子連れでおでかけ

子どもと一緒に楽しめる浜松市&周辺地域の施設・公園・イベントなどを、取材ママ・パパ特派員がレポートします。

  • べっぷ地獄めぐり

    2018年9月24日

    おんせん県大分・別府の観光といえば「べっぷ地獄めぐり」。昔から温泉の噴出口を“地獄”と呼ぶそうで、鉄輪(かんなわ)地区を中心に珍しい特徴を持つ7つの「地獄」があります。

    看板

    私たちが最初に見たのは「龍巻地獄」の間欠泉。勢いよくシューと吹き出すお湯にビックリしました。

    龍巻地獄

    次に隣の「血の池地獄」へ。その名の通り、お湯がまるで血のように真っ赤。小学2年生の娘と「本当に鬼が出そうだよね」と話しました。

    血の池地獄

    「かまど地獄」は1丁目から6丁目までさまざまな種類の池があり、飲む温泉や肌やのどに蒸気をあてる体験ができます。「鬼山地獄」は別名「ワニ地獄」。和風庭園のある「白池地獄」では温泉を使って飼育している熱帯魚を見ました。

    かまど地獄

    7つの地獄の中でも最大規模の「海地獄」はコバルトブルーの色で、とてもキレイでした。

    海地獄

    最後に見た「鬼石坊主地獄」は、灰色の泥が沸騰する様子が坊主頭に似ているところから名付けられたそうです。たしかに、そんな感じですね(笑)。

    鬼石坊主地獄

    「べっぷ地獄めぐり」は見るだけではなく、足湯に入ったり温泉まんじゅうを食べたりといろいろな楽しみ方ができます。子どもたちはそれぞれの「地獄」にあるスタンプを集めました。小学6年生の息子は「地獄」の硫黄の匂いが「ちょっと苦手」と言っていましたが、温泉は大好きなので、足湯に入って喜んでいました。子どもも大人も楽しめる「べっぷ地獄めぐり」、別府に行ったら一見の価値あり、オススメですよ。

    温泉まんじゅう

    文/こにゃんこ

     

    べっぷ地獄めぐり

    住所 大分県別府市鉄輪
    電話 0977-66-1577(別府地獄組合)
    利用時間 8:00~17:00、年中無休
    料金 7つの地獄共通観覧券:大人2000円、高校生1350円、中学生1000円、小学生900円
    子連れに便利な設備 授乳室(海地獄・かまど地獄)、オムツ替えシート(龍巻地獄)
    駐車場 有(無料)
    URL http://www.beppu-jigoku.com/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    観光・ちょっと遠出
  • 親子で楽しむ!ハロウィンイベント2018

    2018年9月21日

    ハロウィンぴっぴ

    街を歩くと、にぎやかなハロウィンの飾りが目に留まる季節になりました。元々は秋の収穫を祝う海外のお祭りですが、日本でも季節のイベントとしてすっかり定着してきています。

    仮装パレードや夜のハロウィン企画など、今年もワクワクする催しが各地で開催されます。かわいい仮装で参加すれば、シャッターチャンスもいっぱいですね!

    ハロウィンイベントで盛り上がろう♪

    ●(かぼちゃ) LAGUNA HAPPY HALLOWEEN

    【期間】9月8日(土)~10月31日(水)
    【場所】ラグナシア(蒲郡市)
    360°ハロウィーンマッピングやホラーサーカスなど、3つのハロウィンショーに大興奮!
    【URL】https://www.lagunatenbosch.co.jp/event/autumn/show.html

    ●(おばけ) パルパルハッピーハロウィン ハロウィン仮装で入園無料♪

    【期間】9月14日(金)~10月31日(水)
    【場所】浜名湖パルパル
    仮装でハロウィン気分を盛り上げよう!期間中、全身3点以上のハロウィン仮装で来園すれば、チビッコは入園無料です。
    【URL】https://pal2.co.jp/

    ★ハロウィン衣装で記念撮影
    【日時】10月1日(月)~31日(水) 開園~閉園まで
    センターハウス1階のフォトスペースに用意された衣装を着て、ハロウィン写真を撮っちゃおう!
    ★トリックオアトリート♪
    【日時】10月13日(土)~31日(水) 14:30頃~ ※日曜日は15:30頃~
    パルパルファミリーと一緒にいる仮装したスタッフに、「トリック・オア・トリート」といってみよう♪ちょっぴりお菓子がもらえるよ。
    おばけかぼちゃを作ろう!
    【日時】10月27日(土)、28日(日) 開園~14:00 ※なくなり次第終了
    【費用】1,100円(1個・材料費込)
    親子や友だちみんなで楽しみながらつくっちゃおう!でき上がったお化けかぼちゃはおうちで飾ってハロウィン気分に♪
    ★ハロウィンパレード
    【日時】10月28日(日) (1)12:00~ (2)15:15~ 約20~30分
    仮装してきてくれたチビッコのみんなとパルパルファミリーで園内をパレード!

    ●(キャンディー) 焼津ハロウィンカーニバル

    【日時】10月21日(日) 9:00~16:00 ※荒天の場合10月28日(日)に順延
    【場所】焼津市昭和通商店街・神武通り商店街(焼津市本町4丁目14-13)
    秋の日曜日、焼津の商店街がハロウィン一色に染まります!参加する方も見学する方も、みんなで思いっきり楽しみましょう☆

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(ねこ) はままつハロウィンフェスティバル~絵本のまち2018~

    【日時】10月27日(土) 10:00~19:40
    【場所】遠鉄百貨店1階広場(ソラモ)・浜松駅北口広場キタラ
    今年は「絵本」がテーマです。仮装コンテストや絵本にまつわる楽しいイベントが盛りだくさん!

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(帽子) 家族で協力!ハロウィンキャンプ

    【日時】10月27日(土)~28日(日) ※日帰り・宿泊が選択できます。
    【場所】三ヶ日青年の家(北区三ヶ日町都筑523-1)
    ハロウィンラリーやジャックオーランタン作りなど、家族で過ごすハロウィンイベント。

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(かぼちゃ) nicoe ハロウィンフェスティバル2018

    【開催期間】9月29日(土) ~ 10月31日(水)
    【開催場所】nicoe(浜北区染地台6丁目7-11)
    仮装をしていくと、特製スイーツプレゼント。ハロウィン専用の撮影スポットで楽しめます♪

    ★夜のお菓子工場に潜入!~どっきり?!ナイトカカオツアー~
    【日時】9月15日(土)、16日(日)、22日(土)、23日(日)、29日(土)、10月6日(土)、7日(日)、13日(土)、20日(土) 18:30~20:00

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ★「フェイスペイント」してもらおう!
    【日時】9月29日(土)~10月28日(日)までの土日と10月8日(月)
    10:00~19:00 ※10月27日は20:00まで

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ★nicoe HALLOWEEN FES.2018 ~魔界の宴~
    【日時】10月27日(土) 17:00開宴

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(おばけ) ベビーサインハロウィーンパーティー

    【日時】10月17日(水) 11:00~ 13:00~ 14:00~
    【場所】イオンモール浜松志都呂
    、ハロウィンパーティーとしてベビーサイン体験教室の他、赤ちゃん仮装コンテスト、フォトプロップス撮影会を同時開催します!

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(キャンディー) キッズEnglish/親子でEnglish

    【日時】10月21日(日) 10:00~11:30、14:00~15:30
    【場所】多文化共生センター(中区早馬町)
    キッズと親子のクラスに分かれてフィリピン人の先生から楽しく学びます。10月はハロウィーンスペシャルです。

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(ねこ) ベビーサインハロウィーンパーティー

    【日時】10月24日(水) 11:00~ 13:00~ 14:00~
    【場所】イオンモール浜松市野
    ベビーサインハロウィンパーティーとしてベビーサイン体験教室の他、赤ちゃん仮装コンテスト、フォトプロップス撮影会を同時開催します!
    イベントカレンダーで詳細を見る

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(帽子) Autumn Festa2018 ハロウィンイベント

    【日時】10月28日(日)
    【場所】浜名湖ガーデンパーク
    花の美術館にあるフォトスポットで記念撮影をしたり、園内の仮装スタッフに声をかけたりするとお菓子がもらえます。ハロウィン衣装で遊びに来たら、管理センターで展望塔無料券をプレゼント!

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(かぼちゃ) 秋の豊橋まちなか歩行者天国

    【日時】10月28日(日) 11:00~16:00
    【場所】豊橋市広小路1・2丁目及びときわアーケード
    ハロウィンをテーマに、愛知大学の地域貢献事業で頑張る学生によるイベントを開催!また、情報誌「はなまる」によるワイン祭りを開催します。

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(おばけ) ハロウィーンおはなし会と「トリック オア トリート」ゲーム

    【日時】10月28日(日) 14:00~15:00
    【場所】舞阪図書館
    ハロウィン仮装での参加大歓迎。図書館で借りることもできます。おはなし会の後はゲームで楽しもう!

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(キャンディー) ハロウィン掛川2018

    【日時】10月28日(日) 13:00~16:00
    【場所】掛川市生涯学習センター
    小さな子どもたちが主役のハロウィンイベント!50体以上のお化けの人形が集合。撮影スポットもいっぱい!

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    手作りハロウィン みんなで作っちゃおう!

    ●(ねこ) エコライフ教室「簡単♪かわいい♪フルーツカット」

    【日時】9月28日(金) 10:00~13:00
    【場所】エコハウスモデル住宅「きづきの森」(西区大平台3-21-18)
    フルーツカットと簡単料理でビックリ!なハロウィンパーティー

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(帽子) Pizza職人と作るハロウィンPizza

    【日時】9月29日(土)、10月6日(土)、8日(月)、13日(土)、20日(土) 15:15~16:20
    【場所】nicoe(浜北区染地台6丁目7-11)
    世界に1つのオリジナルピザを作ろう!!

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(かぼちゃ) ハロウィン3Dラテアート

    【日時】9月30日(日)、10月7日(日)、14日(日) 15:30~16:30
    【場所】nicoe(浜北区染地台6丁目7-11)
    世界に1つのオリジナル3Dラテを作ろう!!

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(おばけ) 牛乳パックを使ってハロウィンの「お菓子入れ」をつくろう

    【日時】10月14日(日) 14:00~16:00
    【場所】雄踏図書館
    トリックオアトリートでもらったおかしを入れるおしゃれなバッグを作ろう。

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(キャンディー) ハロウィンを楽しむ!かぼちゃのマフィンづくり

    【日時】10月14日(日) 12:30~15:30
    【場所】みをつくし文化センター(北区細江町気賀369)
    かぼちゃ入りマフィンに、ホワイトチョコでクモの巣の模様をかいてみよう!

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(ねこ) バラのハロウィンアレンジメント

    【日時】10月20日(土) 13:30~16:00
    【場所】みどり~な(南区大塚町1876-1)
    バラのハロウィンアレンジメントを作ります。

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(帽子) ハロウィン2Dラテアート

    【日時】10月21日(日)、28日(日) 15:30~16:30
    【場所】nicoe(浜北区染地台6丁目7-11)
    世界に1つのオリジナル2Dラテを作ろう!!

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(かぼちゃ) アイシングクッキーを作ろう!

    【日時】10月21日(日) 10:30~ 13:00~ 14:30~
    【場所】浜松こども館 ここ・い~ら ギャラリー3
    ハロウィンのおばけとカボチャ、オリジナルのアイシングクッキーを作ってみよう。

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(おばけ) 万華鏡を作ろう!

    【日時】10月21日(日) 10:30~ 13:00~
    【場所】浜松こども館 ここ・い~ら ギャラリー1
    ハロウィン模様の可愛い万華鏡が作れます!

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(キャンディー) 思わずほほえむハロウィーン香り袋づくり

    【日時】10月24日(水) 10:30~11:30
    【場所】みどり~な(南区大塚町1876-1)
    ハロウィンに合う香り袋をつくります。

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(ねこ) Autumn Festa2018 ハロウィンマントをつくろう!

    【日時】10月28日(日) 10:00~12:00
    【場所】浜名湖ガーデンパーク
    フェルトのマントにハロウィン飾りをつけて、自分だけのオリジナルマントをつくろう!

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(帽子) ハロウィンランタンをつくろう!

    【日時】10月28日(日) 10:00~ 13:30~
    【場所】磐田市新造形創造館
    ハロウィンかぼちゃでユニークなランタンを作り、ハロウィンを楽しもう!

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    イベント(秋)
  • 磐田市香りの博物館「COFFEE&AROMA コーヒーと香り展」

    2018年9月19日

    磐田市香りの博物館で開催されている『COFFEE&AROMA コーヒーと香り展』に3歳の娘と母と出かけてきました。コーヒーが大好きなので、とても気になっていた企画展です。博物館に入ると、すてきなボードが出迎えてくれます。気分が高まりつつ2階に上がると、コーヒーのいい香りに包まれました。

    ショーケースとディスプレイ

    展示室にはかわいらしいケーキ屋さんのショーケースのようなディスプレイがありました。娘もおままごとコーナーに遊びに来たようにはしゃいでいました。ケースの中身はコーヒーと合う食べ物=フードペアリングの紹介。大きなコーヒーの木もあり、娘は「大きいね!」と隣に並んで背比べしていました。

    コーヒーミル体験

    コーヒーミル体験もでき、娘は母と一緒に体験しました。コーヒーを挽いた香りが広がり、私も幸せな気持ちになりました。コーヒーには「フレグランス(お湯を注ぐ前のコーヒーの粉の香り)」、「アロマ(挽いたコーヒーの粉に湯を注いだ時の香り)」、「フレーバー(抽出されたコーヒーの液体を口に含んだ際、鼻に抜けるときに感じる香りと味わい)」と3つの香りがあるそうで、自分で淹れるときもしっかり香を楽しみたいと思いました。

    アロマサシェ作り

    コーヒー豆を使った「アロマサシェづくり」も体験しました。コーヒーフィルターに好きなスタンプを押したり、コーヒー豆を入れたりして作るので、娘も楽しく参加できました。消臭効果もあるようで、家のどこに置こうか考え中です。お土産に、来館者がコーヒーミル体験で挽いたコーヒーの粉をいただいたので、こちらも消臭用に活用したいと思います。

    コーヒーの木

    ミュージアムショップでコーヒーの木が売られていたので迷わず購入し、大きくなるように育ててみたいと思っています。3歳の娘もコーヒーの世界を楽しむことができました。この企画展のおかげで、日頃飲んでいるコーヒーがいっそうおいしく飲めそうです。開催中にもう一度足を運びたいなと思いました。みなさんも親子でコーヒーの世界に浸ってみてはいかがですか?

    ■COFFEE&AROMA コーヒーと香り展
     2018年7月14日(土)~10月14日(日)

    ◎企画展関連イベント
    ○「コーヒー工場見学ツアー」
    10月4日(木)・5日(金)14:00~15:30
    【場所】 高砂珈琲(株) 磐田工場 ※博物館からバスで移動
    【定員】 10名(要予約)
    【参加費】 1000円(入館券付)
    【内容】 生のコーヒー豆が工場でどのように分別し、出荷されるかを見学
    ○「コーヒーでリラックス コーヒー豆のアロマサシェづくり」
    会期中毎日開催 10:00~12:00 、14:00~16:00
    【場所】 香りの博物館体験コーナー
    【定員】 各回先着10名
    【参加費】 300円
    【内容】 コーヒー豆を使ったナチュラルな香り袋作り

    文/ショコラ

    磐田市香りの博物館

    住所 磐田市立野2019-15
    電話 0538-36-8891
    開館時間 9:30~17:30(入館17:00まで)
    休館日 月曜日(祝日の場合は開館し、翌日休館)、年末年始 ※8月は休館日無
    料金 一般300円、学生(高校生以上)200円、小・中学生100円
    ※1階(体験コーナー、ミュージアムショップ)は入館無料
    子連れに便利な設備 多目的トイレ(おむつ替え台有)、エレベーター有、香りの公園に隣接
    駐車場 有(無料)
    アクセス方法 【電車】東海道本線「豊田町」駅下車北口より徒歩約5分
    【車】東名高速 浜松ICまたは磐田ICより約20分、磐田BP森岡ICより約5分
    URL http://www.iwata-kaori.jp

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    美術館・博物館・科学館
  • 熊本城

    2018年9月17日

    2016年4月の熊本地震で大きな被害を受けた熊本城。今はどうなっているのだろうかと、家族で訪れることにしました。

    戌亥櫓

    熊本城は豊臣秀吉の家臣・加藤清正が築城した城で400年以上の歴史があります。現在は城の中に入ることはできませんが、二の丸広場や加藤神社から天守閣や櫓(やぐら)などを眺めることができます。遠くから見てもいたる所で石垣が崩れていたり、建物が傾いたりしていることがわかります。地震の被害を目の当たりにしました。

    天守閣

    大天守と小天守は足場に囲まれてまるで要塞のよう。今年4月、大天守についた新しいしゃちほこを確認することができてうれしかったです。ただ、いいことばかりではなく、地震で傾いていた「元太鼓櫓(もとたいこやぐら)」は、今年6月の大雨により倒壊してしまったそうです。

    元太鼓櫓

    熊本城を見た後は、徒歩5分のところにある「桜の馬場 城彩苑」に行きました。ここには熊本県のグルメと特産品がそろっています。もちろん、くまモングッズを買いました! 「熊本城ミュージアムわくわく座」(有料)もあり、着物が好きな小学2年の娘は「なりきり体験」で町娘になりました。ここでは被災前の熊本城の映像を見ることもできます。

    石材置場

    城の復旧が全て完了するのは約20年後と聞きました。小学6年生の息子と「またここに来て、立派になった姿を見たいね」と話しました。熊本城の復興を願っています。

    文/こにゃんこ

    熊本城

    住所 熊本県熊本市中央区本丸1-1
    電話 096-352-5900(熊本城総合事務所)
    駐車場 有(有料・二の丸駐車場)
    URL https://kumamoto-guide.jp/kumamoto-castle/ (熊本城)
    http://www.sakuranobaba-johsaien.jp/ (桜の馬場 城彩苑)

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    観光・ちょっと遠出
  • こども館体験記「はじめてのゆびえのぐ」

    2018年9月16日

    浜松こども館 取材ママ体験記

    こども館では毎月ワークショップとして「はじめてシリーズ」が開催されています。今月のテーマは「はじめてのゆびえのぐ」です。わが家は普段クレヨンやクーピーでお絵描きを楽しんでいるため、絵の具を使ったことがありません。初体験にちょうどいい機会だと思い、2歳の娘を連れて参加してきました。

    ワークショップルームに入る前に「靴と靴下を脱いで、はだしで入って下さい」と案内がありました。最初にこの案内を聞いたときは「紙の上ですべって転ばないための配慮かな」と思っていたのですが、ワークショップが始まると、子どもにとってはだしで何かすることの楽しさ、大切さを身にしみて感じることになりました。各所に赤、青、黄色の3色絵の具が配布されお絵描きスタート! 

