子連れでおでかけ

子どもと一緒に楽しめる浜松市&周辺地域の施設・公園・イベントなどを、取材ママ・パパ特派員がレポートします。

  • ガイドウォーク~磐田市竜洋昆虫自然観察公園~

    2017年12月27日

    わが家の子どもたち(7歳長男、5歳長女、3歳次男) は一年中庭で草花摘みや虫探しをしています。磐田市竜洋昆虫自然観察公園は大好きな公園のひとつですが、 今回より虫に詳しくなりたいと思い、「ガイドウォーク」に参加しました。

    入口
     
    「ガイドウォーク」は虫に詳しい職員の方について歩き、 みんなで虫を見つけて解説を聞くという感じです。参加メンバーには小さい子も多く、 虫を見つけるとうれしそうに話していました。

    水辺
     
    11月下旬だったので、虫は少ないと思ったのですが、 いるところにはいました。地面に落ちていた太い枝をひっくり返すと、冬眠支度をしているアメンボがいました。「 ここにいるよ!」虫を見つけた子どもたちはとてもうれしそうです。

    木の枝で冬眠

    池にいたアメンボを捕まえて、 においをかがせてもらうと、娘は「ポテトチップの匂いだ!」といっていました。 カメムシの仲間でアメのにおいがするため、アメンボというのだそうです。

    アメンボ
     
    ジグモの巣をみつけたり、カマキリの卵を見つけたりもしました。 自分たちだけではなかなか見つけられない虫も、 ガイドしてもらいたくさん見つけることができました。 ガイド終了後は、笹船遊びをするなど一日中自然の中で過ごしました。「ガイドウォーク」 は毎回テーマが変わるそうで、何回行っても楽しめそうです。みなさんもぜひ参加してみてください。
     
    ■ガイドウォーク
    【日程】 土・日・祝日
    【時間】 11:00~、13:00~、14:00~の3回
    【参加費】 無料
    【予約】 不要

    文/ジュン

    磐田市竜洋昆虫自然観察公園

    住所 磐田市大中瀬320-1
    電話 0538-66-9900
    開園時間 9:00~17:00(最終入園16:30)
    休園日 毎週木曜日(祝日の場合は開園)・年末(12月28日~31日)
    ※ただし正月(1月1日~5日)、GW(4月29日~5月5日)、夏休み(7月21日~8月31日)、10月は全日開園
    入園料 大人320円、小・中学生100円、幼児無料
    ※団体割引、障がい者割引、お得な回数券有
    子連れに便利な設備 ベビーベッド設置の多目的トイレ有
    駐車場 有(無料)
    URL http://www.ryu-yo.co.jp/konchu/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    公園
  • ◎2017-2018冬特集◎初日の出・初詣

    2017年12月26日

    一年の最初の夜明けである初日の出を、海や山など自然の中で見るのは格別です。年があけたら、ぜひ家族で初詣へ。今年の抱負をみんなで語り合い、気持ちのよい一年のスタートを切りましょう。

    初日の出

    初日の出

    ●鏡餅浜名湖遊覧船

    湖上遊覧を満喫しながら浜名湖絶景ポイント、女河裏沖で停泊。庄内半島の山から昇る初日の出が見られる人気の予約制クルーズ。
    【乗船場所】 フラワーパーク港・かんざんじ港からと瀬戸湊からの2か所
    【料金】 大人2,000円、子ども1,000円
    未就学児無料。全員にホッカイロ・干支キーホルダー・えびせん菓子の初日の出3点セットをプレゼント!
    【問合せ】 浜名湖遊覧船 予約センター tel:053-487-0228
    【URL】http://www.hamanako-yuransen.com/news/newyear.html

    ●鏡餅道の駅 潮見坂

    湖西市白須賀
    展望デッキより遠州灘の大パノラマから昇る感動的な日の出を見ることができる。
    【駐車場】 146台(無料)
    【問合せ】 道の駅潮見坂 tel:053-579-3600

    ●鏡餅新居弁天(海湖館前・弁天神社前)

    湖西市新居町浜名
    初日の出を拝んだ後は、焼き牡蠣(海湖館前350個)&甘酒(弁天神社100杯)無料提供あり。
    1/1 6:00~整理券配布 7:00~なくなり次第終了
    【駐車場】 有(有料)
    【問合せ】 新居町観光協会 tel:053-594-0634

    ●鏡餅新居海岸(渚遊歩道公園)

    湖西市新居町
    海岸線が砂浜になっている絵になる絶好の日の出スポット。
    【駐車場】 海浜公園駐車場1000台(無料)
    【問合せ】 新居町役場都市産業課 tel:053-594-8111

    ●鏡餅遠州灘海岸

    浜松市西区舞阪町
    灯台が目印。穏やかな海から昇る初日の出が見られる。町民の森も穴場スポット。
    【駐車場】 表浜駐車場220台(無料)
    【問合せ】 舞阪協働センター tel:053-592-2111

    ●鏡餅浜松城

    浜松市中区元城町
    浜松市内を一望できる天守閣・天守門より初日の出を見ることができる。
    1/1 特別開城 6:30~16:20(入場受付)
    1/1~3 先着100名様に甘酒のふるまいあり
    【入場料】 大人200円、小中学生無料
    【駐車場】 有
    【問合せ】 浜松城天守閣・天守門 tel:053-453-3872
    ◎過去の様子はこちら⇒パパ特派員レポート

    ●鏡餅浜名湖ガーデンパーク展望塔

    浜松市西区村櫛町
    地上50mの高さの展望塔から初日の出を眺めることができる。展望塔では先着100名様にミニ福袋をプレゼント。
    【開園】 1月1日 6:15~12:00
    【定員】 先着50名(開園後、北案内所にて整理券を配布)
    【問合せ】 浜名湖ガーデンパーク tel:053-488-1500

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●鏡餅中田島砂丘

    浜松市南区遠州灘海浜公園の南にある壮大な中田島砂丘より初日の出を拝む。
    遠鉄バス8路線で中田島砂丘行き 初日の出便の運行あり
    (遠鉄バス浜松駅6番のりばから5:30~5:45臨時バス)
    【駐車場】 170台(無料)
    【問合せ】 浜松市役所公園管理課 tel:053-473-1829

    ●鏡餅太平洋富士見平

    浜松市浜北区四大地 浜北森林公園の北西、標高202mの丘の上から浜名湖と太平洋が一望できる。国道362号の浜北・鹿玉小交差点から68号鹿玉中学の所を右へ。
    【駐車場】 5台
    【問合せ】 まちづくり推進課 tel:053-585-1151

    ●鏡餅浜名湖サービスエリア

    浜松市北区細江町
    整備された上下線どちらからでも利用できる東名高速道路サービスエリアで浜名湖を眺望できる景勝地。展望広場から見る初日の出が素晴らしい。
    【問合せ】 浜名湖サービスエリアコンシェルジュ tel:053-526-7220

    ●鏡餅三岳山

    浜松市北区引佐町
    浜松駅からR257を北上、車で75分。三岳神社前に車を停めて、徒歩30分。山頂では天竜川、浜松市街、浜名湖、北西方向には南アルプスや富士山が望める。
    【駐車場】 三岳神社前(無料)
    【問合せ】 奧浜名湖観光協会 tel:053-522-4720

    ●鏡餅富幕山

    浜松市北区引佐町
    愛知と静岡の県境。展望台では北に南アルプス、正面に富士山、南に遠州灘が、山頂からは浜名大橋が正面に見える浜名湖が一望できる。奥山高原にある登山口より徒歩45分。
    【駐車場】 有(無料)
    【問合せ】 奧浜名湖観光協会 tel:053-522-4720

    ●鏡餅細江公園

    浜松市北区細江町気賀
    南に浜名湖、北には赤石山系が見える地元の人にも人気の初日の出スポット。三ヶ日IC、浜松西ICから車で20分とアクセス良好。
    【駐車場】 21台(無料)
    【問合せ】 奧浜名湖観光協会 tel:053-522-4720

    ●鏡餅竜洋海洋公園

    磐田市竜洋町
    太平洋の水平線に昇る美しい初日の出を望む。「しおさい竜洋」の前では甘酒のふるまいあり。
    【駐車場】 380台(無料)
    【問合せ】 竜洋海洋公園しおさい竜洋 tel:0538-59-2641

    ●鏡餅獅子ケ鼻公園

    磐田市豊岡村
    道路も整備され、トレッキングコースで有名な公園。展望台からは遠く遠州灘を望むことができる。来場者に甘酒のふるまいあり。
    【駐車場】 60台(無料)
    【問合せ】 磐田市観光協会 tel:0538-33-1222

    初詣

    初詣

    <浜松市内>

    ●鳥居五社神社

    浜松市中区利町
    31日の20:00より除夜祭。1日0:00より太鼓の音とともに歳旦祭・初祈祷が始まる。甘酒のふるまいあり。3が日で10万人の参拝者が訪れる。
    浜松駅より徒歩10分
    【駐車場】 70台(無料)
    【問合せ】 tel:053-452-3001

    ●鳥居鴨江寺

    浜松市中区鴨江
    除夜の鐘を撞きたい方は早めの予約が必要。(先着108名)。1日元旦0時より新年の無事平安を祈る元朝大護摩供、新年大祈祷会が行われる。
    1日~3日9:00から甘酒のふるまいあり
    浜松駅より15分
    【駐車場】 40台無料・100台有料
    【問合せ】 tel:053-454-5121

    ●鳥居遠州信貴山

    浜松市中区中沢町
    遠州七福神の毘沙門天を祀る。23:50~打ち始め(先着108番までは記念のお札あり)※事前に整理券の予約が可能。
    1日午前0:00より甘酒・お茶のふるまいあり。(無くなり次第終了)
    【問合せ】  tel:053-472-6671

    ●鳥居不動寺

    浜松市浜北区平口
    12/31 除夜の鐘つき大祭 23:45~打ち始め(22:30頃~整理券を配付)
    1組につき1回・先着108組のみ。開運を呼ぶと言われる除夜の鐘をつくと、福を招くと言われるお守りをくれる。甘酒のふるまいあり。
    東名浜松ICより25分
    【駐車場】 70台(無料)
    【問合せ】  tel:053-586-3205

    ●鳥居奥山半僧坊方広寺

    浜松市北区引佐町奥山
    12/31 19:00よりお餅つきとお餅、23:30からは甘酒、0:00からすいとんのサービスなど
    23:30~打ち始め(大晦日午前9時より整理券を配布整理券を配付)
    大本山方広寺門前通りを灯篭が幽玄に飾る「和の灯り道」を大晦日18時の点灯より正月三が日まで開催。1/1~5は入山無料。
    東名浜松西ICより35分
    【駐車場】 300台(無料)
    【問合せ】 tel:053-543-0003

    ●鳥居龍雲寺

    浜松市西区入野町
    12/31 23:30~打ち始め(23:15開門) 1:00頃までに行けば鐘がつける。温かいうどん、甘酒のふるまいあり。浜松西インターから25分。
    【問合せ】 tel:053-447-1231

    ●鳥居浜松八幡宮

    浜松市中区八幡町
    12/31 22:30~大払い式、除夜祭
    1/1 1:30~歳旦祭
    1日0:00~甘酒サービスあり
    【問合せ】 tel:053-461-3429

    ●鳥居龍禅寺

    浜松市中区龍禅寺
    12/31 23:50~打ち始め(23:00ごろ~境内で整理券を配布)
    先着108番まではお守り進呈。甘酒サービス
    【問合せ】 tel:053-452-9482

    ●鳥居曹洞宗秋葉山 舘山寺 除夜の鐘

    浜松市西区舘山寺町
    12/31 23:00~受付開始 23:45~打鐘
    1200年の歴史ある風光明媚な舘山寺で除夜の鐘を撞き、1年のお礼と新しく始まる1年の無病息災を願う。
    【問合せ】 tel:053-487-0107

    ●鳥居井伊谷宮

    浜松市北区引佐町井伊谷
    12/31 15:00~大払い式、22:00~除夜祭
    1/1 0:00~甘酒サービス(大鳥居横)・お屠蘇サービス(本殿横) 1:00~初祈祷、7:00~歳旦祭
    東名浜松西IC、三ヶ日ICより30分
    【駐車場】 50台(無料)
    【問合せ】 tel:053-542-0355

    ●鳥居実相寺 除夜の鐘と初詣庭園ライトアップ

    浜松市北区引佐町金指
    12/31 ライトアップ23:00~ 除夜の鐘 23:45~ 1月1日5:00~
    静岡県名勝指定の美しい築山式枯山水庭園がライトアップ。除夜の鐘撞き体験ができる。厄除開運の甘酒の進呈(無くなり次第終了)
    【問合せ】 実相寺 tel:053-542-0601

    ●鳥居浜名惣社神明宮

    浜松市北区三ヶ日町三ケ日
    12/31 16:00~大払い式
    浜名湖七明神の代表的古社。本殿は国の重要文化財に指定されている。
    【問合せ】 tel:053-524-0833

    ●鳥居龍潭寺 除夜の鐘

    浜松市北区引佐町井伊谷
    12/31 23:00~整理券配布 23:45~1/1午前1:30 除夜の鐘撞き体験ができる。先着108組に記念品を贈呈。
    甘酒のサービスあり(無くなり次第終了)
    【問合せ】 龍潭寺 tel:053-542-0480

    ●鳥居細江神社

    浜松市北区細江町気賀
    12/31 14:00~大払い式、除夜祭 元旦 0:00~2:00樽酒の振る舞い有
    東名浜松西IC、三ヶ日ICより20分
    【駐車場】 15台(無料)
    【問合せ】 tel:053-522-1857

    ●鳥居山住神社

    浜松市天竜区水窪町山住
    1/1 7:00~元旦祭、お神酒サービス
    【問合せ】 tel:053-987-1179

    ●鳥居秋葉山本宮 秋葉神社上社・下社

    浜松市春野町領家
    秋葉山頂にある「上社」と、気田川を臨む「下社」がある。
    1/1 0:00~開運祈祷祭、6:00~歳旦祭
    【駐車場】 300台(無料)
    【問合せ】 tel:053-985-0111

    <浜松市近郊>

    ●鳥居小國神社

    周智郡森町一宮
    12/31 大祓式・除夜祭
    1/1 初祈祷祭・歳旦祭
    東名袋井ICより北へ20分。天竜浜名湖鉄道「遠江一宮駅」下車
    【駐車場】 800台(無料)
    【問合せ】 tel:0538-89-7302
    ◎過去の様子はこちら⇒取材ママレポート

    ●鳥居法多山尊永寺

    袋井市豊沢
    12/31 23:30~除夜の鐘撞き(22:30~本堂受付にて整理券の配布あり。先着106名)縁起物の福銭の進呈も。
    東名袋井ICより南東へ20分駐車場 2500台(有料)
    【問合せ】  tel:0538-43-3601
    ◎過去の様子はこちら⇒取材ママレポート

    ●鳥居大洞院

    周智郡森町橘
    12/31 23:45~先着順に108人まで除夜の鐘を突くことができる。(整理券なし)
    1/1~3 伝統の「餅焼き」で(有料)1寝の無病息災を祈る
    森の石松の墓がある
    東名袋井ICより北へ20分
    【問合せ】 tel:0538-85-2009

    ●鳥居油山寺

    袋井市村松
    12/31 23:30~1:00頃 除夜の鐘撞き(整理券なし)
    甘酒サービスあり
    東名袋井ICより15分
    【駐車場】 100台(無料)
    【問合せ】 tel:0538-42-3633

    ●鳥居可睡斎

    袋井市久能
    12/31 23:30~除夜の鐘撞き(人数制限なし、先着108名様に証明書発行)
    1/1 0:30~新年初祈祷
    東名袋井ICより5分
    【駐車場】 50台(無料)、350台(有料)
    【問合せ】 tel:0538-42-2121

    ●鳥居遠州横須賀三熊野神社

    掛川市大須賀
    12/31 23:00~年越三社会
    三社大福や年越しそばの販売のほか、抽選会、甘酒サービスあり
    東名袋井ICより20分
    【駐車場】 100台(無料)
    【問合せ】 tel:0537-48-2262

    ●鳥居矢奈比売神社(見付天神)

    磐田市見付
    1/1 甘酒サービスあり
    1/1 午前0時より元旦祭
    県内随一の学問の大神。学問の神様、菅原道真が祀られることで有名。
    東名磐田ICから約7分、東名磐田ICから5分
    【駐車場】 210台(無料)
    【問合せ】 tel:0538-32-5298
    ◎過去の様子はこちら⇒取材ママレポート

    イベント(冬)
  • フルーツパークのイルミネーション

    2017年12月24日

    本格的な寒さが来る前にと11月の平日に3歳と6歳の娘を連れて、フルーツパークのイルミネーションを見に行きました。入園ゲートをくぐると子どもたちが大好きな「家康くん」と「直虎ちゃん」のイルミネーションがお出迎えをしてくれました。

    家康くんと直虎ちゃん

    有名な「光のトンネル」は、空もまわりもキラキラ輝き、夢のような世界。子どもたちの口から自然に「うわ~~」と声が上がるほどで、本当にきれいでした。

    光のトンネル

    トンネルをぬけた先の「出会いの広場」にはクリスマスツリー、ペガサスと馬車、LOVEのイルミネーションなどが飾られていて、広場全体が輝いているので子どもたちは大興奮。イルミネーションされた馬車にも乗ることができたので、お姫さま気分を味わえました。

    馬車

    企業とコラボレーションしている「イルミュージアム」では、「この会社知ってる!」「電車だー」など子どもたちと話しながら、撮影スポットごとに撮影会。

    電車

    作品の中で特に子どもたちが喜んでいたのは、ホウキに乗っているように見えるイルミネーションです。実際に写真に撮ったものを見ると、空を飛んでいるように見えます。

    ほうき

    撮影ポイントが多いので、冬の思い出作りにもお勧めのスポットです。ただ、夜はかなり冷え込むので、しっかり防寒してお出かけくださいね。今回私たちは行きませんでしたが、日本最大級の噴水のイルミネーションショーも開催されているので、次回はぜひ噴水ショーも見てみたいと思います。
     
    ■イルミネーション・噴水ショー
    【期間 】2017年11月11日~2018年1月14日
    【上映時間】 17:30、18:00、18:30、19:30、20:15 (天候や状況により中止、変更の場合有)

    文/奈良人

    はままつフルーパーク時之栖(ときのすみか)

    住所 浜松市北区都田町4263-1
    電話 053-428-5211
    開園時間 9:00~18:00(イルミネーション期間中は21:00まで)
    定休日 なし
    料金 噴水ショー+入園セット券 大人1,000円、子ども500円
    (入園料 大人・高校生700円、小中学生350円、未就学時無料)
    子連れに便利な設備 多目的トイレ、オムツ台有
    駐車場 有(800台) 無料
    URL http://www.tokinosumika.com/hamamatsufp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     


     

    イルミネーション特集
  • バースデーケーキハウス「たこまん」

    2017年12月23日

    イオンモール志都呂の目の前にあり、以前からずっと気になっていたお店「たこまん」に行ってきました。

    外観

    お店に「バースデーハウス」と書かれていたので、ケーキ屋さんかな? と思っていましたが、入ってみるとケーキ、和菓子、お団子やおせんべい、私が食べてみたかった「うなぎいも」を使ったお菓子などたくさんの種類がありました。3歳の長男はふわふわスポンジ生地にクリームがサンドされたお菓子「大砂丘」をとても気に入ったようです。
     
    店内を見ていると「赤ちゃん誕生お祝いケーキプレゼント」の案内を発見!

    お祝いケーキ看板

    このサービスは生後3か月未満の赤ちゃんがいる人が店舗で予約すると、ケーキが無料でもらえるというものです。私は次男が2か月を迎えたところだったので、さっそく予約し、翌週ケーキを受け取りに行きました。プレゼントのケーキはスポンジの間にイチゴを挟んだかわいらしいドーム型。

    お祝いケーキ

    4号サイズなので家族みんなで食べられるのがうれしいです。次男はまだ食べられませんが、家族みんなでおいしくいただきました!

