子連れでおでかけ

この男がジブリを支えた。「近藤喜文展」

2018年7月21日

2016年の「スタジオジブリ・レイアウト展」から2年―今年は浜松市美術館で、「近藤喜文展」が開催されています。

展示ポスター

ジブリ作品に限らず、「赤毛のアン」や「若草物語」など多くのアニメーションで作画監督やキャラクターデザインを務めてきた近藤喜文さんの展覧会です。ジブリの映画が大好きな3歳の娘と一緒に、さっそく観に行きました。

作品ポスター

土曜の午前中に行ったのですが、ものすごく混んでいたため、あらためて平日の夕方4時前に訪れると、閉館まで1時間ということで空いていました。やはり土日祝日は長蛇の列になるそうです。

順路は2階→1階となっていて、エレベーターが階段の奥にあるので、子連れには便利です。イメージボードや原画などの展示は子ども目線より高いですが、抱っこするとちょうど見やすいようで、「魔女の宅急便だ!」と喜んで見ていました。また、子どもが喜ぶ仕掛け(「魔女の宅急便」のキキが飛んでいるシルエットや、「耳をすませば」の太ったネコのムーンがお散歩しているシルエットなど)がありました。娘はキョロキョロしながら探し、見つけては楽しんでいました。

ネコ2

館内は撮影禁止ですが、フォトスポットがいくつかありました。

耳をすませば

「耳をすませば」で雫がムーンを追い掛けて電車に乗るシーンを再現した場所では、雫のように麦わら帽子をかぶり、ムーンと一緒に座席に腰かけて写真を撮ることができます。麦わら帽子は2つあり、選べるのもうれしいですね。娘は、雫と同じように向かって左側に座りました。雫の住んでいる街並みと一緒に写真を撮ることもできます。

ネコ1

街並み

私は学生の頃、「耳をすませば」の舞台となった街に住んでいたので、懐かしく思い出しつつ、親子でゆっくりとした時間が過ごせました。「家に帰って、またジブリ映画を観ようね」と話す娘は、さらにジブリが好きになったようです。今年の夏は親子や家族で、ジブリの世界に浸りませんか? 

※写真については、許可をいただいて掲載しています。

■この男がジブリを支えた。「近藤喜文展」
【開催期間】 2018年6月23日(土)~9月9日(日)
【開館時間】 9:30~17:00(入館は16:30まで)
【観覧料】 一般1300円、大学・高校・専門学校生800円、中学生・小学生600円
※静岡県内の小学生は「キッズアートプロジェクトしずおか」ミュージアムパスポート提示により無料
※70歳以上の方、障がい者手帳をお持ちの方およびその介護者1名は当日料金の半額
※遠州鉄道「ナイスパス」を利用してバス・電車で来館の場合は当日料金の2割引(美術館、市役所前、市役所南、浜松城公園入口、鹿谷町、遠州病院駅(電車)降車の方限定)
※各割引の併用不可

■会期中のイベント

  • 講演会「アニメーター 近藤喜文」
    【日時】 7月21日(土)14:00~15:00(13:40開場)
  • イベント「カオナシがやってくる!」
    【日時】 7月29日(日)、8月11日(土)
    1部 11:00ごろ登場
    2部 14:30ごろ登場
  • ギャラリートーク「学芸員による展覧会の見どころ紹介」
    【日時】 8月4日(土)14:00から(約30分程度)
  • コンサート「バンジョー&アコーディオンみんなの音楽会」
    【日時  8月19日(日)14:00から14:45(13:40開場)

文/ショコラ

浜松市美術館

住所 浜松市中区松城町100番地の1
電話 053-454-6801
休館日 月曜日 (8月・9月は無休)
子連れに便利な設備 トイレ有、毎週水曜日は思いやりトーク&キッズウェルカムデー
駐車場 浜松城公園駐車場、臨時駐車場(17台)が通年利用可
※臨時駐車場は台数に限りがあるため、できるだけ浜松城公園駐車場を利用
※会期中は市役所駐車場が2時間無料で利用可。駐車券を受付に提出
アクセス方法 【バス】JR浜松駅北口遠鉄バス・バスターミナル1番乗り場、乗車約8分「美術館」下車
URL https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/artmuse/

※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

 

美術館・博物館・科学館