子連れでおでかけ

大井川鐵道トーマス号

2018年8月26日

家族で大井川鐵道トーマス号に乗ってきました。とても暑い日でしたが、始発駅の新金谷駅は乗客でにぎわっていて、駅の横のプラザロコにはトーマス号の乗車を心待ちにしている家族連れがたくさん。ここは子連れのお客さんが多いこともあり、オムツ替えスペースや販売しているお弁当のアレルギー表記がしっかり書かれているなど、サービスが充実していました。

ついにトーマス号の登場。おなじみのトーマスの顔と青いボディですが中身は本物の機関車。黒い煙や轟音を出しながら走る姿は迫力満点です。

トーマス号

車内にはエアコンは付いておらず、とても蒸し暑いので水分補給と暑さ対策は必須。私たちは大量の麦茶とうちわ、保冷剤で暑さをしのぎました。また車内は狭いので荷物をコンパクトにまとめておくと快適に過ごせます。

車内の様子

動き出すと窓からは大井川の風景とともに涼しい風が。車窓をのぞくと沿線の人たちが手を振ってくれ、こちら側からも手を振り返し大井川鐵道沿線に不思議な一体感が生まれていました。トーマス号の魔力、おそるべしです(笑)。そんな中、2歳の娘はプラザロコで買ったトーマス弁当をパクパク。風景とお弁当を満喫し、トーマス列車の旅を楽しんでいました。

約1時間半で終点の千頭駅に到着。千頭駅ではトーマスのなかまパーシーとヒロたちが出迎えてくれます。

パーシーとヒロ

千頭駅から先は日本で唯一急勾配を登るための機構を備えたアプト式列車が運行されていて絶景が楽しめるそうです。子どもが小さいため、今回はここで引き返しました。ここから先は今後の楽しみに取っておこうと思います。

■機関車トーマス号乗車
【場所】 大井川鐵道新金谷駅、千頭駅
【問い合わせ先】 大井川鐵道 0547-45-4112(9:00~17:00)
【開催日時 】 2018年運行日は 6月9日(土)~10月14日(日) の期間のうち72日間(詳細はHPで確認)
【料金】 トーマス・ジェームス号(新金谷駅~千頭駅)片道 大人3,000円、小人(小学生)1,500円(乗車記念グッズつき)
【子連れに便利な設備】 多目的トイレ・授乳室・オムツ替え台(プラザロコ内)有
【駐車場】 有 800円(SLの乗客優先)
【アクセス方法】
車:新東名高速道路「島田金谷IC」より約7分。東名高速道路「相良牧之原IC」より約15分。国道1号線「大代IC」より約5分)
交通公共機関:JR東海道本線「金谷駅」にて大井川鐵道に乗り換え、大井川鐵道「新金谷駅」下車)
【URL】 http://oigawa-railway.co.jp/

文/よこた

近場でレジャー(市内・近郊)