    えのぐでお絵かき

    絵の具はボウルに入っているので、好きなだけ自分ですくうことができます。指1本で少しずつすくっていく子、両手を突っ込んで手のひら全体に絵の具をつける子、お母さんと一緒に手を入れる子などさまざまです。娘はおそるおそるボウルに人差し指を入れ、初めて絵の具に触れると「べたべたする」と言って微妙な表情。それでも、絵の具を指でとっては紙へペタリとスタンプのようにして遊んでいました。

    絵具を触る

    そのうちまわりの子どもたちが手形や足形を始めると楽しそうに感じたのか、娘も手のひら全体に絵の具をつけだし、最後には自ら足の裏に絵の具をつけて楽しそうに足跡を作っていました。

    足の裏もぺたぺた

    部屋に入る前にはだしになったのは、手だけでなく足を含めて全身で絵の具を感じるためだったのだと納得。子どもにとっていい体験になったと思います。

    裸足で歩く

    今回ワークショップを担当されていた、こども館スタッフの新野さんは「『絵の具を触るのも嫌がっていた子が、帰る頃には手形ができるようになっていて成長を感じた』と、ワークショップの感想をいただいたこともあります。お絵描きというとキャラクターを描く子も多いのですが、今日はそのようなこともなく、みんなのびのびと描けていたと思います」と話してくれました。

    大きな絵

    実際、娘も最初は微妙な感じでしたがまわりの雰囲気に後押しされ、楽しい時間を過ごすことができました。今回描いた絵は、7階ドリンクコーナーへ続く階段へしばらく飾られるそうです。大きな紙へ体全体でのびのび描ける「はじめてシリーズ」。みなさんも一度参加されてみてはいかがでしょうか。

    文/むう

    こども館スタッフからひとこと

    こども館スタッフ

    「はじめてシリーズ」は五感で感じ、その思いを大事にしてもらおう! というイベントになっています。最初は見ているだけでもかまいません。普段家ではできない広々とした場所で、ぜひチャレンジしてみてください。

    浜松こども館

    この記事は浜松こども館からの依頼によって、ぴっぴの取材ママがレポートしたものです。

    こども館・児童館
  • 竜ヶ岩洞あゆ狩り園

    2018年9月13日

    竜ヶ岩洞の近くで「アユのつかみ取り」ができると知り15歳の長女、2歳の長男、0歳の次女を連れて家族で行ってきました。

    あゆ狩り園

    長男は水着に着替えパパと長女といけすの中へ。水深は長男のひざ下ぐらいなので、こわがらずに入水できました。はじめは、足のまわりを泳ぐアユにおどろいて声も出せずにいた長男でしたが、しばらくすると「おー、ちっち」と興奮しながらアユを追いかけ、捕まえようと必死になっていました。最初に捕まえたのは長女で、うまくアユを隅に追いやり手づかみで捕まえました。長男もがんばっていましたが、やはり難しいようで無料で貸してくれる網を使い、パパの力も借りてアユを取ることができました。

    アユがとれた!

    ちなみに、アユのつかみ取りの所要時間は30分以内です。

    バケツの中のアユ

    捕まえたアユは、初めに伝えてあった数のアユの塩焼きと交換してもらいます。実際は処理したり焼いたりするのに時間がかかるアユをすぐに食べられるので、子ども連れにもうれしい配慮です。いけすの近くには、あずま屋と座敷があり、私たちはあずま屋でアユを食べました。塩加減がちょうどよく、とてもおいしかったです。お店では焼きそばやみそ汁セットも販売していますが、小さい子も遊びに来るので持ち込みOKとのことです。

    アユの塩焼き

    あゆ狩り園の近くには、浅く流れもゆるやかな川があります。ビニールボートや浮き輪を持って楽しんでいる子たちもいたので、わが家も食後にひと遊び。サワガニや小魚、水草にはトンボが止まり、涼しく生き物観察を楽しむこともできましたよ。天候などにも気をつけながら、ケガや事故のないよう十分注意して遊んでください。

    川で水遊び

    「アユのつかみ取り」は、8月中は毎日営業ですが、9月からは土日祝日のみの営業だそうです。まだまだ暑い日が続きそうなので、家族みんなで涼みに行くのはいかがですか。座敷もあり、子連れでもゆっくり1日過ごせますよ。

    たくさんのアユ

    文/ゆるこ

    竜ヶ岩洞あゆ狩り園

    住所 浜松市北区引佐町田畑193
    電話 053-543-1155(受付時間:9:30~16:00 火曜日以外)
    ※竜ヶ岩洞食堂ふるさとが火曜日定休日のため
    営業期間 8月は毎日営業、9月~10月は土・日・祝日 ※10月末まで開園 
    料金 1人700円(アユ1匹込み)、アユ追加1匹500円
    3歳以下は無料(アユ無)
    子連れに便利な設備 オムツ替え台は無、座敷でオムツ替え可能
    駐車場 有(無料)
    URL https://ryugashido-furusato.jimdo.com/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    近場でレジャー(市内・近郊)
  • 浜松市博物館で「オリジナルまが玉づくり」

    2018年9月12日

    浜松市博物館ではさまざまな体験講座、イベントが随時行われています。夏休み期間中の「夏休み体験館」では「オリジナルまが玉づくり」が毎日開催されていました。わが子たちは、「まが玉」を知りませんでしたが、私が「昔の人のアクセサリーを作ろうよ」と誘ったところ、小1の娘は快諾、小3の息子もまあ、やってみようという感じで参加となりました。

    体験受付

    受付後、キットを選びます。使われている石は滑石という天然の石でそれぞれ色や模様が少しずつ違うため、「よく見て選んでね」と職員の方から説明を受けました。次にバケツにはった水で大きなサンドペーパー と石をぬらしながら、削って形を整えていきます。子どもたちは予想以上に集中して作業していました。滑石はやわらかい石で削りやすかったようです。

    まが玉を削ります

    形が整ったら、小さなサンドペーパーで磨いて仕上げます。ざらざらしていたものが、つるつるになっていき、子どもたちはうれしそうでした。最後の仕上げで職員さんに色を付けてもらい、ヒモに通して完成です。最初、たいして乗り気ではなかった息子も「磨くの、楽しい!」と言っていました。

    コツは黒板を見て

    黒板に書いてあった、「考えてほしいこと、どんな願いを込めて作っていたのかな?」という問いに対して娘は「傷が治るようにって作っていたのではないか?」と言っていました。もしかしたら、そうなのかもしれません。「まが玉 」づくりを通して昔のくらしに親子で少し思いをはせることができました。

    色も選べます

    長期休みやGWなどに開催される博物館の親子イベントは、ぴっぴのイベントカレンダーでも掲載しています。ぜひチェックしてお出かけしてみてください。

    ■夏休み体験館
    【期間】 2018年7月23日(月)~8月26日(日)

    ◎オリジナルまが玉づくり
    【期間】 夏休み体験館中毎日開催
    【受付時間】 9:30~15:30
    【費用】 200円

    文/ジュン

    浜松市博物館

    住所 浜松市中区蜆塚4-22-1
    電話 053-456-2208
    開館時間 9:00~17:00 
    休館日 月曜日(休日の場合は開館)・祝日の翌日、年末年始(12月29日~1月3日)
    臨時休館日もあるため詳しくはHPで確認。夏休み体験館期間中は無休
    料金 常設展:大人300円、高校生150円、中学生以下無料
    子連れに便利な設備 授乳室有、オムツ替え台有
    駐車場 有(無料)
    URL https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/hamahaku/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    美術館・博物館・科学館
  • 駿河湾フェリー

    2018年9月7日

    2歳と0歳の息子を連れての伊豆旅行に、清水港から駿河湾フェリーを利用しました。

    息子は清水港に車を乗り入れたときからテンションが上がっていました。乗り場スタッフの指示に従い車を止め、チケット売り場で乗船券を購入。事前にネット予約をしていたので手続きはスムースでした。あとは涼しいマリンターミナル内で待つだけ。1Fのマリンギャラリーでは駿河湾の深海についての展示が楽しめます。2Fのデッキからは海が一望でき、船の入出港を眺めることもできますよ。

    特別室客席

    一般の船室は自由席なので、いい席をゲットするにはスピードが大切。ごろりと横になれるスペースもありますが、赤ちゃん連れにオススメなのは「オーシャンルーム」です。大人500円の追加チケットを船内の自動販売機で購入すると、階段を上がって特別室に入ることができます。特別室はゆったりとリラックスできる上に眺めもよく、コーヒー1杯とオリジナルクッキーもついています。船内にはたこ焼き屋台と売店がありますが、子連れには事前にお弁当・飲み物を用意しておいたほうが安心です。前日までに予約すれば清水港ターミナルで「船弁」も購入できます。

    海を臨む

    船内では、子ども船長服を着て写真を撮ることもできます。興味のある方はスタッフにお願いしてくださいね。

    デッキより

    私たちが乗った日は小雨で海は大荒れ。残念ながらデッキからよく見えるはずの富士山も見えませんでした。船が苦手な人はぐったりするほどの揺れですが、子どもにはそれすらも楽しかったようです。子どもは乗り物が大好き! でも、船に乗る機会って案外少ないですよね。伊豆への行き帰りなどには、駿河湾フェリーを利用してみてはいかがでしょうか。

    文/マナ

    駿河湾フェリー

    住所 静岡市清水区日の出町10-80
    電話  054-353-2221(受付時間9:00~17:00)
    子連れに便利な設備 オムツ替えシート(1F客室トイレ内)、授乳用ミルクのお湯有
    URL http://www.dream-ferry.co.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    近場でレジャー(市内・近郊)
  • 「ヤマコウ加藤醤油」工房見学

    2018年9月2日

    小学2年生の息子を連れて「ヤマコウ加藤醤油」の工房見学へ行ってきました。この工房ではこだわりの醤油やみそを製造販売しています。

    醤油のたる

    建物は、木と土かべでできた昔なつかしいたたずまいです。中へ入ると「わぁ、みそのにおいがする!」と、早くも息子がするどいコメントをしました。

    工房内

    はじめに、醤油が何から作られているか話を聞きました。容器に入った大豆・小麦・塩を見せてもらうと、意外にも塩が多く、昔から作られてきた保存食であると感じました。ここではすべて安心な国産素材を使い作っているそうです。

    醤油の材料

    工房見学では大豆を蒸す機械や大人の背たけよりも大きなおけなど、見るものひとつひとつに驚きました。「こうじむろ」では、ちょうどみそ用の米こうじを作っているところでした。お米がカビの力で発酵して甘くなるということを、試食して実感しました。

    こうじむろ

    家に帰り息子にどんな発見があったか聞いたところ、「木の家においしいカビが生えるなんて不思議」「1年間もはっこうさせて作っているとは思わなかった」「はっこう中のお米は、めっちゃ甘いんだね」とたくさんのことを学んだようでした。

    工房内2

    ヤマコウ加藤醤油では工房見学のほか、みそづくり体験などを開催しています。詳しいことはHPで確認して、ぜひ親子で参加してみてください。

    文/お茶子

    ヤマコウ加藤醤油

    住所 浜松市中区寺島町1125
    電話  053-452-5609
    駐車場
    URL http://www.katou-shouyu.co.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    近場でレジャー(市内・近郊)
  • こども館体験記「まちなか探検ツアー」

    2018年8月30日

    浜松こども館 取材ママ体験記

    こども館では、幼稚園や学校が長期休みのときにさまざまなイベントを行っています。その中のひとつ、「まちなか探検ツアー」に小1の娘、小3の息子と一緒に参加してきました。

    ツアースタート

    今回は中区肴町周辺の探検ツアーです。最初に担当の方から「小学生参加のツアーのため、保護者の参加は自由です。」と案内がありましたが、席を外す保護者はいません。私ももちろん参加。親にとっても興味深いツアーです。

    肴町

    最初に訪れたのは、琴や三味線など和楽器の修理をおもに行っている吉田屋琴三味線店。

    三味線

    店主から楽器の説明を聞き、三味線に使われているというネコの皮、イヌの皮に触れました。子どもたちは「動物の皮なのに、紙みたいだ」と驚いていました。また、実際に琴の演奏を聞いたり、琴を弾くときにはめる爪、琴爪をはめて演奏体験をしたりしました。

    琴

    詳しく説明を聞いた後だったので、子どもたちはわれ先に、という感じで体験していました。「静岡県内にはこうした和楽器の店が6件、浜松市内には3件あるが、後継者不足が深刻で、これからもっと数が減っていくだろう」という店主のお話が私は印象に残りました。

    次は伊東商店(乾物屋)へ。店内は鰹節のいい香りが漂っています。

    乾物店

    肴町に詳しい店主からは「昔、この近辺には港で水揚げされた魚を売る許可を受けた店が何件かあり、肴町という名前が付いた」「乾物屋も今よりもたくさんあり、年の瀬はデパートで買い物をして、肴町でお正月用品を買うお客さんがたくさんいた」という話が聞けました。ここでは鰹節の作り方の説明を聞き、鰹節削り体験ができました。

    かつおぶし

    削りたての鰹節は香りも味もよく、試食は子どもたちに大好評! わが子は「売っている鰹節はここのお店で削ったものですか?」と質問していました。普段使う鰹節は小分けにパックされたものなので、大きな鰹節を削ってできていることにびっくりしたようでした。

    普段の買い物では聞けないような話をお店の方から聞いたり、体験したりした「まちなか探検ツアー」は親子で楽しく参加できるツアーでした。

    文/ジュン

    こども館スタッフからひとこと

    担当スタッフ

    街中の活性化の一環として、肴町のお店を知ってもらおうと企画しました。こども館に来た際には、肴町にも足を運んでみてはいかがでしょうか?

    浜松こども館

    この記事は浜松こども館からの依頼によって、ぴっぴの取材ママがレポートしたものです。

    こども館・児童館
  • 下田海中水族館

    2018年8月28日

    海の生き物との距離が近いと聞き、ずっと行ってみたかった「下田海中水族館」。お盆休みに小学生の娘たちを連れ、家族で行ってきました。9時半頃の到着でしたが、空いていたのは一番離れた第3駐車場。それでも入口まではほど近く、事前購入していたWEBチケットを受付で提示してスムーズに入場できました。

    まずは放送で案内のあったカマイルカとアシカのショーを見にマリンスタジアムへ。

    アシカショー

    寝転んで腹筋したり、ジャンプしながらの回転を見せてくれたり、かなりアクティブに動くアシカたち。トレーナーさんと息の合った水中ダンスは感動ものです。愛嬌ある姿としなやかな動きを見て、一気にアシカのファンになってしまいました。

    水中ダンス

    イルカのショーでは、2頭のスピード感あふれる演技に加え、水中で会話するために出す超音波をマイクで聞かせてくれました。ほかの水族館とひと味違うショーの内容に、子どもたちはすっかり釘づけです。

    イルカショー

    アナウンスでは海の生き物の生態や魅力について話があり、「きれいな海を守ろう」というメッセージが伝えられました。天然の入り江を利用した、この水族館ならではの視点だと感じました。

    魚やクラゲの展示を見学していると、屋外の入り江を使ったダイナミックな海上ステージショーの時間に。このショーにはアメージングシートという席があり、観客の真上をイルカがジャンプします! 今回はすでに満席でしたが、「次はあの席に座ってみたいねー。でも、多分びっしょびしょだね」と、子どもたちと笑いました。

    アメージングシート

    移動時にはちょうどコツメカワウソのエサやりタイムに遭遇!  かわいいカワウソの姿に即エサを購入しました。丸い穴から必死にプニプニとした手を出す姿は、のんびりしたカワウソのイメージと違って驚きましたが、なんともいえないしぐさに癒やされました。

    カワウソのエサやり

    このほかにもショーや触れ合いタイムがたくさんあるので、HPに記載されているスケジュールを事前にチェックしておくと動きやすいです。入り江でのイルカとの触れ合いプログラムも豊富で、いろいろな楽しみ方ができる水族館です。海とそこで生活する生き物を近くに感じ、子どもたちにとっても夏休みのよい体験となりました。

    文/makiko

    下田海中水族館

    住所 下田市3-22-31
    電話 0558-22-3567
    営業時間 平日9:00~16:30、土日祝9:00~17:00 そのほか季節により変動有
    定休日 無休(2018年12月11~14日は、館内整備のため休館)
    料金 大人2,000円、子ども(4歳~小学生まで)1,000円 ※Web割引ページ提示で、大人200円、子ども100円の割引有
    子連れに便利な設備 ベビーカー貸出(2台)、コインロッカー有
    駐車場 有(無料・200台)
    URL https://shimoda-aquarium.com/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    観光・ちょっと遠出
  • 大井川鐵道トーマス号

    2018年8月26日

    家族で大井川鐵道トーマス号に乗ってきました。とても暑い日でしたが、始発駅の新金谷駅は乗客でにぎわっていて、駅の横のプラザロコにはトーマス号の乗車を心待ちにしている家族連れがたくさん。ここは子連れのお客さんが多いこともあり、オムツ替えスペースや販売しているお弁当のアレルギー表記がしっかり書かれているなど、サービスが充実していました。

    ついにトーマス号の登場。おなじみのトーマスの顔と青いボディですが中身は本物の機関車。黒い煙や轟音を出しながら走る姿は迫力満点です。

    トーマス号

    車内にはエアコンは付いておらず、とても蒸し暑いので水分補給と暑さ対策は必須。私たちは大量の麦茶とうちわ、保冷剤で暑さをしのぎました。また車内は狭いので荷物をコンパクトにまとめておくと快適に過ごせます。

    車内の様子

    動き出すと窓からは大井川の風景とともに涼しい風が。車窓をのぞくと沿線の人たちが手を振ってくれ、こちら側からも手を振り返し大井川鐵道沿線に不思議な一体感が生まれていました。トーマス号の魔力、おそるべしです(笑)。そんな中、2歳の娘はプラザロコで買ったトーマス弁当をパクパク。風景とお弁当を満喫し、トーマス列車の旅を楽しんでいました。

    約1時間半で終点の千頭駅に到着。千頭駅ではトーマスのなかまパーシーとヒロたちが出迎えてくれます。

    パーシーとヒロ

    千頭駅から先は日本で唯一急勾配を登るための機構を備えたアプト式列車が運行されていて絶景が楽しめるそうです。子どもが小さいため、今回はここで引き返しました。ここから先は今後の楽しみに取っておこうと思います。

    ■機関車トーマス号乗車
    【場所】 大井川鐵道新金谷駅、千頭駅
    【問い合わせ先】 大井川鐵道 0547-45-4112(9:00~17:00)
    【開催日時 】 2018年運行日は 6月9日(土)~10月14日(日) の期間のうち72日間(詳細はHPで確認)
    【料金】 トーマス・ジェームス号(新金谷駅~千頭駅)片道 大人3,000円、小人(小学生)1,500円(乗車記念グッズつき)
    【子連れに便利な設備】 多目的トイレ・授乳室・オムツ替え台(プラザロコ内)有
    【駐車場】 有 800円(SLの乗客優先)
    【アクセス方法】
    車:新東名高速道路「島田金谷IC」より約7分。東名高速道路「相良牧之原IC」より約15分。国道1号線「大代IC」より約5分)
    交通公共機関:JR東海道本線「金谷駅」にて大井川鐵道に乗り換え、大井川鐵道「新金谷駅」下車)
    【URL】 http://oigawa-railway.co.jp/

    文/よこた

    近場でレジャー(市内・近郊)
  • 南図書館 図書館のなぞをとこう

    2018年8月23日

    普段何気なく利用している図書館。そんな図書館の秘密を探るイベント「図書館のなぞをとこう」が夏休み期間中、南図書館で開催されています。1日1枚図書館に関するクイズに挑戦し、全部で5枚クリアすると図書館博士認定証とプレゼントがもらえます。未就学児は保護者と一緒に参加できるので、子どもたち(5歳、2歳)を連れてさっそく挑戦してきました。

    なぞをとこう

    最初に貸出カウンターでクイズ用紙をもらいます。1枚目は3択問題が3問。答えのヒントは図書館に掲示されています。長女はひらがなを一生懸命読みながら、ヒントと問題用紙を見比べて考えていました。

    解答後カウンターに提出し採点してもらうと、1枚目は見事に全問正解!  大きなはなまるとスタンプをもらい、子どもたちもうれしそう。

    認定証

    図書館博士

    知れば知るほど魅力的になっていく図書館。

    図書館案内

    今後も積極的に利用していきたいと思いました。

    ■図書館のなぞをとこう
    【期間】 7月21日(土)~8月31日(金)
    【会場】 南図書館
    【対象】 小学生以下(就学前の子は保護者と一緒に参加可能)

    文/むう

    南図書館

    住所 浜松市中区海老塚二丁目25-17
    電話 053-452-1655
    開館時間 火~木・土・日・祝日 9:00~18:00、金曜日(祝日を除く) 9:00~19:00
    休館日 月曜日(休日を除く)、年末年始(12月29日~1月3日)、館内整理日(毎月第4木曜日)、蔵書点検期間

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    図書館
  • 道の駅「くんま水車の里」で川遊びはいかが?

