子連れでおでかけ

子どもと一緒に楽しめる浜松市&周辺地域の施設・公園・イベントなどを、取材ママ・パパ特派員がレポートします。

  • 浜松まちづくりセンター祭

    2010年3月26日

    浜松まちづくりセンター祭に行ってきました。
    わが家からは徒歩圏内なので、散歩を兼ねて行きました。
    まちづくりセンターに行くのは初めてだったのですが、風船で作られた門があって、すぐにわかりました。

    浜松まちづくりセンター祭

    なかに入ると、子どもから年配の方まで多くの人でにぎわっていました。
    館内2階の、全てのフロアーに色々なブースが作られていました。

    子どもたちがまず向かったのは、バルーンアートのコーナーでした。
    ピエロのお姉さんと一緒に、剣を作りました。
    うまく空気が入らずに手こずっていたのですが、完成すると、
    とても満足した様子で、2人で戦いごっこを始めていました。

    浜松まちづくりセンター祭

    2階にあがると、ペットボトルのキャップを使って作品を作るコーナーがありました。
    子どもたちは、かなりの時間をかけて、思い思いに自分の作品を作りあげていました。

    浜松まちづくりセンター祭

    ひまわりのとてもかわいい作品も展示しててありました。
    普段何気なく見ているボトルキャップですが、こういう風に使うと立体的な作品にも仕上がり、
    アートになるんだなぁと驚きました。

    また、空き缶を利用した花瓶も作りました。
    缶のまわりに色テープを巻いて、折り紙で作った雛人形を貼り付けました。
    花も自分で選ばせてもらえて、とてもかわいく仕上がりました。
    娘は、いつも疲れると抱っこを要求するのですが、この作品がとても気に入ったようで、泣き言一つ言わず、家に帰るまでずっと自分で持って歩いて帰りました。

    ほかにも、私は竹細工のコーナーが良かったです。
    かぐや姫のように、竹の中に女の子の人形が入ったものや、竹かごなど、さまざまな竹製品が
    ありました。希望すれば作品も購入できるようでした。
    竹細工作り体験もできて、中学生くらいの子が、のこぎりで一生懸命竹を切って作品を作っていました。

    絵本や紙芝居の読み語りや、展示即売会、軽食コーナーもあり、終日楽しめそうでした。
    土曜日曜とそれぞれ違うイベントも行われていました。
    毎年行われているようなので、ぜひ来年は情報をチェックしてお出かけしてみてください。

    文/みるるん

    第8回浜松まちづくりセンター祭

    日時 2月27・28日(土・日)10:00~16:00
    場所 浜松まちづくりセンター(浜松市中区中央1丁目13-3)
    電話 053-457-2616
    主催 浜松まちづくりセンター     
    http://www.hamamatsu-machi.jp/town/action/center/

    イベント(冬)
  • ◎春のお花特集2010◎桜!

    2010年3月22日

    寒桜・雛桜・河津桜・彼岸桜・・・と、季節の移ろいとともに花開く桜。
    3月16日には浜松市中区でソメイヨシノが開花しました!!
    など、ホットな桜情報が(財)浜松公園緑地協会のホームページに紹介されています。
    http://www.hama-park.or.jp/

    桜・・・といえば桜餅。
    薄焼きにした皮で餡を包む江戸風桜餅「長命寺(ちょうめいじ)餅」と、蒸した道明寺粉(もち米を蒸して乾燥させたものを粗く砕いたもの)で餡を包む上方風桜餅「道明寺(どうみょうじ)餅」がありますが、どちらも塩漬けの桜葉の香りがすがすがしいですね。お抹茶と一緒にいただけば、ちょっと背筋ものびて、春を実感(実食?)!

    花粉症の方には厳しい季節かも知れませんが、明るい陽ざしの中、桜を求めていつもより少し長いお散歩はいかがでしょうか?

    桜にちなんだイベントも各地で予定されています。
    ぴっぴのイベントカレンダーも、ぜひご覧くださいね!

    近場でゆっくりお花見

    ●浜松城公園
    ソメイヨシノ・シダレザクラ・ヤマザクラ約360本。
    浜松を代表するお花見スポット。
    3/26~4/11 浜松城公園さくらまつり
    問合せ:公園管理課 tel:053-473-1829
    観光コンベンション課 tel:053-457-2295

    ●佐鳴湖公園 西区入野町
    ソメイヨシノ・ヤマザクラ・ヤエザクラ約730本。
    駐車場有。

    ●浜松市博物館 蜆塚公園
    4/3 4/4 さくらまつり 
    問合せ:tel:053-456-2208

    ●はままつフラワーパーク
    ソメイヨシノ・ヤエザクラ約1300本
    3/20~4/18 桜まつり&チューリップフェア
    3/27~4/11 夜間開園18:00~21:00(最終入園:20:30)
    問合せ:info@e-flowerpark.com tel:053-487-0511
    http://www.e-flowerpark.com/event/index.html#

    ●はままつフルーツパーク
    ソメイヨシノ・ヤエザクラ・オオシマザクラなど約600本
    その他、季節のフルーツの花や収穫が楽しめる。
    問合せ:はままつフルーツパークtel:053-428-5211
    http://e-fruitpark.com

    ●西ノ谷公園 西区雄踏町宇布見
    ソメイヨシノ・オオシマザクラ・サトザクラなど150本
    西に浜名湖、南に雄踏の町並みが見渡せる眺望地。
    自然遊歩道やアスレチック広場がある自然公園。

    ●奥浜名湖さくら道 北区引佐町~三ヶ日町
    「扇山林道」に約7.5Kmの桜のトンネル。
    東名浜松西ICよりR247経由30分
    問合せ:tel:053-542-1113 いなさ観光ガイド

    ●浜名湖サービスエリア 北区細江町
    浜名湖を一望に見渡せるお花見スポット。
    東名高速三ヶ日IC~浜松西IC間

    ●大平洋富士見 浜北区
    森林公園西北の山地最上部
    遠州灘と南アルプスが眺望できる。
    ソメイヨシノ50本
    東名浜松ICから30分 駐車場あり
    問合せ:tel:053-585ー1116

    ●岩水寺 浜北区根堅
    有志等が復活させた「桜の里」
    東名袋井ICから20分 駐車場あり 無料
    問合せ:tel:053-583-2741

    ●いなさ桜まつり●

    ●城山公園 
    ソメイヨシノ約100本。  
    浜名湖が一望できる高台の公園。
    問合せ:tel:053-542-1113 いなさ観光ガイド

    ●奥山公園 
    ソメイヨシノ約1000本。  
    方広寺入り口周辺。
    問合せ:tel:053-542-1113 いなさ観光ガイド

    ●奥山高原 
    ソメイヨシノ・ヤエザクラ約300本。
    期間後半にはヤエザクラのトンネル。
    入園料:3歳児以上500円
    問合せ:奥山高原 tel:053-542-1111

    ●第57回 姫様道中
    ソメイヨシノ約300本。
    4/3 4/4 都田川桜堤をお姫さまが百余名を従えて道中行列。
    問合せ:浜松市姫様道中実行委員会 tel:053-523-1113

    ●天竜の桜●

    ●鳥羽山公園
    ソメイヨシノ・ヤエザクラ・オオシマザクラ・ヤマザクラ約1000本
    園内には大きなローラー滑り台。
    天竜浜名湖鉄道・二俣本町駅から 徒歩約15分
    駐車場180台あり。
    問合せ:天竜区役所産業振興課 tel:053-922-0033

    ●船明ダム
    二俣川沿いに約200メートルの桜並木。
    ソメイヨシノ約250本
    天竜区・国道152号線沿い

    ●佐久間ダム
    ダム湖を取り囲むように桜が開花。
    ソメイヨシノ約100本
    天竜区・佐久間町

    ●二俣川
    二俣川沿いに約200メートルの桜並木。
    ソメイヨシノ約130本
    天竜区・山東 国道362号線沿い

    ●秋葉ダム周辺 浜松市天竜区(竜山村)
    東名磐田、浜松ICから60分 駐車場なし
    問合せ:tel:0539-69-0311

    ●水辺の小径 水窪 
    JR飯田線水窪駅から、水窪川に沿ってのびる約800メートルの小道。
    ソメイヨシノ 
    問合せ:tel:053-969-0388

    ●ちょっこと遠出●

    ●小国神社 森町一宮
    境内の脇宮川沿いに1000本余りの桜
    東名袋井ICから20分 駐車場あり無料
    問合せ:tel:0538-89-7302

    ●法多山 袋井市
    東名袋井ICから20分
    問合せ:tel:0538-43-3601

    ●磐田市営つつじ公園 磐田市
    見付天神の裏山一帯に広がる公園
    東名磐田ICから10分 駐車場あり
    問合せ:tel:0538-33-1222

    ●獅子ヶ鼻公園 磐田市
    ヤマサクラを中心とした桜並木
    東名磐田ICから20分
    問合せ:tel:0538-33-1222

    お花見・紅葉情報
  • たけし文化センター

    2010年3月19日

    「たけし文化センターBUNSENDO」に行ってきました。
    この文化センターは、連尺の旧文泉堂書店跡地で、2009年10月末~2010年3月22日の期間限定で開館しています。
    「たけし」とは、知的障がいをもつ久保田壮(たけし)くんのことで、県立浜松支援学校中等部2年の男の子です。
    詳細は、たけぶんブログをご覧ください。
    彼の目線を大切に、障がいのある人やそうでない人、いろんな分野・世代の人が誰でも利用できるようにというコンセプトのもとで開いているフリースペースですが、ちょっと不思議なアートっぽい空間でした。
    正直、入り口はちょっと入りづらい雰囲気です。
    外からは室内の様子があまり見えないため、内心ドキドキしながら、小1と4歳の娘と一緒にお邪魔しました。
    会議や講座など何でも利用できる貸しスペースがあるのですが、仕切られた空間があるわけではなく、ワンフロアのスペースに椅子やソファとテーブルが無造作な感じで置いてあり、アットホームな感じです。
    カフェ奥にはカフェのスペースもあります。ドリンクは参考価格。
    何と、自分で値段を決めることができます。
    こちらにはこたつも置いてあり、自宅にいるような感覚になってしまいました。
    その他にも、古本販売しているスペースや、ドラムや電子ピアノ・木琴などの楽器があったり、ちょっとした玩具が置いてあったりと、まさに何でもありです。
    開館期間中には、コンサートや紙芝居・紙つくりなどのいろいろなイベントも開催されていました。
    たけし文化センターには誰でも入れる美術部というのがあって、部員の個性的な絵や造形物などの作品が置いてありました。
    どれも味のある作品で、見ていて楽しかったです。
    我が家の娘たちはというと、最初はどうしていいかわからずに、キョロキョロ。
    楽器椅子に座ったり、本棚の本を触ったりしていたのですが、楽器を見つけたとたん、好き勝手に叩いたり弾いたりして遊んでいました。
    次女は初めて触るドラムが気に入った様子で、あまりにもバンバン叩くので「勝手に触っちゃダメだよ。」と私が注意したら、スタッフの方が「ここは何をしてもいいし、勝手に触ってもいいんですよ。」と言ってくれて、娘たちは大喜び。
    この自由な空間は、私たち親子には心地よかったです。
    公共施設といっても、利用できる団体や条件がある施設もたくさんあります。
    ここは相手に迷惑をかけない・片付けるなどのマナーさえ守れば誰でもいられる、本当の意味でのフリースペースだなと思いました。
    この「たけし文化センター」は、4月からは西区入野町に移転します。
    障がいのある人たちが利用できる施設として少し形態は変わるようですが、常設されます。



    アート特定非営利活動法人 クリエイティブサポートレッツ
    たけし文化センターBUNSENDO (2010年3月22日まで)

    たけぶんブログ  http://takebun.exblog.jp/ 
    住所  〒430-0939 浜松市中区連尺町314-1
    電話  053-454-4727
    交通アクセス 浜松駅から徒歩10分
    駐車場 なし (最寄りの有料駐車場をご利用ください。)

    その他の施設
  • 浜松城公園冒険広場

    2010年3月15日

    気温もあがり、すっかり春らしく、お出かけ日和になってきました。
    そこで、入園前でパワーのありあまっている娘と、浜松城公園に行ってきました。

    2014030306337_bouken1.jpg

    いつもは中央芝生広場や浜松城までの散策をして遊んでいるのですが、駐車場入口近くの看板に「冒険広場」とあったので、そちらに行ってみました。

    2014030306337_bouken2.jpg

    冒険広場には、たくさんの木製の丸太遊具がありました。
    難易度もいろいろなので、小さな子どもから小学生まで十分に遊べそうでした。
    (ただし、小学生以上向けに作られているので、幼児は保護者のつきそいが必要です)

    2014030306337_bouken3.jpg

    平日のためか、ほかに遊びに来ている子もなく、娘は貸し切り状態でひととおり楽しみました。
    中でも一番のお気に入りになったのが、地上1メートルくらいの所にある筒型遊具でした。
    窓枠に草花を飾って家に見たてたり、登り口用の棒をハンドルにして車に見たてて遊んだりと、とても楽しそうでした。
    今度はぜひ、息子や友だちと遊びに来たいと思いました。

    2014030306337_bouken4.jpg

    今は、隣接する松韻亭の梅が満開で、とてもきれいです。
    もう少しすると桜も咲いて、いっそうきれいなのではないかと思います。
    みなさんも身近な春を感じに、遊びに来られてはいかがでしょうか。

    浜松城公園

    住所 浜松市中区元城町100-2

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    公園
  • 浜名湖ガーデンパーク冬まつり2010

    2010年3月9日

    「浜名湖ガーデンパーク冬まつり2010」に行ってきました。
    お昼前に着いたのですが、駐車場はほぼ満車状態でとてもにぎわっていました。

    この日は昼過ぎまではとても過ごしやすい良い天気だったので、芝生広場で昼食を済ませ、持参したそりを持って、会場に向かいました。
    街の広場の雪が見え始めると、子どもたちは一気に駆け出していきました。

    浜名湖ガーデンパーク冬まつり2010

    まずはソリゲレンデに行きました。
    ソリゲレンデは、貸し出しソリ専用と持参ソリ専用に分かれていました。
    貸し出しソリ専用のゲレンデは時間によっては長蛇の列にはなっていましたが、昼過ぎくらいには列も短くなり、何度も滑っている子も見られました。
    わが家はソリを持参していたので、そちらのゲレンデで遊びましたが、ほとんど待つことなく、滑って登ってをくりかえしていました。
    子どもは5歳と3歳ですが、父親に乗せてもらうと、2人でキャーキャー言いながら滑り降りてきました。
    5歳の長男はとても楽しかったようで、10往復くらいは滑っていたと思います。

    浜名湖ガーデンパーク冬まつり2010

    また、掛川花鳥園から来たペンギンと触れ合うコーナーがあり、3歳の娘は、ペンギンの愛らしさにしばし時を忘れたかのようにずっと見ていました。

    そのほかにも雪遊びコーナーがあり、有料(100円)のコーナーでは、宝探しゲームも行われていました。
    自由に雪に触れ合えるコーナーでは、多くの子どもたちが雪だるまを作ったり雪のトンネルを掘ったりと、冷たい雪にもかかわらず、夢中になって遊んでいました。

    浜名湖ガーデンパーク冬まつり2010

    私は他県出身なので、冬に雪が積もることは珍しいことではないのですが、浜松生まれのわが子にとっては、積もった雪に触れたり、ソリに乗る体験はほとんどできないので、この日はとても楽しい経験ができたようです。
    身近な所で雪遊びができる、とても良いイベントだと思います。
    毎年行われているようですので、ぜひ来年はイベント情報をチェックして、お出かけされてみてはいかがでしょうか?





    日時:平成22年2月14日(日)9:00~16:00
    場所:浜名湖ガーデンパーク 街のエリア
       静岡県浜松市西区村櫛町5475?1?

