ】 ハママツ・ジャズ・ウィーク事務局
    【TEL】 053-460-3325(平日10:00~17:00)
    【URL】 http://hamamatsujazzweek.com

    文/むう

    イベント(秋)
  • 四ツ池公園

    2018年11月12日

    近所にある四ツ池公園へ、息子たち(3歳、2歳)と出かけて来ました。

    公園入口

    徒歩で行くときは、「あいホール」の横にある坂を下って行くのが定番コースです。公園内はたくさんの木々が生い茂り、小川が流れ、とても自然豊かです。

    小道

    子どもたちは池の中の鯉を見たり、小道を走ったりして楽しみます。この日はよく晴れていて、青空や木々が池に映っているのがとてもきれいでした。

    池

    しばらく歩いて池を周り、階段を上がると芝生広場が広がっています。ここには、大人用の健康器具と幼児用のスプリング遊具があります。長男は、幼稚園で練習している上り棒が健康器具として設置してあることを発見!  何度も練習して満足そうでした。

    上り棒

    次男は、てんとう虫のスプリング遊具に乗り、気持ちよさそうに遊びました。

    てんとう虫遊具

    これからの紅葉の時期の散策にもおすすめの公園です。

    文/よこ

    四ツ池公園

    住所 浜松市中区上島6丁目19-1
    子連れに便利な設備 水飲み手洗い場有 多目的トイレ有
    駐車場

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    公園
  • 水窪町の「足神神社」

    2018年11月11日

    陸上をしている長男(小6)の膝の痛みが治りますようにと、足の神様である「足神神社(あしがみじんじゃ)」へ家族で行ってきました。

    足神神社

    長男は陸上大会の約3週間前、習いことで膝を痛めてしまいました。ジョギングもできず、歩くのさえ痛いと言うため、インターネットでいろいろ調べたところ気になるワードを発見! 天竜区水窪町に「足神神社」という足の神様を祀る神社があることを知りました。膝を痛めたのが土曜日ですぐに受診できなかったため、まずは神頼みと思い日曜日に「足神神社」へ行くことにしました。

    参道

    朝9時半に自宅を出て、到着したのはお昼の12時過ぎ。宮司さんから参拝方法や神社のことなど、いろいろな話を聞き、絵馬やお守りを購入。

    社

    次男(小4)も一緒に絵馬に願いごとを書き、絵馬をさい銭箱の上に置いてお参りしました。

    お参り

    参拝後に絵馬を掛けに行くと、そこには子どもから大人までいろいろな願いごとや決意が書かれていました。県内はもちろん県外の学校から箱根駅伝にも出場している大学名まで…。足にいろいろな悩みを抱えている人が、ここまで来ているんだなと感じました。

    立札

    その後、「足神の御神水」と呼ばれるわき水を長男の膝に何度もかけ「治りますように…」と祈願。

    足神の水

    月曜日には接骨院へも行き、何度も通院して大会10日前にはジョギングができるようになりました。5日前にはスピードを上げて走れるようになり、無事に陸上大会に出場できました。長男は決勝に残れず悔しがっていましたが、親としては試合に出て走ることができただけで満足でした。足神神社と接骨院の先生のおかげだと思います。今度は「無事、走ることができました!」とお礼の報告をしに、足神神社へ行きたいと思います。

    文/まさパパ

    足神神社 

    住所 浜松市天竜区水窪町奥領家5107-2
    電話 053-987-2607(水窪町奥領家5005-1)
    子連れに便利な設備 仮設トイレ有
    駐車場 有(20台ほど)
    アクセス方法 ナビの場合、番地5005-1で検索後、秋葉街道を北へ行くと足神神社の表記あり

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    その他の施設
  • イルミネーション特集2018-2019@浜松市外・近郊

    2018年11月10日

    今年も残すところ2か月ほどとなりました。浜松市外でも話題のイルミネーションスポットが続々とオープンしています。寒い夜をキラキラと照らす色とりどりの光は、気持ちをほっこりと温かくしてくれます。この季節ならではのイベントを、子どもと一緒に楽しみましょう♪

    浜松市外

    青葉公園

    ●湖西ウィンターフェスタin平次ヶ谷(湖西市)

    【点灯期間】2018年12月8日(土)~25日(火)
    【点灯時間】17:00~21:00
    【住所】湖西市新居町内山857(平次ヶ谷公園)
    家庭で不要になったイルミネーション電飾の無償提供により、平次ヶ谷公園の一部をライトアップしています。合わせて新居小学校1年生が絵を描いたペットボトルイルミネーションも会場を彩ります。

    ☆点灯式
    【日時】12月8日(土)16:30~
    温かい飲み物などのサービスがあります。点灯は17:00頃を予定

    イベントカレンダーで詳細を見る

    ●磐田駅北口イルミネーション(磐田市)

    【点灯期間】2018年10月26日(金)~2019年2月17日(日)
    【点灯時間】17:00~0:30
    【場所】磐田駅北口
    樹木やモニュメントに飾り付けた約4万5千個の発光ダイオード(LED)のイルミネーション。シンボルのクスノキを囲むように、中心市街地の一角を華やかに彩ります。

    イベントカレンダーで詳細を見る

    ●第19回 掛川ひかりのオブジェ展(掛川市)

    【点灯期間】2018年12月1日(土)~2019年1月18日(金)
    【場所】掛川駅から連雀西交差点までの街路樹脇
    掛川駅から掛川城までの駅前通りをギャラリーとして、市民・企業・生徒学生・地元商店街等による「手作りのひかりの造形」で彩り、まちのあたたかさを演出しています。

    イベントカレンダーで詳細を見る

    ●つま恋リゾート彩の郷 サウンドイルミネーション 四季の彩り(掛川市)

    【点灯期間】2018年10月27日(土)~2019年6月30日(日)
    【点灯時間】日没~21:00(最終入場20:30)
    【住所】掛川市満水2000
    【費用】大人800円~1200円 小学生400円~600円 ※時期により異なる
    【URL】https://www.sainosato.jp/
    光と音楽が融合した「サウンドイルミネーション」。つま恋の森に200万球の光が点灯し、幻想的な空間が広がります。

    ◎以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    ●ルミスタ☆ふじえだ~ファンタジックイルミネーション~(藤枝市)

    【点灯期間】2018年11月3日(土)~2019年3月11日(月)
    【点灯時間】17:00~22:00(2月以降は18:00~)
    【場所】藤枝駅北口・南口広場、駅南通り
    【駐車場】市営藤枝駅北口駐車場など、会場周辺の有料駐車場を利用
    【URL】http://www.city.fujieda.shizuoka.jp/event/1478854031222.html
    9年目を迎える今回のテーマは“LOVE LOCAL FUJIEDA”。「LOVE」から連想されるハートをメインイメージとして藤枝駅周辺が約26万球のLEDで彩られます。
    ☆点灯セレモニー
    【日時】11月3日(土)16:00~

    ●青葉シンボルロードイルミネーション(静岡市)

    【点灯期間】2018年11月16日(金)~2019年1月31日(木)
    【点灯時間】16:30~22:00 
    ※12月14日(金)~1月6日(日)は0:00まで
    【場所】青葉シンボルロード、葵スクエア、常磐公園(静岡市中心市街地)
    【URL】https://iloveshizuoka.jp/event/2018/10/14027/
    テーマは「おまちワンダーランド」。カラフルな光が散りばめられたアーチを抜けると、ゴールドに輝く並木道や、高さ約8mのシンボルモニュメントがお出迎え。撮影スポットとしてもオススメです。
    ☆点灯式
    【日時】11月16日(金) 16:45~17:25(点灯は16:45頃を予定)
    ☆葵スクエアに「メリーゴーランド」が登場!
    【日時】12月8日(土)~1月6日(日) 平日16:00~19:00、土日祝・年末年始11:00~19:00
    【費用】300円

    ◎以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    ●エスパルスドリームプラザイルミネーション2018(静岡市)

    【点灯期間】2018年11月17日(土)~2019年2月28日(木)
    【点灯時間】16:00~0:00 *音と光の演出は21:00まで(1時間に4回)
    【場所】静岡市清水区入船町13-15
    【URL】http://www.dream-plaza.co.jp/event/detail.php/442
    今年は、東海地区最大級のイルミネーション迷路が初登場! 子どもたちと一緒に冬の夜空を楽しめること間違いなしです。
    ☆点灯式
    【日時】11月17日(土) 17:00~

    ●プレミアム御殿場高原時之栖 ひかりのすみか~150メートル 虹色の噴水go!~(御殿場市)

    【点灯期間】2018年10月27日(土)~2019年3月17日(日)
    【点灯時間】16:30~22:00(時期により変更)
    【場所】御殿場市神山719
    【費用】無料(一部有料エリア ※大人1,000円、小学生200円~300円)
    【駐車場】2600台
    【URL】http://www.tokinosumika.com/illuminations2017/renewal/
    注目は「王宮の丘」の噴水ショー。レーザーと音楽を融合した(マルチメディアショー)として生まれ変わり、最高到達点は日本一の高さ150mまでバージョンアップしています。
    ◎以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    ●プレミアムアウトレットWINTER ILLUMINATION 2018(御殿場市)

    【点灯期間】2018年11月2日(金)~2019年2月20日(水)
    【点灯時間】日没~閉店時刻
    【場所】御殿場プレミアム・アウトレット(御殿場市深沢1312)
    【URL】https://www.premiumoutlets.co.jp/sp/wsr_santa2018/
    「Flower Carnival」をテーマに、華やかなフラワーアーチやフラワーガーデンを彩るイルミネーションで、昼夜違った世界が楽しめます。
    ☆サンタクロース記念撮影会
    【日時】12月15日(土) (1)10:30~ (2)13:20~ (3)15:50~

    静岡県外

    イルミネーション

    ●とよはし☆キラキライルミネーション(豊橋市)

    【点灯期間】2018年11月18日(日)~2019年2月14日(木)
    【点灯時間】17:00~0:00
    【場所】豊橋駅周辺
    【URL】https://www.1484machinaka.jp/
    「冬空のヒカリ散歩」をキャッチフレーズに、駅周辺が華やかなイルミネーションに彩られます。花占いイルミも初登場♪

    イベントカレンダーで詳細を見る

    ☆点灯式
    【日時】11月18日(日) 17:00~17:50

    ◎以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    ●刈谷ハイウェイオアシス~光のオアシス~感謝(刈谷市)

    【点灯期間】2018年11月17日(土)~2019年1月14日(月・祝)
    【点灯時間】日没~22:00
    【場所】刈谷ハイウェイオアシス
    【URL】http://www.kariya-oasis.com/anniversary/index.html

    ☆点灯式ダンスライブ
    【日時】11月17日(土) 17:00前~

    ◎以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    ●史上最光の冬ラグーナ イルミネーション(蒲郡市)

    【点灯期間】2018年11月3日(土)~2019年3月31日(日)
    【点灯時間】日没後~ラグナシア閉園時間まで
    【住所】ラグーナテンボス・ラグナシア
    【費用】各券種あり。詳細はHPで
    【駐車場】800円(1台)
    【URL】https://www.lagunatenbosch.co.jp/event/winter/irumi/index.html
    3大マッピング、5大イルミネーションでフォトスポットもいっぱい!水上に浮かぶドーム型のイルミネーション「光のプロムナード」は新登場です。

    ●なばなの里 イルミネーション(桑名市)

    【点灯期間】2018年10月20日(土)~2019年5月6日(月)
    【点灯時間】日没~21:00(土休日および指定日は22:00まで)
    【住所】桑名市長島町駒江漆畑270
    【費用】小学生以上/2,300円、未就学児/無料(村内で利用できる1,000円金券付)
    【駐車場】無料(5700台)
    【URL】http://www.nagashimaresort.jp/nabana/illumination/index.html
    国内最大級のスケールを誇るイルミネーションスポット。雄大で豊かな自然の景色や美しい景観を、 最新の特殊イルミネーションで色鮮やかに表現します。
    ◎以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    ●名駅通 イルミネーション(名古屋市)

    【点灯期間】2018年11月7日(水)~2019年1月14日(月・祝)
    【点灯時間】17:00~22:30
    【URL】https://www.aichi-now.jp/spots/detail/1823/
    駅前ロータリーから笹島交差点にかけて、色とりどりのイルミネーションが木々を飾ります。
    ◎以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    ●神戸ルミナリエ(神戸市)

    【点灯期間】2018年12月7日(金)~16日(日)
    【点灯時間】月~木曜日18:00頃~21:30、金曜日18:00頃~22:00、土曜日17:00頃~22:00、日曜日17:00頃~21:30
    【場所】旧外国人居留地および東遊園地
    今年、2018年で24回目を迎える『神戸ルミナリエ』。震災の記憶を語り継ぎ、都市と市民の「希望」を象徴する行事として、毎年開催しています。
    【問合せ】神戸ルミナリエ組織委員会 078-230-1001
    【URL】http://kobe-luminarie.jp/index.html
    ◎以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    ●Twilight Fantasy 時空を結ぶ光のギフト(大阪市)

    【点灯期間】2018年11月1日(木)~2019年2月14日(木)
    【点灯時間】17:00~23:00 ※初日の点灯は18:30~予定
    【場所】大阪ステーションシティ
    テーマは「時空を結ぶ光のギフト」。時空の広場にきらめく祝宴会場が広がり、大阪駅が華やかなシャンパンゴールドに包まれます。
    【URL】https://osakastationcity.com/twf/
    ◎以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    イルミネーション特集
  • ここみのおうち

    2018年11月9日

    秋晴れのある日、南区の「ここみのおうち」へ2歳の娘と行って来ました。

    ここみのおうち

    この支援ひろばは「ここみのおうち」の名前のとおり、住宅地に並ぶ1軒家の「すこやか助産院」が広場として開放されています。

    すこやか助産院

    室内には、キッチンセット、赤ちゃんの人形などのおもちゃが並んでいます。ここでの娘のお気に入りはチェーンリングで、ざるやスプーンを使いおままごとをして遊びます。

    チェーンリング

    奥にはねんねの赤ちゃんスペースもあり、月齢の近いお母さん同士で情報交換をしていました。

    赤ちゃんスペース

    11時半からはお弁当持参の利用者みんなでランチタイム。最近遊び食べが目立つ娘ですが、ここでは最後まで自分で食べ、お弁当を完食。普段と違い大勢で食べるお昼も気分転換になりいいものだと感じました。

    ランチタイム

    「ここみのおうち」では妊婦支援や子育て相談などの講座も開催されています。「講座にも気軽に参加してください」ということですので、ブログをチェックしてぜひ足を運んでみてくださいね。

    文/むう

    ここみのおうち

    住所 浜松市南区瓜内町148-D
    電話 070-1641-0553(広場開設時間内) 
    開催日 平日(月~金)、月1回土曜日  ※臨時の休み有
    時間 9:30~14:30(ランチタイム 11:30~12:30  ※実施日は要確認)
    駐車場 有(6台)  すこやか助産院駐車場 ※できるだけ公共交通機関を利用
    URL http://kokominoouti.hamazo.tv/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    子育てひろば・支援センター
  • ここから始まる家族のカタチ 第8回 遠州バザール 〜今と未来をつなぐ場所〜

    2018年11月8日

    以前から気になっていた遠州バザールに母と娘と3人で初めて出かけてみました。10時から始まりますが、駐車場が広くても混みそうなので、早めに向かいました。

    会場図

    20分程前に着くと、まだ駐車場は空いていましたが、入場待ちと女川サンマをもらうための列はすでにできていて、けっこうな長さになっていました。女川サンマは一人一尾いただけるので、魚好きの娘も「おいしい!」と自分で骨をよけながら食べていました。焼きたては身がプリプリしていて、苦みもなく、とてもおいしかったです。復興支援の寄付をすることもできました。

    場内にはキッズ体験ゾーンやワークショップなど子どもが楽しめるブースがたくさんありました。娘が体験したウッドバーニングは、木を焦がして絵を描くものです。子ども一人では危ないので、大人が付き添って行いましたが、いろいろな下絵があり、選ぶのも楽しそうでした。色ぬりやラインストーンも使い、オリジナルのキーホルダーができて大満足でした。

    ワークショップ

    ほかには、紙粘土を丸めたり、ホイップ粘土をしぼったりしてケーキ屋さんの気分が味わえるマカロンキャンディーづくりを楽しみました。

    マカロンキャンディー作り

    このほか、アンケートに答えるとくじ引きしたり、お菓子をもらえたりするブースもありました。

    お菓子

    満腹マルシェでは、長いポテトやイチゴの果肉たっぷりのかき氷などを食べました。遊んでいる途中に休憩できるのは親子連れには魅力的ですね。

    ポテト

    ステージでは演奏があり、たくさんの手作り品やおいしいものの販売など五感を刺激するイベントで、わくわくしながら楽しみました。この日は半日しか滞在できませんでしたが、来年は1日中満喫したいと思います。みなさんも、家族やお友だちと遊びに行ってみてはいかがですか?

    ■ここから始まる家族のカタチ 第8回 遠州バザール ~今と未来をつなぐ場所~
    【開催日時】 2018年10月20日(土)10:00~17:00、21日(日)10:00~16:00
    【主催】 遠州バザール実行委員会
    【問い合わせ】 053-585-1000(株)鈴三材木店内
    【入場料】 無料
    【場所】 浜松市総合産業展示館(東区流通元町20-2)
    【駐車場】 有(400台)・特設駐車場も完備(両日とも無料シャトルバス運行)
    【参加費】 イベントにより有
    【トイレ】 有
    【URL】 http://www.enshubazaar.com/

    文/ショコラ

    イベント(通年・不定期)
  • 平野美術館「はしもとみお木彫り展」

    2018年11月6日

    入口

    私の大好きな動物彫刻家、はしもとみおさんの木彫り展「どうぶつ家族たちの物語」が浜松で開催されていると知り、子どもたちを連れて平野美術館へ行ってきました。

    サル

    彼女の作品を見るのはこれが2回目。今回は“見て、触れて、楽しんで”がテーマの作品展です。はしもとさんの作品の魅力は“まるで動物が生きて、そこにいるような感じがする”こと。実際に触ることのできる作品もいくつかあります。

    柴犬

    マヌルネコの枕が用意されていたので、小2の娘はさっそく寝転んでいました。

    マヌルネコの枕

    彫刻作品だけでなく、デッサン画も展示されています。このような丁寧なデッサンからすばらしい作品が生まれるのだと実感。小6の息子と一緒に「はしもとみおのデッサン5ヶ条」をじっくり読みました。

    デッザン画

    今年の新作、クマのシュウ君には「10匹の生きものがはりついています」と書いてあったので、子どもたちは夢中になって探していました。最後に別室で制作風景を映像で見ることができました。あんなに大きな木のかたまりからクマを彫り上げるなんてスゴイ!

