子連れでおでかけ

浜名湖花博2014 子どもも楽しめる浜名湖ガーデンパーク

2014年5月4日

浜名湖花博2014の会場である浜名湖ガーデンパークには、小さな子どもも楽しめそうなイベントやオブジェがいっぱいです。
まずは北入場ゲートから入ってすぐの「総合案内所」へ。その日に行われるイベントが、ホワイトボードに書き記されていました。
ここで子ども向けのイベントを探して時間調整するとスムーズに回れると思います。
案内所

東へ歩いて行くと、木立の中にぬいぐるみがひっかかっています。あら、子どもの忘れ物なのかしら、と思ったのもつかの間。
実は木にさまざまな布の造形物がディスプレイされていたのです。これは猫でしょうか。
ぬいぐるみ
でも、近づいても何なのかが分からないものもあって、子どもと一緒に想像を巡らせるのも楽しそう。

シンボルタワー「展望塔」もオススメですが、時間によっては長蛇の列が。
でももし最上階へ上れたら絶景が待っています。

「印象派庭園 花美の庭」は、きっと小さな子どもも気に入ってくれるはず。
季節ごとの花が常に咲き誇り、にぎやかに庭を彩ります。奥へ行くと藤棚があり、ここも見事というほかありません。
ここでちょうど開催されていたのが、「花咲かじぃじのガイドツアー&紙芝居」というミニイベント。
おじいさんが独特の口調で睡蓮の池を案内していて、みなさん楽しそう。紙芝居の内容が気になりました。

続いては、水路をまたぐ"えのき橋"を渡ってすぐの「庭園エリア」。
このエリアもまた、子どもが喜びそうなものがたくさんありました。
すごく写実的かつ立体的な魚が彫られた木のベンチ。鉄で作られた牛。タマリュウでしょうか、植物で作られたクマ。
大人もつい笑顔になってしまうオブジェたちでした。
うし

くま

そして最後は、やっぱり「こども広場」。
付き合ってくれてありがとうね、と、いっぱい遊ばせたら子どもも笑顔で帰れますね。
すべりだい

また、南入場ゲートのさらに西、バス駐車場の南側に「子供あそび広場」が開設されていました。
アドバルーンが上がっているので場所は分かりやすいと思います。
こども広場

これからの季節は日差しがきつくなりますが、ガーデンパークは木陰が少ないため帽子は必須です。
さらに大人は日傘をさしたり、子どもには日焼け止めを塗ったりと、紫外線対策は万全に。


文/しば

浜名湖花博2014~花と緑の祭典~

住所 浜松市西区村櫛町5475-1
電話 053-488-1811(花博情報センター)
053-458-7601(運営事務局)
開催時間 浜名湖ガーデンパーク会場
9:30~17:00
※会場によって開催時間が異なります。
開催期間 開催中~6月15日(日)まで
料金 普通入場券 大人800円、小中学生400円、未就学児無料
※花博はフラワーパーク会場とガーデンパーク会場の2会場で開催。
普通入場券は、どちらかの会場に1回入場できます。
この他にもセット券や全期間入場券などがあります。詳しくはHPで確認を。
※会場によって開催時間が異なります。
駐車場 約1800台(普通乗用車:500円)
アクセス方法 公共機関・・・JR舞阪駅より直通バスで約10分
車・・・東名浜松西I.Cより約25分
浜名バイパス坪井I.Cより約15分
URL http://hamanakohanahaku2014.jp/

※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

浜名湖花博2014<終了>