    志都呂店にはイートインスペースがあるので、セルフサービスのドリンクとともにケーキを食べることもできます。

    キャラクターケーキ

    誕生日ケーキ、子どもが喜びそうなキャラクターケーキのほか、1歳の誕生日を祝う一升餅、お赤飯などもあったので、今後のお祝いごとにも利用できそうです。

    文/hiromiko

     

    住所 浜松市西区志都呂2-11-14
    電話 053-440-8868
    営業時間 9:00~19:00
    子連れに便利な設備 イートインスペース、トイレ有
    駐車場
    URL https://www.takoman.co.jp/shop/shopinfo17.html

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    お店
  • 磐田市にある安久路公園

    2017年12月22日

    2歳6か月の娘と磐田市の安久路公園に遊びに行ってきました。場所はジュビロスタジアムの近くです。広めの駐車場やトイレがあり、遠方からも来やすい公園だなと思いました。公園にはあずまやもあったので、持ってきたお弁当を食べてから遊ぶことにしました。

    公園全景

    安久路公園には、名物ともいえる2種類の急なすべり台がついた大型複合遊具をはじめ、小さい子向けのすべり台、砂場やブランコ、ボール遊びができるような広場にどんぐりを拾える木々など、子どもがよろこびそうなスペースがたくさんありました。

    複合遊具

    複合遊具2

    娘が最初に興味をもったのは、電車の操縦ごっこができる場所でした。「運転手さん、お願いしまーす」「はーい」のやりとりを繰り返し楽しんでいました。次に夢中になったのは、お店屋さんごっこができるスペースで、その日仲よくなったもうすぐ3歳になる女の子と、砂でかき氷やカレーライスを作って遊びました。

    ハンドル

    砂場の遊具

    日が暮れ始めるまでたっぷり遊んだおかげで、親子ともども大満足! 楽しい時間を過ごすことができました。休日には隣接するサッカーコートを利用する人で駐車場が混み合いそうなので、平日の天気のいい日がおすすめだなと思いました。

    文/ジュビママ

    安久路公園

    住所 磐田市安久路2丁目10-4
    電話 0538-38-4150(ゆめりあ)
    子連れに便利な設備 休憩所、多目的トイレ、オムツ替え設備有
    駐車場
    アクセス方法 車:国道1号線富士見町東交差点を南へ1.4km
    URL http://www.city.iwata.shizuoka.jp/shisetsu/entry/shisetsu100030.php

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    公園
  • はままつフラワーパークイルミネーション

    2017年12月21日

    2歳の息子とイルミネーションを見にフラワーパークへ行きました。イルミネーションを見せてあげたいとは思うものの、息子を連れて夜に外出したことがほとんどなかったため、出かけるまでにかなりの決心が必要でしたが、思いきって出かけて本当によかったです。

    噴水イルミ

    本格的に寒くなる前の時期に、夕方に出かけました。園内のイルミネーションの一部が駐車場からも見えるのですが、そのあまりのきれいさに思わず息を呑みました。家からさほど遠くない場所でこんなにもすばらしいイルミネーションを見られたことに一人で感動してしまいました。

    トナカイイルミ
     
    園内には中央の噴水池を中心に光輝く橋や、かわいいクジラの形のイルミネーションもありました。大温室クリスタルパレスに向かう途中に七色の光輝くトンネルもありました。息子は電車のイルミネーションが気に入り、自らポーズを決めて「写真を撮って」とお願いにきました。イルミネーションを見ながら、「どうしてこんなにきれいなのかねぇ?」と話しかけてくる息子を見て、一緒に来られて本当によかったと思いました。

    電車イルミ
     
    入園料と引き換えにもらった500円分のお買い物券を使おうと、レストランに行くと、息子から真冬なのにアイスクリームを食べたいというのでキンカンソースがかかった「こなみソフト」を食べました。甘酸っぱくて、とってもおいしかったです。2月まではレストランとお土産ショップがある建物が出口になっているようで、アイスを食べた後はそのまま外に出ることができました。
     
    ■はままつフラワーパーク フラワーイルミネーション2017
    【点灯期間】 2017年 11月25日(土) ~ 2018年 1月14日(日) ※12月29日(金)~31日(日)は除く
    【点灯時間】 17:00~21:00(入園は20:30まで)
    【入園料】 大人(高校生以上)500円(園内で利用できる500円分のお買い物券付き)、中学生以下無料
    【場所】 浜松市西区舘山寺町195
    【駐車場】 有200円(約600台)
    【問い合わせ】 はままつフラワーパーク TEL.053-487-0511
    【HP】 http://e-flowerpark.com/

    文/なお

    イルミネーション特集
  • カブトムシ幼虫を探そう~磐田市竜洋昆虫自然観察公園~

    2017年12月20日

    わが家はここ3年くらい毎年初夏~夏ぐらいにカブトムシを飼っています。カブトムシは成虫では冬を越すことができず、夏の終わりには死んでしまいます。今年は冬の間も幼虫を飼って、成虫になるまで育てよう! と思い、HPで見つけた磐田市竜洋昆虫自然観察公園の「カブトムシ幼虫を探そう」というイベントに長男(7歳)、長女(5歳)、次男(3歳)と一緒に参加しました。

    幼虫さがし
     
    最初はカブトムシの飼い方などについての講義を聞きました。虫好きの長男は興味深く聞いていましたが、下の子たちには少し難しかったようです。後ろのテーブルにあった塗り絵やパズル、折り紙で遊んでいました。

    講座
     
    講義後は外に出て幼虫探しです。用意されたスコップと軍手を使い、腐葉土の山を掘ってみると大きな幼虫がたくさんいました。下の子たちも一生懸命に土を掘り、幼虫を見つけるたびに「幼虫いた!」と喜んでいました。見つけた10匹ほどの幼虫は職員の方がオスとメスを見分けてくれました。お腹にうすくVの字があるのがオスだそうです。

    幼虫

    幼虫持ち帰り
     
    わが家はオス2匹、メス2匹の合計4匹を持ち帰りました。初めてのカブトムシ幼虫の冬越えですが、大切に育てていきたいと思っています。
     
    ■カブトムシ幼虫を探そう
    【期間】 9月~3月(月に1回)
    【時間】 11:00~12:00
    【参加費】 500円(見つけた幼虫は2匹持ち帰り可)
    【定員】 20人

    文/ジュン

    磐田市竜洋昆虫自然観察公園

    住所 磐田市大中瀬320-1
    電話 0538-66-9900
    開園時間 9:00~17:00(最終入園16:30)
    休園日 毎週木曜日(祝日の場合は開園)・年末(12月28日~31日)
    ※ただし正月(1月1日~5日)、GW(4月29日~5月5日)、夏休み(7月21日~8月31日)、10月は全日開園
    入園料 大人320円、小・中学生100円、幼児無料
    ※団体割引、障がい者割引、お得な回数券有
    子連れに便利な設備 ベビーベッド設置の多目的トイレ有
    駐車場 有(無料)
    URL http://www.ryu-yo.co.jp/konchu/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    公園
  • 三島スカイウォーク

    2017年12月19日

    CMを見てずっと気になっていた「三島スカイウォーク」へ3歳の娘と行ってきました。浜松を8時頃出発し、途中休憩をはさみ、10時半頃到着。駐車場が近くにあるので、とても便利でした。私は娘がこわがったり、疲れたりするのを予想して、ベビーカーで歩くことにしました。三島スカイウォークは車イスがすれ違うことのできる幅に設計してあるので、ベビーカーもラクラク通れました。

    吊橋

    スタート地点の南ゲートに立つと、400メートル先のゴール(北ゲート)は人だかりで見えないほどでした。歩き出すと、揺れを感じることもあり、こわがっている方もいたので、「無理そう」と思ったら、早めに引き返すことをお勧めします。天候にも恵まれたこの日は、スカイウォークから富士山がきれいに見えました。娘も「富士山大きいね!」と目を輝かせていました。

    北ゲートに着くと、散策路「kicoro(キコロ)の森」があります。「kicoro」とは木でできた手のひらサイズの卵のようなもので、娘は夢中になっていろいろな「kicoro」を探していました。

    きりかぶ

    散策

    散策後は、「flower drop(フラワードロップ)」という間伐材に花の種を貼りつけた木製のチャームを200円で購入し、橋の上から蒔きました。願いを書いて蒔いたので、どんな花が咲くのか楽しみです。いろいろな人の思いがこもった希望の花が満開になるといいですね。

    プレート

    展望台にはカメラマンがいて写真撮影をしてくれます。自分が新聞に載ったようなデザインのL判写真は無料でくれますが、大きな写真が欲しい場合は1,200円で購入します。

    帰り道は娘は自分の足で歩きました。少しふらふらしていましたが、がんばって歩きましたよ。南ゲートに戻ると、ソフトクリームの看板を見つけたので「いでぼく」のソフトクリームをカップに入れてもらい、一緒に食べました。たくさん歩いたので、冷たいソフトクリームがとてもおいしかったです。ほかにも、レストラン「森のキッチン」や花を眺めながらショッピングできる店「スカイガーデン」などもありましたが、寄ることができなかったので、次回はぜひ行ってみたいです。小さな子どもから大人まで楽しめます。

    富士山の絶景を見ながら、日本最長の吊橋「三島スカイウォーク」を歩いてみませんか?

    文/ショコラ

    三島スカイウォーク

    住所 三島市笹原新田313
    電話 055-972-0084
    営業時間 9:00~17:00(イベントや天候などにより変動有)
    定休日 年中無休(強風や雷など悪天候により通行制限の場合有)
    入場料 往復渡橋(税込) 大人1000円、中高生500円、小学生200円(幼児は無料、雨の日はカッパを無料配布 )
    子連れに便利な設備 ベビーカーレンタル有料(500円)、多目的トイレ 有
    駐車場 普通車400台、大型車最大28台 有(無料)
    アクセス方法 【公共交通機関】JR三島駅よりタクシーで約20分・バスで約25分 
    【車】東名高速 沼津ICより約15分、新東名高速 長泉沼津ICより約15分、修善寺道路 修善寺ICより約30分、箱根新道 箱根峠ICより約10分
    URL http://www.mishima-skywalk.jp

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    観光・ちょっと遠出
  • 英語育児カフェ@あさのは文庫

    2017年12月16日

    海外が好き、もっと英語を話せるようになりたい、子どもも英語を楽しんでくれたら。そんな思いがあり、あさのは文庫で開催される英語育児カフェに子ども(0歳2か月)と参加してきました。

    入口
     
    会ではイギリスで生活体験がある講師の方から日本とイギリスのクリスマス文化の違いについてお話がありました。参加者は海外、異文化に興味があるママばかりだったので、みんな興味津々。クリスマスにおすすめの英語絵本、わらべ歌の紹介のときは息子もしっかり見つめて楽しんでいるようでした。ほかの子どもたちも遊んでいた手を止め、歌に聞き入っていたのが印象的でした。

    レッスン
     
    日本でもよく歌われるクリスマスソングの紹介では、英語の原曲を聞いて「こんな意味だったのね!」と大盛り上がり。子どもはもちろん、ママたちも英語の世界を大いに楽しんでいました。ほかにも育児で使える英語フレーズについてなど内容は盛りだくさん。なかでも、A(エー)、B(ビー)、C(シー)のアルファベット読みから教える日本とは違い、文字と発音のルールから教えるイギリスの幼児向け英語学習法がとても興味深く、もっと詳しく話を聞きたかったです。
     
    最後はビーガンカフェ「A Drop of Lotus(ア ドロップ オブ ロータス)」の手作りマフィン、スコーンでティータイム。 卵、乳製品、砂糖、小麦粉を使わないビーガンのおやつは初体験でしたが、びっくりするほどおいしかったです。やさしい味で子どもたちもぱくぱく食べていました。

    スイーツ

    英語育児カフェ以外にも、そのほかの会場で親子英語講座、英語ベビーダンスなど年齢に応じたクラスがいろいろあるので、次回は長男(3歳)と親子英語講座に参加したいと思っています。季節に応じた内容もいろいろ盛り込まれているので、興味がある方はHPから講座スケジュールをチェックしてみてください。
     
    ■英語育児カフェ
    【会場】 あさのは文庫 浜松市北区初生町379-4 
    【開催日】 不定期(HPで確認)
    【開催時間】 10:30~12:00
    【料金】 1500円(お茶代込み)
    【子連れに便利な設備】 トイレ有(会場隣のオーガニックハウスあさのは屋のトイレ使用)、おむつ替え可
    【駐車場】 有
    【URL】 http://happymum.hamazo.tv/

    文/hiromiko

    スクール&サークル
  • 取材ママ紹介 hiromiko

    2017年12月16日

    取材ママhiromiko

    <hiromiko>

    横浜出身の転勤族ママです。2017年10月に浜松に転入したばかりで現在、0歳、3歳の子どもと楽しめる場所を探索中です。

    おいしいお店を探したり旅行に行ったりするのが好きなので、活動を通して情報発信・共有できたらと思っています!

    取材ママ・パパ特派員紹介
  • ◎2017-2018冬特集◎スキー&スケート情報

    2017年12月13日

    温暖な浜松でも、ちらほらと風花が舞う季節になりました。愛知県や長野県まで少し足を伸ばすと、雪あそびを楽しめる施設やスキー場がたくさんあります。そこで子連れでも安心して雪遊びが楽しめるゲレンデを紹介します。防寒・防水対策をしっかりして、家族で雪山を満喫しましょう!

     子どもとスキー

    スキー・雪あそび

    スキー場までの道のりが雪道になってしまうことも考えられます。出発前にチェーンや、スノータイヤなど、もう1度車の装備をチェックしましょう。降雪量や滑走可能かどうか、またがけ崩れなどで通行できない箇所がないか、道路状況なども確認してから出かけるのが安心です。毎日のゲレンデ状況や天気・気温をHPやブログで発信しているスキー場も増えています。事前に現地の様子を確認していくといいですね。

    スノータウン Yeti

    日本一早いオープンで人気のイエティ。子どもから上級者までそれぞれが楽しめるようゲレンデが用意されている。ナイターや、「雪遊びひろば」内のキッズルームなど、飽きることなく家族で雪遊びを楽しむことができる。
    【期間】2017年10月6日~2018年4月8日(予定) 
        *「雪遊びひろば」「そり用ゲレンデ」は日没までの営業
    【場所】静岡県裾野市須山字藤原2428 東名富士ICから約40分
    【駐車場】1,350台 平日無料・土日祝1,000円
    【問合せ】tel:055-998-0636
    【URL】http://www.yeti-resort.com/
    ◎以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    富士山こどもの国 雪の丘

    小さな子どものゲレンデデビューに最適な遊びやすいゲレンデ。30mのショートコースや1000m²の広大な雪の広場が魅力。スリル満点の100mコースも。そりの持ち込みOK!
    【期間】2017年11月25日~2018年3月下旬(予定) (休園日/火曜日 ※春休み期間は無休)
    【時間】9:00~15:30
    【料金】無料 2人乗りそりレンタル2時間200円 スノーウェアの貸し出しはなし
    【場所】静岡県富士市桑崎1015 東名富士ICより約40分 新東名新富士ICより約30分
    【駐車場】1,600台 無料
    【問合せ】tel:0545-22-5555
    【URL】http://www.kodomo.or.jp/

    リバウェル井川スキー場

    北を見渡せば南アルプス、東には富士山が360度パノラマビューの絶景穴場ゲレンデ。大人1020円、子ども300円でリフトは1日乗り放題!安心安全なベルトコンベア式リフトはファミリーや初心者に最適。朝から夕方までたっぷり遊ぶことができる。
    【期間】2017年12月30日~2018年3月12日
    【場所】静岡市葵区井川2629-190 新東名新静岡ICから県道27号経由約60分
    【駐車場】300台 普通車520円
    【問合せ】tel:054-260-2316
    【URL】http://www.city.shizuoka.jp/000_004464.html

    茶臼山高原スキー場

    天竜奥三河特定公園茶臼山高原に広がる愛知県唯一のスキー場。標高が高く、雪遊びをしながらの眺めは爽快。週末ごとに行われるイベントが子どもたちを楽しませてくれる。ファミリーゲレンデから上級者用までゲレンデは全部で5種類。スキー・ボード・ウェアのレンタル、スクールあり。
    【期間】2017年12月23日~2018年3月中旬(予定)
    【場所】愛知県北設楽郡豊根村坂宇場字御所平70-185
    ・国道257号線から三遠南信自動車道→鳳来峡ICで降り国道151号線を北進、県道506号線よりスキー場へ。90分(最後は道幅が狭い)
    ・国道257号線を北西へ、道の駅アグリステーションなぐらの交差点で右折、茶臼山高原道路へ入りスキー場へ。120分(終始道幅が広い)
    【駐車場】1,000台 無料 
    【問合せ】tel:0536-87-2345  
    【URL】http://www.chausuyama.jp/
    ◎以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    めいほうスキー場

    チュービングスライダーやスノーストライダーなどのアクティビティが楽しめるキッズスノーパークは西日本最大級。子どもの年齢に合わせて利用できるキッズルームが完備されているほか、上級者も大満足な迫力満点の滑走路も。ファミリースノーのスタイルをサポートしてくれる。
    【期間】2017年12月9日~2018年3月中旬(予定)
    【場所】岐阜県郡上市明宝奥住水沢上3447-1 東名浜松西IC~豊田JCTから車で約1時間50分
    【駐車場】3,500台 1,000円
    【問合せ】tel:0575-87-2811
    【URL】http://www.meihoski.co.jp/

    平谷高原スキー場

    国道153号沿い、長野県・南信州最南端のスキー場。全部で4本あるコースがそれぞれ独立しており、シンプルなコース編成。そり専用ゲレンデもあり、スキー初心者のママや小さな子どもなど、家族みんなで気軽に楽しむことができる。キッズパークには動く歩道が設置されており、そり遊びもラクラク。小学生未満はリフト券無料。
    【期間】2017年12月23日~2018年3月中旬(予定)
    【場所】長野県下伊那郡平谷村1511 浜松から120km 約3時間(中央道飯田ICから32km)
    【駐車場】1,000台 平日無料・土日祝500円 
    【問合せ】tel:0265-48-2100
    【URL】http://hiraya.boy.jp/
    ◎以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    治部坂高原スキー場

    国道153号に面した浜松から2時間ほどのファミリーゲレンデ。動く歩道で移動できるキッズパークのそり専用ゲレンデは長さ50m。週末には特典いっぱいのお楽しみイベントが開かれる。
    【期間】2017年12月16日~2018年3月28日(予定)
    【場所】長野県下伊那郡阿智村浪合治部坂1192 浜松→R257→R153→治部坂 2時間30分
    【駐車場】800台 平日無料、土休日要確認
    【問合せ】tel:0265-47-1111
    【URL】http://www.jibuzaka.co.jp

    旭高原元気村の雪ソリゲレンデ

    人口増雪機により作られたそり遊び専用ゲレンデ。100mにわたるそりゲレンデはスリル満点。滑り降りると動く歩道で上部まで運んでくれる。ゲレンデ下部にはウィンターデビューの小さな子たちが遊べる雪遊びスペースも。安心してダイナミックなそり遊びを楽しむことができる。
    【期間】 2017年12月2日~2018年3月31日
    【場所】愛知県豊田市旭八幡町根山68-1
    【駐車場】300台 無料
    【問合せ】tel:0565-68-2755(9:00~17:00)
    【URL】http://www.asahikougen.co.jp/index.html
    ◎以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    スケート

    スキーと並んで、もう一つ大人気のウィンタースポーツといえばスケートです。浜松市内にもスケートリンクがあり、身近に感じる方も多いのではないでしょうか?軽装でできるのが魅力のスケートですが、スキーと同様、頭や手を守るため帽子や手袋は必ず身につけるようにしましょう。

    浜松スポーツセンター アイススケートリンク(室内アイススケート場)

    浜松市内唯一のアイススケートリンク。アクセスのよさから子どもたちにも人気のスポット!
    【期間】2017年10月28日~2018年5月6日
    【時間】火~金12:00~19:00(冬休み・春休みは10:00~)・月土日祝10:00~19:00
    【料金】大人1,100 円(1,400円)・高校生1,000円(1,300円)・中学生900円(1,200円) ※12月30日~1月8日は祝日料金
         小学生以下800円 (1,100円) 3歳以下:無料 *(  )内は土日祝料金
         ※貸靴・貸ヘルメットあり 団体料金・スクールあり
    【場所】浜松市東区宮竹町728
    【駐車場】200台 無料
    【問合せ】tel:053-460-0100
    【URL】http://hama-spo.com/
    ◎以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    青葉公園シンボルロード スケートリンク

    静岡市街の真ん中で楽しめるスケートリンク。今年から本物の氷のリンクが登場!きらめくイルミネーションの中に浮かぶスケートリンク。
    【期間】2017年12月9日~2018年1月8日
    【時間】平日/16:00~20:00 土日祝/10:00~20:00
    【料金】大人1000円 高校生以下700円 親子セット(大人+こども)1,700円 スケート靴込・40分間入替制
    【場所】青葉イベント広場 葵スクエア 静岡市葵区呉服町2丁目5番地の14
    【駐車場】なし 近隣の有料駐車場を利用
    【問合せ】tel:054-252-7720 (I Loveしずおか協議会)
    【URL】http://iloveshizuoka.jp/

    富士急ハイランド アイススケートリンク

    初心者専用エリアや安定感抜群の2枚刃スケートシューズのレンタルなど、初めてのスケートチャレンジを応援してくれるサービスがうれしい。無料スケート教室は毎日開催。
    【期間】2017年10月20日~2018年4月1日(予定)
    【時間】8:30~20:00内で日により営業時間が変動
    【料金】入園料 大人・中学生:1,400円 子ども:800円 滑走料は無料
        ※貸靴あり1,000円
    【場所】山梨県冨士吉田市新西原5-6-1
    ・東名富士ICから西富士有料道路-国道139号
    ・東名御殿場ICから国道138号を約15分
    【駐車場】1日1,500円
    【問合せ】tel:0555-24-6711
    【URL】https://www.fujiq.jp/special/skate/

    ぐりんぱ アニメ「モンスターハンター ストーリーズ RIDE ON」 コラボスケートパーク

    アニメ「モンスターハンター ストーリーズ RIDE ON」コラボスケートパークの世界の中で楽しくスケートが楽しめる!週末には無料スケート教室も有り。レンタルの二枚場スケート靴やスケート補助具も充実。スケートデビューに最適なリンク。
    【期間】2017年11月18日~2018年3月25日(予定)
    【時間】平日9:30~16:00(3月以降変動あり) 土日祝9:30~16:30
    【料金】入園料 大人(中学生以上)1,200 円・こども(3歳~小学生)800円 滑走料は無料 ※貸靴あり1,000円
    【場所】裾野市須山字藤原2427 東名冨士IC~十里木経由又は富士山スカイライン経由で50分
    【駐車場】1日1,000円
    【問合せ】tel:055-998-1111
    【URL】http://www.grinpa.com/

    屋外施設は天候などにより利用可能な日程や時間が変わることもあります。
    雪などによる交通状況も含め、事前に確認をしてから出かけましょう。

    スキー・スケート
  • ザ・サンフェス2017

    2017年12月12日

    3人(7歳長男、5歳長女、3歳次男)の子育てで毎日があっという間に過ぎてしまう私ですが、「ザ・サンフェス~はままつで妊娠・出産・育児をもっと楽しもう!~」というイベントがあると聞き、何か参考になるかもしれないと思い、子ども3人を連れて出かけてきました。

    サンフェス会場
     
    講演会の託児は予約制で、そのほかにも予約が必要なイベントもあったのですが、開始直後に会場入りし、受付で問い合わせると託児やイベントは当日用の枠もあるとのこと。さっそく子どもたちの託児をお願いし、講演を聞くことにしました。
     
    講演は浜松医大の副学長・金山尚裕先生による「妊娠出産生活を快適に過ごすためには」というテーマでした。

    講演会

    私は浜松医大で出産しているので、金山先生のお話は母親学級などで聞いたことがあったのですが、年月が経ち、日々の育児に追われるうちに忘れてしまっていたようです。でも、今回講演を聞いて、まず生活習慣を見直そう! と思いました。わが家の食卓は子ども中心のメニューで、子どもが文句を言わず食べてくれるものが中心でした。体を冷やさないことが大切とわかっていても、実践できていなかったのです。でも、講演後は少しこだわってメニューを考えたり、時間があるときには半身浴をしたりしています。無料の託児があったおかげで、ゆっくりと講演を聞くことができました。
     