    クマ

    はしもとみおさんの作品を見ると「本当に動物が好きな人なんだなぁ」と感じます。はしもとさんを初めて知ったという人も、すでにファンの人も、浜松で見ることのできるこの機会にぜひ足を運んでみませんか。

    ■どうぶつ家族たちの物語 はしもとみお木彫り展
    【開催期間】 2018年9月22日(土)~12月2日(土)
    【開館時間】 10:00~17:00(入館は16:30まで)
    【休館日】 月曜日(祝日の場合は翌日休館)
    【観覧料】 一般500円、中高生300円、小学生200円 
    ※しずおかミュージアムパスポート利用可、土日に限り小中学生は無料

    文/こにゃんこ

    平野美術館

    住所 浜松市中区元浜町166番地
    電話 053-474-0811
    駐車場 有(無料、約10台)
    アクセス方法 【バス】 浜松駅バスターミナル12番のりば「内野台行」、「元浜町」下車
    URL http://www.hirano-museum.jp/ ※HPに割引券有

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    美術館・博物館・科学館
  • ママゼミ 幼児食教室

    2018年11月4日

    皆さんはママゼミをご存知ですか? 地元企業が得意分野を生かし、子育て中のお母さん向けにセミナーや体験教室を開催しています。

    チラシ

    今回はその中の1つ、幼児食教室に2歳の娘を連れて参加してきました。

    会場

    はじめに管理栄養士の講話があり、幼児食の説明から子どもの歯、身体の中(消化機能など)の話まで、この時期に必要な知識を得ることができました。なかでも興味深かったのが、鉄分、ビタミンC、カルシウムの栄養素がこの時期特に大切だということです。鉄分とカルシウムを効率よく摂取するために、フォローアップミルクの利用も紹介されていました。

    絵本の読み聞かせ

    話に飽きてきた子どもたちのため絵本の読み聞かせタイムをはさみ、フォローアップミルクとレトルト幼児食品の試食会です。娘は初めて飲みましたが完食してくれました。おやつにも取り入れることができるそうなので、今度試してみようと思います。

    試食

    幼児食教室は毎日の食事を見直すいい機会になりました。できることから少しずつ、この教室で学んだことを生かしていきたいです。

    ■アイクレオ幼児食教室
    【開催日】 2018年10月16日(火)
    【場所】 杏林堂 中郡店
    【対象】 1~2歳の子どもと母親
    ※そのほかの講座はHPを確認

    【問合せ】 認定NPO法人はままつ子育てネットワークぴっぴ(事務局)
    【TEL】 053-457-3418(受付時間:月~土曜日 9:00~17:00)
    【URL】 https://mamazemi.com

    文/むう

    イベント(通年・不定期)
  • イルミネーション特集2018-2019@浜松市内

    2018年11月3日

    色鮮やかな光で街や木々を彩るイルミネーション。レジャー施設内では、趣向を凝らした飾りつけやダイナミックな音と光のコラボなど、子どもたちがワクワクするような演出がスタートします。防寒対策をばっちりして、特別な夜のおでかけをしてみませんか? 市内のおすすめスポットをご紹介します。

    ●フルーツイルミネーション@はままつフルーツパーク~光の果樹園~

    フルーツパーク

    【点灯期間】2018年11月10日(土)~2019年1月14日(月・祝)
    ※11/10~1/14までは全日開催。1/14以降は金土日祝の週末限定開催
    【点灯時間】17:00頃~21:00
    【住所】北区都田町4263-1
    【入園料】大人700円、小・中学生350円、未就学児無料
    【駐車場】無料(800台)
    【問い合わせ】TEL 053-428-5211(代表)
    フルーツをテーマに約300万球の電球が輝くイルミネーション♪企業や団体が参加するイルミネーション「イルミュージアム」、日本最大級の噴水ショーなど見どころ満載です。

    イベントカレンダーで詳細を見る

    ◎昨年の様子はこちら⇒取材ママレポート(1) 取材ママレポート(2)

    ●なゆた浜北イルミネーション

    なゆた浜北

    【点灯期間】2018年11月10日(土)~2019年2月17日(日)
    【点灯時間】17:00~22:00 ※時期により点灯開始時間の変更あり
    【住所】浜北区貴布祢3000
    【入場料】無料
    【駐車場】最初の2時間無料、以降30分ごとに100円(149台)
    【問い合わせ】(株)なゆた浜北 TEL 053-585-0611
    駅前広場にある高さ7mのヒマラヤ杉や市民プラザなどが、うつくしいLEDの光に包まれます。

    イベントカレンダーで詳細を見る

    ☆第5回浜北副都心にぎわいおもてなしフェスタ
    【日時】11月10日(土)10:00~15:00
    ・プロムナードコンサート 15:15~
    ・点灯式 17:00~

    イベントカレンダーで詳細を見る

    ◎以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    ●はままつフラワーパーク フラワーイルミネーション2018

    フラワーパーク

    【点灯期間】2018年11月23日(金)~12月28日(金)、2019年1月1日(火)~1月6日(日)
    【点灯時間】17:00~21:00 ※12月13日までの月~木曜日は20:00まで
    【入園料】大人500円(園内で利用できる300円分のお買い物券付き)、中学生以下無料
    【住所】西区舘山寺町195
    【駐車場】200円/1回(537台)
    【問い合わせ】TEL 053-487-0511
    本格的なモミの木のクリスマスツリーやポンセチアのツリー、大噴水ショーのライトアップなど、色鮮やかな花と光が調和した世界が広がります。

    イベントカレンダーで詳細を見る

    ◎昨年の様子はこちら⇒取材ママレポート

    ☆イルミネーション撮影教室(要予約)
    【日時】11月25日(日)17:00~19:00

    イベントカレンダーで詳細を見る

    ☆ナイトコンサート
    【日時】12月1日~23日までの土日、12月24日(月)18:00~、19:00~ 各30分間

    イベントカレンダーで詳細を見る

    ●はままつ地ビールレストラン マインシュロス

    マインシュロス

    【点灯期間】2018年11月3日(土)~2019年2月28日(木)
    【点灯時間】17:00頃(日没)~22:00
    【住所】中区中央3-8-1 中庭
    【駐車場】レストラン利用者専用駐車場あり
    【問い合わせ】はままつ地ビールレストランマインシュロス TEL.053-452-1146(代表)
    中庭でキラキラ輝く雪景色をイメージしたホワイトイルミネーションに、カラーLEDによる動きのある演出が加わりより華やかに!

    ◎以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    イベントカレンダーで詳細を見る

    ●その他のイルミネーションスポット

    ザザシティ浜松中央広場前のクリスマスツリー

    【点灯期間】2018年11月1日(木)~12月25日
    【点灯時間】17:00~23:00

    イベントカレンダーで詳細を見る

    鍛冶町通り街路樹イルミネーション

    【点灯期間】2018年11月1日(木)~2019年2月14日(木)
    【点灯時間】17:00~23:00

    イベントカレンダーで詳細を見る

    nicoe Sweets Illumination

    【点灯期間】2018年11月23日(金)~2019年2月28日(木)
    【点灯時間】日没17:00~21:30 ※金・土は22:00まで
    【住所】浜北区染地台6丁目7-11

    イベントカレンダーで詳細を見る

    雄踏文化センター イルミネーション点灯式

    【日時】12月1日(土)16:30~18:00
    【住所】西区雄踏町宇布見5427
    和太鼓、吹奏楽の演奏の中でイルミネーション点灯式を行います。サンタとのジャンケン大会も!

    イベントカレンダーで詳細を見る

    *写真は過去の「子連れでおでかけ」ブログのものです。

    イルミネーション特集
  • 小國ことまち横丁

    2018年11月2日

    春は桜、夏は花菖蒲、秋は紅葉など四季折々の風景が美しい小國神社。今年の夏は、川遊びも兼ねて子どもと数回遊びに行きました。今回は、小國ことまち横丁誕生10周年の大感謝祭があるということで出かけてきました。

    ことまち横丁

    浜松から小國神社へは一本道なので、混む前にと10時頃に着くように出発しました。感謝祭は9時半から始まっているので小國神社の入口とことまち横丁の前の駐車場は埋まっていましたが、夏に川遊びで利用した奥の駐車場は空いており、すんなり入ることができました。まずはお参りをして、御朱印帳をいただきました。時期的に七五三や結婚式の方がいて、幸せな気持ちをお裾分けしてもらいました。余談ですが、この神社には3歳の娘のお気に入りスポットがあります。それは、橋のハートです。毎回ハートを見ては喜んでいます。みなさんもよかったら見つけてみてくださいね! きっといいことがあると思いますよ!!

    ハート

    お参りの後は、お待ちかねのランチタイム。ことまち横丁を一回りすると、おいしそうで、インスタ映えする食べものがたくさんありました。娘は「恋する夢かわパンケーキ」に、私は「Wチーズのマルゲリータ」ピザに決めました。座席がたくさんあり、ゆったり座ることができますし、ベビーカーを傍に置くゆとりもありました。パンケーキは彩り豊かでハートや丸のあられがかわいく、ほんのり甘いアクセントになっています。ピザはチーズがトロトロで、チーズ好きにはたまりません。お土産にも買ってしまいました。

    ピザ

    パンケーキ

    期間中は1000円購入ごとに抽選券1枚が配布され、ガラポンをすることができました。いつもよりもお得なメニューや商品もありましたよ。私たちは12時前には出発しましたが、帰り道はこれから小國神社に向かう車でとても混んでいました。短い滞在でしたので、期間中にまた行けたらと思いました。みなさんも秋の自然に囲まれながら、おいしい食べものを味わってみませんか?

    ことまち横丁内のお茶の老舗「ヤマチョウ本店」で「ぴっぴの記事を見たよ」とお伝えすると「ティーバック2個セット」をプレゼントしてくれるそうです! 子育て中のパパ・ママに「がんばってね」の気持ちとのこと。ことまち横丁に行ったら、ぜひ声をかけてみてくださいね。

    ■小國ことまち横丁誕生10周年大感謝祭
    【開催期間】 2018年10月19日(金)~28日(日)
    【時間】 9:30~16:30(ヤマチョウ本店は9:00~17:30)
    【場所】 小國神社門前ことまち横丁

    文/ショコラ

    遠江国一宮 小國神社 

    住所 周智郡森町一宮3956-1
    電話 0538-89-7302
    子連れに便利な設備 ファミリートイレ有
    駐車場 有(約800台・無料)
    アクセス方法 【電車】天竜浜名湖鉄道「遠江一宮駅」より送迎マイクロバス(日曜日運行)にて約10分
    【車】新東名高速「遠州森町スマートIC」から約7分、東名高速「袋井IC」より約20分
    URL http://www.kotomachi.com

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    イベント(通年・不定期)
  • 学園祭へ行こう!2018

    2018年11月1日

    屋外でのイベントが盛りだくさんの秋。市内や近郊の大学でも「学園祭」が開催されます。趣向を凝らしたステージイベントやワークショップなど、親子で参加できる催しもいっぱい。広々とした構内の雰囲気もゆっくり楽しめます。

    学園祭へ行こう!2018

    静岡文化芸術大学 碧風祭

    【日時】11月3日(土)~11月4日(日) 10:00~17:00
    【場所】浜松市中区中央2-1-1
    今年のテーマは「凛」。ステージイベントや屋台はもちろんのこと、ものづくりを体験できるワークショップや手作りアクセサリーの販売などもあります。

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    浜松医科大学 医大祭

    【日時】11月3日(土)~4日(日) 9:00~17:00
    【場所】浜松市東区半田山1-20-1
    今年のテーマは「illuminate」。模擬店やバザーをはじめ、サークルによるステージイベントや人気芸人のお笑いLIVEも! 医大ならではの医療関連の講演や学内展示もあります。

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    聖隷クリストファー大学 聖灯祭

    【日時】11月3日(土) 10:00~16:00
    【場所】浜松市北区三方原町3453
    今年のテーマは「The Love Bugs」。近隣の福祉施設が集まった「ふくし楽市」ではお菓子や雑貨などを販売。子育て支援ひろばたっくんも開設します。沼津市出身の俳優、礒村勇斗のトークショーも!

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    常葉大学 キトルス祭

    【日時】11月3日(土) 9:30~16:45、4日(日)9:30~18:30
    【場所】浜松市北区都田町1230
    今年のテーマは「煌-きらめき-」。DAIGOトークショーや都田朝市、こどもむらなど親子で楽しめるイベントが盛りだくさん。日曜日の夜には、音楽に合わせて花火が打ち上げられます。

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    静岡大学 第19回静大祭in浜松

    【日時】11月10日(土) 9:30~18:30、11日(日)9:30~18:10
    【場所】浜松市中区城北3-5-1(静岡大学浜松キャンパス)
    今年のテーマは「It's show time!」。ミニゲーム大会&大道芸、謎解きゲームなどイベントいろいろです。

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    学園祭スタッフからひとこと

    子ども向けのミニゲームで一緒に楽しもう! マスコットキャラクターの「しぃは」とも会えるよ♪

    浜松学院大学・浜松学院大学短期大学部 共創祭

    【日時】11月17日(土)~18日(日) 10:00~16:00
    【場所】浜松市中区布橋3-2-3
    今年のテーマは「Color」。学生たち主催のステージ企画や抽選会を始め、さまざまな模擬店が多数出店。幼児教育科があるので、小さな子どもが楽しめる企画も充実です。ダブルメイン企画はゴ~☆ジャス、Halo at 四畳半のLIVEです。

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    静岡産業大学 第25回蒼樹祭

    【日時】11月17日(土) 10:00~18:00、18日(日)13:00~17:00
    【場所】磐田市大原1572-1
    今年のテーマは「Let's festival」。学生や地域の人たちが腕をふるった料理が並ぶ模擬店、ダンボール迷路などの展示が楽しめます。毎年恒例のフリーマーケットやお笑いLIVEも人気です!

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    イベント(秋)
  • 第12回やらまいかミュージックフェスティバル

    2018年10月30日

    音楽の秋特集2018

    市民が奏でる、市民が楽しむ、市民がつくる音楽祭「やらまいかミュージックフェスティバル」は毎年10月第2日曜日とその前日の土曜日に開催され、今年で12回目となります。子どもの友だちのママが出演するという話を聞いて、家族で行ってきました。

    チラシ

    本部

    フェス期間中は浜松中心部に設けられた屋内外の多数 のステージでライブが行われています。まずはソラモで行われていた体験に行きました。ヘッドホンで聴く新たなライブスタイル「SSM」(Silent Street Music)の体験では、普通に聞くとほとんど音は聞こえないのですが、ヘッドホンをつけると演奏を聴くことができます。親子でちょっと不思議な体験をしました。

    SSM

    地元の楽器メーカー担当者から説明を聞く体験では、子どもたち(小3長男、小1長女、年中次男)はおもちゃのピアノや木琴が楽しかったと言っていました。おもちゃとはいえ楽器メーカーが制作しただけあり、音がとてもよかったです。

    ミニピアノ

    軽バイオリン体験では、まったく経験がないにもかかわらず音を出すことができ、私とパパは指導を受けて短時間で「きらきら星」の演奏もできて気分が上がりました。

    軽バイオリン体験

    そのほかにもさまざまな楽器を体験することができました。

    アコーディオン

    体験後はお目当ての「アザレア・ママズ・アンサンブル」のステージを楽し みました。子どもがいても吹奏楽を楽しもう! と平日午前に活動しているママさん吹奏楽サークルです。大人だけでなく、子どもも一緒にステージ上でダンスをしていました。次男も楽しかったようで、ステージの子どもたちを見て一緒に踊っていました。

    アザレア・ママズ・アンサンブル

    芸術の秋に親子で楽しく音楽に触れることができました。また来年も行きたいと思っています。

    ■第12回やらまいかミュージックフェスティバル
    【期間】 2018年10月13日(土)~10月14日(日)
    【会場】 JR浜松駅周辺12ステージ
    【出演者】 278組
    【企画】 チャレンジステージ、タッチ&トライ、楽器体験会など有
    【URL】 http://yaramaika-mfes.com/

    ◎「アザレア・ママズ・アンサンブル」 https://www.c-sqr.net/c/azalea/

    文/ジュン

    イベント(秋)
  • 浜松市動物園 アムールトラお別れ

    2018年10月29日

    ある日浜松市動物園のブログを見たところ、トラの「テン」(6歳オス)が繁殖のために広島市の動物園へ移動するという記事が! 「テン」は浜松市動物園生まれのアムールトラ。私はずっとその成長を見守ってきました。残念ながらお別れ会には参加できなかったけれど、「テン」に会うため小2の娘と動物園を訪れました。

    アムールトラ

    「テン」は猛獣舎の中にいました。とても大きな体。赤ちゃんの頃の写真が掲示されていたので、娘と懐かしく眺めました。とても暑い日に運動場で泳ぐ姿を見たり、誕生日会に参加したりとさまざまな思い出があります。娘も「テンちゃん、バイバイ」とお別れを言いました。

    「テン」に会えなくなるのはとても寂しいですが、うれしいニュースもあります。10月4日にカピバラが4匹の赤ちゃんを出産。とても愛らしい姿を見ることができます。

    カピバラ

    娘が大好きなホッキョクグマの親子「バフィン」と「モモ」も元気に過ごしていました。

    ホッキョクグマ

    久しぶりに動物園へ行くと、やっぱり楽しい。これからも浜松市動物園の動物たちを見守っていきたいですね。

    ■アムールトラ「テン」お別れ
    【最終展示】 10月30日(火)閉園まで
    【搬出先】 広島市安佐動物公園
    【搬出予定日】 2018年10月31日(水)


    文/こにゃんこ

    浜松市動物園

    住所 浜松市西区館山寺町199
    電話 053-487-1122
    開園時間 9:00~16:30(入園は16:00まで)
    休園日 12月29日~12月31日
    料金 大人(高校生以上)410円、中学生以下無料
    ※しずおか子育て優待カードの提示で大人360円
    子連れに便利な設備 トイレ、オムツ替えシート有、授乳室有
    駐車場 有(普通車200円)
    URL http://www.hamazoo.net/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    動物園・水族館
  • ことゆく社のランドセル体験会