    イベント(冬)
  • 菜の花畑(桶ケ谷沼)

    2010年3月5日

    菜の花菜の花を見に、磐田市の桶ケ谷沼へ行ってきました。
    こちらはとんぼの生息地として有名ですが、春は菜の花畑としても人気のスポットです。
    私も毎年見に行っています。
    今回は2月中旬だったので、菜の花は背丈がまだ私の膝ぐらいでしたが、黄色い花がすでにチラホラ見えていました。
    三分咲きといったところでしょうか。
    ひたひたと春が近づいてきているのを感じます。
    写真撮影に来ているカメラマンや、お弁当持参で遊びに来ている家族も数名いました。
    毎年見頃の3月~4月上旬の週末には、かなり混み合います。
    子どももすっぽり隠れてしまうぐらいに伸びた菜の花が、あたり一面を覆いつくし、黄色いカーペットを敷き詰めたようになります。
    国道1号線を走っていると、視界に黄色の世界が目に入ってくるので、場所はすぐ分かると思います。
    毎年3月下旬には「菜の花環境まつり」が行われていて、今年は3月20日(土)開催です。
    菜種油の天ぷらの試食や新鮮野菜の販売、ミニコンサートなどがあります。
    隣接する桶ケ谷沼ビジターセンターには、スッポンやアカウミガメ、フナなどの生き物を自由に見ることができる水槽が置いてあります。
    他にも、桶ケ谷沼で生息している動植物の写真パネルや、標本などが展示してあるスペースもあり、自然を身近に感じられるようになっていて、わが家の小1と年少の子どもたちも夢中で見ていました。

    歩道せっかく来たので、桶ケ谷沼を散策。
    約1.9kmのコースで、沼の周りを一周歩けるように道も作られていて、自然を満喫できます。
    しかし、アップダウンもあるため、日頃運動不足の私には正直キツかったです。
    子どもたちは「トトロの森みたい。探検だ~。」と、どんどん進んで行ってしまうし。
    結局、一周するのに1時間半ぐらいかかってしまいました。
    コース途中には、沼に生息する生物の説明を書いた看板が、数か所あります。

    小屋また、観察用の小屋が3か所あり、水辺にいるカモなどの野鳥を見ることができます。
    カモを驚かさないように、「しぃ~っ!」と小屋の窓からバードウォッチングを楽しみました。
    今の時期だとカモ以外にコハクチョウも見ることができるそうです。
    一周歩き終えると、子どもたちも私もぐったり。
    うっすら汗をかいていました。いい運動になりました。

    桶ケ谷沼の周りには軽食がとれる「とんぼ茶屋」というお店が1か所ありますが、近くに他にお店はありません。
    飲食物は持参した方がよさそうです。

    施設

           

    磐田市桶ヶ谷沼ビジターセンター

    住所 磐田市岩井315
    電話 (0538)39-3022
    利用時間 9:00~17:00
    定休日 毎週月曜日(年末年始は12/29~1/3)
    子連れに便利な設備 おむつ台有
    駐車場
    アクセス方法 東名高速道路磐田ICより車で15分  JR磐田駅より遠州鉄道「三ケ野」バス停下車徒歩5分
    URL http://www.city.iwata.shizuoka.jp/okegaya-vc/index.htm

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    お花見・紅葉情報
  • コットンフレンド

    2010年3月1日

    ぴかぴかの新入児のために、入園入学準備をする季節になってきましたね。
    袋物などを作ろうと考えている方も多いかと思います。
    そんな方達のために、オリジナル布地を扱っているお店を紹介します。

    浜松は繊維産業が盛んで、市内には生地を生産・加工している工場なども多く、その中には工場直売店を営んでいるところもあります。
    今回ご紹介する「コットンフレンド」もそのひとつで、日本形染(株)の直売店です。

    プリントを得意としているので、店内にはプリント布地がたくさん置かれています。
    気軽に洗濯ができる木綿素材のものが多く、子育て世代にはピッタリです。
    残念ながらキャラクターものはありませんが、眺めているだけで、何か作りたくなってくる布地ばかりです。

    2014030306306_cotton1.jpg

    私もこちらで買い求めた布地を使い、給食袋と体操服入れを作りました。
    下手ながら何とか作ったものですが、高学年になっても嫌がらずに使ってくれています。

    意外と丈夫で長く使えるので、頑張ってソーイングに挑戦するのも悪くないですよ。
    でも「なかなか作れないわ……。」という方のためには、店内の生地を使ったオーダーメイドも引き受けているそうです。
    オーダーメイドは、金額・できあがるまでの期間は物によって異なるので、問い合わせてくださいね。
    また、オリジナル品や委託品の袋物なども置かれているので、サイズに指定が無い場合はそちらを利用してみてはいかがでしょうか。

    2014030306306_cotton3.jpg

    お店にはソーイング好きのスタッフもいらっしゃいます。
    分からないことがあったら相談をしてみてください。
    初心者には気付かなかった、ちょっとしたコツなどを教えていただけます。

    2014030306306_cotton2.jpg

    また、この店の特徴として、1枚60円からのハギレも置かれています。
    ハギレといっても工場の見本品などで、小物や子ども服などを作るのには充分な大きさのものもあります。
    この生地がこの値段で?!というような、掘り出し物が見つかることも。
    (気に入った柄があると、値段の手頃さもあり、つい購入してしまいます。
    生地のままにしておかずに、何か形にしないといけないんですがねぇ…。)

    毎月1日には通常1枚60円のハギレが、この日に限り50円で提供されています。
    但し、このハギレデーは大変込み合うそうです。
    子ども連れの方は、店内が少し落ち着く午後以降に来店される方が安全でしょうか。

    文/いっこ

    コットンフレンド

    住所 浜松市中区船越町26-10 (西友船越店 南側店舗)
    電話 053-460-8051
    利用時間 10:00~19:00(土、日曜日のみ17:00まで)
    定休日 無休(年末年始を除く)
    駐車場 西友他の店舗と共有であり
    URL http://cottonfriend.sakura.ne.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    お店
  • 学童保育「エスポキッズ」の体験会

    2010年2月24日

    民間の学童保育「エスポキッズ」の体験会に参加してきました。

    エスポキッズ1学童保育は、浜松市では放課後児童会と呼ばれ、小学校の授業終了後の放課後や夏休みなどの長期休みに親が働いていている子どもの居場所として、小学校の空き教室や公民館などで運営されています。
    働く親が増えてきていることもあり、希望しても必ずしも入れないことがあります。

    うちの子も、今まで通っていた放課後児童会を今年度で卒業することになり、代わりの居場所を探していたところでしたので、チラシを見て、さっそく体験会に申し込んでみました。
    「知らない場所に行くのは嫌だよ」と言っていた子どもですが、部屋に入ってみると、明るくて開放的な空間に不安も吹き飛んでしまったようで、すぐに遊び始めました。

    スタッフにお任せして一度帰宅し、数時間後、どうしているかな?と心配しつつお迎えに行ったときには、初対面の体験の子同士にスタッフも加わって、ボードゲームで楽しく遊んでいました。
    ここは、学区の指定がないので、さまざまな小学校の子どもが集まります。
    学校や学年を越えたお友だちと交流できるというのも楽しみです。

    エスポキッズ2民間の運営ということで、預かり時間が夜7時までだったり、スイミングやダンスなどのスポーツ系、音楽や英語などの知育系の習い事もオプションで追加できるシステムになっています。
    近くの小学校は、スタッフが学校までお迎えに行ってくれ、少し離れた小学校の場合は遠鉄グループが運営する「子育てタクシー」に小学校への迎えをお願いすることができます。
    3月から料金システムが変わり、お迎えの有無、利用する日数、習い事を必要に応じて選択することもできるようになり、料金面でも利用しやすくなったとのことでした。
    利用料金はやや高めですが、こういうスタイルの学童保育も一つの選択肢として考えられるかなと思います。

    エスポキッズ3無料体験は2月27日(土)にも開催されるそうです。
    ※以後の日程は問い合わせしてください。
    学童保育の内容や利用料金については、ホームページに掲載されています。




    文/…walker…

    遠鉄の学童保育 「エスポキッズ」

    住所 浜松市中区助信町51-5
    電話 053-462-4414
    URL http://www.esc-espo.jp/espokids/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    その他の施設
  • 浜松市北部水泳場 親子スイム

    2010年2月22日

    浜松市北部水泳場で行われているプールのプログラム「親子スイム3歳児クラス」に娘と参加しています。
    4月から第1期、9月から第2期、1月から第3期と年間に3回の募集があり、今は第3期のプログラムが行われています。
    親子スイムということで、もちろん親子での参加です。
    浜松市北部水泳場2 浜松市北部水泳場3 浜松市北部水泳場4
    まずは受付で、出席カードにジブリのかわいいスタンプを押してもらえます。
    娘はそのスタンプが嬉しく、「今日は何だろうね」と毎回楽しみにしています。
    更衣室で着替えやトイレを済ませると、プールへ。着替えも回を重ねるごとにスムーズになり、親としては嬉しい成長を感じることができます。
    レッスンは出席をとることからスタート。身体が水に慣れるようにウォーキングをします。幼児用の浅いプールで水に慣れると、大きいプールへ移動します。
    バタ足や抱っこで水の中を移動したりしながら、だんだんダイナミックな動きになってきます。どの子も歓声を上げながら大喜び。びっくりして泣けてしまったり、嫌がったりすることもありますが、先生が上手にフォローをしてくれて楽しむことができます。
    大好きなママと一緒、ということが安心でき、楽しめるような気がします。
    毎回、フープやボール、ウレタンの舟や滑り台など、子どもが喜ぶ道具が用意され、娘は「今日は何をやるんだろうね」「次は何だろう」と期待いっぱいで楽しんでいます。
    子どもが楽しむ中にも、顔を水につけたり、もぐったりと、少しがんばる内容のものも組み込まれています。
    先生も一人ひとりに声をかけて励ましてくれたり、褒めてくれたりと、子どもの気持ちを盛り上げてくれます。
    娘も最初は、出来ないことや初めてのことは「いやだ」「やらない」と言っていたのですが、最近は少しずつがんばる姿が見られるようになってきました。
    ちょっとしたがんばりを先生が認めてくれるのが、娘にとって自信になっているようです。
    3歳児クラスは来年度には幼児クラスになることを見越して、最終的には水に顔をつけたり、もぐったりできることをねらいにしているそうです。もちろん、水が苦手な子も楽しみながら水に親しめるような工夫がされているので、どの子も楽しく参加しています。

    30分のレッスンを通して娘とじっくりと向き合える時間が確保でき、充分にスキンシップをとり楽しむことができるのが、親子スイムの良さだと感じます。
    そして、親も一緒にプールに入るので、ウォーキングをしたりもぐったり、子どもを抱っこしたりと、身体を使うことで日頃の運動不足も解消され、心身ともにリフレッシュできます。
    レッスンが終わった後には、スパプールでゆっくりリラックスできるのも嬉しいです。

    レッスンの前後30分ほどはプールを開放してくれるため、もう少し楽しみたい子はそのまま遊んでいます。
    どの曜日のプログラムも担当の先生の工夫がなされ、充実した内容となっています。
    そして、嬉しいことにとてもリーズナブルな金額で受講できることも魅力の一つです。
    そのため、応募が多い人気のプログラムは抽選となります。
    次回、22年度の第1期(4月スタート)の募集は2月20日の広報はままつにも掲載されるそうです。

    文/チーズ


    浜松市北部水泳場1





    浜松市北部水泳場

    住所 浜松市中区高丘西4-7-1 
    電話 053-438-0220 
    利用時間 平日・土曜日 10:00~21:00 日曜・祝日 10:00~午後6:30
    定休日 金曜日(7月20日~8月31日までの金曜日を除く) 年末年始(平成21年度 12月27日~1月3日) 
    料金 大人(高校生以上) 1回 500円 小人(中学生以下) 1回 250円
    子連れに便利な設備 更衣室の入り口にベビーベットあり
    駐車場 有(常設駐車場 約120台)
    アクセス方法 車 東名浜松西インターより車で5分 バス:浜松駅バスターミナル16番のりば 葵町・高丘・花川運動行30分北部水泳場バス停 下車 徒歩1分(土日・夏休み期間中)その他は瑞穂小学校バス停 下車 徒歩7分
    URL http://hokubu.public-swimming-pool.com/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    プール・海・水遊び
  • 火星観望会(浜松市天文台)

    2010年2月20日

    2年2ケ月ぶりに接近するという火星を見に、浜松市天文台の「火星観望会」へ行ってきました。

    火星観望会(浜松市天文台)

    浜松に住んで10年の私ですが、天文台は初めてです。
    夜なので4歳の次女は眠くてグズるかなと心配していましたが、彼女の頭の中では「火星に行く!」ということになっていて張り切っていました。
    天文台は五島公民館の上にあります。
    建物の3階は天文台の事務室と図書室などで、屋上に大型望遠鏡のある観測ドームが設置されています。
    当日は星を見に、幼稚園や小学生の子どもを連れた家族がたくさん来ていて、天文台がこんなにメジャーな場所だったことに私は驚きました。
    観測室のドームはすでに30人ほどの行列ができていました。
    小1の長女も含めて親子3人で並ぶこと20分、やっと火星とご対面。
    望遠鏡からオレンジ色の小さな丸が見えて、思わず「小さっ!」。スタッフの方によると地球に接近と言っても一億キロも離れているそうです。
    月のようにクレーターが見えるのかと思っていた私は、ちょっと拍子抜けでした。
    火星ってこんなに遠かったんですね…。
    背の低い次女は台に乗せてもらい、見ることができました。

    火星観望会(浜松市天文台)

    この他にも3台の普通サイズの望遠鏡も置いてあり、月やシリウスなどの星を見ることができます。
    月を見た長女は「やっぱりウサギはいなかったよ。」と確認できて満足げ。
    ボランティアスタッフの方が、惑星と恒星の違いなども隣で丁寧に説明してくれて、理科の授業で習ったなぁと思い出し、勉強になりました。

    3階の図書室では、自由に星座の色塗りができるように紙と色鉛筆が置いてあります。
    星を見終えた子どもたちは、そこで30分ほど遊びました。
    天体や星座に関するお話しの本がズラリと置いてあり、次回はもう少し早い時間に行って、ゆっくり読んでみたいなと思いました。

    また来場者には事務室でスタンプカードが貰え、スタンプ3個ためると天文台の写真が貰えます。

    天文台3階のトイレは和式のため、和式が使えない小さなお子さんは1階の洋式トイレに先に行っておくのがベストです。
    私も行列に並んでいる最中に次女に「おしっこ」と言われ、3階から1階までの階段を往復ダッシュさせられました。

    文/のんたん

    浜松市天文台

    住所 浜松市南区福島町242-1
    電話 053-425-9158
    利用時間 火・水・木曜日 9:00~17:30 金・土・日曜日 13:00~21:00
    定休日 月曜日・祝日・年末年始
    子連れに便利な設備 おむつ台有
    駐車場
    アクセス方法 バス 遠鉄バス遠州浜蜆塚線 福島下車 車 国道1号線・中田島東交差点を南区役所に向かって曲がり、東へ直進約5分
    URL https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/s-kumin/hao/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    その他の施設
  • 取材ママ紹介 …walker…

    2010年2月14日

    取材ママ<…walker…>

    いろんな体験をして、いろんな人に出会って子ども時代を過ごしてほしいなぁと思い、面白そうな情報にアンテナを立てています。

    子どもはいつの間にか小学生になって、最近は一緒に出かける機会がぐんと減ってしまいましたが、他の取材ママさんからの情報を楽しみながら、少しずつ発信できたらと思っています。

    取材ママ・パパ特派員紹介
  • 取材ママ紹介 midori

    2010年2月10日

    取材ママmidori

    <midori>

    子どもと一緒に出かける時間は、子どもの視点で世界を感じることのできる、かけがえのない時間だと思います。

    うちの子は、小さな手をつないでよちよち歩いていた時代は過ぎてしまい、今ではひとりで前を駆けていってしまいますが、親子で出かけたい場所を見つけたら、これからもご紹介していきたいと思います。

    取材ママ・パパ特派員紹介
  • 取材ママ紹介 あじゅみ

    2010年2月6日

    取材ママ<あじゅみ>

    6才・4才・2才の 男の子三人の母です。

    子どもと一緒に何かができるとか、出かけれるとか、一緒に時間を楽しめる時期って親としての長い人生の中で一瞬です。

    三人男の子を連れでのおでかけ経験をご紹介することで小さな子どもさんを持ったご家族が、少しでも安心して楽しく、おでかけができ、子育て中の「今」を満喫できる。
    そんな力に少しでもなれたらうれしいです。