    2018年8月22日

    小学2年生の息子を連れて、涼を求め「くんま水車の里」へ行ってきました。

    ようこそくんまへ

    自宅から車で1時間ほど走ると、少しだけ気温が下がり、ミンミンゼミやヒグラシの鳴き声が聞こえてきました。

    水車小屋

    着いたらまずは腹ごしらえです。「かあさんの店」で手打ちソバと天ぷらを注文しました。息子はカレーライスを注文したのですが、私のソバにまで手を出してお腹いっぱい食べていました。

    そばの定食

    この日の目的は、阿多古川のせせらぎで川遊びです。川遊びといっても、子どものひざ下くらいの深さなので小さな子も安心して遊ばせることができますよ。

    水遊び

    息子は川へ入るなり「うわぁ! 冷たい!」と声をあげました。サワガニを見つけると、川の石をひっくり返して水をバシャバシャさせて大はしゃぎしていました。

    川遊びのあとは、炭火で焼いた五平餅に舌つづみを打っていました。

    五平餅

    ひとときの涼しさにいやされた1日でした。道の駅「くんま水車の里」では、そば打ち体験や五平餅づくり、こんにゃくづくり体験などもできます。日帰りドライブにおすすめのスポットなので、ぜひ家族で遊びに行ってみてください。

    文/お茶子

    道の駅「くんま水車の里」

    住所 浜松市天竜区熊1976-1
    電話 053-929-0636
    営業時間 夏季9:00~16:30(4月~9月)
    冬季9:00~16:00(10月~3月)
    定休日 毎週木曜日(祝日の場合は営業、翌日休業)、年末年始(12/28~1/3)
    URL http://www.kunma.jp/suisha/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    近場でレジャー(市内・近郊)
  • 南図書館 夏のこわいおはなし会

    2018年8月19日

    毎月各図書館で開催されている「おはなし会」。今回は季節にちなんで「夏のこわいおはなし会」が開催されると聞き、4歳、2歳の子どもたちと南図書館へ行ってきました。

    夏休みということもあり、おはなしの部屋は赤ちゃんから小学生まで子どもたちでいっぱい! テーマに合わせて照明を落とし、いつもと違った雰囲気で始まりました。

    絵本読み聞かせ

    読んでもらった絵本は「にゅーっするするする」「ゆうれいのたまご」「のっぺらぼう」「めっきらもっきらどおんどおん」の4冊で、どれもおばけが登場するおはなしです。特に「のっぺらぼう」は最近わが家で読んだこともあってか、長女は「こわいやつだー」と言って次女とくっついてドキドキしながら聞いていました。

    おはなしの後は工作タイム。

    うちわ説明

    長女は「化けネコ」、次女は「おばけ」のうちわを作りました。顔のパーツをのりで貼り、ペンで装飾して完成!

    うちわづくり2

    うちわづくり

    かわいいうちわで子どもたちも満足したようです。まだまだ暑い夏が続きますが、「おばけうちわ」と「こわいおはなし」で涼しく夜を過ごすのも悪くないな、と思いました。  

    ■夏のこわいおはなし会
    【日程】 2018年8月10日(金)
    【時間】 10:00~11:00
    【対象】 小学生以下 

    文/むう

    南図書館

    住所 浜松市中区海老塚二丁目25-17
    電話 053-452-1655
    開館時間 火~木・土・日・祝日 9:00~18:00、金曜日(祝日を除く) 9:00~19:00
    休館日 月曜日(休日を除く)、年末年始(12月29日~1月3日)、館内整理日(毎月第4木曜日)、蔵書点検期間

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    図書館
  • 桔梗信玄餅工場テーマパーク

    2018年8月13日

    夏休みを利用し、山梨県にある桔梗屋の桔梗信玄餅工場テーマパークに行ってきました。以前TV番組でここの工場見学を見たことがあり、5歳の息子以上にパパや私が楽しみにしていました。

    工場見学

    工場に着いたのは昼過ぎで、近くの臨時駐車場に車を止めました。駐車場は他県ナンバーばかりで、観光バスも入っており、人気の高さがうかがえます。

    工場内は見学時間内は自由に見てまわることができます。順路に沿って進むと、ガラス越しに工場の様子が見渡せる場所に出ました。何台も機械が並ぶ中、白衣姿の大勢のスタッフが作業をしています。

    工場ライン

    息子は「すごいねぇ。たくさん作っているねぇ」としきりに感心していました。途中には、フォトスポットや試食コーナーもありました。

    フォトスポット

    試食

    一通り見学を終えると、お楽しみのスイーツタイム。桔梗信玄餅と桔梗信玄棒がトッピングされた「桔梗信玄餅ソフト+」は大人気商品です。

    信玄餅

    併設の売店でお土産も購入でき、家族で大満足! 子どもも大人も楽しめる「桔梗信玄餅」の工場見学、おすすめですよ。

    文/みきこ

    桔梗屋 桔梗信玄餅工場テーマパーク

    住所 山梨県笛吹市一宮町坪井1928
    電話 0553-47-3700(受付時間8:00~17:00)
    見学時間 9:00~16:00(11:40~12:20は桔梗信玄餅の製造ラインが止まります)
    定休日 無(年末は工場稼働時間の変動有)
    料金 無料(個人見学の場合予約不要)
    子連れに便利な設備 多目的トイレ有
    駐車場 有(無料)
    URL http://www.kikyouya.co.jp/index.html

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    観光・ちょっと遠出
  • 駒門風穴(こまかどかざあな)

    2018年8月11日

    夏休みのある日、家族で御殿場市の「駒門風穴(こまかどかざあな)」に行ってきました。ここの「風穴」は、富士山の噴火の際にできた溶岩の洞穴です。富士山の周りにはいくつもの風穴が点在するのですが、駒門風穴は静岡県内にある風穴の中で1番大きく、天然記念物に指定されています。

    入口

    近くの無料駐車場に車をとめると、周辺は住宅地。どこに風穴があるのかな? と思いつつ案内看板に従って歩くと、受付が見えてきました。

    看板

    5歳の息子は洞くつ探検の気分でウキウキ! 風穴に向かって階段を1段1段下りると、少しずつひんやり涼しくなっていきました。風穴の中は1年を通じて13度程度。夏も冬も気温が変わらないので、暑い夏にはおすすめのクールスポットです。

    入洞

    風穴の中は、ライトがあるものの暗くひんやりとしています。足元は水たまりがあったり、岩があったりして歩きにくいので、運動靴や長靴がおすすめ。赤ちゃんのいるお母さんは、手が自由になるよう抱っこ紐やおんぶ紐を持参しましょう。時折上からしたたり落ちる水滴が頭をぬらしたり、狭い場所では身をかがめて進んだり、息子も私も存分に探検気分を味わいました。

    洞窟内

    建物

    風穴から出ると、まだまだ暑い現実の世界(笑)。みなさんも自然の神秘とひとときの涼を求めて、風穴探検はいかがですか?

    文/みきこ

    駒門風穴

    住所 御殿場市駒門69番地
    電話 0550-87-3965
    営業時間 9:00~17:00 9:00~16:00(12月~2月)
    休日 12月毎週月曜日と31日、1月16日以降毎週月曜日、2月毎週月曜日
    料金 大人300円・高中学生200円・小学生100円・幼児(未就学児)無料(団体割引有、25名以上)
    駐車場 有・乗用車20台無料
    URL http://gotemba.jp/archives/1359

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    観光・ちょっと遠出
  • ☆2018夏☆浜名湖で体験!【4】お楽しみいっぱいの舘山寺めぐり編

    2018年8月8日

    夏休みスペシャル2015

    「浜名湖で子どもと楽しめるところ」と言えば、舘山寺周辺を思い浮かべる人も多いでしょう。ほどよい広さの中に湖も山も温泉もあり、気軽に旅行気分が味わえるのが魅力の舘山寺。バラエティに富んだ遊びの施設や観光スポットがあるから、組み合わせ次第でアクティブ派ものんびり派も満足できちゃうお楽しみプランが立てられます。

    風を感じる乗り物とほっこり温泉でプチ旅行体験!

    舘山寺風景

    ●浜名湖遊覧船

    舘山寺におでかけすると、たびたび見かける遊覧船。「どこから乗るの?いつ乗れるの?」と気になったことはありませんか? 実は予約なしでOKの便がほとんどで、意外と気軽に乗れちゃうんです。夏休みは季節感いっぱいの企画便も運航! 湖上からこの時期ならではの浜名湖の風景が楽しめます。風を切って走る爽快感は、夏の疲れも吹き飛ばしてくれますよ。

    湖上を進む

    【発着場所】
    舘山寺港:浜松市西区舘山寺町2226-1 (Pなし)
    フラワーパーク港:浜松市西区舘山寺町3315 (Pあり・200円)
    瀬戸港:浜松市浜松市北区三ヶ日町大崎1899-5 (Pあり・無料)

    ◎定期便・30分周遊コース
    舘山寺港・フラワーパーク港から寸座方面にぐるっと周遊。東名高速道路の橋の下をくぐるコースで、普段見られない浜名湖の風景が楽しめます。
    【料金】大人1,000円 、子ども500円

    ◎定期便・70分周遊コース
    舘山寺港・フラワーパーク港と瀬戸港を片道30分で往復。雄大な自然をのんびり楽しむコースです。瀬戸港の近くには浜名湖唯一の自然の島「つぶて島」があります。
    【料金】大人1,500円 、子ども750円

    ◎サンセット鑑賞クルーズ (予約不要)
    遠い山に沈む夕日眺めながら、赤く染まる浜名湖を進みます。夕方からのおでかけ計画は、夏休みだからこその特別な時間が過ごせます。
    【期間】2018年 8月 1日(水)~8月31日(金) *9月も時間を変えて実施予定
    【時間】かんざんじ港 18:00発、フラワーパーク港 18:05発
    【料金】大人1,000円 、子ども500円

    ◎夏休み花火クルーズ (予約制 110名)
    花火の打ち上げに合わせた日程と時間帯の特別運行。約30分の湖上遊覧と船上での花火鑑賞が楽しめます。
    【日程】2018年8月10日(金)~19日(日)、24日(金)~26日(日)
    【時間】かんざんじ港19:30発、フラワーパーク港19:35発
    【料金】大人1,500円 、子ども800円

    【問い合わせ】053-487-0228
    【URL】http://www.hamanako-yuransen.com/

    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    奥浜名湖号

    子どもと一緒なら「フラワーパーク港」出発がおすすめ!

    浜名湖遊覧船は3つの港があるので、それぞれコースや時間をホームページで確認してからスケジュールを立てましょう。公式サイトのWEB割引券を利用すれは、乗船料が10%OFFに!

    動物園の目の前にある「フラワーパーク港」は場所もわかりやすく、遊園地の観覧車やロープウェイを眺めながらのスタートに子どもたちもテンションが上がります。駐車場完備(有料200円)だから、移動もらくらく!

    ●かんざんじロープウェイ

    直虎ゴンドラ

    日本で唯一、湖上を渡るロープウェイです。昨年から井伊直虎をイメージしたラッピングゴンドラも運行中!行き先の大草山山頂には浜名湖オルゴールミユージアムがあります。セットでプランを立てれば、実演会観賞やオルゴールづくりなども体験できます。
    【乗り場】浜名湖パルパル向い側
    【営業時間】 9:00 から10分間隔で運行(最終かんざんじ駅発 18:40 / 大草山発 19:00) *8月31日(金)のみ かんざんじ駅発 17:10 / 大草山発 17:30
    【料金】 大人 (中学生以上) 往復820円、子ども (3才~小学生) 往復410円 *ほか周辺施設とのセット料金あり
    【運休日】 なし(天候不良等によりダイヤが変更になる場合あり)
    【駐車場】 1台 800円
    【問い合わせ】 053-487-2121
    【URL】 https://www.kanzanji-ropeway.jp/

    ●水神の松(すいじんのもり)公園の足湯

    足湯

    ホテル九重の北隣にある舘山寺温泉の源泉からひいた足湯です。無料で利用することができるので、日差しが落ち着いたころ足の疲れを癒しに寄るのもいいかも。
    【場所】 浜松市西区舘山寺町(ホテル九重の北側にある遊歩道沿い)
    【利用時間】 6:30~19:30(季節によって変動あり)

    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    ●華咲の湯

     華咲の湯
     

    26か所のお風呂に親子プレイルームやレストランも併設した、設備充実の日帰り温泉施設です。バスタオル、フェイスタオル、浴衣が入浴料にセットされているから、急に思い立っても大丈夫! 子連れでも手ぶらで行けるのがうれしいですね。
    【住所】 浜松市西区舘山寺町1891
    【営業時間】 10:00~23:00(最終入場22:00)
    【問い合わせ】 053-487-0001

    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート 

    まだまだあるよ! 舘山寺のお楽しみ体験

    ●浜松市動物園 NIGHT ZOO(ナイトズー)

    ナイトズー

    浜松市動物園が夏休み期間の土曜日に実施する、夜間特別開園。NIGHT ZOO限定のイベントもあります。日中のんびりとしていた動物たちの意外な夜の姿が見られるかも?ワクワク体験、間違いなしです!
    【開催日】2018年8月4日(土)、11日(土)、18日(土)、25日(土)
    【時間】 20:30まで開園(入園は20:00まで)
    【料金】大人(高校生以上)410円、中学生以下無料
    【問い合わせ】053-487-1122
     
    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    ●Ruber(ルーベラ)の体験工房

    ルーベラ体験

    ブレスレットやネックレス、ガラスのミニチュアでドーム作りなどさまざまな体験をすることができる雑貨屋さん「Ruber(ルーベラ)」。手作りしたものは、夏の思い出としても残りますね。
    【住所】 浜松市西区館山寺町1891
    【営業時間】 9:30~18:00(体験最終受付は、営業終了1~2時間前まで。詳しくはHP参照)
    【問い合わせ】 053-487-0030

    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート 

    ●うなぎのお店「ホテル九重 割烹曳馬野」

    曳馬野

    浜名湖に来たらやっぱり「うなぎ」を食べなくちゃ! 窓からの景色を楽しみながら、家族でちょっと豪華なランチはいかがですか? 浜名湖産うなぎ専門店だから、お客様を案内するのにもぴったりです。
    【住所】 浜松市西区舘山寺町2178
    【営業時間】 11:30~14:00(ラストオーダー13:30)
    【問い合わせ】 053-487-1112

    以前の様子はこちら⇒パパ特派員レポート 

    夏休み特集「浜名湖で体験!」は最終回ですが、「子連れでおでかけ」ブログや「イベントカレンダー」では、夏に楽しめるスポットをまだまだ更新していきます。お楽しみに♪

    夏休み情報
  • こども館体験記「夏の特別プログラム 夏とく! ぐるつみフェス」

    2018年8月8日

    浜松こども館 取材ママ体験記

    毎回工夫をこらした企画で楽しませてくれる長期休暇中の特別プログラムが8月1日からスタートすると聞き、さっそく訪れました。今年は外で遊ぶのは危険といわれるほどの猛暑のためか、涼しく快適なこども館はとてもにぎわっています。

    今年の夏の特別プログラムは、「夏とく! ぐるつみフェス」。この日は「つみつみ~白カップワールド~」で、その名のとおり紙コップを思い思いに積み重ねていくというもの。会場をのぞくと、すでに大勢の人が参加していました。ホールの中央にたくさんの紙コップが用意されており、使う分だけ手元に持っていって遊びます。

    ぐるつみ1

    以前の特別プログラムで紙コップ積みの経験がある長男は、迷うことなく紙コップを並べていきます。そしてあっという間に山の形に紙コップを積み上げました。前回はなかなか高くできずにいたのを思い出し、成長を感じました。一方次男はうまく紙コップを並べられないため、逆さまにしてそのまま重ねていく遊びをしていました。

    ぐるつみ2

    ぐるつみ3

    まわりを見てみると、一人で黙々と高く塔のように積み上げている人や、親子・友だちと協力して大きなお城のように積み上げている人など、いろいろな楽しみ方をしていました。

