子連れでおでかけ

子連れでハワイ 食事編

2010年11月15日

【ハワイ旅行:リンク】
準備編 飛行機編 ホテル編 食事編 ショッピング編 観光編 まとめ編

 

子連れで海外旅行のとき心配なのは、食事ですね。
特に赤ちゃんは、一番気になるところだと思います。
1歳3か月の娘は、まだ食べられているものも限られていて、母乳も飲んでいます。
もしものことを考え、レトルトのベビーフード(開封すればすぐ食べられるもの)と赤ちゃんせんべい、そして授乳ケープを持っていきました。
現地では、大人の料理を取り分けても反応はいまいち。
結局、持参したベビーフードとABCストア(朝6時から深夜まで営業しているコンビニ)のおにぎり(1.7ドルぐらい)とバナナ(65セント)を食べていました。
「せっかくハワイに来たのに~。」と思いましたが…。

◆ホテルの朝食のビュッフェ

朝食ビュッフェの会場は、赤ちゃんや子ども連れが多くとてもにぎやかです。
娘を連れて行くと、ぬり絵とクレヨン2本、キッズ用のトレイをもらいました。
夫婦交代で朝食の準備をしている間、娘はぬり絵になぐり描きをして楽しんでいました。 おかげでとても助かりました。
宿泊した「シェラトンワイキキ」の周りにはたくさんのホテルがあり、それぞれに魅力的な朝食がとれるレストランがあります。 せっかくなので、複数のホテルでの朝食を楽しみました。
予約はしなくても大丈夫ですが、時間帯によっては待たされるので事前予約をした方がスムーズですね。
自分で予約するか、泊まっているホテルのフロントにお願いしてもいいかもしれません。

hawai4-1.JPG

ちなみに、シェラトンワイキキのレストラン「カイ・マーケット」を朝食ビュッフェのみで利用する場合は、料金: 大人$28.95、お子様(5~12歳)$13、朝食営業時間: 6:00AM-11:00AM(最終着席10:30AM)でした。
子どもに優しいレストランが多く、気兼ねなく朝食をとることができました。

◆フードコート

宿泊したホテルのすぐとなりには、ロイヤルハワイアンセンターという大きなショッピングモールがありました。
昼食時間には娘が眠ってしまうことが多く、なかなか外出できないため、そちらのフードコートで夫がテイクアウト。
ハワイではテイクアウトして食べる人も多く、フードコートにはハワイらしい料理から中華・日本食まで豊富にあり、毎日違うお店で楽しめましたよ。価格は、5ドルから15ドル程度でした。
そして、ホテルのベランダで海を見ながらのんびり食べました。

hawai4-2.JPG

カレーが大好きな夫の要望で、アラモアナショッピングセンター内にある日本の某カレーチェーン店のカレーも食べました。 円高でとってもリーズナブルでした。
こちらにあるフードコート「マカイ・マーケット・プレイス」は、20以上のお店が集まりとてもにぎやかなので、子連れでも気を使うことなく利用できると思います。

hawai4-3.JPG

◆スイーツ

スイーツに目がない私たち夫婦。
チーズケーキがおいしいと評判の、ロイヤル・ハワイアン・ショッピングセンター1Fにある「チーズケーキファクトリー」へ行きました。
1つが7ドルから9ドルぐらいのチーズケーキ。 2つテイクアウトしました。
開けてみたらびっくり。
ケーキそのものが大きいのと、その横に山盛りの生クリームが。とても食べきれず、翌日まで冷蔵庫に…。

hawai4-4.JPG

クッキーの専門店もありました。お土産にも人気の「ホノルル・クッキー・カンパニー」です。
おいしそうと思ったのですが、昨日のチーズケーキが残っていたので断念しました。
その他、有名店のパンケーキや現地で定番のスイーツ「マラサダ」など、ハワイには気になるスイーツがたくさんあります。
日本のサイズよりもだいぶ大きいものが多いので、食事とのバランスも考えて食べるといいかと思います。

◆バーベキュー

ハワイでは、レストラン・船上・ビーチなど、いろいろなところでバーベキューを楽しむことができます。
ツアーに含まれているものや、オプショナルツアーで申し込むものなど、プランもさまざまです。
今回は、レストランでのバーベキューが旅行のプランに含まれていました。
席に着くと、テーブルには鉄板はありません。
娘は、何でもかんでも手を出すのでひと安心。
バーベキューではなかったのかと思ったら、お皿に乗った大きな生肉のかたまりを渡され、お店の奥の大きな鉄板で、自分で焼くとのこと。
ここも、とてもボリュームがあり食べきれませんでした。
バーベキューといえばビール、と連想してしまう人もいるかもしれませんが、ビーチでの飲酒は禁止されていますので注意してくださいね。

◆レストラン

子連れでレストランで食事する場合は、やはり予約したほうがスムーズです。
子どもがいることを伝えると、隅のほうに席を取ってくれたり、広めのスペースを準備してくれたりします。
また、ベビーカーは入口で預ける場合がほとんどです。
子どもが眠っていてそのまま入店したくても、たいてい中へは持って入れません。
ハワイのレストランで食事をした場合、終わると勘定書を持ってきてくれるので、普通はテーブルで渡します。
金額は、通常のレストランでテーブルで食事をした場合15%から20%のチップが適当のようです。
クレジットカードで支払う場合には、Tipと書いてある欄に金額を記入すればOK。
子連れでいろいろ気を遣ってもらったら、その分は少し多めに払うのがいいかもしれませんね。

◆赤ちゃん、子ども連れのサービス

ハワイのレストランでは赤ちゃんや子ども連れで食事をしている人が多く、ベビーチェアやよだれかけなどをすぐに準備してくれます。
授乳は、授乳ケープを使えばいつでもどこでも気軽にできる雰囲気でした。 授乳室はほとんどありません。
余談ですが、オムツ替えシートは必ずといっていいほど女性用トイレだけでなく、男性用にも設置されていました。

子連れで海外旅行