    よろしくお願い致します。

    日曜開催の育児サークル「スーパーキッズ」を主宰しています。
    http://fhp.jp/sato/

    取材ママ・パパ特派員紹介
  • 豊橋 子ども未来館「ここにこ」

    2010年2月6日

    浜松から車で約1時間
    豊橋市街にある、子ども未来館「ここにこ」に、6歳・4歳・2歳の子どもと一緒に行ってきました。

    豊橋子ども未来館「ここにこ」

    子ども未来館「ここにこ」にて、0歳から3歳までの乳幼児と、その保護者を対象として、親子で楽しく遊べる場や、子育て情報の提供等を目的とした「子育てプラザ」と、幼児から小学生を主な対象とし、子どもたちの好奇心や創造性を育むような体験の場となっている「体験・発見プラザ」があります。

    豊橋子ども未来館「ここにこ」

    「子育てプラザ」には木製の大型遊具や、おもちゃコーナーなどがあり、小さな子どもさんばかりなので、安心して遊ばせることができます。

    豊橋子ども未来館「ここにこ」

    「体験・発見プラザ」では、エアキャッスルとサイバーホイールなどのみんなが楽しめる遊具の他に、看護師の衣装に着替えたり、撮影した自分の顔にパソコン上で化粧を施したりできるようになっています。
    また、モールやビーズ、毛糸などの素材を使って、自分だけの万華鏡を作れたり、腸の長さを調べたり、といろいろな体験や発見をすることができます。

    豊橋子ども未来館「ここにこ」


    さらに、豊橋市内を走る市電のシミュレーションもあり、まるで運転士になった気分です。
    中央にあるステーションでは体験キットを借り、自分でキットを使い調べ発見する喜びも味わえます。
    幼児から小学生までが、楽しみながら 考えながら 学べる場所です。
    特に小学生にはお勧めです。
    体験・発見プラザ内には屋外の遊具もあります。

    豊橋子ども未来館「ここにこ」

    いろいろなプログラムも開催されているので、お出かけの際には、ぜひプログラムを確認してみてくださいね。

    豊橋子ども未来館「ここにこ」

    わが子たちは、時間いっぱいめいいっぱい 楽しんでいました。
    公園などとは違い、考えながら楽しめたり、発見したりととってもいい勉強の場だと思いました。
    自ら考え自ら行動することで、大きな発見や喜びがあることを教えてもらいました。
    何時間でも楽しめる場所だと思います。
    体験発見プラザと子育てプラザが別々になっているので、小さな子どもさんも安心して遊ばせることができるのもうれしいですね。
    大勢のスタッフが、子どもたちの笑顔のためにサポートしてくれています。
    豊橋駅から歩いて10分くらいの場所にあるので、浜松から電車で行くのもいいかもしれません。
    また子どもたちと一緒に遊びに行きたい場所です。
    ここだけでは楽しさを伝えきれないので、ぜひHPをご覧ください。

    文/あじゅみ

    子ども未来館「ここにこ」

    住所 愛知県豊橋市松葉町3丁目1番地
    電話 0532-21-5525
    利用時間 9時30分~17時
    定休日 毎週水曜日(水曜が祝休日の場合は開館)、年末年始
    入場料(体験・発見プラザ) 小・中・高校生:100円 大人:200円(子育てプラザは無料です)
    子連れに便利な設備 子ども用のトイレやおむつ台の有無
    授乳室の有無
    ベビーカーのレンタルなど
    駐車場 あり(有料。子育てプラザ利用の場合、最大2時間まで無料)
    アクセス方法 【公共交通機関】豊橋駅東口からときわアーケードを北へ 抜けて徒歩10分
    【車】国道23号線守下交差点から大橋通りを豊橋駅方面へ入り、約100m
    URL https://coconico.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    近場でレジャー(市内・近郊)
  • 取材ママ紹介 Koco

    2010年1月31日

    取材ママKoco

    小1と5歳、2人の娘がいます。
    子ども達は、毎日、学童&保育園のお世話になっています。
    遊びに出かけるのは大好きですが、普段は仕事と家事で手いっぱい。
    それでも・・・半ば強引に時間を作ってお出かけする母ちゃんです。
    取材ママをきっかけに、さらに世界が広がれば嬉しいです。
    よろしくお願いいたします。

    取材ママ・パパ特派員紹介
  • 緑化推進センター「春を待つ昆虫や植物の秘密を探ろう」

    2010年1月26日

    1月16日(日)に緑化推進センター(みどり~な)で行われた「春を待つ昆虫や植物の秘密を探ろう」に参加してきました。
    企画運営は、NPO法人ラブネイチャーズの皆さん。小4の長男とその友達、年少の次男と私の4人で参加しました。

    緑化推進センター「春を待つ昆虫や植物の秘密を探ろう」

    まずは、ちょっとしたビンゴ&自己紹介、虫のクイズや園内の説明などを聞いてから外に出ました。
    ぽかぽかとてもいい天気で、鳥がたくさんさえずっていました。
    でも今は冬。風はとっても冷たくて、一体どこに生き物が隠れているのだろう?みんな興味津々です。
    しばらくすると...
    石の下になめくじがいた!
    木の皮の下に1mmくらいのかわいいてんとう虫発見!
    看板の裏にはクモの卵が綿のようなものに包まれ、小さな穴の開いたどんぐりの中にはゾウムシの幼虫が眠っていました。
    冬ごもりしている虫たちはまだ小さな赤ちゃんなのでとても小さく、ルーペでのぞいては皆「うわ~~」と声をあげていました。
    また、虫を観察していた場所に「市民の木:プラタナス」という、浜松大空襲で焼け残ったという木があり、看板の文字を子どもたちに読んでもらいながら浜松の歴史にふれることもできました。

    緑化推進センター「春を待つ昆虫や植物の秘密を探ろう」

    虫探しだけでなく、芽が出始めている植物もじっくり観察しながら公園を歩いて行くと、ラッキーなことに、キツツキ(コゲラ)に遭遇しました。
    枝から枝へ飛び移りながらコンコン木をつついているのです。
    子どもたちは木の下に集まって、落ちてくる木の皮の破片を拾っては長い間観察していました。
    これは、木の皮の下で冬ごもりしている虫を食べるために探している様子なのだそうです。
    私も童心に返って、大人気なくはしゃいでしまいました。

    最後に、なかよし(芝生)広場のたんぽぽの観察も行いました。
    冬のたんぽぽは、葉が緑のままなのですが、すべてぺたんと地面に貼り付いています。
    これは、たんぽぽが寒い冬を過ごす知恵なんだそうです。
    「君たちも地面に寝転がってみてごらん!とてもあたたかいから!」
    そう言われ、実際にみんなで寝転がってみたら、はるか上空にある木々は風で激しく揺さぶられているのに地面の上は本当に風もなくとてもおだやか。
    「ね、あたたかいでしょ。こうやっていると眠くなっちゃうね~」
    なんて話しながら、青い空をくるくる舞うとんびや、木々を行きかう鳥たちを眺めました。

    みどり~なの敷地はとても広くて、観察していると一日過ごせてしまうくらいです。
    紅梅が咲き始めていたので、そろそろお花見もできそうです。
    また、敷地内に30枚ほどのシール付落ち葉が隠されていて、それを発見したらプレゼントがもらえるそうですよ!(1/31まで)
    (私たちは探したけど見つけられなかった、残念!)

    緑化推進センター「春を待つ昆虫や植物の秘密を探ろう」

    この日はおにぎりを持参していたので、遊具のある場所へ移動しました。
    子どもたちはツリーハウスみたいな遊具の中におにぎりを持ち込んで食べていました。
    敷地のあちこちに、バウムクーヘン(子どもたち命名)みたいな形の机とベンチがあり、広い芝生広場、水遊びできる場所もあり、夏も楽しそうだなあと思いました。今回の活動に参加して、寒い季節にも、自然の中では生き物がたくましく息づいているのだと知りました。
    公園をこんな風に観察しながらお散歩すると、もっと楽しくなりますよね。
    ラブネイチャーズさんは、このような活動をいろいろな場所で行っています。
    ぜひチェックして皆さんも参加してみて下さいね!

    NPO法人ラブネイチャーズ
    URL:http://www3.tokai.or.jp/natures/

    文/かじゅ母

    緑化推進センター「みどり~な」

    住所 浜松市南区大塚町1876-1
    電話 053-426-2300
    利用時間 園内:常時開放 管理棟:8:30~17:00
    定休日 年末年始(12/29~1/3)
    駐車場 有(2か所あり、計29台)
    アクセス方法 車 浜松駅より約5 km、東名高速道路浜松ICより約6.5 km バス 浜松駅バスターミナル6番のりば「北寺島・大塚」行、または8番のりば「アクト・鶴見」行、「緑化推進センター」下車徒歩約3分
    URL https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/maps/m-midorina.html

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    公園
  • 法多山尊永寺

    2010年1月23日

    厄除け・開運で有名な袋井市の法多山尊永寺へ初詣でに行ってきました。
    お正月から10日ほど過ぎていたので、少しは空いたかなぁと思っていたのですが、甘かったです。
    駐車場の200m手前から、車が渋滞していました。
    我が家は、参道入り口から少し遠い臨時駐車場(500円)に何とか停めることができました。

    2014030310013_hattasan1.jpg

    法多山はまだお正月ムードいっぱい。
    参道の門前街~仁王門まで露店が並んでいて賑やかでした。
    お面や綿菓子の露店もあり、小1と年少の娘たちはキョロキョロ。
    「あれ買って~。これ買って~。」とおねだりモード全開で、「買ってたまるか!」とピリピリしながら通り過ぎた私です。
    本堂へ行くには長~い石段を登るか、緩やかな坂道を行くか2種類あります。
    昨年は石段の途中から次女を抱っこするハメになり、汗だくになった私。
    今年は坂道が安全かなぁと思っていたのですが、娘たちは石段をどんどん登り始めていました。
    で、肝心の次女は今年は一人で歩き通しました。えらい!と感心する親バカのパパ。

    2014030310013_hattasan3.jpg

    階段途中の広場では、猿の大道芸をやっていました。
    法多山には何度も来ていますが、猿の大道芸は初めて見ました。
    中にはご祝儀にお札を入れている観客もいて、さすがお正月です。

    本堂では人ごみにもみくちゃにされながらも、なんとか賽銭箱にお金を入れ、ほっと一息。
    お守りやおみくじの販売所も長い行列ができていました。
    歩き疲れたせいかグズリ始めた次女をパパに任せて、私も行列に並んで子ども用のお守りを買いました。

    そして法多山といえば「厄除け団子」。
    甘すぎず、小振りでパクパク食べられるので、子どもたちも大好き
    1皿200円(持ち帰りは1箱500円)で、販売所横の休憩所で食べることができます。
    お団子を食べて次女の機嫌もすぐ直りました…。
    あと「お茶団子」をご存知ですか?
    月に1回、決められた日(縁日)に販売されるのですが、白いお団子部分がお茶の緑色になっています。
    次回は2月28日(日)が販売日ですよ。

    2014030310013_hattasan2.jpg

    帰路の途中には小さな公園もあり、すべり台の遊具で30分ほど遊んで帰りました。
    参道は砂利道が多いので、ベビーカーだと歩きにくいかもしれません。

    法多山尊永寺

    住所 袋井市豊沢2777
    電話 0538-43-3601
    駐車場 有料駐車場有り(時期によっては無料駐車場有り)
    アクセス方法 【車】JR東海道愛野駅から 車で約5分、徒歩で約20分
    【バス】JR東海道袋井駅から 遠鉄バス「法多山行き」約30分
    URL http://www.hattasan.or.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    その他の施設
  • 浜松市消防出初式

    2010年1月20日

    平成22年浜松市消防出初式に行ってきました。
    今まで出初式など行ったことがなく、興味関心もなかったのですが、子どもができると変わるものですね。
    広報はままつでこの出初式の情報を得てから、この日が待ち遠しくて仕方ありませんでした。

    浜松市消防出初式

    出初式というだけあって、やはりメイン行事は「式典」なんでしょうけれど、2歳と1歳の2人の子どもたちが1時間も静かにできるはずがなく、式典への参列はやめておきました。
    屋外では、はしご車、工作車、水難救助車、指揮車、救急車、電源車、赤バイクなどの車両展示があり、救急車やはしご車などには試乗することができたので、子どもたちは楽しそうに乗っていました。
    また、救出訓練や浜松鳶(とび)建設工業会の梯子乗り同好会による梯子乗りの技を見ることができ、どきどきはらはらしながら楽しむことができました。
    子どもたちが列をなして待っていたのは、ミニ消防車の試乗と起震車地震体験でした。

    浜松市消防出初式

    けれど、やはり見ものは、最後の行進&一斉放水でしょう。
    音楽隊の演奏に合わせて、消防職員たちの行進と消防自動車のパレードがありました。

    たくさんの種類の消防車がこれでもかというくらい走ってきたので、息子たちは大興奮。

    浜松市消防出初式

    そして、一斉放水の迫力はすごかったです。
    ホースから出る水柱の大きさと、そこに見える虹の見事さに私までもが感動してしまいました。
    例年は、気温が低くビル風がすごいとの情報がありましたが、今日は比較的暖かくて過ごしやすかったです。
    きっと子連れが多いんだろうなと思って出初式に行ったのですが、意外と大人の見物人やカメラマンが多いのにびっくりしました。

    文/しほぞう

    浜松市消防出初式
    URL:https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/hfdsoum/disaster/event.html
    日時:平成22年1月9日(土)9:30~11:40
    場所:アクトシティ浜松展示イベントホール及び周辺道路(中区板屋町)
    駐車場:無(公共の交通機関を利用のこと)
    その他(子連れに便利な設備など)→会場内には無し

    イベント(冬)
  • 取材ママ紹介 ふぉれすと

    2010年1月6日

    取材ママ<ふぉれすと>

    取材ママのふぉれすとです。保育園に通う4歳と2歳の男の子のママです。
    お出かけは大好きですが、嗜好の全く違う兄弟のため、行き先選びはいつも相当悩みます。
    平日は仕事をしているので、お出かけは休日のみ。
    今しかできないことを休日にぎっしり詰め込んでいるため、なかなか記事に出来ないことも多いのですが...
    出来る限り多くの取材をしていきたいと思いますのでよろしくお願いします!

    取材ママ・パパ特派員紹介
  • 取材ママ紹介 ぴよ

    2010年1月6日

    取材ママ<ぴよ>

    1歳の息子がいます。
    お出かけが大好きで、同じくらいの子どもを持つ友人といろいろな所にお出かけしています。
    小さい子連れならではの目線でさまざまな場所をチェックして、みなさんに紹介できれるといいです。
    取材ママを通して、日々違った目線で遊べて行けるといいなと思っています。
    よろしくお願いいたします。

    取材ママ・パパ特派員紹介
  • 生涯学習フェスティバル

    2010年1月3日

    生涯学習フェスティバルに行ってきました。
    会場で実施されていたさまざまなイベントの中でも、親子で一番楽しみにしていたのは「左官屋さんの作る『ひかる どろだんご』づくり」(要予約)でした。

    今回は時間の関係上、どろだんごは、あらかじめ作られていて、しっかり乾燥したものが用意されていました。そこに色材を混ぜた石灰クリームで自由に着色して、瓶の口を泥だんごの表面にあて、回しながら磨いていきました。
    それからは全体をまんべんなく、ひたすら磨いていくのですが、しばらくすると、綺麗に光りだしてきました。

    ひかる どろだんご

    3歳と5歳のわが子の作品は、用意されていた6色全ての色材を手当たり次第使ったため、個性的で独特な作品に仕上がりました。
    一緒に製作していた小学生くらいの子どもは、黒一色で仕上げたり、緑と青をうまく使って地球儀のように仕上げていたりと、インテリアにもなるほどの出来栄えでした。それぞれの個性が出ていてとても面白かったです。

    私は子どもと二人三脚でやっていたのですが、「もっと配色に気を配ればよかった~」など、途中からは子どもよりも真剣になっていました。
    童心に戻って、とても楽しい時間が過ごせました。

    また、体験コーナーでは、石臼でひいて作ったそば粉で、そば茶をふるまってもらいました。
    子ども達は石臼をひくのはもちろん、石臼自体を見るのも初めてで、石臼をゴロゴロ回す度に出てくる様子に目が釘付けでした。
    その後、石臼ひきも体験させてもらいました。
    手がまだ届かなくて回しきれないにもかかわらず、面白いのか、必死になって回す顔がとても生き生きとしていて、よい経験ができたなぁ、と思いました。

    他にも、身近な材料を使ってかわいいおもちゃを作ったり、折り紙で折った金魚の魚釣りなど、ボランティアさんといっしょに体験できるコーナーもありました。
    その他にも、人形劇やコンサートなど、様々なイベントが行われていました。
    毎年行われているイベントですので、来年はぜひお出かけされてみてはいかがでしょうか?