    ぐるつみ4

    ぐるつみ5

    8月1日~4日、9日~14日が「つみつみ~白カップワールド~」、8月5日~8日は、ヨーグルトのカップや箱などの廃材を使った「つみつみ~いろいろつんじゃおう~」、15日~17日は大人も子どもも三輪車をこいで遊ぼう、という「ぐるぐる~みんなで三輪車~」と3種類の日程に分かれています。何度訪れても楽しそうだなと思いました。

    ぐるつみ6

    特別プログラムの会場は出入り自由。途中でほかの遊びをしたくなった子どもたちと館内をまわっていると、大きなプロジェクターを見つけました。8月1日~26日の期間限定イベント「おえかきトレインであそぼう」です。

    おえかき1

    長男が「やりたい!」と言うので、参加することに。受付で参加費の100円を支払い、専用の紙をもらいます。この紙に好きな乗り物の絵を描きスキャンすると、自分が描いた乗り物が3Dになってプロジェクターの中で動き出します。

    おえかき2

    長男は浜松市内を走るおなじみの「赤電」を一生懸命描いていました。自分の描いた絵が映し出され動き出すと、大興奮!  平面の絵が立体になることに驚きつつ、画面の中をグルグルと動く乗り物をずっと眺めていたい気持ちでした。

    おえかき3

    夏休みのこども館は大人も子どもも楽しめるイベントが満載です。ぜひ夏の思い出を作りに訪れてみてはいかがでしょうか。

    ■夏の特別プログラム「夏とく! ぐるつみフェス」 
    催しの詳細はこちら

    文/hoseco

    浜松こども館

    この記事は浜松こども館からの依頼によって、ぴっぴの取材ママがレポートしたものです。

    こども館・児童館
  • 第6回親子で学ぶ心肺蘇生

    2018年8月7日

    Let's Save A Child in Yamanashi Project は「山梨県における学校での突然死ゼロ」を目指し、心肺蘇生方法を普及させるため市民講座を開催している医師・看護師を中心とした専門医療スタッフで組織された団体です。パパの職場の方から講座の誘いを受け、8歳、6歳、4歳の3人の子どもたちと参加してきました。

    講座ポスター
     
    最初に「心肺蘇生について」の講義を聞きました。わが子たちが退屈しないか心配でしたが、かわいいイヌのキャラクターのアニメを使ったクイズ形式の講義で、楽しく見ることができました。末っ子はアニメに出てきた「119番とAEDをお願いしまーす!」というセリフを気に入ったらしく、今でも時々まねしています。

    講座スタート

    その後、卓上で心肺蘇生トレーニングツールを使い、胸骨圧迫、AEDの使い方をシミュレーションしました。心臓モデルは正しく圧迫すると「キュッ」と音が鳴るのですが、わが子のうち音を出すことができたのは8歳の長男だけで、コツと力がいることが分かりました。

    卓上トレーニング

    おねがい

    休憩後に人体モデルを使っての実習がありました。試してみたくて仕方がなかった子どもたちは、配置につくと、説明を聞く前に服を脱がして胸骨圧迫をしようとしていました。

    人体モデル

    日本では突然死の現場に居合わせた人による心肺蘇生実施率は48.3%だそうです。講座資料よると、AEDによる心肺蘇生は急に倒れたり窒息を起こしたりした人に対し、その場に居合わせた人が救急隊や医師に引き継ぐまでに行う方法で、専門的な医療器具や薬剤を使う必要がないため、誰でも行うことができます。

    グッズ

    胸骨圧迫で助かる人は2倍に、AEDにより助かる人は4倍になるそうです。私は講座を受ける前は、たとえ目の前で人が倒れても何もできなかったと思います。でも、講座を受けたことで人の役に立つことができるかもしれない、という気持ちになりました。親子で受講することができたので、街でAEDを見つけたら、話題にすることができそうです。
     
    ■第6回親子で学ぶ心肺蘇生講座
    【日程】 2018年7月22日(日)
    【時間】 10:00~12:30(受付開始9:30)
    【集合場所】 山梨大学医学部 玉穂・医学部キャンパス 臨床講義棟・大講堂(1階)
    【入場料】 無料 *看護師による保育所開設有
    【主催】 Let's Save A Child in Yamanashi Project
    【共催】 国立病院機構 甲府病院
    【協賛】 公益財団法人 宮田心臓病研究振興基金、山梨大学医学部小児科 循環器グループ
    【後援】 山梨大学医学部小児科学講座、山梨県小児科医会
    【URL】 https://www.facebook.com/saveachild.yamanashi/

    文/ジュン

    イベント(夏)
  • 大観覧車フジスカイビュー

    2018年8月4日

    東名高速道路富士川SAにある、大観覧車フジスカイビューに乗ってきました。5歳の息子は観覧車が大好きです。ここには、珍しいシースルーゴンドラがあると聞いていたので、それを楽しみにしていました。

    観覧車全景

    チケット

    乗車前に特大パネルの前で記念撮影があり、希望者は乗車後に購入できます。撮影後、いよいよゴンドラに乗車です。

    ゴンドラは全面透明アクリル張りなので、暑いかな? と心配しましたが、ちゃんと冷房が効いていて、とても快適でした。

    てっぺん

    お目当ての富士山はあいにく雲の中でしたが、高い場所から見える景色はサイコー! 足元もアクリル張りなので、真下の景色も楽しめました。

    シースルー

    1周12分の空の旅が終わると、乗車前に撮影した写真ができあがっていました。

    記念写真

    今回は見えなかった富士山が大観覧車の背景となっているのが気に入り、購入することにしました。画像データも翌日以降ネットからダウンロードできるので、いい思い出になりました。

    文/みきこ

    大観覧車フジスカイビュー

    住所 富士市岩淵字北吉野1500
    電話 0545-67-0223
    営業時間 10:00~21:00
    定休日
    料金 3歳以上1周700円
    子連れに便利な設備 車イス、ベビーカーの乗車可(要問合せ)
    駐車場 有(無料)
    URL http://www.senyo.co.jp/fujiskyview/index.html

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    観光・ちょっと遠出
  • 浜名湖ガーデンパーク

    2018年8月2日

    初夏のよく晴れた日、浜名湖ガーデンパークを家族3人で訪れました。ここは、一年を通していろいろな遊びができる私たち家族の定番の遊び場所です。今回の目的は、「ファミリー自転車貸出」を利用し、園内でお弁当を食べることです。

    自転車

    園内はとても広く、小さい子どもを連れての移動はかなりきついです。そんなとき、貸出自転車を利用すると、移動も楽しい遊びとなります。

    受付

    11時頃に自転車をレンタルし、さっそくお弁当を食べるスポット探しに出発! 花の美術館まで行き、日陰のあるガーデンでお弁当を食べました。運動後に外で食べるお弁当はとてもおいしいです。

    マップ

    自転車は数種類ありますが、おススメは屋根つきの2人漕ぎ自転車です。乗員が最大で大人4人、幼児2人です。休日などは、返却待ちとなることが多い人気のタイプです。早めに申し込み、こども広場などで時間を調整しましょう。園内は多少の坂がありますが、ペダルは比較的軽いと思います。なんといっても男性である父親の体力の見せどころなので、記事をご覧のお父さん方にがんばってほしいと思います。

    文/まっち

    浜名湖ガーデンパーク

    住所 浜松市西区村櫛町5475-1
    電話 053-488-1500
    開園時間 8:30~17:00(7・8月は18:00まで)
    休園日 年末年始
    料金 ファミリー自転車貸出
    1回(1時間)900円
    平日 10:00~15:30(受付14:30まで)
    休日 9:30~16:00(受付15:00まで)
    ※混雑状況により、上記時間前でも受け付け終了の可能性有
    子連れに便利な設備 トイレ有(オムツ替え台多数有)
    駐車場 有(無料)
    URL 浜名湖ガーデンパーク

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    公園
  • ☆2018夏☆浜名湖で体験!【3】学びが盛りだくさんの歴史探求編

    2018年8月1日

    夏休みスペシャル2015

    8月がスタートしました。プールにお祭りにと夏休みを満喫する子どもたちは、日に日に真っ黒になり楽しそう。思いっきり体を使った遊びも大切だけど、時間に余裕のある夏休みには学びを深める体験も取り入れたいものです。今回は奥浜名湖周辺の歴史的スポットに注目!タイムトラベル気分で、浜松の歴史に触れる旅に出かけてみましょう。

    気分は直虎!子どもも楽しい歴史スポット

    奥浜名湖周辺には、昨年大河ドラマの舞台となった「井伊直虎ゆかりの地」を始め、たくさんの歴史的名所が点在しています。寺社仏閣はもちろん、楽しみながら歴史や地域を知る工夫がされた施設は、子どもも大人も興味を惹かれるものばかり。夏休みの自由研究にもぴったりのおでかけになりますよ。

    気賀関所外観

    ● 気賀関所

    気賀関所は、江戸に対する重要拠点として家康の命で設置されました。現在は関所の仕組みが展示され、衣装体験もできる施設となり、観光名所としてにぎわっています。通行人を監視する重々しい雰囲気の部屋や、きらびやかなお姫様の籠など、人形でリアルに再現された展示は見どころいっぱい。貸衣装で施設内を巡れば、気分は大河ドラマの主人公に!来年3月末まで入館無料なのもうれしいですね。

    ◎衣装着替え体験
    【実施日】通年は土、日、祝日。夏休み期間は毎日開催 *天候によりお休みの場合あり
    【受付時間】10:00~15:00
    【料金】
    ・忍者、旅姿合羽のみ 500円
    ・子ども姫、若殿、町娘、腰元、侍、旅姿 800円
    ・子ども赤備え甲冑、直虎、音羽ちゃん 800円

    衣装選び

    【住所】浜松市北区細江町気賀4577
    【開館時間】9:00~16:30
    【休館日】年中無休 *年末年始は休館の場合あり
    【入館料】平成30年4月1日~平成31年3月31日まで『入館料無料』
    【問い合わせ】053-523-2855
    【URL】http://www.kigasekisho.com/index.html

     

    地域遺産センター

    橘(●) 浜松市地域遺産センター

     

    地域に残された文化財の調査や保護、活用事業を行う施設です。大河ドラマで話題となった井伊谷にあり、ジオラマやVR体験で歴史に触れることができます。夏休み期間は、キッズイベントを開催!文化財自由研究相談(期間中の平日)もできるので、歴史や遺跡がテーマならぜひ行きたいところです。

    ◎井伊谷夏の陣
    キーホルダーなどの手作り体験や土器発掘体験など、子どもが参加できる催しが盛りだくさんです!
    【期間】 7月21日(土)~8月26日(日) *月曜休館(8月13日は開館)

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    【住所】 浜松市北区引佐町井伊谷616-5
    【開館時間】 9:00~17:00
    【休館日】 12月29日~1月3日 毎週月曜日(祝日の場合火曜日)
    ※平成30年9月3日(月曜日)~平成30年9月7日(金曜日)は臨時休館
    【入館料】 無料
    【問い合わせ】 053-542-3660

     

    龍潭寺

    橘(●) 龍潭寺

     

    千余年にわたり繋がれた井伊家の菩提寺です。歴代の井伊家当主の位牌がまつられ、幕末の大老井伊直弼もこの寺を訪れました。小堀遠州作の見事な庭園は、その繊細なうつくしさに目を奪われます。子どもと一緒に、亀に見立てている石や「心」の字形の池などを探してみましょう。

    ◎龍潭寺の寺子屋
    昔この地を治めていた井伊氏や「直虎の里」龍潭寺の歴史や自然を調べてみよう!質問に答えてくれるスタッフが常駐しているほか、井伊の赤備え武者の鎧を着る体験(有料)などができます。
    【期間】平成30年8月1日~31日
    【時間】 9:30~15:00までの間 
    【場所】 龍潭寺境内 特設テント
    *熱中症対策のため、飲み物やタオルの持参をおすすめします。
    【料金】 鎧着用体験100円、兜作り体験600円(キット代) *土日のみ開催
    【主催】 奥浜名湖観光ガイドの会
    【協力】 龍潭寺 浜松歴女探検隊 奥浜名湖観光協会

    【住所】 浜松市北区引佐町井伊谷1989
    【時間】 9:00~16:30(17:00閉門)
    【休館日】 8月15日、12月22日~27日
    【拝観料】 大人(高校生以上)500円、小中学生200円
    【問い合わせ】 053-542-0480(代)

    レトロな雰囲気 天浜線駅からサイクリング!

    天竜浜名湖線の気賀駅と金指駅にはレンタルサイクル(24インチ以上)があります。自転車が得意なら、直虎ゆかりの地巡りのコースを組んで家族で散策するのも楽しいよ♪
    【営業時間】9:00~16:30
    【問い合わせ】
    ゆ~りん気賀駅ターミナル 053-522-4720
    天竜浜名湖鉄道 金指駅 053-542-0400

    まだまだあるよ! 浜名湖周辺の歴史体験

    歴史民俗資料館

    ● 浜松市姫街道と銅鐸の歴史民俗資料館

    気賀の中心部にある資料館です。弥生時代に祭器として使われたと考えられている銅鐸や、江戸時代に盛んだった漁業やい草栽培に関する道具、有名な姫街道についての資料が展示されています。教科書でしか見たことのない昔の様子を間近で見ることができる場所です。

    【住所】 浜松市北区細江町気賀1015番地の1
    【開館時間】 9:00~17:00
    【休館日】 月曜日、祝日の翌日、年始・年末(12月29日~翌年の1月3日) *臨時開館・休館等により、休館日が変更される場合があり
    【入館料】 無料
    【問い合わせ】 053-523-1456
    【URL】 http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/hamahaku/09annex/hakubut03.html

     

    新居関所

    写真提供:浜松・浜名湖ツーリズムビューロー

    ● 国指定特別史跡 新居関所

    家康が幕府にとっての重要地点として設けた関所で、明治~昭和にかけて学校や町役場としても使われていました。日本で唯一当時の建物がそのまま残る関所として、特別史跡に指定されています。ボランティアガイド「新居宿史跡案内人の会」の無料案内をお願いすることもできます。

    【住所】 湖西市新居町新居1227-5
    【開館時間】 9:00~16:30
    【休館日】 毎週月曜日(休日の場合は開館)、年末年始
    【入館料】 大人(高校生以上)310円、小中学生100円
    【案内予約】 053-594-3615(新居宿史跡案内人の会) *当日対応が可能な場合もありますが、事前予約が確実です。
    【URL】 http://hamaguru.com/sekisho/

    子どもが歴史に興味を持ったら「浜松ワクワク歴史マップ」!

    「ぴっぴ歴史マップこども調査員」が、浜松市内の歴史的名所や文化・産業に関わる施設で見つけた情報を中心に紹介しています。 歴史デビューにもぴったりの冊子や情報ページです!

    この他にも、おでかけ情報が満載の「イベントカレンダー」を参考にしてくださいね!

    次回の「浜名湖で体験!」特集は8月8日(水)掲載です。お楽しみに♪

     

    夏休み情報
  • ヤクルト本社 富士裾野工場で工場見学

    2018年7月30日

    5歳の息子を連れて、ヤクルト本社富士裾野工場の工場見学に行ってきました。見学は予約制です。私は1か月前に予約しましたが、希望の時間は埋まっており、朝早い時間と午後遅い時間が空いていました。

    入口

    当日は時間に余裕をもって向かいましたが、すでに待合ロビーは多くの親子連れでにぎわっていました。

    待合

    時間になると、スライドを使ってヤクルトの歴史や健康に関するお話が始まり、子どもにも分かりやすいアニメで乳酸菌の勉強をしました。

    次はお待ちかねの工場見学(工場内は撮影禁止)。食品工場のため、衛生面に気をつけてガラス越しでの見学です。

    工場へ

    オートメーション化された場内で働く職員はわずかで、乳酸菌を培養するとても大きなタンクがたくさん並んでいる様子が印象的でした。見られなかった作業工程などは、その都度ビデオでの説明となりました。最後の質問コーナーでは、「検査ではじかれてしまった商品はどうするのですか?」「働いている人たちはヤクルト飲み放題ですか?」などの質問があり、どの質問にもていねいに答えてくれました。

    この見学は無料なうえ、乳性飲料やプラリサイクル品の定規などのお土産つきです。

    お土産

    夏休みなどの長期休暇は特に人気が高いようですが、自由研究の題材にもなる工場見学。親子で出かけてみてはいかがですか?
     
    ■ヤクルト本社 富士裾野工場 工場見学
    【住所】 裾野市下和田字十三郎653-1
    【予約受付】 月曜~金曜(祝祭日、年末年始のぞく)9:00~16:00 TEL 055-997-3311  
    【見学時間】 (1)9:00~ (2) 10:00~ (3) 11:00~ (4)13:00~ (5)14:00~ (6) 15:00~ 所要時間約60分
    【見学日】 月曜~土曜(日曜、年末年始は休み)
    【料金】 無料(事前予約制)
    【駐車場】 有(大型バス 5台、乗用車 41台・無料)
    【URL】 http://www.yakult.co.jp/knowledge/factory/c05.html?lat=35.240449298204474&lon=138.87999773025513&baloon=05

    文/みきこ

    観光・ちょっと遠出
  • 新居弁天海水浴場

    2018年7月29日

    夏といえば海水浴! わが家では毎年夏になるとおじいちゃんが海へ連れて行ってくれます。今年もさっそく4歳の長女、2歳の次女を連れて新居弁天海水浴場へ行ってきました。

    海水浴場

    まずは松林の日陰でテント設営。水着に着替え、準備運動をし、うきわを持っていざ海へ! 昨年は沖まで行くのを嫌がっていた長女でしたが、おじいちゃんに引っ張られつつ自分はバタ足で泳ぎ今年は浮き島までたどり着く事ができました。

    おじいちゃんと

    一方の次女は海ならではの砂遊びが楽しかったようで、砂を集めては積み上げ山をどんどん高くして遊んでいました。

    砂遊び

    監視塔の浜松ライフセービングクラブ古橋さんによると「新居弁天海水浴場は松林の日陰、ウッドデッキがあるので休憩場所が確保でき、シャワーも無料。隣接している海湖館では軽食の他、BBQもできるので子連れにおすすめの海水浴場です」との事でした。

    穏やかな海

    夏休みもスタートしました。海水浴デビューに一度訪れてみてはいかがでしょうか?