    子どもたちは人形劇を見たり、遊びルームでお兄さん・お姉さんと一緒に遊んだり、楽しく過ごせたようです。

    遊びコーナー

    子どもは楽しい時間が過ごせ、親は自分の育児を改めて見直すことができるイベントでした。

    ■ザ・サンフェス2017~はままつで妊娠・出産・育児をもっと楽しもう!~
    【日時】 平成29年11月18日(土) 10:00~15:30 (開場9:00)
    【会場】 浜松市立勤労青少年ホーム アイミティ浜松
    【住所】 浜松市中区船越町11-11
    【主催】 特例認定NPO法人はままつ子育てネットワークぴっぴ
    【後援】 静岡新聞社・静岡放送、中日新聞東海本社、FMHaro!ウィンディ

    ◎講演会「妊娠出産生活を快適に過ごすためには」
    【講師】 国立大学法人浜松医科大学 副学長 金山尚裕氏
    【時間】 10:30~11:30(要申込 定員50名)
    【対象】 男女問わず、参加可能
    【託児】 要申込(無料) 原則として生後3か月~小学2年生まで

    文/ジュン

    イベント(通年・不定期)
  • フルーツパークのイルミネーション&噴水ショー

    2017年12月8日

    「はままつフルーツパーク時之栖(ときのすみか)」のイルミネーション&噴水ショーに行ってきました。高校生の上の子たちが帰ってすぐ家を出て、着いたのは夕方6時半。お目当ては噴水ショーなので、入園券とのセット券を購入。すっかり暗くなった正門には、フルーツのイルミネーションが光っていました。

    フルーツパークイルミ1

    噴水ショーは時間が決まっているので、場内のイルミネーションを観たり、写真を撮ったりして会場へ向かいました。約300万球もある色とりどりのイルミネーションに、小学1年生の息子も大はしゃぎです。この日は風はないものの、吐く息が白く見えるほどの冷えこみ。以前に噴水ショーを観たとき、ベンチに座ったのを思い出し、防寒着はもちろんのこと、座布団とひざ掛けも持って行って正解でした。

    フルーツパークイルミ2

    池のまわりのイルミネーションが消え場内が真っ暗になると、夜空の星がいっそう光って見えました。音楽とともに赤、黄、青、紫とさまざまな色に光る噴水が高く上がりショ―が始まりました。

    フルーツパークイルミ3

    フルーツパークイルミ4

    「わぁ~、きれい! 」と思わず歓声が上がりました。カラフルな噴水が高く上がったり、クルクル回ったり、とても幻想的でした。噴水ショーは10分間でしたが、国内最大級とあって、見ごたえは十分で大満足でした。

    フルーツパークイルミ5

    来年1月14日まで楽しめるので、防寒対策をして、ぜひ観に行ってみてください。
     
    ■イルミネーション・噴水ショー
    【期間 】2017年11月11日~2018年1月14日
    【上映時間】 17:30、18:00、18:30、19:30、20:15 (天候や状況により中止、変更の場合有)

    文/お茶子

    はままつフルーパーク時之栖(ときのすみか)

    住所 浜松市北区都田町4263-1
    電話 053-428-5211
    開園時間 9:00~18:00(イルミネーション期間中は21:00まで)
    定休日 なし
    料金 噴水ショー+入園セット券 大人1,000円、子ども500円
    (入園料 大人・高校生700円、小中学生350円、未就学時無料)
    子連れに便利な設備 多目的トイレ、オムツ台有
    駐車場 有(800台) 無料
    URL http://www.tokinosumika.com/hamamatsufp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     


     

    イルミネーション特集
  • 富士急ハイランドのトーマスランド

    2017年12月6日

    きかんしゃトーマスに出てくるキャラクターが大好きな2歳の息子と富士急ハイランド内にあるトーマスランドへ行ってきました。

    トーマスランド1

    園内では、たくさんのキャラクターに出会えます。アトラクションも2歳で乗れるものがほとんどです。

    トーマスとパーシーのわくわくライドでは、トーマスやパ―シ―が引く客車に乗ってソドー島を探検できます。降車場がお土産を売っているステーションショップと繋がっているのですが、店内には木製レールが置かれ、自由に遊べるようになっていました。遊びだした息子は夢中になってしまい、そこから動かずにずっと遊んでいました。いたずらクランキーでは泣いてしまいましたが、とても楽しく過ごすことができました。

    トーマスランド2

    トーマスランド3

    トーマスランドのパス券の購入方法はいろいろありますが、わが家は「CLUBフジQ」のメール会員になりチケット売り場で割引されるQRコードを見せてチケットを購入しました。駐車場はトーマスランドのみで遊ぶなら第2駐車場に車を停めた方が近いです。それでも少し距離があるので、小さな子はベビーカーなどがあると便利です。

    文/なお

    富士急ハイランド内トーマスランド

    住所 山梨県富士吉田市新西原5-6-1
    電話 0555-23-2111
    営業日/営業時間 公式サイトの営業カレンダー参照
    料金 【トーマスランドパス】
    大人・中学生以上3,900円 、小学生3,300円、未就学児(3歳~小学校入学前)2,900円
    ※富士急ハイランドの入園料プラス各アトラクションのチケットを個別に購入することもできます。
    子連れに便利な設備 授乳室、オムツ替えシート、ベビーカーレンタル、オムツ販売有
    駐車場 有(1,500円)
    アクセス方法 【車】東名高速道路御殿場ICから国道138号線で約15分
    URL https://www.fujiq.jp/thomas/sp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    観光・ちょっと遠出
  • こども館体験記「浜松こども館お誕生会」

    2017年12月3日

    浜松こども館 取材ママ体験記

    浜松こども館は2001年の11月に開館して今年で16歳。それを祝うイベントが行われるというので、友だち家族と一緒に遊びに行ってきました。

    誕生会1

    この日はお餅とお菓子投げが13時から行われるということで、午前中からかなり人が多い印象でした。私たちはパン作りの催しにも参加したかったので10時前にこども館に到着しました。ホール前の広場の壁は、16周年を記念した折り紙や風船できれいに飾りつけがしてあり、特別な雰囲気が感じられました。

    パン作りを終え、13時にイベント会場に行くと、ものすごい数の親子がすでに待っていました。人数が多いためお餅とお菓子投げは3回に分けて行われました。

    誕生会2

    1回目は小学生。2人のスタッフさんがあちこちにお餅やお菓子を撒いていきます。子どもたちの「こっちにちょうだーい!」という声がホールに響き渡っていました。撒き終わるとスタッフさんから「拾えなかった子はいませんかー?」と確認があり、たくさん拾った子は拾えなかった子に少し分けてあげました。2回目は年長、年中さん。わが家の5歳の長男、友だちの5歳の女の子の出番です。後ろのほうに陣取っていた長男はお菓子はあまり拾えませんでしたが、お餅をいっぱい拾えてうれしそうでした。

    最後は年少、未就園児の子です。この回だけ、大人が子どもの代わりに参加可能でした。でも、あくまで主役は子ども。大人はなるべく子どもたちががんばる様子を見守ります。2歳の次男はまわりのすばやい動きに戸惑ってなかなか拾えませんでしたが、ちょうど自分の真下に落ちてきたお菓子を2つ拾えました。長男と次男合わせてお餅を10個ほどとお菓子を少し拾えて2人とも満足げな様子。すごい人数のイベントでしたが、ケガやケンカなどもなくスムーズに終わりホッとしました。

    誕生会3

    熱気にあふれたお餅とお菓子投げが終わると、浜松市のゆるキャラ「出世大名 家康くん」と「出世法師 直虎ちゃん」が会場にやってきました。

    誕生会4

    すると、それまでの雰囲気から一転、とても和やかな雰囲気になりました。家康くんたちと撮影タイムが始まり、たくさんの親子が写真を撮っていました。息子たちは家康くんの大きさにびっくりしたのか、なかなか近寄ってくれず、長男が家康くんと握手するのが精一杯でした。家康くんと直虎ちゃんは帰って行くときも通路にいる人たちと握手やハイタッチをしていて、サービス精神旺盛でした。

    誕生会5

    イベント後も子どもたちはこども館でたくさん遊んでから帰途につきました。

    誕生会6

    今回はいつものこども館とは違う雰囲気が味わえて楽しかったです。来年も誕生会イベントがあればぜひチェックして行きたいと思います。

    文/hoseco

    浜松こども館

    この記事は浜松こども館からの依頼によって、ぴっぴの取材ママがレポートしたものです。

    こども館・児童館
  • ★2017冬★クリスマスイベント(3) 多彩なプログラムを楽しもう!

    2017年12月1日

    トナカイ2

    子どもたちのお楽しみ、待ちに待ったクリスマスシーズンがやってきました! 家族やお友だちで楽しむホームパーティーも素敵ですが、クリスマスイベントにお出かけしてみるのもおすすめです。そこで、浜松市内やその近郊で開催される多彩なプログラムのクリスマスイベントをまとめました。華やかなこの季節を一段と盛り上げてくれるイベントが目白押しです!

    *先着順のイベントはすでに申し込みが終了している場合もあります。直接、各施設にご確認ください。

    ●くつした 多彩なプログラムを楽しもう!

    ●結晶クリスマス企画「サンタにお願い!」
    【開催日時】~12月3日(日)
    【開催場所】浜名湖体験学習施設「ウォット」
    ウォットでやってみたい願い事を大募集!クリスマスカードに書いてみよう。
    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る 

    ●結晶どんなプレゼントがほしい?
    【開催日時】~12月28日(木) ※休館日 毎週月曜日、12月21日(木)
    【開催場所】雄踏図書館 児童コーナー
    クリスマスにほしいプレゼントをサンタさんにみんなでお願いしてみよう!
    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る 

    ●結晶キッズEnglish クリスマススペシャル
    【開催日時】12月3日(日) 10:00~11:30、14:00~15:30
    【開催場所】多文化共生センター(中区早馬町 クリエート浜松内)
    フィリピン人の先生からクリスマスにちなんだ歌や英語を楽しく学びます。
    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る 

    ●結晶親子でEnglish クリスマススペシャル
    【開催日時】12月3日(日) 10:00~11:30、14:00~15:30
    【開催場所】多文化共生センター(中区早馬町 クリエート浜松内)
    親子でクリスマスにちなんだ歌や英語を学ぼう!
    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●結晶ひまわりクリスマス会
    【開催日時】12月3日(日) 10:00~15:00
    【開催場所】勤労会館内Uホール
    親子で一緒に工作をしたり、画家に子どもの似顔絵を描いてもらったり。親子で穏やかでぬくもりのある時間を楽しみましょう。
    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る 

    ●結晶渚園 クリスマスイベント
    【開催日時】12月9日(土) 10:00~、13:00~
    【開催場所】渚園レストハウス
    「キャンドル作り」をメインに、「ビンゴ大会」や、「サンタさんからのプレゼント」など楽しい企画が盛りだくさん!
    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る 

    ●結晶レク楽のひろば クリスマスパーティー
    【開催日時】12月9日(土) 13:00~15:00
    【開催場所】ユーコープ小豆餅店2F コミュニティルーム(中区小豆餅3-2-34)
    ハンドベルで合奏したり、簡単なおやつを作ったりしてクリスマスを楽しもう!
    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●結晶わくわくクリスマスガチャ(可新図書館)
    【開催日時】12月12日(火)~24日(日) ※ 休館日 毎週月曜日
    【開催場所】可新図書館 カウンター
    本を借りると、なにが出るかお楽しみのクリスマスガチャマシーンにチャレンジできるよ!
    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る 

    ●結晶クリスマス ぬいぐるみおとまり会(舞阪図書館)
    【開催日時】12月16日(土) 14:00~15:00 
    【開催場所】舞阪図書館 2階 講座室2
    大好きなぬいぐるみと一緒にクリスマス会を楽しもう!ぬいぐるみだけ図書館におとまりするよ♪
    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●結晶クリスマスナイト2017~灯の魔法にかかる夜~
    【開催日時】12月16日(土)、17日(日) 17:00~20:30
    【開催場所】磐田市新造形創造館
    中庭のシンボルツリー点灯式からスタート!コンサートやグッズ作りなど催しも盛りだくさん!
    【URL】http://www.iwata-souzoukan.jp/chiristmasnight/

    ●結晶水中TVトーキング~クリスマス版~
    【開催日時】12月17日(日)、23日(土)~24日(日) 13:45~ 20分間
    【開催場所】浜名湖体験学習施設「ウォット」
    ウォットで大人気の水中TVトーキングがクリスマスバージョンになって登場!
    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●結晶わんわん倶楽部館クリスマス会
    【開催日時】12月19日(火) 10:00~11:30
    【開催場所】わんわん倶楽部館
    クリスマスにちなんだ工作、歌、手遊び、パネルシアターなどで親子一緒に楽しもう!
    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る 

    ●結晶金曜あかちゃん教室 ミニクリスマス会
    【開催日時】12月22日(金) 13:00~15:00
    【開催場所】わんわん倶楽部館
    ベビーマッサージや子育て講座など、ママと赤ちゃんが安心しながら楽しめるミニクリスマス会。
    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●結晶とまらっせ雄踏図書館~クリスマスぬいぐるみおとまり会~
    【開催日時】12月20日(水) 16:00~
    【開催場所】雄踏図書館
    お気に入りのぬいぐるみが大好きな図書館におとまりできるよ!
    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●結晶クリスマスがいっぱい
    【開催日時】~12月24日(日) 9:00~16:30 入園は16:00まで ※ 休園日 毎週月曜日
    【開催場所】豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)
    温室内のいこいの部屋がツリーや子どもたちの作品でクリスマスムード満点に。公園で元気に遊びながらクリスマスの雰囲気を味わおう♪
    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る 

    ●結晶クリスマスまちなか観望会
    【開催日時】12月22日(金) 19:00~21:00
    【開催場所】遠鉄百貨店新館北東角地(歩道上)(浜松駅北口送迎レーン横)
    まちなかに望遠鏡を並べて、冬の夜空を楽しもう。
    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る 

    もみの木

    イベント(冬)
  • ★2017冬★クリスマスイベント(2) 音楽を味わおう♪

    2017年12月1日

    ゆきだるま

    街はキラキラと輝くイルミネーションが華やぎを見せています。あちこちで響くクリスマスソングも、楽しい気分をいっそう盛り上げてくれますね。そこで、浜松市内で開催されるクリスマスの音楽イベントをまとめました。家族でクリスマスの素敵な音楽の世界に触れてみましょう。

    *先着順のイベントはすでに申し込みが終了している場合もあります。直接、各施設にご確認ください。

    ●ベル みんなでクリスマスの音楽を味わおう♪

    ●結晶響け歌声!ジュニアクワイア浜松
    【開催日時】12月3日(日) 14:00~14:30
    【開催場所】浜松こども館6階ホール
    ジュニアクワイア浜松の美しい歌声によるクリスマスコンサートを楽しもう。
    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る 

    ●結晶ぽこ あ ぽこ くらぶ~ミニミニ クリスマス~
    【開催日時】12月3日(日) 10:30~
    【開催場所】雄踏文化センター3階 中会議室(西区雄踏町宇布見5427番地)
    森の動物さんたちと一緒に合奏したり、踊ったりして一緒に音楽会をしよう!
    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る 

    ●結晶0歳からのジャズコンサート
    【開催日時】12月5日(火) 11:00~、15:00~
    【開催場所】アクトシティ浜松 音楽工房ホール
    ニューヨークで活躍するピアニストによる赤ちゃんから大人まで楽しめる本格ジャズコンサート!
    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る 

    ●結晶こどものためのコンサート
    【開催日時】12月10日(日) 10:40~11:20(開場 10:20~)
    【開催場所】鴨江アートセンター 201号室
    ジングルベルやきよしこの夜などおなじみのクリスマスソングからクラシックまで、こどもと一緒に楽しめるクリスマスコンサート。
    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る 

    ●結晶親子で楽しむクリスマスコンサート
    【開催日時】12月10日(日)11:00~11:45、13:30~14:15  ※ともに15分前から開場
    【開催場所】積志協働センター ホール
    積志ウィンドアンサンブルにより親子のためのクリスマスコンサート。クリスマスソングからアニメソングまで豊かに広がる音楽の世界を楽しめます。
    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る 

    ●結晶オルガンクリスマスコンサート’17 ~管楽器とともに~
    【開催日時】12月14日(木) 19:00開演
    【開催場所】浜松市福祉交流センター
    オルガンと管楽器の競演による伝統あるクリスマスコンサート。各楽器が奏でる美しい音の響きを味わおう。
    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●結晶~0歳から楽しめる~ドングリ音楽隊 クリスマス親子コンサート
    【開催日時】12月16日(土) 10:30開演
    【開催場所】浜松市浜北文化センター 2階 多目的室
    子育て中のママによるクラリネットアンサンブルとピアノのコンサート。楽しいクリスマスプログラムでリトミックも楽しめます。
    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●結晶静岡文化芸術大学吹奏楽部 第16回 定期演奏会
    【開催日時】12月17日(日) 14:00開演(13:30開場)
    【開催場所】静岡文化芸術大学 講堂
    話題の映画音楽から歌謡曲、クリスマスソングまで親しみのある名曲に家族で触れてみよう。
    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●プレゼント 冬の風物詩 クリスマスイルミネーション

    音楽に加えて楽しみたいのが、光が繰り広げる幻想的な世界です。家族で煌めくイルミネーションを見に行ってみよう♪

    イルミネーション特集2017-2018@浜松市内

    イルミネーション特集2017-2018@浜松近郊・県外

    もみの木

    イベント(冬)
  • ★2017冬★クリスマスイベント(1) グッズを手作りしよう!

    2017年12月1日

    サンタクロース

    いよいよ今年もあと1か月!子どもたちが楽しみにしているクリスマスもすぐそこですね。そこで、浜松市内で行われるクリスマスグッズづくりが楽しめるイベントをまとめました。手作りのグッズで、おうちの中をクリスマスムードいっぱいに盛り上げてみませんか?

    *先着順のイベントはすでに申し込みが終了している場合もあります。直接、各施設にご確認ください。

    ●リース クリスマスグッズを手作りしちゃおう!

    ●結晶クリスマス工作会
    【開催日時】12月2日(土) 10:00~11:30
    【開催場所】はまゆう図書館 学習室2
    クリスマス飾りを手作りして、サンタさんをお迎えする準備をしよう。
    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る 

    ●結晶とびだすクリスマスカードを作ろう
    【開催日時】12月2日(土) 10:00~12:00(時間内 自由参加)
    【開催場所】あいホール 302号室
    作って楽しいもらって楽しいとびだすクリスマスカードを作ろう!
    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る 

    ●結晶クリスマスリース作り
    【開催日時】12月3日(日) 10:30~12:00
    【開催場所】磐田市竜洋昆虫自然観察公園
    どんぐりやまつぼっくりなどの自然素材を使って、素敵なクリスマスリースを作ろう!
    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●結晶大人の折り紙教室
    【開催日時】12月3日(日) 14:00~16:00
    【開催場所】南陽図書館
    クリスマスの飾り、少し難しい折り紙にチャレンジしてみよう!
    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る 

    ●結晶親子でクリスマスリースを作ろう!!
    【開催日時】12月3日(日) 10:00~
    【開催場所】アイミティ浜松 2階 第2集会室(中区船越町11-11)
    子どもたちの自由な感性でクリスマスリース(20cm)づくりを楽しもう!
    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●結晶クリスマスリース作り
    【開催日時】12月9日(土) 9:30~11:30
    【開催場所】ゆたか緑地 集会所
    木の実を使ったクリスマスリースを作って、クリスマスを迎えよう。
    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●結晶ペットボトルキャップを使ってクリスマスケーキのマグネットを作ろう
    【開催日時】12月9日(土) 14:00~15:30
    【開催場所】西図書館 2階多目的室
    ペットボトルキャップを使って、かわいらしいクリスマスケーキのマグネットを作ろう!
    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●結晶サンタさんに心を込めてカードをつくろう!(細江図書館)
    【開催日時】12月9日(土)~12月24日(日)  休館日 12月21日(木)
    【開催場所】細江図書館 エントランス
    クリスマスカードを作って、サンタさんのお手紙を書いてみよう!
    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●結晶クリスマスリースづくり
    【開催日時】12月10日(土)、18日(日) 10:30~15:30、13:30~15:00
    【開催場所】浜名湖ガーデンパーク 体験学習館
    松ぼっくりなどの木の実や飾りを使って、クリスマスリースを作ろう。
    【URL】http://www.hamanako-gardenpark.jp/event/event_201112.html

    ●結晶クリスマスお楽しみ工作会&読み聞かせ―大きな松ぼっくりで作ろう―
    【開催日時】12月10日(日) 14:00~16:00
    【開催場所】可新図書館 2階 おはなしのへや
    クリスマスに合わせた読みきかせと工作で穏やかな時間を過ごそう。
    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る 

    ●結晶環境カフェ 「クリスマスリース」づくり
    【開催日時】12月10日(日) 9:30~11:30、13:00~15:00
    【開催場所】浜松市西部清掃工場内「えこはま」
    話題の「まこも」を使って、お正月飾りにもアレンジできるクリスマスリースを作ろう!
    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●結晶折り紙で「サンタクロース」をつくろう♪
    【開催日時】12月16日(土) ※材料がなくなり次第終了
    【開催場所】浜北図書館 1階 カウンター横
    折り紙で「サンタクロース」を折ってみよう!
    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る 

    くつした2

    ●結晶季節の折り紙教室(西図書館)
    【開催日時】12月16日(土) 10:00~11:00
    【開催場所】西図書館 2階 多目的室
    折り紙でクリスマスの飾り作りを楽しもう!
    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●結晶子どもむけクリスマス工作(東図書館)
    【開催日時】12月16日(土) 10:00~12:00
    【開催場所】東図書館 2階 多目的室
    クリスマスツリーのオーナメントを手作りしてみよう!
    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●結晶しめ縄リースを編んでみませんか?(引佐図書館)
    【開催日時】12月16日(土)、17日(日) 10:00~12:00、13:00~15:00
    【開催場所】引佐図書館 多目的ルーム
    クリスマスやお正月にぴったりのしめ縄リースを作ってみよう!
    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●結晶もうすぐクリスマス☆アドベントカレンダーを作ろう!
    【開催日時】12月17日(日) 10:00~11:00、14:00~15:00
    【開催場所】都田図書館 研修室
    アドベントカレンダーを作って、クリスマスを待つ時間も楽しもう!
    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●結晶エコでごちそう教室(ケーキをつくろう)
    【開催日時】12月17日(日) 10:00~13:30
    【開催場所】浜松市エコハウスモデル住宅「きづきの森」(西区大平台3丁目21-18)
    環境にやさしいエコハウスでおしゃれなケーキを作ってみよう!
    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●結晶冬休みこどもフェスタ2017 ものづくりに挑戦!
    【開催日時】12月23日(土)、24日(日) 9:00~16:30(イベントの受付は15:30まで)
    【開催場所】スズキ歴史館
    クリスマスカードやお菓子入りの飾りを手作りします。ペーパークラフトにはしし舞いも。この日は予約なしでOK!
    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    やま