    文/みるるん

    第18回浜松市生涯学習フェスティバル 知るよろこびを体感

    場所:クリエート浜松(浜松市中区早馬町2-1)
    日時:11月27日(金)~29日(日)10:00~17:00(29日のみ15:00まで)
    主催:浜松市生涯学習フェスティバル実行委員会(中区・区振興課内 TEL:053-457-2133)

    イベント(通年・不定期)
  • ◎2011お正月イベント特集◎

    2010年1月1日

    新年明けましておめでとうございます
    お正月も、各地でこの時期ならではのイベントが開催されています。
    おうちでのんびりおせちもいいですが、暖かくして2011初お出かけはいかがですか

    • 浜名湖ガーデンパーク<元旦特別開園・初日の出>
      1月1日(土)5:30~
      場所:浜名湖ガーデンパークhttps://www.hamanako-gardenpark.jp/
      内容:展望台からの初日の出を見てもらおうと、初めて元旦に開園。もちつきの実施や甘酒の振る舞いもあります。
      時間:5:30~整理券を配布
      定員:初日の出の時間帯に展望搭に登れるのは50人
      入園料:無料
      展望塔:大人300円 小中学生100円
      休園:12/29~31 1/2~3
      連絡先 浜名湖ガーデンパーク tel:053-488-1500
    • はままつフルーツパーク<アーモンド餅試食会>
      1月1日(土)~3日(月) 午後2時~無くなり次第終了
      場所:はままつフルーツパークhttp://e-fruitpark.com/
      内容:地元産のもち米を使った、つき立てのお餅に香ばしい粒々アーモンドをまぶした、一口サイズのおやつを振る舞います。
      連絡先:はままつフルーツパーク TEL053-428-5211
    • 動物園<冬スペシャル お正月>
      場所:浜松市動物園http://www.hamazoo.net/
      内容
      ・お年玉プレゼント 1/1~1/3 午前9時~ 正門(先着100人)
      ・甘酒でおもてなし 1/1~1/3 午前10時~ ゾウ広場(各日先着500人)
      ・ウサギとのふれあい 1/1~1/5 午後1時30分~2時15分 ふれあい広場
      ・ポニーに乗ってみよう 1/1~1/5 午後1時45分~ ポニー舎前 先着30人(体重25kgまで)
      ・園長と一緒!(干支ウサギ) 1/4 午前11時~ イノシシ舎前
      ・ヒグマに活魚(マス)のプレゼント 1/2 午後3時30分~ クマ舎
      ・動物園ウラ側探検 1/5 午後1時30分~2時30分 ゾウ広場 先着30人
      ・カンガルーを間近で見よう 1/1~1/5 午後1時30分~ カンガルー舎前
      ・ニホンザルのエサやり 1/1~1/5 午後3時~ サル山前
      ※当日、直接会場へお越しください。
      ※天候や、当日の動物の健康状態により中止する場合があります。
      連絡先:浜松市動物園 TEL 053-487ー1122
    • フラワーパーク<お年玉プレゼント>
      1月1日(土)~3日(月) 
      場所:はままつフラワーパークhttp://e-flowerpark.com/
      内容:各日先着300人に、大変珍しい黒ヒマワリのタネがプレゼントされます。
      夜間開園・約60万球のイルミネーションのニューイヤーファンタジーも開催。
      17:00~21:00(最終入園20:30)
      17:00以降入園料大人500円
    • 浜松城
      1月1日(土)~3日(月) 
      内容:元旦開場6時30分 初日の出を見ることができます。
      2日より開場8:30~16:30
      期間中、毎日先着100人に甘酒のプレゼントがあります。
    • 元旦マラソン
      日程:1月1日(土)
      場所:船明ダム運動公園(天竜区船明)~米沢橋(折り返し)の3キロ
      内容:対象 小学生以上
      受付/午前8時30分~
      開会式/午前9時~
      スタート/午前9時30分
      費用:1人300円
      賞:1位~6位までは賞品あり
      ※当日、直接会場へお越しください。
      連絡先 体育協会天竜支部 TEL 053-925-8061
    • グランドホテル浜松
      http://www.grandhotel.co.jp/
      内容
      1月1日(土)
      ・初日の出 6:30(12F)
      ・餅つき大会、子供お菓子掴み取り 10:00/14:00(2Fアトリウム)
      ・木遣・纏振り 梯子乗り 11:00(2Fアトリウム)
      ・フォーマンス・大道芸 11:30/15:00(2Fアトリウム)
      パフォーマー:小野屋善兵衛(おのやぜんべい)
      日本古来の奇術である「和妻」を中心に、切り絵などでお客様とコミュニケーションもとります。
      1月1日(土)~3日(月) 
      ・浜松骨董まつり10:00~18:00(2F飛鳥・桃山)※最終日は、17:00まで。
      ・クラフト手わざ衆の新春市 10:30~18:00(2F中宴会場前ロビー)
    • アクティ森
      1月2日(日)~4日(火)
      場所:森町体験の里 アクティ森http://www.actymori.jp/
      内容:2日はお汁粉サービス、3日は餅つき大会、4日は新春パターゴルフ大会を行います。
      開催時間:開園時間/10:00~17:00
      駐車場:200台、バス5台(無料)
      料金:入場無料 ※体験は有料あり
      問い合わせ先 アクティ森 TEL 0538-85-0115
    イベント(冬)
  • 愛知こどもの国

    2009年12月31日

    高速道路を使わないで、浜松からゆったりドライブすること約2時間。
    「愛知こどもの国」まで行ってきました。

    2014030309956_aitikodomo2.jpg

    この「愛知こどもの国」は、愛知県政100年を記念して作られた児童総合遊園施設だそうです。
    園内は、中央管理棟のある中央広場をはさんで、「ゆうひが丘」と「あさひが丘」の2つのゾーンに分かれています。
    広大な自然の中、どの子ものびのびと遊んでいました。
    施設の入場料がかからないので、なんだか得した気分です。
    広い園内を移動する「ランドトレイン」も無料なので、びっくりしました。
    もちろん、キャンプやプール、アイススケートリンクなどを利用するときに料金がかかりますし、ゴーカートやミニカーなどの遊具に乗る際には料金が必要です。

    2014030309956_aitikodomo1.jpg

    私たち家族は、あさひが丘駐車場に車を停め、いかだ池の周りでお弁当を食べました。

    ゆうひが丘の駐車場はベビーカーが通れないそうなので、あさひが丘に停めたのです。

    その後、ランドトレインに乗ってゆうひが丘に移動。
    ゆうひが丘では、ゴーカートに乗ったり、ミニカーやこども汽車に乗ったりして遊びました。
    このこども汽車、なんと石炭で走っているんですって!
    煙がすごくて、とっても迫力があり、2歳の息子はもちろん、1歳の息子までおおはしゃぎしていました。

    2014030309956_aitikodomo3.jpg

    動物広場では、シカやヤギと直接触れ合ったり、ウサギやハムスターを抱っこしたりすることができます。
    気が小さい息子は、間近で見るヤギに驚いて泣いていましたが、周りではえさをあげている子もいました。
    我が家は子どもが小さいので、遊具広場や運動広場には行かなかったのですが、小学生くらいのお子さんたちが、とっても楽しそうに遊んでいました。
    まもなく40歳になろうかという夫が、「小さい頃、遠足で来たことがある」というくらいなので、施設はけっこう年季が入っています。
    ですが、トイレもそこここに整備されていますし、ベビーカーが通れるように道も整っていました。
    何より子どもたちが楽しそうに遊んでいる姿をたくさん見ることができて、連れて行ってよかったな、と思えるスポットでした。

    文/しほぞう

    愛知こどもの国

    住所 愛知県幡豆郡幡豆町大字東幡豆字南越田3番地
    電話 0563-62-4151
    定休日 12月29日~1月1日  ただし、乗り物等は毎週月曜日休業
    料金 なし
    子連れに便利な設備 オムツ交換台あり、授乳室あり、無料でベビーカーの貸し出しあり
    駐車場 有(民営:あさひが丘駐車場約500台、ゆうひが丘駐車場約1000台)普通車は500円
    アクセス方法 国道1号線を利用して、豊川市に入り「京次西」の信号を左折し直進。「御津町入浜」の信号を右折して国道23号線に入り西進。「ラグーナ蒲郡」を過ぎて「十能」の信号を左折して国道23号線を維持。「蟹洗」の信号を左折し蒲郡競艇場を経て国道247号線に入り、碧南方面へ。幡豆町に入り、 「東幡豆根ノ上」の信号を左折すぐ。
    URL http://www6.ocn.ne.jp/~k-kodomo/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    近場でレジャー(市内・近郊)
  • おはなしピアノコンサートVol.2

    2009年12月29日

    12月23日(水・祝)クリエート浜松1Fのふれあい広場にて、語りとピアノのユニット「どれみ」さんの、おはなしピアノコンサートVol.2が開催されました。
    このコンサートの語りは、ぴっぴの「子どもの食事」ブログでも活躍中のmiriさんこと林美里さんです。

    クリスマスイブイブのイベントということで、普段あまりクラッシックに縁のない私も、3歳の娘を連れてお出かけしてきました。
    クリエート1Fガラス張りの明るい会場には、お母さんやご両親に連れられた子どもたちがすでにたくさん集まっていて、飾られたツリーやグランドピアノに興味津々。ステージと座席に境のない、アットホームな雰囲気のコンサートです。

    おはなしピアノコンサート

    語りの林さんからのご挨拶が終わると、「ジャックと豆の木」のお話がスタート。
    大まかな内容は、私も子どもの頃本で読んで知っていましたが、改めて聞いてみると不思議で迫力のあるお話です。登場人物になりきってお話してくれる林さんの声と、場面に合わせて盛り上げてくれる山本さんのピアノに私もちょっとドキドキ。娘も鬼の声が響き渡った時には一瞬固まっていましたが、やっつけたところで一安心の表情。

    おはなしピアノコンサート

    次は楽しい歌が入る「おだんごパン」です。こちらのプログラムは、市内で話題になっている9月に閉館した「子ども図書館」との協力作品ということで、かわいい人形たちも登場しました。
    ステージの前には、子どもたちが自由に座れるようにシートをひいてくれてあったので、 少し大きな子どもたちは、お母さんと離れて人形劇を間近で見ることもでき、みんな楽しそうに歌いながら見入っていました。

    休憩をはさみ、最後はバレエ音楽でも有名な「くるみ割り人形」です。
    こちらはお話にそって、小学生たちがデザインしたという切り絵がプロジェクターに映し出され、クリスマスにぴったりの幻想的な映像も一緒に繰り広げられました。
    曲のタイトルはよく耳にするものの、クリスマスをモチーフにしたお話があるとは知らなかったのですが、最後に「こんぺいとう」が出てくるので、娘にもあげたら喜ぶかな?!と、クリスマスプレゼント用にツリーのケースに入ったこんぺいとうを、帰りに購入。毎年恒例のプレゼントにしようかな。
    我が家の特別なお菓子みたいで、新たな楽しみとなりそうです。

    おはなしピアノコンサート

    絵本がそのまま飛び出したような世界に、あっという間の1時間。
    生のピアノ演奏と楽しいお話を間近で聞けて、娘とともにちょっと贅沢な休日を味わうことが出来ました。
    ぜひ、またの開催を期待したいと思います。

    makiko

    ♪プログラム♪
    ・「ジャックと豆の木」イギリス民話 ロベルト・シューマン(子供の情景より)曲
    ・「おだんごパン」 ロシア民話 岡田京子曲 ”子ども図書館応援プログラム”
    ・「くるみ割り人形」 E・T・A・ホフマン作 ビョートル・イリイチ・チャイコフスキー曲

    日時:12月23日(水・祝)11:00~
    場所:クリエート浜松(浜松市中区早馬町2-1)・1Fふれあい広場
    料金:大人(中学生以上)前売り300円・当日400円、小人(就園児以上・座席の必要な未就園児)前売り200円・当日300円
    語り:林美里さん
    ピアノ:山本 玲さん
    どれみブログhttps://doremi.hamazo.tv/
    miriさんブログhttps://miri.hamazo.tv/e2040042.html

    イベント(通年・不定期)
  • 冬ほたキャンドルナイト

    2009年12月25日

    冬ほた1はままつ冬の蛍フェスタ2009の「冬ほたキャンドルナイト」を見てきました。
    メイン会場の新川モール(遠鉄第一通り駅南側)に10,000個、サブ会場のキタラとギャラリーモール(JR浜松駅北口)に1,500個のキャンドルが灯されました。
    メイン会場では先着100名にメッセージキャンドル(1個100円)が販売されるというので、小1と年少の娘たちは「サンタさんにメッセージを書く」と大はしゃぎで行きました。

    メイン会場はキャンドルの黄色の灯りで、ほんわかした幻想的な雰囲気に包まれていました。
    すぐそばの鍛治町通りもイルミネーション装飾されていますが、そちらの青白い光とは対照的。
    道の両端にキャンドルがいろいろな形で置かれていて、落ち着いた独特の空間です。
    気のせいか皆さん小声で話していて、静かな時間を楽しんでいました。
    冬ほた2撮影スポットもあり、カメラ片手にたくさんの人がゆったりと歩いていました。
    私たちのような親子連れも多かったです。
    電飾のイルミネーションに慣れてしまっている娘たちには、キャンドルは新鮮だったみたいです。
    私たちは到着したのが少し遅かったため、メッセージキャンドルは既に終了していて残念。キャンドルを入れる容器にメッセージを貼ってあるのですが、キャンドルの火が文字を浮かび上がらせて素敵でした。この売り上げは森林環境基金に寄付されるそうです。強風でキャンドルの火が消えてしまうと、すかさずボランティアのスタッフが点火していました。

    続いては、サブ会場のギャラリーモールへ。
    遠鉄百貨店とフォルテ跡地の間に設置されている定番のシンボルツリーですが、この場所は今年が最後だそうです。ツリーの電飾は数分おきに青や白に色が変わり、みんなうっとり見上げていました。ツリーの階段下のスペースには、星や雪だるまのモチーフにキャンドルが置かれていて可愛いかったです。
    寒い日でしたが、なんだか心がほんわかする時間を過ごせました。
    今年はアクトシティの屋上公園もライトアップされているそうですよ。
    寒いけど、夜の浜松駅周辺を子連れでお散歩するのも、たまには楽しいかも。

    冬ほたキャンドルナイト2009

    会場   新川モール(遠州鉄道第一通り駅高架下)・キタラ(JR浜松駅北口)・ギャラリーモール
    主催   はままつ冬の蛍フェスタ実行委員会 浜松市商工部商業政策課
    浜松市中区元城町103-2 TEL053-457-2285 
    日時   12月19日(土) 16:30から19:30
    駐車場  無し(付近に有料駐車場有り)

    イベント(冬)
  • キティちゃんに会える! へブンスそのはらスキー場

    2009年12月23日

    先日、12月19日(土)に今シーズンのオープンを迎えた「ヘブンスそのはら Snow Worldハローキティに会えるスキー場」、オープン当日にさっそく行ってきました!
    ここは東名浜松ICから途中休憩を入れても約2時間半というアクセスのよいスキー場です。ATC割引を使えば高速道路料金も1,000円だし、わが家にとってはお気に入りゲレンデのひとつ。スキー限定でスノーボーダーがいないので、小さい子ども連れの家族には安心なゲレンデです。

    へブンスそのはらスキー場

    第1駐車場に着くと、ゴンドラステーションの前でキティちゃんの像が。1月からの土日はキティちゃんやダニエルくんがお出迎えしてくれます。
    12人乗りの高速ゴンドラで標高1,410mの山頂駅へと向かいます。天候がよければ南アルプスの山々を見ることもでき、雄大な自然を感じさせてくれます。また、運がよければカモシカを見つけることができるかもしれません。

    へブンスそのはらスキー場

    ゴンドラを降りるとすぐにマウンテンロッジがあり、キティちゃんショップやレストランがあります。授乳室やおむつ交換台、キッズルームもあるので、スキーや雪遊びに飽きたらこちらへどうぞ。スキースクールも充実していて、3歳児からインストラクターに上手に教えてもらえます。

    へブンスそのはらスキー場

    ロッジの目の前のペアリフトで下りて行くと、そこは楽しいそり・雪遊び専用のゲレンデ“キッズワールド”。入場料500円、レンタルのそりも1日500円です。スキーのゲレンデは初心者向けのエンジェルコースと、中・上級者向けのパノラマコース・サウスウィングと、家族連れにも大人気のりんどうコースなど、バラエティに富んだコースがあるので、家族でいろいろな遊び方ができそうです。子どものゲレンデデビューにぴったりなスキー場だと思いますよ!

