子連れでおでかけ

鳥羽水族館

2015年4月28日

今年の春休み旅行はどうしようかな?と考えていた時、鳥羽水族館に「奇跡の森」という新しいエリアがオープンすることを知りました。

全景

この水族館は、当時1歳6か月だった息子の初めての旅行先。色とりどりの魚を見て喜んでいたことを覚えています。 その息子も今や小学2年生、今回は4歳の娘も一緒に行くので、赤ちゃんの時とは違った視点で楽しめそうです。

鳥羽水族館のスゴイところは、飼育する生きものの種類が日本一であること。なんと、約1200種類 3万点もの生きものが飼育されています。そしてこれだけの生きものが暮らしているだけあって、館内がとても広い!生きものの種類や住む場所によって Aから Lまでの12のエリアに分けられていますが、観覧順序はなく、好きなエリアから自由に見ることができます。

館内

水槽のガラス越し、すぐ近くで生きものが見られるので、息子は観察したり、自分のデジカメで撮影したりして楽しんでいる様子。でも、娘は少し暗いエリアに入ると「こわ~い」と言ってグズグズ。それでも明るいエリアに入ればたちまちご機嫌になって、生きものに話しかけていました(笑)。見るだけでなく、生きものタッチプールもありましたよ。

さて、いよいよ 3月21日にオープンしたばかりのGエリア「奇跡の森」へ!さすがにこのエリアは他のエリアに比べて人が多かったです。カメやカエル、目玉のスナドリネコもいましたが、なかなかゆっくり見ることができませんでした。でも、展示は充実していて、絵本でしか見たことがなかったヤドクガエルを初めて見ることができてうれしかったです。

奇跡の森1

奇跡の森2

また、みんなしゃがみ込んで何かをしている様子だったので、なんだろうと思って近づいてみると、水の中に手を入れてドクターフィッシュの体験をしていました。エリア内にあった、少し揺れるつり橋を渡るのも楽しかったです。最後に、日本で唯一飼育されているジュゴンのお食事風景を見ることもできました。

ジュゴン

さすがにこれだけ広い水族館だと、一日中歩いて足が疲れました。ぜひ、歩きやすい靴で行くことをオススメします。赤ちゃん連れの場合でも、スロープなどが設置されているのでベビーカーで回ることができますよ。

たくさんの珍しい生きものに出会える鳥羽水族館。2015年で60周年を迎えます。全天候型の施設なので、雨を気にしないで旅行の計画が立てられるのもうれしいところ。夏休みなど、長期のお休みにはおでかけ候補のひとつに入れてみてはいかがでしょうか?

文/こにゃんこ

鳥羽水族館

住所 三重県鳥羽市鳥羽 3-3-6
電話 0599-25-2555
営業時間 9時~17時 (7月20日~8月31日は8時30分~17時30分)※入館は閉館1時間前まで
休館日 なし(年中無休)
入場料 大人 2500 円、小人(小・中学生)1250 円、幼児(3 歳以上)630 円、シニア割引(65 歳以上)2100 円
子連れに便利な設備 ベビーカー貸出あり
駐車場 有(乗用車500台、1日1回800円)
アクセス方法 東名浜松 IC から国道1号線、国道42号線経由伊良湖へ。伊勢湾フェリーで55分。
東名阪・伊勢自動車道  伊勢ICから伊勢二見鳥羽ライン(有料)で約15分。
URL https://www.aquarium.co.jp/

※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

動物園・水族館