    イベント(冬)
  • 第9回落ち葉まつりin浜松市緑化推進センターみどり~な

    2017年11月28日

    浜松市緑化推進センター みどり~なで行われるイベント「落ち葉まつり」は今年で9回目。わが家は去年初めて行きましたが、とても楽しめたので、子どもたち(7歳長男、5歳長女、3歳次男)を連れて今年も行ってきました。

    入口
     
    まずは管理棟でスタンプラリー用の台紙をもらい、スタンプを押してもらえる場所を探しながら、会場を回ることにしました。「自然遊び体験コーナー」では葉っぱの釣りぼりで釣りをしたり、オナモミの実でダーツをしたりしました。

    スタンプラリー

    葉っぱの釣り
     
    「落ち葉プール」ではブルーシートの上に置かれたビニールプールに落ち葉がたくさん入っていて、自由に遊ぶことができます。子どもたちは、落ち葉に埋もれてみたり、かき集めて雨を降らせたりしていました。とても楽しかったようで、私が「お昼にしよう。」と声をかけるまでずっと遊んでいました。

    落ち葉プール

    近くのあずま屋のベンチで持参したお弁当を食べたのですが、会場にはおにぎりやポテトなど軽食の出店もありました。
     
    昼食後は「クラフト工房」や「ゆびdeアート」でクラフト体験をしました。スタンプラリーのスタンプを集め、管理棟に持って行くとプレゼントがもらえるのですが、子どもたちはリース、どんぐりなど木の実の詰め合わせ、バルーンアートをそれぞれ選んでいました。

    クラフト

    晩秋の園内にはたくさんの種類の落ち葉がありました。

    紅葉

    大人は紅葉を楽しむことができ、子どもは自然の中で遊べるイベントです。また来年も家族で行きたいと思っています。
     
    ■第9回 落ち葉まつり
    【日程】 平成29年11月23日(木・祝日)
    【時間】 10:00~15:00(雨天決行・荒天中止)
    【会場】 浜松市緑化推進センターみどり~な

    文/ジュン

    浜松市緑化推進センター みどり~な

    住所 浜松市南区大塚町1876-1 飯田公園内
    電話 053-426-2300
    開園時間 管理棟は8:30~17:15
    休園日 園内は年中無休 管理棟は12月29日~1月3日休館
    子連れに便利な設備 管理棟内にオムツ替え台つき多目的トイレ有、希望により講座室を授乳に利用可
    駐車場 有(無料)
    URL http://www7.plala.or.jp/midori110/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    公園
  • キルトとおとぎ話の世界~鷲沢玲子「キルトおぶはーと」~

    2017年11月23日

    磐田市香りの博物館で開催されている『キルトとおとぎ話の世界』に3歳の娘と出かけてきました。この企画展は、40年以上もキルトを創り続けているキルト作家の鷲沢玲子さんが主催する「キルトおぶはーと」の研究生と鷲沢さんの作品展です。

    入口

    館内

    展示の中には「不思議の国のアリス」をテーマにした作品があり、娘も知っているので、どこにアリスやウサギがいるのか一生懸命探していました。いろいろな所にアリスを見つけることができ、娘も楽しそうでした。

    展示1

    また、ジオラマのようなキルト作品もあり、子どもの目線に置いてあるので、とても見やすそうでした。「ベッドがあるね。」「かわいいお家だね。」などとおしゃべりしながら、小さな人形が生活しているようなイメージが湧いてくるすてきな空間を見てまわりました。

    展示2

    「不思議なお茶会」という壁掛け作品は、錯視の効果を利用してあり、とても不思議な絵柄で、何度も見てしまうほどすてきな作品でした。研究生の作品の中には、みなさんがご存知の方の名前もありました。

    展示3

    展示4

    香りの博物館ならではの、ディフューザーがあり、作品をイメージした香りとともに鑑賞することができました。

    1階の売店では、いろいろなキルトのキットも売っているので、この冬にキルトに親しむのもいいですね。親子で楽しめる企画です。磐田市香りの博物館でおとぎ話の世界に浸ってみてはいかがですか?
     
    ■キルトとおとぎ話の世界~鷲沢玲子「キルトおぶはーと」~

    【開催期間】 2017年10月14日(土)~2018年1月14日(日)
    【関連イベント】
    ◎「キルトおぶはーと」キルト教室 12月9日(土)14:00~15:30
    ・場所 香りの博物館
    ・定員 15名(要予約)
    ・参加費 2,500円(ドリンク付)
    ・内容 クリスマスを彩る「天使」と「リース」のオーナメントを手作り
    ・講師 「キルトおぶはーと」鎌倉美智代、藤浪里佳

    文/ショコラ

    磐田市香りの博物館

    住所 磐田市立野2019-15
    電話 0538-36-8891
    開館時間 9:30~17:30(入館は17:00まで)
    休館日 月曜日(月曜日が祝日の場合開館し翌日休館)
    入館料 一般300円、学生(高校生以上)200円、小・中学生100円
    ※1階部分(体験コーナー、ミュージアムショップ)は入館無料
    子連れに便利な設備 多目的トイレ(おむつ台有)、エレベーター有  香りの公園に隣接
    駐車場 有(無料)
    アクセス方法 【電車】東海道本線「豊田町」駅下車北口より徒歩約5分
    【車】東名高速 浜松ICまたは磐田ICより約20分、磐田BP森岡ICより約5分
    URL http://www.iwata-kaori.jp

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    美術館・博物館・科学館
  • 親子でたんけん!ドキドキ体験!「浜松ワクワク歴史マップ」

    2017年11月20日

    浜松ワクワク歴史マップ

    平成29年の大河ドラマの舞台となり、全国から歴史的にも注目されている浜松。観光としても学びとしても、訪れておきたい名所が数多くあります。そこで、ファミリーにおすすめの名所14か所を小学生親子がめぐり、子どもと一緒に歴史を楽しむポイントをまとめました。海・山・湖と自然に恵まれた浜松ですが、交通の便のよさや優れた人材の出現でさまざまな文化や技術が発展したこともわかります。ぜひ、ご家族でおでかけください!

    徳川家康ゆかりの地

    徳川家康ゆかりの地

    井伊直虎ゆかりの地

    井伊直虎ゆかりの地

    文化・産業の歴史

    文化・産業の歴史

    *各施設の記事は「浜松まちづくり公社助成事業」で浜松市内の小学生親子が取材した内容をまとめたものです。「浜松ワクワク歴史マップ」PDF版はこちらからご覧いただけます。

    浜松ワクワク歴史マップ
  • 浜松ワクワク歴史マップ【14】浜松まつり会館

    2017年11月20日

    浜松ワクワク歴史マップ

    浜松まつり会館

    浜松まつりの熱気が一年中体感できる!

    毎年5月3~5日にかけて開催される「浜松まつり」の歴史や様子が紹介された施設です。5つのゾーンで構成され、展示や映像、迫力ある音量などさまざまな形でまつりの魅力を知ることができます。まつり関連グッズや浜松みやげの販売も充実しています。

    子どもと発見!「浜松まつり会館」のココにも注目

    ポイント1
    まずは記念撮影!入口のパネルで子どもの気分も盛り上がる♪

    顔はめパネル

    浜松まつりには参加したことがないわが家ですが、子どもたちはノリノリで入口にある顔はめパネルでパチリ! 受付近くのお土産処にはグッズがズラリと並び、凧や法被の種類の多さでまつりの盛大さがわかります。

    ポイント2
    御殿屋台の光とかけ声でまつりの夜を再現!

    御殿屋台

    大凧展示室で法被での撮影や凧あげ疑似体験を楽しんだあと、御殿屋台展示室に進むと中は真っ暗…と思ったらパッと屋台に明かりがつきました。にぎやかなまつりのかけ声が流れ、夜の盛り上がりが体感できます。

    ポイント3
    凧揚げに挑戦!ミニ凧が遠州のからっ風で高く舞う

    凧揚げ

    館内でミニ凧を購入して(500円)、会館近くの芝生広場で凧揚げをするのがおすすめです。広場では凧好きの方々が年間300日以上凧揚げをしているそうなので、見物だけでも子どもたちはよろこびますよ。

     

     

    お役立ち情報

    haradahiroko.png

    ● ファミリーで楽しむコツ

    混雑していなければ、ボランティアガイドさん、または会館スタッフがまつりの詳しい説明と館内の案内をしてくれます。売店のみの利用は入館料不要なので、浜松土産の購入に立ち寄るのもOKです。近くには凧揚げ合戦も開催される中田島砂丘があります。広大な砂丘は静かでうつくしく、ドラマや映画の撮影場所としても頻繁に利用されています。

    ● 歴史の不思議・こぼれ話

    三方ヶ原の戦いの際、敗軍の徳川家康は太鼓の響きで武田軍を驚かせ危急を逃れた、という言い伝えがあります。この言われから誕生した「浜松出世太鼓」が館内に展示され、自由にたたくことができます。

    取材者/中村 真代さん

    歴史新聞 歴史新聞を作ったよ

    歴史新聞【浜松まつり会館】

    子ども調査員 /中村 陽冶くん(小2)

    ※この記事は「浜松まちづくり公社助成事業」で浜松市内の小学生親子が取材した内容をまとめたものです。

    浜松まつり会館

    住所 浜松市南区中田島町1313 
    電話 053-441-6211
    利用時間 9:00~16:30
    休み 12/29~31
    料金 大人400円、中学生以下無料
    子連れにうれしい設備 顔はめパネル、スタンプ、貸衣装、休憩場所、お土産処
    駐車場 有(無料・大型バス14台収容 乗用車191台収容)、駐輪場無
    URL https://matsuri.entetsuassist-dms.com/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    浜松ワクワク歴史マップ
  • 浜松ワクワク歴史マップ【13】スズキ歴史館

    2017年11月20日

    浜松ワクワク歴史マップ

    スズキ歴史館

    スズキの歴史や浜松の産業についてまとめて学べる

    1909年(明治42年)織機作りから始まったスズキの創業以来の製品と、現在のクルマ作りの様子が展示されています。織機作りの技術を生かし二輪車・四輪車の製造で世界に名を響かせるスズキの歴史と、浜松の産業の発展の様子がわかる施設です。

    子どもと発見!「スズキ歴史館」のココにも注目

    ポイント1
    ロボットアーム操作でクルマづくりを体験

    ロボットアーム

    さまざまな展示でクルマづくりを学ぶことができ、ボタン操作で動かせるロボットも発見! 自分で触って動かせるものが多いのも、体験施設のうれしいところです。アームを上手に動かすのはなかなか難しかったようです。

    ポイント2
    海外でのクルマづくりや各国の文化がわかるコーナー

    海外の文化

    スズキは海外にもたくさんの生産拠点を持つため、海外の文化についてのクイズコーナーがありました。パネルには各国のあいさつなどが展示され、見たことがない文字と聞きなれない発音は新しい発見だったようで、子どもたちは興味津々でした。

    ポイント3
    歴代の名車と昭和を感じるなつかしい展示

    わが家のフロンテ

    歴代の名車が展示されている3階は、昭和の生活が感じられるレトロな雰囲気です。車好きのパパはここから離れられなくなっちゃうかも。ブロック塀のすきまからは何が見えるかな?

     

     

    お役立ち情報

    建物入口.png

    ● ファミリーで楽しむコツ

    見学は無料ですが、希望する場合は電話または公式サイトの予約申し込みページより申し込みとなっています。旅行サイト「トリップアドバイザー」主催の優れたサービスを提供する施設に与えられる「2017年エクセレンス認証」の認定施設として選ばれたそうで、子どもも大人も楽しめる見どころがたくさんの施設です。ベビーカーや車いすの貸出、エレベーター・スロープ・多目的トイレなども完備され子連れにもやさしいつくりになっています。

    ● 歴史の不思議・こぼれ話

    大正時代は相生町に大工場がありました。昭和15年に高塚に分工場ができましたが、時は戦争中。昭和20年7月空襲で相生工場が焼失し、戦後焼け残った高塚分工場で織機の製造が再開されたそうです。

    取材者/安間 真理子さん

    歴史新聞 歴史新聞を作ったよ

    歴史新聞【スズキ歴史館】

    子ども調査員 /安間 知世ちゃん(小6)

    ※この記事は「浜松まちづくり公社助成事業」で浜松市内の小学生親子が取材した内容をまとめたものです。

    スズキ歴史館

    住所 浜松市南区増楽町1301 
    電話 053-440-2020
    利用時間 9:00~16:30(要予約)
    休み 月曜、年末年始など
    料金 無料
    子連れにうれしい設備  スタンプ、休憩場所、グッズ販売機
    駐車場 有(無料・およそ50台)、駐輪場は駐車場と共有
    URL https://www.suzuki-rekishikan.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    浜松ワクワク歴史マップ
  • 浜松ワクワク歴史マップ【12】賀茂真淵記念館

    2017年11月20日

    浜松ワクワク歴史マップ

    賀茂真淵記念館

    古典の研究を極めた真淵の業績がわかる

    浜松が生んだ国学者 賀茂真淵(かものまぶち)の業績、その師や遠江の国学者などに関する資料が展示されています。詳細な解説や映像による説明があります。隣にある「県居神社」は、学問の神として真淵がまつられた神社です。

    子どもと発見!「賀茂真淵記念館」のココにも注目

    ポイント1
    平常展でわかる弟子たちが受け継いだ真淵の教え

    たくさんの門下生

    真淵は42歳の時初めての弟子をもち、亡くなる73歳までに弟子や門下生は340人ほどに増えました。国学の発展に貢献した伊勢松坂の本居宣長をはじめ、江戸で活躍した四天王、三才女と呼ばれる弟子もおり、平常展「賀茂真淵とその門流」では、真淵が師としてもすぐれた才能があったことがわかります。

    ポイント2

    浜松市内には真淵ゆかりの地が多く残る

    浜松で生まれた真淵

    真淵は1697年3月4日、今の浜松市中区東伊場で賀茂神社の神官 岡部政信の三男として生まれました。浜松市内には真淵の養子先の本陣跡など、ゆかりの地がいくつかあります。本名は岡部三四(おかべそうし)で、「賀茂真淵」は自身で付けた学者としての名前(今で言うペンネーム)だそうです。

    ポイント3
    木々に囲まれた石碑に残る戦争のあと

    銃弾のあと

    51歳の真淵が詠んだ作品は、昭和17年(1942)制定の愛国百人一首に選定され、昭和18年(1943)には浜松翼賛文化協会により石碑が建立されました。石碑の裏面には、戦争による米軍戦闘機の機銃弾痕が今も残っています。

     

     

    お役立ち情報

    夏休み展

    ● ファミリーで楽しむコツ

    夏休みには小中学生のための学習展を開催しているので、高学年なら自由研究のテーマとして選んでもおもしろそうです。県居神社正面鳥居は木々に囲まれ、桜のころや紅葉のころに行くと違った雰囲気が楽しめます。すぐ近くには、毎年夏に「新幹線なるほど発見デー」を開催するJR東海浜松工場があります。タイミングがよければ、工場東側のフェンス越しに修理中の新幹線車両の姿が見られます。また検査のために新幹線西側の踏切を通過する珍しい光景が見られることも!

    ● 歴史の不思議・こぼれ話

    賀茂真淵の遠い祖先は「ヤタガラス」に変身して天皇の道案内をしたといわれる「鴨武津之身命(かもたけつのみのみこと)」と言われています。ヤタガラスは日本の神話に三本足の黒い鳥として登場し、サッカー日本代表チームのエンブレムなどにも描かれています。

    取材者/伊東 規子さん

    歴史新聞 歴史新聞を作ったよ

    歴史新聞【賀茂真淵記念館】

    子ども調査員 /伊東 康佑くん(小6)

    ※この記事は「浜松まちづくり公社助成事業」で浜松市内の小学生親子が取材した内容をまとめたものです。

    賀茂真淵記念館

    住所 浜松市中区東伊場1-22-2
    電話 053-456-8050
    利用時間 9:30~17:00
    休み 月曜(祝日の場合は翌日)、12/29~1/3
    料金 大人300円、高校生150円、中学生以下無料
    子連れにうれしい設備 多目的トイレ、子ども向け図書コーナー、スタンプ、土産物
    駐車場 有(無料・12台)、駐輪場有
    URL http://mabuchi-kinenkan.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    浜松ワクワク歴史マップ
  • 浜松ワクワク歴史マップ【11】万葉の森公園

    2017年11月20日

    浜松ワクワク歴史マップ

    万葉の森公園

    「万葉集」の時代を思い描いた緑いっぱいの公園

    日本最古の歌集「万葉集」に登場する植物に親しむことができる公園です。万葉植物約300種を中心に作り出した森や庭園と、万葉の文学や文化が体験できる施設があります。当時の人びとの食を再現した「万葉食」や万葉植物を染料とする「草木染め」などから、現代との違いを楽しむことができます。

    子どもと発見!「万葉の森公園」のココにも注目

    ポイント1
    水琴窟(すいきんくつ)に初挑戦!

    水琴窟

    手水鉢の小石の集まっているところに水を垂らすと地下で反響した音が聞こえる「水琴窟」は、食事体験ができる「万葉亭」入口付近にありました。子どもは初めてだったためとても興味深かったようで、ガイドさんにコツを教えてもらいながら何度も挑戦していました。

    ポイント2
    めずらしい万葉食は3種類

    万葉食チラシ

    万葉の歌が詠まれた時代の食事を予約することができます(原則として4人以上、月曜定休)。メニューにはきびのごはんや旬の万葉植物があり、貴族の万葉食1200円、1500円、庶民の食事600円と分かれているので、違いを比べるのもおもしろいですね。

    ポイント3
    萩のトンネルは秋が見ごろ

    萩のトンネル

    アーチ型に続く萩のトンネルは、花の見ごろとなる秋にはやさしい彩りと香りにつつまれるそう。園内にはたくさんの植物があるため、理科の自由研究にもおすすめの公園です。ガイドがお願いできれば、植物の特徴や生育方法などをていねいに教えてもらうことができます。

     

     

    お役立ち情報

    ガイドさんと.png

    ● ファミリーで楽しむコツ

    園内の説明を聞きたい方は、事務所(万葉資料館1階)に声をかければ園内をガイドをしてくれるそうです(ただし日によっては対応できない場合もあり)。第1駐車場に隣接している「伎部の茶屋」は、そばやカレーなどの食事ができるほか、地元の野菜やお醤油、お茶、お菓子なども販売しています。万葉にちなんだポストカードや公園内の木の実や植物を使った小物などは来園の記念にぴったり。

    ● 歴史の不思議・こぼれ話

     隣接する不動寺は、奈良時代に行基菩薩がこの地を行脚した際、不動明王を彫って疫病を沈めたと言われています。厄除けの「身代わり不動」として有名で、無病息災、開運厄除け、家内安全などさまざまなご利益があると言われています。

    取材者/塚田 博美さん

    歴史新聞 歴史新聞を作ったよ

    歴史新聞【万葉の森公園】

    歴史新聞【万葉の森公園2】

    子ども調査員 /塚田 ゆずちゃん(小2)

    ※この記事は「浜松まちづくり公社助成事業」で浜松市内の小学生親子が取材した内容をまとめたものです。

    万葉の森公園

    住所 浜松市浜北区平口5051-1 
    電話 053-586-8700
    利用時間 9:00~17:00
    休み 月曜(祝日の場合は翌日)及び12/29~1/3 ※公園は常時開放
    料金 無料
    子連れにうれしい設備 スタンプ、貸衣装、休憩場所、お土産処
    駐車場 有(無料・第1駐車場40台、第2駐車場 不動寺下 20台)、駐輪場有
    URL https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/hk-machi/culture_art/manyonomori_koen/index.html

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    浜松ワクワク歴史マップ
  • 浜松ワクワク歴史マップ【10】浜松市博物館

    2017年11月20日

    浜松ワクワク歴史マップ

    浜松市博物館

    浜松の原始時代から近現代がギュッと詰まった博物館

    浜松の歴史資料を展示している博物館です。年に数回さまざまな企画展を開催するほか、週末や長期休みに実施する体験イベントも人気です。隣接する縄文時代の貝塚、国指定史跡「蜆塚遺跡」は、公園として整備され子どもたちものびのびと遊ぶことができます。

    子どもと発見!「浜松市博物館」のココにも注目

    ポイント1
    幅広く歴史が学べ楽しみ方もいろいろ

    配置図

    浜松の歴史を時代順に紹介している博物館に加えて、屋外にも歴史を知ることができるポイントがあります。縄文時代の貝塚や江戸時代終わりころの一般的な住まいとされる「旧高山家住宅」があり、毎月第2土曜日は住宅内でむかし話のおはなし会を実施しています。

    ポイント2

    三方ヶ原の戦いで敗戦した家康の「立体しかみ像」

    しかみ像

    三方ヶ原の戦いで敗戦した戒めとして描かれたと言われる徳川家康のしかみ像(名古屋市の徳川美術館所蔵)を立体で復元した「立体しかみ像」があります。その表情やリアルな装束が見どころです。同じポーズや表情で撮影してみるのもいいかも。

    ポイント3

    6種類のスタンプが押せる「むかしたんけん!!スタンプシート」

    スタンプシート

    6種類のスタンプが押せるようオリジナルのシートが準備されています。子どもたちはスタンプが大好きですよね。一か所でまとめてできるのは得した気分!