    らん★

    ヘブンスそのはら Snow Worldハローキティに会えるスキー場: 
    住所: 〒395-0304 長野県下伊那郡阿智村智里3731-4
    ℡: 0265-44-2311 FAX: 0265-44-2331
    駐車場:あり 2,000台収容可能 ゴンドラ乗り場から遠い駐車場からはシャトルバスあり
    アクセス:東名浜松ICから東海環状自動車道を経て中央自動車道へ。恵那山トンネルを抜けてすぐの園原ICで降りて約5分
    授乳室、おむつ交換台、キッズルームあり
    レンタルショップ:あり(隣接)
    営業時間、料金等の詳細についてはHPをご覧ください。
    URL: http://mt-heavens.com/snow/

    ※週末はキティちゃんやダニエルも登場し、一緒にスキーを滑るとプレゼントが貰えるなど、イベントも多数あるのでチェックしてくださいね。

    ★★リフト共通1日券プレゼント★★

    ヘブンスそのはらスキー場より、ぴっぴ読者の皆様にリフト券をいただきました。
    「ヘブンスそのはらSnow World ハローキティに会えるスキー場」「滋賀 箱館山スキー場」「岐阜 ひるがの高原スキー場」の3スキー場共通の1日券(4000円相当)を10名様にプレゼントします。

    下記必要事項を記載し、メールで(pippi@hamamatsu-pippi.net)応募してください。
    当選された方にはご連絡を差し上げます。

    =========リフト券プレゼント応募=============

    お名前:
    メールアドレス:
    連絡先電話番号:

    <アンケート>
    1.冬のお出かけはどんなところに行きますか?
    2.よく行くスキー場、おすすめのスキー場はありますか?
    3.その理由を教えてください。
    4.ヘブンズそのはらスキー場を知っていましたか?
    5.ぴっぴのホームページ、ブログ等についてご意見を!

    =============ここまで==================

    観光・ちょっと遠出
  • ウィンターディスプレイコレクション

    2009年12月22日

    冬の蛍フェスタの開催に合わせ、ゆりの木通りを中心とした商店街では、現在「ウィンターディスプレイコレクション(WDC)」というイベントが行われています。
    それぞれの店舗が工夫を凝らし、雪景色のディスプレイをしたり、クリスマスツリーを置くなど、季節感ある演出で目を楽しませてくれます。

    ウィンターディスプレイコレクション

    ディスプレイのコンテストなので、お店の中に入らなくてもOKです。
    ウィンドウショッピング感覚でまわってみたら、今まで知らなかったお店や、あまりなじみのなかったお店も新発見できそうです。

    ウィンターディスプレイコレクション

    ウィンターディスプレイコレクション

    そして、この「ウィンターディスプレイコレクション」では、気に入った店舗を投票すると、参加店提供の素敵なプレゼントが当たるキャンペーンが実施されています。
    25日までのキャンペーンなので、投票したい方は急いでくださいね。

    クリスマスプレゼントの買い物などで、街中に出かける機会があったら、「ウィンターディスプレイコレクション(WDC)」参加の店舗を回ってみてはいかがでしょう?

    ウィンターディスプレイコレクション

    文/…walker…

    イベント(冬)
  • マイン・シュロスイルミネーション

    2009年12月21日

    仕事帰りにチラッとみかけるマイン・シュロスからの光に、吸い寄せられるように見に行くと、マイン・シュロスの敷地内が、豪華なイルミネーションで飾られていました。

    2014030309901_main1.jpg

    観光地のイルミネーションで「光のトンネル」といわれるような飾りがありますが、こちらも光がトンネルのように飾られていて、とってもロマンチックな気分に浸れます。
    今年のテーマは、「輝の杜」(かがやきのもり)。

    2014030309901_main2.jpg

    マイン・シュロスというと「おいしいビール」ということで、大人が食事に行くところのようですが、おいしいソーセージをはじめ本格ドイツ料理からピザ、焼きおにぎりまでメニューも幅広いですから、家族でイルミネーションを見ながらお食事もいいですよ。私が見に行った日も、家族連れの方が来ていました。
    子ども用の食事イスもあります。

    2014030309901_main3.jpg

    また、マイン・シュロスでは生演奏も楽しめますから、音楽好きの家族には特におすすめです。
    希望日の3日前までなら、インターネットで予約ができます。

    (わかば)

    マイン・シュロス

    住所 松市中区中央3丁目8番1号
    電話 053-452-1146 予約電話:0120-63-1146
    利用時間 平日11:00~14:30 17:00~23:00  土日11:00~23:00
    定休日 毎週月曜日(但し、月曜日が祝日の場合は営業)、年末年始
    駐車場 あり
    アクセス方法 浜松駅の東側のアクトシティ楽器博物館のすぐ北
    URL http://www.hamamatsu-soko.co.jp/ms/actbeer.html

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    お店
  • 表参道イルミネーション

    2009年12月19日

    イルミネーション1なんと11年ぶりに復活したという、原宿表参道のイルミネーションを見てきました。

    地下鉄表参道駅のところからJR山手線原宿駅にかけて(明治神宮入口~青山通りまでの表参道)のほぼ1kmにわたり、ゴージャスなイルミネーションとオブジェが飾られていて、さらに、道の両サイドにある有名ブランド店のクリスマス・ディスプレイや表参道ヒルズなど、右を見たり左を見たりというすっかり「おのぼりさん状態」でした。

    通りの途中に歩道橋がありますが、そちらは、
    「危険なので立ち止まらないでください。写真撮影は禁止です。」
    と言っている警備員や警察官の方がいらっしゃったので、ちょっとゆっくりめに歩きながら、高いところから通り全体を見渡してのイルミネーション観賞でした。
    ちょうど行った日が平日の日没後すぐであり、雨が降っていたので、人通りが少なく、しっかり見ることができたのがラッキーでした。

    イルミネーション2これから冬休みに入ると、若いカップルを中心に大勢の人が買物やイルミネーションを目的に訪れるので、相当混雑すると思われます。
    この日も悪天候に関わらず、表参道ヒルズのツリーの前では、たくさんの女性(年齢層は高め)が写真撮影をしていました。
    一方、ラフォーレ原宿のツリーは「関ジャニ∞」の名前が入ったツリーだったので、若い女性がたくさん写真を撮っていました。

    表参道ヒルズの地下3階の「スペースオー」では、「表参道H.I.S.スケーティングシアター」があります。
    なんだかニューヨークのようですね。

    とにかく、規模の大きさときらびやかな様子に圧倒されました。
    見ごたえ度もロマンチック度も満点です。

    (わかば)


    ★関ジャニ∞のツリーについては、下記ホームページをご覧ください。
     このツリーは、12月25日(金)まで実施されます。
      http://www.johnnys-net.jp/j/artists/kanjani8/top_info091108.html
    イルミネーション3
    ★表参道H.I.S.スケーティングシアター
    http://www.omotesando.or.jp/bellsymphony/skating/

    ★表参道H.I.S.イルミネーション ベルシンフォニー
     については、下記ホームページをご覧ください。
    http://www.omotesando.or.jp/bellsymphony/

    開催期間:2010年1月10日(日)まで
    点灯時間:17:00~22:00 ※一部変更する場合があります。
    開催場所:原宿 表参道
    問合せ先:表参道イルミネーション事務局 電話 03-5766-5210

    イルミネーション
  • ようきた土蛍

    2009年12月17日

    引佐町・竜ケ岩洞の「ようきた土蛍」(見学無料/来年1月31日まで)を見に行ってきました。

    2014030309888_ryuugasi1.jpg

    これは竜ケ岩洞の横に新たに掘り起こした鍾乳洞「ようきた洞」を、イルミネーションで飾ったものです。鍾乳洞は夏に行く涼しい所というイメージを持っていた私ですが、行ってみてビックリ。洞窟内は風が入らないため寒さを感じず、温度も18度に保たれているということで快適な空間でした。

    ようきた洞は地下に続く階段を降りていくため、4歳の次女は怖がっていましたが、入り口からイルミネーションが見えると「ワァ~。」と走っていきました。

    約25メートルの洞窟をたくさんの発光ダイオードで飾ってあり、青色の光がとても幻想的でした。この鍾乳洞は距離・高さがあまりないので、小さい子どもにはピッタリ。

    2014030309888_ryuugasi3.jpg

    せっかく来たので、隣接する竜ケ岩洞(こちらは有料)にも。
    ようきた洞に比べ、中は薄暗いので次女は相変わらず逃げ腰気味。
    小1の長女は「探検だ!」と大喜びで、一人で進んで行ってしまいました。
    総延長約1000mのうち公開されているのは400mだそうです。
    鍾乳石の空間は神秘的で、子どもたちも神妙な顔つきで歩いていました。

    下からライトアップされた30mの大滝があり、自然の不思議なパワーを満喫している親に対して、「服が濡れるぅ~。」と騒ぐ長女なのでありました。

    竜ケ岩洞付近には、産地直売の野菜やみかんを安く売っているお店が数軒あります。
    もちろん、しっかり買い物をして帰ってきた私です。

    文/のんたん

    竜ケ岩洞

    住所 浜松市北区引佐町田畑193
    電話 053-543-0108   
    利用時間 午前9:00~午後5:00
    定休日 年中無休
    料金 大人 650円  小学生 350円  幼児 無料   
    子連れに便利な設備 障害者用トイレ・おむつ交換台・売店・食事処有
    *階段が多いためベビーカーは不向きです。
    駐車場 無料駐車場有り
    アクセス方法 【車】東名浜松西インターより国道257号線に出て北へ約30分
    【バス】(遠鉄バス)で奥山行き乗車、竜ケ岩洞入り口下車 徒歩5分
    URL http://www.doukutu.co.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    近場でレジャー(市内・近郊)
  • きっず☆えんじぇる

    2009年12月15日

    入野のジャスコの近く、ホワイトストリート沿いにあるベビー&キッズ専門のリサイクルショップ『きっず☆えんじぇる』をご紹介します。
    私もいつも利用させていただいています。

    2014030309871_kidsengel2.jpg

    ベビーから160センチまでの子ども服や靴はもちろん、おもちゃ、DVD、ベビーカー、チャイルドシート、三輪車など、他にもたくさんの商品が並んでいます。
    基本的にはユーズドの商品ですが、肌着や靴下など、直接口に触れるものは未使用・未開封の商品だそうです。
    状態の良いものがたくさんあるので、リサイクルショップのイメージを一新させてくれますよ。
    もちろん、不用な子ども服・子ども用品の買い取りも随時しています。

    お店で1点1点査定してくれるので、直接店頭へ持ち込めばいいそうです。

    洋服の買取は、春ものは1月~4月、夏ものは4月~7月、秋ものは7月~9月、冬ものは9月~12月というように季節に合わせて買取を行っているそうです。
    お洗濯をした状態でお店に持って行きます。

    それでもシミやシワがある場合はお店で染み抜きやアイロンがけをしてから、おもちゃはお店でクリーニングしてから、店頭に出すそうです。
    安心して利用できますよね。

    食品や飲料、シミ、色あせ、ひどい汚れ、生地の傷みがあるもの、サイズ表示なしの商品、壊れたり、パーツが足りない、電池部分が腐食しているおもちゃなど買取出来ないものもあります。

    これはどうかな?と思うもの、不明な点はは直接お店の方に聞いてみてください。

    キッズスペースもあるので、子どもを連れてのお買い物でもゆっくり店内を見ることができました。
    掘り出し物が見つかると思いますよ。

    文/ナデシコ

    きっず☆えんじぇる 浜松佐鳴台店

    住所 浜松市中区佐鳴台2-32-26
    電話 053-449-5620
    利用時間 10:00~19:00
    定休日 無休  買い取りは水曜日はお休みです
    駐車場 お店の前に4台あり
    アクセス方法 ジャスコ入野店前の信号を北へ曲がりホワイトストリートに入り、二つ目の信号を超えて右手にあります。
    赤い旗と天使のマークが目印です。
    URL http://www.kids-angel.jp

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    フリマ・リサイクル
  • ◎2009冬◎スキー場オープン!

    2009年12月14日

    富士山や南アルプスは本格的に冠雪。
    今年もいよいよ「真冬の外遊び」シーズンがやってきました。
    浜松市周辺のスキー場も12月中旬から下旬にかけて続々オープン!

    オープニングイベントやソリレース、雪の中の宝探しなどファミリー向けのイベント各種準備しているスキー場や、シーズン前売割引リフト券、食事券付き割引リフト券、平日割引リフト券などを用意しているスキー場もあります。用具のレンタルやスクールもありますから、上手に活用すれば更に楽しめますね。

    ホームページも益々充実、温かいお部屋に居ながらにして、現地の天気・気温・積雪状況・コースの種類などが分かるだけでなく、休憩所・キッズスペースの様子、レストランのメニューまで知ることができます。中には動画を使ってスキー場紹介を発信しているところもあり、気持は白銀の世界へと飛んでいきます。行きたいなぁ~・・・行こう!!

    久々のスキーという方、そうでない方も、家族全員で準備体操を!
    ソリ遊び専門の子ども達も、帽子・手袋を!お忘れなく。

    裂なお、天候や積雪量によりオープン期日・イベント予定が変更になることがあります。
    ホームページや電話などで確認の上お出かけください。

    リバウェル井川スキー場
    ◆大自然にほのぼのゲレンデ◆雪あそび広場あり。
    ◆12/23 オープン(2010/3/7までの予定)
     当日イベント10:00~14:00。いずれも先着順
     レンタルスキー無料☆30セット限定!
     レンタルそり無料☆30セット限定!
     地元名産「井川茶」プレゼント☆300名限定!
     おしるこ無料サービス☆300名限定!
    場 所:静岡県静岡市葵区井川2629-190
        東名高速道路 静岡IC (55km)
    問合せ:リバウェル井川スキー場 TEL:054-260-2316
    旅http://www.city.shizuoka.jp/deps/norinsoumu/riverwell.html

    スノータウン Yeti
    ◆10/17~オープン!(2010/4/4までの予定)
     キッズレッスン・親子レッスン・キッズレンタルも充実。
     キッズルーム(無料)も完備。
     もちろん、雪遊び&そり専用ゲレンデもあり。
     12/23・年末年始を除く土日にはキッズイベント。
     「キッズフジQ」巨大プレイゾーンまで車で3分。
    場 所:静岡県裾野市須山藤原2428
        東名高速道路 御殿場IC (20km)
    問合せ:E-MAIL info@yeti-resort.com tel:055-998-0636
    旅http://www.yeti-resort.com/

    茶臼山高原スキー場
    ◆家族みんなが楽しめる、一番近くのスノーリゾート
    ◆12/19オープン 当日リフト・ベルコン無料・
     楽しい衣装のスキーヤー大歓迎。
     1/1~1/3と土日祝を除く平日がお得
     (リフト券+お食事券・女性リフト券が格安)
    場 所:愛知県北設楽郡豊根村坂宇場字御所平70-185
        国道257号西納庫から茶臼山高原道路(17km)
    問合せ:TEL:0536-87-2345 
    旅http://www.honokuni.or.jp/toyone/ski/index.htm

    平谷高原スキー場
    ◆長野県最南端のスキー場、楽しいキッズパーク有。
     近隣に温泉あり。
    ◆12/19オープン!当日のみリフト券無料。
    場 所:長野県下伊那郡平谷村1511
        浜松から120km 約3時間(中央道飯田ICから32km)
    問合せ:TEL: 0265-48-2100   
    旅http://hiraya.boy.jp/