    文/むう

    新居弁天海水浴場

    住所 湖西市新居町新居
    電話 湖西市役所観光交流課 053-576-1230 
    海水浴場監視塔 TEL:053-594-6114(オープン期間中のみ)
    海開き期間 2018年7月14日(土)~8月31日(金)
    子連れに便利な設備 シャワー:あり(冷水、無料)
    更衣室:あり(無料) 
    ※利用時間 オープン期間中の9:00~16:00
    コインロッカー:あり(有料)
    ライフジャケットレンタル:あり(無料)
    浮き具等のレンタル:なし
    ※繁忙日のみライフセーバーによるガードを実施
    駐車場 海釣公園駐車場(新居弁天海水浴場東側)1日500円
    海浜公園駐車場(新居弁天わんぱくランド南側)1日500円
    アクセス方法 【車】国道1号浜名バイパス新居弁天ICより東へ300メートル
    【電車】JR東海道本線新居町駅よりタクシーで約10分
    URL http://kosaicity.com/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    夏休み情報
  • こども館体験記「ホールいっぱいに親子で絵を描こう!」

    2018年7月28日

    浜松こども館 取材ママ体験記

    夏休みに入り、各所でさまざまな子ども向けイベントが開催中。浜松こども館でも、夏休みだから思いっきり挑戦したい「夏休みわくわくイベント」が開催されています。今回はその中のひとつ「ホールいっぱいに親子で絵を描こう!」に4歳の長女と2歳の次女を連れて参加しました。

    絵を描こう1

    会場のホールに入ってびっくり!  普段は運動に使われるホール一面に白い紙が貼られていました。床はもちろん、壁の上の方まで隙間なく貼られた紙に、長女も「すごいー! まっしろー!」と圧倒されていました。講師のSeiji Yamauchiさんの説明を聞いて、作業開始!  クレヨンを手に取り、参加者それぞれ思い思いの絵を描いていきました。大きな魚を描く子、壁に城を描く親子、電車と線路を子どもが描き、その上に空を描くお母さん…真っ白なホールがあっという間にカラフルになっていきます。

    そんな中、長女は床にうさぎを描き始めました。最初は遠慮がちに隅の方に描いていましたが「こんなに広いんだから、もっと大きく描いていいんだよ」と私が声をかけると、自分が座れるくらい大きなスイカを楽しそうに描き始めました。

    絵を描こう2

    絵を描こう3

    次女は、自分の周りに丸をぐるぐる。少し移動してはまた丸をぐるぐる。普段は描けない床や壁に描けるのがうれしいようで、あちこちに描きにまわっていました。

    絵を描こう4

    あらかた描き終わり、次女がごろんと仰向けに寝転んだので、私が次女の背中近くに羽根を描き写真を撮っていると「わたしもやりたい!」と長女。長女は妖精の羽根、次女は天使の羽根を描き、並んで写真を撮りました。

    絵を描こう5

    絵を描こう6

    こんな遊びができるのも、ホールにお絵描きならではだと思います。

    最後に自分の描いた絵を背景にチェキで記念撮影。将来の夢を書いた台紙に写真を貼ります。この写真は夏休み期間中、こども館に展示されるそうです。イベント終了間際には、ホールに残っていた参加者全員での記念撮影。1時間前までまっ白だったホールは、すみずみまでカラフルな絵に満たされていました。

    絵を描こう7

    イベントが終わってみると、子どもたちの手や足はクレヨンですごく汚れていました。でも、それは楽しんでいっぱいお絵描きした証拠。広い場所でのびのび描ける機会はそうそうないので、またこういうイベントがあれば参加したいと思いました。

    文/むう

    イベント講師 Seiji Yamauchiさんからひとこと

    Seiji Yamauchiさん

    子どもたちに夢を再認識してもらい、大きくなったときに夢を忘れないために、今回このようなイベントを企画しました。楽しんでください!

    浜松こども館

    この記事は浜松こども館からの依頼によって、ぴっぴの取材ママがレポートしたものです。

    こども館・児童館
  • はまなこ夏フェスタ弁天島海開き「ビーチスポーツアイランド」

    2018年7月28日

    梅雨が明け、海に行きたいと思うけれど、勝手が分からない…そんな折、弁天島海水浴場の海開きの体験イベントを見つけました。まずはイベントに参加し、その後、海水浴も楽しめたらいいな、と思い予約を入れて子どもたち(8歳、6歳、4歳)を連れて行ってきました。

    海開き

    イベントスケジュール
     
    事前に問い合わせ、たくさんの屋根付ウッドデッキ、テントなどの日陰スペース、売店があると分かっていたので、通常のお出かけセット以外は浮き輪、レジャーシート、着替え、タオルのみ持参。水着にラッシュガード着用で出かけました。

    休憩場所
     
    到着後、休憩所にレジャーシートを敷いて荷物を置いた私たちは海を見てテンションアップ! ひと泳ぎしてからイベント受付へ。今回の体験は「海の生き物教室&マリンアートとぬり絵体験」です。最初に海上保安庁の方による海でのマナーについての紙芝居、漁協の方の浜名湖の生き物のお話を聞きました。

    紙芝居

    その後バケツ、魚とり網を借りて船に乗り、弁天島シンボルタワーのある浜名湖の浅瀬、いかり瀬へ。いかり瀬には海の生き物がいっぱい! 子どもたちは夢中になって、ヤドカリやカニを捕まえていました。ヤドカリはたくさんいて、4歳の末っ子でも簡単に捕まえられるので、楽しそうでした。

    海の生き物
     
    船で戻った後はマリンアート体験です。天竜杉のプレートに、ボンドで貝殻をつけたり、色のついた砂で文字を書いたりして、すてきなプレートが完成しました。ぬり絵体験もあったのですが、子どもたちが「はやく海で泳ぎたい!」と言い出したので断念しました。

    マリンアート
     
    昼食後は念願の海水浴。強い日差しの中、子どもたちは元気いっぱい! 大人がウッドデッキで子どもの様子を見守る中、歓声を上げて泳いでいました。

    海水浴

    今回はイベント参加が主な目的でしたが、勝手も分かったし、次回は、ゆっくり海水浴を楽しみたいと思っています。
     
    ■海の生き物教室&マリンアートとぬり絵体験
    【日時】 2018年7月15日(日)10:00~12:30頃
    【対象】 大人・子ども(4歳以上小学生以下は保護者の付き添い必須)
    【料金】 大人1500円 子ども500円 *要申込み
    【定員】 先着50組100名
    【場所】 弁天島海浜公園 東側海水浴場
    【問い合わせ】 はまなこ夏フェスタ実行委員会(舞阪町観光協会)

    文/ジュン

    弁天島海浜公園

    住所 浜松市西区舞阪町弁天島3775-2
    電話 053-592-0757(舞阪町観光協会)
    海開き期間 2018年7月15日(日)~2018年8月31日(金)
    利用時間 更衣室利用時間9:00~16:30
    監視時間9:00~16:00
    子連れに便利な設備 監視有、多目的トイレ有(オムツ替え台無)、冷水シャワー有(無料)、更衣室有(無料)、コインロッカー有料(100円)、ライフジャケットレンタル有(無料)
    駐車場 有(1回410円、297台)
    URL http://www.bentenjima.jp/index.html

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    イベント(夏)
  • オールシーズン楽しめる「伊勢志摩エバーグレイズ」

    2018年7月27日

    一度は行ってみたいと思っていた伊勢神宮。せっかく行くなら宿泊も楽しみたいと思い、伊勢神宮から車で30分ほどのキャンプ場「伊勢志摩エバーグレイズ」に行ってきました。楽しみにしていたとおり、そこは一歩足をふみ入れるとアメリカンリゾートの世界。おしゃれな雰囲気のなか、アメリカに来た気分を味わえます。

    敷地内

    宿泊はテント泊からちょっとぜいたくなキャビン泊まで、さまざまなタイプを選べるのも魅力です。わが家はキャンプ初心者、しかも0歳の子どももいるので、冷暖房、BBQグリルやシャワー、トイレ、洗面などが付いたキャビン泊にしました。

    チェックイン後すぐに「宝探しの冒険」のキッズイベントがあり、参加した4歳の長男は同世代の子どもたちと一緒にワクワクしながら楽しんでいました。

    イベント2

    イベント2

    イベントの後は楽しみにしていたBBQ。食材を事前予約すれば手ぶらでBBQを楽しめますが、今回は自分たちで調達することに。車で3~4分行くと大型スーパーや100円ショップがあり、たいがいのものは揃うので、とても便利です。暗くなってからは星空を見ながらたき火をして、ふだんできないアウトドア体験を満喫!

    食事

    翌日は伊勢神宮に行くため早めの出発でしたが、チェックアウト前にオリジナルキーホルダー作りのキッズイベントにも参加できました。

    イベント3

    子どもも大満足で、さっそくまた行きたいと言っています。夏のプールやハロウィン、クリスマスなど季節ごとのイベントも楽しそうで、オールシーズン行きたくなるキャンプ場です! 

    文/hiromiko

    伊勢志摩エバーグレイズ

    住所 三重県志摩市磯部町穴川1365-10
    電話 0120-592-364
    利用施設 宿泊施設:グランピング、キャビン、テント ※各施設により宿泊料金は異なる
    アクティビティ:カナディアンカヌー、ペダルボート、ファンサイクル、プール、ドッグランなど
    その他サービス:ポイントクラブ(入会手数料500円、優先予約や割引有)、キッズクラブ(入会無料)など
    駐車場
    アクセス方法 車:伊勢自動車道伊勢西ICから県道32号線を南へ約30分
    フェリー:伊勢湾フェリー伊良湖港から鳥羽港へ約55分。下船後、車で国道167号線を南へ約25分
    URL http://www.everglades.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    アウトドア・キャンプ
  • ☆2018夏☆浜名湖で体験!【2】湖を丸ごと味わうウォータースポーツ編

    2018年7月25日

    夏休みスペシャル2015

    浜名湖をもっとも体感できるのは、やはり水の冷たさや水しぶきを肌で感じられるウォータースポーツです。広がる湖面と遠くに続く山々を見渡せば、大自然との一体感に親子で感動間違いなし! 毎日続く暑さを吹き飛ばすような、爽快感いっぱいの体験ができるプログラムをご紹介します。

    家族みんなでカヌーやカヤックに挑戦!

    浜名湖のウォータースポーツというと、ウインドサーフィンやジェットスキーなど難易度が高いものが浮かびますが、ガイドさんのサポートがあるカヌーやカヤックのツアーなら、3歳から一緒に体験することができます。ちなみにカヤックはカヌーの一種で、パドルの形などで言い分けられているそう。家族みんなで湖面を進む体験は、忘れられない夏の思い出になるはずです!

    ●夏休み親子カヤック体験(トリトンマリンクラブ)

    親子カヤック

    カヤックに乗って浜名湖唯一の自然島「つぶて島」に向かい、ラッコさん気分で湖に浮かぶ浮遊体験や、岩場で磯遊びを楽しめます。スタッフがパドルの持ち方からていねいにレクチャーしてくれるので、初めてでも大丈夫。波が穏やかなので、小さな子どもと一緒でも楽しめます。親子で夏の思い出が作れる、浜名湖の自然満喫ツアーです。

    ファミリーにうれしいポイントはココ!

    • ていねいなレクチャーやサポートがあるから初心者でも安心
    • 湖に浮かぶ体験や磯遊びで浜名湖の自然を満喫できる!
    • 島に上陸する探検家気分が味わえる!

    【実施期間】 ~2018年10月31日(水)まで
    【料金】 大人(中学生以上)6,000円、小学生以下3,800円
    【所要時間】 約3時間
    【時間 】 9:00~12:00
    【服装】濡れてもよい上下服
    【持ち物】スポーツサンダル(ビーチサンダルでも可)、着替え、長袖、長ズボン、帽子、必要あれば日焼け止め
    *ライフジャケットは無料でレンタル
    *天候などの諸事情により、実施されない場合もあります。

    【住所】 浜松市北区三ヶ日町大崎62‐3
    【申込み】053-526-7071
    【URL】 http://www13.plala.or.jp/triton-m/

    ラッコさん
    ラッコさん!

    磯遊びも
    磯遊びも

    探検気分
    探検気分♪

     

    ●カヌー体験ツアー(浜名湖レークサイドプラザ)

    ファミリーカヌー体験
     

    3歳から参加OKの、家族でできるカヌー体験のツアーです。レジャースタッフが漕ぎ方などをレクチャーした後、ホテルの目の前の湖から出発! 湖上でもスタッフがガイドをしてくれるので、初めてでも安心して楽しめます。ライフジャケットの貸し出しもあるから、持ち物は川遊びに行くような感覚でOK。準備もらくらくですね!

    ファミリーにうれしいポイントはココ!

    • 出発時間が選べて、それぞれの浜名湖の風景が楽しめる!
    • 大切な家族、わんちゃん(小型犬)も一緒に体験できる!
    • ホテルのアクティビティだから、宿泊や食事・温泉とセットで楽しんでもOK!

    【実施期間】 ~2018年10月31日(水)まで
    【料金 】大人(中学生以上)4,320円、小学生2,160円、幼児(3歳~未就学児)1,080円、わんこ無料(カヌー一艇につき小型犬2頭まで同乗可)
    【種類】 通常カヌー、サンセットカヌー、わんこカヌー
    【所要時間】 約1時間半
    【出発時間 】 9:30、14:00、16:00 *16:00は時期により変動あり
    【服装】濡れてもよい上下服
    【持ち物】 タオル、飲み物、濡れてもよい服装、ウォーターシューズ又は指の出ないサンダル
    *ライフジャケットは無料でレンタル
    *天候などの諸事情により、実施されない場合もあります。

    【住所】 浜松市北区三ヶ日町下尾奈200
    【申込み】 レジャーデスク 053-524-2324
    【URL】 http://www.h-lsp.com/

    湖畔から出発
    湖畔から出発!

    みんなで進む
    みんなで進む

    わんこも一緒に
    わんちゃんも一緒に

    まだまだあるよ! 浜名湖~遠州灘周辺のウォータースポーツ

    ● ウェイクボードスクール、バナナボート(東急リゾートタウン浜名湖)

    バナナボート

    スポーツ設備やショップが充実したリゾート気分いっぱいの施設です。初心者OKのウェイクボードスクールや、ウォーターレジャーの定番バナナボートが体験でき、アクティブに遊びたい家族にぴったり。湖に面した開放感溢れるプールもおすすめです!

    ◎ウェイクボード初回受講スクール(初めてチャレンジする人に)
    【内容】 スクール15分×2トライ
    【料金】 大人8,100円、ジュニア(小学3年生くらい~)7,020円 *レンタルセット
    【時間】 午前の部 8:00~12:00、午後の部 13:00~17:00

    ◎バナナボート(小学3年生くらい~)
    【実施期間】 4月~9月
    【料金】 15分:2名4,860円、3名5,940円、4名7,020円、5名8,100円

    【住所】 浜松市北区三ヶ日町大崎372
    【問い合わせ】 053-526-1515
    【URL】 http://www.resortservice.co.jp/hamanako/nofla.html

    ● 体験サーフィンスクール(surfshopHARBOR)

    サーフィンスクール

    舞阪漁港すぐ近くのサーフショップで実施している、初めての子どもたちを対象としたサーフィンスクールです。子どもでも扱いやすい柔らかめのサーフボードを使用し、海でのルールを含めたていねいな指導が受けられます。サーフィンの楽しさはもちろん、天候や時間によって変わる自然の力を身をもって体験できます。

    【料金】2時間4,000円(サーフボード、ウエットスーツのレンタル含む)
    【持ち物】タオル、飲み物

    【住所】 浜松市西区舞阪町舞阪2622-1022
    【問い合わせ】 053-528-7177
    【URL】 http://surfshopharbor.com/kidssurfingproject/

    この他にも、おでかけ情報が満載の「イベントカレンダー」を参考にしてくださいね!

    次回の「浜名湖で体験!」特集は8月1日(水)掲載です。お楽しみに♪

     

    夏休み情報
  • 江西保育園「親子ひろば ゆいまーる」

    2018年7月24日

    江西保育園では未就園児を対象に「親子ひろば ゆいまーる」を毎月開催しています。わが家は長女が6か月の頃に初めて参加し、今では2歳の次女を連れてほぼ毎月通っています。

    おもちゃのたな

    保育室に入るといろいろな絵本やおもちゃが用意されています。

    絵本いろいろ

    電車のレールや磁石のおもちゃは、「ゆいまーる」にやってきた赤ちゃんが楽しく遊べるよう、年長の園児たちが毎月準備してくれているそうです。

    室内のおもちゃ

    7月のメインイベントは、水あそび。普段1~2歳クラスの園児が利用している小さなプールに一緒に入らせてもらいました。プールにはたくさんのおもちゃが浮かんでいます。娘は穴のあいたコップや、ゾウさんの水鉄砲で楽しく遊んでいました。

    水遊び

    「ゆいまーる」では毎月季節にあったイベントが開催されるほか、普段は園庭解放もしています。近くの方は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか? いろいろな遊びが楽しめますよ。

    文/むう

    江西保育園

    住所 浜松市中区神田町176
    電話 053-441-8121
    開催日 毎月第3水曜日(園の行事により変更の場合有)
    駐車場 無(なるべく公共交通機関を利用するか徒歩で)
    アクセス方法 遠鉄バス「春日町」バス停から南へ徒歩3分

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    子育てひろば・支援センター
  • ☆2018夏☆予約不要!自由研究に役立つイベント

    2018年7月23日

    待ちに待った夏休み。「何して遊ぼう♪」と毎日ワクワクしている子どもたちを横目に、「自由研究、どうするのかな…」と気にかかっている小学生パパ・ママも多いはず。初めての子や題材を決めかねている子には、ちょっとだけヒントやお手伝いが必要です。自由研究関連のイベントは毎年人気ですが、まだまだ参加OKの「事前予約不要」の講座や展示を紹介します。おでかけとセットなら、子どもたちも自然とやる気になっちゃうかも!