     

     

    お役立ち情報

    ● ファミリーで楽しむコツ

    博物館のサイト内にプリントアウトして持って行くと常設展観覧料が20%割引になるページがあります。駐車場は蜆塚遺跡側1か所、博物館側2か所となっていて、博物館側からはスロープもありベビーカーでも楽々。館内はベンチもたくさんあり、ゆっくり見て回ることができます。隣接する蜆塚遺跡は桜の名所でもあるので、お花見の時期に訪れるのもおすすめです。

    ● 歴史の不思議・こぼれ話

    ナウマンゾウ

    西区佐浜町で発見されたナウマンゾウの骨があって、浜松にもゾウがいたということに驚きます。これによって日本は大陸と陸続きだったこともわかるということです。浜北区根堅の石灰岩の割れ目から発見された「浜北人」の化石人骨は、本州で見つかった人骨としては最古の約18000年前のものです。

     

    取材者/石津谷 和代さん

    歴史新聞 歴史新聞を作ったよ

    歴史新聞【浜松市博物館】

    子ども調査員 /石津谷 憲くん(小4)

    ※この記事は「浜松まちづくり公社助成事業」で浜松市内の小学生親子が取材した内容をまとめたものです。

    浜松市博物館

    住所 浜松市中区蜆塚4-22-1 
    電話 053-456-2208
    利用時間 9:00~17:00
    休み 月曜(祝日は開館)、祝日の翌日、12/29~1/3(ほか臨時休業あり)
    料金 大人300円、高校生150円、中学生以下無料
    子連れにうれしい設備 スタンプ、ベンチ、お土産販売
    駐車場 有(無料・3か所 計45台)、駐輪場有
    URL https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/hamahaku/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    浜松ワクワク歴史マップ
  • 浜松ワクワク歴史マップ【9】気賀関所

    2017年11月20日

    浜松ワクワク歴史マップ

    気賀関所

    衣装を着て気分は大河ドラマの主人公!

    慶長6年(1601)に家康の命によって設けられ、江戸に対する重要拠点となりました。「入り鉄砲に出女」と言われ、武具が持ち込まれたり大名の妻が逃げたりしないよう本坂道を通る人々を監視する役目を担っていました。今は観光施設として、展示や貸衣装(受付10:00~15:00)があります。

    子どもと発見!「気賀関所」のココにも注目

    ポイント1

    子どもも大人も着替え体験でテンションアップ!

    貸衣装

    貸衣装は忍者、若殿、町娘、直虎、子供姫、子供赤備え甲冑、音羽ちゃんなど大人用、子ども用ともに種類が豊富で迷ってしまうほどです。衣装で施設内をめぐることができるので、記念になる写真がたくさん撮れます。

    ポイント2
    お姫様の豪華な持ち物にびっくり

    展示

    関所内の展示は関所の仕組みが分かるよう、人形でリアルに再現されています。通行人を監視する重々しい雰囲気の反面、お姫様の乗る籠などはきらびやかで目を引きます。

    ポイント3
    実際に使われた関所は民家の中に屋根のみ残る

    関所跡

    現在の気賀の関所は観光のため再現されたもので、実際に使われた関所は現在ほとんどが解体され民家の間に屋根の一部が残るのみです。全国で最古の関所建物として昭和35年(1960)までは、ほぼ完全な形で現存していました。

     

     

    お役立ち情報

    ● ファミリーにおすすめの情報

    駐車場.png

    大河ドラマ館開催期間につき、平成29年1月15日~平成30年3月31日は関所入館料が無料です。駐車場も共用なので、大河ドラマ館とセットで訪れるのがおすすめ。町木戸門より西には大きなお土産処があり、みそまんや姫様スティック、直虎グッズなど浜松土産が購入できます。売店やテーブル席などもあり、休憩スペースも充実しています。

    ● 歴史の不思議・こぼれ話

    関所が設けられた当時、南寄りの浜名湖を渡ることは大変危険だったため、気賀のルートは人気があったそうです。姫街道という名前が付いた理由にもなっているように女性の通行が多かったとされ、幕末の徳川家定に嫁いだ篤姫も通ったと言われています。

    取材者/ロビンス小依さん

    歴史新聞 歴史新聞を作ったよ

    歴史新聞【気賀関所】

    子ども調査員 /ロビンス海ちゃん(小5)、紅ちゃん(小2)

    ※この記事は「浜松まちづくり公社助成事業」で浜松市内の小学生親子が取材した内容をまとめたものです。

    気賀関所

    住所 浜松市北区細江町気賀4577 
    電話 053-523-2855
    利用時間 9:00~16:30
    休み なし(年末年始は休館の場合あり)
    料金 大人150円、中学生以下無料、70歳以上は証明できるものがあれば免除(平成30年3月31日までは関所入館料無料)
    子連れにうれしい設備 顔はめパネル、スタンプ、貸衣裳、休憩場所、お土産処
    駐車場 西隣 浜松市奥浜名湖田園空間博物館総合案内所駐車場 無料
    URL http://www.kigasekisho.com/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    浜松ワクワク歴史マップ
  • 浜松ワクワク歴史マップ【8】蜂前神社

    2017年11月20日

    浜松ワクワク歴史マップ

    蜂前神社

    直虎直筆!徳政令の受け入れを記した書

    鳥飼神社、羽鳥大明神と名を変え、972年にこの名になったここは、直虎の花押が記された唯一の資料「関口氏経次郎直虎連署判物」を所蔵していた神社です(現在は浜松市博物館が保管。蜂前神社には複製あり)。花押を女性が使うことは珍しく、大変貴重な文書とされています。

    子どもと発見!「蜂前神社」のココにも注目

    ポイント1
    落ち着いた雰囲気の境内

    神社正面

    山々に囲まれた静かで趣のある神社です。社務所に氏子の方々がいる週末には、歴史・地域・地質学などを合わせて近くの見どころや興味深いお話を聞くことができます。裏の山(八幡山と呼ばれている)に円墳があり、今はみかんが植えられているということでした。

    ポイント2
    自動音声案内で神社の歴史を知る

    音声案内

    参拝する際、この神社の歴史や直虎についての説明を音声でも聞くことができます。子どもには少し難しいかもしれませんが、一緒に聞いて興味がある部分を説明してあげるといいですね。

    ポイント3
    歴史好きなら「御朱印」をゲット!

    案内板

    書き置きの御朱印があり、無人のためお金は箱に入れ日付は自分で書き込むようになっていました。土日祝10:00~16:00は、社務所で直接御朱印(300円)やお守りなどを買うことができます。

     

     

    お役立ち情報

    道路沿い看板.png

    ● ファミリーで楽しむコツ

    国道257を北上し「祝田の坂」を下ったところ、レストランとんきいの手前の小道を入ったところにある案内看板があるので見逃さないよう進みましょう。トイレのひとつは境内にありますが、行ったときはカギがかかっていたため駐車場前にある祝田地区コミュニティ防災センターの横を利用しました。蜂前神社から少し離れていますが、葭本川河口にある静岡県中国浙江省友好記念公園(柳公園)から見える浜名湖の澪標(水深が航行可能であることを知らせるために設置された指標)は、夕日の時間とてもきれいで写真撮影におすすめです。

    ● 歴史の不思議・こぼれ話

    蜂前神社は、三方ヶ原の戦い(1572年)のとき、徳川家康が武田信玄軍に待ち伏せされた場所でもあります。平成9年、豪雨で裏山が崩れたときに1606年~1685年の間の棟札が6枚出てきたことから、その間に神社が6回も修理改築されていたかもしれない、というお話でした。

    取材者/斉藤 理世さん

    歴史新聞 歴史新聞を作ったよ

    歴史新聞【蜂前神社】

    子ども調査員 /斉藤 奏羽ちゃん(小6)、泰地くん(小4)

    ※この記事は「浜松まちづくり公社助成事業」で浜松市内の小学生親子が取材した内容をまとめたものです。

    蜂前神社

    住所 浜松市北区細江町中川6915 
    子連れにうれしい設備 土産物販売
    駐車場 有(無料・20台)、駐輪スペース有
    URL http://hachisakijinja.or.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    浜松ワクワク歴史マップ
  • 浜松ワクワク歴史マップ【7】井伊谷城跡

    2017年11月20日

    浜松ワクワク歴史マップ

    井伊谷城跡

    直虎が眺めたであろう景色を展望台から一望

    井伊谷城は井伊氏の本拠地のひとつです。井伊氏は、井伊谷城とその山麓にあった屋敷、三岳城を本拠地にしていました。標高114.9mの頂上への道のりは急な坂になっています。整備された公園内には展望台があり、浜松市内を見渡すことができます。

    子どもと発見!「井伊谷城跡」のココにも注目

    ポイント1
    直虎の見た風景を目指していざプチ登山!

    山頂までの道

    井伊谷城跡となる山頂は標高114m。距離にすると310mほどです。子どもはもちろん、大人にもなかなか大変な道のりです。途中にある「あと〇〇m」という表示を励みにがんばって山頂を目指します。

    ポイント2
    頂上からの景色に子どもと感動

    井伊谷を望む

    頂上は見晴らしがよく、気持ちのよいところです。お弁当など持っていけば、ピクニックにもいい場所です。訪れた頃の登山道には、あじさいが所々に咲いていて気分がなごみました。

    ポイント3
    合わせて行きたい地域遺産センター

    地域遺産センター

    近くの地域遺産センターでは、大河ドラマに合わせて開館記念特別展「戦国の井伊谷」を開催していました(平成30年1月14日まで)。直虎ちゃんと、直虎の許嫁だった井伊直親(亀之丞)の「青葉の笛」をモチーフにしたパネルでパチリ。

     

     

    お役立ち情報

    みそまん通り.png

    ● ファミリーで楽しむコツ

    登山道にはかなり急な坂や階段があります。しっかり飲み物の準備などをしていきましょう。わが家はヘトヘトで下りた後も、引佐多目的センターの自動販売機で飲み物を買いました。近くには、奥浜名湖の銘菓「みそまん」が買えるお店が並ぶ「みそまん通り」があります。がんばった後のごほうびに3店で購入しました!

    ● 歴史の不思議・こぼれ話

    直虎の城として有名な井伊谷城ですが、実際に住んでいたのはここから南東方向に下りたところとなる正宝院の西側だったそうです。神宮寺北の信号付近に「井伊直虎公墓所」という記載のある地図があり調べたところ、直虎のお墓は、龍潭寺や彦根はもちろん、他にもいくつかそう伝えられている場所があるとわかり驚きました。

    取材者/水野 智子さん

    歴史新聞 歴史新聞を作ったよ

    歴史新聞【井伊谷城跡】

    子ども調査員 /水野 蒼くん(小4)

    ※この記事は「浜松まちづくり公社助成事業」で浜松市内の小学生親子が取材した内容をまとめたものです。

    井伊谷城跡

    住所 浜松市北区引佐町井伊谷(城山公園)
    子連れにうれしい設備 休憩場所、顔はめパネル
    駐車場 引佐協働センター(浜松市北区引佐町井伊谷616-5)、駐輪場有
    URL https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/miryoku/naotora/toha/05kyojyo.html

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    浜松ワクワク歴史マップ
  • 浜松ワクワク歴史マップ【6】龍潭寺

    2017年11月20日

    浜松ワクワク歴史マップ

    龍潭寺

    直虎を支えた井伊家の菩提寺

    およそ1300年前、奈良時代に行基によって開かれたと言われています。幾多の苦難を乗り越えて千余年にわたり繋がれた井伊家の菩提寺にあたります。歴代の井伊家当主の位牌がまつられ、幕末の大老井伊直弼もこの寺を訪れました。

    子どもと発見!「龍潭寺」のココにも注目

    ポイント1
    歴史や大河ドラマ好きには見逃せないポイントがいっぱい!

    案内図

    立派な山門をくぐると、鐘楼堂や仁王門などの建物が並びます。受付を入ってからも、本堂周辺の立派な庭園はもちろん稲荷堂、開山堂と県指定文化財が続き、歴史好きには見どころいっぱいのお寺です。

    ポイント2
    左甚五郎作と言われる龍の彫刻

    龍の彫刻

    本堂には江戸時代初期に活躍し、日光東照宮のねむり猫の作者としても有名な左甚五郎作の龍の彫刻があります。そのひげが折れているのは「夜な夜ないたずらをして困っていたが、和尚さまがひげを取ったらおとなしくなった」というちょっとおもしろい言い伝えがあります。

    ポイント3
    24代直政までの墓が静かに並ぶ「井伊家墓所」

    歴代の墓

    本堂の奥には初代共保をはじめ、直虎や直政まで井伊家代々の当主やその妻の墓が整然とならびます。直政が浜松城で家康に仕え、井伊家を再興するまでのさまざまな歴史を思い起こさせる場所です。

     

     

    お役立ち情報

    お土産処.png

    ● ファミリーで楽しむコツ

    大河ドラマ期間中はとても混雑しているので、早めの時間帯がおすすめ。花や木々がきれいなので、山門から境内を少しお散歩するだけでも十分楽しめます。境内の平らなところはベビーカーでもOKですが、建物内には持ち込めないため受付に預けての拝観となります。龍潭寺売店や駐車場前の「いいのや」では、テーブル席やベンチで軽食やアイスなどを楽しむことができます。

    ● 歴史の不思議・こぼれ話

    開山堂を右手に見ながら井伊家の墓所に向かう道に、庭園の池からつながる水の流れがあり、小さな橋がかかっています。その水の流れは「三途の川」、こちら側は「この世」であちら側は墓所がある「あの世」と見立てられているそうです。

    取材者/斉藤 理世さん

    歴史新聞 歴史新聞を作ったよ

    歴史新聞【龍潭寺】

    子ども調査員 /斉藤 奏羽ちゃん(小6)、泰地くん(小4)

    ※この記事は「浜松まちづくり公社助成事業」で浜松市内の小学生親子が取材した内容をまとめたものです。

    龍潭寺

    住所 浜松市北区引佐町井伊谷1989
    電話 053-542-0480(代)
    利用時間 9:00~16:30(17:00閉門)
    休み 8/15、12/22~27
    料金 大人(高校生以上)500円、小中学生200円
    子連れにうれしい設備 スタンプ、休憩場所、お土産処
    駐車場 有(無料 40台 その他臨時駐車場有、思いやり駐車場2台、身体障害者用駐車場2台)、駐輪場有
    URL http://www.ryotanji.com/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    浜松ワクワク歴史マップ
  • 浜松ワクワク歴史マップ【5】二俣城跡

    2017年11月20日

    浜松ワクワク歴史マップ

    二俣城跡

    家康の長男信康 悲劇の最期を遂げた城

    徳川氏と武田氏がその領有をめぐって7年間も攻防戦を繰り広げた城です。織田信長に武田との内通を疑われた家康の長男信康が自刃した場所でもあります。天守台の石垣は、家康の後の城主堀尾氏の領有時代(1590~1600年)に作られたと言われています。

    子どもと発見!「二俣城跡」のココにも注目

    ポイント1
    いざ登城!雄大な天竜川の流れを望む城山

    二俣城跡入口

    国宝の松江城と同じ野面積みの石垣がある天守台までは木々に囲まれた道を進みます。本丸の東屋側からは天竜川の流れを望むことができ、子どもたちは雄大な景色に見入っていました。かえでなどが多いので、秋には紅葉が楽しめそうです。

    ポイント2
    木々の間にはアスレチック風の木製遊具

    東屋

    西曲輪には木製の遊具があり、散策だけでなく公園としても楽しめます。周りは草木が多いため、夏場は虫やヘビに注意して下さいね。

    ポイント3
    きれいな水が湧き出る清瀧の滝はパワースポット!

    清瀧寺入口池と滝

    清水が湧き出る滝があることから家康が名づけたと言われる「清瀧寺」は、二俣城跡を訪れたら一緒に回りたいスポットです。滝の近くには信康堂があり、願い事(家内安全、恋愛成就、入試合格、交通安全など)ができます。

     

     

    お役立ち情報

    azumaya.png

    ● ファミリーで楽しむコツ

    152号線 秋葉街道の鹿島橋を渡りトンネルを抜けると、右手にコンビニが見えてきます。その交差点を左折するとすぐに山へ登る側道があり城跡入口まで行けます。ベビーカー、車いすで本丸まで行けますが、登城口から坂になっている為(徒歩3分弱)、少し大変かと思います。テーブルはありませんが、本丸周囲にベンチ数か所と東屋1か所、西曲輪にも東屋があります。

    ● 歴史の不思議・こぼれ話

    織田信長に嫌疑をかけられ信康は自刃したと言われていますが、信康の類い稀な能力を恐れたため自害させたという説をはじめ、父である家康との不仲がもとで切腹を命じられたなど、信康の最期に関わる話は諸説あります。街を挟んで南側には、二俣城奪還のため徳川家康が本陣を構えた鳥羽山城跡がありそちらも現在は公園になっています。

    取材者/中谷 真代さん

    歴史新聞 歴史新聞を作ったよ

    歴史新聞【二俣城跡】

    子ども調査員 /中谷 倫太朗くん(小2)

    ※この記事は「浜松まちづくり公社助成事業」で浜松市内の小学生親子が取材した内容をまとめたものです。

    二俣城跡

    住所 浜松市天竜区二俣町二俣
    電話 053-925-5845(天竜観光協会)
    子連れにうれしい設備 休憩場所、遊具
    駐車場 有(無料・登城口前に約6台 清瀧寺境内に約10台)、駐輪場は駐車場と共有
    URL https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/miryoku/hakken/tanbo/201602.html

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    浜松ワクワク歴史マップ
  • 浜松ワクワク歴史マップ【4】重要文化財 中村家住宅

    2017年11月20日

    浜松ワクワク歴史マップ

     中村家住宅

    敷地は25mプール約10個分!名門「中村家」のお屋敷

    敷地3000平方メートルのこの屋敷に住んだ中村家は、鎌倉時代から32代続く名家です。18代正吉が徳川家康に仕えた縁から、お万の方が家康の次男である於義丸(後の結城秀康)をここで出産し、その時の胞衣を埋めた胞衣塚が残っています。主屋は昭和48年に重要文化財に指定されました。

    子どもと発見!「中村家住宅」のココにも注目

    ポイント1
    国指定重要文化財の主屋は古民家の造りを学べる

    主屋

    敷地のほぼ中央に南向きに立つ主屋は1688年頃のものと言われ、出入り口が3か所ある土間は、身分によって使い分けられていたと考えられています。建物の造りや囲炉裏・茶室の設備などから、昔の生活を知ることができるポイントがたくさんあります。

    ポイント2
    四畳半の部屋にだけ天井があるのはなぜ?!

    4畳半の部屋

    中村家住宅は柱の角の面取りが建物の中心より南側の部屋にされていますが、この四畳半は北側なのに柱に面取りがされ、天井があるのもここだけです。壁に色土が塗られていることからも、特別に造られた部屋と考えられます。

    ポイント3
    胞衣塚に残る家康お手植えの木

    胞衣塚

    天正2年(1574)2月8日、於義丸がこの屋敷で産まれ、胞衣(後産)を埋めた胞衣塚には梅の木が植えられています。家康が息子に会った際に植えたとされ数代を経て残る姿は、家康が浜松の地で過ごした時代を思わせ感慨深いです。

     

     

    お役立ち情報

    ● ファミリーで楽しむコツ

    見学できるのは週末にかけての金~日曜日です。常駐しているガイドさんの説明がとてもわかりやすかったので、お話を聞くのがおすすめ。屋外はベビーカーが使えますが、屋内は段差があるため小さな子は抱っこでの移動になります。休憩できるベンチがありますが、基本的に飲食不可ですのでご注意を。浜名湖にほど近いため、合わせてうなぎ販売店やカキが食べられるお店(冬期)に寄るのもおすすめです。

    結城秀康.png

    ● 歴史の不思議・こぼれ話

    家康の第二子である於義丸は、中村家で育てられ11歳のときに羽柴秀吉の養子となったため、秀吉と家康から一文字ずつをとり「羽柴三河守秀康」の名となりました。17歳で結城晴朝の養子となり「結城秀康」を名乗るようになったそうです。

     

    取材者/富永 訓子さん

    ※この記事は「浜松まちづくり公社助成事業」で浜松市内の小学生親子が取材した内容をまとめたものです。

    歴史新聞 歴史新聞を作ったよ

    歴史新聞【中村家住宅】.PNG

    歴史新聞【中村家住宅2】

    子ども調査員 /富永 紗帆ちゃん(小4)

    中村家住宅

    住所 浜松市西区雄踏町宇布見4912-1 
    電話 053-596-5585 
    利用時間 9:30~16:30
    休み 月~木、12/28~1/4
    料金 大人200円、高校生100円、70歳以上中学生以下無料 
    子連れにうれしい設備 休憩場所
    駐車場 有(無料)・50台
    URL https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/w-machi/culture_art/nakamurake_jutaku/index.html

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    浜松ワクワク歴史マップ
  • 浜松ワクワク歴史マップ【3】犀ヶ崖古戦場(資料館)

    2017年11月20日

    浜松ワクワク歴史マップ

    犀ヶ崖古戦場

    徳川軍が奇策をしかけた伝説が残る崖と資料館

    犀ヶ崖は浜松城の北側約1kmにある断崖です。ここには、三方ヶ原の戦いによる死者の霊をまつった宗円堂というお堂がありました。浜松市が遠州大念仏を無形民俗文化財に指定した際、建物を資料館として改修し、遠州大念仏及び三方ヶ原の戦いに関する資料を展示しています。

    子どもと発見!「犀ヶ崖古戦場(資料館)」のココにも注目

    ポイント1
    木々が生い茂る渓谷は三方原古戦場として史跡に

    崖を見下ろす

    犀ヶ崖は昭和14年に静岡県の史跡に指定されました。崖沿いには、上からのぞけるよう「物見台」が設置されています。このあたりで動物のサイの化石が見つかったことから犀ヶ崖と名付けられたという説もありますが「賽の河原」のサイから取ったとも言われています。

    ポイント2
    遠州大念仏の鉦(かね)を鳴らしてみよう

    遠州大念仏

    資料館の中には遠州地方の郷土芸能のひとつ「遠州大念仏」で使われる鉦(かね)が置かれています。よく響くよう2つ合わせた造りのものは双鉦と呼ばれ、独特の音色を出すにはちょっとしたコツがあるようです。子どもと一緒にチャレンジしてみましょう。

    ポイント3
    家康の身代わりとなった「夏目次郎左衛門吉信」の顕彰碑

    石碑

    資料館横の姫街道を少し北上すると、夏目次郎左衛門吉信の碑があります。三河一向一揆でとらえられた際、家康の寛大な処置で助かった吉信は、家康の身代わりとして三方ヶ原の戦いで討死したと言われています。また、吉信は夏目漱石の先祖にあたります。

     

    お役立ち情報

    haradahiroko.png

    ● ファミリーで楽しむコツ

    ベビーカーでの移動は難しいかもしれませんが、範囲が狭いので抱っこや徒歩でも散策しやすい場所です。外には東屋があり、座って休憩することもできます。資料館で流してくれる映像は、浜松時代の家康のことなどがわかりやすく紹介されているため小学生におすすめ! 