    治部坂高原スキー場
    ◆ソリ専用ゲレンデあり。平谷高原スキー場の北隣。
     ブログでゲレンデコンディションを発信。近隣に温泉あり。
    ◆12/16オープン!(12/15までお得な前売シーズン券販売)
     火曜日メンズデー・木曜日レディースデー リフト券割引有
    場 所:長野県下伊那郡阿智村浪合1192番地
        中央道飯田ICから27km
    問合せ:TEL0265-47-1111 info@jibuzaka.co.jp
    旅http://www.jibuzaka.co.jp

    きそふくしまスキー場
    ◆長野県では珍しいスキーヤーオンリー宣言!
     キッズゲレンデ・保育士常駐の託児ルームもあり。
     キッズもシニアも楽しめる。近隣に温泉あり。
    ◆12/23オープン!
     12/31 年越しそばサービス有。
     シーズン券・毎日誰かが得をする各種割引有。
    場 所:長野県木曽郡木曽町新開10034番地
        中央道中津川ICから国道19号(60km)
    問合せ:TEL:0264-27-6021
    旅http://www.kisofukushima-ski.com/index.html

    冬のお出かけアンケート

    イベント(冬)
  • ギャラリー ケイブ

    2009年12月12日

    子育てしていると、ギャラリー(画廊)に入ってみる機会はほとんどありませんよね。
    子どもが作品に手を触れたり壊したりしたらどうしよう?と、連れて行ったほうも気が気ではなく、じっくり作品鑑賞なんてできなさそうな気がして、自然と足も遠のきます。

    ですが、助信にある画廊「ギャラリー ケイブ」は、そんな思い込みを覆してくれる空間です。

    2014030309857_cave.jpg

    工場跡をリフォームした広い空間は、アメリカ人アーティスト デヴィッドさんによる自由で大胆なデザインが施され、メキシコを思わせる壁面やオブジェがあったりと、非日常感たっぷり。

    ギャラリーでは現代美術を中心に展示を行っており、数々の企画展も開催しています。

    現在、「形象の円環」という展覧会を開催中です。
    これは、四人の若手作家による自主企画展で、木や金属など、さまざまな素材を使った独創的な造形が、空間いっぱいに広がっています。

    子どもにとって、いえ、大人にとっても、現代美術を間近にじっくり鑑賞する機会は、浜松ではそれほど多くありません。こんなギャラリーが、助信の住宅街の中に存在することを知ったときは驚きでした。

    「子どもにとって現代美術は、あるいはショッキングだったり、怖かったりする作品があるかもしれません。ですが、そうした本質に触れる体験というのも必要ではないかと思います。いまの子どもたちは、ゲームやアニメなど、ヴァーチャルですぐに移ろっていってしまうものに囲まれていますが、作家が作ったおもしろいものを直感的に感じ取る力は、やはり大人よりもすぐれていると思います。お子さんと一緒に、ギャラリーに作品鑑賞にいらしてください。触ったら壊れそうなものを触らないようにするなど、基本的な態度を大人が教えてあげることも、大切なコミュニケーションではないでしょうか」(オーナー・山内さん談)

    ガラスや柵で囲まれてはおらず、直接作品に接することができるのがギャラリーの醍醐味。作品のまわりを走り回ったり、繊細な部分を乱暴に触ったりするのは子どもといえど自粛させたいですが、なかには作家が「触っていいですよ」と言ってくれる作品もあります。展覧会会期中の土曜日曜は作家の誰かが会場にいますので、作品について尋ねてみるなど、会話をしてみてはいかがでしょう。アートが一層身近に感じられ、新しい世界が広がりますよ。

    12月13日(日)には、展示作家たちによるワークショップ「オリジナルリースを作ろう」を開催します。
    お子さんといっしょに、世界にひとつのアートなリースを作ってみては。
    (要予約、参加費500円)

    11/28~12/27は「形象の円環」展を開催中
    開館は土曜・日曜の12:00~19:00

    文/midori

     

    ギャラリー ケイブ

    住所 浜松市中区助信町31-20
    電話 053-473-6135
    駐車場 展覧会会期中は教育会館の駐車場、浜資待避駐車場が使えます。
    アクセス方法 【電車】遠州鉄道助信駅から西へ徒歩約5分
    URL http://www.gallery-cave.com/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    お店
  • なばなの里イルミネーション

    2009年12月9日

    11月の末に、寒さをこらえて「なばなの里 ウィンターイルミネーション 冬華の競演」に行って来ました。

    2014030309840_suijyouirumi.jpg

    ジャズドリーム長島で昼間は買物をして、午後4時頃、なばなの里に移動しました。
    移動はジャズドリーム長島から無料のシャトルバスが運行されているので、それを利用しました。
    週末のこの時間帯は長島リゾート周辺地域は渋滞が予想されます。
    実際この日は、バスで片道15分程度の道のりが、渋滞で1時間ほどかかりました。
    また、夕方のなばなの里の駐車場が満車で、駐車場に入る為の渋滞も夜まで続いていたので、車を利用の方は時間的に余裕をもって動いた方がいいです。

    2014030309840_tonnel.jpg

    園内に入ると、「光の雲海」「ツインツリー」「水上イルミネーション」「光の回廊」「オーロラ」と続きます。
    今年のテーマは「オーロラ」ということで、赤・青・緑と変化するイルミネーションが幻想的でした。
    また、ちょうど樹木も紅葉していて、それらのライトアップと水面に映る色がとても美しかったです。

    2014030309840_kouyou.jpg

    夜9時まで営業されているので、8時過ぎても家族連れがたくさん来ていました。

    2014030309840_orora.jpg

    このイルミネーションは、来年3月14日(日)まで開催されています。
    ぜひ、この冬の思い出にベストショットを撮りに出かけませんか?

    文/わかば

    ★無料パーク&無料バスライドと渋滞については、下記をご覧ください。
    http://www.nagashima-onsen.co.jp/page.jsp?id=3458

    なばなの里

    住所 三重県桑名市長島町駒江漆畑270
    電話 0594-41-0787(代)
    料金 ひとり2,000円(1,000円分の金券と入村料を含む)
    駐車場 有 無料 3,000台完備
    アクセス方法 車 東名阪自動車道・長島ICより10分 伊勢湾岸自動車道・湾岸長島ICより20分 電車 JR・関西本線、近鉄・名古屋線桑名駅より 三重交通バスで10分
    URL http://www.nagashima-onsen.co.jp/nabana/illumination/feature.html/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    イルミネーション
  • 京都・清水寺

    2009年12月2日

    清水寺京都・清水寺へ紅葉を見に行ってきました。
    私と小1・年少の娘たちの女三人旅です。
    子どもたちには初めての京都、新幹線に乗れると大喜びでした。
    こだまに乗って京都駅まで約1時間40分。
    紅葉のシーズンに加えて三連休ということもあり、京都の街は観光客でいっぱいでした。
    市バス1日乗り放題券(大人500円、小人250円)を購入し、清水寺へ。
    バスもかなり混雑していましたが何とか座れました。
    五条坂のバス停で降りて、清水寺へ続く坂道を登っていきましたが、「抱っこ~。」を連発する次女。長女が手を引いたり、おぶったりしてくれて頼もしかったです。
    道はかなり混んでいて、普通に歩いても誰かにぶつかるほど。
    赤ちゃん連れのファミリーもいましたが、子どもはママが抱っこし、ベビーカーは畳んでパパが担いで歩いていて大変そうでした。
    肝心の紅葉は7~8割といったところでしたが、清水の舞台から見る景色に子どもたちも感激していました。
    しかし中国人の観光客の多さには驚きです。
    中国の経済パワーを感じます。頭上で中国語が飛び交うので、長女も不思議そうな顔をしていました。
    清水寺本堂にある縁結びで有名な地主神社は、若い女性で賑わっていました。
    いつか娘たちも年頃になったら行くのかな~と思う母なのでした。
    みやげ物店や甘味処に寄り道しつつ三年坂・二年坂へ。
    二年坂ではスタジオジブリのキャラクターショップ「どんぐりの森」というお店があり、子どもたちはポニョのグッズを買って、ご満悦。
    秀吉とねねゆかりの高台寺や圓徳院などにも寄って、八坂神社まで歩いてきました。
    神社では偶然、結婚式が行われていました。
    観光客が見守る中、とても厳かな雰囲気で素敵でした。
    舞妓さんの姿もあちらこちらで見られましたが、顔から首まで白く塗っている姿に子どもたちは「なんで白いの?」と質問。
    返事に困る若い舞妓さんでした。
    清水寺周辺をウロウロしただけですが、4時間ちょっとかかってしまいました。
    銀閣寺まで行きたかったけど、帰りの混雑を考えて断念。
    京都駅までのバスに乗るためバス停に行ったら、すでに行列が。10分置きぐらいにバスは来ますが、満員状態のため一度に乗れるのは、3~4人ぐらい。
    子どもは疲れ切った様子で道路に座りこんでしまうし、困ったなぁと思っていたら天の助けが。
    一緒にバスを待っていた方が「タクシーを相乗りしましょう。」と言ってくれ、おまけにタクシー代まで負担してくれました。
    見ず知らずの方に親切にしていただき、親子共々感激。
    ところで今回一番困ったのは、トイレです。
    駅やお店、コンビニさえも女性用のトイレは行列です。
    子どもにおしっこと言われる度に、空いているトイレを探して走り回る羽目に。
    トイレで並んでいると、順番を代わってくれる親切な方もいたりして、子連れの私には人の親切が身に沁みた旅でした。



    清水寺
    URL  http://www.kiyomizudera.or.jp/
    所在地 東山区清水
    電話  075-551-1234
    拝観料 大人300円 小・中学生200円
    時間  6時~18時(季節変動あり)
    交通アクセス JR京都駅より市バス 五条坂または清水道下車駐車場     
    付近に有料駐車場有り

    観光・ちょっと遠出
  • 岩ケ池公園

    2009年11月30日

    愛知県刈谷市にある『岩ケ池公園』に遊びに行ってきました。
    ここは、伊勢湾岸自動車道のパーキングエリア『刈谷ハイウェイオアシス』に隣接しています。
    私たち家族は、伊勢湾岸自動車道の駐車場に車を停めて、公園に遊びに行きましたが、一般道からも入れる駐車場が整備されています。

    岩ケ池公園

    公園には遊具だけでなく、ゴーカートやメリーゴーランド、バッテリーカーなどの乗り物が充実していて、2歳と1歳になる息子たちは大喜びでした。
    乗り物の料金も50円から100円とお手ごろで、親としても大助かりでした。
    小さい子ども向けの遊具だけでなく、3~12歳向けの大きな遊具もあり、少し大きなお子さんも楽しそうに遊んでいました。
    広場で、フリスビーやバドミントンなどをしている家族もいました。

    岩ケ池公園

    朝、慌ただしく出かけたため、お弁当を作る時間がなかったので、PAのコンビニでお昼を購入して公園へ。
    人工芝が敷かれていて、日差しをよけられるテント広場で昼食をとりました。

    その後、長男が夫と乗り物で遊んでいたので、その間、私は次男を連れて足湯へ。
    足湯の熱さにちょっとびっくりしてしまいましたが、長いこと温泉や足湯と無縁だったので、久しぶりのゆったりとした時間に、眠気を催すほどくつろいでしまいました。
    公園内のトイレには、オムツ替えシートが設置されていました。
    私が見る限り、授乳室は見つけられなかったのですが、HPを確認すると、『刈谷ハイウェイオアシス』のデラックストイレ内の着替え室を授乳室として使えるようです。
    浜松から高速と自動車道を使って1時間弱と、ドライブするにはほどよい距離ですので、行ってみてはいかがですか?

    文/しほぞう

    岩が池公園

    住所 愛知県刈谷市東境町吉野55番地
    電話 (0566)35-0211
    駐車場
    アクセス方法 豊橋・静岡方面から…東名高速 豊田JCTで伊勢湾岸自動車道へ(豊田JCTから約7分)
    URL http://www.iwagaike-park.com/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    公園
  • ゆれるつり橋の獅子ヶ鼻公園

    2009年11月28日

    紅葉がそろそろきれいなのではないかな?と思って、磐田市の獅子ヶ鼻公園に行ってきました。
    行ったのは11月中旬でしたが、紅葉はもう一息というところでした。

    2014030310167_sisigahana.jpg

    この公園は、磐田市が合併する前に「磐田郡豊岡村」だったところの山の上にあり、公園の駐車場は、昔の豊岡村から浜松市にかけてを見渡せる絶景ポイントでもあります。
    公園内には、ところどころにアスレチック遊具と絶景ポイントがあります。
    中でも驚いたのが、つり橋があるところです。このつり橋は、歩くたびに微妙に揺れるのでスリルがあるのですが、同時に絶景ポイントでもあるのです。
    ぜひ、お試しください。

    2014030310167_turibasi.jpg

    トイレはファミリートイレもあります。
    また、公園の近所には柿畑がたくさんあり、直売もしているので、この季節に行くことをおすすめします。

    (わかば)

    獅子ヶ鼻公園

    住所 磐田市岩室199-1
    電話 0538-37-4806
    問合せ 磐田市建設部公園緑地課 緑化推進係(西庁舎2階)
    料金 無料 or入場料など有料の場合金額
    アクセス方法 袋井I.Cより自動車で30分
    天竜浜名湖鉄道「敷地」駅より徒歩30分

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    公園
  • 紅葉の小國神社

    2009年11月26日

    11月の小國神社は、紅葉を見に訪れる方と、七五三のお祝いで訪れいている家族でにぎやかです。
    この時期、週末は小國神社の手前2~3キロメートルにわたって渋滞しているという噂を聞き、平日に行きました。

    小國神社

    小國神社は、初詣や七五三などのお参り先としても人気があると同時に、季節の花を楽しめるところでもあります。
    また、境内の中は厳かな雰囲気が漂っていて、パワースポットに行ったような感覚があります。

    境内の外には、アスレチックを楽しめるところがあります。
    他にも、鳥居のすぐ横には「小國ことまち横丁」という特産品を販売しているところがあります。
    手焼きせんべいや、いろいろな味のかりんとうなどがおいしいですよ。

    ぜひ、紅葉のきれいなうちに一度行ってみてください。

    (わかば)

    小國神社

    所在地:静岡県周智郡森町一宮3956‐1 
    電話 0538-89-7302
    アクセス:
    ・東名高速道路「袋井IC」より約20分
    ・JR新幹線「掛川駅」より約40分
    ・天竜浜名湖鉄道「遠江一宮駅」より、送迎マイクロバス(日曜日運行)にて約10分
    ・無料駐車場 約800台収容できます。

    お花見・紅葉情報
  • 119ふれあいフェア2009

    2009年11月24日

    11月7日(土)に浜名湖ガーデンパークで行われた「119ふれあいフェア2009~みんなおいでよ防災まつり」に行ってきました。
    浜松市消防局のイベントで、会場ではミニ消防車の乗車体験や、地震体験車乗車体験、消防特殊車両展示が行われていました。
    天気にも恵まれて、多くの人でにぎわっていました。

    119ふれあいフェア2009

    3歳のわが子も、中央芝生広場周辺に並ぶ消防車両が見えてくると、大喜びで走って見に行っていました。
    中でもミニ消防車の乗車コーナーには、多くの人が並んでいました。
    早速、私も娘と一緒に乗車しました。
    運転は、隊員の方がしてくださるのですが、手動のサイレンがあって「ウ~ウ~」という音が鳴るのが面白いようで、みんな乗るとすぐにサイレンを鳴らしていました。電気自動車なので音はとても静かなのですが、スピードが速く、
    乗車中の子どもは緊張気味ではありました。でも、降りると「かっこよかったね」と満足な様子でした。

    119ふれあいフェア2009

    その他にも、消防服を着用しての放水訓練や、消防車両とのプリクラ撮影、消防車両パズル、木工体験など、子ども達が体験できるコーナーがたくさんありました。
    放水訓練コーナーでの子ども達の表情はとても真剣で、ミニ消防士になった気分なんだろうな~、と微笑ましく思いました。

    また、消防ラッパ隊・音楽隊によるパレードも行われて、隊列を崩さず音楽を奏でる様に、子どもは釘付けでした。
    特に太鼓の音がとても気に入ったようで、太鼓を叩く真似をしながらパレードの後をついて行っていました。