    2018年10月29日

    10月にサーラプラザ佐鳴台で娘とランドセル体験会に参加しました。体験会といっても、1種類の新商品を試着することができるイベントでした。主催はことゆく社で、商品は「raccu~ラック~」といいます。コンセプトは既存のランドセルでよく使われている皮にこだわらず、機能性に優れ、子どもが背負いやすくしたものです。

    raccu

    会場ではワークショップも並行して行われており、ヘアゴム作りと木彫りグリップを使った縄跳び作りをしました。

    ワークショップ

    娘は縄跳びが完成するとすぐに縄跳びを始めました。とても気に入ったようです。

    なわとび

    一般的に小学生になるとランドセルが必要となります。いろいろな商品が販売されているので、娘に早くからよいものを探したいと思います。小学校に入学前の子どもを持つ皆さんは、候補の1つとして体験会に参加してみてはいかがでしょうか。小学生のお子さんがいるご家庭も、機能性に優れたものを一度試してみるのもいいかもしれません。

    ■ことゆくラック体験会
    【日時】 10月6~7日、20~21日  11:00~17:00
    【開催場所】 サーラプラザ佐鳴台

    ◎今後の開催予定
    【日時】11月5日、25日 11:00~17:00
    【開催場所】木のおもちゃの店「シンプリィ・ショップ」
    *ほか、各地で体験会開催有。詳細はことゆく社のHPを確認

    ◎合同会社ことゆく社
    【URL】 https://readyfor.jp/projects/cotoyukuraccu

    文/まっち

    イベント(通年・不定期)
  • どんぐり合衆国

    2018年10月28日

    秋といえば「どんぐり拾い」! 私と娘は夏の終わり頃から、どんぐりの成育具合がとても気になりだします。毎年、新しい収拾場所を探して、市内の公園を巡っています。今年は浜松城公園に行き、どんぐり合衆国というイベントが開催されていることを知りました。

    パンフレット

    浜松城公園北側の駐車場管理棟に、「どんぐり銀行本店」があります。なんと支点も別の公園にあるようです。銀行には、どんぐりを集め貯金にくる子どもたちがいました。バケツいっぱいのどんぐりが、そこにはありました。

    バケツいっぱいのどんぐり

    私たちも公園の中へビニール袋を片手に向かいます。人が少なく、キレイな状態で落ちているところを探します。

    どんぐり

    100円で購入した通帳にシールをもらおうと思っていたのですが…結局、私たちは集めたどんぐりを持ち帰ることにしました!? 通帳にシールがたまり、缶バッジをもらうのは長い道のりのようです。

    缶バッジ

    今年は台風の直撃により、多くのどんぐりに被害がありました。貴重な「クヌギのどんぐり」は、ほとんど見つかりませんでした。しかし、コナラなどはこれからたくさん見つかるはずです。どんぐり通帳のシールがいっぱいになったら、購入代の100円は戻ってきます。皆さんも集めたどんぐりを「どんぐり銀行」へ持っていってみてはどうでしょう。

    ■どんぐり合衆国
    ◎浜松城公園どんぐり銀行本店
    【受付】 浜松城公園 駐車場管理棟(9:00~17:00)
    【電話】 053-457-0088
    【URL】 https://www.entetsuassist-dms.com/hamamatsu-jyo/

    ◎佐鳴湖公園 どんぐり銀行支店
    【受付】 佐鳴湖公園 北岸管理棟(9:00~17:00)
    【電話】 053-476-0210
    【URL】 https://www.entetsuassist-dms.com/sanaru-park/

    ◎掛川森林果樹公園 どんぐり銀行支店
    【受付】 掛川森林果樹公園 公園管理事務所(9:00~16:30)
    【定休日】 毎週月曜(祝日の場合は翌日)
    【電話】 0537-23-8102
    【URL】 https://www.entetsuassist-dms.com/kakegawa-shinrinkajyupark/

    文/まっち

    浜松城公園

    住所 浜松市中区元城町100-2
    子連れに便利な設備 休憩所有、水飲み手洗い場有(浜松城公園駐車場内には、多目的トイレ有)
    駐車場 有(無料) 8:00~21:30 

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    公園
  • 石人の星公園「サイクル広場」

    2018年10月26日

    大きな複合遊具が楽しい石人の星公園ですが、わが子たちは遊具でしばらく遊んだ後、ほかの遊びもしたいというので、サイクル広場に行ってきました。ここは基本的には自転車を持ち込んで練習する場所ですが、無料でレンタルをすることもできます。

    三輪自転車

    サイクル広場の内側は一輪車練習場、外側は自転車練習場です。

    注意事項

    レンタル車に乗りたい場合は順番に並んで1人2周ずつ交代で乗ります。私たちが行ったときは連休中でしたが、並んでいる子どもは多いときでも10人前後でした。

    利用方法

    順番待ち

    長男(小3)には、通常のレンタル自転車は小さかったようですが、変わり種自転車が楽しかったようです。長女(小1)は普段あまり道路で自転車に乗っていないため、喜んで乗っていました。

    三輪自転車

    末っ子(年中)は自転車練習がほとんどできていなかったので補助輪付き自転車を借り、私が背中を押そうとすると「押さないで!」といって、どんどん進んでいきました! 初めて自転車を「こぐ」ことができました。お昼休憩をはさんで2時間ほどサイクル広場で遊びました。

    混雑時は職員の方が順番に乗るように案内をしていました。安全に自転車練習ができてよかったです。子どもたちはまた遊びに行きたいといっています。

     ■サイクル広場
    【利用時間】 9:00~16:00
    ※土日の混雑時職員による案内有

    文/ジュン

    石人の星公園

    住所 浜松市南区江之島町1706
    電話 053-442-6775
    子連れに便利な設備 休憩所有、多目的トイレ有(オムツ台有)、売店有
    駐車場 有(普通車352台、大型車9台)
    URL https://www.enshunada.com/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    公園
  • 白羽楽器の「教えて! ピアノ講座」

    2018年10月23日

    音楽の秋特集2018

    白羽楽器で開催される「教えて! ピアノ講座」に家族で参加してきました。

    チラシ

    毎月第2日曜日に行われるこの講座は、なんと参加費無料・事前予約不要なので気軽に参加できます。

    外観

    まずはピアノの興味深い歴史の話からスタート。6歳の息子にはちょっと難しいかな? と思っていると、板を外して内部がよく見えるようにしたピアノを見ながら音が出る仕組みの話になり、息子は「わー、すごーい!」と釘付けになっていました。パパも私も普段は見ることのできないピアノの内部構造が分かり、思わず何度もカメラのシャッターを押してしまいました。

    分解

    ピアノはどのようにして音がでるのか分かったところで、調律体験をして講座は終了です。

    調律体験

    大人も興味深い専門性のある話から、子どもが体験しながら楽しめる内容もあり、あっという間の30分でした。

    記念撮影

    白羽楽器では、ほかにもワンコインコンサートや子ども向けイベントを定期的に開催しています。長期休暇中のイベントは、自由研究の題材としてもおすすめです。

    ■教えて! ピアノ講座
    【開催日時】 毎月第2日曜日 10:00〜(約30分)
    【場所】 白羽楽器ピアノ工房内
    【参加費】 無料
    【事前予約】 不要

    文/みきこ

    白羽楽器

    住所 浜松市中区領家1-6-10
    電話 053-464-3015
    駐車場 有(無料)
    URL http://www.pianos-shirowa.co.jp/html/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    イベント(通年・不定期)
  • 2018 豊田香りの公園祭り

    2018年10月22日

    磐田市香りの博物館隣りにある豊田香りの公園で、毎年恒例のお祭りがあり、3歳の娘と遊びに行きました。開始は10時からですが、参加には整理券が必要なイベントがあり、9時半から香りの博物館で受付のため、早めに出かけました。

    チラシ

    気になっていた「カラフルタッセルの香りつきブレスレットづくり」は人気のため整理券が取れませんでした。でも、「にゃんこのり!?のにゃんこのぬり絵しおりづくり」は11時の回の予約ができました。しおりに色鉛筆で色を塗り、3種類の香水から好きなものをび、しおりに吹きかけてもらいました。とてもすてきな香りで、娘も癒されていましたよ。

    しおり作り

    ほかにもいろいろなブースがありました。綿菓子のブースでは、いろいろな味が選べるので、娘は大好きなブドウにしました。味によって色も違い、ブドウ味は紫色でとてもきれいでしたよ。駄菓子販売では、レジ打ち体験ができるのですが、初めてのレジ打ちに、娘は少し緊張気味。でも、とても楽しかったようです。

    レジ打ち体験

    新造形創造館体験講座では、200円のコースター作りに挑戦しました。スプーンで色とりどりの石をすくい、コルクのコースターに貼るというもので、3歳の娘にも簡単にできました。

    コースター作り

    ハーブの会のブースでは、ハーブティーの試飲やハーブクッキーの試食、ハーブのサシェをいただきました。ハーブの香りに癒され、私もリラックスできました。

    ハーブティー試飲

    娘と参加したスタンプラリーでは、スタンプの数で景品がもらえるので、みなさん張り切っていましたよ。

    初めて香りの公園祭りに行きましたが、ほぼ一日子連れで十分に遊ぶことができました。赤ちゃん連れやペット連れの方にもおススメです。ぜひ次回のお祭りに遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

    ■2018 豊田香りの公園祭り
    【日時】 2018年10月8日(月・祝)10:00~15:00(小雨決行)
    【場所】 磐田市豊田香りの公園、磐田市香りの博物館
    【問合せ】 香りの公園祭り運営事務局(磐田市香りの博物館内)
    【電話】 0538-36-8891
    【駐車場】 有(香りの博物館第1・2駐車場)
    【子連れに便利な施設】 ベビーカーで入れるトイレ有

    文/ショコラ

    磐田市香りの博物館

    住所 磐田市立野2019-15
    電話 0538-36-8891
    開館時間 9:30~17:30(入館17:00まで)
    休館日 月曜日(祝日の場合は開館し、翌日休館)、年末年始 ※8月は休館日無
    料金 一般300円、学生(高校生以上)200円、小・中学生100円
    ※1階(体験コーナー、ミュージアムショップ)は入館無料
    子連れに便利な設備 多目的トイレ(オムツ台有)、エレベーター有、香りの公園に隣接
    駐車場 有(無料)
    アクセス方法 【電車】東海道本線「豊田町」駅下車北口より徒歩約5分
    【車】東名高速 浜松ICまたは磐田ICより約20分、磐田BP森岡ICより約5分
    URL http://www.iwata-kaori.jp
    イベント(秋)
  • JAとぴあ浜松の農作業体験「玉ねぎの植付け」

    2018年10月21日

    西区の篠原地区で作られる「新玉ねぎ」は、日本一早い1月頃から出荷され、その早さとみずみずしさで高い評価を受けています。シーズンになると浜松の店頭でも出回りますが、辛みが少なく子どもにも食べさせやすい品種です。小学生になった娘たちも、小さな頃は苦手だった野菜がどんどん食べられるようになってきました。普段から浜松のおいしい野菜をできるだけ食卓に取り入れたいと思っているので「どんな場所で、どんな人たちが作っているか」にも興味が沸き、JAとぴあ浜松が開催した仕事体験「玉ねぎの植付け作業」に参加しました。

    玉ねぎの植付け
     
    当日案内された畑では、何通りにもなったうねに玉ねぎの植付けをしている農家のみなさんの姿がありました。暑いくらいの天気の中、もくもくと作業をしています。植付けのコツを聞いてから、実際の体験に入りました。

    玉ねぎの苗

    2~3本の細い葉が出ているだけの苗は、少し力を入れただけでも折れてしまいそうです。

    植え方レクチャー
     
    それでも数本植えていくうちに、力加減がわかってきてスピードもアップ。気づけば、手に持った苗がなくなるまで、無心に作業をしていました。

    植付け体験
     
    体験日は台風が過ぎ去った10月の初め。この日に植える苗はかろうじて被害に合わずに済んだようですが、玉ねぎ農家の中でも多くの影響があったというお話もありました。不安定な天候が続く時期は心配が絶えないかと思いますが、だからこそ収穫の喜びが味わえ、気候や季節の変化を肌で感じられる仕事だと実感しました。

    パンフレット

    JAとぴあ浜松では、仕事復帰を考えているママたちに農作業の担い手のひとりとして働いてもらえたらと考えているそうです。短時間の仕事を探している人はもちろん、何か新しいことに挑戦したいというママにもぴったりです。なにより外で無心に作業することが、普段体を動かすことが少ない私にとって気持ちのよい時間となりました。次のシーズン、「去年は苗を植えるお手伝いをしたんだよ」と話しながら、子どもたちと新玉ねぎを食べることも楽しみです。

    ■JAとぴあ浜松の農業体験会
    今後の開催予定については、直接お問い合わせください。
    【電話】 営農生産部 営農指導課 TEL:053-476-3138
    【URL】 http://jatopia.ja-shizuoka.or.jp/

    文/makiko

    イベント(通年・不定期)
  • 2018紅葉と秋祭り<2>◎県西部(浜松市外)・愛知・南信

    2018年10月19日

    日の入りが早くなり、秋の深まりが感じられます。紅葉特集第2弾は、浜松市内以外の静岡県西・中部、愛知県奥三河周辺、長野県南信周辺の日帰りで楽しむ紅葉エリアとイベント情報をお届けします。台風の影響により、道路の通行止めや復旧が未定の地域が出ています。また、塩害等で例年のような紅葉が見られない場合もありますので、状況を確認してからのおでかけがおすすめです。

    ※見頃の時期については目安です。気象条件などにより前後します。

    香嵐渓

    静岡県西部

    小國神社

    【場所】周智郡森町一宮3956-1
    【見頃】11月中旬~
    静岡県西部を代表するうつくしい紅葉スポットです。神社境内を流れる宮川周辺は絶好の撮影ポイント。ことまち横丁は子どもたちにも人気です。
    【問合せ】0538-89-7302
    【URL】http://www.okunijinja.or.jp/

    大洞院

    【場所】周智郡森町橘249
    【見頃】11月中旬~
    秋が深まるにつれ、うつくしい紅葉が境内一面に広がります。小國神社とともに森町の紅葉の名所であり、森の石松の墓があることで有名です。
    【問合せ】0538-85-2009

    ◎遠州 森のまつり
    【日時】11月2日(金)~4日(日)
    【場所】三島神社ほか森町市街地
    各町から出る舞子によるかわいらしい舞楽と激しい「けんか祭り」で有名です。漆塗りの華麗な屋台引き回しを見ることができます。
    【問合せ】森町観光協会 0538-85-6316

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ◎森のクラフトフェア
    【日時」11月17日(土)~18日(日) 10:00~16:00
    【場所】アクティ森(森町問詰1115-1)
    木工・陶磁・染織・金工・ガラスなど、手づくりのクラフト作家が集まり展示・販売で賑わうイベントです。
    【問合せ】アクティ森 0538-85-0115

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ◎第31回森町産業祭「もりもり2万人まつり&農協祭」
    【日時】11月18日(日) 9:00~15:30
    【場所】森町文化会館お祭り広場及び駐車場(森町森1485)
    森町の産業や農産物のPR、特産品販売、ステージイベントなど、おいしいものと催しで広場が活気に溢れます。
    【問合せ】森町産業祭実行委員会 0538-85-6319

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    油山寺

    【場所】袋井市村松1
    【見頃】11月中旬~
    目の健康などを祈願する霊山として有名です。山門をくぐると、約1000本の楓の紅葉が迎えてくれます。
    【問合せ】0538-42-3633
    【URL】https://yusanji.jp/

    ◎STREET FASHION SHOW 静岡版創作舞妓
    【日時】11月18日(日)
    【場所】油山寺
    鮮やかな紅葉を背景、山門を借景に鮮やかな着物の舞妓さんをカメラにおさめることができる機会です。
    【問合せ】静岡県美容業生活衛生同業組合 054-251-2638

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    法多山尊永寺

    【場所】袋井市豊沢
    【見頃】11月下旬~
    広い境内で、絵巻のように歴史を感じる紅葉が楽しめます。
    【問合せ】法多山尊永寺 0538-43-3601
    【URL】http://www.hattasan.or.jp/

    ◎だんごまつり
    【日時】11月3日(土)
    【場所】法多山尊永寺
    全国のおいしいだんごが一堂に集います。様々な催し物やステージイベントで広い境内が賑わいます。

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ◎もみじまつり
    【日時】11月24(土)~25日(日)
    【場所】法多山尊永寺
    もみじの見頃に合わせ、例年11月の最終土・日曜日にさまざまなイベントが開催されます。
    ※詳しくはホームページ等でご確認ください。

    静岡県中部

    寸又峡

    【場所】川根本町
    【見頃】10月下旬~
    神秘的な深い緑がうつくしい湖面と、色鮮やかな紅葉とのコントラストが見事。高さ8mの「夢の吊り橋」から見る秋の景色は圧巻です。
    【問合せ】川根本町まちづくり観光協会 0547-59-2746
    【URL】http://www.okuooi.gr.jp/wordpress/

    井川湖

    【場所】静岡市葵区井川
    【見頃】11月下旬~
    周囲約10kmにわたる湖。井川湖にかかる吊り橋、また渡船して井川湖内からなど、様々なスポットから紅葉を楽しむのがおすすめです。
    【問合せ】静岡市井川観光協会 054-260-2377
    【URL】http://ikawa-minamialps.com/main.asp

    ◎井川大仏例祭
    【日時】10月28日(日) 11:00~15:00
    【場所】井川大仏境内、駐車場
    祈願祭、御詠歌にはじまり、境内では大道芸、射的ゲームなど楽しいことがいっぱい。子どもたちのお楽しみ、餅まきもあります。
    【URL】http://ikawa-minamialps.com/aspsrv/asp_event/event.asp?ID=1339&nid=1

    梅ヶ島温泉

    【場所】静岡市葵区梅ヶ島
    【見頃】11月中旬~
    安倍川上流の山間で美肌効果が高いと言われる温泉地。近くには趣の異なる滝が数多くあり、温泉街と滝を囲む山々の紅葉は情緒たっぷりです。
    【問合せ】梅ヶ島温泉観光組合 054-269-2525
    【URL】https://www.umegashima.net/

    愛知県奥三河周辺

    香嵐渓

    【場所】豊田市足助町飯盛
    【見頃】11月上旬~
    東海随一と言われる紅葉スポット。香積寺の山門や吊り橋など、約4000本ものもみじが艶やかに紅葉する姿は圧巻です。
    【問合せ】足助町観光協会 0565-62-1272