    自由研究

    役立つお話が聞ける講座・イベント

    ● フラワーパーク「夏の体験イベント」

    ◎花のウォーキング
    ボランティアガイドさんが、見ごろの花やパーク内のおすすめスポットを案内してくれます。
    【日時】毎月第2・4土曜日 集合10:00
    【集合場所】正面ゲート
    【定員】当日先着30名

    ◎植物園の裏側を知ろう
    園芸スタッフが、植物園の仕事やしくみについて楽しく教えてくれます。
    【日時】8月4日(土) 10:00~10:40
    【集合場所】正面ゲート
    【対象】小学生(親子参加OK)
    【定員】当日先着20名

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ◎熱帯植物を観察しよう
    大温室「クリスタルパレス」内の熱帯植物などを、園芸スタッフが解説します。
    【日時】8月18日(土)10:00~10:40
    【集合場所】正面ゲート
    【対象】小学校高学年以上
    【定員】当日先着20名

    【施設情報】はままつフラワーパーク
    【問い合わせ】053-487-0511

    ●浜松市天文台「夏のイベント」

    ◎火星観望会
    15年ぶりに大接近する火星を天体望遠鏡で観望します。
    【日時】7月27日(金)~7/31(火) 20:00~24:00(7/28のみ19:00~) *雨天中止
    【会場】浜松市天文台

    ◎スターウィークinはままつ
    星空を見上げながらの星座解説や望遠鏡、双眼鏡での観望ができます。
    【日時】8月4日(土) 19:00~22:00
    【会場】浜名湖ガーデンパーク 緑地広場 *南ゲートからの入場のみ

    ◎天文ミニ講座
    季節の星座の物語や星座の探し方などがわかる講座です。
    【日時】8月18日(土) 17:30~18:30
    【会場】浜松市天文台

    ◎夏休み延長観望会
    いつもより時間を延長して、たっぷり星空を観望できます。
    【日時】8月18日(土) 19:00~23:00 *雨天中止
    【会場】浜松市天文台

    【住所】南区福島町242-1
    【問い合わせ】053-425-9158

    ● 浜松科学館「理科自由研究の相談」「発明くふう作品の相談」

    小中学校の理科の先生や浜松発明研究会が、自由研究の進め方や作品作りについてのアドバイスをしてくれます。
    【日時】8月11日(土) ~ 12日(日) 10:00~12:00、13:00~15:00
    【開催場所】アクトシティ浜松 展示イベントホール *科学館は休館中のため別会場となります。
    【対象】小・中学生
    【費用】無料
    【問い合わせ】053-454-0178

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ● 浜松市緑化推進センターみどり~な「自由研究対策!水辺のかんきょう教室」

    水路の水生昆虫を採取や観察を通して、自然環境を信州大学藤山先生から学びます。
    【日時】8月17日(金) 9:30~12:00
    【住所】南区大塚町1876-1 飯田公園内
    【問い合わせ】053-426-2300

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    自由研究の参考になる展示会

    ● 浜松市博物館「夏休み体験館」

    館内の展示についてのクイズラリーを毎日開催。自由研究に生かせる「展示ガイドツアー」など、日によってさまざまな体験も用意されています。
    【期間】7月23日(月)~8月26日(日)
    【施設情報】浜松市博物館
    【問い合わせ】053-456-2208

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ● 賀茂真淵記念館「小中学生のための夏休み学習展」

    江戸で大活躍した学者・歌人賀茂真淵(かものまぶち)の生い立ちやゆかりの地、研究した本などを紹介した展示。自由研究の相談にも対応してくれます。
    【期間】8月7日(火)~8月26日(日) *月曜日は休館
    【住所】中区東伊場1丁目
    【問い合わせ】053-456-8050

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ● 浜松市動物園 「特別企画展 どうぶつのほね」

    “いのち”を学ぶ動物「楽」校をテーマに、たくさんの動物の骨を展示。週末を中心に実施される講座では、獣医さんやガイドさんの案内を聞くことができます。
    【期間】7月14日(土)~9月17日(月)
    【場所】動物愛護教育センター2階(動物園内)
    【問い合わせ】053-487-1122

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ● 地域遺産センター「井伊谷夏の陣」

    大河ドラマ「女城主 直虎」で話題となった井伊谷にある施設で開催される夏の学習体験です。文化財自由研究相談(期間中の平日)もあります。
    【期間】7月21日(土)~8月26日(日) *月曜休館(8月13日は開館)
    【住所】北区引佐町井伊谷616-5
    【問い合わせ】053-542-3660

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ● 東区役所「ユニバーサルデザイン製品展」

    すべての人が使いやすいように工夫された製品(ユニバーサルデザイン製品)や本などを展示しています。
    【期間】8月1日(水)~30日(木)(土・日、祝日は除く)
    【場所】東区役所1階 市民ホール(東区流通元町20-3)
    【問い合わせ】東区振興課 053-424-0115

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    ぴっぴのイチオシ 子育て耳より情報「理科の自由研究」に浜松の学習施設を活用しよう!も、ぜひ参考にしてくださいね!

    夏休み情報
  • ◎2018夏◎浜松&近郊8月の花火大会

    2018年7月22日

    いよいよ夏休み。子どもたちは、何をしようか、どこへ行こうかワクワクしている頃ですね。ですが暑さが例年に増して厳しく、日中のおでかけはなかなか大変。そんな時は、少し気温が落ち着いた夕方から行動するのもひとつのアイデアです。浜松近郊では、8月も花火大会が目白押し! これからのおでかけ先の参考にしてくださいね。

    花火大会

    ※掲載情報は2018年7月下旬時点のものです。諸条件により、中止・変更になることがありますので、開催については主催者に直接お確かめください。

    浜松市内

    鹿島の花火

    8月4日(土)19:00~21:00 天竜区二俣 天竜川河川敷
    140年余の歴史のある伝統的な「鹿島の花火」。山々にこだま、地面を揺るがす炸裂音は、他では味わえない迫力です。
    【問合せ】天竜区観光協会天竜支部
    【TEL】053-925-5845

    浦川まつり花火大会

    8月4日(土)19:30~20:30 天竜区佐久間町 浦川キャンプ村周辺
    すり鉢状に山々に囲まれた音響効果が魅力の花火大会。近くで真上に上がる花火を見たり、少し離れて撮影したり、いろいろな角度から楽しめます。
    【問合せ】天竜区観光協会佐久間支部
    【TEL】053-965-1651

    佐鳴湖花火大会

    8月4日(土)19:30~20:30 西区 佐鳴湖公園 時計台付近
    佐鳴湖浄化啓発運動の一環として行われる花火大会。湖上を花火が彩り、日中とは違った雰囲気の佐鳴湖が見られます。
    【問合せ】佐鳴湖花火大会実行委員

    三ヶ日花火大会

    8月5日(日)19:30~20:30 北区三ヶ日町 猪鼻湖上(観覧席は三ヶ日中学校運動場)
    猪鼻湖で打ち上げられる花火大会。孔雀の乱舞を思わせる豪華な水上スターマインは必見です。
    【問合せ】三ヶ日花火大会実行委員会
    【TEL】053-524-1121
    【URL】http://mikkabi.jp/

    中部(なかべ)まつり地割れ花火大会

    8月11日(土)19:30~20:10 天竜区佐久間町 佐久間高校付近天竜川河川敷
    地上で連続して約100発の花火を破裂させる地割れ花火は、全国的にも珍しいものです。打上場所が近いため、体に響く音に感動間違いなし!
    【問合せ】天竜区観光協会佐久間支部
    【TEL】053-965-1651

    浜松八幡宮例大祭(奉納手筒花火)

    8月14日(火)20:30~(約15分ほどで終了予定)中区八幡町 浜松八幡宮
    境内で行われる奉納手筒花火。迫力の火花が、明るく高く舞い上がります。
    【問合せ】浜松八幡宮
    【TEL】053-461-3429
    【URL】http://www.hamamatsuhachimangu.org/schedule/#reidai

    春野気田納涼花火大会

    8月16日(木)19:30~21:00 天竜区春野町 気田川河川敷
    気田集落を中心に行われる花火大会。約200発の花火が打ち上げられます。
    【問合せ】春野協働センター
    【TEL】053-983-0001

    BENTENJIMA HaNaBi Festival

    8月18日(土)13:00~21:00 花火スタート20:00
    2013年に打ち切りになった弁天島海開き花火大会を有志で復活開催。芸術・音楽・食も楽しめる新しい形の花火大会です。
    【問合せ】弁天島花火フェス実行委員会
    【URL】https://bentenfes.wixsite.com/hanabi

    佐久間祭り花火大会

    8月25日(土)19:30~20:10 天竜区佐久間町 天竜川河川敷
    特大スターマインは数分に渡って打ち上げられる北遠有数の花火です。周囲の山々にこだまする「天然の音響効果」が楽しめます。
    【問合せ】天竜区観光協会佐久間支部
    【TEL】053-965-1651

    みさくぼ祭り花火大会

    9月15日(土)19:00台にスタート予定(約30分間)天竜区水窪町 水窪総合体育館前河川敷
    昼は仮装行列からお神輿、夜は屋台引き回しなどを開催。一日中盛り上がるお祭りの締めくくりとなる花火大会です。
    【問合せ】水窪観光協会
    【TEL】053-987-2100

    市外近郊

    御前崎みなと夏祭り

    8月4日(土)19:30~20:30
    夜空を彩る約5000発の花火。出店が並ぶ屋台村をはじめ、ステージイベントや盆踊りなど、御前崎の夏が満喫できます。
    【問合せ】御前崎市観光協会
    【TEL】0548-63-2001
    【URL】https://www.city.omaezaki.shizuoka.jp/kurashi/event_recruit/4472.html

    ふくろい遠州の花火

    8月11日(土)19:00~21:00 袋井市 原野谷川河川敷親水公園
    (荒天予備日 8月12日(日))
    全国でも有数の規模を誇る花火大会。迫力、伝統芸術花火、そして高音質な音楽との相乗効果が魅力です。
    【問合せ】ふくろい遠州の花火実行委員会
    【TEL】0538-42-6151
    【URL】https://www.fukuroi-hanabi.jp/

    森町納涼花火大会

    8月15日(水)19:15~20:45 周智郡森町 太田川河川敷親水公園
    遠州の小京都森町で旧盆にあわせて行われる、伝統的な花火大会です。
    【問合せ】森町商工会
    【TEL】0538-85-3126

    いわた夏まつり花火大会

    8月25日(土)19:30~21:00 磐田市福田 はまぼう公園
    大小色とりどりの花火が、電子オルガンの音色に合わせて打ちあがります。夜店のにぎやかな雰囲気に、子どもたちも大よろこび。
    【問合せ】磐田市商工会福田支所
    【TEL】0538-85-3126

    湖西湖上花火大会

    8月25日(土)19:30~20:15 湖西市 JR鷲津駅北 浜名湖上
    浜名湖に面しているロケーションで、夜空と湖面それぞれに映る華やかな花火が楽しめます。
    【問合せ】湖西市観光協会
    【TEL】053-576-1230
    【URL】http://kosaicity.com/posts/event27.html

    可睡斎 奥之院不動尊大祭 花火奉納

    8月28日(火)18:45~、20:45~
    花火師からわずか5mの近距離で迫力ある手筒花火が見られます。今年復活の盆踊りや夜店の出店があり境内はにぎやかです。
    【問合せ】可睡斎
    【TEL】0538-42-2121
    【URL】http://www.kasuisai.or.jp/event/grandfestival.html

    ♪子連れで花火大会を楽しむポイント♪

    • 楽に観覧できそうなエリアを事前にリサーチ
    • 昼間のうちに、たっぷりお昼寝を
    • 迷子にならないよう、しっかり手をつないで
    • レジャーシートなど、お助けグッズを持参する
    • 帰りの渋滞や混雑を避け、早めに切り上げて会場を離れる
    夏休み情報
  • この男がジブリを支えた。「近藤喜文展」

    2018年7月21日

    2016年の「スタジオジブリ・レイアウト展」から2年―今年は浜松市美術館で、「近藤喜文展」が開催されています。

    展示ポスター

    ジブリ作品に限らず、「赤毛のアン」や「若草物語」など多くのアニメーションで作画監督やキャラクターデザインを務めてきた近藤喜文さんの展覧会です。ジブリの映画が大好きな3歳の娘と一緒に、さっそく観に行きました。

    作品ポスター

    土曜の午前中に行ったのですが、ものすごく混んでいたため、あらためて平日の夕方4時前に訪れると、閉館まで1時間ということで空いていました。やはり土日祝日は長蛇の列になるそうです。

    順路は2階→1階となっていて、エレベーターが階段の奥にあるので、子連れには便利です。イメージボードや原画などの展示は子ども目線より高いですが、抱っこするとちょうど見やすいようで、「魔女の宅急便だ!」と喜んで見ていました。また、子どもが喜ぶ仕掛け(「魔女の宅急便」のキキが飛んでいるシルエットや、「耳をすませば」の太ったネコのムーンがお散歩しているシルエットなど)がありました。娘はキョロキョロしながら探し、見つけては楽しんでいました。

    ネコ2

    館内は撮影禁止ですが、フォトスポットがいくつかありました。

    耳をすませば

    「耳をすませば」で雫がムーンを追い掛けて電車に乗るシーンを再現した場所では、雫のように麦わら帽子をかぶり、ムーンと一緒に座席に腰かけて写真を撮ることができます。麦わら帽子は2つあり、選べるのもうれしいですね。娘は、雫と同じように向かって左側に座りました。雫の住んでいる街並みと一緒に写真を撮ることもできます。

    ネコ1

    街並み

    私は学生の頃、「耳をすませば」の舞台となった街に住んでいたので、懐かしく思い出しつつ、親子でゆっくりとした時間が過ごせました。「家に帰って、またジブリ映画を観ようね」と話す娘は、さらにジブリが好きになったようです。今年の夏は親子や家族で、ジブリの世界に浸りませんか? 

    ※写真については、許可をいただいて掲載しています。

    ■この男がジブリを支えた。「近藤喜文展」
    【開催期間】 2018年6月23日(土)~9月9日(日)
    【開館時間】 9:30~17:00(入館は16:30まで)
    【観覧料】 一般1300円、大学・高校・専門学校生800円、中学生・小学生600円
    ※静岡県内の小学生は「キッズアートプロジェクトしずおか」ミュージアムパスポート提示により無料
    ※70歳以上の方、障がい者手帳をお持ちの方およびその介護者1名は当日料金の半額
    ※遠州鉄道「ナイスパス」を利用してバス・電車で来館の場合は当日料金の2割引(美術館、市役所前、市役所南、浜松城公園入口、鹿谷町、遠州病院駅(電車)降車の方限定)
    ※各割引の併用不可

    ■会期中のイベント

    • 講演会「アニメーター 近藤喜文」
      【日時】 7月21日(土)14:00~15:00(13:40開場)
    • イベント「カオナシがやってくる!」
      【日時】 7月29日(日)、8月11日(土)
      1部 11:00ごろ登場
      2部 14:30ごろ登場
    • ギャラリートーク「学芸員による展覧会の見どころ紹介」
      【日時】 8月4日(土)14:00から(約30分程度)
    • コンサート「バンジョー&アコーディオンみんなの音楽会」
      【日時  8月19日(日)14:00から14:45(13:40開場)

    文/ショコラ

    浜松市美術館

    住所 浜松市中区松城町100番地の1
    電話 053-454-6801
    休館日 月曜日 (8月・9月は無休)
    子連れに便利な設備 トイレ有、毎週水曜日は思いやりトーク&キッズウェルカムデー
    駐車場 浜松城公園駐車場、臨時駐車場(17台)が通年利用可
    ※臨時駐車場は台数に限りがあるため、できるだけ浜松城公園駐車場を利用
    ※会期中は市役所駐車場が2時間無料で利用可。駐車券を受付に提出
    アクセス方法 【バス】JR浜松駅北口遠鉄バス・バスターミナル1番乗り場、乗車約8分「美術館」下車
    URL http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/artmuse/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    美術館・博物館・科学館
  • ユネスコ科学教室「富士山の自然」

    2018年7月20日

    浜松ユネスコ協会では小学5・6年生を対象とした「ユネスコ科学教室」を開催。一年を通じて自然科学に関するさまざまな講座を体験することができます。今年度、小6の息子が教室生となり、6月末に親子で「富士山の自然」に参加しました。富士山5合目から宝永火口まで、往復2時間の道のりを歩きます。

    水ヶ塚公園

    朝5時半、5台のバスが浜松を出発。途中でトイレ休憩はありますが、団体行動なので自分勝手な行動は厳禁。バスの中から講義がスタートし、富士山のなり立ちや石の種類などの説明がありました。

    五合目

    富士山のふもとの水ヶ塚公園に到着し、バスを降りると目の前には雄大な富士山の姿が! 近くで見た第一印象は「黒いなぁ」。遠くから眺めていた時とはまるで印象が違います。写真を撮ろうとしたら、あっという間に雲に隠れてしまい…自然の力を感じました。

    登山道

    山を登るにつれ気圧が下がり、空気が薄くなっていきます。富士宮口5合目は標高2400m、気温15度。雨が心配でしたが、この日は晴天に恵まれました。

    雲

    いよいよ登山スタート。富士山の6合目まで登り、その東側にある宝永山の火口を目指します。口で言うのは簡単ですが、さすが日本一の山! 傾斜があり、砂利ですべる所も。でも虹が見えたり、まぼろしの黒曜岩が見つかったりすると、子どもたちからは「わぁ~、キレイ」「見つけたよ!」と喜びの声が上がり、疲れも吹き飛びました。

    宝永火口

    科学教室は“本物を見て学習”できるのがいい所です。スタッフが沸騰実験をしてくれて、山の上では水が90度で沸騰すると知りました。持参したポテトチップスの袋もパンパンに膨らんでいて、親の私もあらためて気圧について勉強することができました。また、実際に宝永火口を目にした時は、人の想像をはるかに超えた過去の大噴火に思いをはせ、圧倒されました。景色を見ているうちに、自然をおそれ敬う気持ちがわいてきて、「現場体験」のすばらしさをあらためて感じました。

    実験

    林道

    息子も私も初めての富士山。正直、とてもキツイ登山でしたが、達成したときの充実感は最高! 親子のすてきな思い出になりました。

    ■2018年度 ユネスコ科学教室
    【実施日程】 2018年4月から年9回開催
    【参加対象】 浜松市内の小学5・6年生、100名
    【参加費】 5,000円(富士山など特別講座は別途費用が必要)
    【URL】 http://www.unesco.or.jp/hamamatsu/kagaku/kagaku.htm

    文/こにゃんこ

    スクール&サークル
  • ☆2018夏☆浜名湖で体験!【1】宝探し気分のわくわく潮干狩り編

    2018年7月18日

    夏休みスペシャル2015

    いよいよ子どもたちの夏休みが始まります。山や海などの自然に恵まれた浜松ですが、今年は遊びや学びの体験がギュっと詰まった「浜名湖周辺」に注目!浜名湖ならではの魅力と、子どもと一緒に楽しむポイントを中心にご紹介します。まずは、子どもたちはもちろんパパママもうれしい収穫体験に出かけてみましょう♪

    弁天島海浜公園で潮干狩りに挑戦!

    弁天島海浜公園で潮干狩り

    砂遊び、水遊び、宝探しのお楽しみ3点セットの潮干狩りは、子どもがハマること間違いなしの体験です。今年は、2年ほど中止となっていた弁天島の潮干狩りが予約制で復活しました。船でポイントまで送ってくれるので、乗船体験もセットになったうれしいプランです。準備をしっかりして、たくさんアサリを見つけちゃおう!