    119ふれあいフェア2009

    当イベントには昨年も訪れたのですが、今年は一段と内容が豊富になっていて、とても楽しめました。
    子どもが喜ぶだろうと思って訪れたイベントですが、私にとっても初めて知ったことが多く、どのような種類の消防車両があるのか、車両内はどのようになっているのか、など、親子で一緒に楽しみながら体験することができました。
    子どもにとって、防災意識をもつ機会となったのはもちろん、職業体験の場にもなっていたように思います。
    乾燥してくるこの季節、「火の用心」を再認識する一日になりました。

    みるるん

    日時 11月7日(土)9:30~15:30
    場所 浜名湖ガーデンパーク 西区村櫛町
    駐車場 有(無料)
    問い合わせ 浜松市消防本部

    イベント(秋)
  • 浜北森林アスレチック

    2009年11月22日

    浜北森林アスレチック1浜北森林アスレチックへ行ってきました。

    隣接する県立浜北森林公園では、すでに紅葉が始まっています。
    そちらはお弁当持参の家族連れやカップルで賑わっていました。
    私もパパも森林アスレチックは30年振りぐらいです…。

    「昔に比べて、難易度が上がってる気がするね~。」と娘たちと一緒にチャレンジ。


    浜北森林アスレチック2最初の方のメニューは、ロープを掴んで丸太を渡っていくだけのものだったので「簡単、簡単。」と笑っていられました。
    しかし途中から難易度が上がってきたら、パパも子どもたちも顔が必死。「落ちる、怖い、ひゃー。」を連発。
    年少の次女はパパにしがみついて、すぐにリタイア。
    小1の長女の方は怖がりつつも、途中でやめるのは他の子どもたちの手前プライドが許さなかったらしく、半べそで続行していました。

    丸太でできたブランコに乗る「人間ロープウェイ」や池をタライ桶で横切る「タライ船わたり」など様々なポイントが40か所あります。
    途中で自動販売機と簡易トイレがある休憩所が1か所あるのですが、そこに座り込んだら、なかなか次に進めない私たち。
    長女に「早くぅ~。」とせかされて、思い腰を上げる私とパパ。

    浜北森林アスレチック3ゴールするまで2時間近くかかりました。結構歩いたみたいで、私もパパも足が筋肉痛。
    でもマイナスイオンの森林浴もできて、気持ちよかったです。
    公園の遊具とは違って、ここまで身体の筋肉を使うのは、娘も初めてだったと思います。
    その日の夜は熟睡でした。

    施設内にはアスレチック以外にゴーカートやサイクルモノレール(有料)もあります。
    他にも、入り口の広場に竹馬・フラフープ(無料)が置いてあります。

    アスレチックが終わった後、今度はそれで皆遊んでいました。
    子どもたちの元気さには、ほんとに驚かされます。

    文/のんたん

    浜北森林アスレチック
    URL http://www.hamakita-shinrin.com/
    住所  浜松市浜北区尾野2615-5
    電 話  (053)582-2211
    営業時間 AM9:00~日没まで
    定休日  毎月第3火曜日・12月31日・1月1日
    入園料  大人800円 子ども500円(未就学児無料) シニア(65歳以上)500円
    駐車場  有り(無料)
    アクセス 東名浜松IC・浜松西ICより車で30分

    公園
  • 浜松花と緑の祭2009

    2009年11月20日

    10月18・19日にアクト通り、東ふれあい公園にて行われた「浜松花と緑の祭2009」に行ってきました。
    18日はあいにくの雨で、午前中の人手は少なかったものの、午後や19日は多くの人でにぎわっていました。

    浜松花と緑の祭2009

    アクト通りが花や木のぬくもりにあふれていて、どのブースをのぞいても楽しい企画でいっぱいでした。
    中でも子どもたちが喜んだのは、木の板に秋ならではの木の実を自由につける作品作りと、どんぐりの標本作りでした。
    作品作りでは子どもたちがどんぐりなどの木の実を「ここはどんぐりの幼稚園です~」などと言いながら、自分なりの作品を作り上げていました。
    一緒に作っていた小学生くらいの子は、大きな松ぼっくりをクリスマスツリーに見立てて、まわりに木の実をかざったり、どんぐりと実の殻を使って、ウサギなどの動物を作ったりしていました。

    浜松花と緑の祭2009

    同じ木の実を使っても、人それぞれ個性ある作品ができ、それをお互い見比べてみたりと、とても楽しかったです。
    また標本作りでは、「どんぐり」といっても色々な種類があることを、実際の実を見て手にとって確認しながら作り上げていくので、子どもももちろんですが私の勉強にもなりました。
    出来上がった作品はリビングに置いてありますが、公園に行った時にどんぐりを拾ってきて「これはコナラだね」などと言いながら楽しんでいます。
    そのほかにもステージでは様々なイベントが行われていたり、木の作品や花を后w)€ヨ入できる所や、フラワーアレンジメント体験コーナーなどもあり、とても楽しかったです。
    帰る頃には、作った作品が手に持ちきれないほどになりました。

    また来年も、秋を楽しみに出かけてみたいなぁと思いました。
    秋は各地でイベントが盛りだくさんですね。
    皆さんもイベント情報をチェックして家族で出掛けてみられてはいかがでしょうか。

    文/みるるん

    会場 アクト通りおよび東ふれあい公園
    開催日 2009年10月17・18日(土・日) 雨天決行
    料金 入場無料
    主催 浜松市

    イベント(秋)
  • モザイカルチャー終盤戦

    2009年11月19日

    いよいよ今週末の連休で、浜松モザイカルチャー世界博2009が終わります。
    このところ急激に寒くなってきたので、しっかり寒さ対策をして夜のモザイカルチャーを見に行ってきました。

    モザイカルチャー

    浜松モザイカルチャー世界博2009は、植物たちが時間の経過とともに、気温や環境の変化で、同じ作品でも表情を徐々に変えていくところが見どころのひとつとなっています。
    でもそれだけではなく、日が暮れてからの作品には、イルミネーションが輝いていて、昼間とはまた違った作品となっているのです。
    イルミネーションといえば、今月からは街中がクリスマスのイルミネーションで煌やかに輝いているのですが、それとはまた違う味わいのあるものでした。

    印象的だったのは、浜松市の出展作品「ほほえみのハーモニー」です。音楽に合わせて光が変化して、たくさんの人たちが集まっていました。
    昼間見た時に迫力のあった静岡県の出展作品「紅雲の雪景富士」は、夜見るとイルミネーションと作品の深く赤い色が、昼間とは全く印象を変えていました。

    モザイカルチャー

    他に、子どもが好きな恐竜が、大きな赤い口を開けてうなっているところや、いろいろなキャラクターが人気があるようでした。

    とにかく、夜行くには、完全防備で寒さ対策をしていくことをおすすめします。ベビーカーや車椅子の方は特にあたたかい膝掛けなどを用意して、風邪をひかないようにしましょう。冷え切ってしまう前に、大温室クリスタルパレスに入ると暖かいですよ。
    また、足元が見えにくいところが多いので気をつけてください。

    開催期間 開催中。2009年11月23日(月・祝)まで
    開園時間 月曜~木曜 9:00~17:00
    金曜~日・祝 9:00~21:00 ※11月23日は17:00まで
    会場:はままつフラワーパーク
    所在地:浜松市西区舘山寺(かんざんじ)町195
    アクセス:
    ◎マイカー利用
    指定駐車場(浜松市西区協和町2626番地 他)から無料シャトルバスで会場へ。自家用車1日1台1,000円。自転車・原付・自動二輪車の駐輪、送迎車は無料。利用時間は8:00から閉園の1時間後まで。
    ◎バスを利用
    浜松駅発着直行バス・路線バスは、運賃片道大人500円、小児250円(往復で買うと大人900円、小児450円)。所要時間は約40分。浜松駅バスターミナル1番のりば。直行バス・路線バス合わせて1時間に7本運行しています。
    弁天島駅発着路線バスは、運賃片道大人540円、小児270円。所要時間は約35分。
    ◎タクシーを利用
    浜松駅(北口・南口共通)から会場まで、定額運賃で片道3500円。指定駐車場から会場まで定額運賃で片道1400円。

    文/わかば

    イベント(通年・不定期)
  • まだ間にあう!モザイを楽しむツボ

    2009年11月18日

    閉幕まで残すところわずかとなった、モザイカルチャー世界博。
    この週末に駆け込み入場する予定の方も多いのではないでしょうか。
    「まだ間にあう!モザイを楽しむツボ」をお届けします。

    <マップ>
    まずは入口ゲートに設置してある、マップを手に取りましょう。会場のどこに何のモザイがあるかや、飲食施設・トイレの位置などが一覧できます。

    <全体的には>
    「鑑賞する」のがモザイの基本ですが、中には触れたり、作品の中に入れたりと、参加型の作品もあります。さまざまな自治体の出展作品には「ゆるキャラ」も多数登場しているので、「これ何のキャラ?」と言い合ったりして盛り上がれそうです。

    ひたすら作品から作品へと、けっこう高低差のある場内を歩く一日になるので、歩ける靴で行くのがおすすめです。今の季節だと防寒着も欲しいですね。

    ベビーカーの貸し出し(B型)もあります。ただし花壇の周りは階段が多く、それを避けるとかなり遠回りに。ベビーカーをエイとかついで階段を下りるお父さんの姿も見ましたが、ちょっとあぶなっかしい感じでした。動線を考えながら歩いたほうがよさそうです。

    <写真>
    写真はたくさん撮ることになるそうなので、デジカメの充電もお忘れなく。
    ボランティアの方が多数いて、モザイの前で写真を撮ってくれたりします。人気の「木を植えた男」や「富士山」のモザイの前などにボランティアの方が立っているので、声をかけてお願いしましょう。

    写真は、フォトスポットとして大人気の、静岡市の出展作です。
    レッサーパンダ、いちご、えび、まぐろ。。。などが配置され、なかなかカワイイ作品で、女の子たちに人気でした。
    ただし、大温室を入ってすぐのバラのところで写真を撮ってくれるのは業者さんです。その写真を買うと1000円ですよ。

    <物販>
    各地の特産品(浜名湖展示ホール)やモザイオリジナルグッズなど、それなりに売っていますが、品数はそれほど多くありません。
    あまり派手でないので、子どもに買い物をせがまれちゃって困ることもなさそう。

    <飲食>
    園内に3か所のフードガーデンがあり、メニューもうなぎ飯やみそカツどんといった地元の食品から、韓国・ネパール・スリランカなどの外国料理メニューまでバリエーション豊富で、値段もファミレス程度です。お弁当を持ち歩く重さを考えると、フードガーデン利用でもいいかな、という気がしました。あと、マップにはないですが、バラ園のところがフードパークになっていて、焼きそばなどの出店があります。

    <動物園も入れる>
    モザイのチケットで、動物園も入れます。はまなこゲート(動物園ゲート側)でチケットにスタンプを押してもらうと、両方の会場を行き来できます。ただし、5時には閉園してしまうので、行きたい方はお早めに。

    <イベント>
    場内の特設ステージ「モザイステージ」などで、連日さまざまなイベントが開催されています。最終日はダンスやミュージカル、グランドフィナーレもあるようですね。公式サイトでチェックしてみてください。

    <ライトアップ>
    一部の作品は週末の夜間、美しくライトアップされます。どなたか行かれましたか?
    ではでは、モザイカルチャー見に行かれる方はぜひ、目いっぱい楽しんできてくださいね!

    【開催期間】2009年11月23日(月・祝)まで
    【開園時間】月曜~木曜 9:00~17:00
    【金曜~日・祝】9:00~21:00 ※11月23日は17:00まで
    【会場】はままつフラワーパーク
    【所在地】浜松市西区舘山寺(かんざんじ)町195

    浜松モザイカルチャー世界博2009公式ホームページ
    http://mih2009.com/

    アクセス:
    ◎マイカー利用
    指定駐車場(浜松市西区協和町2626番地 他)から無料シャトルバスで会場へ。自家用車1日1台1,000円。自転車・原付・自動二輪車の駐輪、送迎車は無料。利用時間は8:00から閉園の1時間後まで。

    ◎バスを利用
    浜松駅発着直行バス・路線バスは、運賃片道大人500円、小児250円(往復で買うと大人900円、小児450円)。所要時間は約40分。浜松駅バスターミナル1番のりば。直行バス・路線バス合わせて1時間に7本運行しています。
    弁天島駅発着路線バスは、運賃片道大人540円、小児270円。所要時間は約35分。

    ◎タクシーを利用
    浜松駅(北口・南口共通)から会場まで、定額運賃で片道3500円。指定駐車場から会場まで定額運賃で片道1400円。

    公式ホームページアクセス情報
    チケット:
    ◎チケットの種類は、
    「普通入場券(大人・中人・小人・プラチナ)」
    「ペア割引入場券(大人・中人・小人・プラチナ)」…2枚つづりのお得な入場券
    「全期間入場券(大人・中人・小人・プラチナ)」…開催期間中有効で入退場自由
    「特別割引入場券(大人・中人・小人・プラチナ)」…身体障害者手帳・療育手帳を所有する方
    「平日割引回数券(大人・中人・小人・プラチナ)」…平日のみ有効な5枚つづりの回数券(会場窓口のみ販売)
    「夜間割引入場券(大人・中人・小人・プラチナ)」…夜間開催時のみ有効な割引入場券
    「学校行事割引入場券(高校生・小中学生)」…教育活動として教職員が引率する生徒・児童で構成する団体
    ◎チケットの区分の適用範囲は、
    大人:18歳以上60歳未満、中人:15歳以上18歳未満、小人:6歳以上15歳未満、プラチナ:60歳以上、幼児:無料
    ◎チケット料金:大人1,800円 中人900円 小人600円 プラチナ1,300円
    公式ホームページ入場券情報

    midori

  • 月見の里学遊館

    2009年11月17日

    袋井市にある「月見の里学遊館」のことが、以前から気になっていました。
    この施設は、コンサートもできるホール、多彩なワークショップルーム、集会室、図書館、温水プールなどを備えた公共施設です。

    ワークショップルームは、全面ガラスを通して自然光がふり注ぐアトリエをはじめ、調理設備のある部屋や和室、舞台芸術のワークショップルームなどが揃い、ものづくりや表現に関心のある人にとってはワクワクしてくるような造りです。また、建物のデザイン自体もユニークです。

    2014030310099_tukiminosato.jpg

    年間を通してイベントやコンサート、演劇などが催されていますが、今回私はアートのワークショップに参加してみました。

    10月18日に開催された「アートで脳を刺激する!」の第一弾「さわる」です。
    現代美術家のカワムラ ユヨウさんがファシリテーターとなって、大人も子どもも、まずはウォーミングアップ。広告紙やコピー用紙を使った、自分オリジナルの「ノート」づくりをします。素材はチラシのリサイクルなのですが、やっているうちにだんだんハマり、みんなそれぞれにオリジナリティを発揮しはじめます。子どもたちは、ノートに紐を通して首から下げられるようにしたり、大人は「書けないノート」を作ってみたり…。
    じつは、ノートの表紙の素材になっているチラシは、学遊館の上半期プログラムを載せたパンフレットであり、学遊館のコンセプトや内容が織り込まれているので、作業中に自然と目に入るようになっている、という仕掛けです。
    そのまま際限なくノートを作りつづけそうな私たちでしたが、つぎはいよいよ本題の「さわる」です。何でさわるか? というと、みんなそれぞれ、さわるための「自分の触覚」をつく
    りましょう、ですって。触覚って??

