子連れでおでかけ

浜松市博物館

2017年11月1日

秋の休日、あいにくの雨模様でしたが家族で浜松市博物館へ出かけてきました。博物館に子どもと一緒に行くのは初めてで2歳の娘が楽しめるかどうか分かりませんでしたが、小さな子でも十分楽しめるスポットでした。館内は浜松の歴史が時代ごとに紹介されており、発掘品や古民具を観察しながら学び、楽しむことができます。

博物館展示

それらの中で娘の興味を引いたものはナウマンゾウの全身骨格と徳川家康の立体しかみ像。特にゾウは見た瞬間「ゾウさん、ゾウさんっ!」と反応したので、骨だけでもゾウと分かることに私がびっくりしました。どちらも大人が見ても見応え十分で一見の価値ありです。

ナウマンゾウ

しかみ像
 
この日はちょうど市民コレクター展として「わたしのこけし」が開催中で、会場には地域ごとに分類されたこけしがずらりと展示されていました。

こけし展

同じように見えるこけしでも、よく見ると職人の筆使いの差で表情や模様が千差万別で、それがこけしの個性になっていて時間が経つのも忘れてじっと見入ってしまいました。雨の日や寒い日は博物館でゆっくり楽しんでみてはいかがでしょうか。

■市民コレクター展「わたしのこけし」
【開催期間】9月16日(土)~11月5日(日)

文/よこた

浜松市博物館

住所 浜松市中区蜆塚四丁目22-1
電話 053-456-2208
開館時間 9:00~17:00
休館日 月曜日(休日の場合は開館)・祝日の翌日 年末年始(12月29日~1月3日)
入場料 常設展:大人300円、高校生150円、小中学生無料
子連れに便利な設備 授乳スペース有 オムツ替えシート有
駐車場 有(45台)
アクセス方法 JR浜松駅北口バスターミナル2番「蜆塚・佐鳴台」方面行に乗車約15分、「博物館」下車徒歩1分
URL https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/hamahaku/

※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

美術館・博物館・科学館