子連れでおでかけ

こども館体験記「冬の特別プログラム Let'sどろだんGo!!」

2018年12月27日

浜松こども館 取材ママ体験記

冬休み期間中、こども館ではいろいろなイベントが開催されています。その中の1つにどろだんご作りイベントがあると聞き、砂遊び好きな娘たち(5歳、2歳)と参加してきました。

どろだんGO!

会場内は1歳児くらいの小さな子連れの家族から小学生まで、多くの子どもたちでにぎわっていました。誰でも参加OKですが、未就学児の参加には保護者の同伴が必要です。

公園で砂遊びはするものの、本格的にどろだんごを作るのは初めての娘たち。最初に「おやくそく」を確認してから作業開始!

おやくそく

まずは配布された砂に少しずつ水を入れて形を作ります。長女は土の「ぐちゃっ」という感覚に思わず「うわぁ」という微妙な表情。次女も自分の手を見ては「あー」と言いながら、少しずつおにぎりをにぎるように土をまとめていきました。

材料のどろ

さわってみる

作業を進めていくと、水の加減が難しくなかなか形にならない次女。そんな様子を見てお姉ちゃんがお手伝いしてくれました。小さなだんごを作り、次女はそれを手のひらで転がし丸くしていきます。

途中、ヒビが入ってしまった所は水をつけて修正しつつ1時間ほどでなんとか完成。ボールのようにきれいに丸くするのはなかなか難しかったです。

会場内

最初は水にぬれた土を触るのも微妙だった長女ですが、一生懸命作ったどろだんごを見て「じゃがいもとおまんじゅうみたいだね」と言いつつも、自分としては出来栄えに満足そうな様子です。

完成!

普段の公園遊びとは違い、汚れを気にせずに思いっきり土に触れることを楽しめたイベントでした。

■Let'sどろだんGo!!
【開催期間】 2018年 12月22日(土)~2019年1月4日(金)  *12月29日~1月1日は休館日
【時間】 13:00~15:30 
【会場】 7階ワークショップ

文/むう

こども館スタッフからひとこと

こども館スタッフ

土に触れる機会が減ってきたように感じる昨今、じっくり触れてもらおう! という思いで今回のイベントを企画しました。汚れることは気にせず、楽しんで作ってみてください。

浜松こども館

この記事は浜松こども館からの依頼によって、ぴっぴの取材ママがレポートしたものです。

こども館・児童館