    カワムラさんは、触覚の材料として、日常の品物から珍しい廃材まで、楽しい素材をいろいろ集めてくれていました。棒の先にそれらの素材をくっつけて触覚にし、それを持ってアトリエの庭に出ます。
    子どもたちが作った触角は、ファンキーでかっこよかったですよ。
    触覚で触る芝生の音、ガラス窓の音、給水タンクの音など、音も感触も含めて、行為自体が面白いアートでした。

    最後は、みんなが触覚でものを触っている映像を見ながら、お茶を飲みつつお喋りしました。映像の中で他の参加者の触覚体験を共有しているうちに、触覚をつくって遊ぶというよりも、どうやって対象を感じるか、そしてそれぞれの作業をどうやって共有するかということが、より深い体験なのだということが胸に落ちてきました。

    こんな風に、まったり&クリエイティブに過ごした秋の午後。
    次回のワークショップも楽しみになりました。
    (月見の里のホームページに今後の予定が掲載されています)

    上半期のワークショップでは、現代美術の持つ、じっくりと根源的にみつめ考える思考方法や観察方法を利用して、くらしや身近な生活をいままでと違う価値で感じる場だったそうです。今回の「さわる」も、それまでの内容をベースに考えられており、今をどうやって感じ考えるか、試してみて話し合ってみて積層するという作業の中の一環なのですね。

    ちなみに、こうしたワークショップは、すべて市民ボランティアおよびサポーターさんたちとの話し合いの中から企画・運営されているそうです。ロビーでは、親子連れや学生たちが思い思いに過ごしていて、市民の集いや憩いの場になっているんだなと感じました。

    midori

    月見の里学遊館

    住所 袋井市上山梨4-3-7
    電話 0538-49-3400 (FAX 0538-49-3405)
    利用時間 9:00~22:00
    定休日 木曜
    子連れに便利な設備 オムツ換えのできるトイレあり
    駐車場 あり
    アクセス方法 (国道○号○○交差点西へ○キロ イオン○○店向かい ○○駅から徒歩○分、など)
    URL http://www.tsukiminosato.com/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    近場でレジャー(市内・近郊)
  • 和地山公園

    2009年11月13日

    和地山公園に3歳の子どもと一緒に行ってきました。
    少し前から「園路一周920m」という看板ができていて気になっていたので、子どもと一緒に、探検ごっこと称してまわってみることにしました。

    2014030310082_wajiyama1.jpg

    先月の台風で倒れた木などもまだまだ見られますが、遊ぶには全く支障がない程度で、その倒木を利用してベンチも作られていました。

    園路には、「400m」など色々な動物の絵が描かれた看板があるので、それを探しながら歩くのもまた面白かったです。

    2014030310082_wajiyama2.jpg

    途中、公園の松の上に動くものが見えたので「何かな?」と思って探してみるとりすがいました。
    子どもと一緒になって追っかけて見ていましたが、木の上を上手にするすると移動していく姿に、子どもも大喜びでした。

    2014030310082_wajiyama3.jpg

    お弁当を持参していたので、芝生で食べたりしましたが、まだまだ秋といっても日中はとても暖かく過ごしやすいです。
    紅葉を楽しんだり、どんぐりやまつぼっくりなど秋ならではの木の実拾いをしたりと、秋を満喫できると思います。
    ぜひお弁当持参で、家族やお友達と行ってみてください。一周すれば運動にもなりますよ!

    みるるん

    和地山公園

    住所 浜松市和地山3丁目
    電話 053-473-2517
    子連れに便利な設備 トイレあり
    駐車場 103台
    アクセス方法 静岡大学・静岡県自動車学校に隣接
    URL http://www.hama-park.or.jp/f-kanri/f-waziyama/waziyama.html

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    公園
  • 無料託児のある美容室「oazo」(オアゾ)

    2009年11月10日

    子育て中って、美容院に行く回数がどうしても少なくなりませんか?
    行きたいと思っていても子どもを預けるところがなかったり、パパに見てもらうにも予定が合わなかったりして、気がついたら前回はいつ行ったかしら?なんてことがありませんか?
    美容院内にキッズスペースがあっても、結局は遊んでてくれなくてゆっくりできなかったなんて話も聞きます。
    でも、ママもおしゃれをしたいですよね。
    なんと、美容院内に無料の託児室を併設している美容院が南区大柳町にオープンしたことを知り、早速2人の子どもと一緒に、数ヶ月ぶりとなる美容院へ行ってきました。
    2歳の娘は、一緒に美容院に行くことを話すと妙に喜んで、前日から楽しみにしていました。

    2014030310075_oazo1.jpg

    受付では、ヘアスタイルの好みや悩みなどはもちろん、子どもの好きなものなど託児に関するアンケートもあり、子どもが楽しく過ごせるよう配慮してくれていることを感じました。
    託児室には木のままごとのキッチンセットやすべり台、ブロック等いろいろなおもちゃが用意してあり、子どもが楽しく過ごせる雰囲気になっていました。もちろん、プロの保育士さんがいるため、安心して預けることができます。娘もすぐに大好きなアンパンマンを見つけて大喜びでした。

    美容院のインテリアは店内から中庭が見え、明るくリラックスできる雰囲気です。日頃の子育ての慌ただしさを忘れて癒され、すっかりリフレッシュできました。
    施術もとても丁寧で、長さやボリューム、前髪のカットなど、ひとつひとつ確認して納得のいく仕上がりにしてくれました。

    2014030310075_oazo2.jpg

    託児室でカットの間の1時間ほどを過ごした娘は、家にはないおもちゃがいっぱいで楽しく過ごせたようです。帰る時間になっても「帰りたくない」と言っていたほどです。
    6ヶ月の息子は、迎えに行く頃にはぐっすりと寝てしまっていました。
    託児の様子は口頭だけでなく小さなメモに丁寧に書いてくれます。そんな心遣いがとても嬉しかったです。

    子育てをしているママがいつまでもきれいで可愛く、楽しみながら子育てをできるよう、少しでもお手伝いがしたいという思いから設置した託児所だそうです。
    ほんの少し自分だけの時間が持てるだけでも気分転換になり、また子育てをがんばろうという気持ちになりますね。

    文/チーズ

    施設名が入ります。

    住所 浜松市南区大柳町17-1
    電話 053-442-8555(予約優先制)
    利用時間 火水木日曜日 9:00~18:00(カット)~17:00(パーマ、カラー)
    金土曜日    9:00~19:00(カット)~18:00(パーマ、カラー)
    【託児所】火水木金曜日 9:30~17:00(前日までに予約が必要)
    駐車場
    アクセス方法 浜松駅より中田島街道を南下 白羽町交差点を左折(掛舞線) デイリーストアの交差点を右折して右側にあります

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。
    ※託児について対象年齢は8ヶ月から小学1年生まで(兄弟など一緒の場合は相談してください。我が家は下は6ヶ月でしたが上の娘と一緒ということで快く受けてくれました。)
    おやつや飲み物が必要なときは持参となります。2時間半を目安に預かってもらえます(年齢や状況に応じて要相談)詳しくは予約時にご確認下さい。
    ※平成21年12月30日(水)まで、「ウエルカムプライス」のキャンペーン中です。詳しくはお問い合わせ下さい。

    お店
  • 『ゆいまーる』のミニミニ運動

    2009年11月7日

    江西保育園 子育て支援センター『ゆいまーる』のミニミニ運動会に参加してきました。
    保育園のホールで行われたので、小さい赤ちゃんを連れていても安心です。

    まずは体操からスタートです。
    ちょっと緊張気味の子どもたち。
    いつもと違う雰囲気にのまれつつも、音楽にあわせて元気に踊っていました。
    かけっこは二人づつ『よーい、ピィー!!』の先生の笛でスタート。
    ママと一緒に元気に走る子、泣きだす子、笑顔で先生のところへ飛び込んでいく子、逆方向へ走りだす子、個性が出ていて面白かったです。

    次は障害物競走。これはみんな大得意です。
    夢中になって段ボールのトンネルをくぐり、滑り台をスルーっとすべり、何回も何回もチャレンジしていました。

    魚釣りレースもしました。
    段ボールの船に乗って(引っ張るのはママです。)色とりどりのお魚を釣り、最後はフライパンの上にのせてお料理します。
    おいしく出来上がったら「いただきまーす」。
    この段ボールの船はみんなのお気に入りになり、何往復もしていましたよ。
    お家でも真似できそうです。

    最後は玉入れです。
    赤い玉をみんなでポイ、ポイ。全然かごには届かないのですが、一所懸命投げました。
    拾って投げる姿がとてもほほえましかったです。

    頑張った子どもたちには先生から金メダルとおいしい手作りクッキーのプレゼント。
    息子は、初めてもらった金メダルを得意げに見せに来ました。

    クッキーはママたちもおすそわけしてもらいました。
    あまりのおいしさにみんなぺロリ。
    仲良く座ってお茶をいただきながら食べました。

    いつもの支援センターと違った雰囲気で子どもたちの頑張る姿は新鮮でした。
    子どもたちもとても楽しんで参加できて、それ以上にママたちが楽しかったのではないかと思います。
    笑顔と笑い声いっぱいのミニミニ運動会でした。

    ナデシコ

     

    浜松市立江西保育園
    〒431-8047
    静岡県浜松市中区神田町176
    tel 053-441-8121

    子育て支援センター『ゆいまーる』
    親子で一緒に保育園で楽しく遊びましょう
    対象:就学前の就園していないお子さんとお家の方。予約は不要です。
    時間:土曜日9:30~11:30
    場所:江西保育園 園庭、保育室
    駐車場:若干あり
    アクセス:
    遠鉄バス米津線 『春日町』下車 徒歩3分
    遠鉄バス浅田中田島線『神田東』下車 徒歩7分
    遠鉄バス蒲小沢渡線『神田西』下車 徒歩10分 

    子育てひろば・支援センター
  • 富士山静岡空港

    2009年11月1日

    富士山静岡空港に行ってきました。

    2014030310044_air1.jpg

    浜松から東名・相良牧之原ICまでは順調だったのですが、そこから空港までの道路がかなり混み、長くかかってしまいました。
    ICから降りてしばらく走っていくと、空港の建物の一部が見えてきて、子どもたちが「あっ、見えた!」と喜んだのもつかの間。
    道が渋滞し始め、機嫌が悪くなる運転手のパパ。
    子どもたちも、まだ着かないと騒ぎ始め、車内はイライラモード全開に。

    2014030310044_air6.jpg

    途中から道路の車線が見学者用と搭乗者用とに分かれ、搭乗者側はガラガラな様子。
    見学者側だけが混んでいました。
    空港まであと少しという所まで来ると、空港手前の駐車場に車を停めて、そこからフェンス越しに飛行機の離着陸を見ている人山が。我が家も、そこから飛行機を見学することにしました。

    飛行機が離陸する度に、皆さんなぜか拍手の嵐。
    子どもたちもパパも、迫力ある飛行機のエンジン音を近くで聞けて、大満足。
    私の隣で見ていたおばぁちゃんは、すべての飛行機の離着陸の時刻を広告の裏に書いてきていて、私たち親子に「次、何時に離陸だよ。」と教えてくれました。「飛行機に乗って外国に行きたい。○○ちゃんは、夏休みハワイ行ったよ。」と小1の長女が言うのを、私もパパも気付かないフリをしていました…。

    2014030310044_air5.jpg

    せっかく来たからということで、空港ターミナルも覗きましたが、こちらもすごい混雑です。
    1階は到着ロビーとチェックインカウンター、コンビニ。
    2階は出発ロビーとお土産・雑誌などの売店や免税店があります。また、休憩所の他に、静岡茶をその場で入れてもらい、カウンターでゆっくり飲めるコーナーがあるのは、静岡っぽいところです。
    3階は展望デッキと、沼津魚がし鮨のレストランとなっています。しかし、ここで食事するのはかなり順番待ちしそう…。

    ちなみに、トイレにも行列ができていました。子どものトイレは行列を避けて帰りにどこかコンビニで、と思ってみても、空港周辺はまだ開発中で何の店舗もありません。
    わが家の場合もIC近くのコンビニに駆け込んでギリギリセーフでした。
    子連れで行くなら、トイレは早め早めに声かけしたほうがよさそうです。

    コンパクトな空港だなぁ、というのが私個人としての正直な感想です。
    空港の規模に対して、見物の人が多すぎました。
    もう少し空いてから、またゆっくり見たいです。

    文/のんたん

    静岡富士山空港
    URL http://www.mtfuji-shizuokaairport.jp/index.html  
    住所  牧の原市坂口3336番地4
    TEL 0538-29-2000(9:00~18:00)
    施設: コンビニ(ヤマザキショップ)・売店・レストランあり  授乳室・オムツ交換台あり
    3階展望デッキ(7:30~20:00)は無料ですが、天候によっては利用できない場合があります。
    駐車場: 第1~5駐車場有り  身障者用駐車場あり
    アクセス: 車の場合 浜松IC-相良牧之原IC-国道473号線-空港

    観光・ちょっと遠出
  • 都田総合公園

    2009年10月29日

    お天気も良く、ポカポカ陽気に誘われて、お友達と都田総合公園に行ってきました。

    2014030306658_CIMG0314_R.jpg

    とても広い公園なので、駐車場は北、西、南と三か所あり、トイレも整備されています。

    南と西の駐車場近くの多目的トイレにはおむつ替えシートが、西側駐車場近くのトイレには幼児用の便器もありました。

    レジャーシートを持って行きましたが、公園内に屋根つきのベンチがたくさんあったので、お弁当を食べるのにも便利でした。
    山の地形を利用しているので、坂道がたくさんあります。小さいお子さんと一緒なら必ずベビーカーを持っていってください。

    2014030306658_CIMG0315_R.jpg

    公園中央にある大きなつり橋からの景色はとてもきれいです。
    一歳児を連れていたので、冒険広場まで行かずにお花見園地の遊具で遊びました。ここの遊具は木製で、温かみがあります。一歳児でも一人でできる高さの滑り台や、木馬の乗り物、汽車のかたちの遊具など、かわいいものがいっぱいでした。 すぐ近くには飲みものの自動販売機もあり、助かりました。

    芝生やつり橋付近に、カマキリがいっぱい。子どもたちは不思議そうにのぞき込み、ママ達はそーっと逃げましたよ。
    もう少しするとどんぐり拾いも出来そうです。
    一日いても飽きないので、家族でお休みの日にお出かけするのも楽しいと思いますよ。

    ナデシコ

     

    都田総合公園

    住所 浜松市北区新都田1丁目
    利用時間 南側駐車場のみ:午前8時30分~午後5時(出庫は午後7時まで)
    わんぱくゲレンデ(人工芝のソリゲレンデ)のみ:午前10時~午後4時(昼休み 正午~午後1時)
    定休日 年末年始(12/29~1/3)
    駐車場 南、西、北の三ヶ所 合計324台
    アクセス方法 【車】東名高速道路「浜松西IC」より約20~25分東名高速道路「浜松IC」より約15~20分
    【公共交通機関】浜松駅よりバス 萩岡都田線『市役所萩丘住宅旭ヶ丘』『市役所萩丘住宅テクノ都田』 「前原」バス停下車徒歩約8分天竜浜名湖線 「都田駅」下車 徒歩約30分 
    URL 都田総合公園

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    公園
  • ベビーマッサージ

    2009年10月27日

    キッズ&ベビーマッサージサークル『ALOALO』さんが主宰するベビーマッサージに参加してきました。

    この日は冨塚公民館の一室に10組ほどの親子が集まりました。
    生後二ヵ月の赤ちゃんから、一歳三ヵ月のチビちゃんもいました。
    ベビーマッサージは赤ちゃんの脳や運動機能、内蔵機能の発達を促したり、赤ちゃんの肌に触れることでママ自身もリラックス効果があるそうです。
    そして、赤ちゃん自身の「感じとる力」の発達にもつながるそうです。
    大きくなってもできるマッサージなので、上の子がいるママさんにもおすすめです。

    ベビーマッサージ

    まずは洋服の上から歌に合わせてマッサージし、その後ゆっくりと洋服を脱がせて裸にしていきます。
    ホホバオイルをママの手の温度で温めてから赤ちゃんの肌になじませていきます。
    ポイントは赤ちゃんの目を見てやさしくゆっくり声をかけること。
    ママのやさしい声は一番落ち着くのだそうです。
    足、膝、おなか、胸、腕、背中の順番で、ゆっくり、ゆっくりマッサージします。

    ベビーマッサージ

    どの子もとても気持ちよさそうでした。
    キャッキャと楽しそうな声をあげたり、気持ちいいのでおもわずおしっこがでてしまう赤ちゃんもいましたよ。
    マッサージは赤ちゃんからすると、かなりの運動量です。
    終わった後はみんなたっぷり水分補給をします。
    みの虫のようにタオルにくるまれ、汗をたっぷりかいて、ホカホカになってネンネする子もいました。
    子どもとマッサージを楽しむことで、たくさんの笑顔が見られました。
    やさしい気持ちになり、親子の絆を深めることができましたよ。

    文/ナデシコ

    キッズ&ベビーマッサージサークル
    「ALOALO」
    代表 鈴木陽江
    TEL 090-4235-2525
    Mail affetto-feels@infmail.jp
    URL http//babyhula2aloalo.sienta.jp

    スクール&サークル