    ● 歴史の不思議・こぼれ話

    三方原の戦いで多くの兵や馬が亡くなった後、このあたりでは疫病や飢饉に悩まされた時期がありました。戦死した霊の祟りではないか?と言われましたが、この場所が墓場であったことや多くの犠牲者の遺体が埋められていたことから、不衛生が原因だったのでは、とも言われています。

    取材者/山本 玲さん

    歴史新聞 歴史新聞を作ったよ

    3saigagake_sin2.JPG

    子ども調査員 /山本 大貴くん(小6)

    ※この記事は「浜松まちづくり公社助成事業」で浜松市内の小学生親子が取材した内容をまとめたものです。

    犀ヶ崖古戦場(資料館)

    住所 浜松市中区鹿谷町25-10
    電話 053-472-8383
    利用時間 9:00~17:00(資料館)
    休み 月曜(祝日は開館)、祝日の翌日、12/29~1/3
    料金  無料
    子連れにうれしい設備  スタンプ、休憩場所
    駐車場 有(無料10台~15台)、駐輪場5~6台
    URL https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/c-machi/culture_art/saigagake/saigagake.html

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    浜松ワクワク歴史マップ
  • 浜松ワクワク歴史マップ【2】引間城跡(元城町東照宮)

    2017年11月20日

    浜松ワクワク歴史マップ

    引間城跡

    家康天下取りの足がかりが「出世神社」に

    家康が遠江地方を攻略する拠点として入城した引間(曳馬)城の跡地です。東照宮は明治19年(1886)に建てられました。社殿には徳川家の家紋「三つ葉葵」があり、境内には引間城だったことを示す「曳馬城址」と刻まれた碑があります(曳馬と記されている文献もあり)。

    子どもと発見!「引間城跡(元城町東照宮)」のココにも注目

    ポイント1
    見事な装飾と徳川家の家紋「三つ葉葵」がいっぱい

    彫刻

    二公像が有名な東照宮ですが、社殿や手水場にも龍や獅子などの見事な彫刻が施されています。その他にも「葵の家紋」がいたるところにあるのを発見。見つけるたびに子どもがよろこんでいました。

    ポイント2
    三方ヶ原の戦いのあと家康が通ったとされる小道

    権現道

    社殿の左側に、権現道とほられた石碑があります。東照大権現は家康の尊称です。家康が三方ヶ原の戦いで敗戦した際、この西の小道から逃げ帰ったと言われているそうです。

    ポイント3
    「ホンダ技研」も浜松のこの地から始まった!

    ホンダ技研の碑

    引間城跡の北を通る道路沿いには、本田宗一郎が1946(昭和21)年に「本田技術研究所」を開設した場所として石碑が立っています。研究所ができる前は廃寺となった尼寺が放置され、「蛇屋敷」と呼ばれていたそうです。ヘビは商売繁盛の神様とも言われているからホンダも大きくなったのかも?!

     

     

    お役立ち情報

    ● ファミリーで楽しむコツ

    国道152号(飛龍街道)沿い、浜松城向かいのHondaCars元城店の横道から坂道を上がるのが一番わかりやすいです。一般のトイレがないため、事前に済ませてから散策しましょう。東照宮でお参りの後は、浜松城公園の広場で遊ぶのも楽しいです。浜松城にいるボランティアガイドさんに聞くと、引間城や浜松城の歴史に関わるお話をしてくれます。

    ● 歴史の不思議・こぼれ話

    椿姫観音.png

    家康が攻め入った時の城主だったお田鶴の方が討ち死にしたとされる場所に「椿姫観音」があります。この地にも城を守ろうとした女城主がいたことがわかりました。お田鶴の方は、家康の正妻 築山御前といとこ同士です。今年の大河ドラマに合わせて、歴史上のさまざまな人物のつながりを学べる場所です。

     

    取材者/菅谷 祐里さん

    ※この記事は「浜松まちづくり公社助成事業」で浜松市内の小学生親子が取材した内容をまとめたものです。

    歴史新聞 歴史新聞を作ったよ

    【歴史新聞】引間城跡

    子ども調査員 /菅谷 颯太くん(小5)、芹ちゃん(小3)

    引間城跡(元城町東照宮)

    住所 浜松市中区元城町111-2 
    電話 053-452-1634(浜松市観光インフォメーションセンター)
    URL https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/miryoku/naotora/pr/shigaichi/02hikuma.html

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    浜松ワクワク歴史マップ
  • 浜松ワクワク歴史マップ【1】浜松城

    2017年11月20日

    浜松ワクワク歴史マップ

    浜松城

    家康の「出世」と「浜松」という名の始まりの場所

    1568年、飯尾氏から引間城を攻め落とした家康が、29歳から45歳までを過ごしたお城。もともとは曳馬城という名前でした。遠江入りの2年後この地を本拠地とするとき「曳馬(引間)」という名前が「馬を引く」つまり負け戦に繋がり縁起が悪いという理由から、この地にあった荘園の名前を取って「浜松城」へと改めました。

    子どもと発見!「浜松城」のココにも注目

    ポイント1
    城内の刀やかつらで記念写真♪

    hamamatsujo1.JPG

    城内には無料で利用できる、かつらや刀の貸衣装グッズがあります。本格的な刀や十手を手にしたら、子どもたちもテンションアップ! 記念写真を撮るなら、武将になりきった姿を撮影しちゃいましょう。

    ポイント2
    家康くん&直虎ちゃんグッズで運気上昇!

    hamamatsujo2.JPG

    浜松名産のお菓子やオリジナルカプセルトイなど、売店にはお土産や記念がいっぱい。大河ドラマでも話題の「井伊直虎」にちなんだグッズも多数販売され、今までとは違った浜松土産探しにぴったりです。五社神社で祈祷済みの開運グッズで運気上昇間違いなし!

    ポイント3


    1周930mのウォーキングコースは緑がいっぱい

    hamamatsujo3.JPG

    浜松城公園は、ウォーキングコース、遊具、芝生広場、美術館などがあり、さまざまな形で楽しめる場所です。季節のお花、庭園、生息する野鳥や動物も見どころです。お弁当を持ってきて、公園内で食べるのも◎。園内にも軽食や飲み物の売店が出ています。

     

     

    お役立ち情報

    ハートの石.png

     

    ● ファミリーで楽しむコツ

    浜松城の石垣の中には、見つけると幸運が舞いおりるという「ハート形」の石があることで有名です。石垣の他に、家康銅像側から天守門に上がる階段の脇や、日本庭園入り口にもハート形の石があるんですよ。宝探しのようにいろんな形の石を子どもと見つけるのも楽しいです。天守閣の中はスロープがなく、急な階段もあるので小さな子ども連れの場合は足元に注意が必要です。

    ● 歴史の不思議・こぼれ話

    浜松城内の売店で人気なのは、黄金に輝く「出世城パワーカード」。カードに描かれている家康の「しかみ像」は、三方ヶ原の戦いで敗れた家康が自身を描かせたもので、生涯手元に置き離さなかったそうです。家康にとって戒めであるとともに、開運大成の原動力であったと言われています。

    取材者/二村 美里さん

    歴史新聞 歴史新聞を作ったよ

     歴史新聞【浜松城】

    歴史新聞【浜松城2】

    子ども調査員 /二村 翠くん(小3)

    ※この記事は浜松まちづくり公社助成事業」で、浜松市内の小学生親子が取材した内容をまとめたものです。

    浜松城

    住所 浜松市中区元城町100-2  
    電話  053-453-3872
    利用時間  8:30~16:30 
    休み  12/29~31
    料金  大人200円、中学生以下無料
    子連れにうれしい設備  多目的トイレ(駐車場内)、顔はめパネル、スタンプ、貸衣裳(かつら)、遊具、休憩場所、お土産処
    駐車場  有(無料・259台)、駐輪場有
    URL  https://www.entetsuassist-dms.com/hamamatsu-jyo/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    浜松ワクワク歴史マップ
  • 第63回浜松市芸術祭 人形劇公演

    2017年11月17日

    秋の週末、幼稚園のお友だちを誘って5歳の息子と人形劇を観に行ってきました。人形劇は公演時間が短めで子ども向けの内容が多く、料金も安いか無料の場合もあるので、未就学児にもおすすめです。

    入口

    チラシ

    今回の公演は観覧席にはシートが敷かれており、靴を脱いで座って観るスタイルでした。中央は子ども専用席になっていて、大人は後方か脇の席を利用します。芸術祭の人形劇公演はお昼休憩をはさんで1日公演があるのですが、私はあらかじめ演目を確認し、息子たちの好きな「おおきなかぶ」が観劇できる午後の部を目当てに行きました。

    会場

    「おおきなかぶ」は、午後の部の3番目の演目。開演前の息子は「いつやるの?」とそわそわしていましたが、最初の演目が始まると、あっという間にお話の世界に引き込まれ、どの劇も楽しく観劇することができました。劇と劇の合間には手遊びもあり、最後まで飽きさせません。終演後は、出演した人形たちが総出でお見送りしてくれました。

    お見送り

    来年は9月末に開催される予定です。次回は午前の部から出かけて1日中人形劇を楽しみたいと思います。
     
    ■第63回浜松市芸術祭 人形劇公演
    【開催日時】 2017年10月29日 午前の部10:30開演 午後の部13:30開演
    【会場】 アクトシティ浜松 音楽工房ホール(楽器博物館2階)
    【料金】 無料(各公演先着200名・事前申し込み不要)
    【問い合わせ】 浜松市文化振興財団 053-451-1151
    【URL】 http://www.hcf.or.jp/

    文/みきこ

    イベント(通年・不定期)
  • 浜松科学館

    2017年11月14日

    しとしとと降り続く雨の日曜日、2歳になったばかりの息子と家族3人でお出かけしました。

    息子は電車が大好き! 「あかいでんしゃ、のろうね~」とたどたどしい言葉に、パパが決めたお出かけ先は、浜松科学館でした。まだ息子には早すぎるのでは? と心配しつつ出かけたのですが、楽しい一日となりました。

    入口すぐの自然のコーナーには、動物の声を聞くことができる緑色のポールがあります。

    展示1

    息子はここですぐに釘付けになりました。パパに抱っこしてもらいスイッチを押すと、鳥や蛙の姿が映り鳴き声がします。たくさんあるスイッチを何度も押し、なかなかその場をはなれようとしませんでした。

    土の中の世界や、郷土の自然を展示したジオラマ、生き物の卵の展示にも興味津々です。字は読めないしアナウンスも理解できないと思うのですが、目で見て触れて、スイッチを押したりレバーを動かしたりすることで起こる変化が楽しく仕方がないようです。科学館では身長に配慮した展示が多く、興味の向くまま自分の足で見て回れるのがいいですね。

    展示2

    2階には遊具のような体験型の展示がたくさんあり、力のコーナーで円盤を回転さたり、エアジェットでボールを持ち上げるスイッチを押したりしました。光のコーナーでは立体に見えるホログラムを不思議そうにながめ、音のコーナーでは楽器や実験装置の音を楽しそうに鳴らしました。特に音の工夫がたくさんつまったすべり台は、何度もすべっていました。

    展示3

    展示4

    2歳ではまだ難しい展示もたくさんありますが、科学の世界の楽しさにわずかでも触れている息子を見て、親としてとてもうれしい気持ちになりました。これからだんだん興味を持つ展示が変わってくると思うと、それも成長の証として楽しみです。これからもいろいろな科学の体験をさせてあげたいと思います。

    展示5

    館内を‪2時‬間近く歩き回り、疲れた息子は帰りの電車で寝てしまいました。ちなみに駅からはアクトシティ連絡通路を通ると、雨でもあまり濡れずにすみますよ。飲食は各階の休憩ブースで可能です。お弁当を持って行くのもいいですね。

    文/マナ

    浜松科学館

    住所 浜松市中区北寺島町256-3
    電話 053-454-0178‬
    利用時間 9:30~17:00‬(入場は‪16:30‬まで)
    休館日 月曜日(祝日は開館)・祝日の翌日・年末年始  ※臨時休館の場合有
    料金 常設展示:大人(大学生以上)500円、高校生200円、中学生以下無料
    常設展示とプラネタリウム:大人(大学生以上)900円、高校生400円、中学生以下無料
    子連れに便利な設備 オムツ交換台(多目的トイレ内)、授乳室(事務室内保健室)
    駐車場 無(近隣に有料駐車場有)
    URL http://www.hamamatsu-kagakukan.jp/index.html

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    美術館・博物館・科学館
  • イルミネーション特集2017-2018@浜松近郊・県外

    2017年11月9日

    イベントが目白押しの冬休みまで残すところあと1か月ほどとなりました。今回は、寒さを吹き飛ばしてくれそうな浜松近郊・県外のダイナミックなイルミネーションスポットをご紹介します。幻想的な光の世界に、子どもたちの瞳もキラキラと輝くことでしょう。

    幹工務店(磐田市)

    【点灯期間】2017年12月1日(金)~12月25日(月)  
    【点灯時間】17:00~21:00 
    【場 所】磐田市草崎2465
    【駐車場】あり
    【問い合わせ】(株)幹工務店 TEL.053-453-0719
    【URL】http://www.miki1972.jp/
    1軒まるごと装飾されたイルミネーションや、広い庭のいたるところにある光のオブジェは見ごたえは十分。駐車場の準備もあり子連れにうれしい。期間中の土日には小学生以下の子どもにお菓子のプレゼントが(1人につき1回)。さらに開催中の土日にはおしるこのふるまいも(18:00~)。

    ◎昨年の様子はこちら⇒取材ママレポート

    幹工務店

    つま恋リゾート彩の郷 サウンドイルミネーション 2017

    【点灯期間】2017年10月28(土)~2018年4月8日(日) 1/22(月)~24(水)施設点検のためクローズ
    【点灯時間】16:00~21:00
     ※点灯時間スケジュールはHPにて
    【場 所】掛川市満水2000
    【駐車場】あり 16:00以降イルミネーション終了まで200円
    【問い合わせ】0120-244-255(受付時間 9:00~18:00)
    【URL】http://www.hmi.co.jp/tsumagoi/illumination/

    ◎過去の様子はこちら⇒取材ママレポート

    2012tsumagoi01.jpg

    青葉シンボルロードイルミネーション(静岡市)

    【点灯期間】2017年11月10日(金)~2017年2月15日(木)
    【点灯時間】16:30~22:00
     ※12月16日(金)~1月9日(月・祝)は16:30~24:00
    【場 所】青葉シンボルロード、葵スクエア、常磐公園
    【駐車場】なし 周辺の有料駐車場を利用
    【問い合わせ】I Loveしずおか協議会 TEL.054-252-7720(平日9:00~17:00)
    【URL】http://iloveshizuoka.jp/
    今年で28回目を迎える毎年恒例の静岡市街地中心部を通る青葉シンボルロードのイルミネーション。今年のテーマは「おまちから望むきらめく地球」。約22万球のLEDを使ったロマンチックな仕掛けでシャンパンゴールドの洗練されたイルミネーションを堪能することができる。12月9日~1月8日までは、葵スクエアにスケートリンクが登場。

    ★12月16日(予備日12月17日)には、「しずおかおまちサンタフェスティバル2017」を開催。約1,000人のサンタクロースが街中をパレードし、クリスマスムードを一気に盛り上げる。パレードのゴール常盤公園ではステージイベントやワークショップも。

    ◎過去の様子はこちら⇒取材ママレポート

    静岡青葉イルミ

    御殿場高原時之栖イルミネーション(御殿場市)

    【点灯期間】2017年10月28日(土)~2018年3月21日(水・祝)
    【点灯時間】16:30~22:00 ※季節により変動あり
    【場 所】御殿場市神山719
    【入場料】無料
     ※噴水ショーは大人(中学生以上)1,000円・子ども200円・5歳以下無料
    【駐車場】あり(2,500台)
    【問い合わせ】御殿場高原時之栖 TEL.0550-87-3700(インフォメーションセンター)
    【URL】http://www.tokinosumika.com/
    今年のテーマは「気分はエレガンス」。光のトンネル、王宮の丘、虹のヒカリラなど、それぞれのエリアで個性的なエレガンスを演出。樹齢120年のもみの木のエリアは新名所「初夢の橋」と共に一富士・ニ鷹・三茄子がそろい、人気の撮影スポットに。おとぎの国に迷いこんだようなファンタジーエレガンスワールド。

    ◎過去の様子はこちら⇒取材ママレポート

    御殿場イルミ

    とよはしキラキラ☆イルミネーション(豊橋市)

    【点灯期間】2017年11月19日(日)~2018年2月14日(水)
    【点灯時間】17:00~24:00
    【場 所】豊橋駅東口ペデストリアンデッキ
         イルミネーションフェスティバル商店街エリア(駅前大通り・広小路通り他)
         ココラフロント・ココラアベニュー
    【駐車場】なし(周辺の有料駐車場を利用)
    【問い合わせ】とよはしキラキラ☆イルミネーション実行委員会(豊橋市まちなか活性課内)
           TEL.0532-55-8101
    【URL】https://www.1484machinaka.jp/event_info/2017/08/01/5790/
    キャッチフレーズは「冬空のヒカリ散歩」。日本初のイルミネーションマッピングや、スタイリッシュなストリートイルミ、ココラアベニュー、ココラフロントのスターブリッジ、光のオブジェ前のフォトスポットなど見どころ満載!11月19日(日)17:30~は点灯式・オープニングセレモニーが行われる。

    ◎過去の様子はこちら⇒取材ママレポート

    とよはしキラキラ☆イルミネーション

    名駅通り(名古屋市)

    【点灯期間】2017年11月8日(水)~2018年1月8日(月)
    【点灯時間】17:00~22:30
    【場 所】名古屋駅前地区周辺
    【駐車場】なし(周辺の有料駐車場を利用)
    【問い合わせ】名古屋駅地区振興会 TEL.052-585-2861
    名駅通り、笹島交差点から駅前ロータリーまでの街路樹に1万球のイルミネーションが点灯。冬の名古屋の街をきらびやかに彩る。

    ◎過去の様子はこちら⇒取材ママレポート

    名駅イルミ

    刈谷ハイウェイオアシスイルミネーション

    【点灯期間】2017年11月3日(金)~2018年1月21日(日) 
    【点灯時間】日没~22:00 ※11月3日は17:00より点灯予定
    【場 所】愛知県刈谷市東境町吉野55番地
    【駐車場】あり(パーキングエリア側約600台、一般道側約1000台)
    【問い合わせ】刈谷ハイウェイオアシス TEL.0566-35-0211(受付時間9:00~22:00)
    【URL】http://www.kariya-oasis.com/index.php
    来場者数1億人達成を記念した2017年のイルミネーションは“感謝”の2文字をコンセプトに冬の夜空を美しく彩る。通路を彩る光のトンネル、光のモニュメントも設置され、立体的なイルミネーションが楽しめる。撮影スポットのラブベンチもゴージャスにボリュームアップ。ロマンチックなクリスマスのひとときを過ごすことができる。

    ◎過去の様子はこちら⇒取材ママレポート

    刈谷イルミ

    なばなの里 イルミネーション2017~2018(桑名市)

    【点灯期間】2017年10月14日(土)~2018年5月6日(日)      
    【点灯時間】土休日 及び、特定日(12/25、12/28、12/29、1/2~1/4、3/1~5/6)、 (※12/31、1/1は除く)、平日及び年末年始は9時~21時(詳細はHPにて)
    【場 所】三重県桑名市長島町駒江漆畑270
    【入場料】小学生以上 2,300円(小学生未満無料)
     ※食事や買い物に利用できる1,000円券付
    【駐車場】無料(3,000台)
    【問い合わせ】なばなの里 TEL.0594-41-0787(代表)
    【URL】http://www.nagashima-onsen.co.jp/nabana/index.html/
    壮大なスケールと圧倒的なクオリティで知られる国内最大級のイルミネーション。水上イルミネーション、光のトンネル、ツインツリー、光の雲海と並んで毎年注目の今年のテーマエリアは「くまもとだモン」。阿蘇や天草、熊本城など美しい熊本をイルミネーションで表現。

    ◎過去の様子はこちら⇒取材ママレポート

    なばなイルミ

    神戸ルミナリエ(神戸市)

    【点灯期間】2017年12月8日(金)~2017年12月17日(日)     
    【点灯時間】月~木曜日18:00頃~21:30、金曜日18:00頃~22:00、土曜日17:00頃~22:00、日曜日17:00頃~21:30
    【場 所】神戸市中央区 旧外国人居留地・東遊園地(JR・阪神元町下車すぐ)
    【入場料】無料
    【駐車場】なし
    【問い合わせ】神戸ルミナリエ組織委員会 TEL.078-303-0038
    【URL】http://www.kobe-luminarie.jp/
    1995年1月17日阪神・淡路大震災の記憶を次の世代に語り継ぐ、神戸の街と市民の夢と希望の象徴する行事として今年で23回目の開催を迎える神戸ルミナリエ。「ガレリア」と呼ばれる回廊や、「スパリエーラ」と呼ばれる壁掛けなど、木製の美しい彫刻を幻想的なイルミネーションで彩る。

    ◎過去の様子はこちら⇒取材ママレポート

    ルミナリエ

    大阪ステーションシティ トワイライトファンタジー(大阪府)

    【点灯期間】2017年11月1日(水)~2018年2月14日(水)
    【点灯時間】17:00~23:00
    【場 所】5階 時空の広場
    【入場料】無料
    【駐車場】(駅周辺有料駐車場を利用)
    【URL】http://osakastationcity.com/twf/
    JR大阪駅が輝き溢れる空間に。今年のイルミネーションテーマは「光輝く時空の祝宴」。時空の広場にきらめく祝宴会場が広がる。大阪駅が華やかなシャンパンゴールドに包まれる。