    1.道具や服装の準備が収穫のカギ!

    弁天島海浜公園で潮干狩り

    潮干狩りはまず準備から。思いっきり動けるように子どもたちは水着やラッシュガードがベスト。大人も、ひざ下は水にぬれてもいい服装で行きましょう。帽子や飲み物など、暑さ対策も必須です。

    道具は、現地で組合によるバケツやくまでの貸し出しがあります。道具の持ち込みOKなので、小さな子には危険のないプラスチック製のくまでやシャベルを持参すると安心ですね。潮干狩り場には荷物を置く場所がないので、最低限の持ち物をリュックサックなどに入れて行きましょう。その他、この季節はアサリを持ち帰るためのクーラーボックスを持参するとよいでしょう。

    2.船に乗ってアサリポイントへGO!

    弁天島海浜公園で潮干狩り

    当日は船着き場近くで受け付し、船の出発予定時間を確認しておきます。時間が近づいたら船着き場に並んで乗船を待ちます。大人子ども共に貸し出しのライフジャケットをしっかり装着して、干潮で海底が出ているポイントに船で出発!

    弁天島海浜公園で潮干狩り

    さて、とっても広い潮干狩り場。どこを狙えばいいかな?組合のスタッフさんより「草の生えているところを掘るといるかも」とのアドバイスあり。くまでを使って、砂をどんどん掘りかえします。そこを手で探ってみると……出てくる出てくる! 1匹いると、その周りにもたくさんいる傾向が。時々びっくりするくらい大きいアサリがいて、子どもたちも大興奮。そのほか、ヤドカリや小さなカニなどの海の生き物と触れ合えます。海風が吹くせいか、陸地よりは暑さも和らぐようです。

    3.採ったアサリは計量して購入

    弁天島海浜公園で潮干狩り

    採ったアサリは、最初に配られる網に入れて海水で洗っておきます。船着き場まで戻ったら桟橋でアサリの計量をしてもらい有料で持ち帰り(1kg600円・上限あり)となります。家族4人でたくさんのアサリが採れました!

    2018潮干狩りは予約制。まずは申し込みを!

    潮干狩りは弁天島遊船組合サイトからのWEB受付、開催日・人数限定の「予約制」です。開催日は週末やお盆休みのみとなりますので、早めに予約しておくのがベスト! 船が出る時間は、干潮時間によって毎回少しずつ変わります。前日には受付時間など詳細のメールが届きますが、大まかな時間はサイトにある干潮時間から判断しましょう。
    【料金】
    大人1000円、子ども(4歳以上小学生以下)500円
    *駐車場410円、アサリ代別

    ● 1日楽しむなら「弁天島海水浴場」とセットで遊ぼう♪

    船着き場西側に浅く横に広がる砂浜は波も静かでファミリー向けの海水浴場。今切口で外海につながっているので、水もきれいです。
    期間:2018年7月15日(日)~
    設備:シャワー、トイレ、更衣室(9:00~16:00)、ロッカーあり
    問い合わせ先:舞阪観光協会 053-592-0757
    URL http://www.bentenjima.jp/

    ● お腹がすいたらロケーション抜群のカフェでランチ!

    南国ムード満点の店内は、ハワイのビーチカフェのよう! ハンバーガーやロコモコにもキッズメニューがあるからうれしいですね♪
    ◎取材ママレポート 弁天島の「DRINK&FOOD LEADER」でランチ

    まだまだあるよ! 浜名湖~奥浜名湖周辺の収穫体験

    地引網

    ● 竜ヶ岩洞あゆ狩り園

    神宮寺川の横で夏場のみオープンするあゆ狩り園です。水深の浅いいけすに放されたあゆをつかみ取り! ぬれてもOKな服装で、思いっきり動けるようにしていきましょう♪
    【住所】浜松市北区引佐町田畑19
    【実施期間】2018年7月14日~9月2日まで毎日
    【申し込み】ネット予約可
    【料金】700円/匹(税込) *捕まえた分の焼あゆと交換
    【所要時間】30分以内
    【問い合わせ】053-543-1155
    【URL】https://ryugashido-furusato.jimdo.com/

    ● かんざんじ温泉サンビーチ 地引網体験

    子ども会やクラスのお友だちファミリーを集めてこんなイベントがあれば子どもたちは大盛り上がり。採れたさかなは持ち帰りOKだから、そのまま海鮮バーベキューをすればさらに楽しめます。
    【会場】かんざんじ温泉サンビーチ
    【実施可能期間】2018年05月13日~10月31日(7/21~23、7/28~29、8/4~5、8/11~15を除く)
    【実施人数】20名位~可能
    【料金】1網料金 30名まで85,000円、50名まで95,000円
    【問い合わせ】053-487-0152
    【URL】http://www.kanzanji.gr.jp/event/1881/

    ● つづさき観光 ぶどう園

    秋が旬と思いがちなぶどう狩りですが、実は8月中旬からスタート! ジューシーな採れたてのぶどうの味は格別です。
    【住所】浜松市北区三ヶ日町津々崎8303-1
    【電話】053-523-8826 (事務所)
    【URL】http://mikkabi.jp/tudusaki.html

    この他にも、おでかけ情報が満載の「イベントカレンダー」を参考にしてくださいね!

    次回の「浜名湖で体験!」特集は7月25日(水)掲載です。お楽しみに♪

     

    夏休み情報
  • あいホールはままつ女性カレッジ

    2018年7月15日

    昨年度、あいホールで実施された講座「第4期はままつ女性カレッジ」を受講しました。託児無料に惹かれ、2歳と1歳の子どもを預けての受講でした。この年のテーマは、『自分ゴトから社会へ~ワタシの想いはミンナの想い~』。自分たちが日頃感じるモヤモヤを出発点としてテーマを決め、解決の方法について学びました。

    講座の様子1

    講座の様子2

    女性カレッジの大きな特徴は、グループワークです。約半年間、同じグループのメンバーで、発表に向けて調査をすすめていきます。講座実施日以外にも自分たちで集まったり、メールで情報交換したりして何度も話し合いました。こんな経験は学生の時以来! とても濃密な時間をメンバーと過ごすことができました。

    講座の様子3

    多くの人の前でプレゼンテーションを行った2月の発表はとても緊張しましたが、何ともいえない充実感、達成感を得ることができました。

    女性カレッジを通して、育児や家事のことで一日が過ぎていってしまう日常から、何か自分にもできることを始めたいという前向きな想いを抱くことができました。第5期女性カレッジは、7月16日申し込み開始です。

    ■あいホールはままつ女性カレッジ
    【住所】 浜松市中区幸3丁目3番1号
    【電話】 053-412-0351 (男女共同参画推進事業)
    【対象】 20代~40代の女性
    【定員】 15名
    【申込み方法】 電話または、あいホールHPの「講座・イベント情報」から申し込み
    【託児対象】 1歳から就学前の子ども
    【子連れに便利な設備】 子ども用トイレ、授乳室、オムツ替台有
    【駐車場】 有(1回100円)
    【URL】 https://ai-hall.com/

    文/よこ

    イベント(通年・不定期)
  • 豊橋市 高師緑地公園

    2018年7月13日

    梅雨入りした6月の曇りの土曜日に、アイプラザ豊橋で行われた講演に5歳の娘と2人で参加しました。講演が終わり、体を動かせずに不満な娘と車での帰宅途中、大きな公園を発見! 高師緑地という公園で、もちろん寄り道していきました。

    複合遊具

    園内には運動場や馬場もあるとても広い公園でした。広場には浜松周辺では見かけない遊具など、たくさんの連結遊具があり、娘は6種類の大型遊具を満喫していました。

    登り棒

    複合遊具2

    子どもの身体能力を高めるためか手の力を使うぶら下がり遊具が多く、大人もつき合って遊ぶには手袋必須で、筋肉痛も覚悟したほうがいいかもしれません。

    ぶら下がって遊ぶ

    広々した園内

    大型遊具の後は、定番のブランコ、シーソー、鉄棒をしました。最近、幼稚園でできるようになった逆上がり、前回りをしていたら雨が降り出したため帰宅することに。今回は遊具広場しか遊べず、ほかの場所は体験できませんでした。

    マップ

    浜松からは浜名BP、23号BPを利用し車で1時間ほどで、とてもアクセスがよくおすすめの公園です。

    文/まっち

    高師緑地公園

    住所 豊橋市高師町字北原44
    電話 豊橋市公園緑地課 0532-51-2650
    子連れに便利な設備 トイレ有
    駐車場
    アクセス方法 公共交通機関:豊橋鉄道渥美線『高師駅』下車徒歩約3分
    URL http://www.city.toyohashi.lg.jp/4008.htm

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    公園
  • カナメ神宮

    2018年7月12日

    梅雨明け間近な夏空の下、3歳の娘と奥山の方までドライブに行きました。竜ヶ岩洞を過ぎる頃、「カナメ神宮」という看板を見つけ、向かってみることにしました。竜ヶ岩洞から10分ほど、西に進むとあります。

    看板

    駐車場は広く、空いていたのでベビーカーで来ても隣の車を気にする必要もないくらいでした。境内は子連れでも回れるほどの広さで、娘も興味のある所を自由に歩き回ることができました。

    入口

    境内

    龍の手水は、娘も手が届く高さでした。カナメ神宮は明治天皇の勅命により継承され、「悪縁切り」などにご利益があるそうです。静かな奥山の地にあるので気分をリセットしたいときなどに訪れてみるのもいいかもしれませんね。

    龍の手水

    御朱印

    毎年、3月下旬から4月上旬には源平しだれ桃が咲き誇り、観光客で賑わうそうです。一本の木で白と淡いピンクの二色、もしくは三色に咲くそうです。春になったらまた娘と訪れてみたいと思います。

    文/ショコラ

    カナメ神宮

    住所 浜松市北区引佐町奥山1737-341
    電話 053-543-0241
    料金 御朱印購入300円
    子連れに便利な設備 トイレ有
    駐車場 有10台ほど(無料)

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    近場でレジャー(市内・近郊)
  • ☆2018夏☆浜松だから家族で「うなぎ」!

    2018年7月11日

    いよいよ夏本番! 海に山にとたくさんおでかけしたいけど、猛暑が続くと体力が心配……。そんな時に食べたいのが、浜松の名産品でもある「うなぎ」です。ぴっぴの取材スタッフおすすめのうなぎ店や、親子で楽しめるイベントをまとめました。今年の土用丑の日は7月20日と8月1日の2回あるそうです。おいしくてスタミナ満点のうなぎを食べて、子どもたちと思いっきり夏を楽しみましょう♪

    ☆2018夏☆浜松だから家族で「うなぎ」!

    子どもがよろこぶ!うなぎのお店

    取材スタッフおすすめのうなぎ店を紹介しています。味はもちろんのこと、雰囲気や景色も楽しめるお店が勢揃い。居心地のいいお座敷やお子様メニュー対応があれば、家族みんなでおいしいうなぎが堪能できます。

    曳馬野

    ● ホテル九重 割烹曳馬野

    舘山寺温泉の「ホテル九重」内にある浜名湖産うなぎの専門店。ガラス張りの店内から望む浜名湖に感動!
    (浜松市西区館山寺町)

    取材スタッフのおすすめコメント

    納涼亭

    ● 納涼亭

    天竜区の鹿島橋近くにある歴史あるうなぎ店。小さな子と一緒でも気軽に食事が楽しめる工夫がいっぱい。
    (浜松市天竜区二俣町)

    取材スタッフのおすすめコメント

    鰻昇亭

    ● 鰻昇亭 下江店

    広々としたお座敷や駐車場があり、子連れも安心。揚げ物の定食などメニューが豊富なのもうれしい。
    (浜松市南区下江町)

    取材スタッフのおすすめコメント

    かんたろう

    ● 炭焼うなぎかんたろう

    浜松では珍しい関西風の調理法。週末や繁忙期は予約不可のため、早めの来店か電話確認を。
    (浜松市南区飯田町)

    取材スタッフのおすすめコメント

    かねりん

    ● かねりん鰻店

    2016年にリニューアルオープンした店内からは、緑がうつくしい中庭が眺められる。お子様丼もあり。
    (浜松市西区入野町)

    取材スタッフのおすすめコメント

    おうちで楽しむ持ち帰りうなぎ専門店

    子どもが小さくて外食が難しい時期は、持ち帰りを利用すれば自宅でゆっくりとおいしいうなぎが味わえます。専門店のうなぎは水や焼き方にもこだわりあり! 発送などの対応もしてくれるから、夏の贈り物にもぴったりです。

    鈴恭

    ● 鈴恭

    新鮮なうなぎを「手さばき・手焼き」で提供。数に限りがあるので、事前予約してからの来店がおすすめ!
    (浜松市西区篠原町)

    取材スタッフのおすすめコメント

    うなぎのイベントいろいろ

    浜名湖うなぎまつり

    ● 今切体験の里 海湖館 体験企画「うなぎつかみ」

    自分の手でつかまえたうなぎをその場で焼き上げ、あつあつのうな丼にしてくれます。つかみ取りは、子どもたちが盛り上がること間違いなし!

    【開催期間】平成30年4月28日~10月14日の土曜・日曜・祝日、夏休み期間(7/28~8/26) 
    *定休日・月曜または祝日の翌日
    【場所】浜名湖今切パーク「海湖館」前 (湖西市新居町新居弁天)
    【電話】きらく市食堂  090-8186-1217
    【料金】うなぎつかみ体験 3,400円(1匹) *体験料・ガス代込 【事前予約制】
    【URL】http://araichokanko.com/

    ● 新居弁天わんぱくランドオープンイベント

    新居弁天の屋外プール「わんぱくランド」では、7月14日のオープン当日に「子どもうなぎつかみ大会」を開催! 捕まえたうなぎはその場でさばいてくれ(100円)、持ち帰ることができます。

    【日時】平成30年7月14日(土) 10:30~
    【住所】湖西市新居町新居3288-201

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ● 浜名湖自慢天保 養鰻場見学(うなぎ探検隊)

    浜松で唯一「養鰻場」の見学を実施しているお店です。毎日うなぎを飼育している池番ガイドが、楽しくわかりやすく広大な養鰻場を案内します。見て触って、子どもも大人も楽しめるツアーです!

    【住所】浜松市西区白洲町3353-1
    【電話】053-487-1896
    【料金】大人500円、中学生以下無料 *お店で利用できる500円券付き
    【実施期間】実施期間 4月中旬~9月下旬
    【URL】http://www.unagi-tenpo.com/youmanjyou/

    ● 浜名湖うなぎまつり

    毎年秋、浜名湖ガーデンパークで開催されるうなぎ三昧のイベントです。中でも、50メートルもある「うなぎ長巻寿司」作りは大人気! その他もつかみどりやお弁当の販売など、いろいろな形でうなぎが楽しめます。

    取材ママのレポート

    うなぎのスイーツあれこれ

    ● 春華堂うなぎパイファクトリー

    春華堂うなぎパイファクトリー

    手土産としても定番の「うなぎパイ」を製造している工場見学ができます。予約不要、お土産つきなのがうれしい! 施設内の売店では、さまざまな種類のお菓子を販売しています。

    【住所】浜松市西区大久保町748-5
    【電話】053-482-1765
    【開館時間】9:30~17:30 (うなぎパイカフェオーダーストップ17:00)
    *7・8月は 18:00まで営業
    【見学定休日】ホームページカレンダー参照
    【URL】http://www.unagipai-factory.jp

    取材ママレポート

    ● うなぎいも王国&カフェ

    うなぎの骨や頭を肥料にして育てられた遠州産のサツマイモ「うなぎいも」を使ったスイーツのお店です。糖度が高いうなぎいもがふんだんに使われたプリンや焼き菓子は子どものおやつにぴったり!

    うなぎいも王国&カフェ

    【住所】浜松市南区卸本町50
    【電話】053-443-8352
    【営業時間】10:00~18:00
    【定休日】年末年始
    【URL】http://www.unagiimo.com

    取材ママレポート

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    夏休み情報
  • うなぎのお店「かねりん鰻店」

    2018年7月10日

    浜松でうなぎを食べよう

    お座敷 個室 テイクアウト 西区

     

    かねりん

    “取材ママ ショコラ”がおすすめします!

    わが家はうなぎといったら「かねりん」です! 親戚が集まるときにも利用している子どもの頃からの馴染み深い味。2016年に建物が立て替えられ、リニューアルオープンしました。緑がきれいな中庭が眺められるよう、座席も工夫されています。

    ♪ココが子連れにうれしい♪

    店内からの庭

    畳の個室は、家族で過ごすのにぴったりな落ち着いた雰囲気。メニューにミニうな丼があるので、子どもや小食の方も頼みやすいのがうれしいです。

    子どもが大好きな卵焼きでうなぎを巻いた「う巻き玉子」もおすすめ!

    かねりん鰻店

    住所 浜松市西区入野町731
    電話 053-448-9335
    営業時間 11:00~13:45(OS)、17:00~20:00(OS)
    定休日 水曜日、第3火曜日
    子連れに便利な設備 トイレにおむつ替え台有
    駐車場 有 約30台
    URL http://kanerin.net/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    飲食・レストラン
  • うなぎのお店「炭焼うなぎかんたろう」

    2018年7月10日

    浜松でうなぎを食べよう

    お座敷 キッズメニュー テイクアウト 南区

     

    うな重

    “取材ママ hoseco”がおすすめします!

    南区の飯田小学校近くにある人気のうなぎ店です。浜松では珍しい関西風の調理法で、表面は香ばしく身はふっくらした焼き上がり。通常の土日は予約受付できないそう。また、土用の丑近くや夏休み期間中も予約できない場合があるので、電話確認や早めの来店がおすすめです!

