子連れでおでかけ

えほん文庫 ママフラサークル

2012年2月15日

北区三方原にある家庭文庫(自宅を開放して絵本の貸し出しを行うところ)、えほん文庫。
ここでは絵本の貸し出しのほか、アロマテラピーなどのカルチャー教室も開いています。
今回は、私が参加しているママフラサークルを紹介します。

えほん文庫 ママフラサークル

ここでは月3回、0歳~小学生の子どもたちを連れて練習ができます。
ママフラサークルですが、踊りたい人ならママでなくてもOK。孫がいる人も参加しています。
メンバーは20人以上で、現在も参加の申し込みがあるそうです。
みんな初心者からスタートしたこのサークルは、多少失敗しても楽しく笑顔。
見ているみんなにも笑顔を届けることをモットーに、和気あいあいと練習しています。

練習中、わが家の4歳息子は持参したおもちゃで遊び、2歳娘はママの隣で見よう見まねで踊って楽しんでいます。
後半は抱っこをせがむ娘を抱いたままでステップや振り付け。ダイエットにもなり一石二鳥です。
小学生くらいになると、子ども同士で遊ぶ姿も。子どもの友達作りにも一役買っています。
月3回の練習の内1回はフラの先生を呼んでの練習があります。
(それ以外の2回は先生はいませんが、みんなで復習)。
先生はハワイの文化に精通していて、ステップや振り付けはもちろんのこと「フラの心」を教えてくださいます。単なる踊りとしてではなく、ハワイの方たちが大切にしている文化や心を一緒に学ぶことができるのは、とても貴重でハッピーな体験だと思います。
立ち振る舞いが素敵で、フレンドリーで話しやすい人柄も魅力的な先生。クラスのみんなは、踊りに集中しつつも笑いが絶えない楽しい雰囲気です。

えほん文庫 ママフラサークル

フラの心にふれることで気持ちが癒やされ、体を動かすことでリフレッシュにもなります。
教室では照れて踊らない長男も、家では笑顔で踊っています。
子どもたちと共通の遊びがあるってうれしいですね。
寒い冬になりましたが、これからもフラの上達を目指しつつ楽しく踊っていきたいと思います。

文/ひめちゃん

えほん文庫 ママフラサークル
【URL】ehonbunko.hamazo.tv/
【住所】浜松市北区三方原町2160-1
【電話】053-439-3810
【時間】昼クラス(月1回)9:00~10:15 夜クラス(月2回)19:00~20:30、夜クラスの1回はハワイ認定のフラの先生によるレッスンあり。
【月謝制】月2000円(昼のみ参加の人は1回500円)、内200円は義援金、小学生以上で練習に参加する子のみ有料、月1200円。
【練習場所】えほん文庫(レッスン内容や人数によっては百里園研修会館、三方原公民館を使用)

<次回イベント> 
東日本大震災復興支援~やらまいか!あしながママ 2012~
https://kizunahamamatsu.hamazo.tv/
時間 3月17日(土)10:00~15:00雨天決行
会場 浜松市雄踏文化センターイベントホール
入場料 大人(中学生以上)500円 子ども(3歳以上)300円
*「あしなが東日本大地震・津波遺児募金」へ全額寄付

スクール&サークル