    ◎過去の様子はこちら⇒取材ママレポート

    大阪イルミ


    *写真は過去の「子連れでおでかけ」ブログのものです。

    イルミネーション特集
  • イルミネーション特集2017-2018@浜松市内

    2017年11月2日

    吐く息も白くなり、澄んだ空気がうつくしい冬が訪れようとしています。年末に向かって、夜の景色が次第に華やいでいくこの季節。きらめくイルミネーションに子どもたちはもちろん、大人も心が躍りますね。今年も浜松市内の人気のスポットを紹介します。様々な趣向を凝らしたイルミネーションを、ぜひご家族でお楽しみください。

    はままつフラワーパーク フラワーイルミネーション2017

    【点灯期間】2017年11月25日(土)~2018年1月14日(日)*12月29日(金)~31日(日)は除く
    【点灯時間】17:00~21:00(入園は20:30まで)
    【入園料】大人(高校生以上)500円(園内で利用できる500円分のお買い物券付き)、小中学生無料
    【場所】浜松市西区舘山寺町195
    【駐車場】200円/1回(537台)
    【問い合わせ】はままつフラワーパーク TEL.053-487-0511
    【URL】http://www.e-flowerpark.com/
    本格的なモミの木のクリスマスツリーやポインセチアのツリー、大噴水ショーのライトアップなどフラワーパークならではの花と光が調和するファンタジーワールド。

    イベントカレンダーで詳細を見る

    ◎昨年の様子はこちら⇒取材ママレポート

    フラワーパーク

    ★イルミネーション撮影教室
    2017年11月26日(日)  17:00~19:00
    イルミネーションを題材に、一眼レフカメラのズーム機能を使った夜間撮影の手法を学びます。イルミネーション撮影のほか、花火の撮り方について少し変わった技術で撮影する方法などもお教えします! ※受講にあたっては、一眼レフカメラ、ズーム機能付レンズ、三脚、レリーズ、懐中電灯が必要です。

    イベントカレンダーで詳細を見る

    ★フラワーイルミネーション ナイトコンサート2017
    12月2日(土) ~ 12月3日(日)、12月9日(土) ~ 12月10日(日)
    12月16日(土) ~ 12月17日(日)、12月23日(土) ~ 12月24日(日)
    18:00~、19:00~ 各30分間
    うつくしい音色が大温室内に響き渡る。

    イベントカレンダーで詳細を見る

    はままつフルーツパーク時之栖 ウィンターイルミネーション2017~2018

    【点灯期間】2017年11月11日(土) ~ 2018年1月14日(日)
    【点灯時間】17:00~21:00
    【場所】浜松市北区都田町4263-1 フルーツパーク時之栖 西エリア
    【入園料】大人700円、小・中学生350円、未就学児無料
    【駐車場】無料(800台)
    【問い合わせ】はままつルーツパーク時之栖 TEL.053-428-5211(代表)
    【URL】http://www.tokinosumika.com/hamamatsufp/
    広大なフルーツパークで見られる豪華なイルミネーション。総全長150mの光のトンネルや高さ15mのイルミネーションツリー、噴水とイルミネーションがコラボした日本最大級の噴水ショーなど、さまざまな仕掛けのイルミネーションが盛りだくさん。楽しい写真撮影スポットも。

    イベントカレンダーで詳細を見る

    ◎過去の様子はこちら⇒取材ママレポート

    ときのすみか

    はままつ地ビールレストラン マインシュロス

    【点灯期間】2017年11月4日(土)~2018年2月25日(日)
    【点灯時間】17:00~22:30
    【場所】浜松市中区中央3-8-1 マインシュロス中庭
    【駐車場】レストラン利用者専用駐車場あり
    【問い合わせ】はままつ地ビールレストランマインシュロス TEL.053-428-5211(代表)
    【URL】http://www.hamamatsu-soko.co.jp/ms/
    ドイツ風の城壁に囲まれた中庭とヨーロピアンガーデンの2か所を、毎年テーマごとにうつくしい青色LEDのイルミネーションが彩る。

    ◎過去の様子はこちら⇒取材ママレポート

    マインシュロス

    なゆた浜北周辺

    【点灯期間】2017年11月11日(土)~2018年1月14日(日)
    【点灯時間】17:00~22:00 ※時期により点灯開始時間の変更あり
    【場所】浜松市浜北区貴布祢3000
    【入場料】無料
    【駐車場】最初の2時間無料、以降30分ごとに100円(149台)
    【問い合わせ】(株)なゆた浜北 TEL.053-585-0611
    【URL】http://www3.tokai.or.jp/nayuta/
    遠州鉄道浜北駅前再開発ビル「なゆた浜北」が約4万5千球のイルミネーションで彩られる。駅前広場にある高さ7mのヒマラヤ杉や市民プラザなどがうつくしい緑色のLEDに包まれる。

    ★まちなかコンサート&イルミネーション点灯式
    11月11日(土)15:15~(イルミネーションの点灯式は17:00頃から。雨天中止)
    市内の中・高校生吹奏楽部と浜松ブラスバンドによるコンサートあり。
    出演:浜北西高校、光が丘中学校&清竜中学校など3団体出演予定

    イベントカレンダーで詳細を見る

    ◎過去の様子はこちら⇒取材ママレポート

    なゆた浜北

    *写真は過去の「子連れでおでかけ」ブログのものです。

    イルミネーション特集
  • 浜松市博物館

    2017年11月1日

    秋の休日、あいにくの雨模様でしたが家族で浜松市博物館へ出かけてきました。博物館に子どもと一緒に行くのは初めてで2歳の娘が楽しめるかどうか分かりませんでしたが、小さな子でも十分楽しめるスポットでした。館内は浜松の歴史が時代ごとに紹介されており、発掘品や古民具を観察しながら学び、楽しむことができます。

    博物館展示

    それらの中で娘の興味を引いたものはナウマンゾウの全身骨格と徳川家康の立体しかみ像。特にゾウは見た瞬間「ゾウさん、ゾウさんっ!」と反応したので、骨だけでもゾウと分かることに私がびっくりしました。どちらも大人が見ても見応え十分で一見の価値ありです。

    ナウマンゾウ

    しかみ像
     
    この日はちょうど市民コレクター展として「わたしのこけし」が開催中で、会場には地域ごとに分類されたこけしがずらりと展示されていました。

    こけし展

    同じように見えるこけしでも、よく見ると職人の筆使いの差で表情や模様が千差万別で、それがこけしの個性になっていて時間が経つのも忘れてじっと見入ってしまいました。雨の日や寒い日は博物館でゆっくり楽しんでみてはいかがでしょうか。

    ■市民コレクター展「わたしのこけし」
    【開催期間】9月16日(土)~11月5日(日)

    文/よこた

    浜松市博物館

    住所 浜松市中区蜆塚四丁目22-1
    電話 053-456-2208
    開館時間 9:00~17:00
    休館日 月曜日(休日の場合は開館)・祝日の翌日 年末年始(12月29日~1月3日)
    入場料 常設展:大人300円、高校生150円、小中学生無料
    子連れに便利な設備 授乳スペース有 オムツ替えシート有
    駐車場 有(45台)
    アクセス方法 JR浜松駅北口バスターミナル2番「蜆塚・佐鳴台」方面行に乗車約15分、「博物館」下車徒歩1分
    URL https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/hamahaku/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    美術館・博物館・科学館
  • こども館体験記「お父さんと遊ぼう」

    2017年10月30日

    浜松こども館 取材ママ体験記

    こども館で開催されたイベントに3歳と6歳の娘を連れて参加しました。タイトルは「お父さんと遊ぼう」ですが、「お母さん」も参加できます。

    講師は遊びを通した運動指導で定評のある「きのいい羊達」の「スッパマン先生」と、大学生の「お兄さん先生」です。会場内にはさまざまな遊具や運動用具を並べて、すべり台やトンネルなど楽しく一周できるようなコースが作られており、娘たちは楽しそうに駆け回っていました。

    コース全体図

    スタートのすべり台

    特に子どもたちに人気があったのは、フワフワマットゾーン。先生が待機していて、高いところからフワフワマットに投げてもらうという、普段なかなかできない大胆な遊びができました。最初こわがっていた3歳の娘も、勇気を出して高いところからジャンプ! 終わった後は恐怖を乗り越えた達成感で大興奮でした。

    高く投げてもらう

    高くいところから転がる

    30分ほどコース遊びを楽しんだ後は、ボール拾いゲームをしました。先生がカゴいっぱいのボールを投げ、10秒以内に子どもたちが拾ってカゴに戻せば子どもチームの勝ち、というルールです。真剣勝負の結果、先生が2回、子どもが1回勝ちました。勝ったときの子どもたちはとてもうれしそうで、「ヤッター」という声が出るなど、心から楽しんでいるのが伝わってきました。

    ボールあそび

    次はオニごっこ。最初はオニが一人ですが、だんだんオニが増えていき最後はお父さんお母さんもオニになります。ただし、オニはスローモションで動くというちょっとおかしなオニごっこです。子どもたちは、オニから必死で逃げる中で「周りを見て人とぶつからずに走る」という技術を習得するそうです。

    スーパーの袋2枚を使った遊びでは、袋2枚の持ち手部分をつなぎ1枚を床に広げて子どもが乗り、もう1枚を大人が引っぱれば「ビニール袋サーフィン」ができます。次は、袋を2枚重ねてその中に子どもが入る「ポケットコースター」! 3歳の娘はすっぽり袋に入り先生に振り回してもらい大喜びでしたが、まさか6歳の娘まで入れるとは驚きでした。

    すっぽり入りました

    「スッパマン先生」の話術がすばらしく、子どもたちを引きつけて離さないので、ホール内はずっと子どもの笑い声に包まれていました。遊びながら「この動きが逆上がりにつながります」「こうすると早く走るコツがつかめます」など、今の動きがどう運動につながっていくのか常に意識して教えてくれたので、家でも娘たちとさっそく実践してみました。

    子どもバケツリレー

    親子の運動だけではなく、先生対子どもたちなど勝敗があるゲームもあり、子どもたちに「負けたから悔しい、次は勝ちたい!」という気持ちを持たせてくれたのもよかったです。家族ですっかり「スッパマン先生」の大ファンになりました。娘たちも「めっちゃ楽しかった~! 次も絶対に参加したい」と声をそろえて言っていました。

    文/奈良人

    浜松こども館

    この記事は浜松こども館からの依頼によって、ぴっぴの取材ママがレポートしたものです。

    こども館・児童館
  • 田町梅月で和菓子講座

    2017年10月28日

    ママ友おすすめの和菓子講座へ5歳の息子とお友達を誘って出かけてきました。 老舗和菓子屋の店内で気軽に受講できるとあって、偶数月に行われるこの講座は毎回大人気。

    少し早めにお店に着くと、すでに講座の準備が整っていました。講師は社長の富田さん。「おっちゃんと呼んでね!」と、とても気さくな先生に子どもたちの緊張もすぐにほぐれたよう。

    和菓子講座1

    この日の講座は、園児3名と小学生4名、そのお母さん1名で合計8名の参加者です。最初に和菓子についてのお話があり、小豆や砂糖の興味深い内容にママたちは興味津々。もっと話を聞いていたい気持ちをぐっとおさえて、さぁ和菓子作りのスタートです。

    今回はハロウィンシーズンに合わせて、「ジャック・オー・ランタン」の練り切りを2つ作りました。あらかじめ材料は小分けにされているので、かぼちゃ色のあん玉でこしあんを包みながら成形していく作業を教えてもらいます。“おっちゃん”の丁寧な指導のおかげで、息子たちも楽しみながら体験できました。

    和菓子講座3

    最後にできあがった練り切りを和菓子ケースに納めると、売り物のような仕上がりで息子も私も大満足です。

    和菓子講座2

    この講座のおすすめの点は、年齢が少し離れている兄弟や親子でも一緒に参加できるところです。粘土遊びの延長のような作業は、園児でも大人でも性別問わず楽しめます。

    和菓子講座4

    作成する練り切りは季節に合った内容で毎回変わるので、何回でも受講できそうですね。
     
    ■和菓子講座~知ると楽しい和菓子の世界~上生菓子作り体験
    【日時】 2017年10月14、15日 14:00~15:30  
    【会場】 田町梅月篠原本店店内   
    【定員】 5組(10名程度)
    【参加費】 540円
    【持ち物】 ハンドタオル
    【申込み】 053‐447‐0181(要予約)

    文/みきこ

    田町梅月 篠原本店

    住所 浜松市西区坪井町4095-1
    電話 053‐447‐8866
    営業時間 9:00~18:30
    定休日 年中無休
    子連れに便利な設備 トイレ(洋式)有
    駐車場 有(無料)
    URL http://baigetsu.hamazo.tv/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    お店
  • 中瀬南部緑地で自転車練習

    2017年10月26日

    足けりバイクや、補助輪付きの自転車で練習をしている年長の娘ですが、補助輪なし自転車の練習のため、パパがお休みの日に中瀬南部緑地に家族で行ってきました。

    自転車練習
     
    さっそく練習開始。3つのウォーキングコースやローラーブレードコースがあり、そこで自転車練習をすることができます。娘はこぐ力が弱いため、なだらかな長い坂を使ってバランスをとる練習から始めました。

    ウォーキングコース

    コースの様子
     
    根気強く練習をして、なんとかバランスを取り、数回こげるようになったのですが、まだパパが近くにいないとこわいようです。こぎ出しの力も弱く、坂を使わないと進めない感じではありますが、「自転車乗れるかも!」と思えるようになってきました。

    もう少し!
     
    自転車練習の合間に複合遊具や砂場で遊びました。この公園では砂場セットやボール・おもちゃのバットなどを貸し出しています。手ぶらで行っても道具を使った遊びができるので、助かっています。

    貸出用具
     
    娘が自転車に乗れるようになるまであと少し! この冬は中瀬南部緑地に通おうと思っています。

    文/ジュン

    中瀬南部緑地

    住所 浜松市浜北区中瀬4486-1
    電話 053-588-6151
    休園日 年末年始(12月29日~1月3日)、中瀬南部緑地会館は月曜日(休日の場合はその翌日)
    子連れに便利な設備 多目的トイレ有、砂場セット・ボール・おもちゃのバットなど貸し出し有、職員に問い合われば授乳、オムツ替え可
    駐車場
    URL http://www.nem-shiteikanri.jp/shisetsu/misono_nakaze/index.html

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    公園
  • 中瀬南部緑地でどんぐり拾い

    2017年10月22日

    中瀬南部緑地はわが家から車で10分ほどの距離にあり、よく遊びに来る公園のひとつです。

    遊具

    今回はどんぐり拾いを楽しんできました。複合遊具のすぐ近くの林にはたくさんのどんぐりが落ちていました。子どもたち(7歳、5歳、3歳)と夢中になって拾っていると、中瀬南部緑地会館の職員さんが「あっちのほうがたくさん拾えるよ」と、ローラーブレードコースの先のほうを教えてくれました。

    どんぐり拾い
     
    行ってみてびっくり! 公園の奥のほうには、さらにたくさんのどんぐりが落ちていました。3歳の次男はご機嫌で「どん、どん、どんぐり♪」と即興でどんぐりの歌を作って歌っていました。

    どんぐり拾い2

    どんぐりいっぱい

    ここでは大小さまざまな大きさのどんぐりを拾うことができます。どんぐりが落ちているポイントがいくつかあるので、園内をよく見て回るのがおすすめです。季節によりますが、林の中には蚊やハチがいることがあるので対策を万全にし、子どもから目を離さないようにしましょう。

    たくさん拾った

    モミジの葉っぱ
     
    紅葉前のモミジの葉っぱも落ちていました。公園にはモミジの木もあるので、これからの季節は紅葉も楽しめそうです。

    文/ジュン

    中瀬南部緑地

    住所 浜松市浜北区中瀬4486-1
    電話 053-588-6151
    休園日 年末年始(12月29日~1月3日)、中瀬南部緑地会館は月曜日(休日の場合はその翌日)
    子連れに便利な設備 多目的トイレ有、砂場セット・ボール・おもちゃのバットなど貸し出し有、職員に問い合われば授乳、オムツ替え可
    駐車場
    URL http://www.nem-shiteikanri.jp/shisetsu/misono_nakaze/index.html

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    公園
  • おもちゃ病院浜松とんかち

    2017年10月21日

    毎月第2日曜日に浜松市東区の東海冷熱工業内の部屋で壊れたおもちゃの修理を行ってくれる「おもちゃ病院浜松とんかち」が開院されます。

    おもちゃ

    おもちゃ修理の達人がボランティアで集まり、おまけでもらった小さなおもちゃから、電動乗用タイプの大きなおもちゃまで無料で修理をしてくれます。ただし、エアガンなどの危険なおもちゃ、アンティークなどの高額なおもちゃなどの修理は受け付けていないとのことです。修理できるおもちゃの詳細はHPに書いてあります。

    入口

    修理1

    今回私は壊れたおもちゃの部品、おもちゃの入っていた箱や説明書と一緒に壊れたおもちゃ4点を持って行きました。エプロンをしたスタッフの方に壊れた箇所の説明をし、診察券が発行されます。これで入院手続き完了です。

    修理2

    修理を依頼したおもちゃは、おもちゃ病院に入院し、次回のおもちゃ病院の開院日に取りに行きます。動かなかったおもちゃが元どおりになって喜ぶ息子の顔を想像すると、楽しみで仕方がありません。

    自宅に壊れたおもちゃがある方は、おもちゃ病院で治療してもらってはいかがでしょうか。

    文/なお

    おもちゃ病院浜松とんかち

    住所 浜松市東区篠ヶ瀬町1369 東海冷熱工業株式会社3階研修室
    電話 053-465-5355
    利用時間 10:00~15:00
    開催日 毎月第2日曜日
    料金 無料 *ただし特殊な部品や材料が修理に必要な場合は費用(実費)が発生する場合有
    駐車場
    URL http://www2.tokai.or.jp/fish-cat-dog/omochahome.html

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     


     

    その他の施設
  • ヤマハピアノ工場見学

    2017年10月19日

    ピアノって鍵盤を押すとキレイな音が出るけど、どういう仕組みなのかしら? このヒミツを知りたくて家族4人でヤマハ株式会社のグランドピアノ工場を見学しました。

    ハーモニープラザ

    受付は工場に併設されているハーモニープラザです。見学の開始時刻より少し早めに到着したので、ショールームに展示されている楽器を見て待つことに。中には演奏OKのものもあるので、小学1年生の娘はさっそくピアノを触りはじめました。

    ショールーム

    子どもって楽器好きですよね。小学5年生の息子は「なりきり! ピアノ工場の職人さん」というコーナーで、工場で使われている道具を手に取ったり、作業着に袖を通したりしていました。

    ピアノの職人さん

    そしてこのショールームにピアノの構造がわかるものがありました! 鍵盤を押すとハンマーという部品が弦を叩く…なるほど、こうして音が出ているのかと感心しました。

    音が出る仕組み

    そうしているうちに見学時刻となり、まずは見学者ホールでピアノ製造に関するビデオを視聴。その後、ガイドさんの話を聞くためのイヤホンが配布されましたが、子どもにはちょっと大きすぎるため、手で押さえながら利用しました。

    見学ツアーではピアノの材料である木材の説明を聞き、羊の毛でできたハンマーの実物を触らせてもらいました。音の高さによって、ハンマーの大きさが違うことを初めて知りました!