    ◎香嵐渓もみじまつり
    【日時】11月1日(木)~30日(金) 日没~21:00
    【場所】足助・香嵐渓広場
    期間中の1か月は常時開放、21:00までライトアップされます。土日には、お茶会や和太鼓などさまざまなイベントも開催予定です。
    【URL】http://asuke.info/event/nov/entry-705.html

    茶臼山

    【場所】豊根村大字坂宇場字御所平
    【見頃】10月中旬~下旬
    愛知県で一番標高が高く、最も早く紅葉すると言われる茶臼山。中心部にはレストラン、売店などがあり、子ども連れでも安心して景色を楽しめます。
    【問合せ】茶臼山高原 0536-87-2345
    【URL】http://www.chausuyama.jp/

    ◎紅葉ライトアップ
    【日時】10月6日(土)~11月4日(日) 17:00~20:00
    【URL】http://www.chausuyama.jp/event/2018083015542383.html

    ◎『第4回 三遠南信 食の祭典』in茶臼山
    【日時】10月21日(日)10:00~16:00 *雨天決行(荒天の場合は中止となる場合もあり)
    【場所】茶臼山高原(愛知県北設楽郡豊根村坂宇場字御所平70-185)
    山の食・海の食が茶臼山高原に大集合!
    【URL】http://www.chausuyama.jp/event/2018091212272887.html

    大入渓谷

    【場所】北設楽郡東栄町大字東薗目
    【見頃】11月上旬~
    飯田線中部天竜駅近くから新豊根ダムに至る大入川沿いにある渓谷。鋭く高い岸壁と紅葉美穴場と言える、山深い紅葉の名所です。
    【問合せ】東栄町役場経済課 0536-76-1812

    ◎東栄フェスティバル
    【日時】11月3日(土) 10:00~18:30 雨天決行
    【場所】東栄ドーム(北設楽郡東栄町本郷大森1)
    花祭に先立ち、ダイジェストとして花祭の舞が披露されます。本番さながらの舞台で、盛大なクライマックスを迎えます。
    【URL】http://www.town.toei.aichi.jp/1556.htm

    段戸裏谷原生林「きららの森」

    【場所】北設楽郡設楽町田峯字段戸1番地1
    【見頃】10月下旬~
    愛知県最大級のブナの原生林。樹齢200年の木々が色づく秋には、紅葉はもちろん木の実広いも楽しめます。原生林ならではのかわいらしい動物にも出会えるかも。
    【問合せ】設楽町観光協会 0536-62-1000

    鳳来寺山

    【場所】新城市門谷字鳳来寺
    【見頃】11月中旬~
    常緑針葉樹と落葉樹が山肌を覆う鳳来寺山。国指定天然記念物の山全体が見事に紅葉し色づきます。
    ※台風24号による土砂崩れのため、鳳来寺山石段は登れなくなっています。現在、復旧のめどは立っていません。同じく、台風の影響のため阿寺の七滝へも大型車の通行はできませんのでご注意下さい。
    【問合せ】新城市観光協会 0536-29-0829
    【URL】https://www.okuminavi.jp/search/detail.php?id=619

    ◎鳳来寺山プレミアムガイドツアー
    【日時】10月14日(日)・21日(日)、11月4日(日)・18日(日)、12月2日(日)・16日(日) 9:30~11:00
    【場所】鳳来寺山パークウェイ 山頂駐車場 集合
    【費用】1500円(小学生以下500円)
    徳川家康ゆかりの地、鳳来寺山を地元ボランティアガイドが案内する個人向けガイドツアーです。

    ◎愛知県民の森 秋まつり
    【日時】11月1日(木)~30日(金)
    【場所】愛知県民の森(新城市門谷字鳳来寺7-60)
    【問合せ】県民の森 0536-32-1262
    【URL】https://www.aichi-park.or.jp/kenmin/index.html

    くらがり渓谷

    【場所】額田町大字石原字牧原日影3-1 
    【見頃】11月中旬~
    楓やクヌギで渓谷が紅葉に染まります。山頂まで続くハイキングコースも人気。バンガロー村、テント村、コテージ、ログハウス、バーベキュー場など充実した施設です。
    【問合せ】くらがり渓谷キャンプセンター 0564-83-2057

    ◎くらがり渓谷紅葉まつり
    【日時】11月17日(土)~12月2日(日)
    【URL】https://okazaki-kanko.jp/mizutomidori/kuragari/program/2316

    ◎くらがり渓谷感謝祭
    【日時】11月25日(日) 10:00~16:00
    額田の地産地消フードブースや体験型ワークショップなど、見どころが盛りだくさんです!
    【URL】https://okazaki-kanko.jp/mizutomidori/kuragari/program/2317

    長野県南信州周辺

    天竜峡

    【場所】飯田市龍江、川路
    【見頃】11月上旬~
    多くの文化人が愛した天竜峡の紅葉。天竜川下りをしながら、船上より眺める景色は格別です。
    【問合せ】天竜峡温泉 0265-27-2946

    丸畑渓谷

    【場所】下伊那郡売木村
    【見頃】11月上旬~
    長野県自然100選の丸畑渓谷。日本一美しいと言われる親子のポットホール(水流などで削られた穴)があり、水の少ないときには近くまで見に行くこともできます。
    【問合せ】売木村役場 0260-28-2311

    ◎秋色感謝祭&新米まつり
    【日時】11月4日(日) 9:00~15:00
    【場所】うるぎふるさと館&こまどりの湯
    売木村今年最後の収穫祭! フィナーレでは100キロのお米を使った投げ餅を盛大に行います。
    【URL】http://www.urugi.jp/2018/09/114.html

    やまなみ広場

    【場所】売木村平谷峠付近
    【見頃】11月上旬~
    平谷村と売木村の境にある南アルプスを一望できる絶景スポット。標高1160mの広場から見下ろす紅葉はダイナミックで圧巻です。
    【問合せ】売木村役場 0260-28-2311

    しらびそ高原

    【場所】飯田市上村
    【見頃】10月下旬~
    矢筈トンネルの出口下栗の里から、しらびそ高原への林道エコーライン16kmの沿線。しらびそ高原から下栗の里へ向かう道中からは、南アルプスの絶景がパノラマで楽しめます。
    ※地蔵峠分岐~しらびそ高原間、当分の間土砂崩落による通行止め。しらびそ高原へは、下栗経由のエコーラインにて通行可能です。
    ※地蔵峠~大鹿村間、当分の間土砂崩落による通行止め。大鹿村へは、松川町経由で通行可能です。
    【問合せ】遠山郷観光協会 0260-34-1071

    お花見・紅葉情報
  • 磐田市竜洋昆虫自然観察公園で「ザリガニつり」

    2018年10月18日

    今年で開園20周年を迎え、来園者数100万人を突破した「磐田市竜洋昆虫自然観察公園」へ出かけてきました。

    園入り口

    お目当ては、6歳の息子がお気に入りの「ザリガニつり」です。園内の小川で30分100円で釣り放題で、釣ったザリガニの持ち帰りはできません。受付で100円を支払い、エサのついた釣り竿とバケツを貸してもらいます。

    竿を借りる

    注意事項

    私たちが訪れたのは週末で、多くの親子連れでにぎわっていました。子どものみならずパパやママも真剣そのもの。

    ザリガニをつる!

    「あっ、ここにいた!」「あ〜、逃げられた〜」とみんな楽しそうです。息子の竿には何度もザリガニがかかるものの、釣り上げる途中で釣り竿から落ちてしまい、なかなか成功しません。

    今日の成果

    この日の釣果は1匹でしたが、100円でずいぶんと楽しめました。

     ■ザリガニつり
    【料金】 30分100円
    【開催期間】 5月中旬~10月下旬頃(変動有)

    文/みきこ

    磐田市竜洋昆虫自然観察公園

    住所 磐田市大中瀬320-1
    電話 0538-66-9900
    開園時間 9:00~17:00(最終入園16:30)
    休園日 毎週木曜日(祝日の場合は開園)・年末(12月28日~31日)
    ※ただし正月(1月1日~5日)、GW(4月29日~5月5日)、夏休み(7月21日~8月31日)、10月は全日開園
    入園料 大人320円、小・中学生100円、幼児無料
    ※団体割引、障がい者割引、お得な回数券有
    子連れに便利な設備 ベビーベッド設置の多目的トイレ有
    駐車場 有(無料)
    URL http://www.ryu-yo.co.jp/konchu/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    イベント(通年・不定期)
  • 岡崎駒立ぶどう狩り組合 マルタ園

    2018年10月16日

    私の幼い頃の記憶に、ぶどう狩り園内で釣りをするおじいちゃんの姿が。あれはどこだろうかと父に聞いてみると、愛知県岡崎市にあるぶどう園「マルタ園」でした。事前にホームページで調べてみると、確かに釣り堀があり、プールやアスレチックもあってとても楽しそう。夏休み後半、子どもの水着支度をして家族4人で訪れました。

    園内

    東名岡崎インターから車で北へ約30分、「岡崎駒立ぶどう狩り組合」があります。「マルタ園」はこの組合に加入する7つのぶどう園のうちの一つです。バーベキューやピザ作りなど予約が必要なものもありますが、ぶどう狩りだけなら予約不要。この日は巨峰の受付も始まっていましたが私たちはデラウェアを選びました。

    中に入ると係の人からぶどうの取り方について説明を聞きます。大人は1人2つ、子どもは1つ取ったら一旦借りたハサミを返します。食べ終わったらまたハサミを借りて取ることができるルール。時間制限がないため、好きな時間に好きなだけぶどうを食べることができます。子どもたちはさっそくおいしそうなぶどうを探して園内をウロウロ。小2の娘は背が低く、ぶどうに手が届かないのでだっこしてあげました。

    ぶどう

    ぶどうを食べたら子どもは遊びの時間、アスレチックのある「ターザン山」に向かいました。山の中は木かげがあり涼しいので、おもいきり遊ぶことができました。夏に外遊びができるなんてイイですよね。

    ターザン山

    その後、娘はプール(夏季のみ)で水遊び、小6の息子はお父さんと一緒に釣りを楽しみました。

    プール

    釣り掘

    ぶどう園にはゴザの敷物が用意されていて、お弁当や水筒の持ち込みもOKです。子どもの遊びには保護者の見守りが必要ですが、家族で一日ゆっくり楽しめます。まさにレジャー農園! 少し足をのばしてこんなぶどう狩りはいかがでしょうか。

    文/こにゃんこ

    岡崎駒立ぶどう狩り組合 マルタ園

    住所 愛知県岡崎市駒立町クリギ55番地
    電話 0564-45-7515(問い合わせ9:30~18:00)
    開園時間 9:30~16:30
    期間
    料金
    8月1日~10月10日頃
    ※ぶどうの種類によって期間と料金が異なります

    【デラウェア】8月1日~8月下旬頃
    【ハニーシードレス・スチューベン】 9月1日~10月上旬頃
    大人(中学生含む)1400円、子ども(小学生)1000円、幼児(3歳~)700円
    【巨峰】8月下旬~10月上旬
    大人(中学生含む)1700円、子ども(小学生)1200円、幼児(3歳~)900円
    【種なし巨峰】8月19日~8月下旬
    大人(中学生含む)1800円、子ども(小学生)1300円、幼児(3歳~)1000円
    駐車場 有(無料)
    URL http://marutaen.net/(マルタ園)
    https://www.coma-grape.com/(岡崎駒立ぶどう狩り組合) ※割引クーポンあり

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    近場でレジャー(市内・近郊)
  • しばちゃんランチマーケットでソフトクリームを

    2018年10月13日

    車で1時間半ほどのところにある、掛川市の「柴田牧場」へ行ってきました。

    しばちゃんランチマーケット

    「柴田牧場」には、ジャージー牛乳から作ったソフトクリームやプリンなどを販売している「しばちゃんランチマーケット」があります。

    入り口

    私たちはソフトクリームを注文し、小学2年生の息子は1杯で2つの味を 楽しめるプリンソフトをチョイス。口に入れると優しい甘さと牛乳の濃厚な味が広がり、とてもおいしかったです。

    プリンソフト

    クーラーボックスを持参したので、プリンや飲むヨーグルトを買って帰りました。

    柴田牧場は、掛川の山あいのとてものどかなところにあります。牛だけでなく、ポニーやヤギ、アヒル、ウサギなどもいるので、動物好きの息子は大よろこびでした。

    ポニーと一緒に

    金色にこうべを垂れた稲穂の合間に真っ赤な彼岸花が咲き、そばを流れる川のせせらぎの音もまた、ノスタルジックな気分になりました。浜松からの日帰りドライブにぴったりの場所です。ぜひ足を運んでみてください。

    牛舎

    文/お茶子

    柴田牧場「しばちゃんランチマーケット」

    住所 掛川市大和田25
    電話 090-2342-2725
    定休日 火曜日(8月は営業)
    営業時間 10:00~17:00
    子連れに便利な設備 トイレ有
    駐車場
    URL http://www.shibachanchi.com/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    近場でレジャー(市内・近郊)
  • 2018紅葉と秋祭り<1>◎浜松市内◎

    2018年10月12日

    気温も少しずつ下がり始め、市内の公園や山間部でも色づく木々が楽しめる時期になりました。台風の塩害で例年のように見られない地域もあるかもしれませんが、子どもと外をお散歩するにもちょうどいい季節です。イベント巡りやどんぐり探しをしながら、秋を楽しんでみませんか?浜松市内の紅葉スポットやイベントを紹介します。

    ※見頃の時期については目安です。気象条件などにより前後します。

    公園の紅葉

    中区

    浜松城公園

    【場所】中区元城町100-2
    【見頃】11月下旬~
    浜松城を囲むように、広い園内が紅葉で彩られます。
    【問合せ】浜松城公園 053-457-0088
    【URL】https://www.entetsuassist-dms.com/hamamatsu-jyo/

    ◎どんぐりまつり&甲冑着替え体験
    【日時】10月21日(土) 10:00~(甲冑着替え体験は13:00~15:00)

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ◎アース・エコ・フェア浜松城公園2018
    【日時】10月20日(土)~10月21日(日)、11月23日(金)~11月24日(土) 10:00~15:30
    アート・クラフト作品、生産者の物産、アートの実演・体験を実施。大道芸の披露もあります。

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    西区

    浜名湖ガーデンパーク

    【場所】西区村櫛町5475-1
    【見頃】11月中旬~
    えのき橋付近の東西水路ではヌマスギの和名を持つラクウショウが、徐々に黄色に色づきます。
    【問合せ】053-488-1500
    【URL】http://www.hamanako-gardenpark.jp/

    ◎Autumn Festa2018 花美Garden
    【日時】10月27日(土)~28日(日) 10:00~16:00
    秋の収穫物や花々が展示されるフォトスポットや、オータムコンサートなどが開催されます。

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ◎浜名湖ウォークフェスタ2018
    【日時】10月28日(日) 8:00~16:00
    浜名湖の自然や海の幸を存分に味わえるウォーキングイベントです。

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    南区

    みどり~な

    【場所】南区大塚町1876-1
    【見頃】10月下旬~
    500種15,000本の樹木と31の見本園があり、植物園ならではの紅葉が楽しめます。
    【問合せ】053-426-4187
    【URL】http://www7.plala.or.jp/midori110/

    ◎みどり~な 落ち葉まつり
    【日時】11月23日(金) 10:00~15:00 ※雨天決行、荒天中止
    落ち葉探し、クイズ大会、葉っぱと木の実のクラフトなど、たくさんのイベントが開催されます。

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    浜北区

    静岡県立森林公園

    【場所】浜北区尾野2597-7
    【見頃】11月下旬~
    イロハモミジ、モミジバフウなどの美しい紅葉が楽しめます。
    【問合せ】053-583-0443
    【URL】http://kenritsu-shinrinkouen.jp/

    ◎浜松オーガニック祭2018
    【日時】11月4日(日) 10:00~15:00 ※雨天決行、荒天中止
    オーガニックなお店が森林公園に集合! ライブやワークショップ、物販など盛りだくさんです。

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    岩水寺

    【場所】浜北区根堅2238
    【見頃】11月中旬~
    薬師堂前の大きなモミジや浜松市指定保存樹木のイチョウ、市天然記念物の樹齢千年のご神木をはじめ、森の木々が岩水寺を彩ります。
    【問合せ】053-583-2741

    北区

    龍潭寺

    【場所】北区引佐町井伊谷1989
    【見頃】11月下旬~
    国指定名勝龍潭寺庭園のモミジ、ドウダンツツジが美しく色づきます。
    【問合せ】053-542-0480
    【URL】http://www.ryotanji.com/

    ◎龍潭寺 紅葉まつり 寺宝展
    【日時】10月1日(月)~12月10日(月) 9:00~16:00

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ◎名勝庭園 夜間特別公開
    【日時】11月23日(金)~25日(日) 17:30~20:30

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    長楽寺

    【場所】北区細江町気賀7953-1
    【見頃】11月初旬~
    ドウダンツツジ約200本が真っ赤に紅葉します。また、モミジ50本も美しい黄色に変化します。
    【問合せ】053-522-0478

    天竜区

    明神峡

    【場所】天竜区春野町豊岡
    【見頃】11月上旬~
    気田川沿い約5kmの渓谷一帯が鮮やかに染まります。
    【問合せ】天竜区観光協会 春野支部 053-989-0001

    ◎はるの産業まつり
    【日時】11月17日(土) 10:00~15:00、18日(日) 9:00~15:00
    【場所】春野協働センター周辺(天竜区春野町宮川1467-2)
    春野町の一大イベント。地域の特産品が並ぶ「大特産・味覚市」をはじめ、ステージイベントなど大勢の人で賑わいます。
    【問合せ】はるの産業まつり実行委員会 053-983-0001

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    二俣城址城山公園

    【場所】天竜区二俣町二俣
    【見頃】11月下旬~
    二俣城址を散策しながら、イロハモミジの紅葉を堪能できます。
    【問合せ】浜松市天竜区役所まちづくり推進課 053-922-0033

    佐久間ダム

    【場所】天竜区佐久間町佐久間
    【見頃】11月初旬~
    ダム湖の湖面に映る紅葉など、見事な景観が楽しめます。
    【問合せ】天竜区観光協会 佐久間支部 053-965-1651