    ♪ココが子育て世代にうれしい♪

    お子様丼

    お店は県内外からのお客さんでいつもにぎわっています。私の親族の間でも一番人気のうなぎ店で、味がとても好みです。

    お子様丼や長焼きご飯(蒲焼とごはんが別皿になっているお膳)もあり、家族で行ってもそれぞれちょうどよい量や食べ方で注文できるのがうれしいです。

    炭焼うなぎかんたろう

    住所 浜松市南区飯田町616-2
    電話 053-464-6323
    営業時間 11:00~13:45、17:00~19:45 *混み具合やうなぎの売り切れで短縮される場合あり
    定休日 月曜日・月1回の不定休有り
    駐車場 有 第1駐車場10台・第2駐車場5台・第3駐車場8台
    URL http://www.kantarou-unagi.com/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    飲食・レストラン
  • ◎2018夏◎浜松&近郊7月の花火大会

    2018年7月9日

    夏の夜空を彩る打ち上げ花火。浜松市内やその近郊では、7月から8月にかけて毎週のように花火大会が開催されます。小さな子どもとおでかけする場合は、事前にスケジュールや会場の様子をチェックしておきましょう。日中はゆっくり過ごすなどして体調を整え、家族ですてきな夏の思い出を作ってくださいね。

    20167月の花火大会
    ※掲載情報は2018年6月下旬時点のものです。諸条件により、中止・変更になることがありますので、開催については主催者に直接お確かめください。
    ※8月以降開催のものについては、第2弾として近日中に掲載します。

    浜松市内

    新宮神社夏の祭典

    7月21日(土)19:00~21:00 天竜区春野町和泉平 新宮池
    新宮池は標高500mの山頂に湧き出る水を水源とする池です。池に屋台を浮かべ、夜には花火が打ち上げられます。
    【問合せ】春野協働センター
    【tel】053-983-0001

    かんざんじ温泉灯籠流し花火大会

    7月22日(日)19:30~20:55  西区舘山寺町 内浦湾
    内浦湾へ流す2000基の灯篭と大草山へこだまする大音響のスターマインを含む3000発の花火が楽しめます。
    【問合せ】かんざんじ温泉観光協会
    【tel】053-487-0152
    【URL】http://www.kanzanji.gr.jp/

    秋葉神社奉納花火大会

    7月28日(土) 19:30~21:00頃 天竜区春野町 秋葉山本宮秋葉神社下社前河川敷
    *台風により9月8日(土)に延期
    下社前の気田川河畔でおこなわれます。三河花火で知られる愛知県豊川市古宿の婦組煙火講によって手筒花火70本、仕掛け2基、打ち上げ花火300発を予定しています。
    【問合せ】秋葉神社
    【tel】053-985-0005

    市外近郊

    神事・山名神社奉納花火大会

    7月14日(土)19:30~袋井市太田川河川敷
    山梨祇園祭りの中日に行われる花火大会。町内で見られる山車も雅な風情。
    【問合せ】遠州山梨祇園祭り 祭典本部
    【tel】0538-48-7707
    【URL】http://www.city.fukuroi.shizuoka.jp/kurashi/event/1528441675829.html

    遠州新居手筒花火(諏訪神社奉納煙火)

    7月27日(金)19:30~21:00 新居小学校校庭 、28(土)19:15~21:00 新居中学校校庭
    2日間で2000本もの手筒花火。火の粉が降りそそぐ中、練り歩く伝統の花火大会。
    【問合せ】湖西市新居地域センター
    【tel】053-594-1111
    【URL】http://kosaicity.com/posts/event57.html

    静波海水まつり花火大会

    7月27日(金)20:15~20:55(航空機離発着がある場合、時間変更あり)榛原町 静波海岸
    海面に放たれる花火や水面に広がる水中花火など、海ならではの1,000発のダイナミックな花火!
    【問合せ】牧之原市観光協会
    【tel】0548-22-5600
    【URL】http://www.makinoharashi-kankoukyoukai.com/

    静岡市

    安倍川花火大会

    7月28日(土) 19:00~21:00頃 15000発。静岡市 安倍川橋上流 雨天順延
    スケールの大きな花火が魅力。美しさも、打ち上げ数も、県下トップクラスの花火大会!
    【問合せ】安倍川花火大会本部
    【tel】054-221-7199
    【URL】http://welltec.jp/abekawa-hanabi/

    愛知県

    豊橋祇園祭花火大会

    7月20日(金)18:00~宵祭り 18:30~神前花火奉納(吉田神社境内)
    7月21日(土)18:00~ 打ち上げ花火 昼の部終了後次第、夜の部開始(豊川河畔)
    7月22日(日)17:00~ 神輿渡御 (吉田神社出発) 頼朝行列・饅頭配り・笹踊り
    手筒花火発祥の地、日本三大花火の伝統を今に受け継ぐ花火大会。
    【問合せ】豊橋祇園祭奉賛会事務局
    【tel】0532 -53-5528
    【URL】https://www.toyohashigion.org/

    蒲郡まつり

    7月29日(日)19:30~21:00 愛知県蒲郡市 蒲郡埠頭ほか 祭りは7/28・29の2日間
    光だけでなく、音でも魅了するミュージックスターマインは必見!
    【問合せ】蒲郡まつり実行委員会(蒲郡市観光商工課)
    【tel】0533-66-1120
    【URL】http://gamagorimatsuri.com/

    豊田おいでんまつり 花火大会

    7月29日(日)19:10~21:00 矢作川河畔 白浜公園一帯
    東海地区最大級!夏の夜を包む優美な花火に魅せられます。
    【問合せ】豊田おいでんまつり実行委員会
    【tel】0565-34-6642
    【URL】http://www.oidenmaturi.com/hanabi/index.html

    ♪子連れで花火大会を楽しむポイント♪

    • 楽に観覧できそうなエリアを事前にリサーチ
    • 昼間のうちに、たっぷりお昼寝を
    • 迷子にならないよう、しっかり手をつないで
    • レジャーシートなど、お助けグッズを持参する
    • 帰りの渋滞や混雑を避け、早めに切り上げて会場を離れる

    ★第2弾「2018夏 8月の花火大会」に続く★

    夏休み情報
  • うなぎのお店「鈴恭」

    2018年7月9日

    浜松でうなぎを食べよう

       テイクアウト 西区

     

    鈴恭白焼き

    “取材ママ むう”がおすすめします!

    西区にあるうなぎの持ち帰り専門店です。新鮮なうなぎを「手さばき・手焼き」で提供してくれます。そのため量には限りがあるので、事前予約してからの来店がおすすめ! 白焼きのほか、うなぎの佃煮も人気です。

    ♪ココが子育て世代にうれしい♪

    看板

    うなぎの白焼きはアツアツに温めて、ワサビ醤油や塩でたべるもよし、たれを使ってかば焼きにするもよし。家でゆっくり好みの食べ方が楽しめます。

    オンラインショップもあるので、遠方の親戚やお友だちへの贈り物にもぴったり。自宅用お買い得商品の冷凍便もあります!

     

    鈴恭

    住所 浜松市西区篠原町21627
    電話 0120-47-5004(フリーダイヤル)
    営業時間 9:00~18:30
    定休日 年中無休
    駐車場
    URL https://www.unagi-suzukyo.com/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    お店
  • 和地山公園

    2018年7月8日

    よく晴れた休日3歳と2歳の息子たちと和地山公園に出かけました。今回の目的は、公園東側の遊具広場にあるジャングルジム!

    ジャングルジム

    和地山公園のジャングルジムは通常のものより小さく、幅が狭くなっているため、小さな子でも上りやすくなっています。ジャングルジムを上ることをこわがる長男も、ここでならできるかも思い行ってきました。

    兄弟で上る

    いつもはこわくなってすぐに下りてきてしまう長男も、自分でどんどん上って満足そう! うれしそうにジャングルジムから続くすべり台を下りてきました。

    隣にある車輪のついた遊具は息子たちの大のお気に入り。長男は何とか足が届き、自分で動かすことができました。次男も、兄が動かしてくれる遊具に乗ってうれしそう。 

    回転遊具

    散歩道

    ほかには、ブランコと砂場があります。園内は広く、緑が多いので、お散歩にもおすすめですよ。

    文/よこ

    和地山公園

    住所 浜松市中区和地山3-10-1
    子連れに便利な設備 多目的トイレ(オムツ替台有)
    駐車場 有(西側大駐車場 85台、西側小駐車場17台、集会所前駐車場は集会所利用者のみ使用可能)
    アクセス方法 浜松市城北図書館の南側

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    公園
  • うなぎのお店「鰻昇亭 下江店」

    2018年7月7日

    浜松でうなぎを食べよう

    お座敷 個室 キッズメニュー テイクアウト 南区

     

    鰻昇亭

    創業40余年の老舗うなぎ専門店です。和風の落ち着いた店内で、庭園を眺めながらふわふわのうなぎが味わえます。広々とした駐車場がありメニューも豊富なので、家族で行くのにぴったりのお店です。

    “取材ママ hoseco”のおすすめポイント

    お座敷

    とても広いお座敷があるので、小さな子ども連れも安心です。大人分は食べきれない子どもにちょうどいいボリュームの「お子様丼」があるのがうれしい♪

    うなぎに加えて、エビフライなどの定食も充実しています。わが家はこちらのトンカツも大好きでうなぎとダブルで頼んじゃいます!

    鰻昇亭 下江店

    住所 浜松市南区下江町454
    電話 053-425-4026
    営業時間 平日 11:00~14:30、17:00~(LO20:00)
    土・日・祝 11:00~(LO20:00)
    定休日 水曜日
    子連れに便利な設備 多目的トイレ有
    駐車場 有 40台以上
    URL http://manshotei.com/shopinfo.html

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    飲食・レストラン
  • うなぎのお店「納涼亭」

    2018年7月5日

    浜松でうなぎを食べよう

    お座敷 個室 キッズメニュー テイクアウト  天竜区

     

    納涼亭

    “取材ママ マナ”がおすすめします!

    天竜区の鹿島橋近くにある昭和2年から開業しているお店です。大きく湾曲する天竜川を見下ろす崖沿いの立地です。大きなガラス窓からは川と続く山並み、鉄橋を通る天浜線が見え、気持ちのよい眺めを楽しみながら食事ができます。個室の予約もできるので、改まった席にもOKです。

    ♪ココが子連れにうれしい♪

    お子様ランチ

    お座敷があり、乳児や幼児と一緒でも安心して食事が楽しめます。うなぎはもちろん、鮎のお料理もおすすめ。お子様ランチもあり、子どもにはちょっとしたお土産も!

    壁にはお店の歴史をあらわすモノクロ写真が飾ってあり、見て過ごすと待っている間も飽きません。2歳の長男はSLの写真にいつも夢中になります。

    納涼亭

    住所 浜松市天竜区二俣町鹿島1-10
    電話 053-925-2238
    営業時間 11:00~14:00、17:00~20:00
    定休日 月曜日(祝日の場合は火曜定休)
    駐車場
    子連れに便利な設備 子ども用イス有、離乳食や誕生会用ケーキ類の持ち込みOK
    URL http://noryotei.web.fc2.com/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    飲食・レストラン
  • 竜洋海浜公園オートキャンプ場で「初めてのキャンプ体験」

    2018年7月4日

    5歳の息子が「テントでお泊まりしたい」と言い出しました。息子の願いをかなえるため、竜洋海洋公園オートキャンプ場で行われた「初めてのキャンプ体験」というイベントに家族で参加してきました。

    全景

    このイベントでは、テントやタープの設営方法などキャンプに必要な知識を楽しみながら習得できます。キャンプ用品もセットになっているのでとても助かります。

    スケジュール

    レンタル品

    大勢の親子連れが集まる中、テントとタープの設営方法の説明をしてくれたのはキャンプ歴40年のベテランキャンパー。

    説明

    「ここはお子さんにやらせてあげてください」「親子でゆっくり一緒にやるのがキャンプの楽しみです」など、時々声かけして家族で仲よく楽しく過ごすポイントも伝授してくれます。ほかにも数名の先生がいて、分からないところはやさしく教えてくれます。息子も率先してペグ打ちを手伝ってくれました。

    2時間ほどでテントとタープの設営が完了し、キャンプ場主催のイベントに参加。この日のイベントは「靴飛ばし」で、幼児~101歳まで年齢別に行われます。子どもたちに負けないように大勢のパパ・ママも、思いきり靴を投げ飛ばし、たくさんの笑顔が見られました。

    ウェルカムイベント

    夕食は定番のカレー作り。飯盒(はんごう)でご飯を炊き、大きな寸胴でカレーを煮込みます。みんなで作ったカレーはとてもおいしかったです。

    カレー作り

    食後はフリータイムで、敷地内にある温泉に入り夜を迎えます。日が沈むと近くの海岸の波の音がはっきり聞こえてきました。たった1泊のキャンプの中でたくさんの自然を感じることができました。翌朝は各自で朝食を済ませ、テントとタープの撤収作業。記念撮影などがあり、解散となりました。

    息子は念願のテント泊に大満足。私もパパも楽しくキャンプデビューができ、いい思い出になりました。「キャンプ体験」は毎年4月と6月に開催されています。親子でキャンプデビューにいかがでしょうか?

    ■初めてのキャンプ体験
    【開催日程】 2018年6月16日13:00~17日11:00(1泊)
    【申し込み】 電話にて予約制(0538- 59-3180)
    【参加費】
    基本料・・・10,000円
    1名・・・1,500円(幼児500円)
    ※料金は基本料、参加人数×1,500円(500円)、清掃協力費(100円)の合計

    文/みきこ

    竜洋海洋公園オートキャンプ場

    住所 磐田市駒場6866-10
    電話 0538- 59-3180
    受付時間 9:00~17:00
    駐車場 有(無料)
    URL http://www.ryu-yo.co.jp/AUTO/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    アウトドア・キャンプ
  • うなぎのお店「ホテル九重 割烹曳馬野」

    2018年7月3日

    浜松でうなぎを食べよう

        西区

     

    うな重

    “パパ特派員 まっち”がおすすめします!

    観光地としても有名な舘山寺温泉の「ホテル九重」内にある浜名湖産うなぎの専門店です。ロケーションがいいので、県外からのお客さんと一緒に訪れる場所としてもおすすめです。日帰り温泉とセット(別料金)にすれば一日楽しめます!

    ♪ココが子連れにうれしい♪

    店内からの景色

    味がいいのはもちろんですが、景色がきれいなところがお気に入りのお店です。全面ガラスばりのテーブル席からは浜名湖が広く見渡せ、晴れた日は最高です。

    外を眺めていれば子どもも飽きずに過ごせます。ホテル内のお店なので駐車場が広く、予約ができるところも助かっています。

    ホテル九重 割烹曳馬野

    住所 浜松市西区舘山寺町2178
    電話 053-487-1112
    営業時間 11:30~14:00(ラストオーダー13:30)
    子連れに便利な設備 ホテル内に多目的トイレ有
    駐車場 有120台 無料(予約不要)
    URL https://hamanako-kokonoe.jp/dayplan/unagi/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    飲食・レストラン
  • 親子で行ける 手ごねパン教室

    2018年7月2日

    ママだって習いごとをしたい、さらに子どもも楽しんでくれたら。そんな願いをかなえてくれるパン教室に行ってきました。

    レッスン風景

    教室は先生の自宅。先生も子どもがいるので、リビングには子ども用のイス、DVDが見られるテレビやおもちゃがたくさん。参加者の子どもたちはおもちゃに夢中です。

    子どもたち

    リビングはキッチンから見渡せるので、子どもの様子を見ながらレッスンを受けられるので安心です。パン作りのために作られたようなすてきなキッチンで、レッスンスタート。レッスンは少人数なので、分からないことはていねいに教えてもらえます。また計量から仕上げまで、全工程を自分でできるのもうれしいです。パン生地をこねる工程は粘土遊びに似ているのか、一緒にやっている子どもも楽しそうです。

    レッスン風景2

    パン生地を発酵させている間は授乳したり子どもと一緒に休憩したりできます。焼き上がりを待つ間は、先生の手作り料理でランチタイム。これも楽しみの一つです!

    ランチタイム

    先生が明るくて楽しい方なので、参加者同士も打ち解けて楽しい時間はあっという間でした。でき上がったパンは持ち帰れるので、家に帰ってからも楽しみが続きます。今回は小さなふわふわパンがつながった形の「紅茶のちぎりパン」を作りましたが、「いいにおいがする!」と子どももおいしそうに食べていました。

    焼き上がり

    レッスン内容は、月替わりですが、毎回おいしそうなので要チェックです。

    文/hiromiko

    手ごねパン教室「こねこ」

    住所 浜松市南区 (自宅教室につき、予約申込者へ詳細連絡)
    料金 3,600円 (レッスン内容によって変わるため、詳細はブログ参照)
    問い合わせ先 coneco32@yahoo.co.jp
    駐車場
    URL http://coneco.hamazo.tv/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    スクール&サークル
  • ららぽーと磐田9周年「しっぺい」館内グリーティング

    2018年6月30日

    梅雨に入ろうとしている6月の日曜日、家族3人でららぽーと磐田を訪れました。目的は買い物ではなく、磐田市イメージキャラクター「しっぺい」に会うことです。

    しっぺい2

    年中の娘は、「しっぺい」の大ファンです。ららぽーと磐田では、年間数回キャラクターグリーティングを行っており、磐田市の公式イメージキャラクターである「しっぺい」も何度か登場します。

    大規模なイベントと違い、とても近くで「しっぺい」と触れ合うことができ、写真も気軽に撮ることができました。

    館内をめぐる

    昨年度はお盆の時期や年末、「しっぺい」の誕生会の1月20日にグリーティングがありました。詳しくはららぽーと磐田や「しっぺい」のオフィシャルサイトなどで予定を確認してみてください。

    今回のキャラグリでは「しっぺい音頭」が流され、歌詞とダンス振付のチラシを配布していました。

    しっぺい

    磐田市内の幼稚園などでは、園児がダンスを覚えて普段から踊っているそうです。インターネットでも振付動画を見ることができるので、皆さんも覚えて「しっぺい」と一緒に踊ってみてはいかがでしょうか。

    ■しっぺいグリーティング
    【開催日程】 2018年6月3日(日)、10日(日)
    【開催時間】 (1)13:00~13:30 (2)14:00~14:30
    【開催会場】 ららぽーと磐田館内各所
    【URL】 http://shippei.jp/ondo/ (しっぺい音頭)

    【今後のイベント】
    「しっぺい音頭」のイベントをららぽーと磐田で開催!
    ◎しっぺい音頭ミニ教室
    しっぺいと一緒にしっぺい音頭を覚えよう♪
    日程:2018年8月10日(金)、17日(金)
    時間: 17:00~
    場所: 1F東広場(8月10日)、1F中央広場(8月17日)

    ◎ららぽ磐田納涼祭
    覚えたしっぺい音頭を、しっぺいと一緒に踊ろう♪
    日時:2018年8月19日(日)
    時間:15:00~
    場所:1F グリーンステージ *雨天時は中央広場にて開催

    文/まっち

    三井ショッピングパーク ららぽーと磐田

    住所 磐田市高見丘1200
    電話 0538-59-0100(受付10:00~18:00)
    営業時間 買い物/フードコート/カフェ 10:00~21:00
    駐車場 有 約3,400台
    アクセス方法 【車】東名高速道路 遠州豊田スマートICから500m/磐田BP見付ICから約3km
    【バス】磐田駅北口から路線バス約20分
    URL http://www.lalaport-iwata.com/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    イベント(通年・不定期)