    工場内に入ると各工程ごとに職人さんたちがいて、熟練の作業員さんがフレームや鍵盤などを次々と取り付けていました。部品の動きを調整する「整調」やピアノを慣らすために一定期間保管する「シーズニング」の期間を経て、最後はピアノの音を左右する「整音」です。3本の針がついたピッカーという道具をハンマーに刺して音を整えていきます。この作業は修正がきかないため、見学している私たちも緊張してしまいました。約90分の見学で、お土産にハンマーで作ったキーホルダーをもらいました。

    お土産

    参加したのは夏休みだったため親子の見学者が多かったです。みなさんも音楽の街・浜松の原点ともいえるピアノ工場をのぞいてみませんか。

    ■ヤマハ株式会社 ピアノ工場見学
    【住所】 掛川市領家1480
    【実施日時 】原則月~金曜日(祝日、年末年始、GW、夏季休暇などをのぞく)
            ※詳しくはHPの開館カレンダー参照
            午前の部:10:00~11:30、午後の部:13:30~15:00 
    【定員】 1回の実施につき1~20名。申し込み順で定員になり次第受付終了
    【参加費】 無料
    【申込方法】 希望日の2か月前同日より電話にて予約可能(同日が休業日の場合は翌営業日)、HPの注意事項を参照
    【電話】 0537-24-8069(ヤマハ株式会社掛川工場ハーモニープラザ)
    【受付時間】 平日9:30~17:00(年末年始、GW、夏季休暇などをのぞく)
    【駐車場】 有
    【アクセス方法】 車:東名高速道路 袋井ICより約20分/電車:JR東海道線 掛川駅下車、タクシーにて約15分
    【URL】 https://www.yamaha.com/ja/about/locations/piano_factory_tour/

    文/こにゃんこ

    その他の施設
  • 国会議事堂(参議院)見学

    2017年10月16日

    国会では衆議院が解散し、選挙について連日報道されていますね。政治の話なんて子どもにはまだ難しいかなと思いきや、小学5年生の息子と少しずつ話ができる今日このごろ。どうやら夏休みに国会議事堂を見学したことで興味を持ったようです。

    パンフレット

    わが家が見学した参議院は平日なら誰でも見学することができ、9名までであれば事前申し込みも不要です。ただ、見学の手続きや手荷物検査があるため参観希望の時間より早めに受付する必要があります。

    受付後は参観ロビーに案内されます。ここには参議院についての展示があり、本会議場のイスもあります。子どもたちは議員になったつもりで座り心地を確かめたり、投票に使うボタンを押したりしていました。見学の途中でトイレに行くことはできないので、ここですませておきましょう。

    参観ロビー

    国会議事堂の建物はとても重厚感があり、廊下には赤いカーペットが敷かれています。小学1年生の娘はキョロキョロしながら階段を上がり、2階の本会議場に入ると「わ~、すごい!」と歓声をあげていました。

    私たちは3階の傍聴席から本会議場を眺めました。現在の参議院の定数は242人ですが、昔からの議場を使用しているため議席は460席あります。衆議院と違うのは、天皇陛下が開会式でお座りになる御席があること。これらは、参議院が貴族院だったころの名残りだそうです。続いて天皇陛下専用の部屋「御休所(ごきゅうしょ)」を見学しましたが、最高級の材料と優れた技術で作られた天井や扉の装飾がとても見事でした。

    次に中央広間を見学しました。壁には四季が描かれていて、議会政治の基礎を作った3人、板垣退助・大隈重信・伊藤博文の銅像があります。ここには4つ目の台座があり、“政治に完成はない”という意味から、わざと空けてあるという説があります。

    外へ出て、都道府県の木が植えられている前庭を散策。静岡県の木、キンモクセイもありました。最後に国会議事堂をバックに記念撮影。これで約1時間の見学は終了です。

    国会議事堂

    国会議事堂を見学したとはいえ、息子からは「解散って衆議院がつぶれて参議院だけになっちゃうの?」と子どもらしい質問も。子どもがニュースなどの影響で政治の話題に興味を持ったら、親子で国会議事堂見学というのもいいかもしれませんね。

    ■国会議事堂(参議院)見学
    【住所】 東京都千代田区永田町1-7-1
    【実施日時】  月~金曜日(土・日・休日、年末年始は休み)、9:00~16:00までの毎正時
                      ※各回とも毎時40分から手荷物検査を開始し55分までに終了すること
    【受付場所】 参議院参観受付窓口(参議院西通用門横)
    【参加費】 無料
    【駐車場】 なし
    【アクセス方法】 地下鉄:永田町駅出口1より徒歩約3分、国会議事堂前駅出口1より徒歩約6分
    【問い合わせ先】 参議院警務部参観係 03-5521-7445
    【URL】 http://www.sangiin.go.jp/

    文/こにゃんこ

    観光・ちょっと遠出
  • 2017紅葉と秋祭り<2>◎県西部(浜松市外)・愛知・南信

    2017年10月13日

    気持ちのよい秋晴れが広がり、いよいよ秋の行楽シーズンの到来です! 紅葉特集第2弾は、浜松市内以外の静岡県西・中部、愛知県奥三河周辺、長野県南信周辺の日帰りで楽しむ紅葉エリアと、紅葉シーズンにちなんだイベント情報をお届けします。
    少し足をのばして旅行気分で紅葉狩りを楽しんでみてはいかがでしょう? 大自然に映えるダイナミックな紅葉にきっと感動することでしょう。

    ※見頃の時期については目安です。気象条件などにより前後します。

    山々の紅葉

    静岡県西部                 

    小国神社

    森町一宮 見頃:11月中旬~12月上旬
    毎年人気の高い静岡県西部を代表する美しい紅葉スポット。艶やかな紅葉、神社境内を流れる宮川やことまち横丁は風情たっぷり。
    東名袋井ICから県道61号~県道40号で森方向へ20分。
    問合せ:小国神社 0538-89-7302

    大洞院

    森町橘249 見頃:11月中旬~12月上旬
    秋が深まるにつれ、境内一面に広がる紅葉が美しい。小國神社とともに森町の紅葉の名所であり、森の石松の墓があることで有名。
    東名袋井ICから県道61号~県道40号で森方向へ20分
    問合せ:大洞院  0538-85-2009

    大洞院紅葉まつり

    ・11/23(木・祝)大洞院
    紅葉の見頃に合わせて行われる紅葉まつり。普段は静寂な境内を銀杏や紅葉が色鮮やかに彩る。
    問い合わせ:大洞院 0538-85-2009

    森のまつり

    ・11/3(金)~5(日) 三島神社ほか森町市街地
    各町から出る舞子による可愛らしい舞楽と激しい「けんか祭り」で有名。漆塗りの屋台が多く、華麗な屋台引き回しを見ることができる。
    問い合わせ:森町観光協会 森のまつり祭典本部 0538-85-6319

    油山寺

    袋井市村松 見頃:11月下旬~12月上旬
    目の健康などを祈願する霊山として有名。山門をくぐると、約1000本の楓の紅葉が迎えてくれる。
    東名袋井ICからR1経由松村方向へ10分
    問合せ:油山寺 0538-42-3633

    法多山尊永寺

    袋井市豊沢 見頃:11月下旬~12月上旬
    広い境内で絵巻のように歴史を感じる紅葉が楽しめる。
    東名袋井ICから南へ県道251号を15分
    問合せ:法多山尊永寺 0538-43-3601
    URL:http://www.hattasan.or.jp/

    第8回 全国だんごまつり

    ・11/3(金・祝) 9:30~15:30 袋井市 法多山尊永寺
    厄除けだんごで有名な法多山に全国の名物だんごが大集合。だんごにまつわるワークショップもある秋の大人気イベント!

    法多山もみじまつり

    ・11/25(土)~26(日) 10:00~15:00 袋井市 法多山尊永寺
    お寺で和カフェを楽しむ「ごりやくカフェ」や、美味しいもの、素敵なものがたくさんの「ほっこりマーケット」など、深まる秋を色づく紅葉とともにさらに楽しむ。

    静岡県中部             

    寸又峡

    川根本町 見頃:11月上旬~末
    大井川支流の渓谷で、神秘的な深い緑が美しい湖面と色鮮やかな紅葉とのコントラストが見事。高さ8mの「夢の吊り橋」から見る秋の景色は圧巻。
    東名牧之原ICからR473-R362千頭経由~県道77号120分。
    問合せ:川根本町まちづくり観光協会 0547-59-2746

    大井川鉄道井川線沿線(接阻峡温泉渓谷、レインボーブリッジ)

    川根本町 見頃:11月上旬~中旬
    南アルプスエコパークに認定された豊かな自然の紅葉と接阻峡温泉の渓谷美の中を、日本唯一のアプト式電車南アルプスあぷと号が走る。今年3月に復旧工事が完了し、全線開通。
    問合せ:大井川鉄道南アルプスアプトセンター 0547-59-2137

    井川湖

    静岡市井川 見頃:11月上旬~中旬
    周囲約10kmにわたる湖。南アルプスを背景に湖面に紅葉が映る大パノラマの中、井川湖にかかる吊り橋や渡船して井川湖からなど、様々なスポットから紅葉を楽しむのがおすすめ。
    東名静岡ICから県道27号~県道189号~主要地方道60号で井川ダムへ150分
    問合せ: 静岡市井川観光協会 054-260-2211

    梅ヶ島温泉

    静岡市葵区梅ヶ島 見頃:11月中旬
    安倍川上流の山間で美肌効果が高いと言われる温泉地。近くには趣の異なる滝が数多くあり、温泉街と滝を囲む山々の紅葉は情緒たっぷり。崩落により不通となっていた安倍の大滝遊歩道第3橋が今年4月に開通。
    東名高速静岡ICから約1時間30分、新東名高速新静岡ICから約50分
    問合せ:静岡市観光交流課 054-221-1310

    愛知県奥三河周辺

    香嵐渓

    足助町 見頃:11月中~12月初旬
    東海随一と言われる紅葉スポット。約4000本ものもみじが艶やかに紅葉する姿は圧巻。香積寺の山門や、吊り橋など、各スポットを囲む紅葉が美しい。
    浜松西ICからR257~R420
    問合せ:足助町観光協会 0565-62-1272

    香嵐渓もみじまつり

    ・11/1(水)~11/30(木) 足助 香嵐渓広場
    期間中の1か月は常時開放、夜9時までライトアップされる。土日には、お茶会や和太鼓などさまざまなイベントも開催。
    URL:http://asuke.info/event/nov/entry-705.html

    茶臼山

    豊根村大字坂宇場字御所平 見頃:10月中旬~下旬
    愛知県で一番標高が高く、最も早く紅葉すると言われる茶臼山。モミジやカエデ、ブナやナナカマドなど特に北斜面の紅葉が見事。中心部にはレストラン、売店などがあり、安心して紅葉を楽しめる。

    ◎日没後ライトアップ
    10/7日(土)~11/5日(日)
    松西ICからR257~茶臼山高原道路
    問合せ:茶臼山高原協会 0536-87-2345

    大入渓谷

    東栄町東部、豊根村大字古真立 見頃:11月上旬~下旬
    飯田線中部天竜駅近くから新豊根ダムに至る大入川沿いにある渓谷。鋭く高い岸壁と紅葉美穴場と言える山深い紅葉の名所。
    浜松西ICからR257~R151東栄町本郷経由~R473佐久間方向へ、県境手前左折。
    問合せ:東栄町役場 0536-62-0501

    段戸裏谷原生林きららの森

    設楽町田峯字裏谷 見頃:10月下旬~11月中旬
    愛知県最大級のブナの原生林。樹齢200年の木々が色づく秋には、紅葉はもちろん木の実を拾う楽しみも。原生林ならではのかわいらしい動物にも出会えるかも。
    浜松西ICからR257稲武方向・田口~県道33を足助方向へ
    問合せ:設楽町観光協会 0536-62-1000

    鳳来寺山

    鳳来寺町門谷 見頃:11月中旬~下旬
    常緑針葉樹と落葉樹が山肌を覆う鳳来寺山。国指定天然記念物の山全体が見せる紅葉は、色づく様子が見事。
    浜松西ICからR257~R151~県道32号~鳳来寺山パークウェイ
    問合せ:新城市観光協会0536-32-0022

    鳳来寺山もみじまつり

    ・11/1(水)~11/30(木) 鳳来寺山 周辺地域
    毎年11月に開催される紅葉を楽しむイベント。
    URL:http://shinshirokankou.com/event/momiji.html

    くらがり渓谷

    額田町大字石原字牧原日影3-1 見頃:11月中旬~12月上旬
    楓やクヌギが渓谷を染める。渓谷沿いに山頂までハイキングコースも人気。バンガロー村、テント村、コテージ、ログハウス、デイキャンプもできるバーベキュー場など充実の施設も人気。
    東名三ヶ日 ICよりR362~R301~(本宮山スカイライン)~県道37号
    問合せ:くらがり渓谷キャンプセンター 0564-83-2057

    長野県南信州周辺

    天竜峡

    飯田市龍江、川路 見頃:11月上旬~中旬
    多くの文化人が愛した天竜峡の紅葉。天竜川下りをしながら船上より眺める景色は格別。
    浜松ICから県道45号~県道9号東栄町経由~R151
    問合せ:天竜峡温泉観光協会 0265-27-2946

    丸畑渓谷

    売木村長下 見頃:11月上旬~11/中旬
    長野県自然100選の丸畑渓谷。こまどりの湯手前を右折、阿南町へ通じる細い道沿いの売木川の渓谷。日本一美しいと言われる親子のポットホールがあり、水の少ないときには近くまで見に行くこともできる。
    浜松ICから県道45号~県道9号東栄町経由~R151新野~R418~県道46号を阿南方向へ
    問合せ:売木村役場 0260-28-2311

    やまなみ広場

    売木村平谷峠付近 見頃:11月上旬~11/中旬
    平谷村と売木村の境にある南アルプスを一望できる絶景スポット。標高1160mの広場から見下ろす紅葉はダイナミック。
    浜松ICから県道45号~県道9号東栄町経由~R151新野~R418を平谷村へ
    問合せ:売木村観光課 0260-28-2000

    しらびそ高原

    下栗の里上村しらびそ高原 見頃:10月下旬
    矢筈トンネルの出口下栗の里から、しらびそ高原への林道エコーライン16kmの沿線。
    しらびそ高原から下栗の里へ向かう道中からは南アルプスの絶景パノラマが楽しめる。陽射しによって変わる山肌の表情に大自然を感じることができる。
    浜松ICから県道45号~県道9号東栄町経由~R151新野~R418-R152-エコーライン
    問合せ:遠山郷観光協会 0260-34-1071

    お花見・紅葉情報
  • 2017紅葉と秋祭り<1>◎浜松市内◎

    2017年10月11日

    少しづつ街並みも色づき始め、お散歩が気持ちいい季節になりました。子どもたちと一緒に木の実や落ち葉などを拾って、おうちに秋を飾るのも楽しいですね。そこで今回は、浜松市内の秋を満喫できる紅葉スポットやイベントを紹介します。

    ※見頃の時期については目安です。気象条件などにより前後します。

    紅葉1

    身近で楽しむ紅葉

    浜松城公園

    浜松市中区元城町100-2 見頃:11月下旬~
    日本庭園に広がる紅葉と勇壮な浜松城が美しい秋のコントラストを見せる。広場もあり、子ども連れのピクニックにもおすすめ。
    問合せ:浜松城公園 053-457-0088

    浜北森林公園

    浜松市浜北区 見頃:11月下旬~12月上旬
    広大な自然公園内で見る紅葉は格別。ほどよく整備された散策コースではトレッキングも楽しめる。
    問合せ:バードピア浜北 053-583-0443

    みどり~な

    浜松市南区大塚町1876-1飯田公園内 見頃:10~11月
    ツリーハウスや広場もある人気の公園。500種15,000本の樹木と用途別に作られた31の見本園があり、植物園ならではの紅葉が楽しめる。
    問合せ:浜松市緑化推進センターみどり~な 053-426-4187

    落ち葉まつり

    ・11/23(木) 11:00~15:00
    落ち葉探し、クイズ大会、葉っぱと木の実のクラフトなど多数のイベントあり。

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    奥浜名湖エリア

    奥山半僧坊・方広寺

    浜松市北区引佐町奥山1577-1 見頃:11月下旬頃
    山の紅葉を背中に参道を歩きながら橋脚を眺めれば、日本の秋を情緒豊かに感じることができる。
    問合せ:方広寺 053-543-0003(9:00~16:00)

    龍潭寺

    浜松市北区引佐町井伊谷1989 見頃:11月中旬~12月上旬
    本年大河ドラマの主人公、井伊直虎が眠るお寺として有名。江戸時代初期に小堀遠州が手掛けた庭園は、色づく紅葉も見事。
    問合せ:龍潭寺 053-542-0480

    秋の寺宝展

    ・11/1(水)~12/10(日) 9:00~16:30
    URL: http://www.ryotanji.com/

    第28回いなさ人形劇まつり

    ・11/11(土)~11/12(日) 引佐健康文化センターほか
    29回の開催を迎える全国でも数少ない子ども中心とした人形劇まつり。プロ・アマチュアともに公演数も多く、大人も子どもも2日間たっぷりと人形劇の世界が楽しめる。
    URL: http://www.puppet-inasa.jp/

    天竜区・龍山エリア

    白倉峡(龍山)

    浜松市天竜区龍山町大嶺 見頃:11月中旬~下旬
    龍山町西川橋から白倉川沿いに上流7km。天竜川を北上し、たどり着く遠州の秘境。渓谷を流れる清流と美しく色づく紅葉が神秘的。
    天竜区観光協会 龍山支部 053-966-2111

    ほっとぴあたつやま産業祭

    ・11/12(日) 龍山協働センター
    龍山の特産品や美味しい秋の味覚とともに、さまざまな催しが楽しめる産業祭。龍山産の野菜や果物、お茶などの物産展のほか、おでんや手打ちそばなどが味わえる。甘酒やとろろ汁の無料タイムサービスもあり。

    ほっとぴあたつやま産業祭実行委員会 053-966-2111

    白倉峡もみじまつり

    11月中旬 龍山村 センターふれあい広場
    毎年白倉経の紅葉に合わせて行われる秋のお楽しみイベント。伝統芸能の「白倉まつり囃子」の披露や、地元の特産物や五平餅・串いもなどの販売、甘酒のサービスなどがある。

    天竜区・春野エリア

    明神峡

    浜松市天竜区春野町豊岡 見頃:10月下旬~11月下旬
    春野町勝坂より気田川上流の約5kmの渓谷。渓谷の流れと上流から下流にかけて広がる紅葉のグラデーションは圧巻。
    問合せ:天竜区観光協会 春野支部 053-989-0182

    はるの産業まつり

    ・11/18(土)19(日) 春野協働センター周辺
    物産展では春野の特産品であるお茶や自然薯、しいたけ等々はもちろん、今年は、三ケ日牛や三ヶ日みかんなど、他地域の特産品も並ぶ。今年の目玉は、家康くん、直虎ちゃん、しっぺいくん、3体のふわふわ遊具。紅葉真っ盛りの中、子どもから大人まで秋を満喫できるイベント。

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    天竜区・水窪エリア

    野鳥の森(スーパー林道)

    天竜区水窪町 見頃10月下旬~11月上旬
    天竜雲名から水窪ダムまで52.9km、標高1200m付近の燃えるように色づく紅葉を見ながらドライブできるスーパー林道。100種類以上の植物からなら原生林の紅葉は見ごたえ十分。ドライブ途中にある野鳥の森には展望台や休憩所があり、安心して紅葉を楽しむことができる。
    問合せ:天竜区観光協会 水窪支部 053-987-0432

    白倉峡(水窪)

    浜松市天竜区水窪町 見頃:11月上旬~下旬
    渓流白倉川沿い(龍山町の白倉川とは別の川・場所です)。水窪町北端部の白倉国有林を含む白倉川上流部。急な流れが特徴の白倉川と背景に見える山々の紅葉が大変美しい。

    水窪ダム

    浜松市天竜区水窪町 見頃:11月上旬~下旬
    ワカサギ・コイ・ヘラブナ釣りなどで知られるダム。ダムの深い緑と360度ぐるりと囲む木々の紅葉が美しい。

    みさくぼ夢街道

    ・11/5(日)9:30~15:00 水窪商店街通り
    塩や信仰の道である秋葉街道の宿場町として栄えた歴史をもとに、郷土芸能・伝統行事などを再現するイベント。商店街を歩行者天国にして街道ショー・味覚横町・体験広場・街道展など各種イベントが行われる。

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    峠の国盗り綱引き合戦

    ・10/22(日)10:30~12:30 兵越し(ひょうごし)峠
    天竜区水窪の「遠州軍」と飯田市南信濃の「信州軍」が、県境の兵越峠で静岡と長野の「国境」をかけて綱引き対決!

    天竜区・佐久間エリア

    佐久間ダム

    浜松市天竜区佐久間町 見頃:11月上旬~下旬
    天竜川をせき止めて造られた日本屈指の巨大なダムの湖面に紅葉が美しく映える。
    問合せ:天竜区観光協会 佐久間支部 053-965-1651

    竜頭山

    浜松市天竜区 見頃:11月上旬~中旬
    南アルプス深南部佐久間町と春野町の境にあり、眺望が素晴らしことから別名遠州富士とも呼ばれる「竜頭山」。山頂付近にはツガ・ケヤキ・ブナなどの原生林が茂り、紅葉が美しい。
    問合せ:天竜区観光協会 佐久間支部 053-965-1651

    佐久間ダム竜神まつり

    ・10/29(日)10:00~15:00 佐久間ダム
    ダムを舞台に竜神の舞や飛竜太鼓などの迫力満点な伝統芸能が繰り広げられる。夜には秋の夜空を彩るダイナミックな湖上打ち上げ花火も。

    フェスタさくま

    ・11/12日(日)9:00~15:00 佐久間協働センター駐車場
    物産展には、佐久間町内外から約50団体が出店。山や川の幸から作った特産品が並び、秋の味覚を存分に味わうことができる。ステージで繰り広げられる伝統芸能も必見。
    問合せ:フェスタさくま実行委員会事務局(天竜商工会佐久間支所)053-965-0325

    ~次回は「2017紅葉と秋祭り<2>◎浜松市外」をお届けします♪~

    お花見・紅葉情報
  • 佐鳴湖水質調査

    2017年10月9日

    わが家の小学5年生の息子が「夏休みの自由研究は西区について調べたい」と言い出しました。そこで西区には何があるのだろうと調べていくうちに、中区だと思っていた佐鳴湖が西区でもあると気づきました。佐鳴湖といえば、水質が「6年連続全国ワースト1」だったこともある湖。「今はどうなのだろうか?」と思い、息子と一緒に佐鳴湖地域協議会主催の水質調査に参加することにしました。

    佐鳴湖

    朝9時、参加者が佐鳴湖の漕艇場に集合。大人も子どもも含めて総勢50人ほど。2班に分かれ、徒歩で測定地点に向かいました。まずは湖の状態を観察。人間の五感を使って目で水の色を見たり、耳で周囲の音を聞いたりします。湖の底の土のにおいをかいだ時、みんなは「くさい!」と言っていましたが、今年家の田植えの手伝いをした息子は「田んぼのにおいだね」と平気な顔をしていました。湖にいる生き物やごみの量も調査し、ウナギがいることを知ってビックリしました!

    調査マップ

    観測地点

    次に専門業者の方から測定器具の使い方を教えてもらい、さまざまな測定にチャレンジ。水の透視度を測る道具では、水を入れて底の模様が見えるのは何センチの位置かと調べるのですが、水が茶色くにごっていてなかなか底が見えません。こんなにも濁っているのかと実感しました。他にもクロロフィルというろ紙に水を通して植物プランクトンの量を確認する調査なども行いました。

    クロロフィル1

    クロロフィル2

    調べた項目は配布されたチェックシートに記入。水質調査は夏だけでなく年4回実施されていて、季節によっても水の状態は変わるそうです。近年、佐鳴湖の水質は少しずつ改善されてきているものの、まだまだ地域住民の協力や行政の力が必要なのが現状です。秋には、みんなでヨシを刈って佐鳴湖をきれいにする活動も実施されるそうです。浜松市の湖、佐鳴湖をみんなで守っていけたらいいですね。

    ■水質調査「夏」
    【日時】  2017年8月16日 9:00~12:00
    【参加資格】  小学生以上
    【参加費】無料
    ※年4回(春・夏・秋・冬)実施。詳しくはHP参照

    ■第12回佐鳴湖ヨシ刈り
    【日時】2017年11月11日(土) 9:00~12:00 ※雨天延期時は11月18日(土)
    【集合場所】佐鳴湖南岸(入野漁協船着場付近)
    【募集人数】200名(大人含む)程度
    【参加資格】小学生以上
     ※小学5年生から中学生までは保護者同意が必要 ※小学4年生以下は保護者同伴で参加
    【申し込み方法】参加申込書をEメールまたはFAX ※締め切り11月3日(金・祝)
     佐鳴湖地域協議会事務局(静岡県浜松土木事務所 企画検査課)
     ・電話 053-458-7266
     ・FAX 053-458-7193
     ・E-mail hamado-kikaku@pref.shizuoka.lg.jp
     ・URL http://www.sanaruko-net.com/

    文/こにゃんこ

    イベント(通年・不定期)