    ◎佐久間ダム竜神まつり
    【日時】10月28日(日) 10:00~15:00
    ダムを舞台に竜神の舞や飛竜太鼓など迫力満点な伝統芸能が繰り広げられます。夜には夜空を彩るダイナミックな湖上打上花火も。
    【問合せ】佐久間ダム竜神まつり実行委員会 053-965-1651

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    竜頭山(りゅうとうざん)

    【場所】天竜区佐久間町大井地区
    【見頃】10月下旬~
    頂上から遠く富士山を望みながら、眼下に広がる紅葉を満喫できます。
    【問合せ】天竜区観光協会 佐久間支部 053-965-1651

    ◎民話の郷イベント&風流 北条峠の観月会
    【日時】10月20日(土) 11:00~19:00
    【場所】佐久間民俗文化伝承館(天竜区佐久間町佐久間1832-1)
    地域の伝統芸能、食文化の紹介を楽しみながら手作りのおいしいものを味わえます。

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ◎川合花の舞
    【日時】10月27日(土)17:00~翌日28日(日)3:00
    【場所】八坂神社(天竜区佐久間町川合地内)
    八坂神社に伝わる神楽「花の舞」。15:00頃より神事、17:00頃より舞が始まり、翌日未明まで舞が続きます。
    【問合せ】天竜区観光協会 佐久間支部 053-965-1651

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    白倉峡

    【場所】天竜区龍山町白倉
    【見頃】11月中旬~
    天竜川の支流、白倉川の上流5kmにある遠州随一の紅葉の名所です。
    【問合せ】龍山協働センター 053-966-2111

    ◎ほっとぴあたつやま産業祭
    【日時】11月11日(日) 9:30~14:00頃
    【場所】龍山総合運動場
    龍山の特産品やおいしい秋の味覚とともに、さまざまな催しが楽しめる産業祭です。
    【問合せ】ほっとぴあたつやま産業祭実行委員会 053-966-2111

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ◎龍山親子お楽しみツアー
    【日時】11月18日(日) 8:30~16:00
    【場所】天竜区龍山町内 ※遠鉄「西鹿島駅」集合・解散
    「ぶか凧」を見学しながらの凧作りと、郷土料理が楽しめる1日のツアーです。
    【問合せ】龍山協働センター 053-966-2111

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    白倉峡(※上記、龍山町とは別)

    【場所】天竜区水窪町地頭方
    【見頃】11月上旬~
    渓流白倉川沿いの紅葉がうつくしく続きます。
    【問合せ】天竜区観光協会 水窪支部 053-987-2100

    ◎みさくぼ夢街道
    【日時】11月11日(日) 9:30~15:00頃
    【場所】水窪商店街通り
    塩の道として栄えた秋葉街道の宿場で、さまざまなイベントが行われます。
    ご当地名物の五平もちや串芋販売も見逃せません。
    【問合せ】みさくぼ夢街道実行委員会 053-987-2100

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    スーパー林道沿い

    【場所】天竜区水窪町山住
    【見頃】10月下旬~
    標高1200m級の稜線沿いに見る紅葉はパノラマ絵巻のよう。常光寺山登山口付近は特に紅葉が美しく、散策が楽しめます。
    【問合せ】天竜区観光協会 水窪支部 053-987-2100

    水窪ダム

    【場所】天竜区水窪町地頭方
    【見頃】11月上旬~
    深い緑色の湖面に、赤や黄に染まる木々が美しく映えます。
    【問合せ】天竜区観光協会 水窪支部 053-987-2100

    兵越峠付近(ひょうこしとうげ)

    【場所】天竜区水窪町奥領家
    【見頃】10月下旬~
    峠の国盗り合戦の会場、県境から青崩れ峠を望む景色が素晴らしいです。
    【問合せ】天竜区観光協会 水窪支部 053-987-2100

    ◎峠の国盗り綱引き合戦
    【日時】10月28日(日) 10:30~12:30
    【場所】ヒョー峠国盗り公園(静岡・長野県境)(天竜区水窪町奥領家)
    天竜区水窪の「遠州軍」と飯田市南信濃の「信州軍」が、県境の兵越峠で静岡と長野の「国境」をかけて綱引き対決!
    【問合せ】峠の国盗り綱引き合戦実行委員会 053-987-2100

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    家老平(かろうだいら)

    【場所】天竜区水窪町山住
    【見頃】10月下旬~
    標高1100mから望む山々の紅葉が圧巻です。
    【問合せ】天竜区観光協会 水窪支部 053-987-2100

    ~近日中に「2018紅葉と秋祭り<2>浜松市外編」をお届けします♪~

    お花見・紅葉情報
  • 旭高原元気村「ファミリーロッジ」

    2018年10月10日

    テント泊はハードルが高いなと思ってしまうわが家ですが、アウトドアには非常に憧れがあります。そこで、高原にあるロッジに宿泊してBBQを楽しもう! と思い、旭高原元気村にある「ファミリーロッジ」に宿泊してきました。

    マップ

    浜北区の自宅から車で約2時間で到着。高原は、普段過ごしている自宅周辺より涼しく過ごしやすい気候でした。少し早めに到着し、3人の子どもたちは「わいわいランド」のローラーすべり台や、ターザンロープでチェックイン(14:00)まで遊んで過ごしました。

    すべり台

    今回宿泊した「ファミリーロッジ」は定員5名、ユニットバス、ミニキッチン、ミニ冷蔵庫、寝具付きです。こじんまりとした「木のお家」で子どもたちは大よろこびでした。

    ロッジ

    夕食は屋根付き大型BBQ場を、他の宿泊者と譲り合って利用しました。最初にお腹が満たされたわが子たちは大人がゆっくり食事をとる間、ちょうど隣を利用していた他の家族の子どもと意気投合。周りが暗くなっても、広いBBQ場で走り回って遊んでいました。

    バーベキュー場

    部屋にテレビのないお泊りで時間を持て余さないか心配でしたが、遅くまで走り回って遊んだ子どもたちは夜、すぐに就寝しました。

    村内の「きらめき館」では、室内キッズルームで遊ぶことができたり、天候が良ければ星座観測をしたりすることができます。

    きらめき館

    キッズルーム

    その他にもグルメ教室、クラフト教室、カルチャー教室等、さまざまな体験を村内ですることもできます。テント泊からファミリーロッジまでいろいろな宿泊が可能な旭高原元気村に家族でお出かけしてみませんか?

    文/ジュン

    旭高原元気村 ファミリーロッジ

    住所 愛知県豊田市旭八幡町根山68-1
    電話 0565-68-2755
    開設期間  通年
    料金 1棟15,000円(平日7,500円)
    ・定員 5名
    ・施設数 10
    ・広さ 2間(4畳半、7畳半)
    ほか、バンガロー、テント、松風亭、つつじ屋敷あり
    ※各施設によって宿泊料金は異なる
    子連れに便利な設備 村内におむつ替え台つき多目的トイレ有 きらめき館内に授乳室、キッズルーム有
    URL http://www.asahikougen.co.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    アウトドア・キャンプ
  • 管理栄養士が教える! ビオ・あつみの食育講座

    2018年10月8日

    お気に入りのスーパーマーケット「ビオ・あつみ エピスリー浜松」では、店舗の一部を開放しさまざまな講座が開催されています。

    開放スペース

    今回は店舗で配布されているチラシを見て、親子向けの食育講座に家族3人(娘5歳)で参加してきました。

    案内チラシ

    親子3組が参加し、まずマヨネーズを手作り。それを使いポテトサラダを作ります。栄養士さんから、「量販されているマヨネーズにはたくさんの添加物が使われている」というお話がありました。

    講師の説明

    実際に添加物を混ぜ合わせ、「マヨネーズ風調味料」を作って味見をしました。酢酸がきつく、舌への刺激を強く感じました。その点、手作りマヨネーズは塩気も調整できておいしくいただけます。ただ、使う油の量には少し驚きました。

    ポテトサラダ作り

    ポテサラ以外のおかずは事前に用意されており、トレイに盛り付けお弁当が完成。お弁当を持ち帰り、娘はリビングでレジャーシートを敷き楽しんで食べました。

    子どもの食育講座は初開催とのことで、今後も継続して開催の予定があるようです。添加物には、食品の保存期間が延びるなどのメリットがあります。しかし、できる限り添加物が使われていないものを、子どもに与えたいなと思いました。

    添加物など

    講座情報は、Facebook(FB)やInstagram(インスタ)などSNSでも発信されています。子どもへの食育で、皆さんも食卓の調味料を、手作りしてみてはいかがでしょう。


    ■管理栄養士が教える! こどもの食育
    【日時】 平成30年9月16日(日) 10:00~12:00
    【定員】 10組限定(小学生以下)
    【持ち物】 エプロン、三角巾
    【申込方法】 店舗内サービスカウンターで直接申込み
    【参加費】 1組500円

    文/まっち

    BIO Atumi ビオ・あつみ エピスリー浜松

    住所 浜松市中区砂山町1168
    電話 053-456-5550
    営業時間 9:30~21:30
    駐車場
    URL http://www.bioatsumi.com/
    ブログ https://bioatsumi.hamazo.tv/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    スクール&サークル
  • アイシングクッキー販売&教室 nikohapi(にこはぴ)

    2018年10月6日

    アイシングクッキー販売&教室 nikohapi(にこはぴ)では、クッキーの注文販売をしています。SNSでnikohapiのかわいらしいクッキーを見かけて、子どものお誕生日ケーキにトッピングしたらよろこぶだろうと思いつきました。

    クッキーサンプル

    6歳を迎える息子は、アニメキャラクターの「おさるのジョージ」が大好き。さっそくLINEから連絡し、アイシングクッキーを注文しました。伝えたのは、使うシュチュエーション、作って欲しいキャラクター、日程、金額などです。

    nikohapiには店舗はありませんが、ご主人が営業する「和風お食事処 竹美屋」で受け取ることができます。

    竹美屋

    誕生日前日に受け取ったクッキーは、とてもかわいらしくて食べるのがもったいないくらいです。

    アイシングクッキー

    待ちに待った誕生日当日。ケーキ屋さんで買ったホールケーキにトッピングしました。息子は、「すごい! ジョージのケーキだ♪」と大よろこびです。息子はクッキーを何枚も食べて大満足した様子。ケーキよりも先にクッキーがなくなってしまいました。

    お誕生日

    オーダーメイドのアイシングクッキーは、ちょっとしたプレゼントとして注文するお客さんが多いようです。誕生日はもちろん、お礼やお祝いなどにもおすすめですね。

    文/みきこ

    アイシングクッキー販売&教室 nikohapi(にこはぴ)

    住所 浜松市南区御給町135-2(和風お食事処 竹美屋)
    連絡先 LINE @twz7585e(販売・教室共に完全予約制)
    駐車場 有(無料)
    URL フェイスブック https://www.facebook.com/nikonikohapihapi/
    インスタグラム https://www.instagram.com/nikonikohapi/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    お店
  • 浜松駅開業130周年 クイズラリーと撮影会

    2018年10月4日

    週末、家族と買い物に訪れた浜松駅で『浜松駅開業130周年Anniversaryクイズラリー』を開催していました。「面白そうっ!!」ということで、さっそく娘と参加しました。

    受付

    クイズポイントが構内に3か所、駅ビルメイワンに1か所。問題は……皆さん参加して確かめてみてください。意外と知らないJR東海の豆知識ですよ。

    問題

    クイズラリー用紙の裏面は、スタンプ用紙です。スタッフの方が教えてくれたのですが、デザインは浜松駅員さんたちによるもので、とてもカワイイ感じです。クイズラリーが終わったら、メイワン7階特設受付に行くと記念品をもらえます。

    ゴール

    そこでは、展示ブースがあり親子で記念撮影ができました。

    記念撮影

    クイズラリーは10月14日、撮影イベントも11月11日が最終日で期間が残りわずかです。浜松駅周辺での買い物ついでに参加されてみてはいかがでしょう。

    記念品

    ■浜松駅開業130周年Anniversaryイベント
    【実施場所】浜松駅構内と駅ビルメイワン4階
    【主催】JR東海
    【URL】http://railway.jr-central.co.jp/station-guide/shinkansen/hamamatsu/

    ◎日替わりのクイズに挑戦!「クイズラリー」
    【開催日】9月22日(土)、23日(日)、29日(土)、30日(日)、10月6日(土)、7日(日)、13日(土)、14日(日)の8日間
    【開催時間】10:00~16:00(クイズの台紙配布は15:00まで)
    【URL】http://www.may-one.co.jp/news/5008/

    ◎ドクターイエローパネル前で写真が撮れる「こども制服撮影会」
    【開催日】9月22日(土)、23日(日)、10月13日(土)、14日(日)、11月3日(土)、4日(日)、10日(土)、11日(日)の8日間
    【開催時間】11:00~15:00
    【URL】http://www.may-one.co.jp/news/5009/

    文/まっち

    イベント(通年・不定期)
  • 浜名湖ガーデンパークで「はじめての自転車」

    2018年10月3日

    息子は来年小学生。そろそろ自転車の補助輪を外す練習をしたいなぁと思っていました。そんな時にみつけた自転車教室のイベント。さっそく電話で申込みをしました。日が近くなると、持ち物や詳しい会場案内などが書かれたお知らせが郵送されてきました。案内を参考に事前に自転車の補助輪は外し、タイヤの空気も入れて準備万端です。

    受付

    今回の会場は、浜名湖ガーデンパークです。当日は参加者が集まったところで、先生から子どもたちに基本的な自転車マナーのお話がありました。「自分は自転車の左側に立ちましょう」「自転車は道路では左側通行です」など、交通規則についても大切な勉強です。最初は自転車を押して歩いたり、倒した自転車をおこしたりして自転車の重さを知ることからスタートしました。お父さんやお母さんは少し離れた場所から静かに見学。子どもたちが先生とがんばる姿を見守ります。

    説明

    途中休憩時間が何度かあり、「その時は思いっきりほめてあげてください」という先生からのアドバイスも忘れずに実践しました。「がんばっているね!」「もう少しで乗れそうだね」何度もほめられた息子は「もうちょっとがんばるね!」と始終積極的に参加していました。

    練習

    1時間も過ぎると、バランスが分かりコツをつかんでくる子もちらほら。そっと手を添えてあげるだけで自転車に乗れるようになった子も見られます。5歳の息子はペダルをこぐまではいかなかったものの、2時間でなかなかの上達ぶり。先生からはこれからの練習方法や注意点のアドバイスもありました。

    服装

    この教室は年に4回ほど実施されており、次回は11月と3月に予定されています。親子マンツーマンの練習はお互いにイライラしてしまいがち。まず始めは、プロの先生の指導を受けてみてはいかがでしょうか。

    文/みきこ

    ■はじめての自転車
    【開催日時】 2018年9月22日(土) 10:00~12:00、13:30~15:30(各回30分前より受付)
    【会場】 浜名湖ガーデンパーク 北ロータリー(天候等により会場変更有)
    【対象】 5歳以上(自分の力で自転車を支えられること)の自転車に乗れないお子様(保護者同伴)
    【定員】 各回20名(事前申込み)
    【持ち物】 自転車・ヘルメット・手袋・長袖・長ズボン・運動靴
    【参加費】 3000円(保険料込)
    【申込み】 浜名湖ガーデンパーク管理センター(TEL053-488-1500)

    イベント(通年・不定期)
  • フェリーさんふらわあ 新造船「さんふらわあさつま」

    2018年9月29日

    大きな太陽がトレードマークのフェリー「さんふらわあ」。子どもたちとこの船に乗ることが私の長年の夢でした。息子は小学6年生、小学校最後の夏休みに家族4人で乗ることにしました。

    私たちが乗船したのは今年5月から就航が始まった新造船「さんふらわあさつま」。小学2年生の娘は新しい船に乗ることをとても楽しみにしていました。鹿児島県の志布志港から大阪港まで約15時間の船旅です。

    外観

    出航は17時ですが、1時間前までに乗船手続きを済ませる必要があるため、15時半には志布志港ターミナルへ。16時に乗船開始のアナウンスが流れ、車とともに船に乗り込みました。

    アトリウム

    船内に入ると3フロアが吹き抜けのアトリウム、客室、プロムナードなどがあります。さすが新造船、どこもかしこもキレイでピカピカ。まるで動くホテル! 子どもたちは「わー、すごい!」「今日はここに泊まるんだね!」と大興奮。大人もテンションが上がります。

    プロムナード

    でも、レストランで食事を始めると娘が暗い顔をしていました。どうやら船に酔ったようです。出航してしばらくは船が大きく揺れます。酔い止め薬は船内では販売していないので、必需品として持参しましょう。幸い、娘は薬を飲んだら元気になりました。

    夕食の後は撮影ブースで記念撮影をしたり、売店でお土産を買ったりしてのんびり過ごしました。

    撮影ブース

    アニメが放映されているキッズルームやゲームコーナーもあります。3歳以上小学生以下の子どもには「さんふらわあガチャ」のコインがもらえます。娘は「さんふらわあストラップ」の引換券を当てて大喜びでした(※)。

    キッズルーム

    展望浴場で満月と大海原を見ながらお風呂に入り、21時頃には船内消灯。しばらくして眠りにつきました。朝5時半頃に船内アナウンスが入り、目が覚めると窓の外には淡路島。展望デッキを散歩しました。

    展望デッキ

    夢のような船の旅。子どもと一緒に、こんな夏の思い出作りはいかがでしょうか。

    ※「さんふらわあガチャ」は夏休み限定キャンペーンのため現在は終了しています。

    文/こにゃんこ

    フェリーさんふらわあ 新造船「さんふらわあさつま」

    のりば ◎さんふらわあターミナル(大阪) 第2ターミナル(大阪南港コスモフェリーターミナル)
    大阪府大阪市住之江区南港北3丁目1-15
    ◎志布志(鹿児島)
    港鹿児島県志布志市志布志町志布志3292
    電話 大阪・志布志航路:0120-3268-56(さんふらわあコール)
    料金 客室タイプによって異なる(スイート、デラックス、プライベートベッド、ツーリストなど)
    子連れに便利な設備 ベビールーム(授乳室・オムツ替えシート・ミルク用給湯器有)
    URL https://www.ferry-sunflower.co.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    観光・ちょっと遠出
  • 長野県駒ヶ根市のイベントに参加

    2018年9月26日

    私の勤務先がある磐田市が友好都市提携をしている、長野県駒ヶ根市に行ってきました。今回は『天竜かっぱ祭り』というイベントに参加しました。

    駒ヶ根市

    「おもしろかっぱ館」隣の天竜かっぱ広場において、ステージでの出し物や飲食店ブース、ご当地キャラクターのグリーティングなどが行われました。

    天竜かっぱ館

    ステージ

    お祭りは今年で30回目。夜には花火大会も開催され、名物の2尺玉も豪快に打ち上げられました。磐田市からは、お茶とメロンとしっぺいグッズの物販があり、駒ヶ根においてもしっぺい人気はすごかったです。磐田市観光大使もかけつけ、煎茶のサービスを行っていました。

    しっぺいも登場

    南信州駒ヶ根は、浜松市内から高速道路を使わなくても訪れることができます。諏訪湖から流れる天竜川に沿って、中央アルプスと南アルプスに挟まれた位置にあり、千畳敷カールや、駒ヶ岳ロープウェイからの紅葉(9月下旬~10月中旬)や、駒ヶ根高原の紅葉(10月下旬~11月下旬)も人気があります。磐田市と友好都市となるきっかけとなった霊犬早太郎伝説で有名な「光前寺」もあり、しっぺいの原点をここで知ることができます。

    ご当地キャラクター

    今度は紅葉の季節に、家族で訪れたいと思っています。今年の秋は少し遠出して、駒ケ根市の紅葉を楽しんでみてはいかがでしょうか。

    ■天竜かっぱ祭り(花火大会)
    【開催日時】 2018年8月25日(土)11:00~(例年8月最終土曜日)
    【場所】 おもしろかっぱ館(天竜かっぱ広場) 長野県駒ケ根市下平2464-1
    【TEL】 0265-81-4767
    【子連れにうれしい設備】 トイレ:あり(オムツ替え台無し)
    【URL】 http://www.komagane-kappa.jp/

    ■紅葉情報
    ◎光前寺紅葉ライトアップ
    平成30年10月27日(土)28日(日)、11月2日(金)~4日(日)、9日(金)~12日(日)
    【時間】 17:00~20:30頃
    【URL】 http://www.kankou-komagane.com/spot/inspection1.php?c_id=1&cj_id=3

    ◎千畳敷カール
    【URL】 http://www.kankou-komagane.com/alps/

    ◎駒ヶ岳ロープウェイ
    【URL】 https://www.chuo-alps.com/

    文/まっち

    観光・ちょっと遠出
  • べっぷ地獄めぐり

    2018年9月24日

    おんせん県大分・別府の観光といえば「べっぷ地獄めぐり」。昔から温泉の噴出口を“地獄”と呼ぶそうで、鉄輪(かんなわ)地区を中心に珍しい特徴を持つ7つの「地獄」があります。

    看板

    私たちが最初に見たのは「龍巻地獄」の間欠泉。勢いよくシューと吹き出すお湯にビックリしました。

    龍巻地獄

    次に隣の「血の池地獄」へ。その名の通り、お湯がまるで血のように真っ赤。小学2年生の娘と「本当に鬼が出そうだよね」と話しました。

    血の池地獄

    「かまど地獄」は1丁目から6丁目までさまざまな種類の池があり、飲む温泉や肌やのどに蒸気をあてる体験ができます。「鬼山地獄」は別名「ワニ地獄」。和風庭園のある「白池地獄」では温泉を使って飼育している熱帯魚を見ました。

    かまど地獄

    7つの地獄の中でも最大規模の「海地獄」はコバルトブルーの色で、とてもキレイでした。

    海地獄

    最後に見た「鬼石坊主地獄」は、灰色の泥が沸騰する様子が坊主頭に似ているところから名付けられたそうです。たしかに、そんな感じですね(笑)。

    鬼石坊主地獄

    「べっぷ地獄めぐり」は見るだけではなく、足湯に入ったり温泉まんじゅうを食べたりといろいろな楽しみ方ができます。子どもたちはそれぞれの「地獄」にあるスタンプを集めました。小学6年生の息子は「地獄」の硫黄の匂いが「ちょっと苦手」と言っていましたが、温泉は大好きなので、足湯に入って喜んでいました。子どもも大人も楽しめる「べっぷ地獄めぐり」、別府に行ったら一見の価値あり、オススメですよ。

    温泉まんじゅう

    文/こにゃんこ

     

    べっぷ地獄めぐり

    住所 大分県別府市鉄輪
    電話 0977-66-1577(別府地獄組合)
    利用時間 8:00~17:00、年中無休
    料金 7つの地獄共通観覧券:大人2000円、高校生1350円、中学生1000円、小学生900円
    子連れに便利な設備 授乳室(海地獄・かまど地獄)、オムツ替えシート(龍巻地獄)
    駐車場 有(無料)
    URL http://www.beppu-jigoku.com/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    観光・ちょっと遠出
  • 親子で楽しむ!ハロウィンイベント2018

    2018年9月21日

    ハロウィンぴっぴ

    街を歩くと、にぎやかなハロウィンの飾りが目に留まる季節になりました。元々は秋の収穫を祝う海外のお祭りですが、日本でも季節のイベントとしてすっかり定着してきています。

    仮装パレードや夜のハロウィン企画など、今年もワクワクする催しが各地で開催されます。かわいい仮装で参加すれば、シャッターチャンスもいっぱいですね!

    手作りハロウィン みんなでいろいろ作っちゃおう!

    ●(ねこ) エコライフ教室「簡単♪かわいい♪フルーツカット」

    【日時】9月28日(金) 10:00~13:00
    【場所】エコハウスモデル住宅「きづきの森」(西区大平台3-21-18)
    フルーツカットと簡単料理でビックリ!なハロウィンパーティー

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(おばけ) 牛乳パックを使ってハロウィンの「お菓子入れ」をつくろう

    【日時】10月14日(日) 14:00~16:00
    【場所】雄踏図書館
    トリックオアトリートでもらったおかしを入れるおしゃれなバッグを作ろう。

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(キャンディー) ハロウィンを楽しむ!かぼちゃのマフィンづくり

    【日時】10月14日(日) 12:30~15:30
    【場所】みをつくし文化センター(北区細江町気賀369)
    かぼちゃ入りマフィンに、ホワイトチョコでクモの巣の模様をかいてみよう!

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(ねこ) バラのハロウィンアレンジメント

    【日時】10月20日(土) 13:30~16:00
    【場所】みどり~な(南区大塚町1876-1)
    バラのハロウィンアレンジメントを作ります。

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(かぼちゃ) アイシングクッキーを作ろう!

    【日時】10月21日(日) 10:30~ 13:00~ 14:30~
    【場所】浜松こども館 ここ・い~ら ギャラリー3
    ハロウィンのおばけとカボチャ、オリジナルのアイシングクッキーを作ってみよう。

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(おばけ) 万華鏡を作ろう!

    【日時】10月21日(日) 10:30~ 13:00~
    【場所】浜松こども館 ここ・い~ら ギャラリー1
    ハロウィン模様の可愛い万華鏡が作れます!

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(キャンディー) 思わずほほえむハロウィーン香り袋づくり

    【日時】10月24日(水) 10:30~11:30
    【場所】みどり~な(南区大塚町1876-1)
    ハロウィンに合う香り袋をつくります。

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(ねこ) Autumn Festa2018 ハロウィンマントをつくろう!

    【日時】10月28日(日) 10:00~12:00
    【場所】浜名湖ガーデンパーク
    フェルトのマントにハロウィン飾りをつけて、自分だけのオリジナルマントをつくろう!

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(帽子) ハロウィンランタンをつくろう!

    【日時】10月28日(日) 10:00~ 13:30~
    【場所】磐田市新造形創造館
    ハロウィンかぼちゃでユニークなランタンを作り、ハロウィンを楽しもう!

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ハロウィンイベントで盛り上がろう♪

    ●(おばけ) パルパルハッピーハロウィン ハロウィン仮装で入園無料♪

    【期間】9月14日(金)~10月31日(水)
    【場所】浜名湖パルパル
    仮装でハロウィン気分を盛り上げよう!期間中、全身3点以上のハロウィン仮装で来園すれば、チビッコは入園無料です。
    【URL】https://pal2.co.jp/

    ★ハロウィン衣装で記念撮影
    【日時】10月1日(月)~31日(水) 開園~閉園まで
    センターハウス1階のフォトスペースに用意された衣装を着て、ハロウィン写真を撮っちゃおう!
    ★トリックオアトリート♪
    【日時】10月13日(土)~31日(水) 14:30頃~ ※日曜日は15:30頃~
    パルパルファミリーと一緒にいる仮装したスタッフに、「トリック・オア・トリート」といってみよう♪ちょっぴりお菓子がもらえるよ。
    ★ハロウィンパレード
    【日時】10月28日(日) (1)12:00~ (2)15:15~ 約20~30分
    仮装してきてくれたチビッコのみんなとパルパルファミリーで園内をパレード!

    ●(かぼちゃ) nicoe ハロウィンフェスティバル2018

    【開催期間】9月29日(土) ~ 10月31日(水)
    【開催場所】nicoe(浜北区染地台6丁目7-11)
    仮装をしていくと、特製スイーツプレゼント。ハロウィン専用の撮影スポットで楽しめます♪
    【URL】http://www.nicoe.jp/

    ★「フェイスペイント」してもらおう!
    【日時】9月29日(土)~10月28日(日)までの土日と10月8日(月)
    10:00~19:00 ※10月27日は20:00まで

    ●(おばけ) ベビーサインハロウィーンパーティー

    【日時】10月17日(水) 11:00~ 13:00~ 14:00~
    【場所】イオンモール浜松志都呂
    、ハロウィンパーティーとしてベビーサイン体験教室の他、赤ちゃん仮装コンテスト、フォトプロップス撮影会を同時開催します!

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(キャンディー) キッズEnglish/親子でEnglish

    【日時】10月21日(日) 10:00~11:30、14:00~15:30
    【場所】多文化共生センター(中区早馬町)
    キッズと親子のクラスに分かれてフィリピン人の先生から楽しく学びます。10月はハロウィーンスペシャルです。

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(ねこ) ベビーサインハロウィーンパーティー

    【日時】10月24日(水) 11:00~ 13:00~ 14:00~
    【場所】イオンモール浜松市野
    ベビーサインハロウィンパーティーとしてベビーサイン体験教室の他、赤ちゃん仮装コンテスト、フォトプロップス撮影会を同時開催します!
    イベントカレンダーで詳細を見る

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(ねこ) はままつハロウィンフェスティバル~絵本のまち2018~

    【日時】10月27日(土) 10:00~19:40
    【場所】遠鉄百貨店1階広場(ソラモ)・浜松駅北口広場キタラ
    今年は「絵本」がテーマです。仮装コンテストや絵本にまつわる楽しいイベントが盛りだくさん!

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(帽子) 家族で協力!ハロウィンキャンプ

    【日時】10月27日(土)~28日(日) ※日帰り・宿泊が選択できます。
    【場所】三ヶ日青年の家(北区三ヶ日町都筑523-1)
    ハロウィンラリーやジャックオーランタン作りなど、家族で過ごすハロウィンイベント。

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(帽子) Autumn Festa2018 ハロウィンイベント

    【日時】10月28日(日)
    【場所】浜名湖ガーデンパーク
    花の美術館にあるフォトスポットで記念撮影をしたり、園内の仮装スタッフに声をかけたりするとお菓子がもらえます。ハロウィン衣装で遊びに来たら、管理センターで展望塔無料券をプレゼント!

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(かぼちゃ) 秋の豊橋まちなか歩行者天国

    【日時】10月28日(日) 11:00~16:00
    【場所】豊橋市広小路1・2丁目及びときわアーケード
    ハロウィンをテーマに、愛知大学の地域貢献事業で頑張る学生によるイベントを開催!また、情報誌「はなまる」によるワイン祭りを開催します。

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(おばけ) ハロウィーンおはなし会と「トリック オア トリート」ゲーム

    【日時】10月28日(日) 14:00~15:00
    【場所】舞阪図書館
    ハロウィン仮装での参加大歓迎。図書館で借りることもできます。おはなし会の後はゲームで楽しもう!

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(キャンディー) ハロウィン掛川2018

    【日時】10月28日(日) 13:00~16:00
    【場所】掛川市生涯学習センター
    小さな子どもたちが主役のハロウィンイベント!50体以上のお化けの人形が集合。撮影スポットもいっぱい!

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(キャンディー) 焼津ハロウィンカーニバル

    【日時】10月21日(日) 9:00~16:00 ※荒天の場合10月28日(日)に順延
    【場所】焼津市昭和通商店街・神武通り商店街(焼津市本町4丁目14-13)
    秋の日曜日、焼津の商店街がハロウィン一色に染まります!参加する方も見学する方も、みんなで思いっきり楽しみましょう☆

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(かぼちゃ) LAGUNA HAPPY HALLOWEEN

    【期間】9月8日(土)~10月31日(水)
    【場所】ラグナシア(蒲郡市)
    360°ハロウィーンマッピングやホラーサーカスなど、3つのハロウィンショーに大興奮!
    【URL】https://www.lagunatenbosch.co.jp/event/autumn/show.html

    イベント(秋)
  • 磐田市香りの博物館「COFFEE&AROMA コーヒーと香り展」

    2018年9月19日

    磐田市香りの博物館で開催されている『COFFEE&AROMA コーヒーと香り展』に3歳の娘と母と出かけてきました。コーヒーが大好きなので、とても気になっていた企画展です。博物館に入ると、すてきなボードが出迎えてくれます。気分が高まりつつ2階に上がると、コーヒーのいい香りに包まれました。

    ショーケースとディスプレイ

    展示室にはかわいらしいケーキ屋さんのショーケースのようなディスプレイがありました。娘もおままごとコーナーに遊びに来たようにはしゃいでいました。ケースの中身はコーヒーと合う食べ物=フードペアリングの紹介。大きなコーヒーの木もあり、娘は「大きいね!」と隣に並んで背比べしていました。

    コーヒーミル体験

    コーヒーミル体験もでき、娘は母と一緒に体験しました。コーヒーを挽いた香りが広がり、私も幸せな気持ちになりました。コーヒーには「フレグランス(お湯を注ぐ前のコーヒーの粉の香り)」、「アロマ(挽いたコーヒーの粉に湯を注いだ時の香り)」、「フレーバー(抽出されたコーヒーの液体を口に含んだ際、鼻に抜けるときに感じる香りと味わい)」と3つの香りがあるそうで、自分で淹れるときもしっかり香を楽しみたいと思いました。

    アロマサシェ作り

    コーヒー豆を使った「アロマサシェづくり」も体験しました。コーヒーフィルターに好きなスタンプを押したり、コーヒー豆を入れたりして作るので、娘も楽しく参加できました。消臭効果もあるようで、家のどこに置こうか考え中です。お土産に、来館者がコーヒーミル体験で挽いたコーヒーの粉をいただいたので、こちらも消臭用に活用したいと思います。

    コーヒーの木

    ミュージアムショップでコーヒーの木が売られていたので迷わず購入し、大きくなるように育ててみたいと思っています。3歳の娘もコーヒーの世界を楽しむことができました。この企画展のおかげで、日頃飲んでいるコーヒーがいっそうおいしく飲めそうです。開催中にもう一度足を運びたいなと思いました。みなさんも親子でコーヒーの世界に浸ってみてはいかがですか?

    ■COFFEE&AROMA コーヒーと香り展
     2018年7月14日(土)~10月14日(日)

    ◎企画展関連イベント
    ○「コーヒー工場見学ツアー」
    10月4日(木)・5日(金)14:00~15:30
    【場所】 高砂珈琲(株) 磐田工場 ※博物館からバスで移動
    【定員】 10名(要予約)
    【参加費】 1000円(入館券付)
    【内容】 生のコーヒー豆が工場でどのように分別し、出荷されるかを見学
    ○「コーヒーでリラックス コーヒー豆のアロマサシェづくり」
    会期中毎日開催 10:00~12:00 、14:00~16:00
    【場所】 香りの博物館体験コーナー
    【定員】 各回先着10名
    【参加費】 300円
    【内容】 コーヒー豆を使ったナチュラルな香り袋作り

    文/ショコラ

    磐田市香りの博物館

    住所 磐田市立野2019-15
    電話 0538-36-8891
    開館時間 9:30~17:30(入館17:00まで)
    休館日 月曜日(祝日の場合は開館し、翌日休館)、年末年始 ※8月は休館日無
    料金 一般300円、学生(高校生以上)200円、小・中学生100円
    ※1階(体験コーナー、ミュージアムショップ)は入館無料
    子連れに便利な設備 多目的トイレ(おむつ替え台有)、エレベーター有、香りの公園に隣接
    駐車場 有(無料)
    アクセス方法 【電車】東海道本線「豊田町」駅下車北口より徒歩約5分
    【車】東名高速 浜松ICまたは磐田ICより約20分、磐田BP森岡ICより約5分
    URL http://www.iwata-kaori.jp

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    美術館・博物館・科学館
  • 熊本城

    2018年9月17日

    2016年4月の熊本地震で大きな被害を受けた熊本城。今はどうなっているのだろうかと、家族で訪れることにしました。

    戌亥櫓

    熊本城は豊臣秀吉の家臣・加藤清正が築城した城で400年以上の歴史があります。現在は城の中に入ることはできませんが、二の丸広場や加藤神社から天守閣や櫓(やぐら)などを眺めることができます。遠くから見てもいたる所で石垣が崩れていたり、建物が傾いたりしていることがわかります。地震の被害を目の当たりにしました。

    天守閣

    大天守と小天守は足場に囲まれてまるで要塞のよう。今年4月、大天守についた新しいしゃちほこを確認することができてうれしかったです。ただ、いいことばかりではなく、地震で傾いていた「元太鼓櫓(もとたいこやぐら)」は、今年6月の大雨により倒壊してしまったそうです。

    元太鼓櫓

    熊本城を見た後は、徒歩5分のところにある「桜の馬場 城彩苑」に行きました。ここには熊本県のグルメと特産品がそろっています。もちろん、くまモングッズを買いました! 「熊本城ミュージアムわくわく座」(有料)もあり、着物が好きな小学2年の娘は「なりきり体験」で町娘になりました。ここでは被災前の熊本城の映像を見ることもできます。

    石材置場

    城の復旧が全て完了するのは約20年後と聞きました。小学6年生の息子と「またここに来て、立派になった姿を見たいね」と話しました。熊本城の復興を願っています。

    文/こにゃんこ

    熊本城

    住所 熊本県熊本市中央区本丸1-1
    電話 096-352-5900(熊本城総合事務所)
    駐車場 有(有料・二の丸駐車場)
    URL https://kumamoto-guide.jp/kumamoto-castle/ (熊本城)
    http://www.sakuranobaba-johsaien.jp/ (桜の馬場 城彩苑)

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    観光・ちょっと遠出
  • こども館体験記「はじめてのゆびえのぐ」

    2018年9月16日

    浜松こども館 取材ママ体験記

    こども館では毎月ワークショップとして「はじめてシリーズ」が開催されています。今月のテーマは「はじめてのゆびえのぐ」です。わが家は普段クレヨンやクーピーでお絵描きを楽しんでいるため、絵の具を使ったことがありません。初体験にちょうどいい機会だと思い、2歳の娘を連れて参加してきました。

    ワークショップルームに入る前に「靴と靴下を脱いで、はだしで入って下さい」と案内がありました。最初にこの案内を聞いたときは「紙の上ですべって転ばないための配慮かな」と思っていたのですが、ワークショップが始まると、子どもにとってはだしで何かすることの楽しさ、大切さを身にしみて感じることになりました。各所に赤、青、黄色の3色絵の具が配布されお絵描きスタート! 

    えのぐでお絵かき

    絵の具はボウルに入っているので、好きなだけ自分ですくうことができます。指1本で少しずつすくっていく子、両手を突っ込んで手のひら全体に絵の具をつける子、お母さんと一緒に手を入れる子などさまざまです。娘はおそるおそるボウルに人差し指を入れ、初めて絵の具に触れると「べたべたする」と言って微妙な表情。それでも、絵の具を指でとっては紙へペタリとスタンプのようにして遊んでいました。

    絵具を触る

    そのうちまわりの子どもたちが手形や足形を始めると楽しそうに感じたのか、娘も手のひら全体に絵の具をつけだし、最後には自ら足の裏に絵の具をつけて楽しそうに足跡を作っていました。

    足の裏もぺたぺた

    部屋に入る前にはだしになったのは、手だけでなく足を含めて全身で絵の具を感じるためだったのだと納得。子どもにとっていい体験になったと思います。

    裸足で歩く

    今回ワークショップを担当されていた、こども館スタッフの新野さんは「『絵の具を触るのも嫌がっていた子が、帰る頃には手形ができるようになっていて成長を感じた』と、ワークショップの感想をいただいたこともあります。お絵描きというとキャラクターを描く子も多いのですが、今日はそのようなこともなく、みんなのびのびと描けていたと思います」と話してくれました。

    大きな絵

    実際、娘も最初は微妙な感じでしたがまわりの雰囲気に後押しされ、楽しい時間を過ごすことができました。今回描いた絵は、7階ドリンクコーナーへ続く階段へしばらく飾られるそうです。大きな紙へ体全体でのびのび描ける「はじめてシリーズ」。みなさんも一度参加されてみてはいかがでしょうか。

    文/むう

    こども館スタッフからひとこと

    こども館スタッフ

    「はじめてシリーズ」は五感で感じ、その思いを大事にしてもらおう! というイベントになっています。最初は見ているだけでもかまいません。普段家ではできない広々とした場所で、ぜひチャレンジしてみてください。

    浜松こども館

    この記事は浜松こども館からの依頼によって、ぴっぴの取材ママがレポートしたものです。

    こども館・児童館
  • 竜ヶ岩洞あゆ狩り園

    2018年9月13日

    竜ヶ岩洞の近くで「アユのつかみ取り」ができると知り15歳の長女、2歳の長男、0歳の次女を連れて家族で行ってきました。

    あゆ狩り園

    長男は水着に着替えパパと長女といけすの中へ。水深は長男のひざ下ぐらいなので、こわがらずに入水できました。はじめは、足のまわりを泳ぐアユにおどろいて声も出せずにいた長男でしたが、しばらくすると「おー、ちっち」と興奮しながらアユを追いかけ、捕まえようと必死になっていました。最初に捕まえたのは長女で、うまくアユを隅に追いやり手づかみで捕まえました。長男もがんばっていましたが、やはり難しいようで無料で貸してくれる網を使い、パパの力も借りてアユを取ることができました。

    アユがとれた!

    ちなみに、アユのつかみ取りの所要時間は30分以内です。

    バケツの中のアユ

    捕まえたアユは、初めに伝えてあった数のアユの塩焼きと交換してもらいます。実際は処理したり焼いたりするのに時間がかかるアユをすぐに食べられるので、子ども連れにもうれしい配慮です。いけすの近くには、あずま屋と座敷があり、私たちはあずま屋でアユを食べました。塩加減がちょうどよく、とてもおいしかったです。お店では焼きそばやみそ汁セットも販売していますが、小さい子も遊びに来るので持ち込みOKとのことです。

    アユの塩焼き

    あゆ狩り園の近くには、浅く流れもゆるやかな川があります。ビニールボートや浮き輪を持って楽しんでいる子たちもいたので、わが家も食後にひと遊び。サワガニや小魚、水草にはトンボが止まり、涼しく生き物観察を楽しむこともできましたよ。天候などにも気をつけながら、ケガや事故のないよう十分注意して遊んでください。

    川で水遊び

    「アユのつかみ取り」は、8月中は毎日営業ですが、9月からは土日祝日のみの営業だそうです。まだまだ暑い日が続きそうなので、家族みんなで涼みに行くのはいかがですか。座敷もあり、子連れでもゆっくり1日過ごせますよ。

    たくさんのアユ

    文/ゆるこ

    竜ヶ岩洞あゆ狩り園

    住所 浜松市北区引佐町田畑193
    電話 053-543-1155(受付時間:9:30~16:00 火曜日以外)
    ※竜ヶ岩洞食堂ふるさとが火曜日定休日のため
    営業期間 8月は毎日営業、9月~10月は土・日・祝日 ※10月末まで開園 
    料金 1人700円(アユ1匹込み)、アユ追加1匹500円
    3歳以下は無料(アユ無)
    子連れに便利な設備 オムツ替え台は無、座敷でオムツ替え可能
    駐車場 有(無料)
    URL https://ryugashido-furusato.jimdo.com/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    近場でレジャー(市内・近郊)
  • 浜松市博物館で「オリジナルまが玉づくり」

    2018年9月12日

    浜松市博物館ではさまざまな体験講座、イベントが随時行われています。夏休み期間中の「夏休み体験館」では「オリジナルまが玉づくり」が毎日開催されていました。わが子たちは、「まが玉」を知りませんでしたが、私が「昔の人のアクセサリーを作ろうよ」と誘ったところ、小1の娘は快諾、小3の息子もまあ、やってみようという感じで参加となりました。

    体験受付

    受付後、キットを選びます。使われている石は滑石という天然の石でそれぞれ色や模様が少しずつ違うため、「よく見て選んでね」と職員の方から説明を受けました。次にバケツにはった水で大きなサンドペーパー と石をぬらしながら、削って形を整えていきます。子どもたちは予想以上に集中して作業していました。滑石はやわらかい石で削りやすかったようです。

    まが玉を削ります

    形が整ったら、小さなサンドペーパーで磨いて仕上げます。ざらざらしていたものが、つるつるになっていき、子どもたちはうれしそうでした。最後の仕上げで職員さんに色を付けてもらい、ヒモに通して完成です。最初、たいして乗り気ではなかった息子も「磨くの、楽しい!」と言っていました。

    コツは黒板を見て

    黒板に書いてあった、「考えてほしいこと、どんな願いを込めて作っていたのかな?」という問いに対して娘は「傷が治るようにって作っていたのではないか?」と言っていました。もしかしたら、そうなのかもしれません。「まが玉 」づくりを通して昔のくらしに親子で少し思いをはせることができました。

    色も選べます

    長期休みやGWなどに開催される博物館の親子イベントは、ぴっぴのイベントカレンダーでも掲載しています。ぜひチェックしてお出かけしてみてください。

    ■夏休み体験館
    【期間】 2018年7月23日(月)~8月26日(日)

    ◎オリジナルまが玉づくり
    【期間】 夏休み体験館中毎日開催
    【受付時間】 9:30~15:30
    【費用】 200円

    文/ジュン

    浜松市博物館

    住所 浜松市中区蜆塚4-22-1
    電話 053-456-2208
    開館時間 9:00~17:00 
    休館日 月曜日(休日の場合は開館)・祝日の翌日、年末年始(12月29日~1月3日)
    臨時休館日もあるため詳しくはHPで確認。夏休み体験館期間中は無休
    料金 常設展:大人300円、高校生150円、中学生以下無料
    子連れに便利な設備 授乳室有、オムツ替え台有
    駐車場 有(無料)
    URL https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/hamahaku/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    美術館・博物館・科学館
  • 駿河湾フェリー

    2018年9月7日

    2歳と0歳の息子を連れての伊豆旅行に、清水港から駿河湾フェリーを利用しました。

    息子は清水港に車を乗り入れたときからテンションが上がっていました。乗り場スタッフの指示に従い車を止め、チケット売り場で乗船券を購入。事前にネット予約をしていたので手続きはスムースでした。あとは涼しいマリンターミナル内で待つだけ。1Fのマリンギャラリーでは駿河湾の深海についての展示が楽しめます。2Fのデッキからは海が一望でき、船の入出港を眺めることもできますよ。

    特別室客席

    一般の船室は自由席なので、いい席をゲットするにはスピードが大切。ごろりと横になれるスペースもありますが、赤ちゃん連れにオススメなのは「オーシャンルーム」です。大人500円の追加チケットを船内の自動販売機で購入すると、階段を上がって特別室に入ることができます。特別室はゆったりとリラックスできる上に眺めもよく、コーヒー1杯とオリジナルクッキーもついています。船内にはたこ焼き屋台と売店がありますが、子連れには事前にお弁当・飲み物を用意しておいたほうが安心です。前日までに予約すれば清水港ターミナルで「船弁」も購入できます。

    海を臨む

    船内では、子ども船長服を着て写真を撮ることもできます。興味のある方はスタッフにお願いしてくださいね。

    デッキより

    私たちが乗った日は小雨で海は大荒れ。残念ながらデッキからよく見えるはずの富士山も見えませんでした。船が苦手な人はぐったりするほどの揺れですが、子どもにはそれすらも楽しかったようです。子どもは乗り物が大好き! でも、船に乗る機会って案外少ないですよね。伊豆への行き帰りなどには、駿河湾フェリーを利用してみてはいかがでしょうか。

    文/マナ

    駿河湾フェリー

    住所 静岡市清水区日の出町10-80
    電話  054-353-2221(受付時間9:00~17:00)
    子連れに便利な設備 オムツ替えシート(1F客室トイレ内)、授乳用ミルクのお湯有
    URL http://www.dream-ferry.co.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    近場でレジャー(市内・近郊)
  • 「ヤマコウ加藤醤油」工房見学

    2018年9月2日

    小学2年生の息子を連れて「ヤマコウ加藤醤油」の工房見学へ行ってきました。この工房ではこだわりの醤油やみそを製造販売しています。

    醤油のたる

    建物は、木と土かべでできた昔なつかしいたたずまいです。中へ入ると「わぁ、みそのにおいがする!」と、早くも息子がするどいコメントをしました。

    工房内

    はじめに、醤油が何から作られているか話を聞きました。容器に入った大豆・小麦・塩を見せてもらうと、意外にも塩が多く、昔から作られてきた保存食であると感じました。ここではすべて安心な国産素材を使い作っているそうです。

    醤油の材料

    工房見学では大豆を蒸す機械や大人の背たけよりも大きなおけなど、見るものひとつひとつに驚きました。「こうじむろ」では、ちょうどみそ用の米こうじを作っているところでした。お米がカビの力で発酵して甘くなるということを、試食して実感しました。

    こうじむろ

    家に帰り息子にどんな発見があったか聞いたところ、「木の家においしいカビが生えるなんて不思議」「1年間もはっこうさせて作っているとは思わなかった」「はっこう中のお米は、めっちゃ甘いんだね」とたくさんのことを学んだようでした。

    工房内2

    ヤマコウ加藤醤油では工房見学のほか、みそづくり体験などを開催しています。詳しいことはHPで確認して、ぜひ親子で参加してみてください。

    文/お茶子

    ヤマコウ加藤醤油

    住所 浜松市中区寺島町1125
    電話  053-452-5609
    駐車場
    URL http://www.katou-shouyu.co.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    近場でレジャー(市内・近郊)
  • こども館体験記「まちなか探検ツアー」

    2018年8月30日

    浜松こども館 取材ママ体験記

    こども館では、幼稚園や学校が長期休みのときにさまざまなイベントを行っています。その中のひとつ、「まちなか探検ツアー」に小1の娘、小3の息子と一緒に参加してきました。

    ツアースタート

    今回は中区肴町周辺の探検ツアーです。最初に担当の方から「小学生参加のツアーのため、保護者の参加は自由です。」と案内がありましたが、席を外す保護者はいません。私ももちろん参加。親にとっても興味深いツアーです。

    肴町

    最初に訪れたのは、琴や三味線など和楽器の修理をおもに行っている吉田屋琴三味線店。

    三味線

    店主から楽器の説明を聞き、三味線に使われているというネコの皮、イヌの皮に触れました。子どもたちは「動物の皮なのに、紙みたいだ」と驚いていました。また、実際に琴の演奏を聞いたり、琴を弾くときにはめる爪、琴爪をはめて演奏体験をしたりしました。

    琴

    詳しく説明を聞いた後だったので、子どもたちはわれ先に、という感じで体験していました。「静岡県内にはこうした和楽器の店が6件、浜松市内には3件あるが、後継者不足が深刻で、これからもっと数が減っていくだろう」という店主のお話が私は印象に残りました。

    次は伊東商店(乾物屋)へ。店内は鰹節のいい香りが漂っています。

    乾物店

    肴町に詳しい店主からは「昔、この近辺には港で水揚げされた魚を売る許可を受けた店が何件かあり、肴町という名前が付いた」「乾物屋も今よりもたくさんあり、年の瀬はデパートで買い物をして、肴町でお正月用品を買うお客さんがたくさんいた」という話が聞けました。ここでは鰹節の作り方の説明を聞き、鰹節削り体験ができました。

    かつおぶし

    削りたての鰹節は香りも味もよく、試食は子どもたちに大好評! わが子は「売っている鰹節はここのお店で削ったものですか?」と質問していました。普段使う鰹節は小分けにパックされたものなので、大きな鰹節を削ってできていることにびっくりしたようでした。

    普段の買い物では聞けないような話をお店の方から聞いたり、体験したりした「まちなか探検ツアー」は親子で楽しく参加できるツアーでした。

    文/ジュン

    こども館スタッフからひとこと

    担当スタッフ

    街中の活性化の一環として、肴町のお店を知ってもらおうと企画しました。こども館に来た際には、肴町にも足を運んでみてはいかがでしょうか?

    浜松こども館

    この記事は浜松こども館からの依頼によって、ぴっぴの取材ママがレポートしたものです。

    こども館・児童館
  • 下田海中水族館

    2018年8月28日

    海の生き物との距離が近いと聞き、ずっと行ってみたかった「下田海中水族館」。お盆休みに小学生の娘たちを連れ、家族で行ってきました。9時半頃の到着でしたが、空いていたのは一番離れた第3駐車場。それでも入口まではほど近く、事前購入していたWEBチケットを受付で提示してスムーズに入場できました。

    まずは放送で案内のあったカマイルカとアシカのショーを見にマリンスタジアムへ。

    アシカショー

    寝転んで腹筋したり、ジャンプしながらの回転を見せてくれたり、かなりアクティブに動くアシカたち。トレーナーさんと息の合った水中ダンスは感動ものです。愛嬌ある姿としなやかな動きを見て、一気にアシカのファンになってしまいました。

    水中ダンス

    イルカのショーでは、2頭のスピード感あふれる演技に加え、水中で会話するために出す超音波をマイクで聞かせてくれました。ほかの水族館とひと味違うショーの内容に、子どもたちはすっかり釘づけです。

    イルカショー

    アナウンスでは海の生き物の生態や魅力について話があり、「きれいな海を守ろう」というメッセージが伝えられました。天然の入り江を利用した、この水族館ならではの視点だと感じました。

    魚やクラゲの展示を見学していると、屋外の入り江を使ったダイナミックな海上ステージショーの時間に。このショーにはアメージングシートという席があり、観客の真上をイルカがジャンプします! 今回はすでに満席でしたが、「次はあの席に座ってみたいねー。でも、多分びっしょびしょだね」と、子どもたちと笑いました。

    アメージングシート

    移動時にはちょうどコツメカワウソのエサやりタイムに遭遇!  かわいいカワウソの姿に即エサを購入しました。丸い穴から必死にプニプニとした手を出す姿は、のんびりしたカワウソのイメージと違って驚きましたが、なんともいえないしぐさに癒やされました。

    カワウソのエサやり

    このほかにもショーや触れ合いタイムがたくさんあるので、HPに記載されているスケジュールを事前にチェックしておくと動きやすいです。入り江でのイルカとの触れ合いプログラムも豊富で、いろいろな楽しみ方ができる水族館です。海とそこで生活する生き物を近くに感じ、子どもたちにとっても夏休みのよい体験となりました。

    文/makiko

    下田海中水族館

    住所 下田市3-22-31
    電話 0558-22-3567
    営業時間 平日9:00~16:30、土日祝9:00~17:00 そのほか季節により変動有
    定休日 無休(2018年12月11~14日は、館内整備のため休館)
    料金 大人2,000円、子ども(4歳~小学生まで)1,000円 ※Web割引ページ提示で、大人200円、子ども100円の割引有
    子連れに便利な設備 ベビーカー貸出(2台)、コインロッカー有
    駐車場 有(無料・200台)
    URL https://shimoda-aquarium.com/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    観光・ちょっと遠出
  • 大井川鐵道トーマス号

    2018年8月26日

    家族で大井川鐵道トーマス号に乗ってきました。とても暑い日でしたが、始発駅の新金谷駅は乗客でにぎわっていて、駅の横のプラザロコにはトーマス号の乗車を心待ちにしている家族連れがたくさん。ここは子連れのお客さんが多いこともあり、オムツ替えスペースや販売しているお弁当のアレルギー表記がしっかり書かれているなど、サービスが充実していました。

    ついにトーマス号の登場。おなじみのトーマスの顔と青いボディですが中身は本物の機関車。黒い煙や轟音を出しながら走る姿は迫力満点です。

    トーマス号

    車内にはエアコンは付いておらず、とても蒸し暑いので水分補給と暑さ対策は必須。私たちは大量の麦茶とうちわ、保冷剤で暑さをしのぎました。また車内は狭いので荷物をコンパクトにまとめておくと快適に過ごせます。

    車内の様子

    動き出すと窓からは大井川の風景とともに涼しい風が。車窓をのぞくと沿線の人たちが手を振ってくれ、こちら側からも手を振り返し大井川鐵道沿線に不思議な一体感が生まれていました。トーマス号の魔力、おそるべしです(笑)。そんな中、2歳の娘はプラザロコで買ったトーマス弁当をパクパク。風景とお弁当を満喫し、トーマス列車の旅を楽しんでいました。

    約1時間半で終点の千頭駅に到着。千頭駅ではトーマスのなかまパーシーとヒロたちが出迎えてくれます。

    パーシーとヒロ

    千頭駅から先は日本で唯一急勾配を登るための機構を備えたアプト式列車が運行されていて絶景が楽しめるそうです。子どもが小さいため、今回はここで引き返しました。ここから先は今後の楽しみに取っておこうと思います。

    ■機関車トーマス号乗車
    【場所】 大井川鐵道新金谷駅、千頭駅
    【問い合わせ先】 大井川鐵道 0547-45-4112(9:00~17:00)
    【開催日時 】 2018年運行日は 6月9日(土)~10月14日(日) の期間のうち72日間(詳細はHPで確認)
    【料金】 トーマス・ジェームス号(新金谷駅~千頭駅)片道 大人3,000円、小人(小学生)1,500円(乗車記念グッズつき)
    【子連れに便利な設備】 多目的トイレ・授乳室・オムツ替え台(プラザロコ内)有
    【駐車場】 有 800円(SLの乗客優先)
    【アクセス方法】
    車:新東名高速道路「島田金谷IC」より約7分。東名高速道路「相良牧之原IC」より約15分。国道1号線「大代IC」より約5分)
    交通公共機関:JR東海道本線「金谷駅」にて大井川鐵道に乗り換え、大井川鐵道「新金谷駅」下車)
    【URL】 http://oigawa-railway.co.jp/

    文/よこた

    近場でレジャー(市内・近郊)
  • 南図書館 図書館のなぞをとこう

    2018年8月23日

    普段何気なく利用している図書館。そんな図書館の秘密を探るイベント「図書館のなぞをとこう」が夏休み期間中、南図書館で開催されています。1日1枚図書館に関するクイズに挑戦し、全部で5枚クリアすると図書館博士認定証とプレゼントがもらえます。未就学児は保護者と一緒に参加できるので、子どもたち(5歳、2歳)を連れてさっそく挑戦してきました。

    なぞをとこう

    最初に貸出カウンターでクイズ用紙をもらいます。1枚目は3択問題が3問。答えのヒントは図書館に掲示されています。長女はひらがなを一生懸命読みながら、ヒントと問題用紙を見比べて考えていました。

    解答後カウンターに提出し採点してもらうと、1枚目は見事に全問正解!  大きなはなまるとスタンプをもらい、子どもたちもうれしそう。

    認定証

    図書館博士

    知れば知るほど魅力的になっていく図書館。

    図書館案内

    今後も積極的に利用していきたいと思いました。

    ■図書館のなぞをとこう
    【期間】 7月21日(土)~8月31日(金)
    【会場】 南図書館
    【対象】 小学生以下(就学前の子は保護者と一緒に参加可能)

    文/むう

    南図書館

    住所 浜松市中区海老塚二丁目25-17
    電話 053-452-1655
    開館時間 火~木・土・日・祝日 9:00~18:00、金曜日(祝日を除く) 9:00~19:00
    休館日 月曜日(休日を除く)、年末年始(12月29日~1月3日)、館内整理日(毎月第4木曜日)、蔵書点検期間

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    図書館
  • 道の駅「くんま水車の里」で川遊びはいかが?

    2018年8月22日

    小学2年生の息子を連れて、涼を求め「くんま水車の里」へ行ってきました。

    ようこそくんまへ

    自宅から車で1時間ほど走ると、少しだけ気温が下がり、ミンミンゼミやヒグラシの鳴き声が聞こえてきました。

    水車小屋

    着いたらまずは腹ごしらえです。「かあさんの店」で手打ちソバと天ぷらを注文しました。息子はカレーライスを注文したのですが、私のソバにまで手を出してお腹いっぱい食べていました。

    そばの定食

    この日の目的は、阿多古川のせせらぎで川遊びです。川遊びといっても、子どものひざ下くらいの深さなので小さな子も安心して遊ばせることができますよ。

    水遊び

    息子は川へ入るなり「うわぁ! 冷たい!」と声をあげました。サワガニを見つけると、川の石をひっくり返して水をバシャバシャさせて大はしゃぎしていました。

    川遊びのあとは、炭火で焼いた五平餅に舌つづみを打っていました。

    五平餅

    ひとときの涼しさにいやされた1日でした。道の駅「くんま水車の里」では、そば打ち体験や五平餅づくり、こんにゃくづくり体験などもできます。日帰りドライブにおすすめのスポットなので、ぜひ家族で遊びに行ってみてください。

    文/お茶子

    道の駅「くんま水車の里」

    住所 浜松市天竜区熊1976-1
    電話 053-929-0636
    営業時間 夏季9:00~16:30(4月~9月)
    冬季9:00~16:00(10月~3月)
    定休日 毎週木曜日(祝日の場合は営業、翌日休業)、年末年始(12/28~1/3)
    URL http://www.kunma.jp/suisha/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    近場でレジャー(市内・近郊)
  • 南図書館 夏のこわいおはなし会

    2018年8月19日

    毎月各図書館で開催されている「おはなし会」。今回は季節にちなんで「夏のこわいおはなし会」が開催されると聞き、4歳、2歳の子どもたちと南図書館へ行ってきました。

    夏休みということもあり、おはなしの部屋は赤ちゃんから小学生まで子どもたちでいっぱい! テーマに合わせて照明を落とし、いつもと違った雰囲気で始まりました。

    絵本読み聞かせ

    読んでもらった絵本は「にゅーっするするする」「ゆうれいのたまご」「のっぺらぼう」「めっきらもっきらどおんどおん」の4冊で、どれもおばけが登場するおはなしです。特に「のっぺらぼう」は最近わが家で読んだこともあってか、長女は「こわいやつだー」と言って次女とくっついてドキドキしながら聞いていました。

    おはなしの後は工作タイム。

    うちわ説明

    長女は「化けネコ」、次女は「おばけ」のうちわを作りました。顔のパーツをのりで貼り、ペンで装飾して完成!

    うちわづくり2

    うちわづくり

    かわいいうちわで子どもたちも満足したようです。まだまだ暑い夏が続きますが、「おばけうちわ」と「こわいおはなし」で涼しく夜を過ごすのも悪くないな、と思いました。  

    ■夏のこわいおはなし会
    【日程】 2018年8月10日(金)
    【時間】 10:00~11:00
    【対象】 小学生以下 

    文/むう

    南図書館

    住所 浜松市中区海老塚二丁目25-17
    電話 053-452-1655
    開館時間 火~木・土・日・祝日 9:00~18:00、金曜日(祝日を除く) 9:00~19:00
    休館日 月曜日(休日を除く)、年末年始(12月29日~1月3日)、館内整理日(毎月第4木曜日)、蔵書点検期間

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    図書館
  • 桔梗信玄餅工場テーマパーク

    2018年8月13日

    夏休みを利用し、山梨県にある桔梗屋の桔梗信玄餅工場テーマパークに行ってきました。以前TV番組でここの工場見学を見たことがあり、5歳の息子以上にパパや私が楽しみにしていました。

    工場見学

    工場に着いたのは昼過ぎで、近くの臨時駐車場に車を止めました。駐車場は他県ナンバーばかりで、観光バスも入っており、人気の高さがうかがえます。

    工場内は見学時間内は自由に見てまわることができます。順路に沿って進むと、ガラス越しに工場の様子が見渡せる場所に出ました。何台も機械が並ぶ中、白衣姿の大勢のスタッフが作業をしています。

    工場ライン

    息子は「すごいねぇ。たくさん作っているねぇ」としきりに感心していました。途中には、フォトスポットや試食コーナーもありました。

    フォトスポット

    試食

    一通り見学を終えると、お楽しみのスイーツタイム。桔梗信玄餅と桔梗信玄棒がトッピングされた「桔梗信玄餅ソフト+」は大人気商品です。

    信玄餅

    併設の売店でお土産も購入でき、家族で大満足! 子どもも大人も楽しめる「桔梗信玄餅」の工場見学、おすすめですよ。

    文/みきこ

    桔梗屋 桔梗信玄餅工場テーマパーク

    住所 山梨県笛吹市一宮町坪井1928
    電話 0553-47-3700(受付時間8:00~17:00)
    見学時間 9:00~16:00(11:40~12:20は桔梗信玄餅の製造ラインが止まります)
    定休日 無(年末は工場稼働時間の変動有)
    料金 無料(個人見学の場合予約不要)
    子連れに便利な設備 多目的トイレ有
    駐車場 有(無料)
    URL http://www.kikyouya.co.jp/index.html

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    観光・ちょっと遠出
  • 駒門風穴(こまかどかざあな)

    2018年8月11日

    夏休みのある日、家族で御殿場市の「駒門風穴(こまかどかざあな)」に行ってきました。ここの「風穴」は、富士山の噴火の際にできた溶岩の洞穴です。富士山の周りにはいくつもの風穴が点在するのですが、駒門風穴は静岡県内にある風穴の中で1番大きく、天然記念物に指定されています。

    入口

    近くの無料駐車場に車をとめると、周辺は住宅地。どこに風穴があるのかな? と思いつつ案内看板に従って歩くと、受付が見えてきました。

    看板

    5歳の息子は洞くつ探検の気分でウキウキ! 風穴に向かって階段を1段1段下りると、少しずつひんやり涼しくなっていきました。風穴の中は1年を通じて13度程度。夏も冬も気温が変わらないので、暑い夏にはおすすめのクールスポットです。

    入洞

    風穴の中は、ライトがあるものの暗くひんやりとしています。足元は水たまりがあったり、岩があったりして歩きにくいので、運動靴や長靴がおすすめ。赤ちゃんのいるお母さんは、手が自由になるよう抱っこ紐やおんぶ紐を持参しましょう。時折上からしたたり落ちる水滴が頭をぬらしたり、狭い場所では身をかがめて進んだり、息子も私も存分に探検気分を味わいました。

    洞窟内

    建物

    風穴から出ると、まだまだ暑い現実の世界(笑)。みなさんも自然の神秘とひとときの涼を求めて、風穴探検はいかがですか?

    文/みきこ

    駒門風穴

    住所 御殿場市駒門69番地
    電話 0550-87-3965
    営業時間 9:00~17:00 9:00~16:00(12月~2月)
    休日 12月毎週月曜日と31日、1月16日以降毎週月曜日、2月毎週月曜日
    料金 大人300円・高中学生200円・小学生100円・幼児(未就学児)無料(団体割引有、25名以上)
    駐車場 有・乗用車20台無料
    URL http://gotemba.jp/archives/1359

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    観光・ちょっと遠出
  • ☆2018夏☆浜名湖で体験!【4】お楽しみいっぱいの舘山寺めぐり編

    2018年8月8日

    夏休みスペシャル2015

    「浜名湖で子どもと楽しめるところ」と言えば、舘山寺周辺を思い浮かべる人も多いでしょう。ほどよい広さの中に湖も山も温泉もあり、気軽に旅行気分が味わえるのが魅力の舘山寺。バラエティに富んだ遊びの施設や観光スポットがあるから、組み合わせ次第でアクティブ派ものんびり派も満足できちゃうお楽しみプランが立てられます。

    風を感じる乗り物とほっこり温泉でプチ旅行体験!

    舘山寺風景

    ●浜名湖遊覧船

    舘山寺におでかけすると、たびたび見かける遊覧船。「どこから乗るの?いつ乗れるの?」と気になったことはありませんか? 実は予約なしでOKの便がほとんどで、意外と気軽に乗れちゃうんです。夏休みは季節感いっぱいの企画便も運航! 湖上からこの時期ならではの浜名湖の風景が楽しめます。風を切って走る爽快感は、夏の疲れも吹き飛ばしてくれますよ。

    湖上を進む

    【発着場所】
    舘山寺港:浜松市西区舘山寺町2226-1 (Pなし)
    フラワーパーク港:浜松市西区舘山寺町3315 (Pあり・200円)
    瀬戸港:浜松市浜松市北区三ヶ日町大崎1899-5 (Pあり・無料)

    ◎定期便・30分周遊コース
    舘山寺港・フラワーパーク港から寸座方面にぐるっと周遊。東名高速道路の橋の下をくぐるコースで、普段見られない浜名湖の風景が楽しめます。
    【料金】大人1,000円 、子ども500円

    ◎定期便・70分周遊コース
    舘山寺港・フラワーパーク港と瀬戸港を片道30分で往復。雄大な自然をのんびり楽しむコースです。瀬戸港の近くには浜名湖唯一の自然の島「つぶて島」があります。
    【料金】大人1,500円 、子ども750円

    ◎サンセット鑑賞クルーズ (予約不要)
    遠い山に沈む夕日眺めながら、赤く染まる浜名湖を進みます。夕方からのおでかけ計画は、夏休みだからこその特別な時間が過ごせます。
    【期間】2018年 8月 1日(水)~8月31日(金) *9月も時間を変えて実施予定
    【時間】かんざんじ港 18:00発、フラワーパーク港 18:05発
    【料金】大人1,000円 、子ども500円

    ◎夏休み花火クルーズ (予約制 110名)
    花火の打ち上げに合わせた日程と時間帯の特別運行。約30分の湖上遊覧と船上での花火鑑賞が楽しめます。
    【日程】2018年8月10日(金)~19日(日)、24日(金)~26日(日)
    【時間】かんざんじ港19:30発、フラワーパーク港19:35発
    【料金】大人1,500円 、子ども800円

    【問い合わせ】053-487-0228
    【URL】http://www.hamanako-yuransen.com/

    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    奥浜名湖号

    子どもと一緒なら「フラワーパーク港」出発がおすすめ!

    浜名湖遊覧船は3つの港があるので、それぞれコースや時間をホームページで確認してからスケジュールを立てましょう。公式サイトのWEB割引券を利用すれは、乗船料が10%OFFに!

    動物園の目の前にある「フラワーパーク港」は場所もわかりやすく、遊園地の観覧車やロープウェイを眺めながらのスタートに子どもたちもテンションが上がります。駐車場完備(有料200円)だから、移動もらくらく!

    ●かんざんじロープウェイ

    直虎ゴンドラ

    日本で唯一、湖上を渡るロープウェイです。昨年から井伊直虎をイメージしたラッピングゴンドラも運行中!行き先の大草山山頂には浜名湖オルゴールミユージアムがあります。セットでプランを立てれば、実演会観賞やオルゴールづくりなども体験できます。
    【乗り場】浜名湖パルパル向い側
    【営業時間】 9:00 から10分間隔で運行(最終かんざんじ駅発 18:40 / 大草山発 19:00) *8月31日(金)のみ かんざんじ駅発 17:10 / 大草山発 17:30
    【料金】 大人 (中学生以上) 往復820円、子ども (3才~小学生) 往復410円 *ほか周辺施設とのセット料金あり
    【運休日】 なし(天候不良等によりダイヤが変更になる場合あり)
    【駐車場】 1台 800円
    【問い合わせ】 053-487-2121
    【URL】 https://www.kanzanji-ropeway.jp/

    ●水神の松(すいじんのもり)公園の足湯

    足湯

    ホテル九重の北隣にある舘山寺温泉の源泉からひいた足湯です。無料で利用することができるので、日差しが落ち着いたころ足の疲れを癒しに寄るのもいいかも。
    【場所】 浜松市西区舘山寺町(ホテル九重の北側にある遊歩道沿い)
    【利用時間】 6:30~19:30(季節によって変動あり)

    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    ●華咲の湯

     華咲の湯
     

    26か所のお風呂に親子プレイルームやレストランも併設した、設備充実の日帰り温泉施設です。バスタオル、フェイスタオル、浴衣が入浴料にセットされているから、急に思い立っても大丈夫! 子連れでも手ぶらで行けるのがうれしいですね。
    【住所】 浜松市西区舘山寺町1891
    【営業時間】 10:00~23:00(最終入場22:00)
    【問い合わせ】 053-487-0001

    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート 

    まだまだあるよ! 舘山寺のお楽しみ体験

    ●浜松市動物園 NIGHT ZOO(ナイトズー)

    ナイトズー

    浜松市動物園が夏休み期間の土曜日に実施する、夜間特別開園。NIGHT ZOO限定のイベントもあります。日中のんびりとしていた動物たちの意外な夜の姿が見られるかも?ワクワク体験、間違いなしです!
    【開催日】2018年8月4日(土)、11日(土)、18日(土)、25日(土)
    【時間】 20:30まで開園(入園は20:00まで)
    【料金】大人(高校生以上)410円、中学生以下無料
    【問い合わせ】053-487-1122
     
    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    ●Ruber(ルーベラ)の体験工房

    ルーベラ体験

    ブレスレットやネックレス、ガラスのミニチュアでドーム作りなどさまざまな体験をすることができる雑貨屋さん「Ruber(ルーベラ)」。手作りしたものは、夏の思い出としても残りますね。
    【住所】 浜松市西区館山寺町1891
    【営業時間】 9:30~18:00(体験最終受付は、営業終了1~2時間前まで。詳しくはHP参照)
    【問い合わせ】 053-487-0030

    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート 

    ●うなぎのお店「ホテル九重 割烹曳馬野」

    曳馬野

    浜名湖に来たらやっぱり「うなぎ」を食べなくちゃ! 窓からの景色を楽しみながら、家族でちょっと豪華なランチはいかがですか? 浜名湖産うなぎ専門店だから、お客様を案内するのにもぴったりです。
    【住所】 浜松市西区舘山寺町2178
    【営業時間】 11:30~14:00(ラストオーダー13:30)
    【問い合わせ】 053-487-1112

    以前の様子はこちら⇒パパ特派員レポート 

    夏休み特集「浜名湖で体験!」は最終回ですが、「子連れでおでかけ」ブログや「イベントカレンダー」では、夏に楽しめるスポットをまだまだ更新していきます。お楽しみに♪

    夏休み情報